情報 連邦法

連邦法

6月の連邦法番号162-FZ 27 2011年

「ナショナル・決済システム上の「連邦法の採用に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正について

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ14.06.2011 22.06.2011)
(139から「Rossiyskayaガゼタ」番号5515(30.06.2011)で公開し、ロシアの法律番号27 04.07.2011、アート。3873の組み立てに。発効で、この法律の条23を参照してください)
警告! の連邦法番号401-FZ 06.12.2011によって改正されたテキストがあります

記事1
「銀行およびバンキング活動について "連邦法(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議の官報、3、1996を№、ロシア連邦の条17 ;.議会(連邦1990 2月27の法律、数357-FZにより改正されました) 、1996は、6、条492、1998 ;. 31は、3829を№№条1999 ;.は、28、条3459 ;. 3469を№2001を№、26、条2586 ;. 33は、3424、条2002 ;. 12を№№します1093、条2003 ;. 27は、2700、条52 ;. 5033を、条5037 ;. 2004は、条27 ;.は2711、条2005、1 ;. 45を№、2006を№№№、19、条2061は№します; №31、条3439 ;. 2007は、1を№、条9 ;.は22は№、条2563 ;.は31を№、条4011 ;.は41は№、条4845 ;.は45、条5425 ;. 2009は、9、アート№№します。1043; 23を№、条2776 ;.は30は№、条3739 ;.は、48は№、条5731 ;.は52は№、条6428 ;.は2010を№8は、条775 ;.は19、条2291 ;. 27を№№、 .....条3432; 30、条4012は№; 31、条4193を№47、条6028№; 2011を、7、905のv)は以下の変更が№:
次のように1)記事1 3番目の部分は読んでなければなりません。
「非銀行の信用機関:
1銀行口座を開くことなく、現金のみ転送の実装に関連した法人の銀行口座の一部に(ポイント3と4で呼ば排他的な銀行取引を行使する権利を持っている)金融機関)と同様に、段落5で(のみの実装に関連してお金の銀行口座を開くことなく転送)と本契約のセクション9 5(以下の段落 - なしから送金を行う権利を持っている非銀行金融機関 銀行口座や他の金融関連する操作の被覆)。
2)金融機関は、この連邦法で定められた個々の銀行業務を行う権利を持っています。 ロシアの銀行が設立された非銀行信用機関のための銀行業務の許容組み合わせ」。
2)の記事5:
a)第一の部分で:
ステップ4中の単語の単語「資金移動」と「和解」。
次のように9段落は読みなければなりません。
「9)は、メールオーダー以外の電子マネー()を含め、銀行口座を開かずに送金してください。 ";
b)は、以下の内容の第七の一部を追加します。
「送金資金の電子振替を除いて、銀行口座を開くことなく、個人に代わって行きました。 ";
読むために記事3 3番目の文の第二部で11)以下のように「非銀行の信用機関のためのライセンスを申請新たに登録されたノンバンクの金融機関の最小授権資本は、銀行口座を開くことなく送金を作るために資格を与え、その他の関連します銀行業務を実施するためのライセンスの状態の登録および発行のためのアプリケーションが18百万の量で確立された日に銀行取引 。ルーブル、「次の文章:」の日には、そのようなライセンスの状態の登録および銀行業務を行うために、ライセンスの発行のためのアプリケーションを適用せずに新たに登録された非銀行の信用機関の最小授権資本は18百万ルーブルの量に確立されています「;。
4)記事13の言葉「この連邦法の記事13.1 ""国立決済システムでは「連邦法では「言葉に置き換えなければなりませんで。
5)の記事13.1は無効とみなさ。
6)の記事14:
以下のa)の項9として:
「9)唯一の執行機関と非銀行信用機関の主任会計士の位置の候補プロファイルは、これらのプロファイルは、個人的にこれらの候補が充填されている。銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金を行う権限や規制の制定に指定された情報が含まれている必要がありロシアの銀行、ならびに情報:
(卒業証書または同等の文書のコピーの提出を持つ)高等専門教育のこれらの者の存在;
存在(不在)の有罪判決」。
b)は、以下のように読み取るために部品2を追加します:
「この条のサブパラグラフ8の規定は、銀行口座と関連する他の銀行業務を開かずに送金を行う権限非銀行信用組織の状態の登録のための書類の提出の場合には、適用しないと、銀行業務を行うために、そのライセンスを取得します。 " ;
7)15は、次のように読み替えるものと記事の第二部:
「信用組織の状態の登録の決定をし、銀行取引を行うために、又は本連邦法文書および認可非銀行信用組織の点で、そのような意思決定の採択の提出の日から6ヶ月を超えない期間で行われることを拒否するためのライセンスを発行銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を作る - 3ヶ月を超えない範囲内において」。
8)サブ1の第二段落の記事16の言葉」(唯一の執行機関の位置と非銀行信用機関の主任会計士のための候補者は、銀行口座を開くことなく送金を行う権限とその他の銀行業務に関連するための最初の部分 - の欠如")より高い職業訓練です。
9)の記事26:
a)は、以下の文言第13の一部:
「決済システムのオペレータは、連邦法で定められた場合を除き、第三者に決済システムの参加者とその顧客の取引とアカウントに関する情報を開示することはできません。 ";
次のようにb)は第十八の一部を追加します。
「オペレーションセンター、支払決済センターは、決済システム内の情報の送信を除き、決済システムの参加者へのサービスをクリアし、運用サービスの提供をもたらす、第三者に決済システムの参加者とその顧客の取引とアカウントに関する情報を開示し、同様に例ない場合があります連邦法律の定めるところにより」。
c)は、以下のように第十九の一部を追加することによって:
「この条の規定は、銀行の支払エージェント(サブエージェント)によって行われ、信用機関の顧客取引上の情報に適用しなければなりません。 ";
次のように20分の1を補完するグラム):
「この条の規定はまた、顧客の注文に係る信用機関による電子決済に関する金融機関と顧客情報への電子マネーの残高に関する情報に適用しなければなりません。 ";
10)の記事27:
a)の言葉」だけでなく、上の電子マネーの残高 ""、クレジット組織に格納されている「言葉の後に、
b)は、以下の文言で第二部:
」、または電子マネー貸出機関のバランスにすぐに発作についての決定を受信すると、アカウントと預金の資金の発作は、バランス値内でアカウントの操作(預金)、ならびに電子マネーの転送を終了すると電子マネーは、押収されています」。
c)の第三部、言葉」だけでなく、上の電子マネーの残高 ""、クレジット組織に格納されている「言葉の後に、
11)の記事28:
a)は、「既成の秩序や決済センターで作成された「単語の最初の部分で削除されなければなりません。
b)は、以下の内容の第七の一部を追加します。
国立決済システムでは「信用機関は連邦法の要件を満たす決済システム内のお金を転送する権利を有します ""。 ";
言葉の後に第五の12)の記事29、「このカードの所有者、「言葉」やこのような補償が存在しない場合、「言葉」やこのような補償が存在しません。」
記事2
「ロシア連邦税務当局では「数1-7ロシア連邦日付21月1991、の法律の段落943の記事1(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議、1991の官報は、15、ロシア連邦人民代議員大会の条492 ;.官報とを№しますロシアの最高評議会、1992は、34、条1966を№;. 33、条1912 ;. 1993は、12、ロシア連邦の条429 ;.総会、1999は、28、条3484 ;. 2002、1を№、アート№№№します。2; 2003は、№21、条1957 ;. 2004、27、条2711 ;. 2005、30、条3101 ;. 2006を№を№は、31、条3436 ;. 2009を№、29、条3599)は次の段落を追加し№します。次のように:
動作支払い薬「銀行の決済エージェントと銀行支払サブエージェントによって実行される個人の支払いを受けるための活動では、「3 6月2009、数103-FZの連邦法に従って動作支払い薬の遵守の制御を行うために」以下のための現金支払いを受信したときに、「国民の決済システムの」連邦法で、信用機関に提供する義務が支払者から受け取りました あなたの特別な銀行口座(複数可)にフルでachisleniya、支払いのための薬剤、サプライヤー、銀行決済エージェントと銀行支払サブエージェントの特別な銀行口座を支払うの使用、ならびにこれらの要件の違反のための組織や個々の雇用者に罰金を課します。」。
記事3
(ロシア連邦およびロシア連邦の最高ソ連の人民代議員大会の官報(37 1月7、数1992-FZの連邦法によって改正された)消費者の権利の保護に関する2300 1 2月9、数1996-2」のロシア連邦の法律の第四の記事のパート、 1992は、15、ロシア連邦、766の条1996 ;.アセンブリを、3、条140 ;. 1999は№、51、条6287 ;. 2004は№、52、条5275 ;. 2006は№、31、条3439は№№します; 2009は、言葉の言葉の後に「銀行支払代理人」を23、アート。2776)の№」(サブエージェント)。」
記事4
42 4月22の条1996連邦法、「証券市場では「数39-FZ(ロシア、1996の法律のコレクションは、17、条1918 ;. 2001、33、条3424 ;. 2002は№、52は№、アート№します。 5141; 2006は、1、5項目を№;番号17、1780項目;番号31、3437のv)は次のように..段落24を追加します。
「24)は、有価証券取引の決済を目的としたロシアの監督と資金の内の転送決済システムの監督の銀行の実装では、ロシアの銀行と相互作用し、(または)組織的な取引で行われたトランザクションは、例では連邦法で定められました "国の決済システムについて "。"。
記事5
、ロシア連邦(ロシア連邦のコレクション、1998の税コードの最初の部分で書く31、条3824 ;. 1999は、28、条3487 ;. 2000を№№、2、条134 ;. 2003を№、27、条2700は№; 52、条5037 ;. 2004は、27を№№条2711 ;.は31、条3231 ;. 2005を№、45、条4585 ;. 2006は№、31、条3436 ;. 2007は№、1、条28は№、。 31;。18、条2118 ;. 2008は、26を№、条3022 ;.は、48、条5500、5519 ;. 2009を№52、条6450 ;. 2010を№、31、条4198 ;.は45、アート№№№ ... 5752; 48、条6247は№; 49、条6420№2011を、1、16のv)は以下の変更が№:
1)記事2 23ポイントサブセクション1.1次のように:
「1.1)電子資金の移転のための支払の企業の電子的手段を使用する権利の発生または終了 - そのような権利の発生(終了)の日から7日以内。 "
2)記事3 45ポイントサブセクション1.1次のように:
「個人が銀行に提供される資金の銀行口座を開くことなく、連邦財務省の適切なアカウントにロシア連邦の予算制度を転送するために銀行を注文する個々の転送から1.1)は、彼らが列挙するのに十分であることを条件とします; ";
3)の記事46:
a)の名前、言葉」、並びにその電子マネーを通じて ";
b)は1の言葉」とその電子マネー」を指します。
段落2のc)の第二段落、単語「個々の起業家」の後に、言葉 "だけでなく、税務当局の命令は、納税者(納税の電子マネー)を転送する - 組織または個人起業家を";
グラム)以下のように段落6.1を追加します。
。「6.1が欠けているか、納税者(納税)の口座の残高不足 - 組織または個人のビジネスマンは、税の体は、電子マネーによる税を徴収する権利を有します。
納税者(納税)の電子マネーによる税のコレクション - 電子マネーである組織または個人の起業家が銀行に送信することによって行われ、納税者の​​費用(税・エージェント)に電子マネーを転送する税務当局の命令 - 組織または個人の起業家銀行インチ
組織や電子マネーの翻訳を行うことが必要があると個々の起業家、量を転送すべき指標だけでなく、納税者の​​アカウントの詳細(税 - 電子ファンドを転送するために、税務当局の順序は、納税者の​​支払い(納税)の企業の電子的手段の詳細を示す必要がありますエージェント) - 組織または個人の起業家。
ペナルティ税はルーブルで、外貨での電子マネー残高に起因する彼らの失敗に電子マネーの残党によって行うことができます。 外貨による電子現金残高に税金を収集し、納税者(納税)の電子マネー外国為替口座を転送する税務当局の順に指定するには - 組織または個人起業家の銀行はこれに電子マネーを移転しなければなりません。
電子転送する税務当局の要求と同時に税務当局の組織または個人の起業家(副) - 外国通貨で電子マネーの税による残高の収集ではと納税者の電子現金ルーブル口座(税・エージェント)を転送するために税務当局の順に指定します現金は遅くとも納税者(納税管理人の外国通貨の日より販売のために銀行に注文を送信されません ) - 組織または個人の起業家。 外貨の売却に関連する費用は、納税者(納税)によって行われています。 銀行は、納税者(納税)のルーブル口座に電子マネーを転送するもの - 電子資金の移転の日にロシア連邦中央銀行の為替レートでルーブルでのお支払いの額に相当量の組織または個人起業家を。
このような順序は、電子現金の受領時に実行されなければならない電子ファンドを転送するための組織や日銀行の税務当局の命令上の個々の起業家 - 納税者(納税)の電子マネーの不足や不在の場合。
税の回復はして行わなければならない場合税の回収は、遅くとも2営業日以内にルーブルでの電子マネーの残党によってなされていない、としなければならない場合には、当該命令の受領の翌日遅くとも1営業日より銀行によって実行されない電子ファンドを転送するために、税務当局の順序外貨現金の電子天秤」。
d)のように読み替えるものと7段落は次のとおりです。
。「7は、納税者(納税)の口座に欠けているか、資金不足している - 組織または個人起業家や彼の電子現金、または納税者の口座情報が存在しない場合に(納税) - 組織または個人のビジネスマンやその企業の電子的手段の詳細に関する情報を電子送金のために使用され、支払いは、税務当局は、納税者の​​他の特性を犠牲にして税金を徴収する権利を有します および(税・エージェント) - コードの記事47に従い、組織または個人の起業家「。
e)の8単語」や、資金の電子転送の停止」を指します。
4)の記事48:
言葉「銀行口座で現金 "言葉"、支払いのパーソナライズされた電子的手段を使用して行われている電子送金」後の段落1のa)の最初の段落、。
b)は、サブ段落1 5の言葉」と支払いのパーソナライズされた電子的手段を使用して行われている電子マネーの転送 ";
5)記事3 60点、単語「またはその電子マネーの残りの部分 ""納税者の口座に「言葉の後に、
6)の記事76:
a)は、単語「銀行」の言葉」だけでなく、電子決済」の後の名前。
b)の段落1で:
、言葉 "と電子決済"言葉 "銀行"の後の最初の段落。
次の段落によって補足:
「電子マネーの転送の停止は、そうでなければ、この条の段落2によって提供されない限り、電子マネーの残高の減少を伴う、すべての銀行業務の終了を意味します。 ";
c)工程2で:
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
単語「銀行」後の第2段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
以下のように読み取るための、新しい4番目の段落によって補足:
「この第一項に規定する場合には、組織を納税電子資金移動の停止は、税務当局の判断で指定された量までの電子マネーの残りの減少を伴う、銀行による業務の停止です。 ";
4番目の段落は、第五段落を考え。
次の段落によって補足:
「この第一項に規定する場合には、組織を納税外国通貨での電子マネーの転送の停止は、銀行廃止事業は、中央の為替レートでルーブルに税務当局の判断でこれに外国通貨の相当額内の量で、金額を電子マネーの還元バランスを伴う意味します外貨での電子マネーの転送の停止の開始日にロシアの銀行は納税者を言いました。 ";
ステップ3でグラム):
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
言葉「アカウント」の言葉」と電子決済」後の第2段落。
e)の段落4で:
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
第二段落では、単語「納税者組織「言葉」とその電子マネーを転送」した後、
次のように第三段落は読みなければなりません。
「電子的に銀行に銀行に納税者組織の口座における取引の停止について税務当局の決定を送信し、その電子マネーを転送したり、銀行に納税組織のアカウントの業務の停止を解除し、かつ、その電子マネーを転送する決定は、ロシアの中央銀行が設定されている手順税金や関税の分野で制御し、監督のために認可連邦執行機関と連携して連盟」。
4番目の段落、単語「銀行」、言葉」とその電子マネーを転送」した後、
第五段落、単語「銀行」、言葉」とその電子マネーを転送」した後、
e)に示すように、言葉の後に「操作が中断されている、「言葉の言葉を "だけでなく、上の電子マネーの残高は、の翻訳は、中断され、「」とその電子マネーを転送する」5を指します。
グラム)の単語「銀行」の後、単語は「その電子マネーを転送」、6を指します。
段落7におけるH):
「これらの操作の「後の言葉「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送する」、単語「このような翻訳は「言葉」の電子マネーの転送の停止を廃止する税務当局の決定」を追加します。
単語「銀行」後の第2段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
次の段落によって補足:
「もし銀行に組織を納税電子資金の転送を停止する決定は、納税者・団体との名称を変更した後(または)税務当局の決定に中断使用して支払納税者組織の法人電子的手段、電子資金振替、の詳細、納税者組織の面で銀行が実行する決定は、その名前や翻訳を変更しました 詳細を変更した支払の企業の電子的手段を用いて電子マネー「。
ⅰ)、単語「銀行」の後、8を指す言葉」とその電子マネーを転送します ";
次のようにa)の段落9.3を追加します。
"。引当金9.3 9ポイント、9.1と9.2は、組織を納税電子資金移動の懸濁液の場合に適用しなければなりません。";
リットル)、単語「銀行」の後、10を指す言葉」とその電子マネーを転送します ";
ステップ11ワードでメートル)」と「削除されなければならない、言葉」だけでなく、人の指定された電子決済のサスペンションに関連して ";
n)の単語を追加」し、組織に電子マネーの転送のための支払いの新しい企業の電子的手段を使用する権利を与えるために」、言葉の後に、「納税者組織のアカウント」という言葉を12を指す」とその電子マネーを転送します ";
7)の記事86:
a)の段落1で:
言葉「個々の起業家 "、言葉」と彼らに電子決済のための支払の企業の電子的手段を使用する権利を与える」の後の最初の段落。
言葉「(個々の起業家)「言葉」、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用する支払の企業の電子的手段の詳細を変更する権利団体(個人起業家)の権利または終了を許可する "、単語"オープニング、クロージング後の第2段落またはそのようなアカウントの詳細を変更するイベント「 "単語に置き換えなければなりません」。
単語は単語「アカウント情報」の後番目の段落は、「権利や資格の終了(個々の起業家)支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用することを許可します」。
単語は単語「アカウント情報」の後4番目の段落は、「権利や資格の終了(個々の起業家)支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用することを許可します」。
b)の段落2で:
言葉 "(起業家)「言葉」だけでなく、電子マネーの残高に証明書と資金の電子振替」の後の最初の段落。
第二段落内の単語」と「削除されなければならない、単語「銀行」、単語「電子マネーや資金の電子振替のバランス上、ならびにヘルプ ";
次のように第三段落は読みなければなりません。
「情報は税のコレクションの決定後に税務当局によって要求されただけでなく、組織のアカウントで操作を中断することを決定(個々の起業家)の場合には、電子マネーの移転の懸濁液または組織のアカウントの停止を取り消すことができる、この段落で言及(個々のトランザクション起業家)と電子マネーの転送の停止」。
C)4段落、単語」、ならびにための電子決済のために使用されると述べ者の支払の企業の電子的手段」。
8)記事1 102ポイントサブセクション6次のように:
「。」の公開や自治体サービスの組織には「数6-FZ 7月27 2010、連邦法で定められた状態と市町村の支払いの国家情報システムが提供する210)」。
次のように9は補足135.2)の記事:
「条135.2。電子マネーに関連する銀行の義務の違反
1。 権利団体、個人起業家、民間実際には公証人、または弁護士を付与、税務当局への登録のためにその人の証明書(通知)をせずに電子送金の支払の企業の電子的手段の弁護士の調査、使用を設立し、同様に言ったの提出右の電子マネー、この人の転送を停止する銀行の税務当局の決定の存在下で、
20千の量の罰金を伴います。
2。 (終了)権利団体、個人起業家、民間実際には公証人、または弁護士を付与する税務当局に所定の期間銀行情報内の失敗は、支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段の使用、弁護士の調査を設立しました
40千の量の罰金を伴います。
3。 電子現金、税を支払う義務の不履行(先払い)、コレクション、罰則、罰金の転送のために、そのための納税者、支払者や納税の電子マネーの転送を停止する彼の税務当局の決定の存在下での銀行の実行、
納税者、支払者や納税の要求に応じて転送量の20%の量で罰金が、支払うべき金額よりも多くない、と債務の不存在下でを伴う - 20千の量で。
4。 電子ファンドを転送する税務当局の現在のコードの割り当てによって指定された期間内に銀行による不当失敗
1 stopyatidesyatoyの借り換えロシア連邦中央銀行のレートが、遅延の各暦日のため0,2パーセント以下の量で罰金を伴います。
5。 銀行は税務当局の割り当てになっている点で納税者、支払者や納税の電子マネーの残高不足の状況を確立するために、銀行のアクションを作り、
そのような行動量の結果として受け取っていない30%の量で罰金を伴います。
6。 電子送金のバランスに段落2の記事存在コードの86および(または)非開示に係る税務当局に電子マネーや振替電子マネーの残高に銀行の基準を提出しなかった場合、コードの段落5の記事76に従って中断されましたそして、誤った情報が含まれている期日や参照の違反に証明書の提示、
10千ルーブルの量で罰金を伴います」。
次のように10は読み替えるものと136)の記事:
「条136。罰金や罰則の銀行から回復するために
記事132で言及罰金 - 135.2は、税務上の犯罪のために、このコードペナルティ制裁にするために設けられた手順と同様の方法で収集されます。 "
記事6
(ロシア連邦のコレクション、1998 31、条3823 ;. 2005を№、1、条8 ;. 2007、18、条2117№№; .. 2010、19、条2291を№)ロシア連邦の予算コードに書き込む次の変更を:
段落の記事1 2で160.1):
a)は、第七新しい段落は次のように:
「連邦政府によって確立された手順に従って、個人やロシアの予算制度の予算の歳入の形成の源である公共と自治体サービスの法人だけでなく、他の支払による金銭の支払いに必要な情報、州および市の支払いの国家情報システムを提供します7月27 2010、「公共・自治体サービスの組織の「番号210-FZの行為; ";
b)は第七項第8項とみなされます。
段落の記事2 1で166.1):
a)は、新しい段落第二十二次のコンテンツ:
「州および市の支払いの状態情報システムの作成、管理、開発と保守を行います; ";
次のようにb)は第23段落を追加します。
公共と自治体サービスの組織では、「7月27 2010の連邦法、番号210-FZに従ってロシア連邦中央銀行と協議の設定 ""状態と市町村の支払いの状態情報システムを行うため、 ";
c)の段落第二十二と第二十四段落数。
記事7
(ロシア連邦の法律のコレクション、28、25を№、条1999 ;. 40、1999を№、条9 ;. 1097は、2001を№26 2月2590の条2004連邦法、「倒産(破産)について」番号34-FZ条3536、次のように2009、数18、2153アート)は、段落3を追加します。
。クレジット団体が締結し「3取引 - 決済システムの参加者は、中央支払清算取引相手、決済決済システムセンター、金融機関が決済システムの枠組みの中でネットベースでの支払い決済ポジションの定義の結果としての義務を有するもので、トランザクションの要件の遵守を条件「国家の決済システムの「連邦法は、この条に規定する理由に無効にすることはできません。」。
記事8
ロシア連邦の税法の段落3の記事333.18(ロシア、2000のコレクションは、32、条3340 ;. 2004は、45、条4377 ;. 2005、52、条5581 ;. 2006は№、1は№、アート№№します。 12; 2007は、31、条4013№; 2009を、次の段落を補充し52、6450 vは)№します:。
「コードの条項1 333.16で指定された団体や関係者の存在下で、領事館を除き、料金の支払いに関する情報は27 7月2010、数210に連邦法によって提供状態と市町村の支払いの状態情報システムに含まれます「公共・自治体サービスの組織に「FZは、状態の手数料の支払者による支払いの確認が必要とされていません。」。
記事9
「犯罪やテロの資金調達による収入の合法化への反作用について(ロンダリング)」を連邦法7上の8月2001、数115-FZ(ロシア、2001、数33、条3418 ;. 2002の法律のコレクションは、44を№します条4296 ;. 2004、31、条3224 ;. 2006、31、条3446 ;. 2007、;. 16条1831を№49、条6036 ;. 2009を№、23、条2776 ;. 2010、№を№を№を№ 。30、4007 v)は次のように変更:
1)の記事7:
a)の言葉」確立と受益者の識別は「言葉」、クライアントの代表および(または)受益者」と読み替えるものと1.1段落では、
b)の段落1.2の言葉」確立と受益者の識別」の言葉「クライアントの代表および(または)受益者」に置き換えなければなりません。
次のようにc)は、段落1.4を追加します。
。「1.4クライアントの識別 - 自然人、クライアントの代表者及び(または)転送量ならば受益者は、銀行の支払薬の関与、電子現金を含め、口座を開くことなく送金を含む、信用機関の行使で行われていません金融機関の従業員、銀行の支払エージェントはその疑いがある場合を除き、15 000のルーブルよりまたは15 000のルーブルへの外国通貨の相当の量で、よりません azannaya操作は(ロンダリング)ロンダリングやテロ資金を合法化するために行われます「。
グラム)以下のように段落1.5を追加します。
。を含む、銀行口座を開くことなく、現金移転を実施するための自然人、クライアントの代表および(または)受益者 - 」1.5クレジット組織は、契約に基づいて他の信用機関、連邦政府の郵便サービス、顧客の識別を行う銀行の支払エージェントの組織を請求する権利を持っています電子マネー "。
次のようにd)は、段落1.6を追加します。
"。1.6の場合には、1.5は、この連邦法によって確立された識別要件を遵守する責任この条、識別を委託金融機関の段落にいうと、それ法令に準拠して採用しました。";
次のようにe)の段落1.7を追加します。
識別を行うことを任務」1.7。信用機関、連邦郵便サービスの組織は、この連邦法に基づく識別上の非遵守について責任を負わなければならない。銀行の支払エージェントは信用と締結し、契約に基づいて識別するための確立要求事項を遵守するための失敗の責任があります組織 "。;
グラム)以下のように段落1.8を追加します。
「1.8。への人の識別上の非準拠の場合は、段落1.5に従い、この条金融機関は、識別を委託し、契約に従った責任は罰則(罰金、罰則)の回収を含め、金融機関との間で締結されている。設立の要件を遵守しなかった場合識別はまた言った人との契約の金融機関を実行するための一方的な拒否の根拠とすることができます」。
h)を次のように段落1.9を追加します。
本条1.9に応じて識別を行うことで充電金融機関を持っている」1.5。人は、許可と連携して、ロシアの銀行によって設定された期間内に、契約で定める方法により、その全体で識別時に得られた情報を金融機関に移送しなければなりません権威 "。;
ⅰ)次のように段落1.10を追加します。
"。1.10金融機関は、金融機関は、識別を行うことで充電する者に関する情報で定める方法により、ロシアの銀行に通知しなければなりません。";
a)の段落で9点は、単語「勧告は "言葉"要件 "に置き換えなければならない2。
2)の記事8:
a)は、「30日まで「言葉と言葉「5営業日」の第三部では、
b)は次のようにして、新しい第四の部分を追加するには:
「するために、銀行口座(預金)の運転の認可ボディだけでなく、お金や自分の関与についての情報この連邦法に基づいて設立さに従ってが得られる者に対して、組織や個人の他の特性を有する他のトランザクションの適用上の裁判所によると、過激派の活動やテロ、または法人直接的または間接的に所有または、そのような組織や個人によって制御される、天然または法人演技 代わって、あるいは、そのような組織や個人の方向で、ロシアの法律に従い、この決定の廃止まで中断されなければなりません「。
c)の第四及び第五及び第六の五、それぞれ、考え部の;
第二の3)の記事10、言葉」や互恵の原則。」
記事10
記事2002 ;.は1を№、1を№、行政犯罪(ロシア連邦のコレクション、30のロシア連邦のコードで書く、記事3029 ;.は44、条4295 ;. 2003を№、27、条2700、2708、2717は№します; 46アート4434 ;.は50、アート4847、4855 ;.は52、アート5037 ;. 2004を№№、№、31、アート3229を№;. 34、アート3529、3533 ;. 2005を№、1、アート9は№,. 13、45は、10、アート763を№;.アート13 ;.は1075、アート1077を№、19 ;.は1752を№、27、アート2719を№、2721 ;.は30、アート3104を№、3131 ;.は50、アート№。 5247; 2006は、アート1 ;.は、アート10 ;.は2を№、172を№アート10 ;.は1067を№、アート12 ;.は1234を№、アート、アート17 ;.は1776を№、アート18 ;.は1907を№、19を№ 。2066; 23、アート2380 ;.は31、アート3420、3433、3438を№、3452 ;.は45、アート4641を№№;. 50、アート5279 ;.№を№ 52、アート5498 ;. 2007、数1、アート21、29、33 ;.は16を№、アート1825 ;.は26を№、アート3089 ;.は30を№、アート3755 ;.は31、アート4007、4008 ;.№を№ 41、アート4845 ;.は43を№、アート5084 ;.は46、5553項目;. 2008、数18、アート№します。 1941; 番号20、アート。 2251; 番号30、アート。 3604; 番号49、アート。 5745; 番号52、アート。 6235、6236。 2009は、7、アート№します。 777; 番号23、アート。 2759、2776。 番号26、アート。 3120、3122。 番号29、アート。 3597、3642。 番号30、アート。 3739; 番号45、アート。 5267; 番号48、アート。 5711、5724。 番号52、アート。 6412; 2010は、1、アート№します。 1; 番号21、アート。 2525; 番号23、アート。 2790; 番号27、アート。 3416; 番号28、アート。 3553; 番号30、アート。 4002、4005、4006、4007。 番号31、アート。 4158、4164、4193、4195、4206、4207、4208。 番号41、アート。 5192、5193。 番号49、アート。 6409; 2011は、1、アート№します。 10、23、54。 番号7、アート。 901、905。 番号15、アート。 2039; 番号17、アート。 2310; 番号19、アート。 2715)次の変更:
1)の記事15.1:
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
「ビジネスのキャッシュフローと順序現金取引のと同様に、特別な銀行口座の使用上の要件に違反するための条15.1違反。 ";
b)の言葉で最初の段落の単語「違反」の「1違反。 ";
次のようにc)のパート2を追加します。
に従って動作支払い薬「銀行の決済エージェントと銀行支払サブエージェントによって行われた個人からの支払いを受け入れるの活動について「2 6月3、数2009-FZの連邦法に従って動作する、エージェントを支払うの103。違反」、 「国家の決済システムの」連邦法、フルOBEに入金される現金の支払を受けたときに支払者から受信したクレジット組織に提供する義務 MEあなたの特別な銀行口座(複数可)に、だけでなく、関連する計算を実現するための薬剤、サプライヤー、銀行決済エージェントと銀行支払サブエージェントの特別な銀行口座を支払うの不使用 -
4000千5ルーブルの量に関係者に過料の賦課を伴うものとします。 法人用 - 4万千50ルーブルから」。
次のように2)章15 15.36は、記事を追加します。
「条15.36。ロシアの銀行の要件に従わない場合は、国の決済システムで監督の演習でそれらを向けます
決済システム運用センターのオペレータによって年の過程で失敗を繰り返し、支払指図書ロシアの銀行のための中心をクリア、国家決済システムにおける監督の練習でそれらを向けます -
5万ルーブルへ3万の量の関係者に過料で罰せられる。 法人用 - 10万から五十万ルーブルへ」。
数字の後に3)記事1 23.1部」15.33は、 ""、金融機関が犯した行政犯罪を除く15.36()」という言葉を追加します。
4)の記事28.3:
a)は、以下の文言に81 2部分を指します。
「ロシアの銀行の81)職員 - 記事15.26、部品1に定める行政犯罪について - 4 15.27の記事、このコードの金融機関が犯した行政犯罪以外の記事15.36(); ";
b)は4の言葉」とロシア連邦の被験者の執行力の認可団体「言葉」ロシア連邦およびロシアの銀行の執行力の認可機関」との最初の段落で、
5)の記事32.2:
次のようにa)は3の一部を読んでなければなりません。
、「国家決済システムに関する連邦郵便の組織を「3。有給や人に転送する行政処分の量は、管理責任、金融機関、銀行決済エージェントまたは銀行支払サブエージェントの関与を含む連邦法に従って動作に惹か」受諾の支払いの個人の活動6月3 2009、数103-FZ」の連邦法に従い、活動を実施するために、支払代理人のいずれかにより、 FIR者、支払エージェントによって実行されます「」;
53、「州および市の支払いの国家情報システムにおける過料の支払いに関する情報「言葉」過料の支払いの証明書、「言葉の後のb)の一部。
次のようにc)のパート8を追加します。
合計を支払っ国立決済システム」、オン「連邦法に基づく活動を行っ8。銀行や他の融資機関、連邦郵便サービスの組織、個人からの支払いを受けて活動を行って、薬を支払う、または銀行支払エージェント(サブエージェント)」行政処分は、すぐに管理責任を持っ過料顔の支払い、後に、で支払う過料についての情報を提供しなければなら 月27 2010、「公共・自治体サービスの組織には」数210-FZの連邦法により提供される状態と地方自治体の支払いの国家情報システム。」。
記事11
10 7月2002、数86-FZに関する連邦法「ロシア連邦中央銀行では(ロシアの銀行)」(ロシア連邦の法律のコレクション、2002は、28、条2790 ;. 2003、2を№、条157を№;. 52を№条5032 ;. 2004は、27は№、条2711 ;.は31、条3233 ;. 2005を、25は№、条2426 ;.は30、条3101 ;. 2006は№、19は№№条2061 ;.は25、アート№します。2648; 2007、1、条9を№、10 ;.は10は№、条1151 ;.は18、条2117 ;. 2008を、42、条4696は№、4699 ;.は44を№№条4982 ;.は52、アート№します...... 6229、6231; 2009は、1、条25を№; 29、条3629を№; 48、条5731を№; 2010は、45、条5756を№; 2011は、7、907 vを№)次の変更を:
1)3は、次のように読まなければならない最初の記事の4番目の段落:
「国家の決済システムの安定と発展を確保します。 ";
次のように2)の記事4 4.1は、読むために段落を追加します。
「4.1)が監督し、国の決済システムで監視しなければなりません。 ";
3)以下のように読み取る条8 13段落の第五の段落:
「国家の決済システムの安定と発展を確認してください。 ";
次のように4は補足62.1)の記事:
、強制的な銀行および銀行業務では、「次」の記事62.1は、ロシアの銀行は、物品連邦法の1の3番目の部分1第一項に規定する銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金をするために資格を与え、非銀行信用機関のために設定されます "仕様:
四半期の最終報告日における顧客に対する負債の合計に対する自己資金(資本)の比率として定義1)自己資本比率(資本)、。 自己資金(資本)の自己資本比率は2%に設定されています。
四半期の最終報告日における顧客に対する負債に来る日2での実行の期間の流動資産の比率として定義される流動性の30)標準、。 流動性比率は100%に設定しました。
銀行口座やオペレーショナル・リスクを管理し、銀行ロシアの規則によって確立された要件に従って資金の移動の連続性を確保するために必要な他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関、。
6ヶ月の平均は、1カ月以内に銀行口座を開くことなく、現金移転によって顧客に対する負債の額は2億ルーブルを超えた銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金を行う権利を有し、非銀行信用機関は、報告されています四半期ごとにロシアの銀行。
先月中に銀行口座を開くことなく、現金移転によって6ヶ月の平均、顧客に対する負債の額は2億ルーブルがある超えない銀行口座を開くことなく送金を行う権利を持っているし、他の銀行業務を関連する非銀行信用機関、年に2回、ロシアの銀行への報告。
銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関の手続きや報告フォームは、ロシアの銀行の規制を確立しています。
銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関は、もっぱら、銀行口座を開くことなく送金のための顧客に現金の進歩を発行することができます。
ロシアの銀行とコルレス口座に1)。
ロシアの銀行の預金の2)。
特派中3)は、金融機関で占めています。
銀行口座を開くことなく送金を行う権利を持っている非銀行信用機関、および関連する他の銀行業務は順番に、その経営者によって行われた決定に重大な(直接的または間接的な)影響を持つ者に公開情報に開示することを要求されます銀行のロシアの銀行が設立され、ロシアの銀行における個々の預金の強制保険のシステムに登録されています」。
以下のように読み取ることが最初の5)の記事73:
「条73。銀行規制と銀行監督の機能を実行するには、ロシアの銀行は信用機関(支店)の検査を行って、強制的な処方箋は連邦ロシアの銀行の彼らの規則に従って発行された法律、および使用の自分の仕事の違反で発見の欠点を解消するためにそれらを送ります違反者に対する意図ここ対策」。
次のように読まなければならない第四の6)の記事74:
「信用機関への違反の日付は5年間有効期限が切れた場合、ロシアの銀行が、この記事の第一および第二の部分において想定措置を適用することはできません。この条に規定する措置は金融機関(支店)の故障に関連して、ロシアの銀行によって適用されないことがあります文書の条項規制やロシアの銀行の要件ではないロシアの銀行の(行為)、 "。;
7)章XIIは無効とみなさ。
8)次のようにXII.1ヘッドを補いました:
「章XII.1。国の決済システムの安定と発展を確保
82.1を§。 「ナショナル・決済システムでは「連邦法に従ってロシアの銀行によって実装国の決済システムの安定と発展を確保します。
国の決済システムの開発の方向性は、ロシアの銀行が採用した国の決済システムの開発戦略を決定しました。
82.2を§。 ロシアの銀行は整理し、ロシアの銀行の決済システムの効率的かつ途切れのない機能を保証し、彼女の観察を行います。
82.3を§。 ロシアの銀行は法人、並びにそれらの事業活動の実施に関する市民の参加を得て集落間の現金決済制限を含む現金支払いのルールを確立します。
ロシアの銀行は非現金決済のルール、フォームや基準を規定しています。」。
記事12
22月2003に関する連邦法、(ロシア連邦の法律のコレクション、54「決済カードを利用して現金支払いおよび(または)計算の実装にキャッシュレジスタの適用について「数2003-FZは、21、アート№1957。 2009、条23は№; 2776は、29、条3599№2010、31、4161のv)は次のように変更し№を...:
言葉の後1)の記事1第九項、「銀行支払代理人「補数」サブエージェント "という言葉。
2)「銀行の支払剤」という語で「サブエージェント」を補完する単語の後の記事4 2点。
3)の記事4:
a)は、「銀行の支払剤」の後の段落1の2番目の段落は、「サブエージェント」の単語を補完します。
b)の後の段落1.1の最初の段落「銀行の支払エージェント、「言葉の後に「サブエージェント」「銀行振込決済エージェント、「ワード」のサブエージェント」。
4)後の条1 5の段落の最初の段落、「銀行の支払エージェント、「ワード」のサブエージェント」。
記事13
54 7月7の条2003連邦法、「通信オン」番号126-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、28、条2895 ;. 2004は、35、条3607 ;. 2006を、10条1069は№№№します。)次のように段落4を追加します。
国立決済システムでは - 」4現金前貸しが加入者である。通信サービスのための物理的な人、連邦法に基づく加入者の電子マネーの残高を増加させることができます ""。 "。
記事14
10 12月2003に関する連邦法、「通貨規制および通貨管理について「数173-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、50、条4859 ;. 2005を№は、30、条3101 ;. 2006は、31を№№します...記事3430; 2007は、1、条30№; 2008を、30、3606のv)は以下の変更が№します:
1)の記事10:
次のようにa)のパート1.1を追加します。
「1.1。非居住者は、完全に銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦通貨のロシア連邦転送の領土で一緒に行使し、ロシア連邦で銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦通貨の転送を行い、ロシア連邦の領土で受け取るようにする権利を有します銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦の通貨の換算」。
「この条のサブセクション3で提供されている場合を除き、「1.1語のb)の一部。
2)の記事14:
a)は2の言葉」だけでなく、資金の電子振替」の最初の段落。
3 9のb)の一部を次のように段落を読み取るために追加します。
、ロシア連邦の領土上の非居住者の賛成で居住者自然人生産 - - アカウントの物理的な人を開かず」9)転送手順の中央銀行によって確立されたロシア連邦で行われる非居住者に対するロシア連邦の領土で銀行口座を開くことなく転送の居住者、それぞれ含むことができ、のみの転送量の転送と受信の量を制限します。」。
記事15
「ロシアの銀行での家庭用預金の保険について "2 12月5に関する連邦法、番号23-FZの一部2003の記事177(ロシア、2003の法律のコレクションは、52、条5029 ;. 2008、52、条6225を№を№します。)次のように段落5を追加します。
「5)は電子キャッシュです。」。
警告! 社説記事16は、連邦法番号の401-FZ 06.12.2011に応じて変更します
新しいエディション:
記事16
3月40、「競争の保護に関する「番号26-FZに関する連邦法の一部2006の記事135(ロシア連邦の法律のコレクション、2006、数31、条3434。)単語「組織」、単語「組織した後 - 決済システムの運営、 「国家の決済システムでは「連邦法に従い、彼らの活動を実施する上での支払いインフラサービス事業者。
古いバージョン:
記事16
単語の後3 7月40、「競争の保護に関する「番号26-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、2006、数135、アート2006)上のパート31の記事連邦法の3434「サービス」の言葉」だけでなく、組織 - 支払いの演算子「国家の決済システムでは「連邦法に従い、彼らの活動を行っているシステム、支払インフラサービス事業者。
記事17
2 2007 10月に連邦法、番号229-FZ「執行手続については、「(ロシア連邦の法律のコレクション、2007は、41、4849 vを№。)次のように変更:
1)の記事70:
次のようにa)のパート12を追加します。
"。この記事の12規定はまた、債務者、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われているの翻訳の電子マネーの差し押さえの場合に適用しなければなりません。";
b)は次のように一部の13を追加します:
「決済システムのオペレータ、中央支払清算取引相手や決済システムの参加者の義務のために徴収することはできません。」国立決済システムに "。13保証基金の支払システムの口座に保有する資金に関する連邦法に基づく開かれています」。
2)記事71 7サプリメントの一部を次のように
"。この記事の7規定はまた、債務者、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われているの翻訳の電子マネーの差し押さえの場合に適用しなければなりません。";
3)記事72 10サプリメントの一部を次のように
「10は、この条の規定はまた、債務者の電子マネーの差し押さえの場合に適用されるもの、の翻訳は、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われます。 "。
記事18
「状態制御(監督)や市町村コントロールの実装における法人と個々の起業家の権利の保護について」3 12月1、数26-FZに関する連邦法の一部2008の記事294(ロシア、2008の法律のコレクションは、52、条6249を№します; 2009は、18を№、条2140 ;.は29は№、条3601 ;.は52、条6441 ;. 2010を、17は№、条1988 ;.は31、条4160、4193 ;. 2011を№、7、条905は№№します;番号17、アート。2310)言葉「銀行や保険監督、「言葉の後に「国家の決済システムの監督。 "
記事19
「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「3 6月2009、数103-FZに関する連邦法(ロシア連邦の法律のコレクション、2009、数23、条2758は;. 48、条5739 ;. 2010を、№ 。19、2291のv)は次の変更が№します:
1)記事1 3サプリメントの一部を次のように
"。3この連邦法、連邦法の規定により規制の関係を「国家決済システムでは「1 1 35の記事の段落に従い、ロシアの銀行のモニタリングの範囲にのみ適用される連邦法を述べました。";
言葉「法人」の後2)記事3 2点、「金融機関を除いて "という言葉。
3)の記事4:
次のようにa)は3の一部を読んでなければなりません。
「3。供給者は、支払の受信の場所、その好意で支払いを受け入れるために、薬を支払う上の支払人情報の要求に応じて提供、ならびにそれらの要求の好意で支払いを受け入れるように薬を支払うのリストを税務当局に提供する義務、および場所に関する情報がなければなりません支払いを受けます」。
7のb)の一部を読み取るための、新しい番目の文を補っ:; "支払サブエージェントのそれぞれのパワーのこの関与により公証を必要としません。」
c)の単語の14は、「独立した」「特殊な」単語を置き換えます。
単語は「独立した」「特殊な」という言葉を置き換える15のグラム)。
d)に次のように一部の16を追加します:
。「16以下の操作は、支払代理人の特別な銀行口座によって行うことができます。
現金の個体から採取し1)入学。
支払代理人の別の特別な銀行口座に償却資金をクレジット2)。
3)支払代理人またはサプライヤの特別な銀行口座に資金を引き出します。
銀行口座への4)借方」。
次のようにe)のパート17を追加します。
"。17支払代理人の特別な銀行口座の下に他のトランザクションは許可されていません。";
グラム)以下のように一部の18を追加します:
"。18支払いの受領時に支払代理人と集落におけるサプライヤは、特別な銀行口座プロバイダを使用するために必要とされる特別な銀行口座ではありません銀行口座への支払いエージェントの支払いとして受け取った現金を受領する権利をされていません.."。
h)を次のように一部の19を追加します:
「19操作は、特別な銀行口座プロバイダによって行うことができます。
1)支払代理人の特別な銀行口座から引き落とさ資金をクレジット。
銀行口座への2)借方」。
ⅰ)次のようにパート20を追加します。
"。20特別な銀行口座プロバイダの下に他のトランザクションは許可されていません。";
次のようにa)のパート21を追加します。
"。21信用機関は、支払承諾または支払サブエージェントのオペレータとして作用しないことがあり、同様に支払いを受け取るためにベンダーや事業者と個人の支払いを受け取るために活動の実施に関する協定を締結します。";
4)の記事7:
次のようにa)のパート4を追加します。
以下のための特別な銀行口座のエージェントとサプライヤーを支払うの使用にあなたの特別な銀行口座(複数可)に全額入金する現金の支払いを受けるだけでなく、ときに "4。支払いエージェントの義務に監視コンプライアンスクレジット組織に送達するためには、納税者から受け取りました決済支払いはロシア連邦の税務当局の受信時に作られています」。
b)は次のように一部の5を追加します:
「5。銀行は、特別な銀行口座への資金の収支上のバンクの特別な銀行口座の存在および(または)について税務当局の情報を発行するために必要とされる、推論要求の受領の3日以内団体(個人の起業家)の特殊な銀行口座での取引に関する声明税務当局。特別な銀行口座に特別な銀行口座および(または)現金残高の有無に関する情報だけでなく、organiの特別な銀行口座の損益計算書 バンク内ション(個々の起業家)が、これらの組織(個々の起業家)の点で、この条4の一部に設けられた制御の場合に税務当局によって要求することができます「。
次のようにc)のパート6を追加します。
によって認可連邦執行機関によって確立された銀行による税務当局の情報要求を提供するための「6。形状(大きさ)、および税務当局が税金や手数料の分野における制御と監督を担当する連邦執行機関によって確立された銀行を要求送信するための手順。形式と手続きロシア連邦中央銀行との合意に基づき税金や手数料の分野での管理、監督、。情報の要請で電子形式での銀行のフォーマット 税務当局は、税と関税の分野での管理、監督を担当する連邦執行機関と連携して、ロシア連邦中央銀行によって承認されています「。
グラム)以下のように一部の7を追加します:
"。.. 7演算子は、税務当局への支払いを受け取るためには情報は、この条の4部分に設けられた制御の例で税務当局により要求される場合があり行っ計算の推論要求税務当局の受領の3日以内にアカウントの実現に関する情報を提供する義務を負っています」。
d)に次のように一部の8を追加します:
税務当局の要請税金や手数料の分野における制御と監督を担当する連邦執行機関によって確立された支払いを受け取るためにオペレータを送信するための「8。形状(大きさ)、および手順。オペレータの形式と手続きの連邦機関によって設立され、税務当局の要求の支払い情報を受信します税金や手数料の分野における制御と監督を担当する幹部。オペレーターのフォーマットはのための電子的情報の形で支払いを受け取るために 当社は、税務当局は、税と関税の分野での管理、監督を担当する連邦執行機関によって承認されている尋ねます「。
5)記事8 4サプリメントの一部を次のように
「4は、本連邦法の14と15記事4、ならびに資金の供給元の領収書の一部に指定された特別の銀行口座に個人の資金から受け取った入学せずに支払を受け入れる銀行口座への支払いとして支払いエージェントを受け取っていません本契約、許可されなければならない。「一部の記事18 4で指定された特別な銀行口座です。
記事20
7月27 2010の連邦法、「公共・自治体サービスの組織で「数210-FZ(ロシア、2010の法律のコレクションは、31、条4179№; 2011を、15、条2038 ..№)以下の変更は:
言葉の後1)記事2 7点、「文書と情報の提供」、「公共・自治体サービスの提供のための充電状態の手数料を含む "言葉。
次のように2)章5 21.3は、記事を追加します。
「条21.3。州および市の支払いの状態情報システム
1。 州および地方自治体の支払いの状態の情報システムは、公共と自治体サービスの提供のための支払の自然や法的者の支払いに関する情報を配置し、受信用に設計された情報システムである本契約のサブセクション3記事1と部品1記事9で指定されたサービス、支払いそれは、連邦法で規定されている例におけるロシアの予算制度の予算の歳入の形成だけでなく、他の支払を、生成します。
2。 連邦財務省による州および市の支払いの状態情報システムの構築、管理、開発と保守。
3。 ロシア連邦中央銀行と協議の上、連邦財務省によって設定された状態と市町村の支払いの状態情報システムを維持するための手順。 :によって決まると述べたため
1)による状態や自治体サービスのための量を含む支払いに必要な情報のリスト、連邦法、秩序で定める場合においては、本連邦法、ならびにその他の支払いの一部3の記事1と部品1の記事9で定義されていますその準備とプレゼンテーション。
2)状態と自治体サービスの支払いに関する情報のリストは、例の資料3 1と現在の連邦法の1の記事9、およびその他の支払いの一部に指定されたサービスが、連邦法で定められた、その準備とプレゼンテーションのための手順。
3)州および市の支払いに関する公開情報システムへのアクセスのための手順。
4。 銀行、その他金融機関、電子形式での計算だけでなく、他の団体や組織を生産するなど、連邦政府の郵政サービス、連邦財務省(ロシア連邦の予算に合わせて口座の開設やメンテナンスを行っ体)の領土体の組織、この連邦法の記事3の1 1 9との記事で定義され、その現金状態の出願人による支払いや自治体サービスを経由して そして、同様にロシアの予算制度の予算の歳入の形成の源である他の支払い、など、私たちはすぐに州および地方自治体の支払いの状態情報システムへの支払いに関する情報を送信することが義務付けられています。
5。 サブセクション3の記事1と部品存在連邦法、ならびにその他の支払いの1の記事9で指定されたサービスの申請者が支払うべき額の計上後の状態と市町村の事務所は、連邦法で定められた場合には、すぐに必要な情報を送信することが義務付けられています州および地方自治体の支払いの状態情報システムへの支払い。」。
記事21
11月27 2010、「ロシア連邦税関規制について「数311-FZの連邦法(ロシア連邦の収集された立法、2010は、48、6252 vを№。)次のように変更:
1)の記事116:
次のようにa)は14の一部を読んでなければなりません。
。この連邦法に基づく「14の関税の支払い、支払いを進め、罰則、利息、ペナルティは、(引き渡し)を受信する可能性なしに、支払の電子的手段を利用して業務を遂行するために設計されたデバイスを使用して実施することができる現金(以下の - 電子端子)、ならびに決済端末やATMを介しました」。
次のようにb)は15の一部を読んでなければなりません。
「15。場合は関税の支払い、電子端末を使用して、支払い、罰則、利息、罰金を進め、連邦財務省の口座への入学を担当するエンティティおよび(または)特定の国際のアカウントの決済参加者間の情報の決済端末やATMの交換を行って契約状態 - 関税同盟のメンバー、電子端末、決済端末やATMのが支払ったお金だけでなく、適切なExecuを確保 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、中コミットメントのIX。指定されたエンティティのための要件、それらの間の相互作用のため、関税や税金の支払者、および政府機関関税の分野で認可執行電力は、ロシア政府によって決定されています「。
以下の文言におけるc)16部分:
"。16手順と技術取引関税の支払いの支払いについて、支払いを進め、電子端末、決済端末やATMの使用に罰則、利息、課徴金は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。";
2)以下の文言で記事2 117部分:
「2。関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のためには、本契約の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税の支払いで、記事15 116による電子端末、決済端末やATMの利用に対する税金、一部明細書のような確認は、ドキュメント生成される電子であります 本契約の条116で呼ば口座への資金移転の実施を確認する電子端子、決済端末やATM、電子形式で含む、。関税や税金の支払いのために行われた文書の形成、資金の移転、以来、それはなり取り返しのつきません。」。
記事22
廃止は次のとおりです。
銀行およびバンキング活動について1)の記事点2 7月1の27 2006連邦法、「連邦法の改正で、「数140-FZ」との記事RF法の37「権利消費者の保護について」(ロシア連邦の法律のコレクション、2006 、)31、条3439№;
2)は「支払エージェントによって行われた個人の支払いを受け取るために活動では「連邦法の採用に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正で「1 6月1、数3-FZに連邦法の2009の記事121を指す(ロシアの法律のコレクション連盟、2009は、23、条2776を)№します;
3)1 7月1、銀行および銀行業務「オン」1記事や連邦法の2010改正で「数148-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、13.1は、29、アート。2010を№)に連邦法の27の記事3432を指します。
記事23
1。 この連邦法は、力への参入のためのこの記事では、他の用語の規定を除いて、90日、公式発行日以降に効力を生じます。
2。 記事2 1この連邦法のパラグラフの「a」の第三及び第四段落では、180日本契約の発行日以降に効力を生じます。
3。 ポイント1 - この連邦法の7、9と10 5記事では、その公式の公開の日から全く以前3ヶ月より発効するものではありません。
4。 サブ段落9とポイント11の記事1、記事4と7の「a」および「b」、2ポイント、3とポイント4記事10のパラグラフの「a」は、1ポイント - 3、7と8の記事11、記事16、サブパラグラフ記事1 17、この連邦法の18の記事の「b」は、本明細書の発行日から1年後に効力を生じます。
5。 段落の記事8 5は、8の記事、の各号「B」との記事5 10、この連邦法の20の記事の「C」点は1月1 2013年から施行します。
6。 ロシア連邦の予算コードの記事1 166.1(本連邦法によって改正された)の規定は、1月1 2013年に適用しなければなりません。
7。 この連邦法の発効資金の電子移転を含む銀行口座を開くことなく送金を実行する権利を有する銀行口座を開くことなく、個人転送の代わりに現金を運ぶために権利をエントリの日付を持っている金融機関。
8。 この連邦法の発効日から物理の支払いを受け取るために14 6月15、活性に数4-FZ」に関する連邦法の3と2009記事103の部分で指定された特別な銀行口座に個人の現金から受け取った入学せずに支払いを受け入れるように支払エージェントによって行われたもの「(本連邦法によって改正された)、だけでなく、資金の供給を求め、銀行口座への支払いとして支払いエージェントを受け、ない特別なbankovs 6月18 4の連邦法、数3-FZ条2009 103で呼ば自分のアカウントを許可してはならない(本連邦法によって改正される)「個人からの支払いを受け入れるの活動には、支払エージェントによって実行されます」。
9。 「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「14 6月15に関する連邦法、番号4-FZの3と2009記事103の部分の規定は、(この連邦法によって改正された)の実施に関する以前に締結し契約から生じる関係に適用されます個人からの支払いを受け取るための活動。
10。 「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「21 6月4に関する連邦法、番号3-FZの2009記事103の規定は、(この連邦法によって改正された)協定以前に締結したクレジット組織から生じる関係に適用されますこの連邦法の発効日から終了までの支払承諾及び対象のサプライヤーと演算子。

ロシアのメドベージェフ大統領

 

12月409 6年の連邦法番号2011-FZ

ロシア連邦の一部の立法行為の改正で
(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ18.11.2011 29.11.2011)
(参照、法的情報07.12.2011の公式ウェブポータル上、および「Rossiyskayaガゼタ」番号278(5654)に発効の09.12.2011から公開された。この法律の条26)

記事1

書く「銀行およびバンキング活動について「連邦法の記事26(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議、3の官報、1996、条17 ;.立法議会が№(1990 2月27の連邦法、番号357-FZにより改正されました)ロシア連邦、1996は、6、条492 ;. 2001を、33、条3424 ;. 2003は№、27は№、条2700 ;.は52、条5033 ;. 2004を、27、条2711 ;. 2005が№№№、1を№条45 ;. 2007は、31は№、条4011 ;.は41、条4845 ;. 2009を、23は№、条2776 ;.は30、条3739 ;. 2010は№、31は№№条4193 ;.は47、アート№します。6028; 2011、7、条905は№; 27、3873のv)は次のように変更し№します:。
言葉「ロシア連邦の税関当局、「削除されるものの第二部で1)。
2)加算部第二十三次のように:
「文書や情報の場合、金融機関、ロシア連邦の税関当局が提供する法人ずに起業家の活動に従事し、銀行秘密の法人と個人を含む、方法および関税同盟と連邦法27 11月の2010年の数の税関コードにより提供範囲まで「ロシア連邦税関規制について」311-FZは。ロシア連邦とその関係者の税関当局は情報を開示しないかもしれません 銀行の秘密を獲得し、連邦法で定められた場合を除き、金融機関からそれらが受信した。ロシア連邦税関当局及びその職員の銀行の秘密の開示のために連邦法によって確立された手順に従い、損害賠償の支払いを含め責任を持っています。」。

