情報 連邦法 FZ番号162-FZ 27.06.2011

6月の連邦法番号162-FZ 27 2011年

「ナショナル・決済システム上の「連邦法の採用に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正について

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ14.06.2011 22.06.2011)
(139から「Rossiyskayaガゼタ」番号5515(30.06.2011)で公開し、ロシアの法律番号27 04.07.2011、アート。3873の組み立てに。発効で、この法律の条23を参照してください)
警告! の連邦法番号401-FZ 06.12.2011によって改正されたテキストがあります

記事1
「銀行およびバンキング活動について "連邦法(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議の官報、3、1996を№、ロシア連邦の条17 ;.議会(連邦1990 2月27の法律、数357-FZにより改正されました) 、1996は、6、条492、1998 ;. 31は、3829を№№条1999 ;.は、28、条3459 ;. 3469を№2001を№、26、条2586 ;. 33は、3424、条2002 ;. 12を№№します1093、条2003 ;. 27は、2700、条52 ;. 5033を、条5037 ;. 2004は、条27 ;.は2711、条2005、1 ;. 45を№、2006を№№№、19、条2061は№します; №31、条3439 ;. 2007は、1を№、条9 ;.は22は№、条2563 ;.は31を№、条4011 ;.は41は№、条4845 ;.は45、条5425 ;. 2009は、9、アート№№します。1043; 23を№、条2776 ;.は30は№、条3739 ;.は、48は№、条5731 ;.は52は№、条6428 ;.は2010を№8は、条775 ;.は19、条2291 ;. 27を№№、 .....条3432; 30、条4012は№; 31、条4193を№47、条6028№; 2011を、7、905のv)は以下の変更が№:
次のように1)記事1 3番目の部分は読んでなければなりません。
「非銀行の信用機関:
1銀行口座を開くことなく、現金のみ転送の実装に関連した法人の銀行口座の一部に(ポイント3と4で呼ば排他的な銀行取引を行使する権利を持っている)金融機関)と同様に、段落5で(のみの実装に関連してお金の銀行口座を開くことなく転送)と本契約のセクション9 5(以下の段落 - なしから送金を行う権利を持っている非銀行金融機関 銀行口座や他の金融関連する操作の被覆)。
2)金融機関は、この連邦法で定められた個々の銀行業務を行う権利を持っています。 ロシアの銀行が設立された非銀行信用機関のための銀行業務の許容組み合わせ」。
2)の記事5:
a)第一の部分で:
ステップ4中の単語の単語「資金移動」と「和解」。
次のように9段落は読みなければなりません。
「9)は、メールオーダー以外の電子マネー()を含め、銀行口座を開かずに送金してください。 ";
b)は、以下の内容の第七の一部を追加します。
「送金資金の電子振替を除いて、銀行口座を開くことなく、個人に代わって行きました。 ";
読むために記事3 3番目の文の第二部で11)以下のように「非銀行の信用機関のためのライセンスを申請新たに登録されたノンバンクの金融機関の最小授権資本は、銀行口座を開くことなく送金を作るために資格を与え、その他の関連します銀行業務を実施するためのライセンスの状態の登録および発行のためのアプリケーションが18百万の量で確立された日に銀行取引 。ルーブル、「次の文章:」の日には、そのようなライセンスの状態の登録および銀行業務を行うために、ライセンスの発行のためのアプリケーションを適用せずに新たに登録された非銀行の信用機関の最小授権資本は18百万ルーブルの量に確立されています「;。
4)記事13の言葉「この連邦法の記事13.1 ""国立決済システムでは「連邦法では「言葉に置き換えなければなりませんで。
5)の記事13.1は無効とみなさ。
6)の記事14:
以下のa)の項9として:
「9)唯一の執行機関と非銀行信用機関の主任会計士の位置の候補プロファイルは、これらのプロファイルは、個人的にこれらの候補が充填されている。銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金を行う権限や規制の制定に指定された情報が含まれている必要がありロシアの銀行、ならびに情報:
(卒業証書または同等の文書のコピーの提出を持つ)高等専門教育のこれらの者の存在;
存在(不在)の有罪判決」。
b)は、以下のように読み取るために部品2を追加します:
「この条のサブパラグラフ8の規定は、銀行口座と関連する他の銀行業務を開かずに送金を行う権限非銀行信用組織の状態の登録のための書類の提出の場合には、適用しないと、銀行業務を行うために、そのライセンスを取得します。 " ;
