情報 財の環境費用 環境電荷を収受した利用規約

N 8.10.2015 1073の街のロシア連邦政府

環境担当の収集の手順で

ロシア連邦令の「生産と消費廃棄物に関する「連邦法の条24-5によると:

1。 環境手数料を収受した添付規則を承認します。

2。 それを確立するには、a)環境電荷量を算出する環境データの収集と提出の支払いは、以下の用語で行われる:2015年に - 15 2015 10月、今年の(9 2015ヶ月以上)まで。 2016年で - 2月1 2016市(10月、11月、12月2015のグラム)まで。 毎年2017以来 - 報告期間の翌年の4月前に15。 b)は、環境費用(年2016のための文で始まる)のための基準期間は暦年です。

3。 設立の経営に関連する会計年度、計画期間の存在の決定、ロシア連邦政府、従業員の最大数、ならびに連邦予算でサービスの提供予算配分によって確立された範囲内の天然資源監督連邦サービスによって付与権限の実装機能。

ロシアの首相はメドベージェフ___

8.10.2015 1073からNの政府決議、環境賦課金の収集ルールによって承認

1。 これらのルールは、環境料の過払いまたは過充電量を算出するための手順、支払期限、罰則のため、オフセット、返金を含め、環境データ収集のコレクションを管理しなければなりません。

2。 計算とするための標準的な廃棄物(以下、 - 納税者)リサイクルされた製品の各グループのために、彼らの消費者の特性の損失後に廃棄される(包装を含む)物品の製造業者、輸入業者によって作られた、環境担当の支払い。

3。 環境データ収集の収集、天然資源の監督連邦サービスによって、その支払いの計算、完全性、適時性の正しさを制御。

4。 連邦財務省における天然資源監督連邦サービスの領土体を犠牲にしてロシア連邦の通貨で資金の振替により支払人によって運ばれる環境担当の支払い。

5。 アカウントの詳細に関する情報は、情報を支払人する天然資源の監督連邦サービスの領土体によってもたらされる環境料金を支払うとネットワーク「インターネット」を含め、情報通信ネットワークにおけるサービスの公式ウェブサイトとその領土機関に掲示する(以下 - 通信ネットワーク) 。

6。 環境料は、ロシア連邦の領域内またはそのような物品の製造に使用されるパッケージ重量を循環中に放出完成品またはユニットの数(物品のタイプに応じて)最終製品をリサイクルすること、の重量、および標準の環境充電率を乗じて算出されます利用率は、相対単位で表されます。

7。 環境電荷量の計算は、天然資源の監督連邦サービスによって承認されたフォームで行われています。

8。 「生産と消費廃棄物に関する「連邦法の段落3の記事24-2に応じて、製品の使用から自己リサイクルへの取り組みを行っているメーカー、輸入業者による障害が発生した場合はリサイクル規制環境手数料は差に環境税の率を乗じて算出されますセットと実際の値との間の商品の使用からリサイクル、廃棄物の量に達しました。

9。 ロシア連邦からリサイクルおよびエクスポートすることができ、商品の点で環境電荷は、支払われていません。

10。 環境料金の支払いのための「環境電荷を徴収するための手順について」N 10月8 2015 1073市からロシア連邦の政府命令によって確立された用語では、支払人または彼の正式代表者は、宣言の中に数天然資源監督連邦サービス、の領土部門に提出しなければなりません。環境に関する量の計算には、前暦年のためのロシア連邦の領土で循環に入れ(パッケージ含む)完成品、完成したフォーム Skogenコレクションは、次の書類結合している:環境料金の支払いのための支払伝票のa)のコピーを、 b)の支払人の代表の権限を確認する文書には、支払人のために行動します。

11。 通信ネットワークの彼らの公式ウェブサイト上の天然資源監督連邦サービス環境データ収集の量を計算するために提出するための電子サービスへのアクセスを提供し、計算の共同検証のためのアプリケーション環境データ収集量、過払いのオフセット(払い戻し)(収集)環境担当の応用これは無料で納税者に利用可能であるべきです。