記事2
、15 4月1993、「文化財のエクスポートとインポートには「番号4804-1(ロシア連邦およびロシア連邦最高会議、1993の人民代議員大会の官報のロシア連邦法で書く20、ロシア連邦、718の条2004 ;.アセンブリの№ 45、4377、条2008は№; 30、3616、条2009は№; ....、29、条3587№2011を、27、3880のv)は以下の変更が№:
言葉「税関でのロシア連邦法の「言葉で「ロシア連邦の関税法案」前文の第二段落の1)。
2)の記事2は無効とみなさ。
3)の記事5:
a)は、第二段落内の単語の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
b)は第三段落内の単語の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
c)の4番目の段落では言葉の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
第五段落のグラム)の単語言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
言葉と言葉の4)の記事12「ロシア連邦の国家関税委員会 ""税関の分野で承認連邦執行機関、「言葉」というユーラシア経済共同体(内関税同盟の関税法律に「ロシア連邦の "言葉 - 税関連合)とロシア連邦 ";
言葉で「通関事務の分野で承認連邦執行機関「段落の記事5 3の言葉で15)「ロシア連邦国家税関委員会」。
言葉で記事6語 "ロシア連邦の習慣や州境を" "ロシア連邦の国家の境界線」の第二部で19)。
「税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(またはの税関法案)」の記事7語の言葉で「ロシア連邦の関税立法」の第二部で22)。
8)記事23単語言葉で「税関の分野で承認連邦執行機関 ""ロシア連邦の国家関税委員会」。
9)の記事25言葉言葉で「関税同盟や習慣上(または)ロシア連邦の法律の関税法案 ""ロシア連邦の関税法案」。
10)の記事26言葉言葉で「関税同盟や習慣上(または)ロシア連邦の法律の関税法案 ""ロシア連邦の関税法案」。
言葉で記事11語 "ロシア連邦の習慣や州境を" "ロシア連邦の国家の境界線」の第二部で29)。
12)記事35語の単語と「関税の分野で承認連邦執行機関 ""ロシア連邦の国家関税委員会」。
「税関での関税同盟の関税法令および(または)ロシア連邦の法律「段落の記事13 1の言葉」とロシア連邦の関税法案」の言葉とで56)。

記事3
「関税定率オン」21月1993、数5003-1(ロシア連邦およびロシア連邦最高会議、1993の人民代議員大会の官報、23、ロシア連邦、821の条1995 ;.総会は№のロシア連邦法で書く、32を№条3204 ;.は、48、条4567 ;. 1996を№1、条4 ;. 1997を№、6、条709 ;. 1999は、7を№№条879 ;.は18、条2221 ;. 2000は、22を№№します条2263 ;. 2001は、33は№、条3429 ;.は53、条5026 ;. 2002を、22は№、条2026 ;.は30、条3033 ;. 2003は№、23は№№条2174 ;.は28、アート№します。2893;条50 ;.は、4845を№条2004 ;.は19、条1834 ;. 27を№、2711、条35を№;. 3607、条2005 ;.№を№、30を№、3123、条46 ;. 4625を№ 52、条5581 ;. 2006は、31を№条3444 ;.は、47、条4819 ;. 2007を№49を№条6071 ;.は50、条6234 ;. 2008を№、49、条5732、5748 ;. 2009を№します...、1、条22は№; 26、条3123№; 2010は、50、6593のv)は以下の変更が№:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。この法律の目的
この法律は、輸出関税の適用のための手順を定義し、輸出関税の速度とそれらが適用されるの点で品物のリストの設立、輸出関税、特に商品の原産国によって輸入関税率の適用とその輸入の条件の支払いの免除、だけでなく、関税の好みや関税割当量を付与する機能」。
2)の記事2は無効とみなさ。
3)の記事3:
a)の段落1の言葉では「商品のロシア連邦からロシアへの輸入と輸出に従事して「言葉で「ロシア連邦の税関国境を越えて商品を移動します ";
b)は次のように2は読み替えるものを指します。
国、貿易や最恵国治療を提供政治的関係から生じる財に関しては「2、EurAsEC内の関税同盟の共通関税の輸入関税率(以下、 - 関税同盟)。
国、貿易や最恵国待遇を提供しないとの政治的関係から生じる財に関しては、関税同盟の共通関税の輸入関税率は国際条約の規定に基づき、関税の好みの場合を除いて、半分に増加した状態 - 税関のメンバー連合、ロシア連邦の国際条約。
財に関しては、原産国は、国際条約で定められた場合を除いて、関税同盟の共通関税の輸入関税率を確立していない - 関税同盟、ロシア連邦の国際協定のメンバー」。
c)の言葉「関税同盟(CU HS)の外国貿易の単一商品命名法」と段落4単語の最初の段落「ロシアのTN VED」で。
4)の記事5:
a)の段落1で:
次のように1のサブパラグラフを読み取るなければなりません。
「1)関税 - 関税同盟の税関国境を越えとの国際協定に基づいて指定された他の例におけるモノの移動に関連して、税関当局によって収集された連邦予算への強制的な支払い - ロシア連邦の関税同盟のメンバーおよび(または); " ;
各号2 - 6は無効と宣言しました。
b)は2が廃止されるポイント。
c)の段落3語の単語「関税同盟、税関でのロシア連邦の法律の税関法案」と「ロシア連邦の関税立法」で。
単語の5)の記事6 "エントリと"削除しなければなりません。
6)の記事7は無効とみなさ。
7)の記事12は無効とみなさ。
8)の記事13:
a)は1が廃止されるポイント。
b)の段落2で:
サブパラグラフ1は廃止されます。
パラグラフの2の言葉「ロシアへの物資の密輸「言葉で「ロシア連邦の税関国境を越え輸入品の違法な動き」。
C)3が廃止されるポイント。
9)の記事14は無効とみなさ。
10)セクションIVは廃止されます。
次のように11は読み替えるものと34)の記事:
「条34。関税譲歩
1。 関税同盟のメンバー - ロシアへの輸入品に関して関税譲許は、関税同盟の税関コードの国際条約に基づいて付与されます。
2。 ロシアからの輸出品に関して関税譲許は、この法律によって確立されなければならないし、個々にすることはできません。
3。 ロシアからの輸出品に関して関税の好みの下で、この法律の目的のために、それは互恵のか、一方的に関税や関税の軽減免除の形でロシア連邦貿易政策権限の実装における状態を指す提供。
4。 この法律によって確立された許可関税の好みの順番は、ロシア政府によって決定されなければなりません」。
次のように12は読み替えるものと35)の記事:
「条35。関税の好みの提供
1。 関税が免除されます:
1)は、釣りを行う船舶のためにロシア当局によって)ロシアと賃借(の活動をチャーターすることを保証するために、物流、設備、燃料、食料、ロシア連邦からエクスポートその他の財産を施し、
米国ではない国でロシア連邦政府の決定によりロシアから輸出さ2)品 - 関税同盟のメンバー、人道援助として、事故や災害の影響を排除するために、国による慈善目的のための自然災害、国際機関、技術支援(援助)を含め政府、。
3)商品は、消費税を除いて、ロシア連邦政府により承認されたリストに従って宇宙船を起動するための国際的な宇宙空間の探査及び利用の分野におけるロシアの協力だけでなく、サービス契約の枠組みの中で、ロシア連邦からエクスポート;
ロシア連邦からエクスポート4)製品(製品)は、生産分与契約と生産分与契約に属する当事者の実装で行われました。
2。 ロシア連邦の決定によると、関税やに関して関税の削減から免除の形での関税譲許を付与することができます。
1)ロシア連邦の国際条約に従い、海外投資コラボレーション・オブジェクトを構築するための複雑な納入以内に商品のロシア連邦からエクスポート;
2)状態と市町村のニーズのための商品、工事及びサービスの注文を置くことに関するロシアの法律に従って同定された連邦国家のニーズに合わせて輸出のための供給量以内に商品のロシアからエクスポート」。
次のように13は読み替えるものと36)の記事:
「条36。関税好みや関税割当量
1。 関税同盟のメンバー、ロシア連邦の国際条約 - ロシア連邦は、国際協定に基づいて関税の好みを付与しなければなりません。
この条の目的のために、関税の好みは、そのようなゾーンの作成を目的とした契約、または物品の輸入関税の削減をロシア連邦と一緒に自由貿易圏を形成し、または署名した国に由来する物品の輸入関税の免除を意味します関税同盟の関税の好みの単一のシステムを使用して、開発や後発開発途上国からの発信。
2。 ロシアへの輸入品の点で、この条の目的のためには、関税割当の下では、商品の一定量をインポートするときに低い輸入関税の一定期間における使用のために提供し、第三国に起因する農産物の特定の種類のロシアへの輸入規制措置を指し、 (種類や値で換算)、関税同盟の共通関税に応じて適用される輸入関税率と比較。
設定量(クォータ)の上にロシアへの輸入品について関税同盟の共通関税率に応じて関税率を適用します。
3。 方法と手続き関税割当量の配分のための外国貿易活動の参加者の間で輸入品に関して、ならびに、必要に応じて、関税同盟の委員会やロシア連邦政府の関税同盟の委員会の決定によって決定第三国間の関税割当量の分布。
ロシア連邦政府によって確立された手順に従い、関税クォータの量は、入札(オークション)の結果について、または外国から発信財の量に比例して外国貿易活動の参加者の間で分散され、政府によって決定されるべき期間のロシア連邦の領土に輸入します。
4。 関税割当の下で、ロシアからの輸出品の点で、この条の目的のために現物(商品の一定量を輸出し、輸出関税率の低下の一定期間における使用のために提供し、ロシア連邦に由来品のロシアからの規制措置の輸出を理解されていますまたは値)ロシア政府によって設定された輸出関税の速度と比較。
設定量(クォータ)の上にロシア連邦からの輸出品については、RF政府によって確立された輸出関税率を適用します。
5。 ロシア政府によって確立された貨物の輸出のための関税割当量。
方法と手続き関税割当量の配分のための外国貿易活動の参加者間の輸出品に関して、ならびに、必要に応じて、第三国間の関税割当量の分布は、ロシア政府によって決定されます。 ";
14)の記事37は無効とみなさ。

記事4

13 12月1996、「武器に「番号150-FZに関する連邦法(ロシア、1996の法律のコレクションは、51、条5681 ;. 2003は、2、条167 ;. 2009を№№、1、条17は№します; 7、条770は№; 30、3735、条2010は№; 23、2793、条2011は№; ..... 1、条10を№する30、4596のv)は次のように変更№します:
「ロシア連邦における兵器の輸入」との言葉 "ロシア連邦への武器の輸入」の最初の記事の1の第十二段落の1)。
「ロシアにインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入 "の記事2ワードの第二部で7)。
「ロシアにインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入 "の記事3ワードの第二部で8)。
4)の記事14:
a)は、タイトルに「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への"言葉。
b)は第三部では「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
C)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の第四の部分で、
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の五分の一でグラム)。
5)の記事17:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)第一の部分で「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
c)の第二部では「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
第三部でグラム)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
「ロシア連邦の「言葉で「ロシアへの "言葉、「ロシア連邦の領土からの「言葉で「ロシアへの" d)の第一部の単語。
e)は「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の五分の一に。
第一部におけるグラム)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の第一部における時間)。
6)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「記事23の言葉。
段落7 3で27)言葉」EurAsECおよび(または)税関でのロシア連邦の法律の範囲内関税同盟の関税立法」との記事の言葉「ロシア連邦の税関コード」の最初の部分。

記事5
ロシア連邦の航空コード(ロシア連邦のコレクション、3、112、アート。1997を№)の段落12の記事1383の税関でのロシア連邦の法律のEurAsEC内の単語と単語の「ロシア連邦の関税法案 ""関税同盟の関税法令および(または)本当に。 "

記事6
21 7月1997に関する連邦法「ロシア連邦税関でのサービスについて「数114-FZ(ロシア、1997の法律のコレクションは、30、条3586 ;. 2002を、27、条2620 ;. 2004は№№、27を№ ..、記事2711; 2008は、26、3022のv)は次のように変更し№します:
次のように1は読み替えるものと2)の記事:
「条2。税関機関でのサービスのための法的根拠
。ロシア連邦の税関機関におけるサービスの法的根拠は、憲法、税関業務上のロシア連邦の法律、現在の連邦法、税関当局に提供するための手順を規制する他の連邦法およびロシア連邦の他の規範的法的行為」を構成しています。
次のように2は読み替えるものと3)の記事:
「条3。税関職員
(以下、 - 税関職員)税関職員は、特別なランクを割り当てられているこれらの機関、のスタッフの位置を交換する市民であり、税関当局の連邦公務員」。
サブパラグラフポイント3 13 1の記事言葉言葉で「ロシア連邦の税関コードの16の頭」で61)「関税に関するロシアの法律。」

記事7
25 2月1999の連邦法、「設備投資の形でロシア連邦における投資活動について "数39-FZ(ロシア、1999、数9、条1096 ;. 2000の法律のコレクションは、2、条143№します。 ; 2007は、31、条4012№; 2011、30、条4563、4596)次の変更を№を。:。
1語の記事の第八段落の1)「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる特別な任務を除いて輸入関税()、「削除しなければなりません。
2)の記事15:
a)の段落2の言葉」ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる特別な任務を除いて輸入関税()、「削除されなければならない、言葉「ロシア連邦の関税地域」とは、 「ロシアへの「単語を置き換えます。
b)の段落6語「輸入関税」の第二段落で削除しなければなりません。

記事8
1 2月28、「倒産オン(破産)「番号25-FZの連邦法のポイント1999の記事40(ロシア、1999の法律のコレクションの最初の段落では9、条1097 ;. 2001を、№26、条2590は№します。 ; 2004は、34、条3536 ;. 2009は、18、条2153 ;. 2011、27、条3873を№)言葉と言葉「ロシア連邦の関税法案 "" EurAsECおよび(または)法律の範囲内関税同盟の関税法案を№№します。税関でのロシア連邦」。

記事9
31月1999、「マガダン地域内の経済特区で「数104-FZに関する連邦法(ロシア、1999の法律のコレクションは、23、条2807 ;. 2004は、27、条2711 ;. 2005を№№、30を№ ..、記事3128; 52、5575 vを№)次の変更:
記事1の言葉で1)の言葉」、操作や動作の終了」に置き換えなければならない」とは、機能します ";
2)の記事3:
a)は、第二段落の単語」や無料税関ゾーンの通関手続き」では、
b)のように読まなければならない4番目の段落は、次のとおりです。
「経済特区での参加者 - 個々の起業家や法人、経済特区の領土のロシア連邦の法律に基づいて登録されたが、経済特区の投与と締結関税同盟や習慣の関税領域内の空き(特別な)経済特区に関する合意に規定tでの活動の実施に関する協定 - 6月18 2010年(SEZ協定以後)から無料税関ゾーンの手順 rritorii経済特区(以下 - 活動の実施に関する協定)や経済特区のメンバーのレジスタに含まれている(以下、 - 登録)経済特区のメンバーがメンバーとして、個々の起業家や法人のレジスタレジストリエントリのエントリを確認した登録証明書を持たなければなりません経済特区(以下 - 登録証明書)、その主な活動を行い、tにおける固定資産の75パーセントの最小値を持っています erritoriiマガダン領域「。
c)は、以下のように読み取るために部品2を追加します:
「ユーラシア経済共同体(以下、 - 関税同盟)内の関税同盟の関税法令によって決定される値で、この連邦法で使用される他の概念、関税同盟、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法の法的基盤を構成する国際条約。」 ;
次のように3は読み替えるものと4)の記事:
「条4。経済特区の経済活動の法的規制
公共ロシア連邦の当局とマガダン領域の状態当局は、ロシア連邦、ロシア連邦の憲法と現在の連邦法によって確立され、その能力に応じて、経済特区の領土に経済活動の法的規制を実施しました。
経済特別区の行政の頭はマガダン地方の行政の提案にマガダン地方下院により任命され、却下されなければなりません。
本連邦法によって確立された経済活動の特別な法体制は、経済特区の参加者のために提供されています。
ビジネスエンティティは、アカウントに関税同盟の関税法令に基づいて設立要件を取って、マガダン領域の法則に従い、経済特区の投与によって維持さレジスタ内の該当するエントリの日から経済特区の参加者のステータスを取得します。
経済特区の投与は、活動の実施に関する彼との契約に署名の3営業日以内に経済特区の登録メンバーのレジストリエントリを作成します。 法律マガダン地域によって確立された変化とその終了を作り、活動の実施に関する協定を締結するための手順。
経済特区の参加者の管理は、レジスタ内の該当エントリの日に経済特区登録証明書を提供します。
証明書の単一のフォームが関税同盟の委員会によって定義されていない場合は登録証明書の形式は、マガダ​​ン地方法律によって確立されます。 マガダン領域の法則は、登録証明書の取り消しを含む発行、更新および終了の順序によって決定されます。
経済特区の投与は、経済特区の一員として、人の登録に関する情報を提供し、レジスタ内の該当するエントリの日付、次の作業日中税務・税関当局の活動の実施に関する契約書のコピーであるものとします。
あなたは経済特区の投与レジスタから経済特区のメンバーを除外した場合、レジスタに適切なエントリを作成します。
経済特区の投与は、対応するレジストリエントリのエントリの日付、次の営業日の間に税や関税当局にこのような例外の理由を示すレジスタから経済特区の参加者を除外するために情報を提供しなければなりません。
報告次毎年遅くとも今年の1 4月より経済特区の投与は、その間に経済特区の機能の結果に関する政府の報告書にあります」。
次のように4は補足4.1)の記事:
レジスタからの「条4.1。除外党経済特区
1。 経済特区のメンバーは、レジストリから除外されなければなりません。
アプリケーションの特別経済区庁)の受領の日の翌日に(レジスタから除外するためのアプリケーションに書面で提出しまし基づいて1)。
レジスタからの経済特区の参加者を除外するために強制力のある仲裁裁判所の決定に基づい2);
法人の法人の統一国家登録に含めるの場合3は)(清算中に法人の統一ステートレジスタ)内の関連するエントリの日の翌日です。
法人の終了の際に4) - 再編の完了の日からその再編の結果として、経済特区のメンバー(日);
個々のビジネスマンの統一された状態レジスタから個々の除外の場合は5)()個々の起業家の統一ステートレジスタ内の関連するエントリの日の翌日から。
()取消の日から登録証明書のキャンセルの場合は6)。
2。 登録証明書は偽造文書および(または)意図的に虚偽の情報を利用して登録証明書を取得することを確立した場合には経済特区の事前にキャンセルしなければなりません」。
5)の記事6は無効とみなさ。
次のように6は補足6.1)の記事:
「条6.1。無料税関ゾーンの通関手続き
1。 この記事では、関税同盟の関税法令に基づいて設立され自由関税ゾーン手順の経済特区の領土の使用を定義します。
輸入車を含めた商品に関して、の手順および通関業務の技術経済特区の領土に(インポート)や習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければならない経済特区の領土から輸出しました。
2。 経済特区の領土を無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を置いて使用することができる上に、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません。
3。 経済特区の領土無料税関ゾーンの通関手続き上。
無料税関ゾーンの通関手続きの内容は、FEZに関する合意書によって定義されます。
4。 無料税関ゾーンの通関手続きは、経済特区の領土内で関税同盟の商品に適用するか、経済特区の領土に輸入されていません。
5。 無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品、商品が無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して自由関税ゾーン手順および財製(得)下に置かれた外国製品を使用して(得)製、そして、関税同盟の商品は、この記事の23の段落で指定された場合を除いて、唯一の経済特区の領土に位置しており、使用することができます。
6。 無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くの規約は、経済特区の合意によって決定されます。
7。 無料税関ゾーンの通関手続きの下ではFEZ、などの協定に基づいて、製品を置か確立されないことがあります。
1)切除可能品。
2)マガダン地域の国家権力の最高執行機関の提案を含め、ロシア政府によって確立されたリストに従って製品。
8。 商品は活動の実施に関する協定に基づいて経済特区の領土に彼らの活動の実施のための無料税関ゾーンの通関手続きの下で経済特区の参加者を置きました。
9。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の申告経済特区であり唯一の参加。
10。 次の書類の通関手続き中の商品を置くための条件の遵守を証明するために自由関税ゾーン手順下に置かれた物品の税関申告が税関当局に提示されている場合(そのコピーは、それらを提出した人によって認定します):
活動の実施に関する1)合意。
2)登録証明書。
11。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 12この記事 - 段落14の規定の対象の無料税関ゾーン手続、下nnyh。
12。 製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を識別するために経済特区に関する協定によって確立された識別方法を、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(製)を用いました。
13。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記この記事11の段落インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
14。 税関の分野で承認連邦執行機関によって定義された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。
15。 FEZに関する協定に従って定義された無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品で作られた取引。
外国製品を使用して自由関税ゾーンと商品製造(製)の通関手続きの下に置か外国製品の点で経済特区の領土での無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、所有権、使用、および(または)処分の転送を許可小売商品の販売とその消費量を含みます。
ロシア政府は、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で禁止操作のリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応する法令は、公式発行日後には、以前の1年より施行はなりません。
16。 無料税関ゾーン手順の習慣に経済特区の領土から、無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用と(得)製無料税関ゾーンと(または)物品の通関手続きの下に置かれた商品を輸出するときのために完了すべきです個人的な使用のための物品の関税同盟の関税地域の残りの部分にと段落23と24この資料に記載されているようポスティングで個人を送信除きます。
17。 サブパラグラフ1またはサブパラグラフ2の記事186税関の第五に規定する無料税関ゾーン、または他の者の通関手続きに従い、商品の税関申告のための商品を宣言した経済特区の部材であってもよい品物を宣言無料税関ゾーンの通関手続きが完了すると関税同盟のコード。
無料税関ゾーン手順の終了時に関税や税金の計算は製造外国無料税関ゾーン手順の下に置かれた商品および(または)物品を置いているの下で通関手続きのために課される関税規則、税金の計算に基づいて行われます。 FEZに関する協定によって確立された仕様に無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(得)。
無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用した(得)製品の状態の決意は、FEZに関する協定に従って行われます。
18。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
この段落の最初の段落にいうチェックを組織し、実施するための手順は、商品の状態を確認する文書を発行する権限を本体と一緒に税関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
19。 参加者の状態の場合には経済特区の損失や自由関税ゾーン手順と試運転下に置かれた機器の活動の実施に関する合意の履行に直面し、そして品物は無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、特別の領土上の不動産の作成に使用を使用せずに関税や税金の支払いなしに、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品として認識経済圏、 プレッタと制限と国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず。
財の経済特区の人のパーティーの状態の損失の場合には、この段落の最初の段落に指定された商品を除き、無料税関ゾーンの手続きの下で経済特区のこのメンバーを置き、外国製品の状態を保持し、税関管理下の日から5年以内無料税関ゾーンの通関手続きの下に置きます。 この期間の後、そのような商品は、関税や税金の支払いなしに、禁止や制限を適用しないと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品をものとみなします。
この段落の第一および第二段落で指定された商品との関連では、無料税関ゾーンの通関手続きの完了が必要とされていません。
この項の規定は、本明細書の段落ポイント6 1 41の記事で指定された理由に経済特区の人のパーティー状態の損失の場合には、適用しません。
20。 商品はこの記事19の段落にいう認識するためには、経済特区での関税同盟参加の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提出しなければならない、と文書は情報が含まれています:
1)参加者経済特区。
活動の実施に関する協定における経済特区の参加者の実装に2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引における経済特別区の不動産に対する権利の統一国家登録所有参加者の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
21。 経済特区の参加者に関する情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
法人の統一ステートレジスタでの法人、または経済特区の参加者のエントリーを確認する文書 - - 経済特区の参加者のエントリーを確認2)文書の個々のビジネスマンの均一な状態レジスタ内の自然人。 文書は、法人の支払いや個々の起業家のことを確認した情報を提供し、税関当局の機関間の要求の個々の起業家として、法人と自然人の状態の登録を担当する連邦政府の行政当局に、経済特区の参加者に提示されていない場合それぞれの法人の統一ステートレジスタと個々の起業家の統一ステートレジスタで etstvenno;
税務当局への登録の3)証明書。 文書は、税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関当局の機関間の要求連邦執行機関に、経済特区によって提出されていない場合は、法人の文または個々の起業家の登録を確認する情報を提供します税務当局。
4)登録証明書。
22。 文書は、活動の実施に関する協定、マガダン地方の法律で定める方法により経済特区の投与により発行された合意の実行の証明書内の経済特区の参加者の実行を確認しました。
23。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か商品はその配置のために経済特区のマガダン地域参加者の残りの部分にエクスポートおよび(または)本契約条6.2に設立要件の対象自身の産業や技術のニーズのために使用することができます。
この段落の目的のために、独自の生産者と参加者の技術的ニーズの下で、その活動、活動の実施に関する具体的な合意を実施するために必要なと鉱床、鉱業、製造業や建設の開発に関連した経済特区のニーズを理解。
24。 個人的な使用のための関税同盟財の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの輸出の場合には、関税同盟の商品ではなく、確立関税の支払いを免除して個人的な使用のため、商品のコスト、数量、重量基準の動きで自然人によってエクスポート国際条約の状態 - があって個人的な使用のための個人による商品の動きを支配する関税同盟のメンバー 関税同盟とそのリリースに接続されている通関業務のフルオロピリ境界は、無料税関ゾーンの通関手続きの完了が必要とされていません。
25。 経済特区の領土から経済特区と貨物の輸出の領土に品物を輸入すると本契約の条項に従う税関に関税同盟の関税法令に従って通関業務の税関当局と税関管理によって行わおよび(または)ロシア連邦の法律されています。
26。 経済特区の領土は、税関管理の目的のために装備する必要があります。
経済特区の領土から経済特区商品や車の輸出の領土上の財や自動車の輸入は財や自動車の税関管理を実施するための条件を提供した地域でのチェックポイントを介して行われなければなりません。 チェックポイントの領土は、税関管理区域です。
建設と運用(保守)チェックポイントは連邦予算を犠牲にして行われています。
チェックポイントとその配置や設備への要件の場所は、ロシア政府によって決定されます。 決済およびチェックポイント機器を提供することは経済特別区の投与です。
27。 経済特区のメンバーは自由関税ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用した(製)製の無料税関ゾーンと品の通関手続きの下に置かれた商品の記録を維持するために、そのような物品上の税関当局の報告書に提出することが義務付けられています。
無料税関ゾーン手順は、そのような物品の報告の形、これらのフォームを完了するための手順や習慣に提出する手順と期限下に置かれた外国製品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された代理店を報告します。
28。 関係者の要求に応じて関税同盟の物品の関税同盟の関税地域の残りの部分と経済特区の領土にインポートする場合、税関当局は、経済特区の領土からの残りの部分にこれらの商品の再輸出に関税同盟の財としての地位を確認するために輸入品の識別特性を決定しなければなりません関税同盟の関税地域は、そのような輸出が行われる場合。
この段落の最初の段落が提供する場合の関税同盟の物品を識別するための手順は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
29。 商品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からエクスポートされた場合、税関当局は、個人のための物品の関税同盟の関税地域の残りの部分の上に投稿して個人を送信除き、関税同盟の商品としての地位を確認する書類を提出しなければなりません使用、関税以外に、関税同盟の関税地域に輸入及び通関手続の下に置かれ、外国財の輸出 、および段落23 24と、この記事に定める場合にノアの無料税関ゾーン手順。
30。 本条29に応じて、関税同盟の品として輸出品のステータスを確認するために、税関当局に提出された書類は以下のようになります。
;、国内消費のリリースの通関手続きの下で関税同盟のメンバーを、または再輸入の通関手続きに従い、関税同盟の税関コードの発効日前に含めて - 1)税関申告は、これに応じて商品が州でリリースされています
国の領域からそのような商品の原産地を証明する2)文書 - 関税同盟のメンバー。
税関当局は、この資料の段落3に応じて物品の識別の行動を確認する28)文書;
4)出荷書類および(または)関税同盟の関税地域の残りの部分にそのような物品の購入を確認するその他の文書。
5)関税同盟の品として輸出品の状況を確認し、他の文書は、当該個人でご利用いただけます。
31。 関税同盟の税関の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの商品の実際の除去は、商品の適合性を確認する権利がある前に、実際にこの条のパラグラフ30に従って提出書類に含まれる情報をエクスポート」。
次のように7は補足6.2)の記事:
「条6.2。マガダン領域の残りの独自の生産や技術のニーズのための無料税関ゾーン手順下に置かれた貨物の輸出
1。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品に関しては、彼らは独自の生産と技術のニーズに合わせてマガダン領域の残りの部分に輸出されているとき、値の量は、国内のリリースの通関手続きの下で、このような財の敷地内に支払うことになる税と消費税を追加しました消費、税関申告の税関当局の登記の日に計算され、の通関手続き中の商品を置くために提出し、税関フリー もののほか、関税。
2。 無料税関ゾーン手順の下に置かれ、本明細書の記事点23 6.1に記載されている製品は、条件付きで関税同盟品のステータスの取得前にリリースされ、実際の破壊(消費)活動や拒絶の実施に関する合意に従い、活動の実施で状態。
3。 物品の税関申告が段落の記事23 6.1で言及する場合、税関当局に本契約の当事者の経済特区は、マガダ​​ン領域の残りの部分に宣言された物品の除去に追加の文を務めました。 文は、書面の形で作られ、それらの除去のための物品の名称に関する情報、ならびにそれらの場所の場所が含まれており、マガダン領域の残りの部分を使用しなければなりません。
4。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた場合、商品がマガダン領域の残りの使用と配置のために意図されるように宣言されていなかった、それらの商品に関しての無料税関ゾーンの通関手続きのマガダン領域の残りの部分に、このような財の輸出は、このような配置することによって、完成されなければなりませんの支払いと、このような輸出に従事経済特区、当事者の除去の目的のための無料税関ゾーンの通関手続き中の商品、 値の-program税、消費税、およびこの段落に記載された規定の対象を追加しました。
この段落の最初の段落で指定された場合にフリー税関ゾーン通関手続のアクション、関税を計算する、税金、関税、税金、商品の税関値の終わりに及び(又は)物理的な点で、それらの物理的特性(量、重量、体積、または他の特性)だけでなく、ロシアの法律に基づいて設立された商品や為替レートの量は、上の税関申告の税関当局の登録の日に定義されています 無料税関ゾーンの通関手続きの下で財の初期配置時に与えられました。
5。 製品につきましては、段落23記事、本連邦法の6.1、それらはマガダン領域の残りの部分に輸出されているときに経済特区の参加者が所有権の移転を除き、本契約の手術、セットポイント15記事6.1を行うことができ、使用および(にいいますか、彼らの卸売・小売販売を含むそのような財の)処分、。
6。 マガダン領域の残りの部分に輸出商品とのすべての変更は、経済特区の参加者の記録であり、この契約条27 6.1の段落に従って税関に提出したレポートに反映されるべきです。
独自の生産や技術のニーズに合わせてマガダン領域の残りの部分に輸出品の使用の制御は、税関と経済特区の管理を行います。
彼らはマガダン地方の領土の残りの部分に輸出されている経済特区の目的ステートメントの商品の場合ではないでは、そのような製品に関して、国内消費のリリースの通関手続きの下でこれらの商品を配置する際に支払うことになる輸入関税の額は、計算されました税関申告の登録の日に、無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くために提出しました。
7。 商品は関税同盟の関税地域の残りの部分でマガダン領域に、この連邦法の段落23の記事6.1で参照される場合には、商品との関連での無料税関ゾーンの通関手続きは、関税同盟の税関コードによって確立された税関手続の下で、このような物品の配置を完了させます、税関通過の通関手続きを除いて。
品物を配置する場合には、特定のアカウントの特殊性を考慮して、国内消費の計算と国内消費のためにリリースの通関手続きのために敷設されたルールに従い、関税と税金の支払いのためのリリースの通関手続きの下に、本連邦法の段落23の記事6.1に言及FEZで合意。 以前は国内消費のリリースの通関手続きの下で財を配置することにより算出した税、相殺するためにそのような物品税(VAT、物品税)に関して支払いました「。
次のように8は補足6.3)の記事:
「条6.3。関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、空気によって運ば
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土から空輸関税同盟の財に関して税関業務は、この条の規定に経済特区の領土でコミット。
2。 財に関して税関業務は関税同盟の財としての地位の確認に関連したこの記事のパラグラフ1にいう、経済特区の領土からの貨物の輸出するから、前に空気輸送に、空港が位置する地域の税関当局によって作られていますこのような品。
3。 通関目的のために提出税関体に関係者の商品の状況を確認する文書は、この記事のパラグラフ1に呼ばれ、商業、輸送(搬送)ドキュメント、またはそのような製品はせず、乗客の個人的な荷物で運ばれている場合は任意の形式で商品の在庫を(コンパイル商業、輸送(船積み)文書)。 このような文書には、次の情報が含まれている必要があります:
1)法人の名前や姓、名、父称(もしあれば)物品の送信者である自然人。
2)商品の説明、個数、総重量、包装の種類、コスト;
個々の(もしあれば)父称3)法人の名前や姓、名は、品物の受取人です。
4)ロードおよび貨物の搬出のポイントの名前。
4。 関税同盟の物品に関連した経済特区の領土に税関業務の税関当局が完了すると、表示しなければならない商業、輸送(船積み)書類や物品の在庫の税関当局の許可された公式によって、空気によって経済特区の領土から移動:「製品車エクスポート。 「許可され、日付と署名の表示と個人の番号のシールを刻印する保証します。
5。 関税同盟の商品の実際の除去前に、経済特区の領土から関税同盟の税関の関税地域の残りの部分は段落1この記事に従って提出書類に含まれる情報に実際に輸出品の適合性を確認する権利があると、この記事のパラグラフ3にいいます。
6。 この記事では、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって実際の送料にキャリアによって取られない場合があり4商業、輸送(出荷)に関して商品は文書は、段落によって確立されたマークが表示されません。
7。 税関当局は、このような商品のため、乗客の個人的な荷物で輸送品、およびドキュメントを閲覧する権利を有します。 段落3と4ことで、この記事を設立要件の乗客による非遵守の場合には、このような商品は関税同盟の関税地域の残りの部分に空気により輸送してはなりません。
8。 この条の規定は、自然人によって搬送される、個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように9は補足6.4)の記事:
「条6.4。関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、郵便で送られ
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの郵便物に送られた関税同盟の財に関して税関操作は、この条の規定の適用を受ける作られています。
2。 財に関して税関業務は、関税同盟の関税地域の残りの部分に、このような財の組織通信メーリングリストの登録の前にコミット関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事1の段落にいいます。
3。 商品の状況を確認通関目的の文書のために提出税関本体に関係者は、関税同盟の財だけでなく、完成した彼らの郵便書類の送料に付随して、次の情報を含むも​​のとして、この記事1の段落にいいます:
1)送信者と商品の受取人の名前。
2)商品の説明、総重量、コスト。
4。 財に関して税関業務は、経済特区の領土に位置する税関当局によってコミットこの記事の段落1にいいます。
5。 関税同盟の郵便物での商品の出荷は、郵便サービスを提供するの規則に従って、この記事1の段落にいいます。
6。 関税同盟の関税地域の残りの部分へのメールの転送は、郵便物を伴う郵便書類上の利用状況にあり、商品の状態を確認する文書、マーク特別経済区に位置し、税関職員によってスタンプ「項目TCエクスポートが許可さ」日付と署名の指示がスタンプパーソナル番号シールを保証します。 送料を伴う郵便書類上のマークがない場合には、郵便事業者は、関税同盟の関税地域の他の部分への出荷まで、このようなメールアイテムを受け入れてはなりません。
7。 この条の規定は、個人によって送信された個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように10は補足6.5)の記事:
「条6.5。経済特区の領土からの自然人によってエクスポートされた個人的な使用のための個人的な使用および車両用物品に関して税関業務の経済特区のテリトリーにコミット
1。 税関の通関法律で指定された方法でコミット関税同盟の品物ではなく、関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの物理的な人によってエクスポートされた私的使用のための個人的な使用や輸送手段のための物品の面で経済特区の領土で通関業務、ユニオン、税関でのロシア連邦の法律と現在の連邦法。
2。 税関の関税法令に基づいて算出した関税の支払いの個人的な使用のための関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土、より自然人の輸出の場合には、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品の点でユニオン、関税上のロシア連邦の法律、税金や関税のロシア連邦の 個人的な使用のための商品は、関税同盟の関税地域に輸入します。
3。 この段落の2番目の段落で規定する場合を除き、無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、個人の使用のための車の関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの自然人の輸出の場合、慣習に従って計算し、関税を支払わなければなりません税法上の関税同盟、関税上のロシア連邦の法律及びロシア連邦の立法 そして個人的な使用のための車のための手数料は、関税同盟の関税地域に輸入します。
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か個人的な使用のための車両は、関税同盟の関税法令、ロシア連邦の法律に従って計算された自動車税、の点で支払いを条件と個人的な使用のために個人によってマガダン領域の残りの部分に輸出することができます関税、税金とサービス料にロシア連邦に。
4。 税関当局は経済特区、輸送のような商品や手段の識別の領土に位置し、関税同盟の商品です私的使用のための個人的な使用や輸送手段のための関税同盟品の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの自然人をエクスポートするとき関税同盟および(または)の関税法令で定める方法により、税関でのロシア連邦の法律。
商品やこの段落の最初の段落にいう輸送手段の識別のために、税関当局は、このような商品や関税同盟の物資として輸送手段の状態を確認する書類を提出しなければなりません。 このような文書が含まれることがあります。
1)乗客の税関申告。
商品の2)宣言。
3)出荷書類および(または)関税同盟の関税地域の残りの部分にそのような物品の購入を確認するその他の文書。
税関当局本契約の条4 28の段落に従った物品の識別の行動を確認する6.1)文書;
5)関税同盟、既存の個々の物品等の商品や輸送手段の状態を確認するその他の文書」。
次のように11は補足6.6)の記事:
「条6.6。経過規定
1。 その状態を維持しなければならないし、自由関税ゾーンプロシージャを使用することができ、この連邦法の発効日に有効な、登録証を発行した経済特区のメンバー。 これらの登録証明書は、彼らが発行された期間のために有効です。
2。 この記事は、アカウントに存在する連邦法の記事90の規定を取って、レジスタに含まれるもの1本連邦法の発効日から4日の間に、経済特区の参加者にいいます "。
12)の記事7は無効とみなさ。
次のように13は補足7.1)の記事:
「条7.1。経済特区の動作の用語とその動作の終了
1。 12月31 2014年に機能する経済特区。
2。 経済活動の特別な法体制や経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続の利用の終了の手順は、連邦法によって規定されています。 この連邦法は、この記事1の段落にいう期間の満了前に、遅くとも1年以内に発効するものではありません。
3。 経済特区の機能は、以下の事由のいずれかによって制定された連邦法により早期に終了することができます。
戒厳令のロシア連邦全土に1)投与;
三ヶ月以上非常事態の期間、ロシア連邦全土に2)投与。」。

記事10
7月9 1999の連邦法、「ロシア連邦における外国投資について「数160-FZ(ロシア連邦の収集された立法、1999は、28、条3493№; 2011を、30、条4596 ..№)以下の変更は:
1)の記事2:
a)は、4番目の段落の単語「独立国家共同体(CIS商品コード)の対外経済活動の商品命名法 "での言葉"以下、ユーラシア経済共同体(内関税同盟の外国貿易の単一商品命名 - 関税同盟)」に置き換えなければなりません。
b)の単語「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシアの経済的利益を保護するための措置の適用から生じる関税以外の輸入関税()、「削除されなければならないのパラグラフ9で。
2)の記事9:
a)の段落1単語の最初の段落「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる関税以外の輸入関税()、「言葉」はロシアの関税地域に輸入、削除されるものでロシア連邦 "にインポート"の言葉で "連邦;
b)は、「輸入関税」段落5語の第二段落で削除しなければなりません。
3)の記事12:
a)のタイトルで単語は「ロシア連邦にインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入します ";
b)の言葉は、「ロシア連邦にインポート "言葉で「ロシア連邦の領土に輸入";
4)の記事16言葉言葉で「ロシア連邦の関税法案 ""関税同盟の関税法令の国際条約 - 。関税同盟、税関法律上のロシア連邦のメンバー "

記事11
22月17に関する連邦法、「郵便通信オン」番号1999-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、176、1999、アート。29を№)の記事3697の第一部の単語と単語の「ロシア連邦の税関コード」「関税同盟の関税法令EurAsEC、ロシア連邦、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法の国際条約。」

記事12
18 7月1999、「輸出管理について」番号183-FZに関する連邦法(ロシア、1999の法律のコレクションは、30、条3774 ;. 2005は、30、条3101 ;. 2007を№№、49、条6044は№します。 。; 2011は、30、4590のv)は次のように変更し№:
記事1ワードの第九段落の1)」移動財、情報、知的財産(ロシア連邦の税関国境を通じてそれらの権利)」という言葉と「商品、情報、知的活動の結果(権利のロシア連邦からロシアへのインポートおよびエクスポート「それらの上)。
記事2 2の段落に5)第六段落が廃止されます。
次のように3 4番目の段落は読み替えるものと7)の記事:
「税関での通関ロシアに輸入制御財と技術の点で税関業務の手数料で制御し、ロシアからエクスポート、EurAsEC内の関税同盟の関税法令に従い、および(または)ロシア連邦の法律」。
4)の言葉で「ロシア連邦の関税地域」の記事19の言葉で「ロシアへ。」

記事13
記事3月31、「ロシア連邦における国家法医学活動について "数2001-FZに関する連邦法の73(ロシア連邦、2001の法律のコレクションは、23、条2291 ;. 2002、1を№、条2 ;. 2007を№します、7、アート。831)言葉と言葉「ロシア連邦の税関コード」「税関でのロシア連邦の法律は「№します。

記事14
記事2002 ;.は1を№、1を№、行政犯罪(ロシア連邦のコレクション、30のロシア連邦のコードで書く、記事3029 ;.は44、条4295 ;. 2003を№、27、条2700、2708、2717は№します; 46、アート4434 ;. 50、アート4847、4855 ;. 2004を№は、31、アート3229を№№;. 34、アート3529、3533 ;. 2005を№、1、アート9、13、37、40、45は№します。 ; 10は、アート763 ;.は13、アート1075、1077 ;.は19、アート1752を№を№;. 27、アート2719を№、2721 ;.は30、アート3104、3124を№№、3131 ;.は50、アート5247を№。 ; 52、アート5574 ;. 2006は、1、アート4、10 ;.は6を№、アート636 ;.は10を№、アート1067 ;.は12、アート1234を№を№;.、17、アート1776 ;.は18を№№№記事1907 ;.アート19 ;.は2066、アート23、2380、31、3420 3433 ;.を№、アート3438を№、アート3452 ;.は45を№、4641を№します; 、50、アート5279は;. 52、アート5498 ;. 2007を№№1、アート21、25、29 ;.は7を№、アート840 ;.は16を№、アート1825 ;.は26を№、アート3089 ;.は30を№を№ 、アート3755 ;.は31、アート4007アート4008 ;.は41、アート№、4845 ;.は43を№、№します。 5084; 番号46、アート。 5553; 2008は、18、アート№します。 1941; 番号20、アート。 2251; 番号30、アート。 3604; 番号49、アート。 5745; 番号52、アート。 6235、6236。 2009は、1、アート№します。 17; 番号7、アート。 777; 番号23、アート。 2759、2776。 番号26、アート。 3120、3122。 番号29、アート。 3597、3599、3642。 番号30、アート。 3739; 番号48、アート。 5711、5724、5755。 番号52、アート。 6412; 2010は、1、アート№します。 1; 番号18、アート。 2145; 番号21、アート。 2525、2530。 番号23、アート。 2790; 番号25、アート。 3070; 番号27、アート。 3416; 番号30、アート。 4002、4005、4006、4007。 番号31、アート。 4158、4164、4193、4195、4206、4207、4208。 番号32、アート。 4298; 番号41、アート。 5192; 番号49、アート。 6409; 番号52、アート。 6984; 2011は、1、アート№します。 10、23、54。 番号7、アート。 901; 番号15、アート。 2039; 番号17、アート。 2310; 番号19、アート。 2714、2715。 番号23、アート。 3260; 番号27、アート。 3873、3881。 番号29、アート。 4290、4298。 番号30、アート。 4573、4584、4585、4590、4598、4600、4601、4605。 番号46、アート。 6406)次の変更:
「ロシア連邦、国際条約で定められた場合を除き、「言葉の1)の記事1 1.8。
言葉の後に単語 "習慣、特許、「単語を置き換える「特許」の一部2の記事1で4.5)「行政​​犯罪の日から1年間の満了時に、「ユーラシア経済共同体内の関税同盟の関税法令の違反のための言葉」(以下 - 関税同盟)および(または)行政犯罪の委員会の日から2年間の終了時に税関事項について、ロシア連邦の法律」。
次のように3)章4 4.8は、記事を追加します。
用語の「条4.8。計算
1。 このコードで提供用語は、時間、日、日、月、年で計算しなければなりません。 期間定義された期間は、期間の開始を決定するカレンダーの日付やイベントの翌日から始まります。
2。 日について計算期間は、最終日の24時間後に満了します。 ヶ月で計算された用語は、先月の対応する日に満了すると、その月は、該当する日付を持っていない場合、期間は月の末日に満了します。 年間で計算された用語は、昨年の対応する日と月に満了します。
3。 日で計算された期間は、期限の最終日に満了します。 日で計算された期間の終了は、非営業日に該当する場合、用語の最後の日は、最初の翌営業日であると考えられています。
4。 文、苦情やその他の文書やお金は、通信、組織、クレジット組織に入れた場合、主張や用語の最後の日の24時間にそれらの受信を許可権限や人に転送し、この用語は、不足しているとはみなされません。
注意してください。 このコードの他の記事は、タイミングだけでなく、行政処分の演算項を計算するための手順を確立している場合は、この条の規定は、適用しません」。
次のように4)章14 14.50は、記事を追加します。
「条14.50。外国貿易のバーター取引の実装における職務や要件に従いません
ロシア連邦財の価値と同等、同等のサービスの外国人のの提供、同一価値の仕事、知的財産と同等の排他的権利の譲渡、または移転の知的財産権や義務を使用する権利の輸入貿易バーター取引業務の実施にタイムリーに実行に失敗外国貿易の物々交換SDEL場合は現金での認可銀行で口座へ そしてお金との部分的な使用を提供する(または)の支払いの他の手段、または、そのような義務の彼らのロシアへの輸入や根拠のないパフォーマンスをせずに、商品の販売の場合 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 法人用 - 半分から商品の1回限りのコストに、行政犯罪の対象です」。
記事5 5の言葉「ロシア連邦(ロシア連邦では受信されません)製品に「言葉で「ロシア連邦(ロシア連邦の関税地域で受信していない)製品の関税地域」の最初の段落で15.25)。
次のように6)16の章は読んでなければなりません。
「章16。税関の分野における行政違反(税関規則の違反)
16.1を§。 税関財の連合と(または)自動車の国際運送の税関国境を越えて違法な動き
1。 法律により設立関税同盟や他の税関国境を越えてモノの移動の分野に加えて、彼らの輸入によって、関税同盟の関税地域への車の品物の到着および(または)国際キャリッジの秩序の違反 - 税関のメンバーは、税関機関の勤務時間外に連合や席または直接アクションを実行します実際の交点税関境界CU製品及び(または)車両国際キャリッジNに向け 場合は関税同盟やの他の確立された法律の税関国境を越えてモノの移動の分野に加えて、関税同盟の関税地域からの出国 - 税関の勤務時間外または税関当局の許可なしに関税同盟のメンバー、または場所 -
彼らとや行政犯罪の被験者の没収または没収することなく、行政犯罪の対象である商品および(または)車両、の3倍のコストを半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
2。 税関からの商品の隠蔽は、隠れ場所や物品の検出を妨げる他の方法を使用することにより、または関税同盟の税関国境を介してそれらを移動させながら物品の一つの他のタイプを与えることによって制御します -
行政犯罪を犯しの楽器、またはアイテムの没収だった彼らと、または没収と没収品のおよび(または)車なしで、行政犯罪の対象である物品、の3倍の値に半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる行政犯罪; 役人に - 1万千20ルーブルから。
3。 関税同盟の関税領域における到着時に商品の量にパッケージの数、そのマーキング、名前、総重量および(または)についての情報を誤解を招くの税関当局へのメッセージ、税関トランジットの通関手続きの下で関税同盟の関税地域や商品の配置からの逸脱または無効な文書や識別や真正性識別の目的のための使用を提供することにより、一時的な記憶で他に属する偽造手段を意味し、 商品はおよび(または)輸送手段 -
1100 5000 2への管理犯罪の対象である商品の没収とルーブル、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、または没収または行政犯罪なし。
4。 関税同盟の関税領域における到着時商品のため、無効な文書の税関当局の発表、税関トランジットや一時保管の通関手続きの下で関税同盟の関税地域や商品の配置から逸脱し、そのような文書は、国際協定の不遵守の理由となる可能性がある場合 - 会員ACCによって発行された関税同盟、関税同盟とロシア連邦の規範的法的行為の委員会の意思決定、 非関税規制措置を除き、禁止や制限の関税同盟のメンバー、 - の国際協定と帰結 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 5万から10万へ - 法人のために。
備考:
1。 この章に定める行政犯罪のために、法的実体を形成することなく、起業家の活動に従事する者は、法人としての管理責任を負わなければなりません。
2。 この章の目的のために、文書、不法に虚偽の情報を含む文書を取得した文書、その他物品および(または)法的な力を持っていない交通機関や他の文書の手段に関連する文書を偽造文書を無効に言及。
16.2を§。 宣言に失敗する、または商品の信頼性のない宣言
1。 コードの条16.4に定める場合を除いて、税関申告の対象商品の所定の形式で宣言する失敗 -
彼らとや行政犯罪の被験者の没収または没収のない行政犯罪の対象である市民や物資の2倍の値に半分の量の法人、上の過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
2。 品物このようなデータは提供しているか、免除のための基礎として役立つことができる場合は、その名前、説明、関税同盟、原産国、彼らの関税価値または他のデータの対外経済活動の単一商品の命名のための分類コードについて虚偽の情報、の税関申告のための申告または通関エージェントの声明関税、税金やそのサイズを過少申告から -
二回行政犯罪の対象である商品の没収で支払う関税、税金の額、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収に半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
3。 商品または無効な書類の提示に関する財偽情報の税関申告のための申告または通関エージェントの声明、このような情報や文書がの国際協定を遵守されないための根拠とすることができる場合 - で発行された関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の決定及びロシア連邦の規範的法的行為、関税同盟のメンバー、制限および禁止 - の国際協定の遵守 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.3を§。 関税同盟やロシア連邦の関税地域への商品の輸入の禁止および(または)の制限に従わないと(または)関税同盟やロシア連邦の関税地域からの貨物の輸出
1。 関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の決定事項との国際協定に基づいて発行されるロシア連邦の規範的法的行為、 - - 税関の関税地域への商品の輸入上の非関税規制措置を除き、禁止や制限の関税同盟のメンバー、の設立された国際協定に違反した場合連合やロシア連邦および(または)を除き、関税同盟やロシア連邦の関税地域からの商品の輸出、 物品4 16.1、コードの3部記事16.2の一部によって規定Mケース -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 10万から三十万に - 法的エンティティのため。
2。 関税同盟のメンバー、関税同盟との国際協定に基づいて発行されるロシア連邦の規範的行為、委員会の決定事項 - - の設立された国際協定に違反した場合の関税同盟やロシア連邦の関税地域に関税同盟のメンバー、商品の輸入に関税規制と(関税同盟やロシア連邦の関税地域からの商品を輸出するときまたは)、場合を除きパートで定められました このコードの3 16.2番目の記事 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、または没収または行政犯罪なし。
16.4を§。 宣言するために失敗した場合や、ロシア連邦の外国通貨または通貨の物理的な人の信頼できない宣言
宣言書に関税同盟と被写体の税関国境を越えて輸送ドキュメンタリー形式で宣言するか、外貨の物理的な人の信頼性のない宣言、ロシア連邦通貨、トラベラーズチェックや外部または内部証券の失敗、 -
2500ルーブルに千の量の市民に行政罰金刑。
16.5を§。 税関管理区域の政権の違反
税関当局の許可なしにモノの移動および(または)車両や人物、公務員を含め、国境税関管理ゾーンを通るか、その中の税関職員を除いて、または生産または他の経済活動の実施、そのような許可が義務付けられている場合、 -
警告または500ルーブルに300の量の市民に対する過料の賦課を伴うものとします。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.6を§。 事故や不可抗力の場合には措置をとるに失敗
1。 事故、不可抗力のイベントや商品の配送を防止する他の状況が発生したキャリアによる故障及び(又は)到着または関税同盟、指定された場所又は貨物の輸送の停止又は着陸船又は航空機の実装の税関国境を横断する代わりにビヒクル回復不能商品の損失及び(又は)輸送の場合を除いて、税関トランジットに従って、商品および(または)輸送手段の安全性を確保するための措置、 キャリアは防ぐことができませんでしたし、その除去が彼に依存していなかった状況に起因する資金 -
2000ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から3000 4000ルーブルへ。 3万から4万ルーブルへ - 法人のために。
2。 不可抗力の事故や商品のお届けとを防止その他の状況が発生した(または)について最寄りの税関当局へのキャリアによって失敗は到着の代わりにまたはマウントされた関税同盟、ストップの実施の税関国境を越えまたは船舶や航空機を着陸の代わりに、輸送手段場所や税関通過手続き下品の送料、商品の位置及び(又は)物品の運送の輸送または故障の手段および(または)輸送 または税関当局によって指定された別の最寄りの税関当局を意味します -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.7を§。 通関業務の委託に無効な書類の提出
宣言につながった税関業務の手数料の税関当局に提出する書類の税関担当者またはその他の者への申告や他の人の発表、税関への税関担当者または他の人財に関する虚偽の情報および(または)関税同盟の加盟国が署名した国際条約の不遵守、関税同盟とロシア連邦の規範的法的行為の委員会の決定は、国際協定に基づいて発行されます そして、状態 - 関税同盟のメンバー、制限や禁止 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.8を§。 税関管理の水槽やその他の浮遊手段の下に係留
下の税関への係留は、そのようなドッキングが許可されている場合を除いて、水の容器又は他の浮動機器をコントロール -
千ルーブルへの500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から千2000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千20ルーブルから。
16.9を§。 NDR、税関当局の許可またはそれらの上に物品や書類の非配信の損失なし(転送)の配信
1。 商品の不達税関当局の許可または税関管理下で財を失うことなく、送達または(転送)の配信の代わりに、通関輸送手順に従って輸送 -
、またはそれなし行政犯罪の対象である物品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 三十万から行政犯罪の対象である商品の没収と五十万ルーブル、へ、またはそれなし。
2。 NDR税関、配信の代わりに通関トランジットの下で輸送商品のコマーシャルまたは輸送(船積み)文書 -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.10を§。 税関通過の順序に従いません
納入場所として税関トランジット期間または特定の税関当局以外の物資の輸送や税関管理区域内の商品の配送の特定の税関当局ルート、の税関当局によって指定されたキャリアによって失敗 -
警告または500ルーブルに300の量の市民に対する過料の賦課を伴うものとします。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.11を§。 識別手段の破壊、除去、変更または交換
破壊、除去、変更または税関当局によって使用される識別の手段の交換、識別手段の税関当局の許可なしに、または損傷または損失 -
三百から千ルーブルの量で、市民に行政罰金刑。 関係者に - から502000ルーブルへ。 5000千20ルーブルから - 法人のために。
16.12を§。 税関申告または文書および情報の提出の遅れて提出
1。 税関申告に一時的な定期的な税関申告のための完全な税関申告、組み立てられていないか、解体の商品の宣言のための物品の確定申告、または税関申告および(または)商品のリリースで必要な書類や情報を宿泊施設を期限に従いません -
3000千5ルーブルの量の関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
2。 宣言は商品の実際のエクスポート後になされた場合には必要な期限と税関申告の提出 -
5000千〜10ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 5万から10万へ - 法人のために。
3。 所定の期間内に税関管理に必要な書類や情報の税関当局に提出する障害 -
2500ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 10万から三十万に - 法的エンティティのため。
4。 ツールだった商品の税関申告の提出期限、履行または行政犯罪や犯罪の被験者の手段に従いません -
2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から3000 5000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
5。 税関の分野で動作するなど、人に失敗し、税関管理のために必要な書類の保管のための職務、必要不可欠となっている所有 -
5000ルーブルに2500の量の関係者に過料で罰せられる。 20万から三十万に - 法的機関に。
16.13を§。 税関当局の許可または通知なし税関管理下の商品と貨物または他の操作を行います
1。 、税関管理下品でアンロード、ロード、アンロード、リロード(積み替え)および他の貨物操作の操作を行うようなオープンスペースや他の場所などの商品があるかもしれない、あるいは国際輸送の車両の代替として、サンプルや商品の標本を取りますそのような許可が義務付けられている場合の税関当局の許可なしに、税関管理下に商品を運びます -
千ルーブルへの500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から千2000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千20ルーブルから。
2。 リロードアンロードのための取引、(積み替え)および他の貨物操作の実行財税関管理下で、または国際輸送の車両の交換、そのような通知が必要な場合の税関当局通知することなく、税関管理下に商品を運びます -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.14を§。 ストレージで商品を配置するための違反、彼らと彼らのストレージやオーダーフルフィルメント操作の順序
そのような承認例の税関当局の許可なしに税関管理業務の下で商品との要件と条件税関倉庫で商品を配置するため、一時的な記憶、一時記憶またはフリー倉庫の別の場所で、その貯蔵または注文履行のための違反必ず、この章の他の記事に定める場合を除いて -
1500ルーブルに500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 2000千10ルーブルから。 5000千20ルーブルから - 法人のために。
16.15を§。 税関当局への報告書を提出する障害
故障や税関での関税同盟および(または)ロシア連邦の法律の関税法令で規定されている例の税関当局レポートへの提出期限の違反や虚偽の情報を含む報告 -
2000千5ルーブルの量に警告や職員に対する過料の賦課を伴うものとします。 法的機関に - 2万千50ルーブルから。
16.16を§。 物品の一時保管の条件の違反
物品の一時保管の条件の違反 -
、またはそれなし行政犯罪の対象である物品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、またはそれなし。
16.17を§。 税関申告への商品のリリースのための無効な書類の提出
税関申告への商品のリリースのための無効な書類の提出このような文書に含まれている情報は、税関申告に商品をリリースするという決定の税関ボディの採用に影響を与える場合 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 5万から10万へ - 法人のために。
16.18を§。 自然人によって輸送手段をエクスポートまたは商品の再輸入および(または)に障害が発生する障害
1。 個人一時的に輸入品により関税同盟の関税地域から輸出するために失敗すると(または)は、一時的な入院の所定の期間内に輸送手段 -
行政犯罪の対象者、または没収または行政犯罪なしている商品の没収および(または)車で2500ルーブル、に1500の量の市民に行政罰金刑。
2。 再輸入の必須ロシアの法律に従うものとするためにロシア連邦で物理的な人、一時的に輸出品を再インポートに失敗します -
行政犯罪の対象である商品の価値量の市民、上の過料で罰せられる。
16.19を§。 通関手続きに従いません
1。 財偽それらに関する情報や無効な書類の提出の宣言内のステートメントは、このような情報や文書は、通関手続きの下に商品を配置するための基礎となる関税、税金、または支払われた金額の返金から完全または部分的な免除を提供すると(または)不使用の対策ができれば非関税規制、段落3と4 16.1の記事、および部品2 3 16.2の記事に定める場合を除き、コードの記事16.17 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と五十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
2。 他の人への通関手続きに従って許可されている場合、税関当局の許可なしに、商品に関して所有、使用または処分の権利を送信することにより通関手続きの使用権の移転を含め、それらが置かれているの下で通関手続き、に違反して使用するか、物品の処分そのような許可が義務付けられている場合 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 1からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
3。 その完成に要件に関して時間に通関手続きを完了するために失敗 -
2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.20を§。 逮捕された商品の不正使用または条件付きでリリースされた商品の廃棄、または不正使用
1。 コードの一部の2の記事16.19で定める場合を除き、条件付きでリリースされた商品の所有または使用の転送、条件付きでリリースされた商品の販売の使用または禁止事項に違反して、他の方法でそれらを処分および(または)そのような製品の使用、廃棄の制限、 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 1からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
2。 税関当局の許可なしに、逮捕の下に税関管理下にある製品の使用 -
5000千〜10ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千30ルーブルから。
16.21を§。 商品の不正使用、その取得、保管または輸送
不法関税、税や国際条約で規定された要件を支払っていないの点で関税同盟との税関国境を越えて転送された商品の使用は述べて - 国際条約に基づいて発行される関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の意思決定及びロシア連邦の規範的行為、米国 - 関税同盟のメンバー、禁止や制限、または商品が税関パーセントに基づいて、条件を含め、リリース eduroyの使用、所有または使用するか、またはそうでなければ禁止及び(又は)制限、並びに物品の取得、保有または輸送に違反して認めたの処分の送信 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 半分からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
16.22を§。 関税の支払いの条件の違反
関税と関税同盟の税関国境を越えた商品の動きに関連して支払うべき税金の支払いの条件の違反 -
2500ルーブルに500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 5万から三十万ルーブルへ - 法人のために。
16.23を§。 税関の分野での違法行為
1。 デューティがの税関代表の除外にそこ税関業務を行う場合を除き、申告または通関代表のレジスタに含まれる、または無効な文書を基にしたレジスタに含まれる、またはそれから除外されていない人が他の関係者に代わって、税関業務のパフォーマンス、言っレジスタや関税同盟および(または)慣習上のロシア連邦の法律の関税法案はに資格を与えた場合 税関代表のレジスタにいる人を含めることを必要とせずに至上の通関業務 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から2005年ルーブルへ。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
2。 場合を除き、税関キャリアとして機能するには、許可経済事業者は、免税店の所有者は、一時保管倉庫や税関倉庫者は、無効な文書に基づいて、関連するレジスタに含まれるか、習慣の分野で活動を行う者の登録から除外します通関業務の完了に伴うような活動は、委員会の責任は例外前に発生しました 適切なレジスタの顔Iaで -
2000千5ルーブルの量の関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
3。 通関業務の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含めるため、アプリケーションに与えられた情報を変更するか、またはこれらの者の活動を一時停止する税関当局におけるポストの用語の故障や違反 -
百百五ルーブルの量に警告や職員に対する過料の賦課を伴うものとします。 2000千10ルーブルから - 法人のために。
16.24を§。 一時的に輸入車との不正な操作
1。 所持や使用への関税同盟やその転送の関税地域を介して内部トラフィックの国際輸送の一時輸入車の使用、このような自動車の使用及び処分の制限に違反して他の方法で販売したり、それらを処分 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千20ルーブルから。 5万から三十万ルーブルへ - 法人のために。
2。 使用権の譲渡またはその他の関税同盟の関税法令によって確立された条件を遵守せずに個人によって一時的に輸入車を処分 -
行政犯罪の対象である車の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料刑、または没収または行政犯罪のありません "。
7)の記事23.1:
"、1」の数字によって補足数字「14.37、「後14.50のa)の一部。
b)は2の数字の後に「16.21、「言葉」の記事2 16.24の一部 "を追加します。
フィギュア「3、 "によって補完」14.37、「後14.50のc)の第三段落。
8)の記事23.8:
次のようにa)は1の一部を読んでなければなりません。
"。1の税関当局は、部品1、3と4 16.1の記事、記事16.2によって提供、行政犯罪の例を考慮しなければならない - コードの16.24。";
2 1.1のb)の一部を次のように段落を読み取るために追加します。
「構造通関事務の分野で承認連邦執行機関のユニット、および彼の代議員の1.1)ヘッド; ";
9 3 2条の23.9)点言葉」とその議員」を追加します。
フィギュア「10、 "によって補完数字の後に12 2 28.3の記事「14.10、"の14.50)点。
11)記事29.5 1.1サプリメントの一部を次のように
"。その手数料の場所は他の国の領域がある場合1.1国際条約で定められた場合には、行政手続は、行政犯罪の検出の代わりを考えられています。";
"、記事12、1に定め30.10部品と30.1 30.3の記事"に置き換え - 「30.1記事30.2に定め、「1 3語の記事の30.3)。