7)15は、次のように読み替えるものと記事の第二部:
「信用組織の状態の登録の決定をし、銀行取引を行うために、又は本連邦法文書および認可非銀行信用組織の点で、そのような意思決定の採択の提出の日から6ヶ月を超えない期間で行われることを拒否するためのライセンスを発行銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を作る - 3ヶ月を超えない範囲内において」。
8)サブ1の第二段落の記事16の言葉」(唯一の執行機関の位置と非銀行信用機関の主任会計士のための候補者は、銀行口座を開くことなく送金を行う権限とその他の銀行業務に関連するための最初の部分 - の欠如")より高い職業訓練です。
9)の記事26:
a)は、以下の文言第13の一部:
「決済システムのオペレータは、連邦法で定められた場合を除き、第三者に決済システムの参加者とその顧客の取引とアカウントに関する情報を開示することはできません。 ";
次のようにb)は第十八の一部を追加します。
「オペレーションセンター、支払決済センターは、決済システム内の情報の送信を除き、決済システムの参加者へのサービスをクリアし、運用サービスの提供をもたらす、第三者に決済システムの参加者とその顧客の取引とアカウントに関する情報を開示し、同様に例ない場合があります連邦法律の定めるところにより」。
c)は、以下のように第十九の一部を追加することによって:
「この条の規定は、銀行の支払エージェント(サブエージェント)によって行われ、信用機関の顧客取引上の情報に適用しなければなりません。 ";
次のように20分の1を補完するグラム):
「この条の規定はまた、顧客の注文に係る信用機関による電子決済に関する金融機関と顧客情報への電子マネーの残高に関する情報に適用しなければなりません。 ";
10)の記事27:
a)の言葉」だけでなく、上の電子マネーの残高 ""、クレジット組織に格納されている「言葉の後に、
b)は、以下の文言で第二部:
」、または電子マネー貸出機関のバランスにすぐに発作についての決定を受信すると、アカウントと預金の資金の発作は、バランス値内でアカウントの操作(預金)、ならびに電子マネーの転送を終了すると電子マネーは、押収されています」。
c)の第三部、言葉」だけでなく、上の電子マネーの残高 ""、クレジット組織に格納されている「言葉の後に、
11)の記事28:
a)は、「既成の秩序や決済センターで作成された「単語の最初の部分で削除されなければなりません。
b)は、以下の内容の第七の一部を追加します。
国立決済システムでは「信用機関は連邦法の要件を満たす決済システム内のお金を転送する権利を有します ""。 ";
言葉の後に第五の12)の記事29、「このカードの所有者、「言葉」やこのような補償が存在しない場合、「言葉」やこのような補償が存在しません。」
記事2
「ロシア連邦税務当局では「数1-7ロシア連邦日付21月1991、の法律の段落943の記事1(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議、1991の官報は、15、ロシア連邦人民代議員大会の条492 ;.官報とを№しますロシアの最高評議会、1992は、34、条1966を№;. 33、条1912 ;. 1993は、12、ロシア連邦の条429 ;.総会、1999は、28、条3484 ;. 2002、1を№、アート№№№します。2; 2003は、№21、条1957 ;. 2004、27、条2711 ;. 2005、30、条3101 ;. 2006を№を№は、31、条3436 ;. 2009を№、29、条3599)は次の段落を追加し№します。次のように:
動作支払い薬「銀行の決済エージェントと銀行支払サブエージェントによって実行される個人の支払いを受けるための活動では、「3 6月2009、数103-FZの連邦法に従って動作支払い薬の遵守の制御を行うために」以下のための現金支払いを受信したときに、「国民の決済システムの」連邦法で、信用機関に提供する義務が支払者から受け取りました あなたの特別な銀行口座(複数可)にフルでachisleniya、支払いのための薬剤、サプライヤー、銀行決済エージェントと銀行支払サブエージェントの特別な銀行口座を支払うの使用、ならびにこれらの要件の違反のための組織や個々の雇用者に罰金を課します。」。
記事3
(ロシア連邦およびロシア連邦の最高ソ連の人民代議員大会の官報(37 1月7、数1992-FZの連邦法によって改正された)消費者の権利の保護に関する2300 1 2月9、数1996-2」のロシア連邦の法律の第四の記事のパート、 1992は、15、ロシア連邦、766の条1996 ;.アセンブリを、3、条140 ;. 1999は№、51、条6287 ;. 2004は№、52、条5275 ;. 2006は№、31、条3439は№№します; 2009は、言葉の言葉の後に「銀行支払代理人」を23、アート。2776)の№」(サブエージェント)。」
記事4