12。 簡単な電子署名により署名された電子文書の形で通信ネットワークを経由して天然資源の監督のための連邦サービスの領土体に代表される環境会費の支払者の量の計算。 本規則のパラグラフ11に従って電子形式での環境担当の計算を送信するために使用されるフォーマット、構造、電子文書の形で環境担当の計算の受け入れとプレゼンテーションの確認のためだけでなく、電気通信ネットワークは、天然資源の監督のための連邦サービスによって決定されなければなりません。

13。 通信ネットワークを使用するための技術的な可能性が存在しない場合は、環境の手数料の額の計算は、(投資と要求リターン領収書のリストで)一つのコピー用紙に支払人の状態の登録の場所で天然資源の監督のための連邦サービスの領土機関に納税者によって提出することができます。 紙の上に環境税の電子形式のビューに追加量の計算を提示するときに必要です。 電子形式での環境電荷量を計算するの提出日は、支払人の状態の登録の場所で天然資源の監督のための連邦サービスの領土の権威に対する通信ネットワークのための彼の出発の日とします。 紙の上の環境電荷量を計算するの提出日は、紙の上に刻印日付、または投稿の日付とそのレシートの天然資源監督連邦サービスの領土権限をマークするために考えられています。

14。 計算の検証は、環境コレクションの量は、本明細書の段落3にいう書類の提出の日から10のヶ月以内に天然資源監督連邦サービスの領土機関によって実施されます。

15。 宣言納税者は、前暦年のためのロシア連邦の領土に残高ときに自然の監督連邦サービスの領土体が確立された手順に従って受信支払人情報に基づいて、環境担当の支払いの計算、完全性、適時性の正確性、ならびにその計算の妥当性を検証します(このような製品の包装を含む)品、及び商品の使用上の廃棄物管理規制の実施に関する報告。

16。 支払人の支払は(収集)過払い額の環境料を環境賦課金を相殺することができます。 (収集)過払い額は、環境担当は、支払人に返金支払人又は環境電荷による将来の支払額から控除されなければなりません。

17。 行為 - 環境電荷が天然資源の監督のための連邦サービスによって承認されたフォーム(以下、併せて環境データ収集の調整量を行為を行った後、支払人の状態登録の場所で天然資源の監督のための連邦サービスの領土体によって作られる(収集)過払いのクレジットまたは払い戻し鉄を承認形で環境電荷の量を算出する関節検証を行うために支払人の申請に基づいて調整)、 天然資源の監督のためのERALサービス。 簡単な電子署名によって署名された電子文書の形で通信ネットワークを介して、支払人によって表さ関節調整環境電荷量にステートメント。 単一コピーでハードコピーでの支払者の状態登録の場所で天然資源の監督のための連邦サービスの領土機関への支払者に代表される共同声明の和解環境電荷量を行うための通信ネットワークを使用するための技術的な可能性が存在しない場合。 共同和解への声明の中で(そのオプションで)環境充電支払者を量(通信ネットワークを経由して送信し、メールを送信し、一方で個人的な問題)和解の行為を取得するフォームを指定します。 天然資源の監督のための連邦サービスの領土体通信ネットワークによって行われた和解の以前の行為を送ります。 個人的に支払人の代表の手で監督天然資源の和解の行為のための連邦サービスの領土体の発行は支払者に代わって行動する彼の権威を確認する文書に基づいて行われます。

18。 天然資源の監督連邦サービスによって承認された形で(収集)環境担当過払い支払順位の適用に基づいて、環境賦課金のための将来の支払に対する過払い(収集)環境担当のオフセット。 過払いオフセット量の適用に基づいて天然資源監督連邦サービスの(収集)環境集める領土体は、将来の支払いに対する過払い(収集)環境電荷を相殺してから15営業日以内に彼を送信することにより、支払者に通知するものとしますで球に監督連邦サービスによって承認された形でのオフセット(収集)過払い環境料金で言ったアプリケーション・ソリューションを受領した日 rodopolzovaniya。 (収集)過払い環境担当の声明に示されている金額は、(収集)支払った金額と一致しない場合は、環境データの収集、本規則の合わせポイント17で行われた計算の共同検証の結果として特定し、調整法で示され、オフセット過払いのためのアプリケーションの領収書の営業日15内の天然資源監督連邦サービスの領土体(収集)環境ガイドPlatelのコレクション CGIの手紙は、その中で彼は、将来の支払いに対して(収集)環境担当過払い金額を相殺するために不可能について伝えます。