記事15
(; .. 3、61.1、条26を№ロシア連邦の法律のコレクション、2002、127を№、条2002)の言葉「税関段落43の記事4190 10月2009、「倒産(破産)について」番号18-FZに関する連邦法の2153でEurAsECおよび(または)通関業務上のロシア連邦の法律内で関税同盟の関税法案」の言葉で「ロシア連邦。」

記事16
「技術規制に関する「29 12月27、数2002-FZ(ロシア、184の法律のコレクション、2002、条52 ;. 5140は№、2009、条29 ;. 3626は№、2010は№、アートに連邦法の記事1を書きます。6)次の変更:
タイトルに1)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
段落2で1):
a)は、「手順」に置き換え単語「レジーム」は、単語「関税地域」を「領土」に置き換えることが最初の段落では、単語「通関政権は「言葉で「税関手続き」を置き換えます。
b)のように読まなければならない2番目の段落が次のとおりです。
「ロシア連邦大統領の採択連邦法または法令に基づき、ロシア連邦政府の物品の税関申告の目的のために、そして技術的な規制のロシア連邦政府遅くとも30日より技術的な規制の発効日は、によってカバーされた製品のリストを承認する前に、外国貿易Tamozhennogの商品命名法の単一のコードを指定するこの段落の最初の段落、 連合。一緒に関税の分野で認可連邦執行機関、および状態のサービスを提供し、技術的な規制や計測の分野で状態プロパティの管理を担当する連邦政府の行政当局と、活動の確立された分野で機能を実行する連邦執行機関、遅くとも前60日以内にこれらのリストの形成を行わず、政府への提出 技術規則の発効の日「。
c)の第三段落内の単語の単語「税関申告」と「通関」、単語「関税同盟の外国貿易の単一商品命名法」と「対外経済活動のための商品命名の "言葉。
「ロシアに「言葉で段落3語 "ロシア連邦の関税地域」を、「手順」に置き換え単語「政権」の最初の段落で2)。
段落4の言葉で3)言葉で「ロシア連邦政府により承認」、単語「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税地域」「関税同盟の関税法令により設立しました。」

記事17
7 7月2003に関する連邦法、「通信オン」番号126-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、28、条2895 ;. 2007を、7、条835 ;. 2010は№、7、条705は№№します; 27、条3408は№; ... 31、条4190№2011を、45、6333のv)は以下の変更が№:
「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への輸入「サブ段落の記事1 2の言葉で2)。
次のように2は読み替えるものと71)の記事:
「条71。ロシア連邦からロシア連邦内の無線電子設備や高周波デバイスのインポートおよび電子デバイス、高周波デバイスのエクスポート
ロシア連邦からロシア連邦内の無線電子設備や高周波デバイスのインポートおよび電子デバイス、高周波デバイスの輸出は、ロシア連邦、ユーラシア経済共同体内の関税同盟とロシア連邦の関税法の国際条約に従って行います。 "。

記事18
8 12月2003に関する連邦法、ロシア連邦、164の法律の(コレクション「外国貿易活動の国の規制に基づき「番号2003-FZ、50、条4850 ;. 2004を№は、35、条3607 ;. 2010は、45を№№します..条5750; 50、6594のv)は次の変更が№します:
1)の記事2:
a)は次のように7は読み替えるものを指します。
「7)対外貿易 - インポートおよび(または)ロシア連邦の領土の一部とロシア連邦の領土の他の部分との間に商品の品運動の輸出、これらの部品は外国の関税地域を通じて陸路ロシアの領土にリンクされていない場合は、上の商品の動き。ロシアは、ロシアの法律に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土からのロシア連邦の領土 第連盟と国際法、または人工島、インストールと構成の地域間のモノの移動の規範は、どのロシアは、ロシアの法律と国際法ではなく、財の外国貿易「に基づいて管轄権を有します。
b)の段落10の言葉「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税領域」で、
c)の段落内15単語は「習慣」と単語「税関」を削除しなければなりません。
グラム)19が廃止されるポイント。
「ロシア連邦の「言葉とe)の段落28の言葉で「ロシア連邦の関税地域」。
2)記事3 4ポイントが廃止されます。
3)の記事6:
a)は次のように3は読み替えるものを指します。
「3)との関係で必須の要件品の適合性評価の分野で連邦法およびロシア連邦の国際条約と関税同盟の委員会の決定で定められた場合の税関及び関税と非関税規制、などの外国貿易の国の規制だけでなく、活動の国の規制ロシア連邦からロシア連邦およびエクスポート」へのそれらの輸入。
b)の5、「国際的なロシアの条約や関税同盟の委員会の決定に従い、「単語」の定義」、言葉の後を指します。
「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従い、「単語」の定義」、言葉の後にC)6点。
4)の記事13:
a)は2 1のアイテムは、単語の後「ロシアと関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
b)の一部2:
次のように3段落は読みなければなりません。
; " - - ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟のメンバー関税同盟)そうでない場合の国際条約で定められた場合を除き3)は、関税率を設定します。"
単語の後4ポイントは「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
次のように5段落は読みなければなりません。
ロシア連邦の国際条約で規定されている例では「5)は輸出の許容手順を確立し、(または)状態のセキュリティに悪影響を及ぼす可能性がある商品の特定の種類の輸入、市民の生命や健康、個人または法人、公共や市有財産の財産、環境、生命や健康、動物や植物の、ならびにこのような順序が適用されるの尊重で商品の特定の種類のリストを決定; ";
6段落言葉「財の外国貿易の分野でのライセンスの手順とは」を削除しなければなりません。
7 8は、ポイントと無効と宣言しました。
単語の後11ポイントは「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
13ポイントが廃止されます。
言葉」の国際合意 - 関税同盟のメンバーおよび(または) ""に応じて、「言葉の後5)19の記事;
6)の記事21:
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
。「ロシア連邦の国際条約で定められた例外的な場合にロシア政府によって課さ条21量的制限」。
b)のように読み替えるものと2の最初の段落は、次のとおりです。
"。ロシア連邦政府の2ロシア連邦の国際条約に従い、例外的なケースではありません半年以上をインストールすることができます。";
7)以下の文言で記事2 25部分:
「2エクスポートおよび(または)物品の特定の種類の輸入が輸出のために物品の特定の種類のおよび(または)輸入を許可を発行することにより、ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従って行われます。。 ";
次のように8は読み替えるものと26)の記事:
「条26。エクスポートする排他的権利および(または)特定の商品の輸入
1。 外国貿易活動を行う権利をエクスポートして(または)関税同盟の委員会による商品の特定の種類の輸入、およびロシア連邦の国際条約、ロシア連邦政府により定められた例でする排他的権利を付与することによって制限される場合があります。
2。 特定の輸出のための物品の種類および(または)排他的権利、およびロシア連邦政府、エクスポートおよび(または)関税同盟の委員会の決定によって確立された商品の特定の種類のインポートする排他的権利を提供する組織の順序を付与されたインポート。 組織のリストは、ロシア政府によって設立され、エクスポートおよび(または)物品の特定の種類のインポートする排他的権利を付与されていること」。
9)27の記事、言葉「ロシア連邦の国際条約、関税同盟委員会の決定事項、および「」によれば、「言葉の後に、
「税関業務に関するロシア連邦法の関税同盟および(またはの税関法案)」10 2語の言葉で「ロシア連邦の関税立法」の記事で31)、「習慣」と単語「税関」は削除されなければならない言葉。
11 1の記事の32):
a)は4の言葉」と文化遺産」を指します。
b)の段落9で:
サブ段落の「a」で、言葉「ロシア連邦の関税法案 "言葉"税関に関税同盟および(または)ロシア連邦法令の関税立法」と。
単語のサブ段落の「B」の「貨物」を削除しなければなりません。
12)の記事45:
a)は1の一部が無効とみなさ。
b)のパート2の言葉「ロシアへの "言葉で、言葉言葉で「ロシア連邦の領土" "ロシア連邦の関税地域」「ロシア連邦の関税領域」で、
C)4の無効とみなさ。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「5語の最初の段落グラム)。
e)の6と7の無効と宣言しました。
記事13 2の54)は無効とみなさ。

記事19
10 12月2003に関する連邦法、「通貨規制および通貨管理について「数173-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、50、条4859 ;. 2005を№は、30、条3101 ;. 2007は、1を№№します.....条30; 29、3480、条2010は№; 47、6028、条2011は№; 29、条4291を№する30、4584のv)は次のように変更№します:
段落1 9 1記事のサブパラ "D"言葉 "ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税領域」で1)、「ロシア連邦の「言葉と言葉「ロシア連邦の関税地域」。
次のように2は読み替えるものと15)の記事:
「条15。ロシア連邦、通貨値、ロシア連邦通貨および内部証券からロシアへの輸入と輸出
外貨および(または)ロシア連邦通貨およびトラベラーズチェック、外国とのロシア連邦からロシアへの輸入と輸出(または)フレームワーク内で関税同盟の関税法令の要件に従う制限されることなく、住民や非居住者によって作られている証書の形で国内証券ユーラシア経済共同体や習慣に関するロシア連邦の法律」。
3)の記事19:
a)は、「ロシアへの「言葉と言葉「ロシア連邦の関税地域」の段落2 1では、単語「税関」を削除しなければなりません。
b)は、ワードの段落4 2で「税関」を削除しなければなりません。
言葉「ロシア連邦にインポートして、ロシアからエクスポート "、"に関して税関業務の手数料のための「代替」の通関の「言葉で「ロシア連邦の税関国境を通じて「4 15語の記事の23)。

記事20
20 12月2004に関する連邦法は、 "漁業と水産生物資源の保全について「数166-FZ(ロシア、2004の法律のコレクションは、52、条5270 ;. 2007は、50、条6246 ;. 2008を№№、49を№ ..、記事5748; 2011は、1、32のv)は次のように変更し№します:
「他の送達の代わりにロシア連邦の港湾内だけでなく、ロシア連邦政府によって決定例と順に、「言葉で言葉の段落1 4記事2「ロシア連邦の関税領域」で13)。
2)の記事19:
a)は、「ロシア連邦の海のポートまたは配信の他の場所で、ロシア連邦政府によって決定例と手順で「言葉で3.2語 "ロシア連邦の関税地域を」の部分で、
次のようにb)は3.3の一部を読んでなければなりません。
「3.3。この記事は、水産資源キャッチ項3.2で指定された配信の順序や、同様にロシア政府によって設定された配信の他の場所にロシア政府によって決定例と順にロシア連邦の港湾におけるそれらの魚や他の製品から作られた製品。 " 。

記事21
「ロシア連邦における経済特区で「22 7月2005に関する連邦法、番号116-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、30、条3127 ;. 2006は、23、条2383 ;. 2007を№№、45を№ ....、Vの5417; 2009、52、条6416は№; 2011は、30、条4563を№45、6335のv)は以下の変更が№します:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。ロシア連邦における経済特区の分野における関係の法的規制
1。 、税関の関税法の他の行為 - ロシア連邦における経済特区の分野での関係は18月2010年(FEZに関する協定以下)から関税同盟や自由関税ゾーンの通関手続きの関税地域内無料(特別な)経済特区に関する協定によって規制されていますユーラシア経済共同体内連合(以下、 - 関税同盟)、経済特区と他のロシアの法律上のロシア連邦の法律。
2。 経済特区でのロシアの法律は存在連邦法で構成されており、それ他の連邦法に従って受信しました。
3。 経済特区の分野での関係はまた、ロシア政府によるロシア連邦の大統領令および経済特区に関するロシアの法律に従って採択他の規制法的行為によって調節することができます」。
次のように2)章1 5.1は、記事を追加します。
経済特区の住民の「条5.1。課税
税金と義務」に関するロシアの法律に従い、経済特区の住民の課税。
3)以下の文言で記事3 10部分:
ポート経済特区のこのパートBの規定の対象ポート経済特区の例外は、活動を実施する権利を有すると経済特区の居住者ではありません。」3個人の起業家や企業は、経済特区で事業を営む権利を有します:
1)港湾、河川港、空港、連邦国営企業と合資会社(株式は連邦政府所有である)を投与 - 港の機能とセキュリティを確保するため、河川港、空港、ロシアの法律に完全に従いました。
2)エグゼクティブロシア連邦の身体または管理会社またはサブセクション2の記事8で指定されたが、本明細書の法人は、本契約の条7に応じて、ポートの経済特区管理に一定の権限を付与さ - ポート経済特区の機能を確保するために;
ポート経済特区の居住者ではありません3)個々の起業家や企業 - 港経済特区のポート経済特区常駐の制御権限に付与された用地の境界内に作成されたポート経済特区やインフラのオブジェクトのインフラ施設の建設と運営。 ";
章4で8):
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
"。経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの章8アプリケーション";
次のようにb)の記事36は読んでなければなりません。
「条36。経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの使用に関する一般規定
1。 この章では、関税同盟の関税法令によって確立された自由関税ゾーン手順の工業生産、技術開発およびポート経済特区の領土の使用を定義します。
2。 無料税関ゾーン通関手続きの観光・レクリエーションの経済特区の地域では適用されません。
3。 工業生産・技術・革新的な経済特区のエリアでは無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を配置し、使用することができ、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません。
4。 ポート経済特区の領土に入れ、使用自由関税ゾーン手続下に置かれた商品を、そしてSEZ協定によって確立された場合には、車両や物資の国際送料は無料税関ゾーンの手続きの下に置かないことができます。 製品の関税同盟は、ロシア連邦の港経済特区の行政当局や管理会社にインポートまたはに従ってポート経済特区の管理のためのポート経済特区の個々の力の領土に従事するパート2の記事8明細書の合資会社で識別します無料の税関の通関手続の下でその動作の提供、を含む、本契約の記事7、 エリアは適合しません。
5。 連邦執行機関は、税関の分野で承認、および技術は、経済特区の領土に(インポート)インポートされ、経済特区の領土からエクスポート車両を含む、物品に関して税関操作の順序を決定します。 ";
次のようにc)の記事37は読んでなければなりません。
「条37。無料税関ゾーンの通関手続き
1。 無料税関ゾーンの通関手続の内容とFEZに関する合意書で定義された無料の税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くための条件。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下では経済特区に関する協定に従って、製品を置か確立することはできません。 ロシア政府は、無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置することはできません商品のリストを確立する権利を有します。
3。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か商品は、この記事パート4に指定された商品を除き、関税同盟および(または)通関業務上のロシア連邦の法律の関税法令で定める方法により税関申告を受けなければなりません。
4。 外国製品は、このような商品が下に置かれなければならないポートの経済特区に位置建設、港湾インフラの再構築、河川港、空港、目的のために意図されていない場合は、関税同盟のメンバーではない国家の領土とポート経済特区の領土に輸入しますこの記事5の一部に基づいて設立され場合を除き、税関申告なし無料税関ゾーンの通関手続き、。 そのような商品に関しては関税同盟の関税地域への商品の到着に関連した唯一の通関業務を行っています。
5。 ロシア政府は、外国製品は、関税同盟のメンバーでない国の領域を持つポート経済特区の領土にインポートして、自由関税ゾーン手順下に置かれたときのケースを確立する権利を持って、税関申告を受けなければなりません。
6。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を配置する場合、そのような物品の領土に輸入されている経済特区、のかもしれない唯一の居住者に商品を宣言し、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土に適用されます。
7。 特別経済ポートゾーンの領土に適用される無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を配置する場合、申告者は、ポート経済特区の居住者、またはサブパラグラフ1や関税同盟の税関コードの条2 186の第五のサブに規定するその他の者であってもよいです。
8。 経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する合意に従い、工業生産、技術開発および港湾事業の実施(管理)のための無料税関ゾーンの通関手続きの下で経済特区の住民が置か品。
9。 税関に経済特区の自由関税ゾーン手順常駐の下に商品を配置するための条件の遵守を確認するために経済特区の領土と経済特区の居住者、または人によって認定され、このような文書のコピーのレジスタに含めることの証明書に(導通)業務の実施に関する合意を提出それらを提出します。
10。 商品が商品を宣言するための無料税関ゾーン手続き中の商品を置くための条件の遵守を確認するために、ポート経済特区の非居住者による特別経済ポートゾーンの領土にそれらを置くことを視野に無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置されている場合は、税関当局に提示しなければならないと結論そのような財の所有者、およびポート経済特区の居住者間の倉庫(ストレージ)製品の提供のための契約、 商品のローディング(アンロード)とFEZ協定によって確立された他の操作のパフォーマンス。
11。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 無料税関ゾーンの通関手続きの下でnnyh。
12。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用した品での無料税関ゾーン製造(製)の通関手続きの下に置か外国製品を識別するためには、経済特区に関する協定によって確立された識別方法を使用することができます。
13。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記この記事11の観点インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
14。 税関の分野で承認連邦執行機関によって定義された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。
15。 フリー税関ゾーンの通関手続の完了をFEZ協定に従って行われます。
16。 作られた無料税関ゾーンの手続きの下に置かれた商品・商品に関して、工業生産、技術、革新的な経済特区の分野に適用される無料税関ゾーン手続の終了時に、税関手続の下に置かれた商品を使用して(得)無料税関ゾーンは、唯一の経済特区の居住を宣言することは、行動の自由関税ゾーンの通関手続き中の商品を置き、ためにすることができます 例例外が17と18でこの記事を想定しました。
17。 FEZに関する協定で定める方法により無料税関ゾーンの通関手続きの最後に経済特区の人の在留資格の喪失の場合には、商品を宣言する経済特区の居住者の地位を失った人を行います。
18。 所有権の移転、使用、および(または)無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の処分、FEZに関する協定の定める手順に従って自由関税ゾーン手順の終了時に経済特区の他の居住者の場合は、商品を宣言する経済特区の居住者であります所有権、使用、および(または)これらの商品の処分の権利誰に。
19。 そのような商品は、キャリッジの通常の条件下では通常の摩耗や自然の損失による変更以外は、変わらなかった場合は商品が特別経済ポートゾーンの領土で適用し、言った通関手続の終結で無料税関ゾーンの手続きの下に配置されている場合(運送)、記憶装置及び(又は)(動作)を使用すると、商品がポート経済特区の居住者であってもよい宣言、税関の下に商品を配置しました この記事、またはサブパラグラフ17や関税同盟の税関コードのサブ記事18 1の第五に規定する他の者の2と186に想定される場合を除き無料税関ゾーンの番目の手順、。
20。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用のポート経済特区の領土で特別な経済ポートゾーンの領土で適用可能な無料税関ゾーン手順の習慣の結論、商品に関して製造(生産)、申告ポート特別なのかもしれない唯一の居住者で、経済圏は、この記事サブセクション17に定める場合を除き、無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置きました。
21。 関税同盟の商品の使用は無料税関ゾーン手続下に置かれていないと、税額連邦予算に返却されなければならないなどの無料税関ゾーンの手順、排他的に関税同盟の商品の製品の再輸入の通関手続き(得)の下に配置、の終わりに付加価値税、関税自由区域法の下に置か関税同盟の商品に関して消費税は内で行いました 税金や手数料のロシアの法律に従ってこれらの税金をzmeschenie。
22。 この条のサブセクション21で指定された例における付加価値税、消費税の金額は、その物理的な自由関税ゾーン手続きの下で関税同盟の商品を置く税関申告の登録日時点で有効なレートと物品の関税価値とに基づいて算出(または)されなければなりません無料税関ゾーンの通関手続きの下で関税同盟の商品を置くの日に定義された物理用語(数量、重量、体積または他の特性)、中特性。
23。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
24。 この条項23で指定された検査を組織し、実施するための手順は、一緒に商品の状態を確認する文書を発行する権限を体で通関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
25。 無料税関ゾーン手続下に置かれた機器の経済特区の機能が終了すると、サービスに入力され、(実施)の実施に関する協定の実施のための経済特区の居住者によって使用される経済特区の領土上の操作だけでなく、自由な通関手続きの下に置かれた商品関税同盟ではなく、氏の財として認識ゾーンと経済特区の領土上の不動産の作成に使用し、 禁止や制限の適用なしと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、関税と税金の支払いなしに、税関管理下にキャッチアップ。
26。 経済特区の領土と本契約の条項の実施に関する(導通)業務上の契約の満了に関連して、自由関税ゾーン手続下に置かれた機器での人の在留資格の喪失の場合には、サービスに入力され、協定の実施のために居住者によって使用されます経済特区の領土に業務を(導通)の実装、および物品無料税関ゾーン手続下に置き、ために使用 禁止や制限の適用なしと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、関税と税金の支払いなしに、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品として認識経済特区の領土に不動産を作成します。
27。 この記事の一部25と26で指定された商品を認識するためには、経済特区の関税同盟常駐の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提示されなければならない、と文書は情報が含まれています:
居住者の1)。
経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する協定の居住者の実施に関する2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引の権利の均一な状態レジスタの財産上の経済特区の居住者の所有権の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
28。 経済特区の住民の情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
2)居住者のエントリを確認し、文書 - 法人の統一ステートレジスタでの法人、または居住者のエントリを確認し、文書 - 個々のビジネスマンの均一な状態レジスタ内の物理的な人。 文書は、法人の支払いや個々の起業家のことを確認した情報を提供し、税関当局の機関間の要求の個々の起業家として、法人と自然人の状態の登録を担当する連邦政府の行政当局に、経済特区の居住者によって提示されていない場合それぞれの法人の統一ステートレジスタと個々の起業家の統一ステートレジスタで etstvenno;
税務当局への登録の3)証明書。 文書は、経済特区の居住者に代表される税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関当局の機関間の要求連邦執行機関に、法人の文または個々の起業家の登録を確認する情報を提供されていない場合税務当局。
4)経済特区の住民のレジスタに含めることの証明書。 文書は、税関当局の機関間のリクエストに応じて経済特区の居住者、で表されていない場合はレジスタの法人または個々の起業家を含めることを確認した情報を提供する、法人および経済特区の住民として、個々のビジネスマンの登録を行う連邦政府の執行機関経済特区の住民。
29。 経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する協定の経済特区の居住者の実行を確認する文書は、公共の機能を実行する連邦政府の行政当局によって決定形や方法で、経済特区の運営組織によって発行された書かれた証明書です政策とロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野で規範的法的規制。
30。 製品の無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、使用できなくなり、また、全体的または部分的に、経済特区や梱包材の領土への商品と一緒にインポートは、その本来の目的を失い、税関ボディの許可を得て、その消費者のプロパティは、で破壊することができ連邦政府の幹部によって決められた順番でそれらを破壊する目的のために経済特区や経済特区の領土からエクスポート 税関業務の分野で承認権限、および本契約の条37.4に従って税関当局に提出したレポートでは、無料税関ゾーンと荒廃の通関手続きの下に置かれた商品の破壊の事実を反映しています。
31。 ロシア政府は、外国製品は、外国製品と一緒に経済特区の領土に輸入され、その本来の目的とその消費者の特性を失っていないです、包装および包装材料は、目的のために経済特区の領土から除去することができる場合を決定する権利を有します破壊の通関手続き、ならびにそれらの除去と破壊のための条件と手続きの下で配置することなく破壊」。
次のように記事37.1を追加するにはグラム):
「条37.1。操作は、経済特区の地域で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で行わ
1。 操作はFEZに関する協定に従って定義された無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた商品で行いました。
2。 工業生産、技術開発およびポート経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を利用して作られた(得)無料税関ゾーンの手続きの下に置かれた商品と商品の小売販売を禁止されています。 ロシア政府は、工業生産、技術開発およびポート経済特区の分野では、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で実行される他の禁止トランザクションのリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応する法令は、その公式の発行日以降に何の早い一年より施行してはなりません。
3。 税関当局の許可を得ての点で認証のために含め、関税同盟や研究のためのそのようなサンプルとサンプルの転送の税関コードの記事155に応じてサンプリングし、サンプルのための業務の委託を許可:
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ1)製品;
2)商品は無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を使用して(得)製;
3)製品(ない無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か無料税関ゾーンと関税同盟の物品の通関手続きの下に置かれた商品を使用して)得ました。
4。 この記事と関係者の自由な形式書かれた要求に基づいて税関当局によって発行された研究のためのそのようなサンプルとサンプルの転送の一部3で指定された商品に関連したサンプリングとサンプルのための取引を行うための認証 - 経済特区の居住者または別の人その商品の所有者である、の配置はポート経済特区の領土に行われます。 許可証は別の文書や関係者の書面による要求に対応するマークの税関ボディの認可公式を貼り付けることで、同じ日に書面で発行されています。 承認は、関税同盟の税関コードの段落2 155記事によって確立された要件に従ってのみ許可されなければなりません。
5。 所有権の経済特区の居住者、使用および(または)無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の処分を転送する場合、そのような財の経済特区の他の居住者は、経済特区の1エリア、無料税関ゾーンの通関手続きから移動することができます税関通過の通関手続きに従い、無料税関ゾーンの通関手続き、経済特区、他の領土に。
6。 この記事のパート5で指定された商品の税関トランジットの通関手続きのアプリケーションの機能は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。
7。 無料税関ゾーン手順下に置かれた財の消費に関連する動作の経済特区の領土でコミットすると、このような財の消費が本契約の条37.4に従って税関に提出したレポートに反映されるべきであること」という事実。
次のようにd)の記事37.2は補足しました:
経済特区の領土の「記事37.2。税関制御
1。 経済特区の領土に税関管理は、税関の法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って税関当局によって行われます。
2。 経済特区の領土は、税関管理区域です。 税関当局の許可を得て、経済特区とその限界の境界線を通って、この条の規定に関しては、その監督の下で税関職員を除いて、政府関係者などのグッズ、車や人の移動、、。
3。 経済特区の領土は設計されており、税関管理の目的のために備えなければなりません。 ロシア連邦の領土確立に創出と経済特区の機能の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して、関税の分野で認可連邦執行機関の税関管理の効率性を確保するために、経済特区の配置や機器の要件だけでなく、土地や設備の配置に この記事4の段落で指定された場合の経済特区の住民への土地。
4。 ロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局の決定によると、税関業務の分野で認可連邦執行機関との合意では、土地の建設と設備を許可経済特区住民SEZと一般により提供プロット 土地のプロットの境界が失われている装備して経済特区の様々な住民が提供する土地のerimetra二つ以上のプロットは、経済特区のこれらの住民に属していません。
5。 公共政策の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して税関事務の分野で承認連邦執行機関によって決定されるようになり、そのような領土への人のアクセスのための手順の定義を含め、経済特区の領土でチェックポイント政権をしなければならないの確保ロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野での法的規制。
6。 ポートの経済特区を除いて無料税関ゾーンの通関手続きは、そのような物品の税関当局の通知で行っ経済特区の領土への財の輸入が輸入されています。 無料税関ゾーンと無料税関ゾーンの通関手続きは税関当局の許可を得て実施されなければならない経済特区の領土からの貨物の輸出の通関手続き経済特別ポートゾーン、の領土への財の輸入。
7。 この記事とその完成のための手順の一部6にいう通知と承認の形態は、習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって確立されなければなりません。
8。 税関当局は、関税同盟の税関コードで定める方法により、経済特区の領土への輸入品の識別を行うようにしてもよいです。 関税同盟、関税上のロシア連邦の法律と現在の連邦法の関税法令の遵守を確保するためには、関税の分野で認可連邦執行機関は、特別に(輸入)輸入品の識別の実装に関連する税関業務の手順を定義します経済ゾーン「。
次のようにe)の記事37.3は補足しました:
「条37.3。工業生産や技術、革新的な経済特区の分野における物品の一時記憶の実装
1。 工業生産や技術、革新的な経済特区の区域の境界内税関エリアで合意し、経済特区の居住者が輸入する外国貨物の一時保管するためのものに配置された施設が、屋外エリア、鉄道線路やコンテナプラットフォームは、一時保管の場所であります。 経済特区での一時的な記憶のこれらの場所は、11月1 2の連邦法、数71-FZの要件や部品27 2010 311の記事を遵守しなければならない「ロシア連邦税関規制に。」
2。 工業生産・技術・革新的な経済特区の分野での配置、機器の要件および一時保管の場所の位置は、この条の規定の適用を受ける通関事務の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
3。 工業生産や技術、革新的な経済特区の領土上の一時的な保管場所は、オープンプラットフォームである、および(または)経済特区の経済特区管理体の居住者に割り当てられた土地に位置する部屋、第三者に属する外国製品の貯蔵した場合、このサイトは許可されていません。
4。 選択した通関手続の下、または完了するため、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土の経済特区の居住者が輸入すると、このような物品の配置のために、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土から必要な輸出品の点で通関業務産業の領土でコミット一時的な記憶での商品の配置を伴う通関手続きと関税操作のアクション、 生産や関税同盟の関税法、関税上のロシア連邦の法律と現在の連邦法で定める方法により一時保管における技術、革新的な経済特区。
5。 住民の工業生産や技術、革新的な経済特区は、彼は、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土上の一時的なストレージに一時的な記憶に作用することができることを宣言することで、のみの商品を配置することができます。
6。 経済特区での一時保管の商品の一時的な記憶は、経済特区、経済特区の領土に外国製品の輸入の居住者の書面の形で策定に基づいて税関当局の書面による許可を得て実施されます。 工業生産や技術、革新的な経済特区の領土に一時記憶で商品を配置するための文書や情報を一時的に格納し、提出の商品を一時的に格納するための許可証の発行関税同盟の関税法令で定める方法により行われ、関税上のロシア連邦の法律と現在連邦法。
7。 住民の工業生産や条経済特区に一時記憶で商品を一時的に記憶するための許可を受けた技術、革新的な経済特区:
1)一時的な記憶で商品の安全性を確保します。
2)税関当局の許可なしに商品と操作を許可しません。
3)通関事務の分野で承認連邦執行機関によって確立された手順に従って、一時記憶に配置された物品の記録を保持し、税関に提出することが、このような品物を報告します。
8。 者は、一時的に経済特区内の一時記憶域に格納されている物品の損失の場合には、税関当局の許可や経済特区の居住者を一時的に記憶する以外の目的のためにこのような製品を使用することなく、第三者に転送し、そのような物品を一時的に記憶するために許可を受けました関税同盟の関税法典の記事172に応じて関税と税金を支払うために。
9。 。一時的に経済特区、その完成のための手順と同様に、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された税関当局へのそのような報告書の提出のための手続きと期限内の一時記憶域に格納されている「商品の形態を報告。
次のように記事37.4を追加するにはグラム):
「条37.4。無料税関ゾーン手順のアプリケーションで製品についての商品や文の会計処理
1。 経済特区の居住者は、商品の使用無料税関ゾーンの通関手続きの下に置き、税関当局に、そのような物品に関する報告書を提出して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた物品の記録を保持します。
2。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用と自由関税ゾーン手順および財製(得)下に置かれた商品に発生したすべての変更は、レコードに反映されるべきです。
3。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用で作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順は、そのような物品の報告の形、形の充填および順序と税関への期限のための手順このようなレポートは、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって確立されなければなりません」。
h)を次のように記事37.5を補います:
「条37.5。輸出品に適用可能な税関手続きの下で、このようなインポートまで海外に置かれた商品のポート経済特区の領土への輸入
1。 輸出品に適用可能な税関手続きの下でポート経済特区の領土外に置かれた商品は、ストレージ用のポート経済特区の領土に輸入し、それらに荷降ろしの作業をコミットし、リロードとの国際運送の開始に必要な他の貨物操作することができます製品彼らは関税同盟の関税地域から輸出されています。
2。 そのような商品にパート1にアンロードする動作のこの記事と履行を指定された商品の保管、リロードやその他の貨物操作は専用ポート経済特区の居住者が行うことができます。
3。 この記事のパート1で指定された財の輸入は、特別経済ポートゾーンの領土で、関税同盟の関税地域の残りの部分、および特別経済ポートゾーンの地域でこのような製品のストレージを含むポート経済特区の領土から、このような財の輸出はして行われます税関の分野で承認連邦執行機関で定める方法により、この記事の規定に従い。
4。 関税同盟の商品のポート経済特区の領土にインポートする場合、そのような免除または払い戻しが上のRF法律で規定されている場合は付加価値税、物品税や付加価値税、消費税、以前に支払った金額の返金の支払いを免除される輸出用通関手続きの下に置かロシア連邦からの商品の実際の輸出税金や手数料。
5。 実際に借り換えの割合でその上に未払利息と税金の支払いの対象とポート経済特区の領土、への参入の日の翌日から4日以内に、この記事のパート180で指定した商品のポート経済特区の領土からエクスポートされていない場合にはロシア連邦の法律で定める方法によりポート経済特区の領土でこれらの商品の期間中の力のロシア連邦中央銀行、 ロシア連邦に品物を輸入する際、実際の税金と利子を収集することができるという。
6。 法律に従い、税金の支払いを受けるような輸出は財の国際運送の開始にリンクされていない場合は税関当局の許可を得て、関税同盟の関税地域の残りのポート経済特区の領土から、この記事のパート4で指定された貨物の輸出、ロシア連邦ロシア連邦への財の輸入に対する税金の収集のための習慣に。
7。 この条のサブセクション6に規定する場合の貨物の輸出に関する税関当局の解像度は、通関輸出のための手順、彼の後継者、またはそのような商品が法的にしている人からの正式な代表者または他の人の下で、このような物品の申告の書かれた文で策定に基づいて発行されなければなりません所持。 このような文の税関当局の配慮の用語は、税関当局にその受領した日から以上の3営業日ではありません。」。

記事22
10 1月2006に関する連邦法、「カリーニングラード地域の経済特区では、ロシア連邦の一部の立法行為の改正について」(ロシア連邦、16の法律のコレクション数2006-FZは、3、条280 ;. 2007、№を№します.... 22条2564は、45、5417、条2010は№; 48、条6252№2011、27、3880のv)は以下の変更が№します:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。この連邦法の適用範囲
この連邦法は、アカウントに、その社会経済開発を促進するためにカリーニングラード地域の地政学的状況を取って、カリーニングラード地域における経済特区の動作の確立、操作および終了に関連して生じる関係を調整します」。
2)の記事2:
a)の言葉を最初の段落「この連邦法では、「言葉で「1で存在連邦法。 ";
b)は1語を指す」と自由関税ゾーン手順を使用」。
次のようにc)のパート2を追加します。
「2。章3と3.1この連邦法関税同盟の税関コードと18 6月2010年から関税同盟の関税地域内無料(特別な)経済特区と無料税関ゾーンの手続きに関する合意書によって定義された用語の目的のために(以下、 - SEZ協定) ";。
3)次のように読み替えるものと6 2 3の記事のポイント:
「無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置することはできません商品のリストに含めるための提案を行う6)」。
4 2の言葉「ロシアへの物資の輸入とロシア連邦からの貨物の輸出」と「ロシア連邦の税関国境を越えモノの移動」の記事で6)。
章5で3):
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
"。無料税関ゾーンの通関手続きの章3影響」。
次のようにb)の記事8は読んでなければなりません。
「条8。この章の適用範囲
1。 この章では、( - 関税同盟以降)ユーラシア経済共同体内の関税同盟の関税法令に基づいて設立され自由関税ゾーン手順の経済特区の領土の使用を定義します。
2。 経済特区の領土を無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を置いて使用することができる上に、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません」。
次のようにc)の記事9は読んでなければなりません。
「条9。無料税関ゾーン手順の使用
1。 経済特区の領土無料税関ゾーンの通関手続き上。 無料税関ゾーンの通関手続きの内容は、FEZに関する合意書によって定義されます。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きは、経済特区の領土内で関税同盟の商品に適用するか、経済特区の領土に輸入されていません。
3。 無料税関ゾーンの手続きの下に置か無料税関ゾーンの手続きの下に置か外国製品、製品(入手)外国製品を使用して自由関税ゾーン手続きと商品作られ(得)下に置かれた外国製品を使用しましたそして、関税同盟の商品は、たったの約FEZに関して協定によって設立場合を除いて、配置され、経済特区の領土に使用することができます 経済圏。
4。 経済特区の領土に(インポート)インポートや習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければならない経済特区の領土からエクスポート車両を含む物資の面で手続きと税関業務の技術、 "。;
次のようにd)の記事10は読んでなければなりません。
「条10。無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置く規約
1。 無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くの規約は、経済特区の合意によって決定されます。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下ではFEZ、などの協定に基づいて、製品を置か確立されないことがあります。
1)切除可能品。
2)カリーニングラード地域の国家権力の最高執行機関の提案を含め、ロシア政府によって確立されたリストに従って製品。
3。 製品は、経済特区への投資プロジェクトを実施するために、自由関税ゾーン手順の下に住民を置きました。
4。 税関当局に、無料税関ゾーンの居住者又は彼が認定した者の通関手続きの下に商品を配置するとき常駐し、投資申告、または居住者によって認定このような文書のコピーのレジスタに含めるための証拠を提供します。 法人は、国家登録がロシア連邦の法律で定める方法によりカリーニングラード地域で行われ、住民はその配置のための無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を入れて、現在連邦法で定められた目的のために使用している者ではありませんされています。
5。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の申告者は、居住者又は法人であることができ、状態の登録はロシア連邦の法律で定める方法によりカリーニングラード地域で行われます。
6。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 無料税関ゾーンの手続きの下でnnyh、本契約の条11の規定に従います「。
次のようにd)の記事11は読んでなければなりません。
外国製品を使用した製品に無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品の「条11。識別(製)
1。 製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を識別するために経済特区に関する協定によって確立された識別方法を、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(製)を用いました。
2。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記本契約の記事6 10の観点インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。」 ;
e)の記事12は無効とみなさ。
次のように記事12.1を追加するにはグラム):
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品と「条12.1。オペレーション
1。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で、経済特区の領土は、FEZに関する協定に従って決定操作の実行を許可されています。
2。 経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品に関しては含めて、所有権、使用、および(または)処分の転送を許可小売商品の販売とその消費量を含みます。
3。 ロシア政府は、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で禁止操作のリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応判決では、発行日後には、以前の1年より施行はなりません」。
h)を次のように記事12.2を補います:
「条12.2。商品の特定のカテゴリの無料税関ゾーン手順の使用
1。 経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ(空の車両を含む)品、トラクター、トレーラー、セミトレーラー、トラクター、バス、航空機、船舶、鉄道車両の輸送のための車両は、と税関の目的のために考慮しなければなりません国際貨物の輸送、乗客とカリーニングラード地域と外国主権者の地域間の荷物における自動車の国際送料 STVとカリーニングラード地域と国家の領土を含め外国の領土を通じてロシア連邦の領土の残りの部分との間の財、乗客と荷物の輸送 - 以下の条件に従う関税同盟のメンバー、:
1)車両はカリーニングラード地域の領土に登録されています。
2)車両が法人に属している、状態の登録は、カリーニングラード地域で行われます。
2。 個人的な使用のための車カリーニングラード地域の領土に登録し、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、一時的にカリーニングラード地域の領土から個人によって取り出し、以下の条件の下で、ロシア連邦の領土の残りの部分をもたらすことができます。
1)などの車両の一時的な輸出の期間は2ヶ月を超えることはできません。
このような車両に関して2)は、外国の領土に登録されている私的使用のための車両に関して規定量で、税関に関税同盟の関税法令で定める方法により関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供し、(または)ロシア連邦の法律関税同盟のメンバー - と関税同盟の関税地域に輸入は個人を述べています。
3。 サブセクション1と2で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、この記事を、指定された商品は、条件付き状態の賛成で関税同盟の商品のステータスの取得、実際の破壊や拒絶前にリリースされています。
4。 ロシア政府はこの記事、ロシア連邦の領土の残りの部分1で述べた車両の任期を制限する権利を有します。 ロシア連邦の対応判決は30日、公式発行日後よりも早くない効力を生じます。
5。 航空機中間着陸をコミットせずに自由関税ゾーンとカリーニングラード地域の領土とロシア連邦の領土の残りの部分との間の財、乗客と荷物の輸送の通関手続きの下に置かれ、経済特区の領土に輸入、(空を含む)航空機の点で通関業務外国の領土は、本契約の口座に記事15.2の規定を取って、経済特区の領土でコミット。
6。 この記事では、私的使用のための車両が意味するもの:
1)自動車および主に関税同盟(以下の対外貿易の8703シングル商品命名見出しに分類された人の輸送用に設計された他の自動車 - 雪の上で駆動するために特別に設計され、車両を除いて、TN VED TS)を、自動車ゴルファーと同様の車両を輸送するために小見出し8703 10 HS TCを見出しに分類、ならびにBに駆動するために設計されている車両 ezdorozhyu小見出し8703 21 HS TCを見出しに分類される(バギー)。
2)オートバイ、モペット、スクーター8711 HS TCを見出しに分類されています。
3)12 HS TCを見出しに分類ドライバ」を含んでいない以上8702人以上の輸送のための自動車。
以下のように)記事13は読んでなければなりません。
無料税関ゾーンの通関手続きの「条13。完成
1。 記事15と24契約SEZに従って完成経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた商品に関して自由関税ゾーン手順のアクション。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、車両の経済特区の領土からエクスポートする場合、本契約のサブセクション1と2 12.2記事で指定された場合には、そのような車両の点で自由関税ゾーンの通関手続きの完了は必須ではありません。
3。 関税や通関手続きに課される税金の無料税関ゾーン計算の通関手続きが完了するとその下に下に置かれた外国製品を使用して(得)製無料税関ゾーン手順および(または)品物下に置かれた外国製品を置いFEZに関する協定によって確立された仕様に作られた無料税関ゾーンの通関手続き、。
4。 商品は、税関外に輸出されていない場合は無料税関ゾーン手順の効果は、関税同盟の関税地域外品の輸出を完了した場合、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(得)製、商品の状態を決定する、または1月1 2012年前に登録住民の尊重、個人での関税同盟の領土は、状態の登録はカリーニングラードで行われます 番目のフィールドと1 4月2006年のとして条22の規定に条1996協定FEZ対象に準じて行う、13 1月19の連邦法、「カリーニングラード地域の経済特区で」数10-FZに基づいて取り組んできたことをSEZ契約。
5。 商品を宣言する無料税関ゾーンの通関手続きが完了すると無料税関ゾーンの通関手続きに従い、商品の税関申告のための商品を宣言した法人、またはサブパラグラフ1またはサブパラグラフ2の記事186税関コードの第五に規定するその他の者であってもよいですユニオン。
6。 人の居住状況と自由関税ゾーン手順と試運転下に置かれた設備の投資宣言用語の性能、経済特区の領土上の不動産の作成のための無料税関ゾーン手続下に置き、中古品の損失の場合には、製品を認識関税同盟は、関税や税金の支払いなしに、禁止や制限を適用しないと下に配置せず、税関管理下に置かれていません 国内消費のリリースのamozhennuyu手順。
7。 この記事のパート6で指定された商品を認識するためには、関税同盟の居住者の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提示されるべきである、と文書は情報が含まれています:
居住者の1)。
投資宣言の居住条件の実行に2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引の権利の均一な状態レジスタの財産上の居住者の所有権の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
8。 居住者についての情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
法人の統一ステートレジスタへの居住者の侵入を確認2)ドキュメント。 文書は居住者によって表されていない場合は、法人の状態の登録を行う税関当局の省庁間の連邦執行機関の要求に応じて、法人の統一国家登録法人の支払ことを確認する情報を提供します。
税務当局への登録の3)証明書。 文書は税務当局における法人の声明を確認する情報を提供し、税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関の省庁間の連邦執行機関の要求に応じて、居住者によって表されていない場合は、
4)レジスタに含めるの居住証明書。 税関当局は、文書が居住していないと述べた場合は、省庁間経済特別区の行政の要求に経済特区の住民のレジスタ内の法人を含めることを確認した情報を提供します。
9。 投資宣言用語の居住者の実行を確認する文書は、本契約の条7に従って発行される適切な証明書です」。
a)の記事14と15は無効と宣言しました。
次のように記事15.1を追加するリットル):
「条15.1。税関業務や習慣の制御は、経済特区の領土上で行います
1。 財経済特区の領土に輸入し、経済特区の領土からエクスポートに関しては、税関業務及び税関管理は、関税同盟の関税法律、習慣、本契約の規定の適用を受けるにロシア連邦の法律に従って税関当局によって行われています。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下で、そのアクションの最後に商品を配置することにより、商品の長期のリリースは、例を除いて、すべての必要な書類の商品の宣言と同時にプレゼンテーションの対象商品の宣言の登記の瞬間二十から四時間の習慣本体の時間に基づいています関税特定の文書のロシアの法律に基づいて商品のリリース後に提出することができます。 この期間では、税関当局は、必要に応じて、商品の宣言にチェックし、商品や提出書類を行っています。
3。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
4。 この条項3で指定された検査を組織し、実施するための手順は、一緒に商品の状態を確認する文書を発行する権限を体で通関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
5。 住民や法人が、状態の登録は、カリーニングラード地域で行われ、税関に提出する無料税関ゾーン手順の下に置い外国製品を使用して(得)製無料税関ゾーン手順の下に置かれた商品と商品の記録を保持する義務があります当局は、このような物品を報告します。
6。 無料税関ゾーン手順は、そのような物品の報告の形、これらのフォームを完了するための手順や習慣に提出する手順と期限下に置かれた外国製品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順このような物品について報告体は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません」。
次のように記事15.2を追加するにはメートル):
「条15.2。税関業務の経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた航空機に関して
1。 航空機に関して税関業務は、ロシア連邦の領土の残りの部分と財完了の航空輸送に商品、乗客と経済特区の領土からの荷物の航空輸送の開始前に、経済特区の領土でコミット存在連邦法のサブセクション5の記事12.2で参照されます、経済特区の領土内にロシア連邦の領土の残りの部分から乗客と荷物。
2。 物資の輸送を実現するためにロシア連邦の領土の残りの部分に経済特区の領土から航空機をエクスポートする場合は、以下の情報を乗客と荷物のキャリアは、税関に提出しなければなりません。
無料税関ゾーンの通関手続きの下で航空機を配置する1)。
出発空港と目的地の空港について、2)。
空港の中間着陸約3)、もし飛行計画に従ってケースになりますように。
フライト番号に4)。
5)経済特区の領土への航空機の再輸入のために計画された期間。
3。 通関業務のための宣言情報と必要を確認する書類は、キャリアがそれによれば、税関申告の謄本を提示したように航空機は無料税関ゾーンの通関手続き、および航空機の飛行上のジョブのコピーの下に置かれています。
4。 現在連邦法のサブセクション5の記事12.2で参照される航空機の輸出に接続されている通関業務が完了すると、ロシア連邦の領土の残りの部分への経済特区の領土から商品、乗客と荷物の輸送を実現するために、税関申告のコピーに税関当局の公式を承認、それによれば、航空機が無料税関ゾーン手続下に置かれた、表示しなければならない:「エクスポートが許可され、」zaveryaema 日付および署名の表示と個人番号シールをインプリントします。 税関当局による表記と税関申告の写しは、キャリアまたはその代理人に返却されます。 航空機の飛行でのジョブのコピーが税関当局に残ります。
5。 パート4に従ってこの記事を税関業務を犯しているの点で航空機のロシア連邦の領土の残りの部分をインポートする場合、税関業務はロシア連邦の領土の残りの部分に位置する税関当局は、作られていません。
6。 点で、特別経済航空機ゾーンの領土にインポートする場合、コミット税関業務は、税関へのキャリアは、無料の通関手続きの使用に関してロシアの法律の要件への準拠を確認する文書の以下の認定キャリアに提出しなければならないこの記事のパラグラフ2と4で言及されたの通関業務のための税関ゾーンと必要:
航空機が税関当局により表記で、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれている応じた1)税関申告のコピーは、この記事の4の一部を提供しました。
2)が飛行(飛行)の行動に関する情報を含む、航空機の飛行にコピージョブを発行しました。
7。 税関管理の実施のための税関当局の関係者は、フライト(フライトプラン)のための要求を含む他の文書、機内誌、輸送貨物航空機、旅客および手荷物に関する情報を含む文書を要求することができます。
8。 経済特区、税関申告のコピーの税関当局の認可公式の領土のロシア連邦の領土の残りの部分と、この連邦法のサブセクション5記事12.2で指定された航空機の輸入に関する通関業務が完了すると、それによれば、航空機この記事の4の一部を提供し、税関当局のマークを、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた、表示しなければならない:「インポートが許可されています 「私は、日付と署名の表示と個人番号シールをインプリント確実。 航空機の輸出(輸入)の税関当局による表記と税関申告の写しは、キャリアまたはその代理人に返却されます。 フライト(飛行)の行動に関する情報を含む航空機の飛行のために発行されたタスクのコピーは、税関当局に残ります。
9。 税関当局は、本契約の条5 12.2部分で言及航空機の記録を保持しなければなりません。 手順と、航空機の会計処理の形態は、習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されます。 ";
n)の記事16は無効とみなさ。
6)以下のように3.1の頭を補足:
経済特区と関税同盟の関税地域の残りの部分との間の関税同盟の商品の「章3.1。ムーブメント
16.1を§。 関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、空気によって運ば
1。 関税同盟の品物に関しては、国の領域における航空機中間着陸ない関税同盟のメンバーをコミットせずに関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの空気により輸送、通関操作は、この条の規定に経済特区の領土に行われています。
2。 関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事のパート1で指定された商品に関して税関業務は、以前のような製品の航空輸送に、カリーニングラード地域の領土で出発の場所に位置して税関にコミットしています。
3。 税関の目的のために税関に関係者は、この記事のパート1で指定された商品の状況を確認する文書、商業、輸送(搬送)文書、または任意の形式で商品の在庫を(コンパイルは、当該製品はせず、民間旅客手荷物で輸送されている場合商業、輸送(船積み)文書)。 このような文書には、次の情報が含まれている必要があります:
1)法人の名前や姓、名、父称(もしあれば)物品の送信者である自然人。
2)商品の説明、個数、総重量、包装の種類、コスト;
個々の(もしあれば)父称3)法人の名前や姓、名は、品物の受取人です。
4)ロードおよび貨物の搬出のポイントの名前。
4。 関税同盟の物品に関連した経済特区の領土に税関業務の税関当局が完了すると、表示しなければならない商業、輸送(船積み)書類や物品の在庫の税関当局の許可された公式によって、空気によって経済特区の領土から移動:「製品車エクスポート。 「許可され、日付と署名の表示と個人の番号のシールを刻印する保証します。
5。 関税同盟の商品の実際の除去は関税同盟の税関の関税地域の残りの部分への経済特区の領土から、この記事の一部1で言及する前に、この記事パート3に従って提出された書類に含まれる情報に実際に輸出品の適合性を確認する権利を有します。
6。 商業、輸送(船積み)文書は、この記事の4の一部を確立マークが欠落しているのに対しての商品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって実際の送料にキャリアによって取られない場合があります。
7。 税関当局は、このような商品のため、乗客の個人的な荷物で輸送品、およびドキュメントを閲覧する権利を有します。 この条の3と4部品を確立乗客要件に障害が発生した場合には、そのような物品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気により輸送してはなりません。
8。 税関通過の通関手続きの下に配置されていない関税同盟の物品の関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって経済特区の領土にインポートする場合、関係者の要求に応じて、税関当局は逆に関税同盟の財としての地位を確認するために輸入品の識別特性を決定しなければなりません関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からこれらの商品の輸出、そのような輸出が行われる場合。
9。 場合の関税同盟の物品を識別するための手順は、この記事の8の一部を提供し、それが習慣の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
10。 この条の規定は、自然人によって搬送される、個人的な使用のための商品に関しては、適用しません。
16.2を§。 関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、郵便で送られ
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの郵便物に送られた関税同盟の財に関して税関操作は、この条の規定の適用を受ける作られています。
2。 関税同盟の関税地域の残りの部分に、このような財の組織通信メーリングリストの登録の前にコミット関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事の一部1で指定した商品に関して税関業務。
3。 税関の目的のために税関へ関係者、関税同盟の財だけでなく、完成した彼らの郵便文書が郵便料金に付随し、以下の情報を含むように、この記事の1の一部に指定された商品の状況を確認する書類:
1)送信者と商品の受取人の名前。
2)商品の説明、総重量、コスト。
4。 カリーニングラード市の国際郵便為替のサイトに配置税関当局によってコミットこの記事のパート1で指定された商品に関して税関業務、。
5。 関税同盟の郵便物での商品の出荷は、この条の一部1で郵政公社の規則に従わなければならないと呼ばれます。
6。 税関職員によってスタンプ関税同盟や郵便物を伴う郵便書類上の存在下で行う通関輸送手続のクリアランスの関税地域の残りの部分へのメール、商品の状態を確認する文書の転送、マーク「TCエクスポートが許可された項目」、カリーニングラード市の国際郵便為替のサイトに位置し、日付と署名の表示と個人の番号シールをインプリントすることによって認定されています。 必要に応じて、カリーニングラード地域におけるロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイント、関税のためのカリーニングラード市の国際郵便為替の代わりに、このような返送料にある税関当局は、この条に定める税関業務を遂行するために、制御し、書類上のマークが存在しない場合には。
7。 この条の規定は、個人によって送信された個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように7)7の章は読んでなければなりません。
「章7。経済特区の動作の用語とその動作の終了
21を§。 経済特区の動作の用語
4月1 2031年に機能する経済特区。
22を§。 経済特区の領土に関する特別法体制の終結
1。 特別な法的地位と経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きのアプリケーションの終了のための手順は、連邦法によって規定されています。 この連邦法は、本契約の条21で指定された期間の満了前に、遅くとも1年以内に発効するものではありません。
2。 経済特区の機能は、以下の事由のいずれかによって制定された連邦法により早期に終了することができます。
戒厳令のロシア連邦全土に1)投与;
2三ヶ月以上非常事態の期間、ロシア連邦の全領土に)投与」。
8)章8は無効とみなさ。