42 4月22の条1996連邦法、「証券市場では「数39-FZ(ロシア、1996の法律のコレクションは、17、条1918 ;. 2001、33、条3424 ;. 2002は№、52は№、アート№します。 5141; 2006は、1、5項目を№;番号17、1780項目;番号31、3437のv)は次のように..段落24を追加します。
「24)は、有価証券取引の決済を目的としたロシアの監督と資金の内の転送決済システムの監督の銀行の実装では、ロシアの銀行と相互作用し、(または)組織的な取引で行われたトランザクションは、例では連邦法で定められました "国の決済システムについて "。"。
記事5
、ロシア連邦(ロシア連邦のコレクション、1998の税コードの最初の部分で書く31、条3824 ;. 1999は、28、条3487 ;. 2000を№№、2、条134 ;. 2003を№、27、条2700は№; 52、条5037 ;. 2004は、27を№№条2711 ;.は31、条3231 ;. 2005を№、45、条4585 ;. 2006は№、31、条3436 ;. 2007は№、1、条28は№、。 31;。18、条2118 ;. 2008は、26を№、条3022 ;.は、48、条5500、5519 ;. 2009を№52、条6450 ;. 2010を№、31、条4198 ;.は45、アート№№№ ... 5752; 48、条6247は№; 49、条6420№2011を、1、16のv)は以下の変更が№:
1)記事2 23ポイントサブセクション1.1次のように:
「1.1)電子資金の移転のための支払の企業の電子的手段を使用する権利の発生または終了 - そのような権利の発生(終了)の日から7日以内。 "
2)記事3 45ポイントサブセクション1.1次のように:
「個人が銀行に提供される資金の銀行口座を開くことなく、連邦財務省の適切なアカウントにロシア連邦の予算制度を転送するために銀行を注文する個々の転送から1.1)は、彼らが列挙するのに十分であることを条件とします; ";
3)の記事46:
a)の名前、言葉」、並びにその電子マネーを通じて ";
b)は1の言葉」とその電子マネー」を指します。
段落2のc)の第二段落、単語「個々の起業家」の後に、言葉 "だけでなく、税務当局の命令は、納税者(納税の電子マネー)を転送する - 組織または個人起業家を";
グラム)以下のように段落6.1を追加します。
。「6.1が欠けているか、納税者(納税)の口座の残高不足 - 組織または個人のビジネスマンは、税の体は、電子マネーによる税を徴収する権利を有します。
納税者(納税)の電子マネーによる税のコレクション - 電子マネーである組織または個人の起業家が銀行に送信することによって行われ、納税者の​​費用(税・エージェント)に電子マネーを転送する税務当局の命令 - 組織または個人の起業家銀行インチ
組織や電子マネーの翻訳を行うことが必要があると個々の起業家、量を転送すべき指標だけでなく、納税者の​​アカウントの詳細(税 - 電子ファンドを転送するために、税務当局の順序は、納税者の​​支払い(納税)の企業の電子的手段の詳細を示す必要がありますエージェント) - 組織または個人の起業家。
ペナルティ税はルーブルで、外貨での電子マネー残高に起因する彼らの失敗に電子マネーの残党によって行うことができます。 外貨による電子現金残高に税金を収集し、納税者(納税)の電子マネー外国為替口座を転送する税務当局の順に指定するには - 組織または個人起業家の銀行はこれに電子マネーを移転しなければなりません。
電子転送する税務当局の要求と同時に税務当局の組織または個人の起業家(副) - 外国通貨で電子マネーの税による残高の収集ではと納税者の電子現金ルーブル口座(税・エージェント)を転送するために税務当局の順に指定します現金は遅くとも納税者(納税管理人の外国通貨の日より販売のために銀行に注文を送信されません ) - 組織または個人の起業家。 外貨の売却に関連する費用は、納税者(納税)によって行われています。 銀行は、納税者(納税)のルーブル口座に電子マネーを転送するもの - 電子資金の移転の日にロシア連邦中央銀行の為替レートでルーブルでのお支払いの額に相当量の組織または個人起業家を。
このような順序は、電子現金の受領時に実行されなければならない電子ファンドを転送するための組織や日銀行の税務当局の命令上の個々の起業家 - 納税者(納税)の電子マネーの不足や不在の場合。
税の回復はして行わなければならない場合税の回収は、遅くとも2営業日以内にルーブルでの電子マネーの残党によってなされていない、としなければならない場合には、当該命令の受領の翌日遅くとも1営業日より銀行によって実行されない電子ファンドを転送するために、税務当局の順序外貨現金の電子天秤」。
d)のように読み替えるものと7段落は次のとおりです。
。「7は、納税者(納税)の口座に欠けているか、資金不足している - 組織または個人起業家や彼の電子現金、または納税者の口座情報が存在しない場合に(納税) - 組織または個人のビジネスマンやその企業の電子的手段の詳細に関する情報を電子送金のために使用され、支払いは、税務当局は、納税者の​​他の特性を犠牲にして税金を徴収する権利を有します および(税・エージェント) - コードの記事47に従い、組織または個人の起業家「。