19。 (この規則のパラグラフ20にいう添付書類を含む)天然資源監督連邦サービスによって承認された形での環境担当は(収集)過払い金額を返金する支払人の声明に基づいて支払人に返金しなければならない過払い額(収集)環境担当、宣言の天然資源監督連邦サービスの領土体を受領した日から1ヶ月以内。

20。 a)の支払いを識別することができます(コレクション:ステートメントは、この規則は、支払人または最後の支払いの日から19年内の天然資源監督連邦サービスの領土部門における彼の代表(の回復)文書による環境電荷により提出することができる3段落で言及しました支払わ環境電荷量を超える量、誤入金(コレクション)の環境担当)環境担当。 B)アプリケーションに署名する人、または文書の認証謄本の権限を確認しました。 本規則のパラグラフ19で言及したアプリケーションは、支払人の代表を適用した場合c)に、支払人の代理として行動する権限を確認しました。

21。 15中は(収集)過払い環境担当の還付申請を受領した日からの営業日は、この規則のパラグラフ19、天然資源の監督のための連邦サービスの領土体に言及する:a)過払い(収集)環境の復帰を決定します天然資源の監督連邦サービスによって承認されたフォームで収集し、支払者に送信します。 B)天然資源の監督のための連邦サービスによって承認された形で)環境電荷を収集過払い額を(払い戻しを拒否する決定を採用し、必要な情報および(または)に規定する書類の不提出の声明が存在しない場合に支払者に送信します20本契約。

22。 段落21することにより、これらの規則を指定した期間の満了前に、この金額の返還を天然資源監督連邦サービスの領土体の決定に基づいて策定され過払いの返還のためのオーダー(収集)環境データの収集は、連邦サービスの領土体の方向に従うもの予算に従い、支払者への払い戻しの連邦財務省の領土体に天然資源の監督 アプリケーションで指定された支払人の口座にロシア連邦の法律。

23。 簡単な電子署名によって署名された電子文書の形で通信ネットワークを介して、支払人によって表さ過払い(収集)環境電荷のステートメントオフセット(払い戻し)。 単一コピーでハードコピーでの支払者の状態登録の場所で天然資源の監督のための連邦サービスの領土機関への支払者によって表される(収集)過払い環境担当のオフセット(還付)に通信ネットワークステートメントを使用するための技術的な可能性が存在しない場合。 過払い(収集)環境担当のオフセット(還付)の申請が電子フォームでの天然資源監督連邦サービスの領土の事務所に提出された場合、過払い額を相殺するという決定は、(収集)環境データの収集は、意思決定は、払い戻しを拒否する通信セットを介して先に送られた環境のコレクション(収集)過払い金額を返金する、(収集)環境データの収集を過払い 簡単な電子署名によって署名された電子文書の形で最初。 過払い(収集)環境担当のオフセット(還付)の申請が紙の形で天然資源の監督のための連邦サービスの領土の事務所に提出された場合、過払い額を相殺するという決定は、(収集)環境データの収集は、意思決定は、払い戻しを拒否する過払い(収集)環境データの収集、過払い額を返金する紙の上で支払人に送信(収集)環境担当。

24。 過払い環境料金はロシアルーブルで作られています。 (収集)過払い過払いの環境費用の関心を返すときの金額がインデックス化されていない、環境手数料が支払われていない(収集)。

25。 不払いの場合(あるいはフル作るん)タイムリーに環境データの収集および(または)環境会費の支払額を計算するために失敗したことを天然資源監督連邦サービスの領土体は、債務の自主的な返済の支払者に送られました。 債務の支払者の自主的な返済の支払要件を受領した日から30の暦日以内に自主的にこの借金を払っていない場合は、天然資源の監督のための連邦サービスの領土体は、裁判所を通じて借金を回復する権利を有します。

 
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!