記事23
12 4月2010に関する連邦法、「医薬品の循環に「番号61-FZ(ロシア、2010の法律のコレクションは、16を№条1815 ;.は42、記事№5293; .. 49、条6409№)以下の変更が:
「ロシア連邦、ロシアからの輸出へのインポート」を「ロシア連邦からロシア連邦の領土と輸出への輸入」1 1語の記事の1)。
「ロシア連邦からロシアへのインポートおよびエクスポート」を「ロシア連邦からロシア連邦の領土と輸出への「段落の記事2 28の言葉で4)。
「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への輸入」3 3語の記事の9)。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「4語の頭の名前で9)、「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「言葉。
5)の記事47:
a)は、タイトルに「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から ""ロシアの "言葉、言葉で「ロシア連邦へ」の言葉が。
b)は、言葉で「ロシア連邦の「言葉」ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟の関税法案」ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「パート1の言葉で - ロシア連邦の関税同盟)および(または)上税関総務 ";
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「3単語、単語「特定の政党」、単語「登録および(または) "のグラム)。
d)の部分では「ロシア連邦における「言葉で「ロシア連邦の領土の「4言葉。
e)は「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「5語の;
「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「6語の一部でグラム)。
h)の言葉「税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の税関法案」と「ロシアへの "言葉、「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土の「7語の一部で、
そして、)「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「言葉の8で、言葉が言葉「関税同盟および(または)の関税法案」を「確立」した後、
6)の記事48:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)は、「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の最初の段落で、
7)の記事49:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)は、「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「1語の最初の段落で、「ロシア連邦の「言葉は言葉で「関税立法上のロシア連邦の関税同盟および(または)の税関法律を」。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
8)の記事50:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)の一部1:
最初の段落では「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
1段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
3段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
5段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「3語のグラム)。
「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から ""ロシアの "言葉、言葉で「ロシア連邦の領土の「9 2語の記事の51)。
言葉で「ロシア連邦の領土の「10 3.7語の記事の71)「ロシアへ。」

記事24
「ロシア連邦税関規制について」3 11月325に関する連邦法、番号27-FZの一部2010の記事311「言葉と言葉」2010 1月48年を」(ロシア連邦、6252の法律のコレクションは、1、アート。2012を№します) 1月1 2013年から。」

記事25
廃止は次のとおりです。
ロシア連邦の法律の(コレクション、1、1、条9を№)「国家防衛注文日」の記事27 1995 12月213 1996、数1-FZの連邦法の段落に6)第六段落;
2)4月14 1998の連邦法、「外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置について「数63-FZ(ロシア、1998の法律のコレクションは、16、条1798を)№します;
3)記事18と58 6月29の2004連邦法、「良い統治策の実施に関連してロシア連邦およびロシア連邦の一部の立法行為の廃止の特定の立法行為の改正で「数58-FZ(ロシアの法律のコレクション連盟、2004は、27、条2711を)№します;
4)ロシア連邦の経済特区で「連邦法の採用に関連したいくつかの立法行為の改正で「6 7月22、数2005-FZの記事連邦法の117」(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、30を№、アート。3128);
5)第五項 - 1 11月2に関する連邦法の5の記事6、改正に関する番号7-FZ」 - 第二十二9点、点11と17、段落第3、第4、第6および第8ポイント1は、8、2005、144ポイント「関税について "RF法の変化(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、46、条4625を№。);
6)2月1、カリーニングラード地域とロシア連邦の一部の立法行為の改正に関する特別経済区で「17記事や連邦法の2007改正で「数84-FZ」、記事5に連邦法の23記事89を指しますRF税コードおよびロシア連邦の税法の記事288.1と385.1」の最初の部分(ロシア連邦の収集された法律、2007は、22、記事2564を№。);
7年度の連邦予算案について「連邦法に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正で「3 11月24、数2008-FZに205)の記事連邦法の2009と2010と2011年の計画期間」(ロシアの法律のコレクション連盟、2008は、48、アート。5500)を№します。

記事26
1。 この連邦法は、力への参入のためのこの記事では、他の用語の規定を除き、その公式の出版後に効力を生じます。
2。 1、最初の段落 - - 第十三、十五、第十六、十八 - 三〇から一、第三十三 - 第三十五、五十 - 3記事1、記事5、6、7 - 第六十七段落13、9ポイント記事21と22は、23ポイント、24は、3点 - この連邦法の7 25の記事は30日、本明細書の発行日以降に効力を生じます。
3。 段落の第十四、第十七、第三十二、三〇から六 - 現在の連邦法は、本明細書の発行日以降90日目の日に効力を生ずるの第四十九の記事6 9。
4。 「関税定率で「月2 2、数13-21からロシア連邦の法律のサブパラ1993 5003 1の記事(この連邦法によって改正された)の規定は、この連邦法の発効日から1年を経過した後は適用しません。

ロシアのメドベージェフ大統領

 

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションI - 一般規定

章1。 ロシア連邦税関と通関業務

1を§。 目標と、この連邦法の規制の範囲

1。 この連邦法の目的は以下のとおりです。

1)ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟の法的基盤を構成するロシア連邦の国際条約の遵守確保 - 関税同盟)、通関規則や習慣の分野での関税同盟の意思決定を。
2)財の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済安全保障を確保します。
3)通関業務の分野でのガバナンスを向上させます。
4)ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動を行う者の法的権利と利益の施行、習慣の分野で活動を行っ者だけでなく、他の人、財の所有権、使用、廃棄の権利を実現し、ロシア連邦にインポートして、ロシアからエクスポート;
5)税関の分野における対外経済活動および外国貿易インフラの発展のための条件を作成します。
2。 この連邦法の規制の対象は以下のとおりです。
1)ロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出に接続関係の規制、税関管理下のロシア連邦の領土に彼らのキャリッジ、ロシア連邦の領土と人工島の領土間の商品の動き、ロシア連邦は、管轄権を持っている上のインストールと構成ロシアの法律と国際法、一時保管、税関申告、リリースおよびそれらを使用するに従​​い、 税関手続き、税関管理及び関税の支払いのコレクションに応じて得られます。
この連邦法の法的規制の対象にロシア連邦の州当局の権限の2)の定義。
3)ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動に従事する者の権利と義務の定義だけでなく、通関業務の分野で動作するもの;
ロシア連邦(以下の税関当局の活動のための法的・組織体制確立する4) - 税関を)。
商品の所有権、使用、廃棄の権利を実現する税関当局と人の間の力関係の5)規制、ロシア連邦に輸入し、ロシア連邦からエクスポート。

2を§。 ロシア連邦税関と通関業務

1。 関税同盟とロシア連邦の関税法令に従い、ロシア連邦税関規制は、ロシア連邦内の税関業務の順序及び制御ルールを確立することです。 ロシア連邦税関業務は、税関と関税規制措置や禁止とロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの貨物の輸出に関する規制の遵守を確保するためのツールやテクニックのセットです。
2。 ロシア連邦は、財の外国貿易に影響を与える習慣や関税規制、禁止や制限の措置を適用している(以下、 - 禁止や制限)関税同盟の法的基盤を構成し、関税同盟の指定された契約行為に従って採択国際条約に定められました、。
3。 関税同盟の法的基盤を構成する国際条約で規定されている例と手順では、関税同盟の行為は、ロシア連邦は、一方的にロシアの法律に従い、個々の習慣や関税規制の措置、禁止や制限が適用されます。
4。 一方的にロシア連邦の禁止や制限の導入により、および1つの以上の国に適用される措置以外のロシア連邦の関税規制措置、で使用された場合 - 関税同盟のメンバーが応じて設定、コンプライアンスを確保するためのツールや技術を適用しなければなりませんロシア連邦の国際条約と現在連邦法で。 設立措置の遵守を制御し、監督の機能を行使ロシア連邦執行機関のロシア連邦大統領は政府の行為を決定することができます。
5。 一方的にロシア連邦によって確立禁止や制限を遵守する者によって行われるべきアクションは、このような禁止や制限を設立し、ロシア連邦の規制によって決定することができます。

3を§。 ロシア連邦税関業務の管理

1。 ロシア連邦税関業務の一般的な管理は、ロシア政府を行います。 税関の分野での作業の即時の実装では、関税の分野で承認連邦執行機関を提供します。
2。 ロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関は、公共政策や習慣の分野における法的規制の機能を実行する、ロシア連邦内のすべての税関当局の均一な適用を確保関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律。
3。 ロシア連邦の法律に基づいて、金融の分野で承認連邦執行機関は、関税や物品の関税価値の決意の分野で公共政策や法的規制の機能を実行します。

4を§。 税関の分野における関係の法的規制

1。 関税同盟の税関国境を越えた商品の移動に伴って接続法律関係は、関税同盟の関税法令に基づいて調整されなければなりません。
2。 あなたはそれらの使用のための社内規程の公開のための要件は含まれていません場合は関税同盟と関税同盟の意思決定の法的基盤を作る正式に公開された国際条約は、ロシア連邦自体にあります。 関税同盟の関税法令で規定されている例では、ロシア連邦政府は、この連邦法に従ってロシア連邦の関税同盟の関税法の適用の順序を決定する権利を有します。
3。 ロシア連邦の税関分野における関係は、関税法上の関税同盟とロシア連邦の税関法律によって規制されています。 関税上のロシア連邦の法律は存在連邦法で構成され、その他の連邦法に従って受信しました。 ロシア連邦の国家の国境の商品や車を横断する手順は、ロシア連邦の州境にロシア連邦で規制、および程度をロシア連邦の州境にロシア連邦の法律によって規制されていません - 慣習上のロシア連邦の法律。
4。 そうでなければ、コレクション、税金とサービス料に関するロシア連邦の法律によって規制されていない部分に適用される関税にロシア連邦の税法に関する関税の支払いのための関係に、関税同盟の関税法令により定めがない限り。
5。 ロシア連邦通貨からロシアへの参入およびエクスポートするための手順は述べて - 関税同盟のメンバー、ロシアの通貨立法 - 関税同盟、ロシア連邦通貨および内部証券、通貨の値とトラベラーズチェックのメンバーは、関税同盟の関税法令、国際条約の状態に応じて調節されています連邦と現在の連邦法。
6。 ロシア連邦税関業務の分野での法的関係はまた、大統領令により調節することができます。
7。 基づき、ロシア連邦の税関の分野で連邦法に基づき、ロシアは、ロシア連邦政府の大統領令は、ロシア連邦税関業務上の意思決定や命令を発行します。
8。 連邦執行機関は、明示連邦法、ロシア連邦の大統領、ロシア連邦政府の行為によって規定する場合にのみ存在し、連邦法に準拠事項についての規範的法的行為を採用します。
9。 本連邦法に準拠する事項について、それらによって公開連邦執行機関の規範的法的行為は、権利と起業家や他の経済活動の分野における個人の正当な利益に影響を与え、それが仲裁裁判所における訴訟手続に関するロシア連邦の法律に従って仲裁裁判所に上訴することができます。
10。 関税同盟の関税法案は、この連邦法、関税同盟の関税法令の定めるもの以外のルールを確立している場合。

5を§。 この連邦法で使用される主な用語

1。 この連邦法で使用される主な用語は以下の意味を有します:
1)ロシア連邦への商品の輸入 - ロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土内での商品の実際の交差ロシアの国家の境界と(または)、商品が到着しました、その結果として他の州から - 関税同盟のメンバー、またはロシア連邦の領土に関税同盟の共通関税地域に含まれていない地域から このような剥離は、関税法によって提供され、それらは税関当局が発表される前に、ロシア連邦は、ロシアの法律と国際法、およびこれらの製品と後続のアクションに基づいて管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土にエーションおよび(または)、関税同盟および(または)は、本連邦法。
2)内部税は - 値ロシア連邦の領土の商品の売上高に課せ税と消費税を追加しました。
3)ロシア連邦からの商品の輸出 - ロシア連邦の領土外品の任意の手段とロシア連邦は、他の州でのロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領域の実際の動き - 税関のメンバー組合や地域で、これを目的とした単一の税関関税同盟の領土と同様の操作をコミットした人の一部ではないが、実際のです 実際の商品は、ロシア連邦の国家国境を越えたりロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土内への商品の動き、すなわち、
4)関税同盟の関税地域外のロシアからの貨物の輸出 - ロシア連邦からの商品の輸出、モノの移動に従事する者の意図に応じて、商品の目的地の国は、国家関税同盟のメンバーじゃないの領土である場合には、
5)ロシア人 - ロシア連邦の法律に基づいて設立され、ロシア連邦における登録事務所との法的実体、および(または)ロシア連邦の個々の起業家と居住者として登録自然人、それ以外の場合は、この連邦法によって提供されない限り、
連邦財務省を通じて6) - 連邦財務省を通じて、ロシア連邦の予算に応じて、ロシア連邦の予算制度の予算間収益とその分布を考慮するため、
7)品 - あらゆる財ロシア連邦に輸入やロシアから輸出しました。
2。 通関規則や習慣の分野における用語は関税同盟と関税同盟の法的基盤を構成する国際条約の関税法令によって決定される値で、この連邦法で使用されています。
3。 その他すべての用語は、税金や関税に関するロシア連邦、ロシア連邦、行政犯罪とロシア連邦の他の法律上のロシア連邦の法律の市民立法の法律で定義される値で、この連邦法で使用されています。

6を§。 時間の習慣や風習の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為に関するロシア連邦のアクション立法行為

1。 ロシア連邦政府の習慣だけでなく、ロシア大統領の政令、決定及びご注文でロシア連邦の法律の行為、この連邦法に従って採択連邦執行当局の規範的法的行為、(以下 - 税関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為)それは、この記事の明示設定2の一部を除き、発効日以降に発生する関係に適用され、遡及してはなりません。
2。 税関でのロシア連邦の立法行為だけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為の規定は、明示的にそう提供しない限り、遡及されている方の状況を改善します。 それは直接税関関税同盟の法律、または連邦法によって提供されている場合は、他の例では、税関でのロシア連邦の法律の行為だけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は遡及効果を有することができます。
3。 そうしないと関税同盟の関税法令によって提供されない限り、税関事項について、ロシア連邦の法律の行為は、彼らの公式公開後30日よりも早くない効力を生じます。 通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は、次の場合を除いて、彼らの公式公開後30日よりも早くない効力を生じます。
1)関税同盟、又は本連邦法の関税立法行為は、税関業務の分野におけるロシア連邦の法的行為の発効のための特別な手順を確立する場合。
2)通関事務の分野におけるロシア連邦の言った法的行為は、意思決定の慣習や他の公的機関やその他の管理(手続き)の制限のための文書や情報、時間制限の提出要件の観点で、現職よりも優先順位をインストールする場合。

7を§。 空間での税関の分野におけるロシア連邦のロシア連邦の関税に関する法律、ならびにその他の法的行為の作用

1。 通関業務の分野におけるロシア連邦の関税に関する法律、ならびにロシア連邦のその他の法的行為の行為は、排他的経済ロシアゾーンの領土としておよび人工島、インストールおよび構造のロシアの大陸棚上だけでなく、ロシア連邦の全領土で動作しますその上ロシアは、ロシアの法律と国際法に従って管轄権を有します。
2。 、原産国のロシア連邦である財の輸出に関税同盟のメンバー - 関税同盟の法的基盤を構成する国際条約は、それが国家の税関事務の分野では、ロシア連邦関税上の立法行為とロシア連邦のその他の法的行為の使用を提供することができますまたは副産物状態の領土から - 関税同盟の共通関税地域外関税同盟のメンバー(以下、 関税同盟) - この連邦法の目的のために。
3。 ロシア連邦の国際条約は、外国の税関業務の分野またはロシア連邦共同税関の税関当局の実装におけるロシア連邦の領土に外国の規範的法的行為のアプリケーションで、ロシア連邦税関上の立法行為だけでなく、ロシア連邦のその他の法的行為の使用を提供することができます外国の税関当局と制御。

8を§。 風習や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為にロシア連邦の立法行為の要件

1。 ロシアの法律の規定は、税関に作用するだけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は、一人一人が、まさに彼が権利と義務を持っているだけでなく、どのようなアクション、そしてどのような順序でを知っていたような方法で製剤化されなければなりませんこれは、国際輸送の財や自動車のロシア連邦からロシアへの輸入と輸出を行う必要があります。
2。 税関の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為が存在する連邦法に従って認識されない、そのような行為の場合:
1)は、この連邦法に基づく行為のこの種を公開する権利を持つ臓器によって発行された、またはそのような行為の出版物の既成の秩序の侵害で出版します;
2)がキャンセルまたは関税同盟と現在の連邦法の関税法令によって確立された者の権利を制限します。
関税同盟と現在の連邦法、その職務この連邦法によって確立された慣習や他の人にロシア連邦の法律によって規制関係の参加者の行動の理由、条件、シーケンスまたは順序の税関法律により設立さ3)の変化;
4)は、本連邦法によって定義された概念の内容を変更、または存在する連邦法で使用する以外の設定ではこれらの概念を使用しています。
3。 通関業務の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為の認識は、司法手続きの対象とこれに関連していません。
4。 この連邦法の法的規制の対象に連邦執行当局の規範及びその他の法的行為の規定は、要件、条件や制限を確立するため、関税の分野で関税同盟の関税法、ロシア連邦のロシア連邦大統領は政府の連邦法令の規定と矛盾することはできません、関税同盟、連邦法および社長の行為の関税法の行為のために提供されません ロシア連邦や習慣の分野におけるロシア連邦政府と。
5。 違反がこのような行為に含まれる法的規範の不確実性によって引き起こされない限り、誰が、関税同盟、税関と通関事務の分野におけるロシア連邦の(または)その他の法的行為に関するロシア連邦法の関税法令の違反で起訴することはできません。

章2。 関税当局

1を§。 税関のシステム

9を§。 税関当局とロシア連邦の国家機関のシステムでその場所。 税関職員

1。 税関当局は、単一の連邦政府の中央集権システムを構成しています。
2。 ロシア連邦の公的機関、地方自治体、公共団体は、その機能の行使の税関当局の活動に干渉しないことがあります。
3。 税関職員は、ロシア連邦、役員およびロシア連邦の関税機関の連邦公務員の法律によって確立された手順を置き換え、ロシア連邦の市民です。

10を§。 税関のシステム

1。 税関当局は、次のとおりです。
通関業務の分野で承認さ1)連邦執行機関。
2)地域の慣習部門。
3)税関;
4)税関ポスト。
2。 地域の税関部門、税関と通関ポストの作成、再編及び清算は、政府が決定した方法で行われています。
3。 特定の税関当局の能力が段落2で言及 - 特定の機能を実行するために、この条の4 1部分、特定の税関業務の手数料、ならびに税関機関の活動の領域は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、その力量税関当局に委託機能の一部を実行する権限を有する個人に限定されている特殊な税関機関及びその構造下位区分(部門、事業所)を確立する権利を有する、または点で通関業務を行うために物品の特定のタイプ。
5。 地域の税関管理、税関と通関ポストは、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認された一般的または個別の条項に基づいて動作します。 税関ポストは法人格を有していなくてもよいです。
6。 税関の分野で承認連邦執行機関は、海外での駐在員事務所を持っている、ロシア連邦の法律で定める方法により作成されます。

11を§。 税関当局の原則

税関当局の活動は、以下の原則に基づいています。
1)合法性。
人権と自由の2)法の前の平等、の尊重及び遵守;
3)税関当局と集中管理のシステムの団結;
税関職員の4)プロ意識と能力;
税関職員の5)明確性、予測可能性、透明性の行動、それは、税関管理と税関の操作中に外国の経済活動、関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法の規則に関する情報の可用性税関機関の要件は明らかです。
6)税関管理と税関業務の遂行における施行の練習の均一性;
7)関税、キャリアや通関事務の分野で力を実装する他の過剰かつ不当なコストの分野で活動を行った人の外国の経済活動の参加者に課すことを回避します。
ロシア連邦の貿易パートナー - 外国の税関、通関業務管理の経験の分野で一般的に受け入れられて国際基準に基づいてを含む税関管理の8)改善、現代の情報技術の利用、関税行政の高度な手法の導入、。

12を§。 税関当局の機能(責任)

1。 税関当局は、次のような機能(責任を)実行しなければなりません。
1)は、ロシア連邦からの商品のロシア連邦への財の輸入と輸出の商品の売上高を促進する条件を作成し、通関業務及び税関管理の方法を改善し、税関管理を行います。
2)ロシア連邦の対外貿易、ロシア連邦、売上高の加速の対外経済関係の発展を促進します。
3)外国貿易と特殊通関統計の通関統計を保ちます。
4)課税、関税、税金、アンチダンピング、特別および相殺関税、通関手数料、計算およびこれらの関税、税金や手数料のタイムリーな支払いの正しさを制御し、彼らの強制徴収のための措置をとります。
5)は、ロシア連邦、商品や関税同盟の税関国境を通じた国際輸送の車両の動きの順序を遵守の領土で提供します。
それ以外の場合はロシア連邦の国際協定に基づいて確立されたの遵守の法律で定められた場合を除き6)は、提供 - 関税同盟のメンバーと財ロシア連邦にインポートして、ロシアから輸出さの点でロシア連邦の禁止と制限;
7)確保し、その権限の範囲内、知的財産権の保護、
8)これらの犯罪の刑事事件に、検出、防止、税関当局の能力だけでなく、他の関連する犯罪や犯罪にロシア連邦の法律を犯罪と行政の犯罪を抑制、緊急調査のアクションを実行し、お問い合わせフォームでの予備調査を実施は行わ関税の分野における行政違反の行政手続(税関犯罪)、の 知的財産の不正トラフィックに対して行わ汚職や国際テロとの闘い、麻薬、向精神薬、武器や弾薬、文化財や関税同盟の税関国境を越えて移動され、他の項目および(または)ロシア連邦の国家国境を促進するために注文すること。
9)は、ロシア連邦への輸入品の消費者の利益を保護し、公共の秩序、道徳、人間の生命と健康、動植物を保護するための国家安全保障対策、環境保護の実現に貢献します。
関税同盟のメンバー、通貨の立法 - 10)がその権限内で行われる、国際協定のに合わせて、関税同盟の税関国境だけでなく、ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出への商品の輸入全体のモノの移動に関連した外国為替取引を制御ロシア連邦および通貨規制機関の規制法的行為に従って採択。
11)は、税関当局の資源の最適利用を容易にし、常に税関管理のシステムを改善し、税関規制を使用して、国内生産者の利益を保護し、輸出構造を最適化するために、ロシアの輸出及び通過の可能性の発展に貢献します。
国の関税同盟の通貨の税関国境を越えて移動の制御におけるテロの犯罪や資金調達による収入の合法化措置(ロンダリング)防止のための関税同盟のメンバー - - 関税同盟のメンバー、有価証券及び(12)は、国際条約の状態に応じて提供されていますまたは)通貨値、トラベラーズチェック。
13)は、税関関係の分野に興味を持つ人に自分たちの権利と責任を説明商品や国際輸送の車両に関して税関業務の手数料でそれらの権利の実現に外国の経済活動の参加者にその権限内の援助を提供します。
14)は習慣や外国、通関問題を扱う国際機関の他の管轄当局に協力しなければならない通関業務に関して、ロシアの国際的な義務の遵守を確保すること。
15)が確立された手順税関問題に関する情報を持つ国家機関、団体や市民に従って提供税関のフィールドの情報やアドバイスを提供します。
16)は、税関の分野で研究開発活動を行っています。
2。 連邦法その他の機能(業務)が税関当局に委託することができます。

13を§。 旗、ペナントおよび税関当局の紋章

1。 税関当局は、フラグやエンブレムを持っています。 (以下、 - 水コート) - (海、川)海船、内陸航行船と混合税関当局はペナントを持っています。 自動車やエンブレムに位置通関体の航空機。 説明と税関機関の旗や紋章の、だけでなく、ロシア連邦大統領の税関当局によって承認された船舶ペナントの絵。
2。 ロシア連邦は、名前と同様に、商品やその包装のカスタムシンボル(フラグ絵画やエンブレム税関当局は船舶税関当局がペナント)だけでなく、シンボルに、看板、文房具、アカウントおよびその他の文書、発表や広告に使用するには法人以外の個々の起業家、などの法人や個人の商業活動の行使の税関当局は、本契約の記事34に言及し、L nは、税関の分野で動作し、本契約の章5に言及。 組織と取引活動に従事し、個々の起業家は、彼と一緒に製品や単語のその梱包「習慣」やフレーズの看板、レターヘッド、広告や宣伝に使用することを禁止しています。

14を§。 税関当局の場所

1。 税関当局は、ロシア連邦( - チェックポイント以下)の状態の国境を越えてのチェックポイントです。 税関当局の他の場所は、乗客や貨物の量に基づいて、関税の分野で認可連邦執行機関による対外経済活動や交通機関の参加者のニーズをロシアの対外経済関係、輸送回廊と輸送インフラの発展のレベルの開発の強さの度合いを決定しなければなりません。
2。 税関当局は連邦政府所有、敷地内にあります。 税関の分野で活動を行っ者、正規の輸出入品の供給、輸送および構造単位は、そのような人に属する構内にすることができます連邦郵便サービス税関ポストや習慣の転送企業や組織の対外経済活動の参加者の主導で。
2を§。 税関とその職員の職務、権限と責任

15を§。 税関とその関係者による関税同盟とロシア連邦の法律の税関の法律規制の要件の遵守

1。 彼らの能力の範囲内と関税同盟とロシア連邦の関税法令に従ってそれらによって実行される動作の手数料を作る税関とその関係者によって受け入れ。
2。 税関とその職員が作って作るの関税同盟とロシア連邦の税関の法律規制の要件の遵守、(非アクティブ)のアクションの実装は、より高い税関当局の制御を含む、上訴する権利、検察官のオフィスだけでなく、税関当局の部門管理を提供しましたそして、高い税関職員。

16を§。 税関職員の職務

1。 公務のパフォーマンスでは、税関職員がに必要とされています。
1)市民、税関業務の分野で活動を行う外国貿易活動や人の参加者の権利と合法的権益を尊重します。
公式の職務の執行に必要な資格のレベルを維持する2)。
3)は連邦国家公務員または税関当局の従業員のために設立され、ロシアの法律に従って、他の職務を行います。
2。 彼の公式規則に従って税関当局による公式の職務の執行。 規程は、ロシア連邦の市民サービスに関するロシアの法律に基づいて承認されます。
3。 税関職員は、関税同盟および(または)ロシア連邦の法律の関税法令に準拠していない彼の割り当て(オーダー、判決を)実行する権利がありません。 このような順序を受信すると(公式には彼のパフォーマンスに損なわれる可能性がロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令の規定に注文の不遵守(受注、命令)のために書かれた正当性を提出し、注文の確認の先頭から受けなければならないと述べました書面でのオーダー、オーダー)。 確認された場合は、税関職員への書き込み順序の先頭には、それを実行することを拒否することが義務付けられています。
4。 法律に従い、懲戒民事、行政、刑事責任を負うこの委員会のヘッドを公式関税同盟および(または)ロシア連邦の法律、税関の法律に準拠したしない税関公式受注(受注、命令)を実行する場合にはロシア連邦。

17を§。 税関当局の労働時間

1。 作業時間の税関当局は、ロシアの法律に従って税関当局のヘッドによって決定されます。
2。 ロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出の分野での税関当局の仕事は、これらの分野における国家の規制機関やサービスの動作時に対応する必要があります。 輸送機関、対外経済活動の参加者のニーズを満たすように設定され、税関業務の他の場所で税関の仕事。 近隣状態と組み合わさチェックポイントの位置で、隣接状態の税関当局の時間に対応しなければならないロシアからロシアへの商品の輸入及び貨物の輸出の分野における税関の仕事。
3。 関係者及び税関業務の可能性は税関の勤務時間外に実行することができる税関当局の存在の合理的な要求に応じて。 勤務時間外の通関業務の手数料の税関当局の拒否は合理的でなければなりません。 関係者は、税関の勤務時間外の通関業務の委託に税関当局の拒否に対して上訴する権利を持っています。

18を§。 税関当局の評価

1。 税関当局の評価のための主な基準は以下を行います。
1)ロシア連邦への財の輸入とロシア連邦からの貨物の輸出のための税関業務の速度だけでなく、通関業務の委託に興味を持った人のコストを削減します。
2)関税の支払いの領収書の適時性と完全;
3)犯罪や行政犯罪対策の有効性。
2。 ロシア政府は、税関の仕事を評価するため、この記事1主な基準の観点から、上記に基づいて、モニタリングの指標、手順や方法論のシステムを定義し、ならびにそのような人の監視に参加するための手順は、本契約の条3 53部分で言及しました。

19を§。 税関当局の権利

1。 それらに割り当てられた機能を実行するための税関当局は、次の権限を持っています:
1)は、個人のこれらの行為の遵守を確保するためには、習慣やロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法規、税関当局とその遵守を制御する関税同盟の関税法令によって提供措置をとります。
2)関税同盟、習慣、ロシア連邦、税関当局とその遵守の制御の他の法律上のロシア連邦の法律の関税法の規定により提出するの文書、情報を必要とします。
3)通関業務、自分のアイデンティティを証明する書類に関わる市民や関係者によって確認されました。
4)は、天然及び法人が特定のアクションを実行したり、税関業務の分野における特定の活動に従事する権限を確認して必要とします。
5)は、それらの身元を特定し、確立するために、識別、防止、抑止及び犯罪を解決するために手術-調査活動のロシア連邦の法律に基づいて税関当局にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律を呼ぶ緊急調査アクションと問い合わせの生産を行われています準備、コミットまたはコミットしているだけでなく、独自のセキュリティを確保するために、
6)は、その能力の範囲内とロシア連邦の刑事訴訟に関する法律により定義された方法で、緊急調査アクションと問い合わせを行われます。
7)は行政犯罪に関するロシアの法律に基づいて行政責任に人々を引き付けます。
8)予備、犯罪の予防のために、緊急の場合には通信や公館の通信や車の手段を除いて、組織や公共団体に属するトランスポート(、外国や国際機関の領事や他の事業所)の手段の手段を使用しています刑事事件の捜査のは、税関当局の能力、起訴や拘留に、刑事手続きの法律に収まっ そのような犯罪の加害者や、それらをコミットすると疑われています。 このような場合に被った財産の損害、通信や交通手段の手段の所有者は、税関当局は、RF政府によって設立順に連邦予算を犠牲にして通信や輸送手段の手段の所有者の要求に応じて払い戻し。
9)は拘留と関税本体の構内や犯罪の疑いのある人のロシアの内政の体に配信または税関(税関違反)の分野での犯罪や行政違反を犯しているために、ロシア連邦の法律に従いました。
10は)彼らにトラックや他の操作をコミット、ドキュメント、ビデオとオーディオの録音、映画と写真の事実とロシア連邦およびロシア連邦からの輸出、輸送の実施、税関管理下での品物の保管に貨物の輸入に関連するイベントを生成します;
11)は、国家機関、団体や個人、この連邦法に基づき、その機能を実行するために必要な情報から受け取ります。
裁判所または仲裁の請求や文の裁判所で必要12):
a)は、関税、税金、通関手数料、利息および罰金の強制回復に。
b)の関税、税金、関税を通じた商品の差し押さえについて。
C)のownerless財産の認識;
関税同盟、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦の法律の関税法令で定めるその他の場合にはグラム)。
13)はロシア連邦の法律に基づいて、開発情報システム、通信およびデータ伝送システムを構築・運用、税関管理の技術的手段、および情報の保護、保護の暗号化手段を含みます。
14)は、本連邦法およびその他の連邦法で定められたその他の権利を実現します。
2。 税関当局の権利、この記事の提供1部分は、税関の分野における機能の税関当局の実装で独占的に使用することができます。 それによれば、監督または連邦法によって定義されているこれらの機能の実装上の税関当局の権限の他の球に監視機能を税関に割り当てられた場合には、税関当局は異なる制御および監視機能が割り当てられています。

20を§。 通関時の権利税関は税関船でコントロール

1。 行使税関は、水容器及び税関当局の航空機を使用して制御する場合、これらの当局は、権利を持っています:
1)、車両が不正に税関管理の対象商品を輸送していることの兆候を検出したときに、車両を停止し、その通関を実施します。
2)は、そうでなければ、ロシア連邦の国際条約により提供されない限り、税関当局にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律を呼ぶ緊急調査アクションと問い合わせの生産を犯罪を犯した疑いのある者の車両ビーイングを拘留します。
3)手続が、内部海域でロシアの領海を開始した場合には、外国国家の領海でそれらに入る前に、隣接するロシアの領域に、追求し、ロシア連邦の領海を超えて拘留、ウォータークラフト、税関当局の許可なしにロシア連邦の領土からubyvshie視覚や聴覚信号の後に連盟が参照するか、信号を聞くことができるように、レースを停止し、かつ継続的に実施しました。
それは税関(税関違反)(の分野における行政違反の兆候を検出し4)以下 - 行政犯罪に関するロシアの法律に従い、その発作や逮捕のために車を拘留するために税関事務の分野における行政犯罪)。
税関職員のそれらの配置を含む、車両のメンテナンスを行うために、関税同盟の税関コードによって提供例で5)。
2。 船舶や航空機の税関当局の乗組員は、権利を持っています:
1)水とロシア連邦空域の無償使用に関係なく、自分の所属と目的のロシア連邦の領土に海や川港湾、空港、飛行場(着陸地点)、の海域。
2)ポートへの入り口に無償使用優先権及び方法でポートを残しては、許可された連邦執行機関と合意しました。
3)は無料ナビゲーション、水文気象水路やその他の情報を受け取りました。
4)飛行とナビゲーションの無償提供。

21を§。 税関管理下で物資を輸送道路車両に関して権利税関

1。 これらの道路車両は税関管理下に商品を運んでいる場合は、税関当局が商品を確認することで関税同盟と関税問題に関するロシア連邦法の関税法令の遵守を確認するために、商品の国際輸送に関与していないものも含め、自動車を停止することがありますし、それらの文書。 自分の税関当局は、ロシア連邦の州の境界線に沿って確立税関管理区域に指定された道路の車を停止することがあります。 いくつかの場所では、自動車の停止は、税関当局と協力して、交通安全の分野で承認さ内政団体によって行われます。 商品やそれらの書類を提示しなければならない自動車の管理者とは、車両が税関管理のための税関当局の認可役員であると述べました。
2。 あなたがこの記事1に従って自動車を停止すると、税関の領域外の部分は、それらの商品や書類の税関当局による検査を制御し、テスト結果が2時間を超えてはならない固定。 それらの商品や文書の閲覧には関税同盟の委員会、キャリアに発行されなければならないそのコピーで指定されたフォーム上に描かれています。 一定の税関制御領域である一時的に記憶するため、または別の場所で倉庫の領域に前記車両の位置を強制的に、唯一の対応する溶液または担体プロトコルまたは所与の車両を投与する人のコピーの送達と管理場合の励起の場合に許可されます。 この場合には、そのような車両は、一時保管倉庫の領域に位置してもよいし、他の場所で、永久的な税関制御領域で、そのアンロードするのに必要な時間内に、車両は、ロシア連邦の法律に応じて発作又は停止の対象となる場合を除きロシア連邦の行政犯罪や刑事訴訟法。

22を§。 税関機関とその職員の要件に必須のコンプライアンス

1。 税関とその関係者の合法的な要件は、すべての当事者を拘束されています。
2。 通関業務の手数料及び税関管理の税関機関や個人に対して、その職員の要件、ロシア連邦、ロシア連邦からの貨物の輸出への商品の輸入に対する障害として機能することはできません、彼らがリリースされるだけでなく、より多くの習慣の分野で活動を行います関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律の遵守を確保するために最低限必要以上程度。
3。 税関機関とその職員の法的要件に従わない場合は、ロシア連邦の法律の下で責任を負うものとします。

23を§。 他の公共機関と税関当局との相互作用

1。 税関当局は、独立して、他の国家機関と協力してその機能を発揮しなければなりません。
2。 この連邦法およびその他の連邦法に従い、税関当局は、その権限内の個々のアクション、他の国家機関の制御下で実行を許可する権利を有します。 いくつかのケースでは、税関当局の能力に、この連邦法に基づいて割り当てられた個々の機能に基づき、ロシア連邦の法律は、行政権の他の連邦機関に割り当てることができます。
3。 税関当局は、他の国家機関の能力にロシア連邦の法律に従って呼ばれるに関する犯罪の兆候および(または)行政犯罪手続を明らかにすると、税関当局は、直ちに適切な政府当局に情報を合格しなければなりません。

24を§。 税関の部門別管理活動

(販売の目的のために。118日付順FCS№12.07.2011-Rを参照してください)
1。 それ以外の場合は制度的管理のために、いつでもキャンセルする権利または変更が低く税関の関税決定に関税同盟とロシア連邦の法律の関税法令の要件を満たしていないたこの連邦法およびその他の連邦法、税関当局の高い税関当局や上官によって提供されない限りまたは、税関分野における税関職員の下流、ならびに任意のプリアンプを取ります 関税の分野に劣る税関機関または劣っ税関職員の違法な行為(不作為)に対する関税措置の関税同盟とロシア連邦の法律のotrennye関税法。
2。 場合には税関または税関で税関職員の子の下流の制度的管理ソリューションの順にキャンセル(変更)した後、関税同盟や法律の関税法令に従って税関の分野で新たなソリューションの採用、認可税関当局による決定を必要とし、ロシア連邦税関管理の実施のための期限セット内の習慣に。

25を§。 税関機関とその職員の責任

1。 違法な意思決定のために、税関職員の行為(不作為)がロシアの法律に従って規律、行政、刑事と民事責任を負わなければなりません。
2。 違法な意思決定の結果として、人や財産に生じた損傷は、彼らの公式職務の執行における税関職員の行為(不作為)がロシアの法律に基づいて補償しなければなりません。
3。 害は人の関税機関とその職員の合法的な行為、それ以外の場合は、この連邦法およびその他の連邦法によって提供されない限り、返金不可に起因します。
3を§。 税関物理的な力の職員、特別な手段、武器や介助犬の使用の応用

26を§。 税関物理的な力の職員、特別な手段、武器や介助犬の使用の利用規約

1。 税関当局は、現在の連邦法で定める方法により物理的な力、特別な手段、武器や介助犬の使用を使用する権利を持っています。
2。 警告射撃 - 物理的な力の使用は、特別な手段や武器は、武器を使用する場合にはそれらを使用する意図を明確に表現警告が先行されなければなりません。 同時に、税関職員がに必要とされています。
1)は物理的な力を使っての遅延は、特別な手段や武器は彼らの生命と健康への即時の危険をもたらすような場合を除いて、十分な時間が彼らの正当な要求を行うことができるように、突然または武力攻撃、攻撃との場合には、他の重大な結果につながることができます軍事機器、船舶、自動車やその他の状況では与えられた状況で警告が不適切または不可能です。
2)すぐに負傷、応急処置を受けた人は24時間以内に検察官に通知しなければならない税関当局の頭を、通知することを確認してください。
3。 物理的な力、攻撃と抵抗性の程度の性質および重症度に応じて、特別な手段や武器を使用する場合は、税関職員は、危険の排除による被害は、最小限でなければならないという事実から出発することが義務付けられています。
4。 物理的な力、特別な手段や武器を使用する場合には、確立された注文の税関職員に違反して犬の使用はロシアの法律に従い、責任を負わなければなりません。

27を§。 税関当局による物理的な力の使用

1。 税関当局は、非暴力的な方法は税関に委託職務の執行を許可しない場合にのみ、これらの例では、武道の技術を戦うなど、物理的な力を、使用する権利を持っています。
2。 物理的な力が適用されます。
犯罪を防ぐために1)。
犯罪者の勾留の2)。
税関職員の法的要件への反対を克服するための3)。
税関管理の点で構内へのアクセス、領土、税関管理下の製品、および(または)物品を防止するための4)。

28を§。 税関職員による特別の手段の使用

1。 税関当局は、次の場合に特別な手段を使用する権利を持っています:
1)税関職員への攻撃を撃退。
2)は税関管理下に商品や車のため、ならびにそれらのキャプチャの場合には、これらのオブジェクトの解放のために、税関機関に属する、またはそれらによって使用される建物、構造物や車両への攻撃を撃退します。
3)、犯罪者を拘留または税関本体や内政の敷地内にそれらを提供する場合、これらの犯罪者反抗や抵抗、あるいは他人や自分自身に害を引き起こす可能性があります。
税関公式物理的な抵抗によって発揮4)抑制、
5は)の運転者が税関管理区域に滞在する税関職員の要求を遵守するために失敗し、車両を停止します。
2。 彼らが武装抵抗性を示す場合を除いて、妊娠の兆候、障害者や未成年者の明らかな兆候のある人、と女性に対する特別な手段を使用し、税関管理下で輸送の人間の生命と健康、商品の安全性と手段を脅かすグループや他の攻撃をコミットすることは禁止されています。
3。 政府によって決定税関当局によって使用される特殊な手段のリスト。

29を§。 犬を作業税関職員を使用します

1。 税関当局は、次の場合に介助犬を使用する権利を持っています:
1)を検索し、麻薬の検出、爆発物、武器、弾薬、その他の物品ロシアに密輸し、ロシア連邦からエクスポートし、税関管理中に個々の臭いを持っています。
2)を検索し、麻薬、爆発物、武器、弾薬および個々の臭気調査のアクションを提供し、作動可能に探索行動の実施、他の項目の検出;
生産ノウハウodorologicheskih 3)。
4)検索と彼の個々の臭気の男を発見。
税関インフラストラクチャの保護の5)。
2。 、生命、健康、名誉と人間の尊厳に対する脅威の例で介助犬を使用する目的のサービス犬を準拠していないアクションを実行するだけでなく、彼女の健康、生命や健康に被害を助長する条件の下ではありません。
3。 税関管理、トレーニング、およびコンテンツ中の犬の使用のための手順は、RF政府によって決定されます。
警告! 税関管理、の232からRF政令番号31.03.2011で彼らの訓練とメンテナンスを参照してください。中の犬の利用規約

30を§。 税関職員によって兵器の使用

1。 自己防衛の状態で、または極端な必要性の場合には、税関職員は、武器を使用するか、手で任意の手段を使用する権利を有するものとします。
2。 公務の性能の税関当局は、次の場合に武器を使用する権利を有するものとします。
1)攻撃は、他の方法と手段に反映させることができない場合は、その生命や健康が即時危険にさらされたときに、税関職員への攻撃を撃退。
2)アプローチに、税関当局により拘留者への試みなど、税関職員、兵器を入手しようとする試みの抑制、公式の距離指定の習慣を減らす、または前記公式の腕に触れながら、
3)も同様に、そのような商品や乗り物があるサイトで、税関管理下の財や自動車用、税関機関に属しているか、それらによって使用される、建物、構造物、空気、水容器または車上のグループや武力攻撃を撃退しますまた、武装発作の場合には、これらのオブジェクト、容器、商品や車の解放のために、
4は)人(複数可)、武装抵抗と武器を放棄する法的要件を実行することを拒否武装した男たち(人)を逮捕します。
5)は、彼らが生活や税関職員の健康への本当の危険をもたらす場合には、それらを損傷することにより、道路や鉄道車両、船舶、航空機を停止、またはショットを警告した後に停止するようにその繰り返しの命令に従うしません。
6)税関職員の生命と健康を脅かす動物の中和;
武器、アラームを使用したり、助けを呼ぶの意思の7)警告。
3。 武器を使用することは禁止されています。
場合を除いて、妊娠の兆候を持つ女性との関係で1)、障害者や未成年者の明らかな兆候のある人、年齢は明白または税関当局の従業員に知られている、彼らは武力抵抗を示し、人々の生活を脅かし、武力またはグループの攻撃をコミット。
それは権限のない人によって影響を受ける可能性がある重要な群衆、と2)。
4。 すべてのケースでは、武器の使用は、税関職員は、直ちに兵器の使用後24時間以内に検察官に通知する書面で税関当局の頭、に報告しなければなりません。
5。 政府によって決定税関当局が使用する武器や弾薬のリスト、。
6。 彼は現在の状況で一部2この記事で定められ、その使用の根拠となり得ると考えている場合は、税関当局の関係者は、準備に武器を持ってする権利を有します。
4を§。 税関当局の動作をサポート

31を§。 税関の物流活動
ロシア連邦の法律によって提供される連邦予算やその他のソースを犠牲に税関の物流活動。

32を§。 税関当局のオブジェクトの配置

1。 連邦政府の所有権の下の土地に位置する税関当局のオブジェクト。 永久(無制限)のために提供税関の割り当てのために意図された土地は、ロシア連邦の土地の法律に従って使用しています。
2。 本連邦法の条2 14にいう習慣や団体のサイトで税関ポストの構造単位の配置の場合には、これらの組織は、RF政府により設立の場合を除き、無償使用のための契約に基づいて税関当局に必要な設備を収容するために提供します。 これらの前提の材料と技術的根拠は連邦予算を犠牲にして行われます。

33を§。 税関当局の活動に関する情報の保護

1。 作動可能に検索活動の組織、戦術、方法と手段の税関機関の担当者に関する情報を含む文書および材料がロシアの法律に従って税関のアーカイブに保管されなければなりません。
2。 ロシア連邦の法律に従って機密解除歴史的、科学的価値の通関体の材料のアーカイブは、ロシア連邦政府のアーカイブに寄託するロシア連邦の法律で定める方法により、アーカイブの分野で連邦執行機関を承認しました。
3。 税関への状態、銀行、税務秘密と制限されたアクセスの保護は、ロシアの法律に基づいて提供されます。

34を§。 税関当局の機関と国家ユニタリ企業

1。 税関の分野で承認連邦執行機関は、活動に貢献する科学研究機関、高等さらに教育、保健医療、出版物、情報、およびコンピューティングセンターや他の機関の教育機関、ならびに状態ユニタリエンタープライズ、担当していますタスクは、税関当局に委託します。
2。 ロシア連邦の反トラスト法およびその他の法律の要件に従わなければならない、この条のサブセクション1で指定された機関と国家ユニタリ企業の機能を識別します。

35を§。 税関の通関機関や団体の財産
プロパティおよび税関当局は、本明細書の機関と国家ユニタリ企業が連邦政府の所有している記事1 34部分で言及しました。 言った財産の処分は、ロシアの法律に従わなければなりません。

章3。 税関機関とその職員の意思決定、行動(不作為)に対する控訴

(通関事務の分野での意思決定と行動に対する苦情のため。ガイドライン(不作為)を参照してください)

36を§。 上訴する権利

1。 何人も、通関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)を上訴する権利を持っている、そのような決定、アクション(不作為)が、この人物によると、彼の権利、自由または正当な利益を侵害した場合、彼はその実現への障害を作成し、または不法に課しそれが現在の債務です。
2。 意思決定に対して上訴する権利の放棄は、税関体またはその公式の行為(不作為)は無効でなければなりません。

37を§。 アピールのため

1。 決定に対する苦情の税関当局に送ら提出、対価と解像度の順序は、税関機関や税関の分野での職員の行為(不作為)は、この章で定義されています。 この章で定義されている手順は、行政犯罪の例の税関機関またはその職員の意思決定だけでなく、他の意思決定、上訴のための特別な手続きに関して、税関機関またはその職員の行為(不作為)に対する控訴の場合には、適用しません。
2。 税関機関またはその職員の決定、行動(不作為)が、裁判所に仲裁廷を税関当局に訴え、および(または)することができます。 税関に通関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する訴状を提出することは、裁判所、仲裁廷に似たコンテンツの同時またはその後の苦情の可能性を排除しませんでした。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、税関当局と裁判所に提出し、仲裁廷は、仲裁裁判所、裁判所によって考慮されなければなりません。
3。 提出、検討と裁判所や仲裁裁判所に提出された苦情の解像度の順序は、仲裁裁判所での訴訟手続に関するロシア連邦とロシア連邦の民事訴訟法の立法によって決まります。

38を§。 決定に対する苦情を提出するための手順、税関体またはその公式のアクション(不作為)

1。 優れた税関当局に提出し、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情、。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、優れた税関当局とし、控訴しているか、公式の税関当局の決定、アクション(不作為)によって直接提出することができます。
2。 税関当局の決定、アクション(不作為)がまたは訴状を提出した公式の、支援材料と一緒に、遅くとも5営業日以内にその受領した日から、優れた税関当局に転送します。 税関体またはその公式の決定に対する苦情を受けた税関当局、アクション(不作為)が、それを検討する能力がない場合には、彼は、遅くとも5営業日よりそれは、この条に基づいて考慮すべき税関当局が、それを送信しない必要があります、原告への書き込みで通知しています。
3。 通関業務の分野で承認連邦執行機関の決定、アクション(不作為)に対する訴状は、この体で提供しています。

39を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴中の人のパワーズ。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の代表者の参加

1。 ロシア連邦の民事法律に従って動作するその体を介して、税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴に関与する組織。
2。 自分が選んだの別の担当者にアピールに対してアクションを取るように充電することができる親、養親、保護者または受託者、 - 税関体またはその法定代理人の公式行為の意思決定、行動(不作為)に対する控訴における権利とできない、または部分的に可能な市民の正当な利益を守るために。
3。 決定に対する上訴における清算機関を代表して、税関体またはその公式の行為の行為(不作為)が清算委員会の代表を承認しました。
4。 決定に対する上訴の個々の起業家を含め、市民、および団体の代表者は、税関体またはその公式の行為(不作為)が法的援助を提供する弁護士や他の人をすることができます。
5。 連邦法、その他の規範的法的行為または構成の文書、彼らの公式の立場を証明する書類をサポートするだけでなく、構成およびその他のドキュメントが提供する権限内の組織のために行動する機関の長の権限。 彼らの地位と権限を証明する書類を支えるの法定代理人の権限。 委任状は、連邦法に基づいて認定されなければなりません。 他のメンバーの力が発行した委任状で決定し、この記事の6部分に従って実行され、場合によっては、ロシア連邦、国際条約や連邦法で定める - 他のドキュメントに。
6。 組織に代わって委任状は、その頭が署名し、又はそうでなければ顔と刻印組織の構成文書によって承認されなければなりません。 市民に代わって委任状は、公証またはその他の連邦法によって確立することができます。 それらに代わって委任状は、個々の起業家連邦法によって署名され、彼の捺印、または公証することができ、あるいは他の方法で確立されなければなりません。
7。 代表は、彼がファイリングを含むそれ以外の場合は弁護士や他の文書のパワーに定める場合を除き、関税本体またはその公式の意思決定、アクション(不作為)に対する訴状に署名、この章に定めるすべてのアクションを表し、人に代わって実行する権利を有します。 税関当局に苦情を提出するときは委任状は、税関の分野でのアクション(不作為)を決定に対して上訴する権利が含まれている必要があります。

40を§。 判決の控訴期限、税関体またはその公式の行為(不作為)
税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、3カ月以内に提出することができます。
人は知っていたか、その実装への障害を作成、彼の権利、自由または正当な利益の侵害については知られている必要があります日付、または義務の彼に違法賦課から1)。
税関体またはその正式決定や行動の承諾の期間の満了の日から2)は、行為が関税同盟の関税法令、慣習上のロシア連邦の法律行為や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為を設立しました。

41を§。 意思決定に対するアピールのための回復期間、通関体またはその公式の行為(不作為)

1。 あなたがアピールするための正当な理由のための期間を欠場する場合、税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する訴状を提出した者の請求により、この期間(以下、 - 申請者)管轄税関当局によって回収は、この苦情を検討します。
2。 アピールのための期間の更新は、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情を考慮に実際の受け入れで表現されています。

42を§。 フォームと税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の内容

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は書面で提出しなければならないと個人的に、彼の意見では、その権利ある人によって署名された違反、またはその代理人されなければなりません。 苦情が代理人によって提出された場合、苦情は彼の力を確認する書類を添付しなければなりません。 訴状に署名するためのユニークな手書きの署名を使用することは許可されていません。
2。 税関体またはその公式含まなければならないの決定、アクション(不作為)に対する苦情:
1)税関当局の名前、または位置、姓、彼の公式の名前と父称(既知の場合)、判断、行動(不作為)が不満されています。
2)姓、名、ミドルネーム(もしあれば)、または苦情を提出する者の氏名、居住地や場所の彼の場所。
3)が決定、アクション(不作為)を控訴しています。
3。 出願人は、この苦情に言及状況を確認する文書や情報を提出することはできません。 このような文書や情報の提出、このアプリケーションの検討に不可欠であり、これらの文書は、税関当局の決定に利用できない場合、または役員の行為(不作為)がこの苦情を考慮し、税関当局、上訴され、彼らは申請者から要求することができます。 この場合、税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の検討の項は、文書や情報の税関当局により要求された投稿が、要求の日からせいぜい三ヶ月まで中断されなければなりません。 文書や情報の税関当局によって非要求の場合には、控訴の意思決定を考慮に文書や情報そのうちサポートで引数を取ることなく取られます。

43を§。 決定、税関体またはその公式の作用に対して訴状を提出の結果

1。 決定に対する苦情を提出し、税関当局又はその役員の行動は控訴の決定、アクションの実行を中断してはなりません。
2。 争わ決定は、アクションは関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律に準拠していないだけでなく、意思決定の執行を停止しない場合、アクションは不可逆的、または申請者、税関当局に重大な害をもたらす可能性があり得ることを信じる十分な理由がある場合上訴を考慮し、全体的または部分的に争わ決定、本案判決前のアクションの実行を停止する権利を持っています。

44を§。 本案税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する控訴を検討する拒否の根拠

1。 税関当局は、次の場合に、実質的にしなければならない税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を検討することを拒否しなければなりません。
1)を満たさない期限は、上訴人は、上訴の期間回復のためには適用されないか、アピールのために逃した用語の回復の申請は却下されている場合は、
本契約の部品2と1 2条に定める要件を満たしていない場合は42)。
人はすでに裁判所に同じコンテンツや裁判所、それによって作られた対価や意思決定のための仲裁裁判所によって認められた苦情に苦情を申し立てた場合3)。
4)苦情の対象は、税関当局ではありません税関当局、または職権でない身体の決定、アクション(不作為)であれば、
5)苦情は、その権限本契約の条39に規定の方法で確認されていない人によって出願されている場合は、
6)苦情は人、控訴決定、アクション(不作為)が影響を受けていない権利、自由または正当な利益が提出されている場合は、
7)苦情の対象は、税関本体またはその公式の行為(文書)、ない通関事務の分野でのソリューションである場合。
同じ出願人の尊重と苦情の同じ主題についての同じ税関当局によって本明細書の条8に従って下された決定がある場合48);
9)魅力のない被写体が存在しない場合、つまり、税関当局による決定や彼のコミットアクション(不作為)の事実が確認されませんでした。
2。 決定は、それ以外の場合は、この連邦法によって提供されない限り、苦情の受領後5営業日必着で取られるべきではない本案税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する控訴を検討することを拒否します。
3。 段落で3、8この記事の9一部1規定する場合には、決定に対する上訴を考慮しないという決定は、本案税関当局又はその役員の行為(不作為)が税関当局の受領から遅くとも5営業日以上取られるべきではありません、苦情、裁判所の判決を考慮し、仲裁裁判所は、任意の判断や苦情の検討を防止根拠の存在を証明する他の文書を考慮に同様の内容の苦情を受け入れます。
4。 決定に対する上訴を検討することを拒否するための税関当局の決定は、本案税関当局又はその役員の行為(不作為)は、優れた税関当局や裁判所に仲裁廷に不服申立てをすることができます。