e)の8単語」や、資金の電子転送の停止」を指します。
4)の記事48:
言葉「銀行口座で現金 "言葉"、支払いのパーソナライズされた電子的手段を使用して行われている電子送金」後の段落1のa)の最初の段落、。
b)は、サブ段落1 5の言葉」と支払いのパーソナライズされた電子的手段を使用して行われている電子マネーの転送 ";
5)記事3 60点、単語「またはその電子マネーの残りの部分 ""納税者の口座に「言葉の後に、
6)の記事76:
a)は、単語「銀行」の言葉」だけでなく、電子決済」の後の名前。
b)の段落1で:
、言葉 "と電子決済"言葉 "銀行"の後の最初の段落。
次の段落によって補足:
「電子マネーの転送の停止は、そうでなければ、この条の段落2によって提供されない限り、電子マネーの残高の減少を伴う、すべての銀行業務の終了を意味します。 ";
c)工程2で:
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
単語「銀行」後の第2段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
以下のように読み取るための、新しい4番目の段落によって補足:
「この第一項に規定する場合には、組織を納税電子資金移動の停止は、税務当局の判断で指定された量までの電子マネーの残りの減少を伴う、銀行による業務の停止です。 ";
4番目の段落は、第五段落を考え。
次の段落によって補足:
「この第一項に規定する場合には、組織を納税外国通貨での電子マネーの転送の停止は、銀行廃止事業は、中央の為替レートでルーブルに税務当局の判断でこれに外国通貨の相当額内の量で、金額を電子マネーの還元バランスを伴う意味します外貨での電子マネーの転送の停止の開始日にロシアの銀行は納税者を言いました。 ";
ステップ3でグラム):
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
言葉「アカウント」の言葉」と電子決済」後の第2段落。
e)の段落4で:
単語「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
第二段落では、単語「納税者組織「言葉」とその電子マネーを転送」した後、
次のように第三段落は読みなければなりません。
「電子的に銀行に銀行に納税者組織の口座における取引の停止について税務当局の決定を送信し、その電子マネーを転送したり、銀行に納税組織のアカウントの業務の停止を解除し、かつ、その電子マネーを転送する決定は、ロシアの中央銀行が設定されている手順税金や関税の分野で制御し、監督のために認可連邦執行機関と連携して連盟」。
4番目の段落、単語「銀行」、言葉」とその電子マネーを転送」した後、
第五段落、単語「銀行」、言葉」とその電子マネーを転送」した後、
e)に示すように、言葉の後に「操作が中断されている、「言葉の言葉を "だけでなく、上の電子マネーの残高は、の翻訳は、中断され、「」とその電子マネーを転送する」5を指します。
グラム)の単語「銀行」の後、単語は「その電子マネーを転送」、6を指します。
段落7におけるH):
「これらの操作の「後の言葉「銀行」の後の最初の段落、単語」とその電子マネーを転送する」、単語「このような翻訳は「言葉」の電子マネーの転送の停止を廃止する税務当局の決定」を追加します。
単語「銀行」後の第2段落、単語」とその電子マネーを転送します ";
次の段落によって補足:
「もし銀行に組織を納税電子資金の転送を停止する決定は、納税者・団体との名称を変更した後(または)税務当局の決定に中断使用して支払納税者組織の法人電子的手段、電子資金振替、の詳細、納税者組織の面で銀行が実行する決定は、その名前や翻訳を変更しました 詳細を変更した支払の企業の電子的手段を用いて電子マネー「。
ⅰ)、単語「銀行」の後、8を指す言葉」とその電子マネーを転送します ";
次のようにa)の段落9.3を追加します。
"。引当金9.3 9ポイント、9.1と9.2は、組織を納税電子資金移動の懸濁液の場合に適用しなければなりません。";
リットル)、単語「銀行」の後、10を指す言葉」とその電子マネーを転送します ";
ステップ11ワードでメートル)」と「削除されなければならない、言葉」だけでなく、人の指定された電子決済のサスペンションに関連して ";
n)の単語を追加」し、組織に電子マネーの転送のための支払いの新しい企業の電子的手段を使用する権利を与えるために」、言葉の後に、「納税者組織のアカウント」という言葉を12を指す」とその電子マネーを転送します ";
7)の記事86:
a)の段落1で:
言葉「個々の起業家 "、言葉」と彼らに電子決済のための支払の企業の電子的手段を使用する権利を与える」の後の最初の段落。
言葉「(個々の起業家)「言葉」、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用する支払の企業の電子的手段の詳細を変更する権利団体(個人起業家)の権利または終了を許可する "、単語"オープニング、クロージング後の第2段落またはそのようなアカウントの詳細を変更するイベント「 "単語に置き換えなければなりません」。
単語は単語「アカウント情報」の後番目の段落は、「権利や資格の終了(個々の起業家)支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用することを許可します」。
単語は単語「アカウント情報」の後4番目の段落は、「権利や資格の終了(個々の起業家)支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段を使用することを許可します」。
b)の段落2で:
言葉 "(起業家)「言葉」だけでなく、電子マネーの残高に証明書と資金の電子振替」の後の最初の段落。
第二段落内の単語」と「削除されなければならない、単語「銀行」、単語「電子マネーや資金の電子振替のバランス上、ならびにヘルプ ";
次のように第三段落は読みなければなりません。
「情報は税のコレクションの決定後に税務当局によって要求されただけでなく、組織のアカウントで操作を中断することを決定(個々の起業家)の場合には、電子マネーの移転の懸濁液または組織のアカウントの停止を取り消すことができる、この段落で言及(個々のトランザクション起業家)と電子マネーの転送の停止」。
C)4段落、単語」、ならびにための電子決済のために使用されると述べ者の支払の企業の電子的手段」。
8)記事1 102ポイントサブセクション6次のように:
「。」の公開や自治体サービスの組織には「数6-FZ 7月27 2010、連邦法で定められた状態と市町村の支払いの国家情報システムが提供する210)」。
次のように9は補足135.2)の記事:
「条135.2。電子マネーに関連する銀行の義務の違反
1。 権利団体、個人起業家、民間実際には公証人、または弁護士を付与、税務当局への登録のためにその人の証明書(通知)をせずに電子送金の支払の企業の電子的手段の弁護士の調査、使用を設立し、同様に言ったの提出右の電子マネー、この人の転送を停止する銀行の税務当局の決定の存在下で、
20千の量の罰金を伴います。
2。 (終了)権利団体、個人起業家、民間実際には公証人、または弁護士を付与する税務当局に所定の期間銀行情報内の失敗は、支払の企業の電子的手段の詳細を変更するには、電子マネーの転送のための支払の企業の電子的手段の使用、弁護士の調査を設立しました
40千の量の罰金を伴います。
3。 電子現金、税を支払う義務の不履行(先払い)、コレクション、罰則、罰金の転送のために、そのための納税者、支払者や納税の電子マネーの転送を停止する彼の税務当局の決定の存在下での銀行の実行、
納税者、支払者や納税の要求に応じて転送量の20%の量で罰金が、支払うべき金額よりも多くない、と債務の不存在下でを伴う - 20千の量で。
4。 電子ファンドを転送する税務当局の現在のコードの割り当てによって指定された期間内に銀行による不当失敗
1 stopyatidesyatoyの借り換えロシア連邦中央銀行のレートが、遅延の各暦日のため0,2パーセント以下の量で罰金を伴います。
5。 銀行は税務当局の割り当てになっている点で納税者、支払者や納税の電子マネーの残高不足の状況を確立するために、銀行のアクションを作り、
そのような行動量の結果として受け取っていない30%の量で罰金を伴います。
6。 電子送金のバランスに段落2の記事存在コードの86および(または)非開示に係る税務当局に電子マネーや振替電子マネーの残高に銀行の基準を提出しなかった場合、コードの段落5の記事76に従って中断されましたそして、誤った情報が含まれている期日や参照の違反に証明書の提示、
10千ルーブルの量で罰金を伴います」。
次のように10は読み替えるものと136)の記事:
「条136。罰金や罰則の銀行から回復するために
記事132で言及罰金 - 135.2は、税務上の犯罪のために、このコードペナルティ制裁にするために設けられた手順と同様の方法で収集されます。 "
記事6
(ロシア連邦のコレクション、1998 31、条3823 ;. 2005を№、1、条8 ;. 2007、18、条2117№№; .. 2010、19、条2291を№)ロシア連邦の予算コードに書き込む次の変更を:
段落の記事1 2で160.1):
a)は、第七新しい段落は次のように:
「連邦政府によって確立された手順に従って、個人やロシアの予算制度の予算の歳入の形成の源である公共と自治体サービスの法人だけでなく、他の支払による金銭の支払いに必要な情報、州および市の支払いの国家情報システムを提供します7月27 2010、「公共・自治体サービスの組織の「番号210-FZの行為; ";
b)は第七項第8項とみなされます。
段落の記事2 1で166.1):
a)は、新しい段落第二十二次のコンテンツ:
「州および市の支払いの状態情報システムの作成、管理、開発と保守を行います; ";
次のようにb)は第23段落を追加します。