45を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)のレビューアピール

1。 決定に対する訴状を提出した者、税関当局又はその役員の行為(不作為)が苦情に関する決定前にいつでも撤回することができます。
2。 同じ問題に繰り返し苦情が本契約の条40に設立された制限時間内に提出することができます。

46を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を考慮税関当局

1。 優れた税関当局によって考慮税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情。
2。 優れた税関当局に代わって彼によって認可税関または税関公式の頭の苦情に関する決定を行います。 争わ決定を取った公式によって作製されない場合があります税関のフィールド、または正式に認可連邦執行機関の決定、アクション(不作為)に対する訴状を考慮すると、公式の関係で争わアクション(不作為)、または下流を犯し顔。

47を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の対価の規約

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、この苦情を検討する管轄税関当局への申請書を受け取った日から1ヶ月以内に税関当局によって考慮されなければなりません。
2。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を考慮税関当局は、この記事の一部を1に苦情の対価の用語を、これを拡張する必要があると認めるときは、この期間は、それは、税関または税関職員のヘッドによって延長することができます認可ではなく、一ヶ月以上、延長の理由を指定して、書面で、苦情を提出した者によって報告されました。

48を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定は、関税の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で書面で認められました。 この決定は含まれていなければならない。(数2613 27.12.2010からロシアのFCSの順に形を参照してください。)
税関当局の1)名前は、苦情を検討し、
2)意思決定の数。
決定の3)日時及び場所。
4)の位置、名称および苦情に対する決定をした税関職員のイニシャルは、文書の詳細は、税関当局)のチーフを除いて(苦情を検討するために彼の権威を確認しました。
5)姓と頭文字または訴状を提出した人の名前。
6)が決定、税関に関する情報(公式人)、意思決定、アクション(不作為)上告されるなどの行為(不作為)を、上訴されています。
7)メリットの概要;
8)引数と苦情に関する決定の理由は、
9)が苦情に関する決定を採択しました。
苦情の決定をアピールするための手順の10)情報。
2。 上訴に関する決定は、この決定をした税関職員によって署名されなければなりません。
3。 税関当局のか、税関職員の判断、行動(不作為)に対する訴状を検討することにより:
1は)として合法的争わ決定、税関体またはその公式のアクション(不作為)を認識し、魅力を否定します。
2)は、全体的または部分的に、税関体またはその公式の違法行為は、決定を訴え、アクション(不作為)を認め、全部又は一部の決定の苦情を取ります。
4。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の満足度の場合には、税関当局全部または一部:
1)が完全にまたは部分的に関税体によって受け入れまたはその正式決定は控訴キャンセル。
2)は通関体の受け入れをキャンセルするか、その公式決定は上訴し、税関当局を義務づけるか、その役員は、関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法令に基づいて新たな決定をしなければならないか、独立して、その採用は能力内であれば、そのような決定を行います税関当局は、苦情を検討し、
3)税関体またはその公式の不正の行為(不作為)を認識し、違反を解消するために取るべき措置を決定し、単独でそれらは税関当局の能力の範囲内でコミットされた場合は、必要なアクションを実行し、苦情を考えは、このような対策の場合と(または)アクションは前に(コミット)取られていませんでした。
5。 領収書の10営業日中に不正行為を認めたアクション(不作為)がまたは公式の決定に対する苦情の税関当局の決定を実施するためのアクション、税関体またはその公式のアクション(不作為)が税関当局の決定によらなければなりません、決定は、その履行の期限を設定する場合は、この身体へのアピールに決定。
6。 税関職員は、それがこの役員をもたらすための措置をとること有罪非パフォーマンスや彼の公務に割り当てられた税関職員の不適切なパフォーマンスの兆候を検出した場合には、税関当局に代わって、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を検討します確立された手順に従って懲戒処分。
7。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の結果として下された決定のコピーは、本契約の条47に設定された時間制限内に言った訴状を提出した人に送られました。
8。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定は、優れた税関当局や裁判所、仲裁廷に控訴することができます。

49を§。 税関職員の意思決定、行動(不作為)に対するアピールするための手順を簡略化し

1。 簡略化された手順は、税関職員や税関のアクション(不作為)は商品のロシア連邦、1,5百万ルーブルおよび(または)車両を超えないそのうちの値からの輸出をロシアへの輸入に関連して投稿すると(または)、決定を上訴することができます(車両の組み合わせ)。
2。 公式の税関または税関ポストの意思決定、行動(不作為)に対してアピー​​ルするための簡略化手順が高い公式への経口苦情に優れた人物で、それぞれ、習慣や風習があり、習慣の頭の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の場合、投稿は投稿 - 税関の責任者に、税関ポストとなっている領域に形成されています。
3。 判決の上訴を考慮することは、簡略化された手順の下で税関職員の行為(不作為)が遅滞なく行われ、それに関する決定はなく、後に3時間以上、その出願時から、すぐに取られています。
4。 税関職員の意思決定、アクション(不作為)に対する訴状を提出した者、税関職員、上記のアプリケーションを考慮の要請単純化された手順へのアピールに苦情を検討するための情報を含むも​​のとされ、単純化された手順の下に苦情の審査上に描かれています税関職員、訴状を提出した者、苦情の概要、引数、および意思決定や判断理由。 決定に対する控訴を検討するために拒否した場合には、この法律に単純化された方法で税関職員の行為(不作為)は、このような拒絶理由を記載しなければなりません。 行為のフォームは、関税の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 決定に対する苦情に関する法律単純化された手続きの下で税関職員の行為(不作為)が控訴を考慮し、税関当局によって署名され、苦情に対処してきた者でなければなりません。 意思決定への苦情のコピー、訴状を提出した者に与えられた簡素化手続きの下で税関職員の行為(不作為)。 (フォームを参照。2613から順FCS№27.12.2010で)
5。 判決の上訴を考慮し、簡素化手続きの下で税関職員とアクションの採用の行為(不作為)が一般的な方法で、税関体またはその公式のアクション(不作為)を決定に対する苦情を提出するための障害ではありません。
6。 簡略化された手順の下で税関職員の判断、行動(不作為)に対する苦情に関する法律は、より高い税関当局や裁判所、仲裁廷に一般的な方法で不服申立てをすることができます。

章4。 情報・相談

50を§。 決定の理由についての情報を取得する、アクション(または不作為)

1。 税関体またはその正式決定または確定アクションの面で人と行動の履行への決定や、被写体を所定の期間内になされていないされていない人の尊敬する人は、原因に関する税関当局にとの要求する権利を有します非受理の決定もしくは行為の不作為のためのいずれかの理由の意思決定や行動の理由、それは直接かつ個別に言っ者の権利と合法的権益に影響を与える場合。
2。 要求は、アクション(不作為)、またはそれらの受諾またはコミットメントのか、人が意思決定やアクション(不作為)を意識するようになりました日から有効期限を犯し、決定の日から6ヶ月以内に提出しなければなりません。
3。 当事者は口頭および書面で必要な情報を提供するように要求することができます。 経口要求は、要求の受領の日に税関当局によって考慮されなければなりません。 書面による要求を送信する際の要求を受領した日から10日以内に書面で回答する必要があります。

51を§。 習慣上や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為の関税同盟の関税法令、ロシア連邦の法律行為についての情報

1。 税関業務およびその他の税関機関の分野で承認連邦執行機関は、関税同盟、慣習上、ロシアの他の法的行為のロシア連邦法の関税法の既存の行為についての情報への情報技術の使用を含む無料の無料アクセスを提供しなければなりません税関の分野で連盟。
2。 税関当局は、税関とロシア連邦の他の法令関税の分野で働きにロシア連邦の立法の準備行為に関する情報へのアクセスを提供するだけでなく、まだ関税同盟、習慣や法律上の他のロシア連邦の法律の関税法の行為に力の変化を締結してはなりません準備行為の事前通知が証明防ぐことができます場合を除き、税関業務の分野におけるロシアの行為、 デニアの習慣を制御、またはその有効性を減らします。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関は、彼らの公式それらによって採用された法的行為の出版物だけでなく、関税同盟の関税法令、慣習や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為にロシア連邦の法律の行為に公表を確保します。

52を§。 税関当局の能力の範囲内税関事項及びその他の事項に関するアドバイス

1。 税関当局は、これらの機関の能力の範囲内で税関事項について利害関係者に相談しなければなりません。 税関職員を任命しなければならない税関当局(その代理)の頭部が協議を行うことを承認しました。
2。 税関当局の助言は無償、口頭および書面の形で行われます。 利害関係人の書面による要求に応じて、税関当局は、できるだけ早く書面で情報を提供するが、要求を受領した日から遅くとも1ヶ月する義務があります。
3。 協議ではなく、財の尊重と(または)車の税関業務の実施の税関当局による決定や(中略)行動のための基礎の間に利害関係者から提供された情報。
4。 要求された情報が失われるアドバイスを適用人を得、後期または作り話フォームを提供されている場合には、補償はロシアの法律に従って行われます。
5。 税関当局は損失が彼らの行為が許可していない者によってレンダリング非修飾協議の結果として引き起こされるだけでなく、ために、自分の知識や制御なしに公開、この連邦法のサブセクション3の記事51で指定された機能するテキスト歪みの結果として生じた損失について一切責任を負いません。
6。 税関当局による情報や相談の組織のための手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって定義されます。
53を§。 税関非営利ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動を行う者の団体だけでなく、習慣の分野で動作し、これらの分野における国家政策の形成と実施への参加
1。 ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出だけでなく関税の分野で動作するものなどへの商品の輸入に関連する活動を行う者の社会的に重要な利益を調和させるためには、関税の分野で承認連邦執行機関は、非営利団体を誘致します税関の分野で国家政策の形成と実施に参加するような人を組み合わせます。
2。 ロシア連邦およびロシア連邦税関の分野で活動を行って(または)者からの輸出への商品の輸入に関連する活動を行う者の習慣非営利組織の分野での形成と国家政策の実施への参加は、中で行うことができます次の形式:
1)税関の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為のプロジェクトの開発に参加し、関税同盟の関税立法;
2)は、ロシア連邦の領土で、いくつかの産業を含め、外国の経済活動の、金融、経済、社会、その他の指標の分析に参加します。
3)税関行政措置の有効性の評価に参加します。
4)税関の改善にロシア連邦提案の公共機関のための準備。
現在の連邦法、その他の連邦法とに応じて、ロシア連邦の他の規範的法的行為で定められた他の5)は、このような参加を形成します。
3。 関税の分野で認可連邦執行機関のドラフト規範的法的行為、ロシアへの物資の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出、その宣言とリリースに関連する税関業務の手順や技術委員会の確立の開発では、許可された経済事業者の活動の条件を決定そして、税関業務の分野で動作する他のエンティティは、政府との協議開催はRossiysを決定しました 関税の分野で動作しているものと同様、ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出への商品の輸入に関連する活動を行う人々を結びつけるコイ連盟全ロシアの非営利団体。 これらの団体と協議し、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって確立されたこれらの協議を行うための手順。

章5。 税関の分野での活動

§1。 一般規定

54を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタ内の法人を含めます
1。 記事13、19に定める条件に従う習慣の分野で活動を行う者のレジスタの法人のインクルージョン、24、29、関税同盟の税関コードの34と、それに応じて、61の記事、67、70、76、82本願。
2。 税関の分野で活動を行う者のレジスタのうちの1つに含まれるように、法律上の人が記事によって確立されたリストによると、現在の連邦法が必要とする情報を含む書面で税関当局に文を適用し、そのような情報を確認する書類を提出62 、68、72、77、本契約83。
3。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるため、税関倉庫の所有者のレジスタと免税店実体のレジスタは、一時保管倉庫として使用するため、それぞれ、意図されている各領土別々の前提および(または)各領土別々のオープンエリア、用に別のアプリケーションがあり、税関倉庫や販売エリア免税店。
4。 この記事のパラグラフ2と3で言及した文書には、文書や公証を発行する権限のある当局によって、それらを提出する人によって認定原本またはコピーの形で申請者が提出することができます。 それらを提出する人によって認定書類のコピーを提出する際、必要に応じて、税関当局は、これらの彼らのオリジナルとの文書、およびそのような文書のその後の原稿のコピーがそれを提出する人を返されなければならないことを検証しなければなりません。 税関当局の登録に含めるためのアプリケーションが完了すると、彼の要求に応じて申請者に提出された書類の原本を返却する義務があります。 関税や税金の税関当局に確認書類を元に提出しなければなりません。
5。 関税や税金の税関当局を確認する文書は、他の条件の遵守に関する予備的決定を行う税関本体の通知の日から30日以内に申請者が提出することができる対応するレジスタ内の法人を含みます。
6。 税関当局は、この条のサブセクション30と7で指定された場合を除き、その受領の日から10日を超えない範囲内においてレジスタに含めるためのアプリケーションを検討し、人物の関連レジスタの法人を含むように包含または拒否の決定を講じなければなりません税関の分野で動作します。
7。 出願人は、一緒にレジスタに含めるためのアプリケーションとその他の条件に従う、関税と税金の支払いの税関当局の許可を確認する書類を提示していなかった場合は、関税同盟と現在の連邦法の税関法律により設立され、対応するレジスタ内の法人を含み、税関当局は、これらの条件で仮決定を行うものとし、サブセクションで指定された期間内に申請者に通知するものと6 この記事。 この場合、税関は関税や税金の支払いのための適切なセキュリティを提供することを確認する書類の申請者の税関当局の提出後遅くとも10日より、関連するレジスタに法人を含めることについての決定を取らなければなりません。
8。 一時保管倉庫、保税倉庫や免税店の建物や地域この連邦法、施設の税関検査および(または)地域を行う税関当局に応じて設定要件と条件をとして宣言の遵守を確認するために。
9。 提示実体文書はそれらの製造および発行するための手順について、ロシアの法律に準拠していない場合は、矛盾したり判読できない情報が含まれているか、提出書類が関係している、レジスタに含めるためのアプリケーションを考慮しなければならない税関当局が第三者から要求する権利があるものとまた、公的機関による文書は情報指定されたエンティティを確認しました。 言った人や公的機関は、要求された書類を提出するための要求を受領した日から10日以内に義務付けられています。
10。 この記事の9の一部を提供した場合には、レジスタに含めるためのアプリケーションの対価の用語は、方向と要求された文書の提示職員を要求する税関当局に必要な時間だけ増加させます。 レジスタに含めるためのアプリケーションの対価の合計期間は、そのような宣言を受領した日から40日を超えることはできません。
11。 税関業務の分野で活動を行った人の関連するレジスタ内の法人を含めることは、書面で税関当局の決定を発行して、このようなレジスタに含めることの証明書を発行することにより確認し、税関キャリアのレジスタに含めるため - 税関キャリアの状況、法的の頭を確認した書類の発行エンティティまたは3つのスレーブ内の署名または他の方法で、事実と受領日に対する法人の他の代理人、 そのような決定の日からochih日。 この証明書は、税関当局またはその代理と刻印の頭部によって署名されています。
12。 税関当局は、関税同盟と現在の税関コードで定められたレジストリに含めるの条件の不遵守の場合には、この記事のサブセクション6で指定された期間を超えない範囲内において、関税の分野で活動を行う者の当該レジスタに含める拒否の決定を取らなければなりません連邦法および(または)段落2 3と、この記事に定める書類の非提出。 この記事5部分によって確立された期間における関税当局と税の関税の非証拠書類で、10日以内に税関当局は、関連するレジスタに含めることを拒否することを決定します。 関税の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めることを拒絶する決定は、そのような決定の日から遅くとも3営業日より書面で管理者または法人の他の正式な代表者に通知するものとします。
13。 税関関税の分野で活動を行った人のレジスタに法人を含めるための行動の当局、データ・レジスタからの排除、これらのレジストリを修正、これらの人々の活動の中断と再開のほか、税関代表のレジスタに含めることの証明書の形式のため、一時保管倉庫の所有者の登録、税関倉庫の所有者の登録、免税店の所有者の登録、認可、経済オペレーターのレジスタ Sとどのようにそれらを埋めるためには、関税の分野で認可連邦執行機関によって定義されています。 関税同盟の委員会の決定によって確立された関税同盟の税関コードの条4 18の段落に従い、通関キャリアの状態を確認する文書の形式、。
警告! の2355 18.11.2011番号からロシアのFCSの順序によって承認された一時保管倉庫の所有者の登録を維持するために、公共サービスの提供のための連邦税関の行政法規、
免税店の登録への参入の証明書のフォームが表示されます。の186 01.02.2011番号からロシアのFCSのために
14。 税関の分野で活動を行う者のレジスタに含めるための用途を考慮し、前記レジスタ内の人物の包含、無償のために。

55を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含めるための要求に示さデータを変更
1。 本契約の習慣のフィールドまたは添付文書に活動を行った人のレジスタに含めるためのアプリケーションで指定された段落2と3記事54にするために提供される情報の変更の場合には、法人が実施者のレジスタの1つに含まれ関税の分野での活動は、(法人の変換の際に彼の後継者)イベントの発生の日から5営業日以内に、これらの変更の書き込みで税関当局に通知する義務があります それは、関連情報の変化が生じ、または日付から人は、その発生を知った、と確認されている情報の変更や変更の書類を提出するとき。
2。 一部15このセクションの情報を受領した日の翌日から1営業日内の税関当局は、関税の分野で活動を行った人の関連レジスタの法人の包含のために設立され、新たに指定されたデータの条件は、作ることを決定したことを確認してください言っレジスタの変化や、あなたが対応するレジスタ内の人物を含めることで、証明書で指定する内容を変更した場合(文書は、税関perevozchiの状況を確認 KA)、当該レジスタ(通関キャリアの状態を確認する文書)に含めるの新しい証明書を発行しなければなりません。
3。 この記事の文書に従い表示して税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めるために法人から提出された書類のパッケージに添付しなければなりません。

56を§。 税関の分野で活動を行う者として、法人の活動の停止と再開
1。 税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関の分野で活動を行う者の関連するレジスタに含まれている税関倉庫や免税店の所有者の所有者として、法人の活動は、次の場合に中止しなければなりません。
1)その活動を停止する法人の適用;
2)破産手続の彼に対して提起された場合の法人の適用;
3)裁判所または法人の活動を一時停止する決定の権限の本体と、
法人が当該レジスタに含まれている場合、ロシア連邦の法律に従った4)サスペンションは、特定の活動を実行するためのアクセス許可の行為、活動のこのタイプのみを運びます。
2。 法律上の人は税関の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含まれ、税関当局は、関連するイベントの発生の日から3日以内に、この条のパラグラフ3と4 1部に呼ばイベントについて書面で通知する義務があります。
3。 段落で指定されたイベントの発生の日の翌日から吊り下げられたとして、税関の代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、免税店の所有者、習慣の分野で活動を行う者の当該レジスタに含まれているとして、法人の活動を考える3そして、4 1この記事の一部。 この記事の段落または段落1 2 1一部が提供する場合は、税関活動の分野で法人の活動は、法人の税関当局による申請の受領の日の翌日から吊るされなければならない段落ポイント1や、この記事の2 1部分に言及。
4。 保税地域で活動を行う者、通関業務、一時的な倉庫での商品の配置、保税倉庫のほか、免税店での商品の販売など法人の活動の停止の日から許可されていません。 一時的な記憶の倉庫の所有者として法人の停止の期間を1ヶ月を超える場合は、一時保管倉庫に格納されている商品は、このような活動の中止の日の翌日から2ヶ月以内に別の一時保管倉庫に自費で設置しなければなりません。
5。 税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者として、法人の活動は、免税店の所有者は、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに含まれ、それは状況の除去を確認する文書の法的者の日の翌日から再開しますそのような活動の停止を生じさせるこの記事では、一部の1で指定されました。

57を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタから法人を除きます。
1。 法人は記事14、20、25、30 35と関税同盟の税関コードで規定されている理由で、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから除外されなければなりません。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに組み込まれた法人の再編は、変換の形で、このレジスタから、このようなエンティティを除いた理由ではありません。
2。 関税の分野で活動を行った人の関連するレジスタから法人を除外するための決定は、税関当局の決定を書面でもレジストリで法人を含めることを決定し、決定がなされたの点で法人に税関当局により通知しなければならないものその採択の翌日、遅くとも日より、このような意思決定のための妥当な正当性を書いインチ この決定は、法人の先頭に引き渡さまたは領収書またはその他の事実と、この決定を受領した日を確認の下で法人の代表者が許可されています。 言った人がこの決定を受けて回避した場合、それは書留郵便で送られます。
3。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除外するための決定は、の場合に発効するものとします。
1)()2この部分に規定する場合を除き、税関の分野で活動を行う者の関連するレジスタの法人を含む関税同盟の条件の税関コードによって設立された非遵守、そのような決定の日から15日後。
2)条件の不遵守は、税関キャリアのレジスタ内の法人、そのような決定の日から1日後、関税同盟の税関コードのサブ記事2 19によって確立を含みます。
3)税関キャリアによる非遵守は、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、段落2記事20でそれぞれ指定された免税店の職務の所有者は、の終わりに、関税同盟の税関コードの2記事25をサブパラグラフ、2記事30をサブパラグラフ、2記事35をサブパラグラフそのような決定の日から15日。
4)書面で税関当局による宣言を受領した日の翌日のレジストリから削除する法人のアプリケーション。
4。 (法人の転換を除く)組織再編の結果として、その清算またはその活性の終了に関連して、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除くと、これらのイベントの発生の日から実施されます。 適切なレジストリを維持する責任税関当局は、今後のイベントについての情報を受信した後、このレジスタから法人の除外を記録しなければなりません。
5。 項に定める場合に1 - この記事、習慣の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めるために、次の文の3 3部は、当該レジスタから法人の排除を生じさせる原因の除去後に提出することができます。
6。 一時保管倉庫の所有者、税関倉庫や習慣キャリアの所有者は、個人が一時保管や保税倉庫で商品を入れて通知するか、輸送のため、税関管理の下で財を移転、ならびに対応するレジスタ内の法人を含めることで証明書を発行した税関当局する義務を負います村に1ヶ月でその活動を終了する意向の習慣のフィールド(通関キャリアの状態を確認する文書)で活動を行っ者、 にゃアプリケーションは、関連するレジスタから除外します。 この期間中、交通機関への一時的な倉庫や保税倉庫や通関管理の下で財を服用中の商品の配置は、許可されていません。
7。 税関の担当者は、それが宣言の提出の日前に15日税関の分野で活動を行った人の適切なレジスタからそれを除外するために、アプリケーションの税関業務を実行するのに代わって人に通知しなければなりません。 この期間中に申告またはその他の利害関係者との習慣の代表契約の締結が許可されていません。
8。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから除外した場合には、他の理由、税関トランスポーター、一時保管倉庫の所有者と税関倉庫の所有者のための税関の担当者は、彼らはすぐにサービスを提供する者に通知する義務はなく、されている遅くとも5日意思決定の税関機関による受理の日から当該レジスタから除外する。
9。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除くと、税関管理下での貨物の輸送や保管上の通関業務を完了するか、他のアクションを取ることを義務から彼(彼の後継者)を軽減しない、の手数料のための責任は、前に発生しました関税同盟の税関コードと現在の連邦法の定める手続に従い、当該レジスタから法人の除外。
10。 一時記憶し、税関倉庫の倉庫への商品の配置は、この記事サブセクション8で指定された期間を超えて許可されていません。
11。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから一時保管倉庫や税関倉庫の所有者の所有者を除外するための税関当局の決定の発効時には、一時保管倉庫や税関倉庫に格納されている商品は一時的な記憶や税関の倉庫の所有者を犠牲にして設置しなければなりません別の一時保管または前記決定の発効の日の翌日から2ヶ月以内に税関倉庫にそれぞれの倉庫。
12。 そのため製品のミッションケースを除いて、免税店の所有者のレジスタに免税店の所有者を除外することを決定の発効日の翌日から15日間異なる通関手続きの下に置くべき自由貿易の通関手続きの下に置か外国製品、他の免税店での実装。 この場合、税関の通関手続に応じて他の税関当局の領域に位置する免税店で商品の移動の場合と同様に、税関当局の監督下で行わ税関当局のいずれの領域に位置する別の免税店への商品の移動、トランジット。
13。 免税店の所有者のレジスタから免税店の所有者を除外するための決定の発効の日の翌日から、商品として関税目的でデューティみなすの通関体制下に置かれた商品は、一時的な記憶です。 免税店でこのような商品の販売だけでなく、他の商品の配置が許可されていません。
14。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人の除外の場合、関税と税金の支払いのリターン(終了)は、このようなレジスタは、本明細書の章16に従って行われるの彼含めてその人を提供しました。

58を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタを維持するための手順
1。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、税関の分野で活動を行う者のレジスタをリードしています。
2。 税関の分野で活動を行う者のレジスタは、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で電子フォーマットで維持され、その公式ウェブサイトに掲載されています。 (参照してください。数186 01.02.2011からロシアのFCSの順序)
3。 関税の分野で活動を行った人のレジスタ、これらのレジストリを修正、関税の分野で活動を行った人の関連するレジスタは、そのようなレジスタから法人の除外で法人を含めることに関する決定の税関当局に基づいて形成されている、のサスペンション税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、免税店の交渉の所有者として、法人の活動の再開 ovli。 関税の分野で活動を行う者のレジスタの電子フォームの変化は、意思決定の権限の習慣本体の日から3営業日以内にしなければなりません。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、定期的に、少なくとも月に一度を提供し、税関の分野で活動を行う者のレジスタの彼らの公式出版物で出版。

59を§。 税関の分野での活動に従事して記録管理および報告のエンティティ
1。 税関キャリアによってそれらの商品と会計製品および事業活動は、一時保管倉庫の所有者は、税関倉庫の所有者は、免税店の所有者は、会計上のロシアの法律規制の要件、税金とサービス料に関するロシア連邦の法律に従わなければなりません。
2。 本契約の条177に従って設立税関の分野での活動に従事してエンティティを報告するためのフォームと手順、。

2を§。 税関代表

60を§。 税関代表
1。 税関の代表は、税関の代表のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 ロシアからエクスポートまたはロシア連邦への輸入品に関しておよび(または) - 税関の代表は、関税同盟(対外経済活動の商品命名法以下)の外国貿易の単一商品命名法に従って商品の特定の種類の点で通関業務の活動の範囲を制限すること輸送の特定のモード、特定の税関業務の手数料、ならびに領域の枠内の活動の領域 税関当局(いくつかの税関当局)のSTI。
3。 declarantsおよびその他の利害関係者との関税同盟税関代表関係の税関コードの段落3 12の記事によると、契約に基づいています。 契約を宣言するためのサービスの提供に直接申告および通関代表との間で締結されています。
4。 彼は許可されていないサービスを提供したり、作業を実行する可能性がある場合、税関の担当者が税関代表としてだけでなく、そのような合意の実行は、この記事のパート2に従って通関業者によって定義された活動の範囲を越えて行くだろう場合を除き、契約を締結します申告またはその他の利害関係人の行動や不作為が違法と犯罪者や行政処罰であると信じる合理的な根拠があります 関税の分野で責任をivnuyu。 税関担当者は価格の面と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件で給付金の支給を除いて、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
5。 商品の宣言は、その支払いのために提供するための通関手続きの内容が定義されている場合、税関の担当者は、関税と税金を支払うことができ、契約の条項は、申告と通関代表との間で締結した場合、関税、通関業者の税金の支払いのために用意されています。
6。 商品を宣言し、(または)とき税関代表の問題は、申告者または他の人と連帯しなければならないにかかわらず申告と通関代表契約の条件の、関税の支払いの全額に関税を支払う義務を提出し、他の人がそれらを提出しました。

61を§。 契約条件は、税関の代表のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条13に設立された税関代表のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コード、結果として発生する可能性があり、保険者が財産の利益彼は苦しんだ(その民事責任の保険リスクに応じて、人に害を補償するための保険事故のそれぞれの発生時に同意し、その中の保険金額、のパラグラフ2の記事13に応じて、プロパティ表さ者またはこれらの事業体との契約の違反)へのダメージが少ないより20百万ルーブルではないかもしれません。
3。 追加の条件は、税関代表のレジスタの法人が含まれています。
申請者が記事1と63存在連邦に応じて設定資格要件の遵守を確認する文書をそれぞれ有する通関代表、一つ以上の労働者、として動作するように意図し、それを通して法人の別々の構造単位の状態で64)の存在法律(以下、 - 税関業務の専門家)。
2)企業は国営企業ではありません。
関税の分野における行政違反に対する行政責任の法人の繰り返し事実の3)不在(2および回以上)、提供16.1の記事、16.2、16.3、16.15、16.22とのための行政犯罪のコードの一部の3の記事16.23エンティティは、税関業務の分野における行政違反の場合には行政処分の対象となると考えられた記事を提供している期間、ことを提供 ウンマは250 000のルーブルとそれ以上に達し総額で過料を課しました。
4)500 000のルーブル以上の量の関税の支払いの支払いに関する債務が存在しません。
4。 税関代表のレジスタに含めることの証明書が含まれていなければなりません。
税関代表、その組織の法的形式及び位置の表示、納税者識別番号の1)名。
自分の名前や居住地を示す、段落2 1この記事の一部を指定された要件に対応する個別の構成単位の存在に3)情報。
3)対外経済活動の商品命名法に従って物品の特定の種類の点で税関業務の税関代表の範囲の制限に関する情報、またはロシア連邦への輸入品に関して、および(または)は、輸送の特定のモードにロシア連邦からエクスポート、ならびに特定の税関の手数料税関当局(いくつかの税関機関)のいずれかによって覆われた領域内での操作や活動の領域と、
4)証明書を発行する税関当局。
5)証明書とその番号の発行日。

62を§。 税関代表のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 含まなければならない税関代表のレジスタに含めるためのアプリケーション:
1)税関当局への申請者のアプリケーション税関代表のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形態、場所(住所およびその他の連絡先の詳細)、オープン銀行申請者の口座と同様に、申請者は上の税関代表として動作するように意図し、それを通して、その個別の構造部門のリストアプリケーションの提出、それらの位置を示すの日。
意図に3)情報は、対外経済活動の商品命名法に従って、または輸送の特定のモードにロシア連邦からエクスポートロシア連邦および(または)への輸入品に関して商品の特定の種類の点で税関業務の活動の範囲を制限するために、特定の税関業務の委託、同様に税関当局の1(いくつかの税関)によって覆われた領域内の活動の領域として、またはそのような制限なしで動作します。
4)法人(その別々の構造的なサブディビジョン)税関のトランザクションの状態にあるアプリケーションの提出日現在の情報。
5)関税同盟の税関コードのサブ記事3 13に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
6)申請者のリスクの民事責任の保険に関する合意(契約上のデータ)。
2。 宣言されたデータを確認する次の書類の税関代表のレジスタ内のエントリのアプリケーション:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
4)税関業務の専門家の資格証明書;
通関業務の専門家を雇う上5)注文、またはそれらとの囚人雇用契約。
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
8)申請者の民事責任の契約リスク保険。

63を§。 税関電測
1。 通関業務の専門家は、予選試験に合格し、その知識プログラムの認定資格試験の遵守を確認高等専門教育を持つ、ロシア連邦の市民であってもよいです。 物理的な人の指定された資格要件の遵守、税関業務の資格証明書を確認する文書。
2。 税関業務スペシャリストは、税関担当の従業員としての活動を行っています。

64を§。 資格要件の遵守のための認定
1。 税関業務(以下 - 認定)の資格証明書の申請者の資格要件の遵守のための認定は、資格試験の形で保持されています。 成功した資格試験に合格した者は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認されたフォームで税関業務の専門家の資格証明書を発行しました。 通関業務の専門家の資格証明書は、有効期間を制限しました。
警告! 通関業務の専門家のための資格試験の計画は、の2430 15.12.2010番号からロシアのFCSのために。を参照してください。
2。 税関当局による認証の手順は、文書のリストは、認証、資格審査プログラム、配信するための手順や習慣の分野で承認連邦執行機関によって決定能力の証明書を発行するための手順への入学のためのアプリケーションと一緒に提出します。 資格試験に合格すると同時にかかわらず、試験のための彼らの特別な準備の、本明細書の条63に設立された要件を満たしているすべての人に開かれています。
3。 通関業務スペシャリストは、税関業務の資格証明書の受領の翌年から始まる隔年必要とされ、専門能力開発の教育プログラムの最小含有量のための連邦政府の要件に従って状態認定教育機関での研修の教育プログラムの訓練を受けます連邦政府の幹部によって確立された通関業務、 当局は、税関の分野で認可連邦執行機関と連携して、教育の分野で公共政策や法的規制の機能を実行します。

65を§。 税関業務上の失効資格証明書の根拠と手続き
1。 次の場合に取り消された通関業務の専門家の資格証明書:
1)虚偽の書類を使用して税関業務の専門家の資格証明書の取得の事実を確立します。
右の剥奪によって処罰2)裁判所の判決の発効は、一定期間のための税関業務の専門家としての活動に従事します。
関税同盟の税関コードのポイント3 2の記事によって確立された通関業務要件の専門家16)障害;
4)時期間中、記事16.1、16.2、16.3、16.15、および行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政犯罪のための管理責任で通関業務の専門家を誘致するために)(2回以上繰り返します彼はこれらの記事によって提供行政犯罪の例で行政処分の対象となると考えられています。
5)本契約のサブセクション3 64の記事に規定する研修プログラムに関するトレーニングの完了の通関業務要件の専門家障害。
2。 税関当局によって承認執行関税の分野で認可パワーおよび(または)それらの連邦機関によって採択税関業務の資格証明書を失効することを決定。 体に税関業務の資格証明書を失効させる合理的な決定を述べました。 その発行の日から3日以内に行われた決定に関して人に送信された意思決定の写し。
3。 その資格章3の本契約に基づいて言った資格証明書を失効する決定を上訴する権利を取り消さ税関業務上の専門家の証明書人。
4。 その資格証明書税関業務の専門家の取り消された者は、資格証明書の申請の受領に再適用する権利がありません。
証明書が段落1と1 3この記事の一部で定める理由に取り消された場合は資格証明書を失効することを決定した後1年以内に1)。
資格証明書は、この記事のパラグラフ2 2部分によって提供さを理由に取り消された場合には、裁判所の法的効力を有する判決が提供する期間内に1)。
資格証明書は、段落に指定された理由に取り消された場合、人は、記事3、16.1、16.2、16.3、および行政犯罪のコードの16.15によって想定通関事務の分野における行政違反の例で行政処分の対象となると考えられている期間中の16.22)この記事の4 1部分。

3を§。 税関キャリア

66を§。 税関キャリア
1。 税関当局は、税関キャリアの登録のロシア法人が含まれます。
2。 荷主または転送エージェントに税関キャリアの関係は、契約に基づいて行います。 それが許可されていない貨物の輸送を行っても、税関のキャリアを持っている場合、税関キャリアの拒否は、荷主やフォワーダーの行為または不作為が違法であり、習慣の分野では、刑事、行政責任をもたらすことができると信じる合理的な理由がある場合を除き、契約を締結します。 税関のキャリアは、価格の面と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件で給付金の支給を除いて、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
3。 税関キャリアは、関税同盟の税関コードの条21に定める職務を行います。
4。 関税同盟の税関コードの2 20記事 - 関税同盟の税関コードのサブ記事1 3に従い、税関キャリアのレジスタからの習慣キャリアの除外の根拠は、サブパラグラフ21の義務の不遵守です。 このような責任の税関キャリアによる非遵守の証明には、人を例に行政処分を受けることと考えられている期間中、条16.1および(または)にするために行政犯罪のコードの1記事16.9の一部を提供し、税関の分野における行政違反の管理責任に自分の天職であります関税の分野における行政違反で、合計が課すことを提供し、言った記事を提供 集計を含むennyh過料は、この条250の段落で指定された場合を除き、000 5のルーブル以上に達しました。
5。 年度中に最後の行政犯罪に先行する場合は、税関通過の手続き上のトラフィックの量は、空気によって道路や4キャリッジによって000 300キャリッジを超え、または5 000キャリッジレールまたは100輸送操作で水の輸送は、総計で課せられた過料の額は800 000のルーブル以上でなければなりません。

67を§。 契約条件は、税関キャリアの登録法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条19に設立された税関キャリアのレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ7の記事19に応じて条件は、税関キャリアのレジスタの法的人は記事16.1、16.2によって想定通関事務の分野における行政犯罪のための管理責任に税関当局の日前に1年かけて誘致するための事実の欠如である含みます16.3、16.9、16.11、16.15と行政犯罪のコードの2と3部品の記事16.23。

68を§。 税関キャリアの登録に含めるためのアプリケーション
1。 税関キャリアの登録に含めるためのアプリケーションが含まれていなければなりません。
1税関税関キャリアのレジスタに含めるための要求に)アプリケーション。
名前に2)情報、組織的・法的形態、場所(住所およびその他の連絡先の詳細)、申請者の口座の開設。
3物品運送における申請者の活動の任期に関する)情報。
税関キャリアとしての活動の行使に申請者が使用する国際輸送の申請者の車の所有と使用中の4)情報(総数、税関シールと切手の下で物品の運送のために、これらの車両の承認の詳細)、を含みます、税関のシールと切手の下で物品の運送に適した車。
5)関税同盟の税関コードのサブ記事2 19に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
2。 税関キャリアの登録のエントリのためのアプリケーションは、貨物の輸送に活動するための許可証を添付する場合、適切な許可(ライセンス)に基づき、ロシア連邦の法律だけでなく、宣言したデータを証明する次の書類に基づいて、このような活動:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
所有権の権利と国際輸送の車両の申請者の使用を確認4)文書は、税関キャリアなどの活動を実施するのに使用されることを特徴とします。
税関のシールと切手の下で物品の運送のための車両の承認国際運送の5)証明書があれば、
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
税関での治療の日に少なくとも2年間は物品の運送中の申請者の活動を確認する物品の運送の8)契約、。

4を§。 一時保管倉庫の所有者

69を§。 一時保管倉庫の所有者
1。 一時保管倉庫の所有者は、一時的な倉庫の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 一時保管倉庫が開いても閉じていてもよいです。 彼らは任意の者による使用のために利用可能である場合、一時的な倉庫は、開放型倉庫です。 一時保管倉庫は、彼らは特別な保管条件を必要とする物品の保管倉庫や限られた循環および(または)を含む特定の製品の保管の所有者のために意図されている場合は倉庫が、閉じています。 一時保管倉庫の所有者は、一時的な倉庫の種類を識別することにより、その活動の範囲を制限する権利を有します。
3。 所有者の関係ストレージのための商品を置く者と一時保管倉庫は、契約に基づいて行われなければなりません。 契約締結からの一時保管倉庫の所有者は、そのような合意の実行は、活動の範囲を越えて行くこの記事のパート2に従い、一時保管倉庫の限定された所有者、または十分であった場合になりますしない限り、商品のストレージを実装する可能性は、許可されていない持っている場合ストレージで商品を置く人の作為または不作為が、違法と処罰の刑事または行政の責任であると信じる理由 習慣のフィールド。 一時保管倉庫の所有者は、価格と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件の面でメリットの提供を除き、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
4。 関税同盟の税関コードの条26に規定する一時保管倉庫の所有者が行動しなければなりません。
5。 関税同盟の税関コードのサブ記事2 25に従い、一時的な記憶の所有者が各号に定める不遵守義務のための一時的な記憶の倉庫の所有者の登録から除外1 - 関税同盟の税関コードの5、7と8 26記事。 に一時保管倉庫の所有者を引き付けるために、そのような義務の不遵守行政犯罪のコードの一部の1の記事16.9が提供する習慣の分野における行政違反の管理責任に一時保管倉庫の所有者を誘致するためのものであり、(または)を繰り返す(2回以上)の証明記事16.13、16.14、16.15、時間によって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任 styami 2と人が言った記事によって提供行政犯罪の場合は行政処分の対象となると考えられている期間中、行政犯罪のコードの3の記事16.23は、それらの項目に課せられた過料の合計は、セットに含むものとしますそれは500 000のルーブルとよりを達しました。

70を§。 契約条件は、一時記憶倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条24登録によって確立された一時保管倉庫の所有者で法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1点1の記事24によれば、条件は一時的な倉庫の所有者のレジスタの法的人は一時的な倉庫としての使用を意図施設および(または)オープンエリアの財産、経済管理、運用管理やレンタルの場所ですが含まストレージおよび本契約条71に設立された要件を満たします。
3。 保険者が財産の利益彼が引き起こした人に害を補うために、すべての保険事故の冒頭で合意した範囲内のサブセクション2ポイント1の記事関税同盟の税関コード、保険金額の24、(によると、発生する可能性が民事責任の保険の契約のリスクに応じて便利に基づいて算出した不法行為保管している他の者の商品、または他の者と保管契約の条件の他の違反)、 屋外の遊び場を使用する一時保管倉庫などの場合loschadi、および(または)有効体積、空間を使用する一時保管倉庫場合、およびに基づいて3 500の使用可能領域のそれぞれ完全および不完全平方メートルのためのルーブル及び(又は)の速度によって決定されます1 000は、便利なボリュームのそれぞれ完全および不完全立方メートルのためルーブル、未満2億ルーブルにすることはできません。
4。 要件が商品倉庫の所有者の記憶のためのクローズドタイプの一時保管倉庫の所有者に、この記事の3の一部を確立し、適用しません。
5。 関税同盟の税関コードのパラグラフ4点1の記事24によれば、条件は一時的な倉庫の所有者のレジスタの法的人が(2回以上)繰り返される事実の彼の欠如である含めるための管理責任に税関当局の日前に1年以上引き付けます税関の地域での犯罪は、行政犯罪の記事1 16.9、記事16.13、16.14、16.15、2と3部品の記事コードの16.23の一部を提供しました。
6。 追加の条件が一時記憶倉庫の所有者のレジスタの法人が本契約の条74に応じて関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
7。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれています:
1)一時保管倉庫、その組織及び法的形式や場所、納税者番号の所有者の名前。
一時保管倉庫の2)タイプ。
3)施設の場所と一時保管倉庫の(または)オープンエリアに関する情報。
敷地内の便利なボリュームのサイズおよび(または)オープンエリアの使用可能領域に関する4)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。

71を§。 一時保管倉庫の配置、設備と場所の要件
1。 施設および(または)一時保管倉庫としての使用を意図オープンエリア、財に関して権限を有するかどうかではない、権限のない人によるアクセス倉庫の(ではない従業員を防ぐため、商品の安全性を確保するような方法で設計され、装備されなければなりませんそのような権限を有する者の代表)、ならびにそれらの商品に関して税関管理を実施する機会を提供します。
2。 一時的な倉庫として使用することを意図K構内及び(又は)開放領域がぴったりと領土硬い表面(アスファルト、コンクリートまたは他のそのようなコーティング)を確保しなければならない車を含む貨物を輸送する駐車車両のために装備税関トランジットの通関手続きを完了するために必要な時間のために、ロシア連邦の領土を通じて物資を運びます。 この要件は、交差点に位置しているが、通関手続の税関通過に応じて商品を提供しないであろう一時保管倉庫として使用することを意図室及び(又は)オープンエリアには適用できません。 この領土は税関管理区域です。 商品の税関管理の下で輸送車は、いつでも言っ領土を入力することができます。
3。 税関通過の通関手続きを完了するために必要な時間のためにこの領土の記事2、その上にその存在の指定された部分で商品の税関管理下に運ぶ車両へのエントリのために、課金されることはありません。
4。 配置することで、一時的な記憶の倉庫の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
1輸送のモードに応じてアクセス道路の)可用性();
2)のみ不動産に属する地上の建物や構造物における開放型の一時保管倉庫のために意図された施設の位置、。
3)検査品に損傷を与えることなく、年の任意の時点で通関を行うことができるように財や自動車の税関検査のための設備の整った部屋の存在;
この記事サブセクション4で指定された領域を囲む2)フェンス。 一時記憶の倉庫の機能の技術的特徴は、指定された関税地域の決定により、エリアを囲むことが不可能または非現実的フェンスを作る場合は税関管理区域の指定のために所定の方法でマークすることができます。
それは一時的な保管倉庫として使用されている場合5)フェンシングや地形オープンエリアのマーキングは、()の一時保管倉庫にロシア連邦の税関国境から商品や車を移動するとき、トランスポートのモードに応じて、倉庫の特異性を与えられました。
一時保管倉庫の6)領土は、一時保管倉庫の動作に関連し、その動作を保証されていない項目が含まれてはなりません。
7)特別に言った倉庫に)他の商品への損傷を引き起こしたり、そのような物品の保管しようとする場合(特別な保管条件を必要とするかもしれ保管品のために適合一時保管倉庫と設備の整った客室の存在;
8)チェックポイントと一時保管倉庫の国境地域全体で商品や車の動きの制御を確保するための適切な手段が存在します。
核分裂性や放射性物質、税関当局は、技術的な規制やロシア連邦で適用される国内規格に準拠した優れた税関当局と協議して決定するのが必要と数と種類の税関管理の技術的手段を提供する9)。 放射線モニタリングのための技術的手段の種類、意思決定の彼らの必要性についての基準と数は、税関の分野で認可連邦執行機関を決定します。 (。街からロシアFCS番号707 05.04.2011の順序を参照してください)
10)X線セキュリティチェック装置、の必要性と優れた税関当局と協議して確立税関当局の量が存在します。 セキュリティチェックX線装置を入力し、その必要性と量についての決定を行うための基準は、税関業務の分野で承認連邦執行機関を決定します。 (ロシア番号707 05.04.2011のグラムのFCSの順序を参照してください)
パレット、パレット、一般に一時保管倉庫で保存されるべき物品を輸送するために使用される他のデバイスに、特に、一時的なストレージ上に配置されることを意図し、外部の計量の様々な機器を計量物を計量するための機会を提供する11)空;
12)会計製品の自動化システムの可用性税関当局による使用を許可されたソフトウェア製品との互換性。
13)、電話、ファックス、オフィス機器やコピー機の利用可能性;
14)一時記憶されている商品についての声明に含まれている電子情報の税関当局への送信の可能性を確保し、一時保管倉庫にある商品を解放するために税関当局から電子データを受信します。
15)荷役機械(フォークリフト、電動フォークリフト、電気、機械、トラック、クレーン、ホイストおよびその他の資材運搬機器の可用性)。
16)電子製品の流通および自動細胞製品のストレージ・システムを搭載した一時保管施設のための会計システム()の可用性、税関当局によって使用されるソフトウェア製品との互換性、および細胞内での商品の配置や位置を制御するための税関当局が可能になり、同様に検査を実施し、測定、変換、計量物倉庫の従業員およびこれらの操作の指定した日時に品物に関して権限を有する者。
17)オープンタイプの一時的な記憶は、ノードと輸送ルートを輸送するのに十分な近接して配置する必要があります。
18)一時的な記憶は、切れ目のない領土の周囲内に配置する必要があります。
19)一時的な記憶は、モバイル車両や輸送のすべてのタイプのモバイル機器上に配置することはできません。
5。 税関業務の分野で認可連邦執行機関は、チェックポイントでの一時保管倉庫の場所の場合、またはそれに近い場所で彼に配置、設備、一時保管倉庫の場所とその周辺地域のための追加および(または)その他の要件を確立する権利を有しますロシア連邦の州境、チェックポイントの専門知識、能力及び設備のもとに含めて、一時的に倉庫の下に領土 ストレージは、税関当局を開催します。
6。 配置や機器や閉鎖型倉庫の場所のための要件の通関体の意思決定によって格納された商品の仕様に基づいて、段落内の6、11、15この記事の18一部4呼ばれる以下の基準が確立された場合に使用することができない部分1この記事。

72を§。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれていなければなりません。
1)税関当局への申請者のアプリケーションの一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
密閉型の一時保管倉庫のための一時保管倉庫()の種類に3)情報。
4)敷地内にデータおよび(または)申請者の所持でオープンエリアや一時保管倉庫、それらの位置、配置、機器、材料や技術的な装置として使用するためのもの。
5)協定上のデータ(契約)申請者の民事責任のリスク保険。
6)関税と税金の支払いのための情報。
7)一時保管倉庫として使用するために設計された施設の有効容積とオープンエリアの(または)使用可能な領域のサイズに関する情報。
2。 一時保管倉庫の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認する2)文書;
3)税務当局と申請者の登録証明書。
一時保管倉庫としての使用を意図4)施設の所有権を確認する文書および(または)囲まれていないスペース。
一時保管倉庫としての使用を意図5)計画や図面施設のおよび(または)オープンエリア。
申請者の口座開設について銀行から6)確認。
7)申請者の民事責任の契約リスク保険。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認8)文書;
貴重なスペースおよび(または)オープンエリアに基づいて決定される9)設計文書、;
10)そのような文書の存在はロシア連邦(申請者が、このような決裁書類を必要とする物資を保管しようとする場合)の法律によって提供されている場合は、商品の特定のカテゴリのストレージを実施する申請者の権利を確認する文書を可能にします。
11)申請者から提出された他の文書は、その裁量で宣言された情報を確認しました。

73を§。 使用可能なボリュームおよび(または)一時保管倉庫の使用可能な領域
1。 有効体積および(または)一時保管倉庫の使用可能な領域は、領域の総量および(または)申請者が税関管理下で物品の保管のために利用しようとするオープンエリアの総面積、衛生疫学的サーベイランスの要件の対象、射撃統制およびその他のです状態制御(監督)、ロシア連邦法の種類。 有効体積および(または)一時的な記憶の倉庫の有効面積は、特に、カバーしていません。
X線セキュリティチェック装置(他のスクリーニング装置)の使用を含む、商品の計量のために任命されたところが通関のために意図1)場所;
2)関税同盟の税関コードの条145で指定された例で商品を格納するための場所。
3)技術通路(通路)と空間(エリア)倉庫技術機器によって占有。
2。 便利なボリュームおよび(または)一時保管倉庫の有効面積は、一時的な倉庫の所有者のレジスタに含めるために税関当局に提供される対応する決済ドキュメントの作成と申請者によって独立して決定されます。

74を§。 関税と税金の支払いのサイズ
一時保管倉庫の所有者として活動の実施における関税と税金の支払いのサイズがより小さくないかもしれません。
1)2,5百万ルーブルと空間の有効容積の各完全および不完全立方メートルのための更なる300のルーブル、一時保管倉庫を使用した場合のスペース、および(または)使用可能な領域の各完全および不完全平方メートルのための1 000のルーブル、倉庫の場合一時的な記憶は、開放型の一時保管倉庫の所有者のためのオープンプラットフォームを使用します。
一時保管倉庫の所有者のための2)2,5百万ルーブルを閉じました。

5を§。 保税倉庫の所有者

75を§。 保税倉庫の所有者
1。 保税倉庫の所有者は、税関倉庫の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 関税同盟の税関倉庫の税関コードの段落2 233の記事によると、開放または閉鎖することができます。 保税倉庫の所有者が税関倉庫の種類を識別することによって、その活動の範囲を制限することが認められています。
3。 税関倉庫の所有者との契約に基づいて構築ストレージ、のために物品を置く人の間の関係。 ある場合、そのような合意の実行は、この記事のパート2に従って税関倉庫の所有者によって定義された活動の範囲を越えて行きますしない限り、それは商品の保管を実施する可能性を持っている場合、契約の締結の税関倉庫の所有者は、許可されていない、または合理的な根拠を信じますストレージで商品を置く人の作為または不作為は、関税の分野では違法と処罰の刑事または行政の責任であることを 目のケース。
4。 税関倉庫の所有者は、価格と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件の面でメリットの提供を除いて、契約に関連して別の人に一人を好む資格を与えてはなりません。
5。 関税同盟の税関コードの条31に規定する税関倉庫の所有者が行動しなければなりません。
6。 関税同盟の税関コードの2、30と1 6記事 - 税関倉庫の所有者の関税同盟の税関コードのサブ記事8 9に従って各号31にするために設けられた非遵守の義務のための保税倉庫の所有者の登録から除外されます。 そのような義務不遵守の証明は、税関の分野における行政違反、提供16.13記事の管理責任に税関倉庫の所有者を引き付けるために(2回以上)繰り返され、のための行政犯罪のコードの16.14、16.15、部品2と3記事16.23人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間、提供 これらの項目に課せられた過料の額は、一緒に250 000のルーブルと多くを占めました。

76を§。 契約条件は、保税倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の関税法典の条29によって確立された税関倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1点1の記事29によれば、条件が税関倉庫の所有者のレジスタに法人を含む敷地内の施設の立地で、経済管理、運用管理やレンタルおよび(または)保税倉庫としての使用を意図オープンエリアと本契約の条80に設立された要件を満たしています。
3。 保険者が財産の利益彼が引き起こした人に害を補うために、すべての保険事故の冒頭で合意した範囲内のサブセクション2ポイント1の記事関税同盟の税関コード、保険金額の29、(によると、発生する可能性が民事責任の保険の契約のリスクに応じて3 500のルーブルに基づいて決定不法行為保管している他の者の商品、または他の者と保管契約の条件の他の違反)、 使用可能な領域の各完全および不完全平方メートルのための、結合倉庫は、屋外運動場を使用した場合、または1 000の有効体積のそれぞれ完全および不完全立方メートルのためのルーブル税関倉庫の前提を使用するであれば、未満2百万ルーブルにすることはできません。 この部分に設立要件は、商品の保管倉庫の所有者のために意図クローズタイプの税関倉庫の所有者には適用されません。
4。 パラグラフの4点1の記事によると、関税同盟の条件の税関コードの29は、税関倉庫の所有者のレジスタの法的人はで行政犯罪の管理責任に税関当局の日前に1年以上誘致するために、複数(2回以上)の証拠ではありません含ま税関のフィールドは、行政犯罪の記事1 16.9、記事16.13、16.14、16.15、2と3部品の記事コードの16.23の一部を提供しました。
5。 追加の条件が税関倉庫の所有者のレジスタの法人が本契約の条79に応じて関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
6。 税関倉庫の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれていなければなりません。
1)税関倉庫の所有者の名前、その組織及び法的形式や場所、納税者識別番号。
2)税関倉庫の種類。
3)施設の位置及び(または)税関倉庫のオープンエリア。
敷地内の便利なボリュームのサイズおよび(または)オープンエリアの使用可能領域に関する4)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。

77を§。 保税倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 税関倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれなければなりません。
1)税関保税倉庫の所有者のレジスタに含めるための要求に申請者のアプリケーション。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
倉庫のこのタイプの選択の必要性や妥当性の閉鎖型と正当化の貯蔵のための保税倉庫()のタイプについて3)情報。
4)敷地内にデータおよび(または)申請者の所持でオープンエリアと保税倉庫、それらの位置、配置、機器、材料や技術的な装置として使用するためのもの。
5)関税と税金の支払いのための情報。
オープンタイプの税関倉庫の開口部に関税同盟の税関コードのサブパラ6 2 1記事によって提供申請者の民事責任の契約上の29)データ(契約)リスク保険、。
2。 税関倉庫の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
保税倉庫としての使用を意図4)施設の所有権を確認する文書および(または)囲まれていないスペース。
5)計画や保税倉庫としての使用を意図施設および(または)オープンエリアの図面。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
それらのアカウントを開くに銀行から7)確認。
貴重なスペースおよび(または)便利なエリアオープンエリアに基づいて決定される8)設計文書、;
9)申請者の民事責任の契約リスク保険。

78を§。 税関倉庫の使用可能な容量と使用可能な領域
1。 有効体積および(または)税関倉庫の使用可能な領域は、領域の総量および(または)申請者が税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の保管のために利用しようとする領域の総開口面積、衛生疫学的サーベイランスの要件の対象、火災の制御で、状態制御(監督)、ロシア連邦法の他のタイプ。 有効体積および(または)税関倉庫の使用可能領域は、特に、カバーしていません。
X線セキュリティチェック装置(他のスクリーニング装置)の使用を含む、商品の計量のために任命されたところが通関のために意図1)場所;
2)技術通路(通路)と空間(エリア)倉庫技術機器によって占有。
2。 便利なボリュームおよび(または)税関倉庫の有効面積は、税関倉庫の所有者のレジスタに含めるために税関当局に提供される対応する決済ドキュメントの準備で自分で税関倉庫の所有者によって決定されます。

79を§。 関税と税金の支払いのサイズ
保税倉庫の所有者として活動の実施における関税と税金の支払いのサイズがより小さくないかもしれません。
1)2,5百万ルーブルと空間の有効容積の各完全および不完全立方メートルのための更なる300のルーブル、税関倉庫は、開放型の税関倉庫の所有者のために、施設を使用する場合、および(または)1 000使えるの各完全および不完全平方メートルのためルーブルエリア、税関倉庫のオープンエリアとして使用した場合。
税関倉庫の所有者のための2)2,5百万ルーブルを閉じました。