公共と自治体サービスの組織では、「7月27 2010の連邦法、番号210-FZに従ってロシア連邦中央銀行と協議の設定 ""状態と市町村の支払いの状態情報システムを行うため、 ";
c)の段落第二十二と第二十四段落数。
記事7
(ロシア連邦の法律のコレクション、28、25を№、条1999 ;. 40、1999を№、条9 ;. 1097は、2001を№26 2月2590の条2004連邦法、「倒産(破産)について」番号34-FZ条3536、次のように2009、数18、2153アート)は、段落3を追加します。
。クレジット団体が締結し「3取引 - 決済システムの参加者は、中央支払清算取引相手、決済決済システムセンター、金融機関が決済システムの枠組みの中でネットベースでの支払い決済ポジションの定義の結果としての義務を有するもので、トランザクションの要件の遵守を条件「国家の決済システムの「連邦法は、この条に規定する理由に無効にすることはできません。」。
記事8
ロシア連邦の税法の段落3の記事333.18(ロシア、2000のコレクションは、32、条3340 ;. 2004は、45、条4377 ;. 2005、52、条5581 ;. 2006は№、1は№、アート№№します。 12; 2007は、31、条4013№; 2009を、次の段落を補充し52、6450 vは)№します:。
「コードの条項1 333.16で指定された団体や関係者の存在下で、領事館を除き、料金の支払いに関する情報は27 7月2010、数210に連邦法によって提供状態と市町村の支払いの状態情報システムに含まれます「公共・自治体サービスの組織に「FZは、状態の手数料の支払者による支払いの確認が必要とされていません。」。
記事9
「犯罪やテロの資金調達による収入の合法化への反作用について(ロンダリング)」を連邦法7上の8月2001、数115-FZ(ロシア、2001、数33、条3418 ;. 2002の法律のコレクションは、44を№します条4296 ;. 2004、31、条3224 ;. 2006、31、条3446 ;. 2007、;. 16条1831を№49、条6036 ;. 2009を№、23、条2776 ;. 2010、№を№を№を№ 。30、4007 v)は次のように変更:
1)の記事7:
a)の言葉」確立と受益者の識別は「言葉」、クライアントの代表および(または)受益者」と読み替えるものと1.1段落では、
b)の段落1.2の言葉」確立と受益者の識別」の言葉「クライアントの代表および(または)受益者」に置き換えなければなりません。
次のようにc)は、段落1.4を追加します。
。「1.4クライアントの識別 - 自然人、クライアントの代表者及び(または)転送量ならば受益者は、銀行の支払薬の関与、電子現金を含め、口座を開くことなく送金を含む、信用機関の行使で行われていません金融機関の従業員、銀行の支払エージェントはその疑いがある場合を除き、15 000のルーブルよりまたは15 000のルーブルへの外国通貨の相当の量で、よりません azannaya操作は(ロンダリング)ロンダリングやテロ資金を合法化するために行われます「。
グラム)以下のように段落1.5を追加します。
。を含む、銀行口座を開くことなく、現金移転を実施するための自然人、クライアントの代表および(または)受益者 - 」1.5クレジット組織は、契約に基づいて他の信用機関、連邦政府の郵便サービス、顧客の識別を行う銀行の支払エージェントの組織を請求する権利を持っています電子マネー "。
次のようにd)は、段落1.6を追加します。
"。1.6の場合には、1.5は、この連邦法によって確立された識別要件を遵守する責任この条、識別を委託金融機関の段落にいうと、それ法令に準拠して採用しました。";
次のようにe)の段落1.7を追加します。
識別を行うことを任務」1.7。信用機関、連邦郵便サービスの組織は、この連邦法に基づく識別上の非遵守について責任を負わなければならない。銀行の支払エージェントは信用と締結し、契約に基づいて識別するための確立要求事項を遵守するための失敗の責任があります組織 "。;
グラム)以下のように段落1.8を追加します。
「1.8。への人の識別上の非準拠の場合は、段落1.5に従い、この条金融機関は、識別を委託し、契約に従った責任は罰則(罰金、罰則)の回収を含め、金融機関との間で締結されている。設立の要件を遵守しなかった場合識別はまた言った人との契約の金融機関を実行するための一方的な拒否の根拠とすることができます」。
h)を次のように段落1.9を追加します。
本条1.9に応じて識別を行うことで充電金融機関を持っている」1.5。人は、許可と連携して、ロシアの銀行によって設定された期間内に、契約で定める方法により、その全体で識別時に得られた情報を金融機関に移送しなければなりません権威 "。;
ⅰ)次のように段落1.10を追加します。
"。1.10金融機関は、金融機関は、識別を行うことで充電する者に関する情報で定める方法により、ロシアの銀行に通知しなければなりません。";
a)の段落で9点は、単語「勧告は "言葉"要件 "に置き換えなければならない2。