80を§。 税関倉庫の場所の配置、機器や場所への要件
1。 保税倉庫としての使用を意図構内および(または)オープンエリアは、商品に関して権限を有するかどうか、権限のない人物(倉庫の従業員でない者によるアクセスを防ぐため、商品の安全性を確保するように設計され、装備する必要がありますこのような権限を有する人の代表)、ならびにそれらの商品に関して税関制御を行う機会を提供しません。 税関倉庫の場所を考慮に商業活動に従事する団体、及びその他の利害関係者の利益を取ることによって決定されます。
2。 配置により、税関倉庫の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
()税関倉庫オープンタイプのために専用のプロパティに属する地上建物や施設に保税倉庫としての使用に1)施設。 税関の倉庫は、モバイル車両やモバイル輸送機器上に配置することはできません。
2輸送のモードに応じてアクセス道路の)可用性();
税関倉庫の敷地に隣接してアンロードとロード領域の3)利用可能。
税関倉庫の4)面積は、チェックポイント(チェックポイント)と境界上不可分である、フェンスで囲まれるべきです。
5)領土と税関倉庫の敷地内には、ロシア語と英語の言語で「税関倉庫」に設定する必要があります。
6)領土と税関倉庫の敷地は、税関倉庫の動作に関連し、その動作を保証されていない項目が含まれてはなりません。
税関倉庫内7)がマークされなければならない、とあなたは税関倉庫で、このような財)のストレージに予定がある場合(特別な保管条件を必要とする製品の保管のための特別に適合ルームを完備しています。
税関倉庫で8)保税倉庫手段の所有者の任意の許容によって識別され、指定する必要があります(適切な徴候や碑文でマークされたテープフェンシング、パーティション、技術通路、)スクエア:
a)は、ストレージのための税関倉庫の通関手続きのアクションが完了された点で税関倉庫から商品を輸出する前に、
b)の点で製品のどのの通関輸送手続後の税関倉庫の宣言通関手続きに提出税関申告。
c)の関税同盟の税関コードの条2 234の段落に従って輸出のための通関手続きの下に置かれた商品の保管のため、
パレット、パレットや一般的に輸送するために使用される他のデバイス上で、外部の計量の様々な機器を計量税関倉庫に配置するために意図された物品を計量する機会を提供する、特にの9)利用可能。
10)、電話、ファックス、コピー機の利用可能性;
11)会計製品の自動化システムの可用性税関当局による使用を許可されたソフトウェア製品との互換性。
12)自動細胞製品のストレージ・システムを搭載した税関倉庫用電子製品の流通と会計システム(、)の可用性、税関当局によって使用されるソフトウェア製品との互換性、および制御するために、税関当局が有効になります。
a)に配置し、細胞内の項目を見つけます。
b)は、指定された日付およびこれらの操作の際に、商品に関して権限を有する検査、測定、カウント、商品倉庫の従業員を計量し、人の行動;
13)の情報を含む証明書を備えなければならない税関倉庫に保管された商品を識別するための各保存場所:
a)は、商品の宣言の登録番号。
b)は、物品の重量を、
c)の税関倉庫の品物の保管の期間の満了の日。
3。 場所と段落8一部2で3営業日以内に税関当局に書面で通知し、その後放置し、この記事のスペースを指定したサイズの変更、総量(総面積)フラット(開口面積)は、商品の保管に使用されることを条件とします税関倉庫の通関手続きの下に置かれ、関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供したのに対し、ボリューム(面積)を超えません。

6を§。 免税店のオーナー

81を§。 免税店のオーナー
1。 免税店の所有者は、免税店の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 関税同盟の税関コードの条36に規定する免税店の所有者が働きます。
3。 関税同盟の税関コードのサブ記事2 35に従い、免税店の所有者は、関税同盟の税関コードの条36にするために設けられた非遵守の義務のための免税店の所有者の登録から除外されます。 そのような義務不遵守の証明は、行政犯罪のコードの一部の1の記事16.9が提供する習慣の分野における行政違反の管理責任に免税店の所有者を誘致するためのものであり、(または)(2回以上)繰り返しに所有者の自由店を誘致します記事16.2、Xによって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任 行政犯罪のコードのNUMX、16.3、16.14、16.15、部品16.19と2記事3、人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間中、上課せられた行政処分の合計を提供これらの記事は、集約、16.23 250のルーブルなどを含む、です。

82を§。 契約条件は、免税店の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条34に設立された免税店の所有者のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1の記事34に応じて条件は、免税店の所有者のレジスタの法的人は財産、経済管理、運用管理やリースの場所である免税店としての使用に適し含ま条84に設立要件を満たします本契約。
3。 サブパラグラフ4の記事によると、関税同盟の条件の税関コードの34は免税店の所有者のレジスタの法的人は税関の分野での違反に対する行政責任に税関当局の日前に1年以上誘致するために、複数(2回以上)の証拠の欠如である含みます記事16.2、16.13、16.14、16.19、行政犯罪のコードの3の一部の記事16.23に規定する例。
4。 追加の条件が免税店の所有者のレジスタの法的人は以下百万2,5よりもルーブルの量の関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
5。 免税店の開口部免税店の所有者のレジスタの法人の包含に先立ち、ロシア連邦の州境にロシア連邦の法律に基づいて承認されなければなりません。
6。 免税店の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれなければなりません。
1)免税店の所有者の名前、その組織及び法的形式や場所、納税者識別番号。
2)販売エリアの免税店の場所。
3)倉庫免税店の場所。
4倉庫免税店の面積に関する)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。
(免税店の登録への参入の証明書の様式を参照してください。数186 01.02.2011からロシアのFCSのために)

83を§。 免税店の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 免税店の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれなければなりません。
1)税関当局への申請者のアプリケーション免税店の所有者のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
3)申請者の所有であり、免税店としての使用を意図敷地内のデータ、それらの位置、配置、設備、材料と技術機器に関する。
4)関税と税金の支払いのための情報。
5)登録又は小売用の許可に関する情報。
チェックポイントで政権を確立するための手順に従って、免税店の開口部の調和に関する6)情報。
2。 免税店の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
免税店としての使用を意図申請者の施設の所有権を確認する4)文書;
5)計画や免税店としての使用を意図建物の図面。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
8)小売業の登録または許可。

84を§。 免税店の場所の配置、機器や場所の要件
1。 免税店の敷地内には、貿易ホール、納屋や倉庫で構成することができます。 これらの施設は、免税店、商品の安全性や税関管理の点でそれらを保持する可能性の販売の部屋でのみ商品の販売を確保するような方法で装備する必要があります。
2。 ユーティリティ室、倉庫免税店は、商品またはない権限を有する者の代表者との関係で権限を持っていない、免税店の従業員ではない人(権限のない者がこれらの空間品であることへのアクセスを防止するような方法で設計され、装備されなければなりません)、および識別指定された施設の税関手段に課す可能性を提供します。
3。 配置により、免税店の場所の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
1)領土の免税店は、その機能に関連し、その仕事を確保されていない項目が含まれてはなりません。
2)免税店の倉庫には、唯一の部屋かもしれません。 倉庫免税店オープンエリアとして使用することはできません。 免税店の倉庫に人物の通過のための廊下、ロビー、廊下、行政や家庭や産業施設だけでなく、パッケージングやストラップ材料の保管スペース、製造設備、在庫、梱包、機械の清掃、包装廃棄物に配置することはできません。 免税店の株式では、異なる計量範囲で機器を計量免税店で実施することを目的の商品を計量の機会を提供することを特徴とします。
3)税関管理なしの商品の撤回または領収書の可能性を排除するよう免税店施設は、このような方法で配置する必要があります。
4)販売エリアの免税店は、この地域に残っている個人の移転を含め、関税同盟の関税地域に、免税店で購入した商品を残しての可能性を防止するような方法で配置する必要があります。
免税店の5)販売地域は、関税同盟の税関国境を介してこれらの者に従うことにより、自然人によって輸出品の税関管理のために指定された場所の外側に配置する必要があります。
関税同盟の関税地域に入った個人のホールへのアクセスを防止するように免税店の6)販売エリアが配置されなければなりません。
7)倉庫免税店は、関税同盟の税関国境を越えモノの移動の領域外に位置するが、免税店を運営する税関当局の領域内にすることができます。
4。 貿易ホール、ユーティリティルーム、免税貿易の通関手続きに宣言されていない物品の保管及び販売のための免税店の倉庫は、許可されていないの使用。
5。 この条によって設立要件は、本契約の条1 294部分で言及免税店、には適用されません。

章6。 認可事業者

85を§。 認可事業者
許可された経済的なオペレータはロシアの法律に基づいて登録された法人であってもよいことで関税同盟の税関コードの記事38に従って、生産およびその他の事業活動およびロシア連邦からの貨物の輸出に使用するためのロシア連邦への財の輸入は、許可のレジスタに含まれます経済事業者。

86を§。 許可された経済事業者によって提供される特別なファシリテー
1。 認可事業者への関税同盟の税関コードの段落1 41の記事によれば、次のような特殊な単純化が付与されることもあります。
1)一時保管倉庫の所有者の登録簿にそれを含まずに認可事業者の施設、屋外エリアや他の分野での商品の一時的な記憶。
2)関税同盟の税関コードの記事197に応じて、税関申告への商品の放出;
3)に従って、ロシア連邦にインポートする際、許可事業者のアドレスに次のよう、税関敷地内財の生産に関連する操作、屋外エリアや商品の税関トランジットの通関手続きの完了など、認可事業者の他のエリアを行います本明細書の記事3 87の部分と、
4)不完全および(または)定期的な税関申告の提出を含む物品の予備税関申告などの関税同盟の関税法令によって提供される他の特定のfacilitations、、、不完全な税関申告および記事193と194税関コードに応じて、定期的な税関申告の提出211本契約 - 215連合(EU)との記事。
2。 ロシア政府は、関税同盟の関税法令に従って認可事業者によって提供される特別な単純化を適用することができないの尊重で商品のリストを決定する権利を有します。
3。 認可事業者によって提供される特別な単純化を使用する場合は、記事2 205本明細書の一部に基づいて定義された特定の商品の制限席宣言を、適用しません。
4。 関税同盟の税関コードの項目3記事215の第四段落に従い、地元の税関当局への到着地の税関当局からの外国製品の税関トランジットの機能として、外国製品の配達の可能性が屋外エリアには、部屋の中、許可経済オペレータのアドレスに以下であり、かつ許可経済オペレータの他の領域は、税関制御領域の状態を有し、税関当局nの領域内にあります 先の税関当局の場所に商品を招くことなく、割り当て。 制限指定された税関管理ゾーンは、この条8の一部のために提供契約で定義され、それに応じてマークする必要があります。 認定経済事業者は、税関管理区域へのアクセスを許容する手順を提供します。
5。 許可された経済的なオペレータは、税関申告への商品のリリースを生産活動を行って、または条4本契約に設立された品物の前税関申告を使用してのアドレスに以下の外国製品に関して、この記事のパラグラフ87によって提供場合の税関トランジットの通関手続き完了の特長、 。
6。 国際条約に従って行われ、この条の4の一部を確立した外国製品の税関トランジットの通関手続き完了の特長、外国製品の税関通過には適用されないものは、明示的に商品の配送の場所が税関当局であることを提供します。
7。 この記事の一部を2で提供関税同盟特別facilitationsの税関コードの段落41の記事1に従ってのみ許可された経済事業者が税関申告の生産を含むこのような特定の簡素化、の使用を前提としているの点で財を宣言行動する権利がある場合に適用しなければなりませんのと認可事業者に代わって代わって動作品の通関業者。
8。 特別な単純化を適用する際に関税同盟の税関コードの段落4 94の記事に従い、税関業務を行ってい税関当局は、許可された経済事業者と対話します。 許可された経済事業者と税関当局、構造およびデータのフォーマット間の情報交換のための規則を含む、この相互作用の順序は、本契約の合意に設立されなければならない条87に従い認可経済オペレータが撮影した税関シールの送信順序は、関連税関当局との間で締結し、許可します許可された経済事業者の最後のステータスを授与の決定の経済オペレーター PA。 契約書の標準形式は、対外経済活動の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して、関税の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 段落4記事244、ポイント4記事257と関税同盟の税関コードの段落4記事269によると、文書は関税地域、関税地域及び処理のために外部の処理に関する処理のための通関手続きの認可経済演算子の使用のための条件を提供するものとして使用することができ合意に言及国内消費。 場合には、税関当局の処理の関連税関手続きの申請期限は、許可経済オペレータ新協定で終了します。 処理の関連通関手続きの適用のための条件を提供する文書として、この協定の使用は、アプリケーションや処理の関連通関手続きの完了に関連する一定の義務を遵守から認可経済演算子を軽減しません。 (後者の許可経済オペレータのステータスを付与を決定する際に税関当局と認可経済のオペレータ間で締結された契約書の一般的な形式を参照してください)
9。 サブセクション6ポイント1の記事6に従い、1と2記事94を指し、商品の認可経済オペレータ予備税関申告の場合にはロシア連邦に品物を輸入する際、税関手続を促進するために、関税同盟の税関コードの4ポイント2の記事128をサブパラグラフ、不完全な定期的な税関申告を含め、税関当局は、ロシア連邦の領土への商品の到着までエコに通知することを許可します そのような事前通知が税関管理を妨げたり、その有効性を削減する場合を除き、商品の通関を行うオーム演算子、。 この場合、税関検査は、許可経済オペレーターの事前の通知なしに税関当局により行うことができます。
10。 ロシア政府はロシアからの商品の輸出用車両にそれらをロードする前に、ロシアからの輸出品の検査のための認可事業者の通知の順序を決定する権利を有します。
11。 リスク管理のシステムに従って税関当局が認可事業者や彼に代わって税関担当者から提出税関申告で宣言された商品に関して税関管理を行うことを決定し、場合、税関管理は、敷地内に行われ、屋外エリアや他のそのような物品は、優先順に配置されている許可経済オペレータの領域。

87を§。 許可された経済的なオペレータは、税関申告への商品のリリースを生産活動を行って、または商品の前税関申告を使用して、以下のアドレスで外国製品の点で税関通過の通関手続き完了の特長、
1。 許可された経済事業者の地域で通関輸送の手順を完了するためには、許可経済オペレータの場所での車両の到着前に、後者遅くとも3時間以上、生産活動を行い、税関当局社外品の到着の場合は労働時間を設立 - 遅くとも3時間以上の終了前に税関当局の労働時間は、先の税関事務所に段落の記事1 197税関で呼ば文書を送り、 関税同盟の足コード、関税同盟の税関コードの記事193に従ってさらなる情報および添付文書によって修正された電子文書または税関申告の形式で税関申告への商品の解放のために必要。
2。 税関当局とこの記事のパート1に従って許可経済オペレータからの文書や情報の受領の5時間を超えてはならない許可経済事業者との間の契約で指定された期間内に、目的地の税関は、禁止が通知されていない場合は解除意図に関連した識別手段は、識別手段の安全性を確保するために、車両及び(又は)の税関検査を商品を確認するには、解像度tamozhennog 識別の手段を撤回する権限を受信し、許可経済オペレータの配信の代わりに、商品の到着後のキャリアから商品を受け取り、商品を特定し、アンロードするために資金を撤回する権利を有するものとみなします。 キャリアから経済オペレータ権限の商品事実の受け入れは、輸送および(または)出荷文書に関連するノートを貼り付けることによって確認されます。 これらのマークを貼付した後、経済オペレーターがすぐに税関当局にキャリアからの商品の受理の日付と時刻の署名デジタル署名通知を送付しなければならない承認しました。 先の税関当局の許可なしに、この部品に定める手順に従って認可経済オペレーター、税関管理の下で財のキャリアを転送します。 キャリアからの商品の採択以来、税関当局の通知に方向に向け、商品が税関当局によって発行されていると考えられます。 この瞬間から、許可された経済事業者は、関税同盟の税関コードの段落2 197記事に定める関税と税金を支払う義務があります。 商品の税関申告への生産、許可された経済事業者が許可されなければならないです申告は、支払うべき関税や税金の額は、関税同盟の税関コードの記事39に従って認可経済事業者が提供する関税、税金の額を超えないものとし。
3。 税関申告で許可経済オペレータの場所での車両の到着時には事前に税関申告の適用は、サブセクションで指定された期間内に関税、税や関税当局が支払われていない商品の点で不足している情報及び(または)に行われない場合2この記事は、税関への記事1 197の段落に従って提出がない場合の電子通知を許可経済のオペレータに送信します デックス関税同盟文書なしで必要な、彼らは一時的な記憶では、商品の状態を取得物品の識別とアンロードの撤退後の商品のリリースのための情報、及び施設、屋外エリアまたは認定経済事業者の他の領域に設定税関管理区域に保存され、一時保管中または認定経済事業者の前に税関管理の異なるゾーンに置く商品は、商品のリリースのための条件を述べました。
4。 この条のサブセクション2で指定された期間内に、税関当局は、識別の手段の安全性を確保することを許可経済(税関検査を含む)商品の検査を実施する意向のオペレータ、車両の税関検査および(または)を通知した場合には、そのようなアクションが実行されなければなりませんすぐに優先的に税関当局。 これらのアクションの税関当局の実装に先立って除去することができる識別手段、及び物品のみ税関当局の許可を得て車両からアンロードされます。 税関検査や税関検査は、一時保管倉庫や他の税関管理区域で商品や車をかけることなく、税関管理の敷地内に設置され、ゾーン、屋外エリアまたは認定経済事業者の他の領域で行うことができます。
5。 許可経済輸送に関連するノートを置くことによってキャリアから商品を取るためにオペレータおよび(または)出荷書類による確認の後にキャリアがすぐに税関トランジットの通関手続きを完了するために、先の税関に到着する義務がある、許可された経済事業者だけでなく、トランジットの宣言のノートとドキュメントを導入し、他の利用可能なドキュメント。 税関トランジットの通関手続きは、本契約の関税同盟と条4の税関コードの段落5と225 237記事に基づいて完成されています。

88を§。 法人認可事業者の地位を得るための条件
1。 関税同盟の税関コードの条39に設立認可事業者の法人の地位を割り当てる規約。
2。 関税同盟の税関コードのサブセクション5記事39に従い、許可された経済事業者の地位の条件の割り当てを繰り返し(2回以上)の証拠の欠如である関税の分野における行政違反に対する行政の責任に税関当局の日前1年以内の人を持って、行政犯罪に関する記事16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17、16.20とコードの16.22に定める、現金の量を提供 集計にこれらの項目の過料をDIX 500 000のルーブルとそれ以上に達しました。
3。 ビジネストランザクションの行動に関する情報を、税関業務の委託に税関当局により提供された情報を比較することができ財会計システムの可用性を条件に関税同盟の税関コードの条6 39のサブパラグラフによると、申請者は以下の要件に準拠している場合に満足であるとみなされなければなりません。
1)は、会計・税務会計を維持し、本契約の条96に従って税関の目的を占め;
2)口座へのデータ保護に関するロシアの法律規制の要件を取って、申請者通関業務情報システムを自動化されたデータベースとデータバンクに彼らの能力の範囲内で税関へのアクセスを提供します。
3)、物資の輸送や貯蔵に関連する物流業務の彼らの会計システムを使用する関税同盟の外国製品や商品とのこのような取引のための独立した会計処理を規定しています。
4)情報への不正アクセスの防止を確実にするための情報保護対策が含まれている自動化された情報システム、即時回復の可能性、不正アクセスによって変更または破壊、およびデータ保護ソフトウェアのレベルの連続的な監視を使用しています。
4。 法人の割り当て関税同盟追加条件の税関コードの条7 39のサブパラグラフによると、経済的オペレータ状態を許可されています。
1)に簡略化税制の不使用。
2)税関当局の日前に少なくとも1年間の対外貿易活動の実施。
3)法人の先頭に経済活動の分野で犯罪を犯しための犯罪歴が存在しない場合、関税通関業務の組織を含み、その従業員、および(または)その手数料だけでなく、経営者や従業員が税関操作を実行するために、税関代表名前と認可事業者の地位への割り当てが発生した場合の法人に代わってを簡素化する特別な適用されます。
4)施設、屋外エリアや外国製品の許可された経済事業者を一時的に記憶するために指定された他の地域の財産、経済管理、運用管理やレンタルの場所および本契約の条89に設立された要件を満たし、 - オペレータによって許可経済通関業務の場合本契約1 1 86の記事の段落に応じて一時記憶。

89を§。 許可された経済事業者の施設、屋外エリアや他の領域の配置や機器の要件
1。 認可事業者が施設、屋外エリアおよび承認経済オペレータの他の分野で商品の一時的な記憶を行うことができます。
2。 許可された経済事業者の敷地内空地は税関管理ゾーンのステータスを持っています。 制限は、税関当局および本明細書の物品8 86の一部に設けられた契約で許可された経済事業者によって定義された税関管理区域を指定し、特別な指定を持っている必要があります。 このゾーンを越えて税関管理下の貨物の輸出は、税関当局の許可を得て実施されます。
3。 敷地内空地と外国製品の許可された経済事業者を一時的に記憶するために意図された他の地域では、商品の安全性を確保するため、無許可の者(許可された経済事業者のいない従業員)による不正アクセスを防止するだけでなく、提供するように設計され、装備されなければなりませんそれらの商品に関して税関管理を保持する可能性。
4。 税関管理下で財の可ストレージ、およびそれらが視覚的に他の商品(から、税関管理の下で財を区別することができます認可事業者法のための任意の適切なによって提供される個別のご宿泊、ある場合には、同じ部屋に保管されている他の商品適切な徴候や碑文)でマークされたフェンシングテープ、パーティション、技術通路、。
5。 それは、一緒にその拘禁中の同じタイプと品質の商品と、ドライバルク、税関の監視下に液体バルク品を保存することができます。
6。 施設及び設備要件の配置、オープンエリアと認可事業者の他のエリアに生産活動を行い、税関当局によって設定されていません。

90を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 許可された経済事業者エンティティのレジスタに含めるために許可された税関当局、以下の情報を含む書面で声明を指します:
1)税関当局への申請者の申請、許可経済事業者のレジスタに含めるための要求。
名前、組織的・法的形式、場所、オープン銀行申請者の口座だけでなく、リストや申請者がアプリケーションの提出の日に、許可された経済事業者として動作するように意図し、それを通して、その個別の構造部門の場所に2)情報;
創設者および(または)申請者と申請者の許可(株)資本の参加の割合に参加者に関する3)情報。
納税者と納税者番号として申請者の税務登録の4)情報。
5特別税制の適用に関する)情報。
取締役会(監査役会)のメンバー6)情報は、出願人の合議執行機関のメンバー。
申請者の業務の範囲を7)情報。
8)各ビジネスユニットの機能と責任を含む申請者の組織構造の記述;
申請者の役員、主任会計士、言った職員の一時的な不在の場合の順序の職務の説明と構造部門長について9)情報。
各ビジネスユニットの一般的な人員配置や人員配置のレベルで10)情報。
11)関税、通関業務の組織、および(または)その実装、通関業務の手数料、ならびに一般的な商業取引および会計・税務会計における情報技術の利用における知識や技能の評価を含む従業員に関する情報。
申請者の自動化された情報システムに含まれる情報を保護するために使用される措置に関する12)情報。
13)申請者の外国貿易活動に関するデータ:
申請者は、1年以内の商品の動き(1月の財の出荷数の平均値)の規則性を外国貿易活動を行っているとa)の年、。
実装に関連するものを含めて、自分の使用するために、貿易及びその他の商業活動のためのb)の外国貿易、昨年の外国貿易取引の手数料で申請者が締結したその他の契約数、およびすべての契約の合計量だけでなく、財の輸入の目的(、または商品の加工、展示会や見本市、およびその他の活動)を保持します。
14(の活動の領域で、アプリケーションの提出を前年の申請者の商品に最も頻繁に行わ通関業務、ならびに税関(税関)税関当局、上の)情報、)申請者が正当な経済として動作するようにしようとしますオペレータ、税関及びこれらの税関の記事を支配する習慣の名前を示します。
ロシア連邦からエクスポートロシア連邦および(または)への輸入品の輸送のための輸送に使用される手段についての15)情報。
16)の名前、場所、活動、申請者との関係でかどうか、彼らが所属している人物についての情報を含む外国請負業者、上のデータ。
17)以前にこの連邦法に従って使用申請者と通関の他の特別な簡略化された手順と同様に、特別な単純化、適用および(または)によって使用される情報。
18)は、(自分で)仲介サービスを使用して、許容外国貿易活動の制限を遵守するために必要な書類、およびそれらの領収書の順序についての情報を受け取りました。
19申請者が特別な簡素化を使用することを計画しているの命名法と尊敬で、製品の使用に関する)情報。
20)は、特別な簡素化を要求しました。
申請者が商品を配置する予定で、その下税関手続き上の21)情報、;
申請者の物品の一時保管を行います22)申請者の所持で施設および(または)オープンエリアのデータは、および(または)アクセス道路、フェンスの可用性を含め、それらの位置、配置に通関業務用品を(行います、チェックポイント)、特殊な簡素化が施設、屋外エリアや認可事業者の他の分野で商品の一時的な記憶を伴わない場合は、
23)物品を識別し、商品のリリース、または関税や税金の額の決意の下で支払われる関税や税金の計算の精度を監視するために、(財のリリースのための税関当局に申請者が提出することができるコマーシャルまたは他の文書に関する情報)申請者がリリース(条件付きのリリースは)外国製品が税関申告の提出前に行うことが可能な特別な簡素化、の確立のために適用される場合には、
、通関業務を行う名前を簡素化し、認可事業者、その経営者と従業員の法的実体状態の割り当てが発生した場合の法人に代わって特別適用される関税代表に24)情報。
25)関税同盟の税関コードのサブ記事1 39に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
26)契約または認可事業者の地位の割り当てに関する情報の公式出版物における申請者の意見の相違は、本明細書の物品4 95の一部を提供しました。
アプリケーションを考慮した場合、申請者の利益を代表する権限者に27)情報。
2。 1情報が正当な経済演算子のレジスタに含めるためのアプリケーションの別の添付ファイルとして提出することができるこの記事の段落で指定されました。
3。 許可された経済事業者のレジスタ宣言されたデータを確認し、次のドキュメント内のエントリのアプリケーション:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認4)文書;
申請者の口座開設について銀行から5)確認。
6)出願を前年の申請者の財務諸表の信頼性に、監査報告書の写し、頭主任会計士によって署名され、申請者がロシアの法律に従って必須監査の対象である、または監査は申請者の主導で行われた場合には、シールによって認定。
7)少なくとも1年間の対外経済活動の実施を確認する通関書類のコピー;
認可事業者の活動が施設、屋外エリアや他の分野での商品の一時的な記憶を提供する場合8):
a)の施設と上の権利の状態の登録の証明書(または)オープンエリア、彼らが所有している場合や申請者の経済運営で。
b)のリース(サブリース)所定の方法で登録された施設があります。
c)のオープンスペースがある土地の賃貸(サブリース)、正式に登録されました。
税関管理下で財の意図した場所を示すグラム)計画(図面)倉庫、。
d)の計画(描画)生産地でサイトの大きさや位置の表示とオープンエリア。
9)輸出関税を適用していない商品の生産および(または)輸出品のための活動を行う者のための関税同盟の税関コード、のサブ1記事39の第二段落に従って関税同盟の委員会によって定義された基準の遵守を確認する文書、申請者はそれにこれらの基準の適用のために適用されます。
4。 申請者は、彼の意見では、と述べたレジスタ内の包含を考慮して使用することができる独立した専門家の意見を含め、許可経済事業者、他の文書のレジスタに含めるためのアプリケーションに取り付けることができます。
5。 書類の提出は、この条、税関当局の3の一部を提供し、本明細書の記事5 54の一部で定める方法により行われているこのような文書を検討した後、原稿を戻します。
6。 関税と権限の支払いのための税関のセキュリティを確認する書類、税金、その他の条件は、他のコンプライアンスの税関当局領域の予備的決定の日から30日以内に承認され、経済の演算子のレジスタ内の法人を含む遵守を確認するために、税関当局の通知を受信すると、出願人が提出することができます条件を切り替えます。
7。 、または指定したアプリケーションで、この記事の一部1で指定された情報が含まれていない許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションは、この条のパート3によってのために提供されたリストによると、宣言に述べられた情報を確認する書類を提示されていない場合は、税関当局は通知しなければなりません申請者遅くともそのような宣言を受領した日から5営業日。
8。 税関当局は、次に掲げる場合に限り、許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションを受け入れることを拒否しなければなりません。
1)不足している情報の税関本体に出願人による故障、および(または)この記事の30の一部を提供した場合の税関当局の通知の受領の7日以内に文書。
2)前の関税通関業務の組織を含む法人の頭部、その従業員、での経済活動の分野での犯罪に対する有罪判決、および(または)その手数料だけでなく、経営者や従業員が税関操作を実行するために、税関の担当者名前と認可事業者の法的地位の譲渡の場合の法人に代わってを簡素化する特別な適用されます。
3)アプリケーションのか、出願後の出願日に申請者に対して破産手続開始。
記事4 10本明細書の一部に基づいて許可された経済事業者のレジスタから法人の除外の決定の発効日から過去3年間の有効期限への応用の94)提出、。
9。 この記事の一部8に定める対価への許可経済演算子のレジスタに含めるためのアプリケーションを受け入れることを拒否するための根拠が存在しない場合には、税関当局は、検討のための宣言の受諾の日を出願人に通知しなければなりません。

91を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションの検討
1。 認定税関当局は、許可経済事業者のレジスタと含めるか検討のためにその採用の日から90日を超えない期間で言ったレジスタに法人を含めることを拒否するという決定に含めるためのアプリケーションを考慮しなければなりません。 この文と一緒に申請者が提示されていない場合は、税関当局によって認可権限のある経済事業者の法人のステータスを割り当てる一定の条件の対象と関税と税金の支払いの税関当局によって認可規定を確認する文書は、指定された期間内に申請者に通知しなければなりません。 通知を受領した日から30日以内に出願人は、関税や税金の支払いのために提供する確認通関体の文書を許可されています。 この場合、許可の税関当局は、関税や税金の支払いのために提供する確認書類の認可税関当局への申請の日の後遅くとも3日より認可経済事業者のレジスタに法人を含めることを決定しなければなりません。
2。 税関当局によって認可認可事業者の法人の地位の割り当ての条件の遵守を確認する目的のために関税同盟の税関コードのサブパラ3 4 132の記事に従い、申請者の点で税関検査を保持しています。
3。 エンティティは、実際に認可され、経済オペレーターのレジスタに含めるためのアプリケーションで指定された場所に位置し、提出書類や情報の検証、または施設の税関検査の結果ifと(または)税関当局の領土は、その一つ以上を確立していない場合株式会社を拒否することを決定する前に割り当て条件エンティティ認可経済オペレータの状態が遵守されていないが、これは、申請により改善することができ、税関当局 私のように、許可経済オペレータのレジスタに事実についての申請者に通知しなければなりません。 税関当局への通知を受領した日から30日以内に出願人は、関連する条件の遵守を確認する権利を有します。
4。 この記事の1部にインストールされたアプリケーションの対価の用語は、申請者の税関当局による通知を受領した日までの期間のために中断しなければならない申請者の要件および(または)認可税関当局によって確立された条件、またはこの記事3期間の指定された部分の有効期限の実装の日付を確認するために承認しました。
5。 税関当局は、許可された経済事業者のレジスタに含めるために、アプリケーションが第三者からだけでなく、国家機関からの申請者が指定した情報を確認する文書を要求することが考慮しなければなりません。 そのような人が、10日以内に要求を受領した日から要求された文書や情報を提出するものとします。
6。 許可された経済事業者税関事務所(複数可)のレジスタに含めるためのアプリケーションの検討の期間内に許可された経済事業者の法人状況のコンプライアンス処分の確認の場合は、申請者が許可経済オペレーターとして動作することを意図し、申請者が手続きに同意するものと活動()領域で許可経済オペレータ際に税関業務を行う税関当局間の協力 USAGE特別な単純化だけでなく、本契約の条8 86部分の下で契約の締結による認可の経済事業者と税関当局の規制との間の情報交換。
7。 許可された経済事業者のレジスタに法人を含めるという決定は、採用の日から営業日92遅くとも本契約の条14下の証明書の発行、監督者、または領収書に対する法的人の他の権限のある代表者またはその他の事実及び領収書の日付を、確認することによってなされていませんそのような決定。
8。 税関当局は唯一の法的実体を割り当てるための申請条件によって不遵守の場合に許可された経済事業者のレジスタに含める拒否の決定を行うものと関税同盟と本契約の条39の税関コードの条88に定める経済的オペレータの状態を、承認しました。 許可された経済事業者のレジスタに含めることを拒否するという決定は、決定の日から領収書またはその他の、事実と領収書の日付、遅くともが14営業日の下で法人の管理者またはその他の権限のある代表者に通知しなければなりません。
9。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションおよび無償言っレジスタに含めることを考慮する時に。

92を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書
1。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書が含まれています:
1)名、認可事業者及びその個別のサブディビジョンの法的形式及び場所の指示;
関税と税金の支払いの金額および方法に関する2)情報。
許可された経済事業者によって提供3)特別円滑化。
4)税関業務の場所の特別な単純化を適用します。
5)特殊な単純化して商品に関税操作で作ることができる税関当局、。
2。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書が限定されるものではなく、問題と有効期限の日から10日の満了時に効力を生じます。

93を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションで指定されたデータの変更
1。 法人が正当な経済事業者(法人の変換の際に彼の後継者)のレジスタに含まれる正規の経済事業者のレジスタに、またはそれに取り付けられた文書に含めるためのアプリケーションに記載されている情報を変更するには、内に書面で許可税関当局に通知する義務があります関連するイベントの発生の日からか、人はそれらの発生を知った日から5営業日。
2。 税関当局は、5営業日以内に、あなたが証明書で指定する内容を変更する場合は新たに指定されたデータ割り当て条件エンティティは、経済的なオペレータ状態を許可し、ことを確認し、本契約の条91に確立された手順に従って、新しい証明書を発行することを検討しているものとします。
3。 文書は、許可された経済事業者のレジスタに含めるための法人から提出された書類のパッケージに取り付けられています。

94を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書と許可された経済事業者のレジスタからの除外のサスペンションと取消し
1。 税関当局は、認可事業者としての活動の過程で、このような状況の割り当てのために許可された経済事業者条件の遵守状況を監視しなければなりません。
2。 認定税関当局は、次のような場合に認可事業者の地位の譲渡の条件の遵守の再検証を実施する権利があります:
1)関税同盟および(または)税関事項について、ロシア連邦の法律の関税法令の重要な変更、通関事務の分野で承認連邦執行機関の関連決定により証明されるように。
2)認可事業者の地位の譲渡のための1つまたは複数の条件の許可された経済事業者の可能性のある非準拠を示す税関管理データの申請書の結果として検出。
3。 税関によって許可、認可、経済事業者のレジスタに含めるための出願の出願日が持つ最初の年の満了前に認可事業者の割当状況への準拠を検証しなければならない前に、認可事業者のレジスタに含めることの証明書は、3年未満を作成した法人である場合証明書の発行日。
4。 認可事業者のレジスタに含めることの妥当性は、許可税関当局によって中断されることがあります。
段落1と現在の連邦法の1 2の記事1に規定する場合において56)。
許可された経済オペレータステータスの割り当ての条件の一つまたは複数の不遵守の場合2)。
本契約の条3に従って設立された方法や用語で非レポート形態の場合には96)。
記事4、16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17または行政犯罪のコードの16.20によって想定通関事務の分野における行政犯罪に対する審理の機関の場合16.22)。
許可された経済事業者の管理者および(または)従業員に対して提起された場合には5)は予備調査は税関当局の能力にロシア連邦の刑事手続き法律を起因する刑事事件、です。
5。 段落2と3この記事、許可税関当局及び認可経済オペレータが承認通知しなければならない認可経済オペレータのレジスタに含めることの証明書の懸濁液に決定するまで、その活動を行う領域(又は)税関当局の一部4にする場合において経済的なオペレータは、違反を同定しました。 このような通知を受領した日から30日以内に認可経済オペレータが税関当局が侵害を明らかにした確認されていない場合は30日の証明書を中止しなければならない、関連する条件および(または)の実装は、認可税関当局に関連する報告書を提出しませんでした。
6。 この記事のパラグラフ4と5 4部分に規定する場合には、許可された税関当局は、それぞれ、関連する通知の日前に許可経済オペレータにより受領した日に認可され、経済の演算子のレジスタに含めることの証明書を一時停止しなければなりません。
1)行政犯罪の場合の決定の発効。
2)本規則の発効前に行政ケースの裁判の執行;
3)行政犯罪や刑事事件のケースを却下する決定の発効。
4)裁判所の判決の発効。
7。 この記事のパラグラフ4部分4で指定された場合には、許可の税関当局は、許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書を中断ない場合があり、そのような法律上の完全な1年間の法的人によってコミット税関業務の分野における行政違反の事例に関する決定行政犯罪のコードで定められた期間内に人、と3を超えない過料の総量 期間の輸入関税、税金のその人が支払った総額の割合。
8。 次の場合に取り消された正規の経済事業者のレジスタに含めることの証明書:
許可された経済事業者のレジスタからそれを除外するために、エンティティの出願を1)。
2)ロシアの法律に基づいて法人の清算。
彼の変換を除き、法人の3)再編、。
証明書の懸濁液がコンプライアンスを実証するための法人ではありません後の法人の割り当ての条件の遵守を確認する4)失敗は、経済的なオペレータの状態および(または)この記事のサブセクション5に定める期限内に報告書を提出するための失敗を許可。
記事5、16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17との16.20によって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任に行政犯罪のコード認可経済演算子を集め16.22)を繰り返す(2回以上)人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間中、過料の量を提供 Sが集合的に500 000のルーブル以上を構成します。
6)管理者の刑事訴追に関する裁判所の判決の発効および(または)犯罪のための認可事業者の従業員するための税関当局の権限内にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律に従い、予備調査。
7)本契約条8 86部分の下で契約の終了。
9。 許可された経済事業者のレジスタから法人を除外するための決定は事実や事象の発生の日から効力を生ずる、関連する意思決定の発効は、この記事の8の一部を提供しました。
10。 段落5この記事の6一部8が提供する根拠に基づいて許可された経済事業者のレジスタから法人の除外の場合は、許可された経済事業者のレジスタに含めるために再適用はから法人の除外の決定の発効日から3年を経過後に提出することができます許可された経済事業者のレジスタ。
11。 関税と税金の支払いの許可された経済事業者のリターン(終了)のレジスタから法人の除外の場合、前記レジスタの彼の包含を持つ人が本契約の章16に従わなければならないことを条件とします。

95を§。 許可された経済的な演算子の登録を行う手順
1。 税関の分野で承認連邦執行機関は、許可された経済事業者のレジスタを維持します。
2。 許可された経済事業者の登録は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で行われます。
3。 許可された経済事業者の登録を許可された経済事業者のレジスタだけでなく、撮影したレジスタから法人の除外に含めることの証明書の一時停止と再開、レジスタに入力された詳細を修正する、と述べたレジスタ内の法人を含めることの決定に基づいて形成されています税関当局によって承認しました。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、少なくとも3ヶ月に​​1回は、中に含めるためにはそれにその予備同意を与えたことでエンティティのみを含める、との公式の出版物に認可され、経済事業者の登録を公開し、定期的に提供します言っレジスタ。

96を§。 認可事業者の会計システムとの報告
1。 認可事業者が商品や会計・税務会計上のロシアの法律規制の要件に応じて、その存在や動きの上に適切な制御に関する完全かつ信頼性の高い情報の形成を確実にするために輸入し、輸出品の個別の記録を保持する義務があります。
2。 認可事業者は、税関操作は関税同盟の税関コードの段落10 1記事にするために提供される特別な単純化を使用してコミットされたのに対してで商品に発生主義で税関当局の報告書に提出し、報告年度翌月の四半期ごとの41日に義務付けられています。
3。 認定税関当局は、1年間の不在下で、報告期間の翌月の1日に毎年認可事業者により報告を決定し、その決定の採択、関税の分野における行政違反に対する行政責任に認可事業者の関与の事実の前にケース。
4。 関税同盟の税関コードのサブパラグラフの1ポイント1の記事41に従って一時記憶に配置された商品の会計処理に関する税関当局の報告書に提供される、コードと製品名の、運送書類の保存、名前と番号で商品を置くの日付についての情報を含まなければなりません総重量の外国貿易、文書の各製品名、番号と日付の請求書値のネットの商品の命名法に従ってトンの請求書の値を確認します 外国貿易契約の数についてオヴァール。
5。 関税同盟の税関コードの各号2と3ポイント1の記事41に合わせて特別な単純化を使用するかの点で商品の会計のレポート、その代わって、人の特別な単純化され、情報の用途に、ストレージに商品を置くことの日付についての情報を含まなければなりません通関業務は、税関申告の数については、添付運送書類の数、製品名は、総重量の対外経済のための商品の命名法のコードについては、ノーあり その後、量支払った関税や税金の商品の購入価格に。
6。 報告書は、電子デジタル署名の存在下で、または電子的に紙の上の情報の必須の規定にデジタル署名することなく、電子形式で税関当局に提供することができます。
7。 1のこの記事の部分だけでなく、虚偽の情報を含む文の提供を提供する税関当局の報告に失敗するために、および(または)所定の期間内に不時の提供、認可事業者は、ロシアの法律に従い、責任があります。
8。 この条の定める手続に従って認可事業者が提供する報告フォームは、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。 (参照してください。数2709 30.12.2010からロシアのFCSの順序)

章7。 情報システムと情報技術

97を§。 税関当局によって使用されている情報システム、情報技術やプログラミングサポート
1。 行政当局の連邦政府機関との情報交換、人口に対する公共サービスの提供、電子形式で情報を提供する外国の経済活動の参加者を含め、それらのタスクを実行するために、税関当局が使用する情報システムと情報技術、。
2。 情報システム、情報技術とその維持の手段の開発はロシアの法律に従って税関当局の命令により行われます。
3。 関税同盟とロシア連邦の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された税関事項における情報システムの使用のための手順。

98を§。 データ処理のために設計されたハードウェアの要件
ソフトウェアとハ​​ードウェアを含む通関目的のために使用する情報システム、に含まれる情報を処理するための技術的手段は、ロシアの法律規制の要件を遵守しなければなりません。

99を§。 税関当局の情報資源
1。 :税関当局の情報資源は、国際協定に従い、関税同盟の関税法令、を含む、本連邦法、その他の連邦法を、税関の処分で(利用可能)入手可能な情報(データ)を文書化されています
関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法令に従い、税関業務の手数料で人の1)(複数可)。
情報の交換に関する省庁間協定に基づいて連邦政府の執行機関の2)(複数可)。
3)は、情報の交換に関する国際協定に従い、税関及び(または)の分野で承認連邦執行機関の要請に応じて外国の(ガイド付き)機関に指示しました。
2。 関税同盟の関税法令およびロシア連邦の法律で指定された情報の文書化のための要件に従う電子形式で提出することができる税関申告を含む税関事項について、ロシア連邦の法律に従って規定されているプレゼンテーションそのうち文書。

100を§。 税関機関の情報資源の一部から情報を取得します
1。 税関の分野での税関国境を越えて商品や車の動きに関連する活動を行う者、または活動は、自分自身について文書化された情報の税関当局によって保持されている情報にアクセスすると、その完全性と正確性を確保するために、この情報を更新する権利を有します。 税関当局は、人々に無料でそれらに関する入手可能な情報を付与しなければなりません。
2。 国家機関に書かれたアプリケーションを検討するため、ロシア連邦の法律によって確立された条項に書面で応答を提供することにより、本人の書面による要求に基づいて税関当局によって提供される情報。 税関当局に向けた治療し、応答を検討する際に制限されたアクセスを有する者についての情報を確保する義務がある、それが関係する誰に人に転送されます。
3。 必要な情報を入手するには利害関係人は、任意の税関当局に適用することができます。

101を§。 税関当局による情報の保護
1。 ソフトウェアおよびハードウェアを作成して、情報の保護の他の手段は、ロシアの法律に従って、税関の要求によって行われます。 ハードウェアとソフトウェアと関税同盟とロシア連邦の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された情報保護の他の手段を使用するための手順。
2。 ロシアの法律に従い、税関の分野で承認連邦執行機関、およびその他の連邦執行機関による情報保護の手段の使用のための要件の遵守を監視します。

章8。 通関統計

102を§。 ロシア連邦の外国貿易の通関統計
1。 関税、通貨管理、ダイナミクスとロシア連邦外国貿易の発展動向、一般的には貿易と国際収支と経済の分析、当局が収集し、モノの移動についての情報を処理している関税の連邦予算に歳入のロシア連邦外国貿易の状態制御を分析するために、関税同盟の税関国境を通じて関税同盟の関税法典の記事180に従い、物品の税関申告に提示。
2。 ロシア連邦の貿易の通関統計は、関税同盟の税関コード、外国貿易と関税同盟とロシア連邦の相互貿易の統計の通関統計のシングル方法論に従って行います。
3。 税関当局は、ロシア連邦の対外貿易の通関統計のデータを提供し、ロシア連邦大統領、ロシア連邦の連邦議会は、ロシア連邦政府は、強制的な、自由です。 他の連邦国家当局、ロシア連邦当局の州当局、地方自治体、裁判所、検察官、ロシアの銀行、国家予算外資金、労働組合の組織や経営者団体だけでなく、国際機関、税関当局は、ロシア連邦のデータを提供し、外国貿易の通関統計、これは、状態、商業、金融、法律(秘密)または他の情報によって保護され、他の秘密が含まれていません アクセスが制限され、無償とロシアの法律およびロシア連邦の国際条約に従ってインチ
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、ロシア政府によって決定されるの方法とタイミングの外国貿易のロシアの通関統計を公表しています。
5。 その他の利害関係人は、税関当局は、政府によって決定方法で、有料で、ロシア連邦のデータ、外国貿易の通関統計、正式に公開されていないと状態が含まれていない、商業、金融、法律(秘密)または制限されたアクセスの他の情報で保護されているその他の秘密を提供します。

103を§。 特殊通関統計
1。 その任務、目的を達成するためには、税関当局は、体は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定方法で特殊通関統計を維持しなければならないと述べました。
警告! 特殊通関統計を行うための手順は、の1495 10.08.2010番号からロシアのFCSの順序によって承認されています
2。 ロシア政府と他の国家機関に委託タスクを解決するために、税関当局は、収集、処理、および情報の伝送、ロシア政府によって決定されているかのリストと周期を実施しました。

104を§。 状態との相互貿易の統計 - 関税同盟のメンバー
ロシア連邦の法律や国とロシア連邦の相互貿易のロシア連邦統計の国際条約に従って - 関税同盟のメンバーは、政府が指定した方法で認可連邦執行当局によって行われます。

章9。 関税同盟の対外経済活動の命名法の下で商品の分類

105を§。 対外経済活動の商品命名
関税および外国貿易と対外経済活動の他の種類の非関税規制の措置の実施については、ロシア連邦内の通関統計を実施する関税同盟の委員会によって承認され、対外経済活動の商品命名法を使用されています。

106を§。 商品の分類
1。 商品は関税同盟と現在の連邦法の関税法令に従い、税関申告または税関に提出その他の書類は、外国の経済活動の商品命名法上の商品のコードの表示を必要とする場合において宣言の下に分類されます。
2。 対外経済活動の商品命名法に従って商品の商品コードのための税関申告は申告によってまたは申告、税関代表に代わって表示されます。
3。 商品の誤った分類を特定するには、税関当局自体は、商品の分類を行い、その分類を決定します。
4。 商品の分類に関する決定は、以下の基本的な情報が含まれていなければなりません。
1品の分類の決定をした税関当局の)名前。
2)申告の名前。
3)物品の分類とその適用日の決定の登録番号。
4)製品の名前。
5)製品情報は、その分類のために必要。
外国貿易の商品命名法の下で6)分類コード;
7)商品の分類に関する決定をした税関職員の署名。
5。 商品の分類に関する決定は、次の追加情報が含まれる場合があります。
1)商品の分類に関する決定の正当化。
彼の分類の決定に関して商品や製品番号の宣言の2)数。
3アプリケーションまたは追加のシートや習慣のために必要なその他の情報の存在についての)情報。
()より高い税関当局による決定やその他の理由で決定の採択または修正の違法に関連して、税関当局の下の意思決定をキャンセルする必要がある場合には、商品の分類に関する低い税関当局の決定を取り消すに4)情報。
6。 そのような決定をリリースする前に、商品の分類に関する税関当局の決定を採用して申告に通知しなければなりません。 税関当局が商品の分類に決定を採択した場合は支払うべき関税、税金、商品のリリースはさらに、商品の分類に関する税関当局の決定に従って評価関税と税金の支払いの前に行われていないの量に影響を与えます。 商品のリリースの関税同盟の税関コードの条196で指定された時間内にフルで関税や税金の不払いの場合には、税関当局は、関税同盟の税関コードの条1 201のパラグラフに合わせて商品をリリースすることを拒否しなければなりません。
7。 税関当局が商品の分類に関する決定を採択した場合の禁止や制限の適用に影響を与える、商品のリリースは、この連邦法の記事219に応じて次のドキュメントは、リリース後に利用できるようにすることができる、場合を除いて確立された限界値の遵守を確認する文書を、提供するために行われていません製品。
8。 商品の分類に関する税関当局の決定は、関税の支払いに被写体の大きさを増加させないと禁止および制限の適用に影響を及ぼさない場合は、このような解決策は、商品を解放することを拒否するための基礎ではありません。 この場合、申告(税関の担当者は)商品のリリース日から5営業日を超えない期間内に記載された情報への調整を行うことが義務づけられています。
9。 商品のリリース前に兆候を検出すると、商品の分類が無効または宣言した情報であるという事実が確認されていない示す、税関当局が追加のチェックを行います。 さらに、検証の目的のために税関当局は、税関検査やリクエストの追加文書や情報を任命しなければなりません。 追加の文書や情報を得るためには、税関当局は、直ちにこれらの商品の分類に影響を与える商品の特性に関する情報、および文書情報の名称を確認する必要があるかについてを提供する必要性を宣言する書面で通知しなければなりません。 申告は、商品に関する情報を含む、使用可能な他の文書を提供する権利を有します。
10。 追加試験は、商品の解放のために関税同盟の税関コードの条196に指定された制限時間内に終了することができない場合は、商品のリリースは税関当局によって行われ、更に、更なる試験の結果に充電することができる関税と税金の支払いすることを提供します。 書面での税関当局は、関税や税金の支払いに必要なの申告サイズを知らせます。 この場合、商品は関税や税金の支払いの日から遅くとも1日より税関当局によって解放されなければなりません。
11。 税関申告で指定された製品のコード内で変更した場合は、商品のリリースが行われていない追加の検査の時には、申告が確立限度の遵守を証明する書類を提出した場合を除き、禁止や制限の適用に影響を与える、またはときに、本連邦の記事219に従い、法律は、そのような文書は、商品のリリース後に提示することができます。 税関検査のために締め切り時に品物の出力は、関税同盟の税関コードの段落4 196記事によって確立された物品の解放のための期限を超えないようにする必要があり、その結果を生成するために行われていない場合は、追加のテスト。
12。 商品のリリース後、商品の分類に関する税関当局の決定を採用する際に、その採択後5営業日以内に申告する決定を送りました。 この連邦法に基づく関税や税金の未払い額の回収。
13。 申告者は、本契約章3に従い、物品の分類に税関当局の決定を上訴する権利を有するものとします。

107を§。 所定の期間内に、不完全または未完成のインポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体の商品の分類に意思決定を行うための手順、
(参照してください。15.06.2011に関する連邦税関サービス情報)
1。 関税同盟の税関コードの条170で指定された制限時間を超える時間をかけて様々な貨物を想定された不完全または未完成、インポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体中の商品は、商品の命名法の下で1つの分類コードの表示を使用して宣言することができます商品の分類に関する税関当局の決定の存在下での対外経済活動。
2。 (以下この条において - 財の分類の決定)一定の期間内に、様々な貨物を想定された不完全または未完成、インポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体中の製品分類の決定により、連邦政府の執行機関を受け取り、商品の申告として機能する権利を有する者の書かれたアプリケーションに基づいて、通関業務の分野で承認しました。
3。 商品の分類に関する決定のためのアプリケーションが含まれなければなりません。
申請者に1)情報。
2)製品情報(氏名、製品コンポーネントのリスト)。
3)商品のお届け。
4)商品が置かれる下通関手続き。
商品の宣言になります税関当局の5)名前、。
4。 この記事は、次のドキュメントのサブセクション3で指定したアプリケーション:
品物に関して外国貿易取引の手数料を確認する1)文書;
2)成分申請者の書類、またはそのような文書への変更は、組織の認可(株)資本への貢献として、輸入品の部品の場合には、確立された順に状態の登録を渡されました。
3)無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の場合には経済特区の適用常駐。
紙と電子メディア上の製品コンポーネント(表形式で)の4)リスト:
a)は、製品の別のコンポーネントを構成する部品を含むコンポーネントの名前。
b)の対外経済活動のための商品命名法の品成分の分類コード;
c)の対外経済活動の商品命名法で使用される単位の商品の個別のコンポーネントを構成する部品を含む部品点数および重量;
生成物の個々の成分の相互作用を含む5)技術的目的を示す記述、機能、動作原理、。
6)目的、機能、動作原理、それらが作られる材料を示す製品の個々の構成要素の説明;
7)、アセンブリ(取付)、図面(図)。
5。 申請者提出書類とデータが商品の分類に関する決定を行うのに不十分である場合は、税関の分野で承認執行力の連邦本体は、物品の分類に関する決定の申請の提出の日から30カレンダー日以内に追加情報を提供する必要の申請者に通知します。 追加情報は、書面で申請者に通知の日から60の暦日以内に提供されなければなりません。
6。 情報を所定の期間内に提供または申請者が書類や物品の分類に必要な情報を提供することを拒否されていない場合は、商品の分類に関する決定の申請は拒否されます。 そのような宣言と矛盾する情報が含まれてそれに取り付けられたドキュメント場合物品の分類の決定のためのステートメントも拒否され、または分類規則に従って不完全または未完成含む組み立て又は分解における製品コンポーネントは、形成しない場合製品には、終了コードまたは完全な製品によって分類します。
7。 商品分類の決定は、商品の分類に関する意思決定のためのアプリケーションの登録の日から90の暦日以内に行われます。 必要であれば、この段落で指定された期間内に、この記事が中断されなければならないパート5に応じて追加情報を提供し、税関の分野で承認連邦執行機関を受領した日から再開し、要求された情報を含む文書後者。
8。 商品の分類に関する決定は、以下の情報が含まれていなければなりません。
1品の分類の決定をした税関当局の)名前。
2)物品の分類とその適用日の決定の登録番号。
3)申請者の詳細商品の分類に決定を送付しなければならないと(氏名、住所、);
4)製品の名前。
5)対外経済活動のための商品命名法の10桁の製品コード;
6)製品コンポーネントのリスト:
a)は、製品の別のコンポーネントを構成する部品を含むコンポーネントの名前。
b)の対外経済活動のための商品命名法の品成分の分類コード;
c)の対外経済活動の商品命名法で使用される単位の商品の個別のコンポーネントを構成する部品を含む部品点数および重量;
7)外国貿易取引のと商品構成要素、あるいは通関目的のために必要な他の文書のインポートまたはエクスポートに応じた手数料を証明する書類の詳細;
8品宣言の行われる税関当局の)名前。
9商品が置かれる下通関手続きの)図です。
10)税関職員の署名。
9。 製品分類によって決定は、その採択の日に効力を生じます。
10。 次の例で商品の分類に決定を変更します:
関税同盟や習慣の分野で承認連邦執行機関の欧州委員会、税関当局、または特定の商品の分類に関する明確化による結合の決定によって1)採用。
商品の分類や出願人による文書の作成を決定する際に2)エラーを特定、タイプミスが行われ、
変更は、製品またはそのコンポーネントに関連する場合3)は、外国貿易取引の条件に変更します。
4)は、対外経済活動の商品命名法に変更します。
11。 商品の分類に関する決定を変更する決定は、商品の分類に関する決定を変更する決定に指定された日に効力を生じます。
12。 次の場合には、商品の分類に関する決定の終了:
1)税関当局が商品の分類に関する決定のための申請者が虚偽の書類を提示したり虚偽の情報を記載していると判定された場合。
2)総税関申告は、本明細書の段落の記事8 215によって提供制限時間内に提出されていない場合。
3)書面で申請者は、個々のコンポーネントの商品の輸入または輸出後を含め、商品を供給することを拒否した場合。
13。 分類規則に従い、商品の条件付きでリリースさコンポーネントは財の分類の決定に指定され、完了または完全品の分類コードに関連する場合、商品の分類の決定の妥当性を終了する決定は、受け入れられません。
14。 商品の分類の決定の妥当性を終了する決定は、商品の分類に関する決定の日に効力を生じます。
15。 商品の宣言本契約の条215に準じて行う対外経済活動のための商品命名法の1つの分類コードを示す様々な貨物を想定された不完全または未完成のインポートやエクスポートなど、を含む、組み立てられていない、または逆アセンブル。

108を§。 商品の分類に関する予備的な意思決定、説明その他の決定
1。 税関業務や記事53に従い、対外経済活動の命名法の下で商品の分類に関する予備的な意思決定を行う関係者の要請に応じて、習慣の分野で認可連邦執行機関によって決定された他の税関機関の分野で認可連邦執行機関 - 56関税同盟の関税コード。 そのような決定を行うための手順は、税関の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。
2。 税関の分野で承認連邦執行機関は、特定の商品の分類に関する決定や説明を行います。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関は、関税同盟の税関コードの記事52に従って税関当局によって受け入れ予備決定および解釈に関する情報へのロシア連邦の領土上の利害関係者への無料アクセスを提供します。

章10。 原産国

109を§。 商品の原産国の決意と応用
1。 商品の原産国と関税同盟の税関コードの7の頭部を決定するための共通のルール上の協定に従って行わロシア連邦に輸入する際、関税同盟のメンバーではない国から発信品の原産国の決意、。
2。 あなたが国に由来品の原産国を判断したい場合 - メンバー - 関税同盟のメンバーを他の方法での国際条約により提供されない限り、ロシア連邦の国際条約に基づいて設立され、原産国を決定するための規則は、独立国家のCIS自由貿易地域内に結論付けました関税同盟。
3。 商品の原産国は、申告により決定され、例では、本連邦法、税関当局によって確立されます。 税関本体に申告貨物の税関申告によって宣言された商品の原産国。 原産国を宣言によって宣言された商品の起源は、関税同盟の関税法令に従って文書化しなければなりません。

110を§。 商品の起源の同定を確認します
1。 税関当局は、このような措置の適用は、商品の発売前と後に、原産国の行動に依存する場合の税関及び関税と非関税規制の遵守を確実にするために、商品の原産国を決定の正しさを監視しなければなりません。
2。 税関当局は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形や方法で、関税好みを付与する商品の原産国の決定を行い、(または)物品の原産国を決定の正しさを監視した結果によります。
3。 税関当局によって商品の原産国を決定の正しさを確認する過程で関税同盟の関税法令によって確立された関税の好みを付与するための条件を満たしていない、確立された手順に従い、税関が関税の好みを付与しないことを決定したことがわかった場合。
4。 示し、商品の放出特性の前に検出された場合、その支払うべき関税、税および量に影響を与える商品の原産国に関する宣言情報(または)非関税規制措置の使用が適切に確認され、不正確であってもなくてもよい、税関当局追加のチェックを行います。 税関当局の追加文書や情報によって追加の検証の一環として要求することができます。 追加試験は、物品を解放することを拒否するための基礎ではありません。 商品のリリースは、関税や税金の支払いの対象となるか、関税同盟の税関コードの記事63に従ってその支払をしなければなりません。
5。 サブセクション2および(または)この記事の3で指定された税関当局の決定を採択では、商品そのような決定のリリース後、その採択後5営業日以内に申告に送信されます。 この連邦法に基づく関税や税金の未払い額の回収。

111を§。 商品の原産国に関する予備決定
1。 税関業務や習慣の分野で承認連邦執行機関、申請者の要求によって決定された他の税関機関の分野で承認連邦執行機関は、特定の国からの商品の起源に関する予備的な決定を下します。 申請者は、商品の所有者、商品の買い手、申告として働くロシア人であってもよいです。 申請者は、申告者として働く外国人であってもよいです。
2。 予備的な決定を下すことに興味人は、関連する税関当局に予備的意思決定のためのリクエストを送信してください。 この要求は、予備的な決定を行うために必要なすべての製品情報を含まなければならない:完全なビジネス名、ビジネス名、主な技術的および商業的特性(目的、グレード、作る、モデル、記事、材料、製品の材料、行っ製品の機能を、個人や輸送梱包の説明)。
3。 依頼試験報告書、国の商業や他の専門家の企業の専門知識室の証明書製品メーカー、専門家の専門家団体、財の調査での結果、外国貿易取引の手数料、商品の価値の計算、製品のプロセスの製造工程の詳細な説明をご確認の書類の結論を伴うために、この製品はなど完全であることを示す商品やその他の文書の原産地証明書 oizvedenまたは商品の原産国に十分な処理を施しました。 リクエストにサンプルや製品サンプルを伴うことがあります。
4。 情報を提出した申請者は、予備的決定を下すには不十分である場合には、税関当局は予備判決の要求の登録の日から30の暦日以内に、追加情報を提供する必要の申請者に通知しなければなりません。 追加情報は、書面による通知の習慣本体の登録の日から申請者に60の暦日以内に提供されなければなりません。 情報を所定の期間内に提供されていない場合は、税関当局は予備判決の要求を検討することを拒否しなければなりません。
5。 予備的な決定は、税関当局による要求の登録の日から90カレンダー日必着で行われてはなりません。
6。 必要であれば、パート4で申請者に書面で通知の登録日から中止しなければならない、この条のサブセクション5で指定された期間内にこの記事を応じて、追加情報を提供し、要求された情報を含む文書の最後の税関機関による受領日から再開しました。
7。 商品の原産国に関する予備的決定を行うためのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。 (原産国に関する予備的決定に公共サービスを提供するために、連邦税関の。行政法規を参照してください)
8。 予備決定は、それは、変更取り下げていないか、それが終了していないされていない限り、その採用の日から3年間有効です。 予備決定は、ロシア連邦のすべての税関当局に拘束されています。
9。 税関当局は、終了変更したり、それが予備決定の通関体の子を採用していた取り消すことを決定することができます。 税関当局は、予備決定の申請者が虚偽の書類を提出し、(または)偽および(または)不完全な情報の報告と判定された場合、予備的決定を終了する決定は、取られます。
10。 予備的な判断を終了する決定は、この予備的な意思決定の採択の日から施行します。
11。 税関当局または予備判決で認められた出願人によるエラーの場合で行われた予備的な意思決定の変化。
12。 予備的な決定を改正する税関当局の決定は、予備的な意思決定を改正する決定に指定された日に効力を生じます。
13。 予備決定は、ロシア連邦およびロシア連邦の規制の国際条約は、商品の原産国を決定するための他の要件と条件を確立する場合には取り消されます。
14。 ロシア連邦またはロシア連邦の規範的法的行為の国際条約の発行日以降に30の暦日を通じて税関当局によって撮影された予備的な意思決定を取り消す決定は、この条の一部の13で言及し、それらと同時に施行します。
15。 決定が終了し、変更や、終了変更または予備の決定を取り消す決定の日の翌日必着応募者への予備的な決定を取り消すありません。

章11。 品の関税価値

112を§。 品の関税価値の定義、宣言、監視と調整
1。 アカウントにそのアプリケーションの特殊性を取って、関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値の決意を支配する関税同盟のメンバー - ロシア連邦に輸入関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値は、国際合意に従って実施しました関税同盟の税関コードによって確立された例。
2。 ロシア連邦政府は、ロシア連邦からの輸出品の関税価値を決定するための手順を確立します。
3。 宣言、制御およびロシアへの輸入で関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値の調整は、関税同盟の税関コードの章8に従って行います。
4。 金融の分野で承認連邦執行機関と連携して税関事務の分野で承認連邦執行機関は、ロシアからの輸出品の関税価値を制御するための手順を確立します。
5。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は確立しなければなりません:
1)手順およびロシア連邦からの輸出品の関税価値の宣言の形。
警告!
関税価値(TPA-2)の宣言と関税価値申告書TPA-2 CMを充填する規則の形。の151 27.01.2011番号からロシアのFCSのために
の3 4番号からロシアのFCSのためにロシア連邦を参照してくださいからの輸出品の関税価値を宣言するための関税価値(TPA-152と27.01.2011-TPA)、手続きのフォーム宣言。
2)関税同盟の関税法令で定められた場合の商品の関税価値の決意で、ロシア連邦への輸入品の関税価値の宣言で充填するためのフォームやルール。
3)物品の関税価値は、税関値の宣言に入力せずに商品の宣言に述べられているインポートされた積荷の合計関税価値の量;
品の関税価値の制御は関税価値の税関当局の特化(機能)単位によって行われる4)。 (参照してください。数1145 01.06.2011からロシアのFCSの順序)
品の関税価値の調整に税関当局の決定の5)キャンセル。
6。 商品のリリース前と後の両方、税関値の制御に税関当局によって取られた商品の宣言税関値を調整する関税同盟の決定の税関コードの記事68によると、税関当局や申告が商品の関税価値について虚偽の情報を述べているが見つかった場合、商品の税関値を決定するために、税関財の値及び(又は)を決定するための適切に選択された方法を含みます。 商品の関税価値の制御に税関当局によって取られた商品の宣言税関値を調整すると、次のような場合に、追加の検査なしにリリースする決断:
1)の検出は、税関管理の過程で税関当局によって確立された情報は製品の不遵守(定性的および商用仕様、数量、性質、起源、価格やその他の情報)は、実際の知識、宣言で宣言された物品の関税価値の量に影響を与えます。
2)宣言税関非準拠の値の値とそれらの書類の提示証拠でそのコンポーネントを識別する。
3)関税価値の量によって影響を受ける技術的なエラー(入力ミス、算術エラー、不正な為替レートやその他のエラーの使用)を、識別する。

113を§。 品の関税価値に関するアドバイス
条52によれば、本明細書の税関当局は、物品の関税価値に利害関係者に相談してください。 これらの協議を実施する際に、税関当局は、文書を検査し、通関値に予備的決定を行うために資格がありません。

 

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションII - 税関の支払い

章12。 関税の支払いに関する一般規定

114を§。 関税、税金の支払者

関税同盟と現在の連邦法のメンバー - 関税と税の納税者は申告や関税同盟の税関コードの国際条約に基づいて関税と税金の支払いを担当している他の者です。

115を§。 関税と税金の支払いの規約
1。 関税と税金の支払いの規約は、関税同盟の税関コードに従って設定されなければなりません。
2。 商品の点で、関税や税金は、特に税関申告は関税同盟の税関コードの各号2と4 194記事に指定されているが、あるいは同時に税関申告の提出に先立って税関申告の提出に支払わなければなりません。

116を§。 関税と税金の支払いの手続きと形式
1。 個人的な使用のための財の輸入関税を除いて、輸入関税は、国際条約の状態により指定された口座に支払わなければならない - 関税同盟のメンバー。 輸入関税は、他の支払の支払と相殺することはできません。
2。 輸入関税の支払者の要求に応じて前に税関申告書の提出に納付することができます。 国際的合意状態の規定の対象本契約条121に規定する手続に関連して作られた税関申告に支払わ輸入関税の注文量 - 関税同盟のメンバー。
3。 関税同盟の委員会が設立された特別、アンチダンピングと相殺関税は、国際条約の状態で指定された口座に支払わなければならない - 関税同盟のメンバー。
4。 事前に特別な、関税同盟の委員会が設立され、暫定アンチダンピングと相殺関税暫定連邦財務省の口座に支払われなければなりません。 特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の導入前の調査の結果が、特別な保護、アンチダンピングと相殺関税の導入のための理由は利用できないことが確立されている場合は、合計が順番に支払人に返金するものと暫定特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税を支払いました本契約の条148に設立されました。 関税同盟のメンバー - 調査の結果は、特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の適用に関する決定を言った場合は、暫定的特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税の額は、国際合意によって指定された口座に入金されなければなりません。
5。 ロシア連邦に適用される特別な、アンチダンピングと相殺関税を一方的に、特別な暫定、ロシア連邦に適用される暫定アンチダンピング仮相殺関税は、一方的に連邦財務省の口座に支払われました。 特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の導入前の調査の結果は、特別な、アンチダンピングと相殺関税の導入のための理由は利用できないことが確立されている場合、合計は方法で支払人に返金するものと暫定特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税を支払いました本契約の条148に設立されました。
6。 輸出関税は、連邦財務省の口座に納付しなければなりません。
7。 個人的な使用のための商品の税金や関税、税金は、連邦財務省の口座に納付しなければなりません。 個人的な使用のための物品上の個人の関税、税金によるお支払いは、税関当局のレジに行ってもよいです。
8。 かかわらず、一定期間ロシア連邦またはロシアからの輸出にインポートする疑惑の商品のため、この記事の1 - 関税と税金の支払いは3、7のサブセクションで指定したアカウントに関税や税金の量を作ることによって集中的に実施することができますそのからこれに税関当局は、このような物品のための税関申告で提出されます。
9。 一元的に関税や税金の支払い税関業務の分野で認可連邦執行機関と締結している関税と税の納税者であってもよいし、税関当局による、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって決定、中央集中型の手続きの適用に関する協定関税と税金の支払い。 協定は完全かつ適時関税の支払いのと同様に、税関手続の遵守の観点から、税関事項についてロシア連邦法の関税同盟および(または)の税関の法律により設立要件や条件の遵守から人々を免除する条項を含めることはできません。 関税の分野で認可連邦執行機関は、関税や税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定の標準形式を承認することができます。
10。 税関の分野、および関税や税金の支払者に許可連邦執行機関間の関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定は、ケースです。
1)協定の締結を前年中に支払った関税や税金の額は100億ルーブルを超えた場合、
2)関税と税金の支払いに関する債務が存在しません。
3年間の対外経済活動の3)。
2以上の地域の税関部門の領域に位置する2以上の税関機関における通関手続き中の商品の配置を伴う通関業務の4)、または税関で、税関業務の分野で承認執行力の連邦機関によって決まります。
5)協定の締結に先立つ1年以内に繰り返し完璧なの欠如(2と複数回)、記事16.7と行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政違反。
6)は、少なくとも月に一度作られた物品の輸入および(または)エクスポートした場合。
11。 税関当局間の関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定関税の分野で承認連邦執行機関によって定義されるように、と関税、税金の支払者は、ケースです。
1)協定の締結を前年中に支払った関税や税金の額は、包括的50 100から億億ルーブルですか。
2)関税と税金の支払いに関する債務が存在しません。
3年間の対外経済活動の3)。
地域の税関総局の地域にある2つ以上の税関機関における通関手続き中の商品の配置を伴う通関業務の4)。
5)協定の締結に先立つ1年以内に繰り返し完璧なの欠如(2と複数回)、記事16.7と行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政違反。
6)は、少なくとも月に一度作られた物品の輸入および(または)エクスポートした場合。
12。 関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定は、現在の暦年です。 当事者の合意により、このような契約は、より短い期間のために結論することができます。
13。 関税や税金は関税と税金の支払いのための集中手順を使用して納付しなければならないそれらの点で財を宣言する場合、関税と税金の支払いを確認した支払伝票を提供する税関当局は必要ありません。
警告! の連邦法番号14-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
14。 現金の関税支払いの支払い、支払いを進め、この連邦法に基づく罰則、利息、ペナルティは、(引き渡し)を受信する可能性なしに、支払の電子的手段を利用して業務を遂行するために設計されたデバイスを使用して実施することができる(以下、 - 電子端末)だけでなく、決済端末やATMを介しました。
古いバージョン:
14。 関税と税金の支払いは、電子的または支払端末、ATMを介して行うことができます。

警告! の連邦法番号15-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
15。 ときに関税の支払い、前払い、罰則、利息、罰金、電子端末、決済端末やATMの国際的な合意によって指定された口座に連邦財務省、および(または)のアカウントへの入学を担当する法人によって行われた計算の参加者間の情報交換を使用して - 関税同盟のメンバー、電子端末、決済端末やATMのが支払ったお金だけでなく、適切な性能を確保します 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、約束、の。 これらの事業体への要件は、それらの間の相互作用のためには、関税、税金、および関税の分野で認可連邦執行機関の支払者は、政府によって決定されます。
古いバージョン:
15。 この連邦法の目的のためには、決済システムのオペレータは、国際で指定された口座に連邦財務省の口座への入学のための責任、および(または)電子または支払い端末、ATMは、使用上の関税と税金の支払いの際に決済参加者間の情報交換に従事する法人を理解しています契約状態 - 関税同盟、電子または支払端末、ATMのが支払ったお金のメンバー、および提供 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、約束の適した適切な履行、。 決済システムのオペレータに、決済システムオペレータ間の相互作用の組織化のためには、関税、税金、および関税の分野で認可連邦執行機関の支払者は、政府によって決定されます。

警告! の連邦法番号16-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
16。 電子端末、決済端末やATMの利用と関税の支払い、前払い金、罰則、利息、課徴金の支払いに関する手順と技術取引は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
古いバージョン:
16。 電子決済端末やATMの使用に関する関税と税金の支払いの手順と技術取引は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されます。

117を§。 関税と税金を支払う義務
1。 この記事現金で呼ば量が支払う関税、税金の額以上である場合、関税と税金を支払う支払人の義務は、行わなければなりません。
電子端末、ATMを介して、関税と税金の支払いを含め、銀行に支払人の口座からの引き落とし日から1)。
瞬間から2)税関の現金部門や決済端末、ATMを介した現金の支払い後の現金。
関税の額を過払いまたは過充電関税と税金の支払いに対するセットオフの日から3)、税金、およびそのようなセットオフは支払人の主導で行われている場合 - 競争のアプリケーションの税関機関による領収書の瞬間から。
関税と税金の支払いとの相殺時間から4)は、支払いや現金担保を進め、そのようなセットオフは支払人の主導で行われている場合 - 税関の注文の順位を受信して​​から、
セットオフ関税の支払い、銀行税、銀行保証及び保証契約に基づく保証人に応じた金融機関または保険機関が支払ったお金に対しての日から5)。
資金はによって関税の回復の場合には、本契約の条6にいう口座に入金された時点から116):
a)は、関税と税金を支払っていないそれらの点で製品;
b)は関税や税金の支払者の担保財産。
警告! の連邦法番号2-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
2。 関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のために本明細書の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税と税金の支払いとは、物品15 116による電子端末、決済端末やATMは、本明細書の一部そのような確認は、電子を生成された文書であります ronnym、端末、決済端末やATM、本契約の条116で呼ば口座への資金移転の実施を確認し、電子的な形で含みます。 資金の移動は、関税や税金の支払いのために行われた文書を形成するので、それが取消不能となります。
古いバージョン:
2。 関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のために本明細書の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税と税金の支払いとは、電子決済端末、決済システムによって、ATMは、本契約の記事15 116部分にリストされている事業者は、このような確認は、ドッキングがあります アカウントの支払いの実行を確認し、電子的な形態を含め、電子的に形成されるか、または決済端末、ATMのumentは、本契約の条116に言及しました。
3。 関税同盟のメンバー - 関税および税は国際協定の状態で定める方法により個人的な使用のための商品に関して、個人が支払ったと考えられています。
4。 、関税、税金の支払者の要請だけでなく、パート1の記事119、一部の5の記事この連邦法の168で指定されたもの、税関当局が書面で関税と税金の支払いの確認を発行することが義務付けられているが、3つ以下暦年この要求に先立っ。 関税と税金の支払いの確認の形式は、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。 税関当局は、サブセクション1記事119で指定された関税や税金の支払者だけでなく、人々を必要としない場合があり、この連邦法の一部5記事168の国際協定によって指定された連邦財務省の口座または口座への資金の受領の確認 - メンバー関税同盟。 書かれた関税や税金の支払者の要求だけでなくパート1記事119に指定されているような時には、この連邦法の一部5の記事168は、税関当局は、連邦財務省の口座にかの国際的な合意によって指定された口座への資金の流れに関する情報を提供するために、自分自身を義務付けられています - 関税同盟のメンバー。 (フォームを参照。2554から順FCS№23.12.2010で)
5。 当行は、本契約の条116にいう銀行口座での関税、税金の支払人の口座から関税の支払い、罰則及び利息の譲渡取引のためのサービス料を請求されることはありません。

118を§。 外貨の使用
品の関税価値の決意を、税金を計算するなど、税関の目的は、外国通貨を再計算する必要がある場合には、為替レートは、ロシアの通貨に適用決定ロシア連邦中央銀行が、そうでなければしない限り、税関申告の登録の日に作用します税関での通関連合と(または)ロシア連邦法令の関税法令によって確立。 (参照してください。数267 14.02.2011からロシアのFCSの順序)

119を§。 国内消費のためにリリースの通関手続きの下でロシア連邦に配置された物品に関して関税と税金の支払いのための手順は、条件付きで発行されました
1。 条件付きで国内消費のためにリリースの通関手続きに従い、ロシア連邦の領土にリリースされた商品を購入する場合には、関税同盟の品物の状態は、関税と税金の支払い(サブ1と3ポイント1、関税同盟の税関コードの記事5ポイント200が必要です)、そのような支払いは商品が法的所有している人からの申告(その後継)またはその他の者によって作製することができます。
2。 サブセクション1に関税や税金のこの記事を指定された支払いは、商品の条件付きのリリースを行った税関当局に提出この記事のサブセクション1で指定された者による声明に基づいて行わなければならない、税関申告の数のc表示、商品や細部のを条件リリースそれによれば、支払文書は、関税と税金の支払いを行いました。
3。 以下のための税関申告で計算された和の量で支払わ関税同盟の税関コードのパラグラフの1ポイント1の記事200で参照される製品、関税、税金に関して商品の条件付きのリリースを作った、と関税の支払いに対する便益の提供に関連して支払われていません税金。
4。 関税同盟の税関コードのパラグラフ3点1の記事200で言及製品に関しては、関税は共通関税によって確立された輸入関税のレートで計算された輸入関税の量との差の量で支払われるものとし、輸入関税の額は、商品のリリースに支払わ。
5。 本明細書の1 1の記事 - アカウントに支払わこの記事関税、税金、3、7の特定の部分の段落に指定さ116。
6。 パート1本資料に基づいて支払うべき関税、税金の量と、罰金が充電されていないと支払われません。

120を§。 利息の支払い
1。 利息は、次のような場合に支払われます。
1)関税、税金の分割払いによって延期または支払いを付与します。
段落の記事2 5、条250、条3、251記事2ポイント、ポイント263 2の記事と関税同盟の税関コードの条276 3の段落の284段落の2の第一項に規定する場合において291)。
本契約の条3に規定する場合には288)。
2。 利息は以下の量で支払われます。
、利子税を延期または関税の分割払いを付与するための1)は関税や税金の量に充電されている、の支払期間は当日の物品の解放の日の翌日から期間において作用ロシア連邦中央銀行の借り換え率に基づいて変更されました関税と税金を支払う義務の終了;
2)段落5の記事250、ポイント3の記事251、ポイント2の記事263、ポイント2の記事276、ポイント3の記事284と関税同盟や記事現在の連邦法の2の税関コードのポイント291の記事288に規定する場合には、利息は量に充電されていますロシア連邦中央銀行の借り換え率に基づいて、関税と税金の支払いを条件として、それ以外の場合は、このサブセクションのパラグラフ3によって必要とされない限り、所定の期間内に作用します。
敷地の場合3)が一時的に2パーセント率に基づいて支払うべき関税の額に基づいて計算関税同盟の税関コードのポイント291 0の記事によれば、輸出関心の通関手続きの下で天然ガスを輸出しました。 - 3 2の段落はアートを参照してください7月1 2010から生じる法的関係に適用されます.. 325この法律
3。 利息は関税と税金を支払う義務の終了の日から遅くとも日より支給しません。
4。 お支払いは、収集および利息の返済は支払い、回収、リターン、それぞれ、関税、税金に関しては関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定める方法により行われています。
5。 本明細書の段落の記事6 147と19記事155部に指定された例における利息の支払いは、これらの記事に従わなければなりません。

章13。 前払い金

121を§。 前払い金
1。 前受金は、今後、輸出関税、税金、関税ではなく、特定の種類や輸出関税、税の量、特定の商品に対する関税のコンテキストで識別された支払人の支払口座に入金資金として認識されています。
2。 前受金は、ロシア連邦通貨の連邦財務省の口座に支払われます。
3。 前払金として支払われた現金は前払いをした者の財産であり、そして人は事前に担保権を行使していない税関当局や関税当局にそれについての順序をしない限り、関税または現金でのデポジットとみなすことがないかもしれません支払い。 または税関申告、前払金や関税の支払いとして、彼らのお金を使うか、関税と税金の支払いを確保するために、人の意図を証明する他のアクションの還付のためのアプリケーションのためにプレゼンテーションに事前に支払いを行った者の処分など。
4。 前払金の払い戻しの適用を除いて、その用途に事前に支払いを行った人物の注文に基づいて、これらの資金を管理税関当局は、種類や量によって関税の支払いや現金担保として前受金の識別を行います。
5。 指定された人元払いとして支払われた資金の支出に関する報告書が、指定されたアプリケーションに三年以上前にいないを提供するために、書き込みに必要とされ、このような宣言を受領した日から前払金、税関当局遅くとも30の日を作った人の書面による要求に応じて。 フォームは、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認された前払金として支払われた資金の支出に関する報告書は、税関やその他の支払いの種類(形式、順序を確認することによって人物の文で指定された期間のための情報が含まれている必要があります。 2554 23.12.2010からFCS番号)
金額に1)は、前受金のステータスは現金預金の形で以前の堆積資金を獲得したか、過払いや関税の支払いを収集した場合の支払者の要求を含め、アプリケーションで指定された期間のための前払金を受け取りました。
前受金の妨げのないバランスから関税や税金の余地コレクションに基づいて文書の詳細を習慣やその他の支払いの支払いに費やさ前払金の金額に2)、現金担保の導入、。
3)は、前受金の額に、人はリターンと返金の意思決定のためのアプリケーションの詳細に戻りました。
6。 不一致の場合には、報告書の税関体の結果と、事前支払いを行った人物は、その人物の現金支出の共同和解を行いました。 この検証の結果は、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認されたフォームでの行為を作られています。 証明書は、税関当局と事前支払いを行う者が署名し、二つのコピーで作られています。 報告書のコピー、それが授与された者によって署名された後。 (「前払金の和解の行為の承認について」。数2521 22.12.2010からロシアのFCSの順序を参照してください)

122を§。 先払い
1。 帰国のためのアプリケーションは、事前の支払いの使用上の最後の注文日から3年以内に、事前の支払いをした者(後継)によって提出された場合、過払い関税​​、税金の返還のために提供されるルールによって行われた前払金の返還。 前払金の使用について語っ人注文がなされていなかった場合は、そのリターンのための指定申請期限は、連邦財務省の口座に資金を受領した日から計算されます。 前払金の返還のための申請書には、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。 (参照してください。数2520 22.12.2010からロシアのFCSの順に)
2。 この期間の後、前払い金の未請求金額は、連邦予算の他の非税収に記録され、払い戻しできませんされています。
3。 以下の書類を添付前払い金の還付の申請:
前払金の振込み確認1)支払文書。
2)の各項にいう書類4 - 7この記事の、人の状況に応じて、
3)払い戻しの有効性を確認するために、前払い金の払い戻しの要求を提出する者によって提供されてもよい他の文書。
4。 ロシア連邦の法律に従って設立された法人は、提供します。
1)税務登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
2)状態の登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
前払金、元の文書のプレゼンテーションの公証や税関当局の復帰の申請書に署名者の権限を確認する3)ドキュメント。
4)は、アプリケーションに署名する人のオリジナルの身分証明書の提示で、前払い金の払い戻しの要求に署名した人の署名、公証や習慣体標本。
5)前払金の払い戻しの要求は、元の文書のプレゼンテーションで前払、公証または税関当局を作った人の譲受人を務めた場合は、連続を確認する文書のコピー。
5。 法人は、この記事のサブセクション4で定める者を除き、提供します。
1)それは公証をロシア語に翻訳法人を()、作成された国の法律の下で法的者の地位を証明する書類の写し。
2)ロシア語への翻訳との前払金の返還(申請書に署名者)の権限を確認する文書のコピー、公証。
3)公証前払い金の返金、の要求に署名した人の標本署名。
6。 個々の起業家として登録された個人は、提供します。
1)税務登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
2)状態の登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
元の文書のプレゼンテーションで3)ロシア連邦の市民のパスポートのコピー、公証または税関;
7。 個人が提供します。
1)ロシア連邦またはロシア連邦、元の文書のプレゼンテーションの公証や税関当局の法律に従って、市民の身元を証明するその他の文書の市民のパスポートのコピー;
2)前払金の還付の申請が元の文書のプレゼンテーションで事前に支払いを行った人物の後継者、公証または税関を務めた場合に、前払い金の額に権利を確認する文書のコピー。
8。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された文書提供されている場合 - この記事の7を、人は再びこのような文書を提供しない権利を持っている、そのような文書や、それらの変更がない限りの税関当局のための情報を提供します。
9。 文書と前払金の返還のためのアプリケーション、この条により設定されたリストは、資金のデータを管理する税関当局に供給されます。

章14。 関税

123を§。 関税の種類
1。 関税は、商品の生産、物品の関税護衛、商品の保管に関連する彼らの活動の履行のための税関当局によって課さ必須支払です。
2。 その他通関手数料が含まれます:
財の生産に関連する行為に対し、1)通関手数料(以下、 - 税関業務のための通関手数料)。
2)税関の護衛のための通関手数料;
3)ストレージのための通関手数料。

124を§。 関税の納税者
1。 税関伴奏のための税関業務や通関手数料のための通関手数料の支払者の人が本契約の条114で言及されています。
2。 ストレージのための通関手数料の支払者は、税関当局の一時保管倉庫で商品を置く人々です。

125を§。 関税の計算の順序
1。 関税は一部2この記事で定める場合を除き、納税者によって計算されます。
2。 関税は、関税の支払いに関する請求、ならびに個人的な使用のための物品関税の税率の計算の税関当局によって計算されます。
3。 ロシア連邦通貨で行わ金額支払う関税の計算、。 関税の計算の目的のために外貨を再計算する必要があり、例ではロシア連邦中央銀行によって確立されたロシア連邦の通貨、および税関当局による税関申告の登録日付現在に外貨を使用。

126を§。 関税の適用率
1。 税関当局が通関業務のための通関手数料、税関申告の登録日に力料金の量を計算する目的のために。
2。 税関の護衛のための関税、税関当局によるトランジットの宣言の登録の日に力料金の量を計算する目的のために。
3。 税関当局の一時保管倉庫での商品の保管期間中に力のレートを格納するための通関手数料の額を計算する目的のために。

127を§。 関税の支払いの規約
1。 通関業務のための通関手数料は、税関申告書の提出と同時に支払われるべきです。
2。 税関の護衛のための通関手数料は、税関の護衛の実際の実装に先立って支払わなければなりません。
3。 ストレージのための税関料金は、税関当局の一時保管倉庫から商品の実際の発行前に支払わなければなりません。

128を§。 関税の支払いの手続きと形式
1。 通関手数料が支払われます。
カスタム操作のための1) - 税関に提出不完全な税関申告、定期的な税関申告、一時的な税関申告、フル税関申告を含む物品の宣言;
税関のサポートのための2) - 税関トランジットの通関手続き中の商品を運ぶ車が伴います。
ストレージ用3) - 税関当局の一時保管倉庫での商品の保管。
2。 関税の支払いは、規則及び本記事3の規定の対象関税と税金の支払いに関連して、本連邦法によって確立された方法に従って、実施されます。
3。 関税の支払いは、ロシア連邦通貨の連邦財務省の犠牲にして行きました。 個人的な使用のための物品上の個人の関税によるお支払いは、税関当局のレジに行ってもよいです。

129を§。 関税の収集とリターン
1。 関税の収集とリターンがこの記事2と3において想定例を除き、関税、税金の回収及びリターンのために、この連邦法で定められた手順に従って実施されています。
2。 その監査の過程で税関申告の登録は税関業務のための通関手数料の値に影響を与え、その中に含まれる調整を行った後、商品の宣言によって宣言された通関業務のための通関手数料の額は、通関業務のための関税の追加のペナルティと払い戻しを修正再表示されていない、場合生成されません。
3。 段落に指定された例では、本連邦法の1と2 1の記事148は、通関業務のための関税の払い戻しは行われません。

130を§。 通関手数料の料金
警告! パート1 - 4 130の記事は10月1 2011年から施行、アートを参照してください.. 325この法律
1。 通関業務のための通関手数料の料金は、ロシア政府によって確立されています。
2。 税関当局のサービスのおおよその費用に限定税関業務のための関税のサイズと100 000のルーブルを超えることはできません。
3。 関税を輸出規制の対象ではない商品のロシアからの輸出の場合には、税関業務のための通関手数料率は、このような財の値に依存することはできません。
4。 通関業務のための通関手数料の一時的な税関申告率は、このような物品の値に依存することはできません提出して商品を宣言するとき。 税関当局へのその後の提出で通関業務用の同等品の通関手数料の完全な税関申告がパート2この記事に従って金額で支払わなければなりません。
5。 税関の護衛のための通関手数料は以下の量で支払わなければなりません。
税関の実施のための1)が各車両との距離に鉄道車両鉄道の各ユニットを護衛しました:
a)にまで及び50キロを含む - 2 000のルーブル。
b)は51 100キロからまでを含む - 3 000のルーブル。
C)101 200キロからまでを含む - 4 000のルーブル。
d)に200キロ以上 - すべてのキロメートルのための1 000 100のルーブルが、6 000のルーブル未満ではありません。
かかわらず、移動距離の2 20のルーブル - 税関の実施のための000)は、すべての船舶又は航空機を護衛しました。
6。 一日あたりの商品の各1キロから100のルーブル - 税関当局の一時保管倉庫での保管のための通関手数料は、特定の商品分野の保存のために特別に適合で、一日あたりの商品の各2キロから100のルーブルの量に支払っ(内装と装備)されなければなりません。 完全に - 財の不完全100のキロは100キロとパートタイムを完了するために同化しました。

131を§。 関税免除
1。 通関業務のための通関手数料はの点で課税されていません。
1)はロシア連邦にインポートして、援助を付与するロシアの法律(支援)に応じて、関連商品のロシア連邦からエクスポート;
外国人の特定のカテゴリの個人的な使用のために意図2)品ロシアにインポートして、外国の公館、領事館、他の公式の代表事務所、国際機関、これらのオフィス、機関、団体の職員、ならびに財に関してによりロシアからエクスポートロシア連邦の国際条約に基づいて給付、権限と(または)免除を楽しんで。
3)手順グッズの下でこれらの手順の配置の終了時だけでなく、一時的な輸入(寛容)や、州または地方自治体の博物館、アーカイブ、ライブラリ、および露出を目的とした文化財の他の公共のリポジトリロシアの一時的な輸出の通関手続きの通関手続きの下に置か文化財再輸出及びそれぞれの商品の再インポート、;
4)商品はロシア連邦にインポートされ、ロシア連邦に対処するために外国の参加、航空宇宙サロンや他の類似の活動との貿易見本市やコンベンションの間に実証するためにロシアからエクスポート;
関税同盟のメンバー、国の中央銀行によってインポートまたはエクスポート - - 通貨国の5)記念硬貨を除いて、関税同盟のメンバー、。
個人的な使用のための物品を除く商品の6)が()、ロシア連邦にインポートまたは1つのトランスポート(搬送)書類上の1の送信者からの受信者にロシア連邦からエクスポートされた、の合計関税価値は、中央の為替レートで200のユーロに相当する金額を超えません税関税関申告による登録時の効果的なロシアの銀行;
税関通過の通関手続きの下に置かれ7)製品;
関税同盟の関税地域への配信のために意図8ロシアの国際道路キャリアと国際道路交通連合会との間を搬送)TIRカルネの形態、ならびにATAカルネの形態、またはそれらの部品;
9)消費税スタンプ、ロシア連邦に輸入し、ロシア連邦からエクスポート;
関税と税金の支払いからの完全な免除の個人、家族、家庭用およびその他の非起業家の活動のための個人、によって移動10)製品;
11)の商品は、商品の宣言が別々の税関申告書を提出することによって行われなければならない場合を除いて、国際郵便で送られました。
12)品ロシアにインポートして、消耗品としてロシア連邦からエクスポート;
特別な手順を完了するために必要な手続きの下での商品の配置を含む特殊な通関手続の下に置かれ13)品、;
14)廃棄物(残渣)、破壊のための通関手続きの下で外国製品の破壊の結果として形成され、関税、税金の対象とならないそのため、
破壊された15)品、回復不能紛失または破損による事故や不可抗力にし、破壊のために通関手続きの下に配置されています。
到着や到着地の近くに位置税関管理区に位置し、ロシア連邦の領土に到着16)製品は、任意の通関手続きの下に置かれ再輸出の通関手続きの下に置き、ロシア連邦の領土を逸脱していません。
17)の商品は一時的に、彼らはATAカルネのロシア連邦からの再輸出で使用すると、商品の一時輸入の条件を満たしている場合、また、一時的にATAカルネにロシア連邦からの輸出品に関して、ATAカルネを使用してロシアにインポート彼らは、ATAカルネの使用とし、ロシアへのそれらの再輸入の一時輸出品の条件を満たしていれば、
18)ロシア連邦にインポートされ、関税同盟の税関コードの記事349に係る車両と一緒にロシアから輸出されているスペアパーツや機器;
一時輸入(入場)または無料税関ゾーンの通関手続きの通関手続きに従い、ロシア連邦の領土で発行され、それ以降の国際輸送の車両として使用されるなど、国際輸送の19)自動車、。
20)プロ仕様の機器、ロシア連邦政府により設立され、生産目的のために使用され、メディアの発行が一時的な輸出の通関手続きの下に置かなければならないかのリストだけでなく、再輸入の通関手続き中の商品の配置の一時的な輸出の通関手続きの終了時。
21)一時輸入の通関手続の下に置か撮影、プレゼンテーション、ショーや同様のイベント(演劇衣装、サーカスの衣装、kinokostyumy、ステージ装置、楽譜、楽器および他の小道具、サーカスの小道具kinorekvizit)を意図品(トレランスもしからこのような製品の場合)、または関税の一時的な除去のための手順、およびその再輸出(再輸出に応じて提供完全な条件付きのリリース)または再インポート(再輸入) 関税と税金の支払い。
そのような物品の点であれば、それぞれ、再輸出、再輸入の通関手続き中の商品を置くことによって、スポーツイベント、デモンストレーションスポーツイベントやトレーニング、一時的な輸入(入場)または一時的な輸出の通関手続きの通関手続きの下に配置し、これらの手順の完了時のために意図22)グッズ関税、税金からの完全な条件付きの免除を提供します。
23)商品は無料税関ゾーンの通関手続きに従って、カリーニングラード地域の領土に輸入され、製品は国内消費または再インポートのリリースの通関手続きの下に配置します。
24)科学的または商業的なサンプル、関税、税金からの完全な条件付き免除と一時輸入(入場)の通関手続きに従い、ロシア連邦に輸入され、一時的な輸出の通関手続きに従ってロシア連邦からエクスポート;
政府によって決定例で25)他の商品。
警告!
関税は、排他的経済ロシアゾーンおよびロシアの裁判所ロシアの大陸棚上(キャッチ)抽出された水生生物資源の漁獲量のロシア連邦の領土に輸入に対して課税され、釣りやその他の製品は、ロシアの裁判所でこれらの水生生物資源から生産されていませんロシアの排他的経済水域内およびロシア連邦の大陸棚上で、参照してください。数63 10.02.2011のRF政府の法令を、
通関料は、許可の連邦執行機関によって発行された許可に基づいてロシアにインポート無関係な移植のための骨髄の特定の患者の健康のために医療、ならびに造血幹細胞および(または)のために未登録の薬に関しては充電されていません。RF政府387 18.05.2011、数を参照してください。
2。 ストレージのための通関手数料は収集されません。
税関当局の一時保管倉庫での税関当局によって財を配置することによって1)。
政府によって決定された他の例で2)。
3。 ロシア政府は、税関の伴奏のための通関手数料の支払い免除の例を決定する権利を有します。

章15。 関税と税金の支払いの期間を変更します

132を§。 関税の支払いの期間を変更します
1。 関税同盟のメンバー - 関税の支払いの期間を変更すると、条件の下で国際協定の状態により決定方法で、敷地内に延期または分割払いの形で作られています。
2。 関税同盟のメンバー - ロシア政府は、国際条約により提供関税の分割払いによって延期または支払いを許可するための根拠の存在を確認することを許可連邦執行機関を決定する権利を有します。
3。 国際条約により提供関税の分割払いによって延期または支払いを付与するための根拠の有無を確認することを許可連邦執行機関の定義に関する決定のロシア連邦政府場合 - 関税同盟のメンバーは、そのような証拠の存在を延期するためのアプリケーションと人の処理に必要とされますか、分割払い。

133を§。 一般的な条件は、税金を支払うための期限を変更します
1。 そこにこの連邦法、関税の分野で承認執行力の連邦体の条134で指定された根拠がある、または他の税関関税の支払者の要求に応じて、税金の書面でそれらを定義した場合の繰延支払または割賦の形で税金の支払い期限を変更することができますお支払い。
2。 税の延期または分割払いも同様に総支払額、またはその一部との関係のように、税の1つまたは複数のタイプのために付与することができます。
3。 延期または税の分割払いが付与されなければならない、関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定める方法により税額ことを条件とします。 税の繰り延べや分割払いを付与する、またはそのような情報を提供することを拒否する決定は、アプリケーションの提出の日から15日を超えない期間内に受信されています。 税の延期または分割払いのみ本契約の条135に規定する状況でお断りする場合があります。
4。 税の分割払いにより延期や支払いは、1〜6ヶ月の期間のために付与されなければなりません。
5。 税の繰り延べや分割払いを付与する、または書面でそのような情報を提供することを拒否する決定は、その許可を申請者に通知しなければなりません。 決定は、税の延期または分割払いを付与する期間を定めなければならない、と拒否の場合は延期または税の分割払い付与する - そのような決定の理由を。

134を§。 税の延期または分割払いを付与するための根拠
1。 延期または税の分割払いは、以下の理由のうちの少なくとも1つの存在で、関税や税金の支払を提供しました:
1)その人の自然災害による被害、技術的な大惨事またはその他の不可抗力の事情を引き起こします。
2状態のためのその人によって行われた連邦予算や支払いから人の資金調達への)遅延。
3)ロシア連邦の領土への輸入品の場合、傷みやすい、商品です。
ロシア連邦の国際条約上の供給の顔の4)。
5)ロシア連邦の領土への輸入品の場合は、製品がどの延期または税の分割払いを付与することができますするために、特定のインポートされた外国の航空機の種類とそのコンポーネントのリストロシア連邦政府により承認に含まれています。
警告! インポートされた外国航空機の種類とそのコンポーネントのリスト、延期するために、または税の分割払いはの101 06.02.2012番号からロシア連邦政府により承認され、付与されることがあり
2。 ロシア政府は、本連邦法で定められた税金の延期または分割払いを許可するための根拠の存在を確認することを許可連邦執行機関を決定する権利を有します。
3。 人、延期または分割払いを付与に関する声明を扱うとき場合では、本連邦法で定められた延期または税の分割払いを付与するための根拠の存在を確認する権限を連邦執行機関の定義に関する決定のロシア連邦政府は、そのような証拠の存在が必要です。

135を§。 延期または税の分割払いを除く状況
1。 人は言っ後払いや分割払いの提供のために適用する場合の税金の延期または分割払いが付与されません。
1)刑事事件、税関当局の能力にロシア連邦の刑事手続きの立法に収まっているの予備調査。
2)破産手続。
2。 この記事のサブセクション1で指定された状況下では、税の繰り延べや分割払いを付与する決定を行うことができず、決定は取り消しの対象となり、かつ延期または分割払いのためにアプリケーションを提出した者は、内書面で税関当局により通知しなければなりません3営業日。

136を§。 延期または分割払いの提供のための利息
関税、税金の分割払いによって後払い、または支払いを許可するための本契約条120に設立量と手順への関心を納付しなければなりません。

章16。 関税と税金の支払いを確保

137を§。 関税と税金の支払いの一般条件
1。 一般的な用語と関税と税金の支払いの条件は、関税同盟の税関コードの12のヘッドによって決定されます。
2。 関税同盟の税関コードのポイント1 85の記事によって確立された場合には、同様のケースに設けられた関税や税金を支払う義務:
1)の順序でと関税同盟の税関コードの段落の記事2 69と5段落の記事88により所定の条件での商品の放出;
条2 10本明細書の一部に応じて、追加の検証中の商品の106)リリース。
3項目1、この記事の1に記載されている場合を除き、本明細書の物品200のサブパラ1 3 1の関税同盟の税関コードの記事や段落に従い、財の)条件付きのリリース222と4 5、。
4)実際にこの記事の4と5で定義された例を除いて、国内消費、一時入場料(入場)、一時的な輸出用の税関倉庫、内側に処理、加工で商品をかけることなく税関倉庫の通関手続き中の商品を置きます。
現在の連邦法、通関事務の分野における人々の活動の実施により提供5)。
それは国際協定の状態によって確立された場合6)は、ポート経済特区の居住者としての活動を行う - 無料税関ゾーン手順の確立とアプリケーションの関係を支配する関税同盟のメンバー。
この連邦法で定めるその他の場合、他の連邦法、ロシア連邦の行為で7)。
3。 非および(または)進行の場合には製品発売ターゲットに付与されることがあり関税と税金の支払いを保証する連邦財務省の口座に完全に含まれていない、および(または)国際協定の状態を経て - 関税同盟のメンバー、支払った関税、税金。
4。 関税と税金の支払いを保証する国際条約で定められた場合には付与されない、関税同盟の税関コード、ロシア連邦大統領の行為又はロシア連邦の、および税関は約束はその前に撮影したと考えられる理由がある場合に、実施されます。
5。 関税と税金の支払いを確保するために、この記事のパラグラフ3と4 2部分において提供規定にかかわらず、の点で、この記事のサブセクション6で指定された場合を除き、付与されません。
税金や手数料に関するロシアの法律に従い、付加価値税の対象にはなりません輸入するの()アクセサリー、スペアパーツを含む1)プロセス装置、;
2)航空機や船舶、経済活動の実施のための組織を入力する一時的な輸入(入場)の通関手続きに従って輸送サービスを提供するか、許可された(株)外国投資と企業の資本だけでなく、処理手順内側に税関下に置かにインポート修理を行うために領土。
財の(ロシア連邦の無償援助(支援)としてインポート)切除可能品を除く3)。
4)その一時入場(入場)と科学機関の一時的な輸出で商業的および科学的なサンプル。
一時的な輸出の通関手続きに従い、ロシア連邦の領土外に位置する地下貯蔵施設の一時的なストレージにパイプラインによってエクスポートされた天然ガスの5)。
6。 税関当局が商品に関して関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供する必要性を決定することができる1で言及 - 4 5は、次のような場合に、この記事の一部、:
1)申告が一年未満のための外国貿易活動を行っている場合。
2)申告はデータ要件のセット条項内の関税の支払いのための優れた主張を持っている場合。
3)税関当局に適用する前に、1年以内に申告を行政犯罪のコードの記事16.20の下で行政責任にした場合。
4)申告は通関事務の分野における行政違反の例で優れた解像度を持っている場合。
5)の税関当局は、彼の前に撮影した約束は、満たされていないことを信じる理由を持っている他の例。
7。 本契約の条314に従って税関当局によって撮影された一時的な輸出の通関手続きに従い、ロシア連邦の領土外に位置する地下貯蔵施設、の一時的なストレージにパイプラインによってエクスポートされた天然ガスのためのセキュリティを提供する必要性に関する決定。
8。 商品のリリースの点で撮影した物品の解放のための関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供する必要性に関する決定は、関税同盟の税関コードの条196にいいます。
9。 関税と税金の支払いを確保することはロシア連邦通貨で付与されなければなりません。 関税や税金の額は、税関業務と利益のために通関手数料の額を含まなければなりません。
10。 通関業務の分野で承認連邦執行機関の関税同盟の税関コードの段落4 88の記事によると、物品の特定の種類の関税や税金の一定量を設定する権利を有します。
警告! の302 21.02.2012番号からロシアのFCSの順序によって確立されたロシア連邦に輸入切除可能財の点で関税や税金の一定量、

138を§。 関税と税金の支払いのための一般的なセキュリティ
1。 (以下、 - 一般的なセキュリティ)関税と税金の支払いのための一般的なセキュリティは、ロシア連邦の領土上の同じ人物が特定の日付に複数の通関業務を犯した場合に適用されます。
2。 一般的なソフトウェアは、セキュリティを提供する者によって使用され、税関当局の一つ以上で送達することができます。
3。 この記事のサブセクション2にいう人の選択により、一般的なセキュリティは、現金預金、保証人または銀行保証の形で提供することができます。
4。 一般的には、少なくとも1年間のために提供されます。 この条のサブセクション2にいう者の要請に応じて、一般的なセキュリティの量を増加させることができます。
1)追加の現金担保を作ります。
2)再発行(銀行保証の交換)、以前に一般引当金として税関当局によって受け入れられた銀行保証期間以上でなければならないそのうちの妥当性。
保証の契約に適切な変更を行うこと3)。
5。 一般的なメンテナンスの使用を監視するソフトウェアを作った税関当局によって行われます。
6。 回復を行う、税関当局のための一般的なセキュリティの差し押さえの場合は、差し押さえの日から3営業日以内に、一般的なセキュリティを提供する人に知らせます。
7。 税関当局はあっても、保証や銀行の契約ならば、保証または銀行保証により提供された実装は、債権者(受益者)の権利の完全な範囲で貸し手(受益者)として行動する権利を有する、関税、税金を支払う義務を伴う違反の執行エンティティの義務を明らかにしました貸し手(受益者)のための保証は、税関当局と命名します。
8。 関税と税金の支払いの一般的なセキュリティのサイズは、関税同盟の税関コードの段落1と2 88記事に記載された要件に関して、関税、税金の支払額に基づいて決定されなければなりません。 ロシア連邦政府の特定の商品に関して、所与の一般的なセキュリティのサイズは、税関のサイズと一般的なセキュリティが提供する大きさの比率を決定するための関税と税金の量、そのような一般的な提供に提供された支払い、ならびに手順未満であってもよい下ケースおよび条件を決定してもよいです一般的な規定で提供されているの関税、税金、支払い。

139を§。 通関業務の委託の一般的なセキュリティの使用
1。 一般的なセキュリティを提供した人によると、税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れた(以下この条において - 肯定応答)一般的なメンテナンスのための確認を提供し、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認された形態です。 (参照してください。数2637 28.12.2010からロシアのFCSの順序)
2。 確認は、一般的な福祉の税関体と特定の日付に複数の通関業務を犯し税関当局の確認書に示された税関での使用の可能性の受け入れを証明する書類です。
3。 確認は、一般的なサポートを受けた金額まで、一定の時間にいくつかの税関業務を行わ税関当局、のそれぞれに対して発行されます。
4。 確認は記載しなければなりません:
1)税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れました。
2)一般的なセキュリティを提供する者をいいます。
3)最高の一般的なセキュリティ。
4)代わりに一般的なセキュリティの担保権実行を通して関税の支払いに借金を回復するための措置を置くことが可能であるために受け取った一般的なサポートの有効性;
手数料は一般的なセキュリティを採用している5)通関業務、。
6)特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局、;
7)特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局で使用することができ、一般的なセキュリティの量、。
5。 すべての総量は、同時に発行され、既存の証拠は記事8 138部分本願で定める場合を除き、一般的なサポートを受けた金額を超えることはできません。
6。 一般的なセキュリティおよび税関当局の発行を確認することによって採用は通関業務を行われる税関当局が、通知、一般的なセキュリティを受け入れました。
7。 特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局は、一般的なセキュリティの有効性は、タイムリーな税関当局の要件を確保するのに十分であることを条件とする、予約されていない一般的なセキュリティの量の量または一部に関税や税金の支払いを保証するために、税関業務の委託に必要な量を割り当てこの義務の不履行の場合には、その税関の前に行われたコミットメントの実施に関する。
8。 一般引当金により担保債務の場合には、一般的なセキュリティの確保さ量は、税関当局が保護された義務の性能に満足していることを条件とする、(razrezerviruetsyaを)解放されます。
9。 デフォルトの場合には、本明細書の章18に従って提供される一般的なセキュリティ上の担保権を行使払って、義務を履行するために障害がある前に一般規定、税関当局が、提供しました。
10。 技術的に実現可能な場合は、税関当局および一般的なセキュリティを提供する人の要求は、一般的なセキュリティの適用の会計処理と制御が確認を発行せずに情報システムを用いて行うことができます。 この場合、税関当局の情報システムを通じて一定の時刻に複数の通関業務を行われ、税関当局は、予約されていない一般的なセキュリティの量の量または一部に関税や税金の支払いを保証するために、税関業務の委託に必要な量を確保し、一般的なセキュリティの有効性を提供そのタモ前に撮影した義務を履行するためにタイムリー税関を確保するのに十分であろう この義務の不履行の場合には、権限をennym。 税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れ月に一度超えない一般的なセキュリティを提供する者の書面による要求に応じて、一般的なセキュリティの使用に関する本人のレポートを提供しますが、ないより3年以上前のアプリケーションに。 レポートの一般的なセキュリティの使用上のフォームには、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されています。 (参照してください。数101 24.01.2011からロシアのFCSの順に)

140を§。 プレッジ
1。 担保プロパティは、税関と関税、税金の支払者間の財産の誓約契約を行われます。 その人が所有する権利、使用を持っており、(または)の点で商品を処分は、関税と税金の支払いのための提供を行った場合、税関トランジットの通関手続きの下で物品運送では、プロパティのセキュリティはまた、別の人によって表すことができます。
2。 プロパティの誓約の契約に入るに関連する法律上の関係は、質権により担保義務の履行は、抵当財産の差し押さえは、質権の終了は、ロシア連邦の民事法律の規定は、本契約の適用されます。
3。 質権の対象は、を除いて、差し入れすることができる民事法律に従っている特性である可能性があります。
ロシア連邦の外側に位置する1)プロパティ。
2)プロパティが既に義務、または第三者に有利な他の従来義務を妨げ性を確保するために抵当。
3)品、生鮮食料、動物。
電気、熱などのエネルギー源の4)。
5)企業。
6)財産権;
7)有価証券;
8)宇宙物体。
9)循環の商品の誓い。
10)製品や廃棄物、禁止ロシアの法律に従い、のフリーな実装。
11)プロパティ、ロシアの法律に従って裁判所の命令によってのみ適用され、その上に担保権を行使。
4。 プロパティの誓約の契約の全期間のための公約は、ロシア連邦の領土に配置する必要があります。
5。 担保の市場価値を決定するためにロシア連邦における評価活動を支配する法則に従って担保の評価を実施します。
6。 誓約財産を所有している人は、関税や税金の支払いのためのセキュリティとして誓約プロパティの選択は、税関当局にプロパティの誓約の契約を締結する案を送付しなければなりません。 一緒にこの提案でプロパティの誓約にドラフト条約の2つの同一のコピーで提供され、署名され、ロシア連邦の民事法律に従って者によって認定され、オリジナルの形で提示することができる担保および市場価値の所有権を、確認書類または公証コピー。
7。 プロパティの誓約に協定案は、その条項を含める必要があります。
1)プロパティのその後の誓約が許可されていないプロパティの公約の契約の有効期間内に税関当局に義務を確保することを約束しました。
2)誓約プロパティ(質権設定者が所有している人)は、税関当局の同意なしに差し入れを処分する権限がありません。
3)質権設定者に関わらず、担保が抵当権または税関当局に転送されているかどうかの、担保を差し入れるために自費で保証する義務があります。
4)質権設定者は、自身のアカウントのための担保を評価します。
5)抵当権及び税関当局は、プロパティの公約により担保債務の不履行の場合には、裁判所の外に抵当財産に担保権を行使することで合意に来ました。
6)の値が等しいその他の財産の税関当局の書面による同意なしに担保の交換そのプロパティの誓約の契約への追加契約。
その実装コストの担保に差し押さえの場合は7は)担保の売却による現金収入によって覆われており、その失敗のしている - 質権設定者の犠牲に。
8。 担保の市場価値以上20パーセントの関税と税金の支払いを確保するために必要な量を超えた場合、プロパティの質権の契約を行うことができます。
9。 プロパティの質権の契約は、質権設定者または税関当局への抵当財産の譲渡担保を放棄することができます。 税関当局は、担保の使用、保管、廃棄の条件が満たされないことを信じる理由がない場合は財産の質権の契約は、質権設定者から担保の放棄です。
10。 プロパティの質権の契約を締結する提案は提案を受領した日と税関当局への付属文書から15営業日を超えない期間内に税関当局によって考慮されます。
11。 プロパティ習慣の場合は担保契約を締結する権限は、抵当権の税関は有料でスリップ提供します。
12。 この記事の10の一部を確立期間内のプロパティ通関体の誓約の契約を締結する障害が発生した場合には、そのように、その理由を述べ、拒否の理由をプロパティの質権の契約を締結することを提示した者に通知しなければなりません。
13。 法律に従い、抵当財産の売却による収入を犠牲にして、関税同盟のメンバー - プロパティの公約により担保債務のデフォルトでは、支払う関税、税金の額は、国際協定の状態を犠牲にして(または)連邦財務省の口座に移し、ロシア連邦。
14。 誓約プロパティのプロパティと差し押さえの質権の契約に入ると関連するすべての費用は、質権設定者が負担します。