2)の記事8:
a)は、「30日まで「言葉と言葉「5営業日」の第三部では、
b)は次のようにして、新しい第四の部分を追加するには:
「するために、銀行口座(預金)の運転の認可ボディだけでなく、お金や自分の関与についての情報この連邦法に基づいて設立さに従ってが得られる者に対して、組織や個人の他の特性を有する他のトランザクションの適用上の裁判所によると、過激派の活動やテロ、または法人直接的または間接的に所有または、そのような組織や個人によって制御される、天然または法人演技 代わって、あるいは、そのような組織や個人の方向で、ロシアの法律に従い、この決定の廃止まで中断されなければなりません「。
c)の第四及び第五及び第六の五、それぞれ、考え部の;
第二の3)の記事10、言葉」や互恵の原則。」
記事10
記事2002 ;.は1を№、1を№、行政犯罪(ロシア連邦のコレクション、30のロシア連邦のコードで書く、記事3029 ;.は44、条4295 ;. 2003を№、27、条2700、2708、2717は№します; 46アート4434 ;.は50、アート4847、4855 ;.は52、アート5037 ;. 2004を№№、№、31、アート3229を№;. 34、アート3529、3533 ;. 2005を№、1、アート9は№,. 13、45は、10、アート763を№;.アート13 ;.は1075、アート1077を№、19 ;.は1752を№、27、アート2719を№、2721 ;.は30、アート3104を№、3131 ;.は50、アート№。 5247; 2006は、アート1 ;.は、アート10 ;.は2を№、172を№アート10 ;.は1067を№、アート12 ;.は1234を№、アート、アート17 ;.は1776を№、アート18 ;.は1907を№、19を№ 。2066; 23、アート2380 ;.は31、アート3420、3433、3438を№、3452 ;.は45、アート4641を№№;. 50、アート5279 ;.№を№ 52、アート5498 ;. 2007、数1、アート21、29、33 ;.は16を№、アート1825 ;.は26を№、アート3089 ;.は30を№、アート3755 ;.は31、アート4007、4008 ;.№を№ 41、アート4845 ;.は43を№、アート5084 ;.は46、5553項目;. 2008、数18、アート№します。 1941; 番号20、アート。 2251; 番号30、アート。 3604; 番号49、アート。 5745; 番号52、アート。 6235、6236。 2009は、7、アート№します。 777; 番号23、アート。 2759、2776。 番号26、アート。 3120、3122。 番号29、アート。 3597、3642。 番号30、アート。 3739; 番号45、アート。 5267; 番号48、アート。 5711、5724。 番号52、アート。 6412; 2010は、1、アート№します。 1; 番号21、アート。 2525; 番号23、アート。 2790; 番号27、アート。 3416; 番号28、アート。 3553; 番号30、アート。 4002、4005、4006、4007。 番号31、アート。 4158、4164、4193、4195、4206、4207、4208。 番号41、アート。 5192、5193。 番号49、アート。 6409; 2011は、1、アート№します。 10、23、54。 番号7、アート。 901、905。 番号15、アート。 2039; 番号17、アート。 2310; 番号19、アート。 2715)次の変更:
1)の記事15.1:
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
「ビジネスのキャッシュフローと順序現金取引のと同様に、特別な銀行口座の使用上の要件に違反するための条15.1違反。 ";
b)の言葉で最初の段落の単語「違反」の「1違反。 ";
次のようにc)のパート2を追加します。
に従って動作支払い薬「銀行の決済エージェントと銀行支払サブエージェントによって行われた個人からの支払いを受け入れるの活動について「2 6月3、数2009-FZの連邦法に従って動作する、エージェントを支払うの103。違反」、 「国家の決済システムの」連邦法、フルOBEに入金される現金の支払を受けたときに支払者から受信したクレジット組織に提供する義務 MEあなたの特別な銀行口座(複数可)に、だけでなく、関連する計算を実現するための薬剤、サプライヤー、銀行決済エージェントと銀行支払サブエージェントの特別な銀行口座を支払うの不使用 -
4000千5ルーブルの量に関係者に過料の賦課を伴うものとします。 法人用 - 4万千50ルーブルから」。
次のように2)章15 15.36は、記事を追加します。
「条15.36。ロシアの銀行の要件に従わない場合は、国の決済システムで監督の演習でそれらを向けます
決済システム運用センターのオペレータによって年の過程で失敗を繰り返し、支払指図書ロシアの銀行のための中心をクリア、国家決済システムにおける監督の練習でそれらを向けます -