141を§。 銀行保証
(下を参照してください。ロシア財務省は126の10.10.2011n番号を注文しました)
1。 関税と税金の支払いのためのセキュリティとして、税関当局は、銀行やその他の信用機関によって発行された銀行保証を受け入れなければならないか、保険機関は、銀行や他の金融機関や保険会社の登録に含まれ、関税や税金の銀行保証の支払いを発行する権利を持つ、連邦政府であります税関の分野で承認執行機関(以下この章において - 登録)。
2。 銀行保証、銀行保証の性能要件の発行に関する法律関係は、債務履行の保証や銀行保証の終了は、ロシアの法律の規定は、銀行および銀行業務、ロシア連邦と現在の連邦法の民事法律に適用されます。
3。 銀行保証は、保証は登録に含ま税関当局にその受領の時にあれば、税関当局によって受け入れられた銀行保証の最大量と保証人のための登録簿に言及同時に動作する銀行保証の最大量の超過が設けられています。
4。 銀行保証は、取り返しのつかないでなければなりません。 これは、指定する必要があります。
1)関税、税金の支払、銀行保証により提供された適切な実行の義務。
2)による銀行保証に基づく債務の保証により、デフォルトの場合の金額の保証付税関当局によるキャンセルに疑う余地のない権利。
3)遅延の各暦日の支払額の0,1パーセントに等しいペナルティの税関当局に支払う保証の義務。
4)銀行保証債務の下で保証人のパフォーマンスは、連邦財務省の口座への資金の実際の領収書であるという条件、および(または)国際協定の状態を犠牲に - 関税同盟のメンバー。
5)銀行保証の妥当性。
5。 銀行保証の妥当性は36ヶ月を超えることはできませんし、銀行保証により担保債務の不履行の場合の銀行保証のためのタイムリーな税関当局の保証要件を確保するのに十分であるべきです。
6。 税関へのプレゼンテーションの時に銀行保証が発効します。 その発効前に銀行保証の採用を許可、銀行保証を約束し、税関当局への提出の日の間の差に関税や税金の連続性の目的のために提供し、15日超えていない銀行保証の発効されることを条件とします。 この銀行保証は、その発効後、関税と税金の支払いの担保として使用されています。
7。 関税と税金の支払いのための担保として銀行保証を選択する関税、税金の支払者、カバーレターの銀行保証付き税関当局。 銀行保証も、銀行、金融機関や銀行保証(保証人)を発行した保険会社によって税関に提出することができます。 一緒に銀行保証を署名者の適切な権限を確認する文書を提供原本または公証コピーの形で銀行保証付き。 これらの文書は、以前に税関に提示された場合は、追加の提出は必要ありません。
8。 税関当局は、その受領した日から3営業日を超えない期間のために提出銀行保証を考慮しなければなりません。
9。 銀行保証の税関当局を受信した場合には、税関は有料でスリップ、関税、税金の支払者に発行しなければなりません。
10。 この記事の段落8で指定された時間内に銀行保証の税関当局を受け入れることを拒否した場合には、その理由を述べ、拒否の理由を銀行保証を提出者に通知しなければなりません。
11。 関税や税金の支払人の書かれたアプリケーションに基づいて税関当局によって行われた銀行保証を返し、税関当局が保護された義務の実行や終了で満たされていることを条件とする、または、そのような義務が生じないことを条件とします。 許可された代わりに、銀行保証の下での権利の税関当局の拒否に関連してその義務から保証人を解放するために保証人に手紙の税関体の方向銀行保証を返します。
12。 関税や税金の支払人の書かれたアプリケーションの対価の用語は、税関当局によるその受領した日から5営業日を超えてはなりません。 書面で指定した期間内に銀行保証税関当局を返すために拒否の場合には、拒絶のために、その理由と根拠を関税、税金の支払者に通知します。
13。 銀行、金融機関または発行した保険会社における保険活動のための保険業務(保険事業)ライセンスの球における制御と監督を担当する執行当局の連邦身体の銀行業務を実施するためのライセンスのロシア連邦中央銀行による脱退の場合銀行保証、義務この銀行の銀行保証を提供された関税や税金の支払者、金融機関や恐怖 組織の遠吠え、遅くとも免許の取消しの日から1ヶ月より関税と税金の支払いに関連する税関当局、他のセキュリティを提供しないようにしなければなりません。 銀行保証のこの部分では、この期間の後に無効とみなされ、この条11部分によって確立された手順に従い、関税、税金の支払者に返却されなければなりません。
14。 税関業務の分野で認可連邦執行機関と協議し、金融の分野で認可連邦執行機関は、銀行保証と1によって発行され、同時に作動する銀行保証の最大量、銀行や他の金融機関や保険会社のための最大量を確立しなければなりませんSECUするために、税関当局による銀行や銀行保証の採用のためのさまざまな金融機関、保険会社、 関税や税金の支払いeniya。
15。 銀行、その他の信用組織とその支店は銀行保証の同じ最大量と同時に動作する銀行保証の単一の最大量によって決定されます。

142を§。 銀行の発行する権利を持つ銀行や他の金融機関や保険会社の登録は、関税と税金の支払いを保証します
1。 登録の銀行や他の金融機関や保険会社の包含は、この条に定める条件に従うものとします。 レジストリは、さらに銀行の支店、銀行に代わって、他の信用機関が銀行保証を発行している、他の金融機関の支店を含むことができます。 登録に含めるための料金が課金されます。
2。 条件バンクの切り替え、レジスタの信用機関は、次のとおりです。
1)は、銀行保証を発行する権利を述べ、ロシア、中央銀行が発行した銀行業務のライセンスを持っています。
2)は、少なくとも5年間の銀行業務。
3)以上200百万ルーブルの登録株式資本の存在;
以下億1よりもルーブルの自己資金(資本)の4)利用可能。
5最後の6ヶ月間の銀行および銀行業務、すべてのレポート日にロシアの法律で定められた義務的な規制に)準拠。
6)信用機関の財務復興のための施策の実施に関するロシア連邦中央銀行の要件が存在しません。
7)関税の支払いに関する債務が存在しません。
3。 条件は銀行の支店を含む、レジスタの金融機関の支店は、次のとおりです。
登録の銀行、信用機関を含む1)。
2)信用機関の状態レジスタ内の分岐の導入;
3)枝の位置が提供する銀行保証を発行する権利の枝の存在。
4。 条件は、レジスタの保険機関が含まれます。
1)は、保険業務を行うために、保険業務(保険事業)の球に管理、監督の機能を実行する連邦行政当局の有効な永久ライセンスを持っています。
2)以上500百万ルーブルの登録株式資本の存在;
3)は、少なくとも5年間の保険会社としての役割を果たす。
4)最後の暦年中に損失なし。
5)規範のサイズよりも小さくない量で、最後のレポート日現在の資産の可用性;
6)最後の報告期間の終了時の純資産の存在、支払った授権資本の少なくとも大きさでなければならないそのうちのコスト。
7)関税の支払いに関する債務が存在しません。
5。 銀行の登録に含めるために、他の金融機関や保険組織が税関の分野で承認連邦執行機関に適用され、書面でのステートメントと、次の書類を提出します:
1)銀行、その他の金融機関:
a)の構成文書;
b)は法人の統一国家登録法人のエントリを確認する文書。
c)はロシア連邦中央銀行(それが発行された場合)により、金融機関の登録の証明書。
g)の銀行保証を発行する権利を指定する銀行業務を、実施するロシアの中央銀行からのライセンス。
銀行保証および銀行プリント金融機関の接辞に署名する権利を付与された職員、その他の信用機関の署名のサンプルとd)に正式に認定された銀行カード。
e)の最後の6ヶ月以内に、各貸借対照表日に自己資金(資本)の計算を含む文書、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
g)の最後の報告日に金融機関の会計の勘定の試算表、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
h)の最後の報告日ヘッド及び会計主任によって署名され、シールを認定するための損益計算書の計算書。
過去6ヶ月以内に、各貸借対照表日の必須基準の実施にと)ステートメント、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
過去年度の財務諸表の信頼性にa)の監査報告書。
2)の保険事業:
a)の構成文書;
b)は法人の統一国家登録法人のエントリを確認する文書。
c)の永久ライセンス保険業務を行うために、保険業務(保険事業)の球に管理、監督の機能を実行する連邦行政当局の(アプリケーション)。
g)に正式に銀行保証、保険および組織のスタンプに署名する権利を持っている保険会社の職員の署名のサンプルを用いてカード認定。
d)のヘッド及び会計主任によって署名と捺印最後の2四半期、のためのバランスシート。
e)のヘッド兼チーフ会計士やスタンピングによって署名された最後の暦年中に各四半期の損益に報告します。
グラム)ヘッド兼チーフ会計士やスタンピングによって署名された最後の暦年中の各四半期の資産及び負債の比率の算定。
h)の最後の2四半期、ヘッド兼会計士によって署名され、シールで認定の重要な指標に関する情報を含む文書。
ⅰ)過去年度の財務諸表の信頼性に監査人の意見。
6。 ブランチの登録に含めるために、一緒に存在条の段落1 5にいう文書と金融機関の支店は、提出しなければなりません。
1)枝の位置。
2)信用機関の状態レジスタ内の分岐の導入に関するロシア連邦中央銀行のニュースレター。
3)が正式に銀行保証に署名する権利を持っている人の支店、および支店のスタンプの署名のサンプルを用いてカードを認定します。
7。 この条のパラグラフ5と6にいう書類は原本または公証コピーの形で提出することができます。 アプリケーションを検討した後、税関業務の分野で承認連邦執行機関は彼の要求に応じて申請者に提出された書類の原本を返すために義務を負うものとします。
8。 関税の分野で認可連邦執行機関は、決定がに含める登録または拒否の銀行、金融機関や保険会社を含めるために登録に含めるためのアプリケーションを検討し、その受領した日から30日を超えない期間になりますレジストリ。 この記事の2、および(または)段落4と5この記事に定める書類の不提出 - 登録に含めることを拒否するかどうかの決定は、唯一の登録が段落6に定めるに含めるの条件の不遵守の際に行わなければなりません。 決定について申請者は、その決定の日から3営業日以内に書面で通知しなければなりません。 登録への参入の拒否の場合には、さらに拒絶理由を指定します。
9。 申請者を確認する税関業務の分野で承認連邦執行機関は、書類を提出し、情報が第三者からだけでなく、公的機関によって必要な情報を含む文書を要求する権利を有します。 要求された書類を提出する義務が要求を受領した日から10日以内にこれらの者。 文書や情報の要求は、この記事サブセクション8で指定された期間延長または中断してはなりません。
10。 銀行、他の金融機関や保険事業は、登録に含めることについての決定の翌月の1日から3年間の登録に含まれています。
11。 銀行取引明細書に従って税関の分野で承認連邦執行機関は、登録簿に含まれている情報を変更するには、金融機関や保険事業は、このような変化を確認する書類に基づいてレジストリに必要な変更を行います。
12。 登録を維持するためのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されなければなりません。
13。 税関の分野で承認連邦執行機関は、そのウェブサイト上で、その公式の出版物で、3ヶ月に少なくとも一度登録の出版物を定期的に提供しますが、。

143を§。 登録の銀行や他の金融機関や保険会社の義務
登録に含ま銀行およびその他の信用機関や保険会社、しなければなりません。
関税と税金の支払いを確実にするために、最大量銀行保証と1のバンク、1金融機関や税関当局によるこのような銀行保証の採用のための保険機関によって発行されたすべての同時銀行保証の最大合計の制限を遵守する1)。
登録の手順に従ってタイムリーに正式に実行されたレコードやその他の情報を提出する2)。
3)彼女に銀行保証およびコミットメントの条項に準拠しています。

144を§。 登録から銀行の排除、金融機関や保険会社
1。 次の例での通関事務の分野で承認連邦執行機関の決定により登録から除外銀行、その他の金融機関や保険事業:
銀行、金融機関や保険事業の1)清算。
2)銀行、金融機関や保険業務(保険業)、保険会社における保険活動のためのライセンスの分野での管理、監督を担当する行政当局の連邦身体の銀行業務を行うためにロシアライセンスの中央銀行によるレビュー。
3)登録に含めるための条件のうちの少なくとも1つの非履行;
4)本契約条143に設立された義務の不履行。
5)レジスタの用語の包含の有効期限、当該期間の満了が所定の方法レジスタの再包含のためのアプリケーションで提出されていない前の場合。
銀行、金融機関や保険事業の書面による要求で6)。
2。 登録から銀行の除外日から3営業日以内に、税関の分野で承認連邦執行機関、金融機関や保険会社は、例外の理由を示す他の金融機関や保険会社を銀行に通知しなければなりません。
3。 銀行の除外は、レジスタから信用機関または保険事業は、銀行保証の税関当局によってそれらによって発行され、受け入れられたアクションを停止しないと故障や、銀行保証の観点からの不適切なパフォーマンスのための責任からそれらを解放しません。
4。 銀行、による銀行保証に基づく債務の不履行にレジスタから除外され、他の金融機関や保険事業は、登録簿に再含めることができるような債務の支払い後1年後に関税の支払い、罰則や利息返済を条件に。
5。 銀行、原因最大量銀行保証および(または)銀行のための登録で定義されているように同時に動作する銀行保証の最大量に制限の不遵守にレジスタから除外され、他の金融機関や保険事業、金融機関や保険事業のかもしれません登録は、登録から除外の原因を排除するために提供で再含まれます。

145を§。 関税と税金の支払いの担保として資金(現金)を追加します
1。 関税と税金の支払いのためのセキュリティ(現金担保)として現金(現金)は、連邦財務省の口座に作られています。 現金担保は、税関当局のレジ係として、個人的な使用のための物品の税関国境を越えて輸送、個人によって作製することができます。
2。 現金担保の額の利息が充電されていません。
3。 預金により担保債務の障害が発生した場合には、関税の支払い、罰則及び利息の支払額は、この連邦法によって確立された手順に従い、現金担保の額の税関当局によって収集されます。
4。 パフォーマンスでは、預金により担保債務の終了、またはそのような義務が生じない場合、敷金は関税の支払いのために使用されるか、またはこの連邦法によって確立されたため、事前の支払いと相殺、返金されます。
5。 関税領収書、フォームや習慣の分野で認可連邦執行機関によって決定されるの使用によって発行された税関当局のまたは現金でのデポジットをした連邦債者の口座に机、中に含めるのサポートでは、連邦政府の執行機関と連携して、金融の分野で承認しました。 返金不可譲渡税関の領収書。 発行された関税領収書の税関当局の損失の場合には、保釈の提案者(後継者)への適用時に、関税の領収書の複製を発行しなければなりません。 (参照してください。数1176 02.06.2011からロシアのFCSの順に)
6。 現金担保は関税の領収書を提出する際にこれらの義務が預金を提供したのに対してで商品について計算関税の支払いに使用することができ、次の条件のいずれか:
1)品への義務が行使または終了、この段落にいうならば、
2)関税の支払いのための現金担保の利用が商品により担保義務を終了させなければならない場合は、このセクションで言及しました。
7。 関税の未使用の現金担保の支払いのバランスが返されるか本契約条149に応じて前払金と相殺されなければなりません。

146を§。 保証人
警告! 保証契約のサンプルフォームはの2140 19.10.2011番号からロシアのFCSのために。参照、保証の一般的な契約に基づいて締結し
1。 税関当局と保証人との間の保証契約により発行された保証。 保証契約の、保証により担保債務の履行、保証人のパフォーマンス要件、保証の終了に接続された法律関係については、ロシア連邦の民事法律の規定は、本契約の適用されます。
2。 関税と税金の支払いの保証として関税、税金の支払者を選択する際、保証人になろうとする者は、税関当局に保証の契約を締結する案を送付しなければなりません。 この提案は、保証人になろうとする者は彼に仕えるようにするためには、市民のロシア連邦の法律だけでなく、関税、税金の支払者の同意に基づいて署名し、人によって認定保証の契約案の2枚の同一のコピーに提出されると共に保証人。
3。 保証契約のプロジェクトは、その条項が含まれている必要があります。
1)関税、税金の支払者、および保証人は連帯して保護された債務の履行のために責任を負います。
2)保証の契約の有効期間は2年を超えてはなりません。
4。 保証は、次のいずれかの条件に準拠して税関当局によって受け入れられます。
1)保証人になろうとする者は、ロシア連邦政府によって定義された基準を満たしている場合。
2)契約保証で保証人になろうとする者は、受益者が受け取った保証人を超える未満ではない量の税関当局である、税関、銀行保証、前にその債務の保証人の適切な性能を保証する文書として提供する義務を負い場合保証の契約に基づく義務。 同時に、保証契約は言った銀行保証の日に効力を生じます。
5。 保証の契約を締結する提案は提案を受領した日と税関当局への付属文書から15営業日を超えない期間内に税関当局によって考慮されます。
6。 保証税関当局の契約書に署名する場合には、税関は有料でスリップ、関税、税金の支払者に発行しなければなりません。
7。 この記事の5の一部を確立期間内保証通関体の契約を締結の拒否の場合には、そのように、その理由を述べ、拒否の理由を保証する契約を締結することを提示した者に通知しなければなりません。
8。 関税や数人の税金を支払う義務の履行を確保するために、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって行うことができるような人の債務に対する保証人の保証契約を締結。
警告! 税関職員の手順の245 10.02.2012番号からロシアのFCSの順序によって承認された物品の通関輸送中の数人の義務のために保証人を扱います
9。 税関当局は、保証契約のに関連するコストを負いません。

章17。 関税、税金、その他のファンドのリターン(オフセット)

147を§。 関税、税金、その他のファンドの過払いまたは過充電量のリターン(オフセット)
警告! 関税の支払いcmの還付に関する明確化。FCSロシアの手紙の中ではの01から11-19942 / 29.04.2011を№します
1。 関税や税金の過払いまたは過充電量支払者(後継者)の要請で税関当局の決定により返還します。 回復を作った品物の申告をしたこの要求及び添付書類は税関当局に提出しなければならない、とその実施契約を締結税関当局への、または税関に関税や税金の支払いのための集中処理の場合には、遅くともその支払いまたはコレクションの日から3年以内。
2。 関税や税金の過払いまたは過充電量の還付の申請には、次の書類を添付しなければなりません。
関税と税金の支払いまたはコレクションを確認1)支払文書が払い戻されます。
関税や税金の充電を確認する2)文書が返還されます。
過度の支払いや関税、税金の過度のコレクションの事実を確認する3)文書;
4)の各項にいう書類4 - 7 122の記事本願、申請者及び資金状況のリターンの対象の状態に応じて、
その戻り、関税、税金を支払う義務を委託された人に、関税と税金を支払った本人の同意を確認する5)文書、関税、税金の還付を申請する際、その支払いの責任を任さ人。
6)リターンの妥当性を検証するために、人により提出することができる他の文書。
3。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された書類提出した場合 - 本契約7 122の記事を、支払者は、これらの文書のこれらの変化の不在の税関当局への提出についての情報を報告し、再びこのような書類を提出しない権利を持っています。
4。 必要な情報やアプリケーションを考慮することの不可能の理由を書面で妥当な説明を考慮せずに、このようなアプリケーションは、支払人(彼の後継者)に返却されなければならない必要な書類の不提出のリターン上の文が存在しない場合には。 税関当局により、遅くともその受領した日から5営業日以内に行われていない宣言のリターン。 支払者(後継者)を考慮せずに申告の税関当局の復帰の場合には、この条1の段落に設立用語内の過払いや過充電関税、税金の還付を再申請する権利を有します。
5。 過度の支払いや関税、税金の過度のコレクションの事実を検出すると、そのような事実を発見した日から遅くとも1月より税関当局は、金額過払いまたは過充電関税や税金の支払者に通知しなければなりません。
6。 過払いや過充電関税や税金は、ファンドのデータを管理、税関当局の決定によるものとします。 払い戻しの申請の対価の合計期間は、返却することを決定し、過払いや過充電関税や税金の還付は、すべての必要書類の返還及び提出のための申請の提出の日から1ヶ月を超えてはなりません。 期日までに返されなかった関税と税金を過払いまたは過充電量、この用語の違反の場合には、金利は返済期間の違反のそれぞれの日のために計算されます。 あなたは章18の規定に従って過充電を返すときに、実際の返済の日に、コレクションの日の翌日から起算関税、税、関税、税金、過充電量の利息を、本契約。 金利は返済期間違反時の効果的なロシア連邦中央銀行の借り換え率に等しいです。
7。 (彼の後継者)支払人の口座に関税や税金を過払いまたは過充電、リターン上の声明で述べています。
8。 過払いまたはロシア連邦通貨で関税と税金を過充電。
9。 過払いまたは過充電関税や税金の戻り時には本契約の条148に応じて関税の支払いの払い戻しを除き、関税と税金を返却額から支払わまたは回収罰則及び利息の額として戻ることが対象となります。
10。 支払者の要求に応じて輸出関税と税金を過払いまたは過充電(後継者)関税、税金、罰金及び利息を支払う義務の点で、セットオフの形であってもよいです。 支払者の要求に応じて過払いまたは過充電輸入税(後継)輸入税を支払う義務の点でセットオフの形態であってもよいです。 輸出関税と税金を支払う義務のアカウントの過払いや過充電輸入関税は認められません。
11。 過払いまたは順番に関連して、この条この記事12の規定の適用を受けるの返還に応じて関税と税金を過充電。
12。 過払いまたは過充電関税、税金行われていません。
1)支払人が言った債務の額で関税と税金の支払いに借金を持っている場合。 この場合、支払者(後継者)の要請で、アカウントに存在記事10の規定を取っ過払いまたは過充電関税、税金、この債務の返済を、相殺することができます。
2)返される関税や税金の額が言っ者から自然人または過充電によって関税や税金の過剰支払の場合を除いて、150のルーブル未満である場合、
締め切り税後の関税の還付の申請の場合に3)。
13。 あなたは関税、税金、課徴金および利息の税関当局を支払うために借金を持っている場合は、本明細書の158 sostatey応じて関税と税金を過払いまたは過充電量からその回復を受ける権利を有します。 税関当局は、オフセットその実施の日から3日間の間に産生さの(後継者)支払人に通知しなければなりません。
14。 関税を返すとき、税金は、それらの利息は、この条のサブセクション6に定める場合を除き、支払われず、金額は索引付けされません。
15。 申込書は、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されなければならない過払いまたは過充電関税、税金、および過払いまたは過充電関税や税金のリターン(オフセット)の税関当局の形状決定のリターン(オフセット)の支払人です。 (。2520 22.12.2010番号からロシアのFCSの順番や数898 03.05.2011からロシアのFCSの順序を参照してください)

148を§。 関税や税金の還付のその他の例
1。 関税や税金の戻りもの場合に生成されます。
通関手続き中の商品を置くことに税関申告の登録に関連して支払った関税や税金の面で宣言された通関手続き中の商品をリリースする1)拒否。
税関申告の2)撤退。
3)もっとも好ま国や関税好みの回収;
4)関税同盟との税関コード(または)は、本連邦法は、関税、税金再輸出の通関手続き中の商品を置く支払った金額の返還を提供、または状態、または商品の再輸入の賛成で破壊または拒否の税関手続の下で財を配置することであれば、
5)、新たに選択された通関手続きの下に商品を配置するときに支払う関税や税金の額は、関税や税金のより少ない量が第一項に規定する場合を除き、最初の税関手続きの際に支払った場合、税関当局の許可を得て変更するには、以前に、通関手続きを宣言し6関税同盟の税関コードの記事282。
財の輸入に特別な保護、アンチダンピングと相殺措置に関するロシア連邦法の関税同盟のメンバーおよび(または) - の国際協定に基づいて暫定特殊勤務、暫定アンチダンピング関税と暫定相殺関税の6)リターン(完全または一部)、。
2。 関税や税金の額の払い戻しを伴う状況が発生した日の翌日から遅くとも1年以内にこれを適用するとき、この条のサブセクション1で指定された例で関税や税金の戻り値は、この条に従い、行わなければなりません過払いまたは過充電関税の支払いの返還に関して。 記事9 147の規定は、本契約は適用されません。

149を§。 現金担保のリターン(オフセット)
1。 払い戻しの申請は、(オフセット)場合から3年以内に現金でのデポジット(その後継)、税関当局をした人が現金担保、現金担保または元払いに対する信用が預金により担保債務の実行または停止の対象となり戻ります義務の実行または終了の日の翌日。 預金により担保義務は、いずれかを持っていない場合は現金担保のリターンは、(オフセット)も行われ、現金担保の払い戻しの申請期限は、(オフセット)関税領収書の税関当局の登録日から計算されると述べました。 この期間の後、現金担保の未請求金額は、連邦予算の他の非税収に記録され、返金されています。
2。 次の書類と現金担保の返還のためのアプリケーション(オフセット):
1)現金担保の支払いを確認した支払文書。
2)関税の領収書。
預金により担保債務の実行(終了)を確認3)文書;
4)文書はサブセクション4で言及 - 現金の状態に)貸方(返すために申請者及び被検者の状態に応じて、本契約の7 122の記事;
5)リターン(オフセット)の妥当性を確認するために提示することができる他の文書。
3。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された書類提出した場合 - 本契約7 122の記事を、支払者は、これらの文書のこれらの変化の不在の税関当局への提出についての情報を報告し、再びこのような書類を提出しない権利を持っています。
4。 現金担保および添付書類の声明リターン(オフセット)は、この結合を管理税関当局に提出されています。 必要な情報のその文でない場合、関税の領収書を提供するために、失敗して(または)必要書類では、この文は、このアプリケーションを考慮することの不可能の理由を書面で妥当な説明を考慮せずに、現金でのデポジット(彼の後継者)をした者に返却されなければなりません。 税関当局により、遅くともその受領した日から5営業日以内に行われていない宣言のリターン。 保釈(後継者)を指定人物を考慮しない宣言の税関当局の復帰の場合には、この条1の段落で指定された制限時間内に現金担保の返還(オフセット)を再申請する権利を有します。
5。 この債券を管理税関当局の決定により、現金担保のリターン(オフセット)。 現金担保額の現金担保とリターンの現金担保の返還のためのアプリケーション(オフセット)、(オフセット)を返すという決定の対価の合計期間は、(オフセット)は、すべての必要書類の宣言と提出の提出の日から1ヶ月を超えてはなりません。 (連邦税関の用語は、現金により担保義務の実行または終了の確認の際に関税の構造的下位区分の相互作用の順序を承認したことを確認するために(お金))
6。 現金でのデポジットが(彼の後継者)保釈を作った人の口座に銀行振込でロシア連邦通貨で返されます、現金担保の返還に関する声明で述べています。 ロシア連邦の通貨で行われた前払い金の口座にテスト結合。
7。 現金担保のリターンは(オフセット)関税の支払い、罰金またはそのような債務の額の関心に保釈を作った人(後継者)、債務の存在下で製造されていません。 税関当局は、本契約の条158によるセキュリティデポジットに担保権を行使する権利を有します。
8。 彼らに支給しない関心の現金担保額のリターン(オフセット)で、金額は索引付けされていないと銀行業務上の手数料は、送金によって支払われます。
9。 申込書は、現金担保や習慣の分野で承認連邦執行機関によって承認された現金担保のリターン(オフセット)の税関当局の形状決定のリターン(オフセット)の支払人です。 (。2520 22.12.2010番号からロシアのFCSの順番や数898 03.05.2011からロシアのFCSの順序を参照してください)

章18。 関税の支払いのコレクション

150を§。 関税や税金の施行の一般的なルール
1。 関税、税金や関税、税金を支払わされていないの点では、商品のコストの納税者と関税、税金のコレクションを余儀なくされました。
2。 法人と個人の起業家からの関税や税金の強制収集による前払金の未使用残高に、原因関税の支払いの支払いに支払人の銀行口座に利用可能な資金を犠牲にして作られた、現金担保は、(収集)関税を過払いし、他の支払者の財産だけでなく、裁判所インチ 本契約のサブセクション3 154の記事に定める場合を除き、裁判所で生産個々の起業家を除いて、個人に関税や税金の収集を強制。
3。 、関税、税金、関税、税金、本契約の条152に応じて関税の支払いの支払いのためのいずれかの請求の支払者への税関当局の強制回復に対する措置の適用に先立ち、本連邦の段落2と3記事154にするために提供し、一部として2記事157除きます法律だけでなく、ときに関税や税金の支払者、税関当局。
4。 関税を支払うときに共同義務、税金、関税のデータ要件のこのの表示と申告や習慣の代表にさらされると同時に、関税の支払い請求の申告代表。 その人は税関剤としてその活動を停止したかのように、税関代表として財を宣言するために人を暴露関税の支払いの請求。 2人に関税の支払いの請求を公開する機会は、この段落で言及した場合、これら2人のいずれかに関税の支払いを要求税関当局は使用できません。 関税や税金の強制回復関税を支払うための共同義務上の措置の適用、税では、税関当局は市民の法律により設立されたルールの下に連帯責任の下で債権者の権利を享有します。
5。 関税の施行がなされていません。
1)関税の支払いの請求は、パラグラフ1点1の記事200税関コードで指定された商品のリリース後に支払期間の満了の日または税関管理で関税や税金の不払いの発見の日から3年間暴露されていない場合ユニオン、または税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って関税と税金を支払うために、個人の義務を伴うイベントの発生の日から。
2)があれば、関税と税金を支払う義務は、関税同盟の税関コードのサブパラ4 2 80の記事によると、中止しなければなりません。
6。 場合は、関税や税金の支払者、税関当局によるこの連邦法に基づいて、関税や税金のコレクションは、政府で定める方法により行わなければなりません。
7。 関税同盟の税関コードのポイント2 93記事の第二段落に従い、税関キャリアへの関税や税金の強制コレクションは、この章に定める方法で行われます。
8。 ペナルティを招くことなく、関税同盟のメンバー - 関税および国際条約状態で指定された文書に基づいて徴収税を支払うべき関税同盟のメンバー - あなたが他の国の領土に関税や税金を支払う義務がある場合。

151を§。 微粉
1。 Penyamiは、関税や税金の支払者は税関法律上のロシア連邦の不払いや関税同盟の関税法令によって確立された点で、関税や税金の不完全な支払および(または)の場合に支払う義務がされなければならないお金のこの記事の合計、に記載された認識しました。
2。 段落5に定める場合を除き - この記事の8、関税と税金の支払いの遅延の各カレンダーの日のために授与ペナルティは、関税を支払う義務の実行の日に関税や税金の支払い期限の満了の日の翌日から開始し、税や当日の借り換え率の1つの3百分の量の未払い関税や税金の額の割合の包括的な関税の分割払い、税金とによって延期または支払いの決定 バニ、ロシア中央銀行は、関税や税金の支払いの遅延の期間中に働きます。 罰金を計算する目的のために関税や税金の支払いの遅延の期間中に作用して、中央銀行の借り換え率を適用します。
3。 罰金は、次のような場合には充電されていません。
税関は関税や税金の支払者がインストールされていない場合1)。
2)であれば、本明細書の条8 150部分に応じて徴収関税、税金、
ロシア連邦破産上(破産)の3)。
関税同盟の税関コードの条4 5の段落に従った物品の関税価値の64)決意。
この連邦法で定められた他の例で5)。
4。 未収罰金の大きさだけでなく、罰金の延期または分割払いの提供を減らすことは許可されていません。
5。 指定された要件を示すの日に、この記事のパート2に従って授与銀行保証の罰則の下で保証契約または受益者の需要の契約の下で貸し手の保証人または保証人の要件を提出する際、包括的、そうでなければ、ロシア連邦の国際条約で定められた場合を除きます。
6。 とき包括指定された要件を発揮日に計上関税以前の違約金の支払いに請求。 この要求で指定された時間内に関税や税金の滞納の場合、またはそれらの回復が完全に強制的に現在の連邦法によって決定されていない場合、罰則はパート2に従ってこの記事を授与されます。
7。 この記事のパート2に従って計上ペナルティの合計は、支払人の他の特性を犠牲にし、又は裁判所が完全に充電されることはありません例では、関税や税金の支払者への未払いの罰金の額は、関税の支払いのための要求を送信しなければならないと障害が発生した場合に、タイムリーにこの要件この章で定める方法により執行の措置。
8。 預金により担保債務の障害が発生した場合には、関心がデフォルトの検出、入金日に計上し、彼によって消滅します。
9。 罰金は関係なく、税関に関税同盟および(または)ロシア連邦法令の関税法令の違反に対する責任のかどうか、他の施策の、滞納の量に加えて支払われます。
10。 罰金は、関税や税金のまたはそのような金額の支払い後の未払い金額の支払いと同時に支払われるが、関税や税金の支払いの日から遅くとも1ヶ月。
11。 関税、税金の分割払いによって延期または支払いのために適用すると、滞納の量の罰則の発生主義を中断してはなりません。
12。 お支払いは、収集および返金罰則は関税と税金の支払い、回収・返金に関して税関事項について、ロシア連邦の法律の税関関税同盟の法律および(または)によって確立されたルールに従って行われています。

152を§。 関税の支払い請求
警告!
関税cmの支払請求の形。の2711 30.12.2010番号からロシアのFCSのために
不払いや関税の不完全な支払いおよびその調製を参照するための手順の事実の発見についての税関当局の行為の形。の2708 30.12.2010番号からロシアのFCSのために
1。 関税の支払いの請求は、書面での税関当局の通知が期日までに関税の量だけでなく、関税の支払い、罰則及び(または)パーセントのこの需要残高の指定期間内に支払う義務が支払われないです。
2。 この連邦法に従い、に関して関税と税金を支払う義務が関税の支払いの支払いにリクエストを送信した場合、指定された要件の後に方向を変え、税関当局は理由が責任を変更指定して、関税の支払いのための資格の請求を送付しなければなりません。 これはもともと、同時に関税の支払いの要求関税の支払いのために調整された請求の方向に応答を指示しました。
3。 同じ人(同一人物)監督の関税の支払いのためのときに関税や税金の共同デューティ納税者は、資格の請求、(誰が)関税の支払いの要求を撤回するように指示されています。
4。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための資格の主張は)関税支払額、利息の額および(または)の請求要件の日に経過利息、関税や税金の支払条件、長期性能要件などに関する情報が含まれている必要があります関税の強制回復の措置、税および支払人によって、この要件の不履行の場合に適用されている彼らの回復を確実にし、要求を発行するための根拠に。 関税と充填の手順の支払請求のフォームは、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。
5。 関税支払いの支払いの請求は、そのような事実は宣言されたデータの検証を含め、商品のリリース後に税関管理の際に明らかにされている場合など、不払いや関税の不完全な支払いの事実の発見の日から10営業日以内に関税や税金の支払者に送信する必要があります物品の製造に関連する税関操作を行う場合。
6。 職務の出現を伴う違反を明らかにした不払いまたは不払いまたは適切な形での税関コントロールの結果に税関当局の権限者による決定の日の後遅くとも5営業日より関税の不完全な支払の事実の発見についての税関当局の行為によって固定関税の不完全な支払の事実の発見、関税と税金を支払うために。
7。 出庫を作るために税関当局の受領日後5営業日必着不払いまたは税関当局の行為によって固定された関税の不完全な支払の事実の税関検査の検出の形で税関管理を行うない場合は、税関の分野での税関検査報告書と適切な判断(決定)のコピー。
8。 関税価値の調整に関する決定の場合には、商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を修正し、不払いや関税の不完全な支払いの電子コピーの日の発見を調整すること関税額と関税の支払いフォームの調整の形を充填する日とします商品の正しい宣言。
9。 不払いや関税、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されているの充填のためのフォームと手順の不完全な支払の事実の発見についての税関当局の行為で、指定する必要があります。
1)税関管理の結果として発行された文書税関当局の日付と番号。
物品の識別を可能にする文書の2)数、これらの商品の適用;
3)支払支払う(有料)関税;
適切な形式で税関管理の結果により識別関税と税金を支払う義務を伴う4)違反。
10。 あなたは、税関の関税同盟及び(または)ロシア連邦の法律の関税法令に従った税関手続の要件および条件に違反した場合、関税と税金の支払いのための成熟度を伴う、関税の支払いのためのいずれかの請求は、検出の日の後、遅くとも3ヶ月より送信されるべきではありません言っ違反。 6この記事 - 不払いや不払いや部品8に従い、関税の不完全な支払いの事実の発見についての税関当局の行為によって固定関税の不完全な支払いの発見の日。
11。 関税の支払い請求の用語は、要求を受領した日から10の暦日よりも少なくとも20営業日とではありません。
12。 関税支払いの支払いのための要件の明確化は、遅くとも10は事実の確認の日から営業日より送信されるべきではない、関税、税金を支払う義務の変化を示しています。
13。 締め切り洗練された要件は、10は、関税の支払いのために調整された請求を受領した日から営業日以上ではありません。
14。 この条によって設立された用語の満了後の関税の支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求の方向は、この不正な需要を認識するためのグラウンドであってはなりません。
15。 これらの日付は、包括一日の終わりに計上し、支払うべき関税この条において確立用語の満了後の支払い(関税の支払いのために調整された請求)、罰則および(または)利息の支払の請求を送信する場合。
16。 関税の支払い(関税の支払いのための資格を請求)の請求が事実と要求を受領した日の、頭や組織の他の正式代表者またはレシート上の物理的な人やそれ以外に転送することができます。 言った人がこの要件を受ける回避する場合は、書留郵便で送付されなければなりません。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための資格の主張は)登録されたメールを送信した日から6日以内に受信ものとみなします。
17。 この条によって設立さという点で失敗関税支払いの支払いの請求(関税支払いの調整請求)の場合には、税関当局は、この章に基づいて税関関税、税金の強制回復の措置を講じなければなりません。
18。 関税の支払い(関税の支払いのための要件の明確化)の請求にかかわらず、刑事または行政責任にその魅力の、関税、税金の支払者に送信されます。

153を§。 支払人の銀行口座の金融資金の犠牲に関税支払いのコレクション(議論の余地コレクション)
1。 障害が発生した場合の関税の支払いの支払いの請求(関税の支払いのために調整された請求)タイムリーに税関が関税の支払いの量によらずバンクに支払人の口座から資金の回収に判定を行う(関税の支払いのための詳細な要件)にいいます関税の支払いと、この決定の採択の日に計上罰則の量の需要。
2。 (以下、 - 議論の余地のないコレクションの決定)争う基づいて資金を集めるために決定、の充填のための形式と手順は通関業務の分野で承認連邦執行機関によって承認され、関税、利子の額との回復量対象の情報が含まれている(または)しなければなりません議論の余地の収集、関税の支払いの支払いのための未決済請求(関税の支払いのために調整された請求)の詳細の決定を発行する日の未収利息。
3。 税関当局は、銀行の支払人の口座の情報を持っている場合、税関の支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求の実行の満了の日から60カレンダー日より遅くとも税関当局によって受け入れ争う回復についての決定。
4。 関税同盟のメンバー、必要な現金 - 議論の余地のコレクションへの決定は、支払人の口座からの引き落としと連邦財務省の口座に、または国際条約の状態で指定したアカウントに転送するために支払人、コレクションの順序(オーダー)の口座を開設した銀行での税関当局の方向のための基礎であります意味します。
5。 それ以外の税金および手数料に関するロシア連邦の法律により提供されない限り争う基づき、関税の支払いのコレクションは、ローン口座を除いて、支払人の銀行口座から作られています。 実際の回復の日にロシア連邦中央銀行のレートでロシア連邦の通貨での関税の支払いの量に相当する量で行われた外国通貨で開かれた銀行口座への関税の支払いのコレクション。 一緒にコレクションオーダー(命令)での税関当局の外貨で開かれた銀行口座に開催された資金の回収、チーフ(次長)は現金支払人の販売のための支払人の銀行に注文を送信した場合、遅くとも翌日より、外貨に格納されています。
6。 税関の収集順序(命令)は、議論の余地のないコレクションの決定の日から1月以内に、支払人の口座を開設した銀行に送られ、回収命令の執行のための税金や手数料に関するロシアの法律(によって確立された方法および用語の銀行で実行されます税務当局の命令)。
7。 義務はない、後3営業日より、自分で支払者、または議論の余地のコレクションに決定を発行したこの連邦法、税関当局に応じて支払人の財産で充電関税の支払いに関する債務の量によって完全に終了するか行使関税を支払う場合フル義務の終了または実行の日から関税を支払う決定を取り消し、コレクションオーダー(命令)の撤退の銀行に書面で通知します。
8。 残高の銀行に新しいコレクションオーダー(命令)関税の支払義務の部分履行した後、遅くとも3営業日より、議論の余地のコレクションに意思決定を発行している部分に返済すべき関税の支払いにおける延滞(終了または実行)、税関当局、場合以前の銀行のコレクションオーダー(命令)取消通知書と関税の支払いで延滞。 争う税関当局の回復に対するこの新たな決定で課せられてはなりません。
警告! リコースCMなしで資金を回収するという決定の形。の2714 30.12.2010番号からロシアのFCSのために

154を§。 関税と税金の支払いのためのセキュリティーの施行
1。 税関当局は、保証人から必要な場合があり、保証人は罰金や利息を含む未払いの関税の支払い、の量で現金の金額を支払うこと、または担保に担保権を行使するために、銀行保証を発行しました。 税関当局は、さらに契約ならば、債権者(受益者)の権利の完全な範囲で貸し手(受益者)として機能する権利があり、関税、税金を支払う義務を伴う実行主体債務、財産の誓約によって提供されるの履行、銀行保証、保証人の違反を発見します貸し手として保証契約の誓約プロパティ、銀行保証または契約(受益者)は、税関当局が命名しました。
2。 関税、税金や関税、税金の支払人の支払者の場所(居住地)に設定されていない場合は、税関当局が関税の支払いのために、この人の主張を発行せずに一部1で、この資料の手順を行うことがあり、外国人です。 関税や税金の支払者がこの条1部に言及行為の手数料と同時に、外国人、税関当局である場合には、関税や税金の支払いのためのセキュリティの差し押さえにその人に通知します。
3。 関税と税金の支払いのためのセキュリティとして使用する場合には義務が関税を支払うことならば、現金担保の額の現金担保の差し押さえは、支払人の銀行口座に利用可能な資金を犠牲に関税の支払いの請求を送信せずに税関の支払いを収集することなく実行されます税金が預金により担保債務の失敗に関連して発生しました。 回復は、デフォルトの検出の日から3営業日以内に行われます。 税関当局は、現金担保の額で差し押さえた日から3営業日以内に生産回復の支払者に通知しなければなりません。 現金担保の額は、関税の支払いに借金を返済するのに十分でない場合は、関税の支払い上の債務の残高の罰則は、罰金は、関税の支払いのための要求を出すと、この連邦法によって確立された手順に従って施行の措置を適用します。

155を§。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンション
1。 銀行での口座に対する操作の停止(S)関税、税金の支払者(団体または個人事業主)が無競争の回復についての決定を強制するために使用されます。 アカウント(複数可)上の操業停止バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者が支払いには適用されません、民事法律に従い、実行の順序は、関税や税金を支払う義務を実行するだけでなく、操作を先行しました関税、税およびロシア連邦の予算システムへの他の義務の支払いの支払いで資金の移転とオフを記述します。
2。 銀行での口座(複数可)上での操作を中断することを決定、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は支払者によって指定されたデフォルトのイベントには関税の支払いの請求(関税の支払いのための調整請求)を提出し、税関本体のチーフ(次長)を受け入れこの要件。 アカウント(複数可)上での操作を一時停止する決定は、銀行での関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は、議論の余地のコレクションの決定前に撮影することができません。
3。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションのアカウント(口座)に取引停止処分の決定で指定された量にこれらのアカウント(口座)に銀行デビット取引の終了を意味関税の支払者、税金そうでない場合は、この記事の1部分によって提供されない限りバンク内(組織や個々の起業家)、。
4。 (複数の)アカウントバンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションは、遅くとも1つのビジネスよりも(複数の)アカウントバンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する事業の停止を廃止する税関当局の決定をキャンセル関税や税金のコレクションを確認する書類(コピー)、の税関当局の受領の日の翌日。
5。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する決定は、その適用日後、遅くとも翌営業日より電子的に紙の上で銀行に税関当局によって送信されないか、されています。
6。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する事業の停止をキャンセルするという決定は、税関職員によって銀行の代表者にレシートを与えられたか、その適用日後の翌営業日必着電子形式で銀行に送信されません。
7。 電子形式での銀行で口座の操作を一時停止する決定(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人とアカウントに操業停止を解除する決定(複数可)のフォーム関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者や習慣の分野で承認連邦執行機関と連携してロシア連邦中央銀行によって確立された銀行の税関当局によってそのような決定を送信するための手順。
8。 紙の上のフォームのアカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する操作を中断することを決定(組織や個々の起業家)銀行と口座取引の停止(アカウント)銀行における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払を取り消す決定にや習慣の分野で承認連邦執行機関によって確立された銀行の税関当局によってそのような決定を送信するための手順。 (参照してください。数2635 28.12.2010からロシアのFCSの順序)
9。 アカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する操作を中断することを決定(組織や個々の起業家)関税支払いの支払いのための未決済請求の詳細を表示しなければならない銀行で争う回復におよび決定(関税の支払いのために調整された請求)、銀行の正式名称は、 BIC、関税、税金の支払者の種類と口座番号。
10。 銀行で口座(複数可)上の操業停止を解除する決定関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は関税、税金の支払者のバンク指定、BIC、口座番号と種の完全な名前を含める必要があります。
11。 アカウントの操作を一時停止する決定のコピー(複数可)関税、税金の支払者(組織や個々の起業家の)バンクにある、またはアカウントに対する操作の停止を解除する決定(複数可)以前に指定されたに転送バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者意思決定の写しを受領した日を証明する領収書またはそうでなければ。
12。 銀行は()アカウントの取引の停止の決定を受けた後遅くとも日より、中断されていない銀行業務に口座の関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の現金残高についての税関当局(アカウント)に通知する義務があります(アカウント)銀行における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人。
13。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する決定は、銀行による無条件の執行を受けなければなりません。
14。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションは、アカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する事業の停止をキャンセルする銀行の決定を受領した日までこのような操作を一時停止する銀行の決定の受領で動作しますバンク内(組織や個々の起業家)。
15。 アカウント(s)は、このような意思決定の受領の引渡しまたは受領の通知に指定されたバンクでの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する税関当局の銀行の決定の受領の日付と時刻。 その領収書の電子形式と日付の銀行で口座での操作を一時停止する銀行の決定(S)の方向関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の連邦執行と連携し、ロシア連邦中央銀行によって確立された手順に従って定義されている銀行による当局は、税関の分野で承認しました。
16。 関税、税金(組織や個々の起業家)の現金支払総額場合は、()関税の支払者のアカウント(複数可)上での操作を一時停止する決定に基づいて中断され、銀行業務にアカウント(複数可)上にありますそして、この決定に指定されたものよりもバンク内税(団体または個々の起業家)、支払者が書面で指定された量は、税関当局に操業停止の解除のためのアプリケーションを適用する権利を有します 最初に自分のアカウント(複数可)の銀行で()議論の余地のコレクションの決定を実行するための十分な資金を持っているロシア連邦の領土であり、銀行で口座(複数可)の義務表示、と。
17。 リクエストの受領の日の翌日中にアカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作の停止を廃止する決定する前に、税関、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者、ガイド銀行とは、支払者は、これらの(組織や個々の起業家)のアカウント(複数可)、これらのアカウント(口座)に現金残高の要求を開きます。
18。 回復の決定を実行するための十分な量の銀行に口座に資金の利用可能性の銀行情報(s)関税、税金の支払者(団体または個人事業主)を取得した後、税関当局は、2営業日以内にサスペンションのキャンセルについて決定をするものとしますPRの税関当局の決定に指定された金額を超える銀行で口座(s)は関税や税金の支払者(団体または個人事業主)での操作 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者にiostanovlenii操作。
19。 アカウント(複数の)バンクまたはバンク(バンクの方向)支払人の口座(S)の操作の停止を解除する決定の代表の送達の期間における関税、税金(組織や個人起業家)の支払人に対する操作のサスペンションの用語リフトの税関本体の違反の場合点で関税や現金の金額を銀行内税(組織や個々の起業家)が、未収利息の支払停止モードを務めました これらの条件の違反の毎日の関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人。 金利は口座(s)は、銀行または銀行(銀行の方向の代表の送達期間における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の業務の停止の解除の違反税関当局期間中に効果的なロシア連邦中央銀行の借り換えレートに等しいですアカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者に業務の停止を解除する)決断。
20。 銀行は銀行での関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者アカウント(複数可)上の操業停止の結果として、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者が被った損失について一切責任を負いません。
21。 あなたが銀行に口座に対する操作を中断することを決定(複数可)関税、税金(組織や個々の起業家)の支払を持っている場合、銀行はこの先に新しい口座を開設する資格はありません。

156を§。 財産の差し押さえ
警告! 参照してください。支払人の他の特性を犠牲に関税や税金の回収のための税関当局の決定を強制する方法として、支払人の財産の逮捕に関する書類(キャンセル)の形を課すために
1。 その性質の点で関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の財産権を制限する検察官の承認を得て、税関当局による措置の支払者の他の特性を犠牲に関税や税金の回収のための税関当局の決定を強制する方法として、プロパティのアタッチメント。 財産の押収期限内に関税や税金の支払関税を支払う義務た場合に行われる、税金、罰金、および税関当局の存在下で、関係者は彼らの資産を非表示にしたり、隠すための措置をとるだろうと信じる十分な理由があります。
2。 プロパティの逮捕は、完全または部分的であってもよいです。
3。 プロパティの完全なアタッチメントは、彼が逮捕財産を処分する権利を有するされていない資産の点で関税や税金の支払者の権利の制限であり、財産の所持と使用が許可を得て、および税関当局の監督下で行われています。
4。 一部の逮捕は、プロパティの所有、使用及び処分が許可を得て、および税関当局の監督下で行われているその資産の点では関税や税金の支払者の権利の制限があります。
5。 この記事の一部3と4にいう権限は、税関業務の分野で承認連邦執行機関によって承認されたフォームへの書き込みでなければならない、と財産の個々の属性のプロパティの名前についての情報を含まなければならない、根拠の予定原価承認。
6。 逮捕は関税、税金、課徴金を支払う義務の実行のために必要かつ十分であるプロパティ、に従うものとします。
7。 税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されたフォーム上の適切な意思決定の形で税関当局の責任者(次長)撮影した関税、税金の支払者の財産の差押えの決定。
8。 関税や税金の支払者の財産の差押えは、目撃者の参加を得て行わなければなりません。
9。 そのプロパティ値の値を決定することができない場合は、公式、拘束、アカウントに税関専門家の結論を取ることによって決定されます。 あなたは、評価活動に関するロシアの法律に基づいて決定されるプロパティの税関専門家の値を引き付けることができない場合。
10。 プロパティを逮捕税関当局の職員、ない財産の停止の間に存在することが(彼の法的および(または)正式な代表者)関税、税金の支払を拒否する権利。
11。 プロパティの逮捕に参加する人は、自分たちの権利と義務を説明しました。
12。 逮捕は、逮捕時に存在し、検事の承認とその権限を確認する文書を逮捕する決定を人に提示することは必須であるプロパティ認可職員の逮捕前に。
13。 逮捕に重畳されたプロパティは、証人と逮捕に関係者を発表しました。
14。 夜の間に財産の停止を行うことは緊急の場合を除いて、許可されていません。
15。 逮捕は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認されたフォームのプロパティの逮捕にまで描かれている場合。 財産の差押え上のプロトコルは、以下の情報を指定する必要があります。
1)名、姓、財産の逮捕に存在する人物の父称。
2)物事の行為に記録されているそれぞれの名前は、このことを特徴とします。
3)レコード項目と押収されたすべてのプロパティの合計値のそれぞれのコストの速報値。
4)プロパティの使用権の制限の種類、量および期間;
5)税関職員は、人の親権や財産の保管、場所(居住地)に移した先の人。
6)発言や財産の逮捕に存在する人の文。
16。 プロパティの逮捕の分も、以下の注意事項を参照すべきです:
1)資産の差し押さえ。
税関職員が職務や横領、疎外、隠蔽または職務の明確化、彼をするための本人の署名と財産の不法移転のためにその責任の予防の、押収財産の親権やストレージを転送先である者の明確化のための2)。
17。 債務者の財産の逮捕の議事録は、税関職員によって証人を締結しなければならない、税関職員をすべき者は、そのような性質の親権やストレージを移し、逮捕時に存在した他の者。 プロトコルに署名するために、これらの者のいずれかの障害が発生した場合、対応するマークがあります。
18。 財産の差押えの決定を発行した税関当局の頭(次長)は、押収されたプロパティがあるべき場所を決定します。
19。 後で税関当局のプロパティの発作の分チーフ(次長)後の翌営業日には、プロパティの発作のアプリケーションと同様に、関税、税金の支払者に課されるに基づいて執行手続を開始した執行官のプロトコルの写しを送付しなければならないではないよりも、条158に従い、税関当局は、支払人の他の特性を犠牲に関税や税金の回収に関する決定を本契約しました。
20。 疎外は、(許可を得てと押収税関当局の監督の下で生産さ除き)、財産の横領や隠蔽が押収された、許可されていません。 プロパティの使用及び処分が押収された所持のためのロシア連邦の設立の法律に従わない場合は、ロシア連邦の法律で定められた、正義に犯人をもたらす理由です。
21。 プロパティを逮捕するという決定は、法律に従い、債務者の財産の押収に受信廷吏の決定に基づいて、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されたフォーム上の適切な意思決定の形で税関当局の頭(次長)の決定をキャンセル執行手続上のロシアだけでなく、関税、税金、罰金または支払義務の終了の場合 本契約の条158に従って税関当局によってレンダリング支払人の他の特性を犠牲に関税や税金を回収するため、に基づいて制定uchae終了または執行手続き。
22。 適切な解像度は、この条のサブセクション21にいう財産の差押えを取り消す決定は、その適用日後に、廷吏と検察官遅くとも翌営業日より(彼の法的および(または)正式な代表者)関税、税金の支払人に伝えなければなりません。
23。 財産の差押えの決定は決定を下し、以上の税関当局または裁判所によって語っ決定をキャンセルする税関当局の頭(次長)の決定の取り消しを押収した日から有効です。

157を§。 関税、税金を支払わされていないの点で財に​​よる関税、税金のコレクション
1。 同様に支払人または支払人の口座に関する情報の欠如の口座に資金不足の場合には、この連邦法で規定されている例では、税関は、関税、税金を支払わされていないための商品の支払人の犠牲に関税や税金を徴収する権利を有する物品であれば税関での通関連合と(または)ロシア連邦法令の関税法令の定める手続に従い、税関連合品のステータスを取得していません。
2。 関税や税金は関税の支払いに請求を送信せず、支払わされていないの点での商品の差し押さえは、関税同盟の税関コードの章21に従って税関当局により拘留物品の保管のための時間制限は、有効期限が切れている場合、または場合は許可されている関税の支払人関税、消費税は、税関当局によって設定されていません。
3。 関税や税金の支払者が自然人である、または関税や税金の支払者が合法である場合には、関税や税金の支払者は、税関当局、または仲裁裁判所の決定によって設定されていない場合は、関税、税金の面での商品の差し押さえは、裁判所の決定に基づいて行わなければなりませんこうした商品はの記事140に従って公約として税関当局に引き渡され場合を除いて、エンティティまたは個々の起業家、 連邦法と同様に、実行は、そのストレージサブセクションの記事7 189に定める税関当局による拘留に制限が本契約の有効期限が切れた商品に課税されている場合。
4。 差し押さえは支払われていない、または完全な方法でと関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定められた時間内に、関税と税金を支払っていないそれらの点でそれらの商品のためだけです。
5。 商品の販売による収入の処分は、本契約の条191に従って行われます。

158を§。 前払金の未使用残高を犠牲に関税の支払いのコレクション、現金担保、過払い(収集)関税および支払人の他のプロパティ
(参照してください。数2266 08.11.2011からロシアのFCSの順序)
1。 障害が発生した場合には税関の支払いの支払いの請求(関税の支払いのために調整された請求)税関当局は前払の未使用残高が支払う関税を徴収する権利を有する、現金担保は、(収集)関税を過払い。
2。 税関当局の頭の決定に関税同盟のメンバー(次長) - 国際協定の状態によって、連邦財務省の口座や口座へのこれらの資金の貯蔵寿命の間に作られた関税の支払いの前払金の額の差し押さえ、現金担保、過払い(収集) 。 事前の支払いを関税の額の回復には、過払い現金担保は、(収集)関税税関当局は、収集後1日以内に関税や税金の支払者(後継)に書面で通知しなければなりません。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための調整請求)の実行の満了の日から10カレンダー日以内に無競争の回復に決定せずに作られた関税の支払いの前払金の額の差し押さえ、現金担保、過払い(収集)。 前払金の未使用残高の場合、現金担保で、回復はその成立の日から5暦日以内に行われる関税の支払い(関税の支払いのための調整請求)の実行要件の満了後(収集)関税を過払い。
3。 故障関税支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求および障害または不十分な資金支払人の口座または支払人の口座に関する情報の不足の場合には、税関当局は、現金によるものを含む、支払人の他の特性を犠牲に関税の支払いを徴収する権利があります資金。
4。 支払人の他の特性を犠牲に関税の支払いのコレクションは、税金や手数料のロシア連邦の法律に従って判決廷吏の税関当局の責任者(次長)の日から3営業日以内に送信することで行われます。 税関当局の執行税金や手数料のロシアの法律、および執行手続上のロシア連邦の法律に従って廷吏による決定。

159を§。 関税の回復のための税関当局の決定の実施のための銀行や他の金融機関の義務
1。 銀行や他の金融機関は、関税の議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定を行うために必要とされます。
2。 そのような決定を受領した日、次の1営業日以内に銀行およびその他の信用機関によって実行される関税の支払いの議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定。
3。 あなたが支払人の銀行やその他の信用機関の口座にお金を持っている場合は関税の議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定の実行を遅延する権利はありません。
4。 非パフォーマンスや、この条に定める職務の不適切なパフォーマンスのために、銀行や他の金融機関は、ロシアの法律に従って責任を負うものとします。
5。 この記事の規定も罰則及び利息の金額の議論の余地のないコレクションの税関機関の決定の実施のために銀行や他の金融機関の債務に適用されるものとします。

160を§。 関税の支払い(後払い)、罰則、利息の支払いに回収不能償却の認識と負債
1。 貸倒引税関の支払い(後払い)、罰則、利息、関税、税金、支払の優れた個々の納税者の支払いに認識され、(または)コレクションは、以下の場合には不可能であることが証明されました:
組織の1)清算 - ロシア連邦の法律によってのために提供されるすべての罰則税関当局の採用後に残存して債務の一部におけるロシア連邦の法律に従い、関税、税金の支払人、;
2)債務者の財産の不足に起因するロシア連邦の法律によってのために提供されるすべての罰則税関当局の採用後に残存して債務の一部でロシアの法律に従って破産個々の起業家を宣言されています。
3)個々の死亡または自然人の死亡またはそれが故人宣言の日において顕著である債務のその部分に関してロシア連邦の法律で定める方法により死んだことを宣言する。
滞納の回収のために裁判所に申請の期限切れの期限を延長することへの拒否の決定を含む税関当局は、彼らの回復の期間が満了したとの接続に興味を滞納と延滞罰則を集める機会を失っているその下4)裁判所法、および傑出した罰金、利息。
2。 関税と税金を払う連帯債務を負担する者の一人から回収不能の負債であるため認識は、回収不能の認識を意味するものであり、この記事の部分1に示されている不測の事態がない状態で他の共同責任者(状況)の借金を帳消しにしていません。
3。 関税の支払い(後払い)、罰金、利息、回収不能とみなされ、税関分野で認可連邦執行機関によって承認された段落1この記事で指定された状況を確認する書類のリスト上の債務救済のための手順。

 
より多くの記事...
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!