5万ルーブルへ3万の量の関係者に過料で罰せられる。 法人用 - 10万から五十万ルーブルへ」。
数字の後に3)記事1 23.1部」15.33は、 ""、金融機関が犯した行政犯罪を除く15.36()」という言葉を追加します。
4)の記事28.3:
a)は、以下の文言に81 2部分を指します。
「ロシアの銀行の81)職員 - 記事15.26、部品1に定める行政犯罪について - 4 15.27の記事、このコードの金融機関が犯した行政犯罪以外の記事15.36(); ";
b)は4の言葉」とロシア連邦の被験者の執行力の認可団体「言葉」ロシア連邦およびロシアの銀行の執行力の認可機関」との最初の段落で、
5)の記事32.2:
次のようにa)は3の一部を読んでなければなりません。
、「国家決済システムに関する連邦郵便の組織を「3。有給や人に転送する行政処分の量は、管理責任、金融機関、銀行決済エージェントまたは銀行支払サブエージェントの関与を含む連邦法に従って動作に惹か」受諾の支払いの個人の活動6月3 2009、数103-FZ」の連邦法に従い、活動を実施するために、支払代理人のいずれかにより、 FIR者、支払エージェントによって実行されます「」;
53、「州および市の支払いの国家情報システムにおける過料の支払いに関する情報「言葉」過料の支払いの証明書、「言葉の後のb)の一部。
次のようにc)のパート8を追加します。
合計を支払っ国立決済システム」、オン「連邦法に基づく活動を行っ8。銀行や他の融資機関、連邦郵便サービスの組織、個人からの支払いを受けて活動を行って、薬を支払う、または銀行支払エージェント(サブエージェント)」行政処分は、すぐに管理責任を持っ過料顔の支払い、後に、で支払う過料についての情報を提供しなければなら 月27 2010、「公共・自治体サービスの組織には」数210-FZの連邦法により提供される状態と地方自治体の支払いの国家情報システム。」。
記事11
10 7月2002、数86-FZに関する連邦法「ロシア連邦中央銀行では(ロシアの銀行)」(ロシア連邦の法律のコレクション、2002は、28、条2790 ;. 2003、2を№、条157を№;. 52を№条5032 ;. 2004は、27は№、条2711 ;.は31、条3233 ;. 2005を、25は№、条2426 ;.は30、条3101 ;. 2006は№、19は№№条2061 ;.は25、アート№します。2648; 2007、1、条9を№、10 ;.は10は№、条1151 ;.は18、条2117 ;. 2008を、42、条4696は№、4699 ;.は44を№№条4982 ;.は52、アート№します...... 6229、6231; 2009は、1、条25を№; 29、条3629を№; 48、条5731を№; 2010は、45、条5756を№; 2011は、7、907 vを№)次の変更を:
1)3は、次のように読まなければならない最初の記事の4番目の段落:
「国家の決済システムの安定と発展を確保します。 ";
次のように2)の記事4 4.1は、読むために段落を追加します。
「4.1)が監督し、国の決済システムで監視しなければなりません。 ";
3)以下のように読み取る条8 13段落の第五の段落:
「国家の決済システムの安定と発展を確認してください。 ";
次のように4は補足62.1)の記事:
、強制的な銀行および銀行業務では、「次」の記事62.1は、ロシアの銀行は、物品連邦法の1の3番目の部分1第一項に規定する銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金をするために資格を与え、非銀行信用機関のために設定されます "仕様:
四半期の最終報告日における顧客に対する負債の合計に対する自己資金(資本)の比率として定義1)自己資本比率(資本)、。 自己資金(資本)の自己資本比率は2%に設定されています。
四半期の最終報告日における顧客に対する負債に来る日2での実行の期間の流動資産の比率として定義される流動性の30)標準、。 流動性比率は100%に設定しました。
銀行口座やオペレーショナル・リスクを管理し、銀行ロシアの規則によって確立された要件に従って資金の移動の連続性を確保するために必要な他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関、。
6ヶ月の平均は、1カ月以内に銀行口座を開くことなく、現金移転によって顧客に対する負債の額は2億ルーブルを超えた銀行口座および関連するその他の銀行業務を開かずに送金を行う権利を有し、非銀行信用機関は、報告されています四半期ごとにロシアの銀行。
先月中に銀行口座を開くことなく、現金移転によって6ヶ月の平均、顧客に対する負債の額は2億ルーブルがある超えない銀行口座を開くことなく送金を行う権利を持っているし、他の銀行業務を関連する非銀行信用機関、年に2回、ロシアの銀行への報告。
銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関の手続きや報告フォームは、ロシアの銀行の規制を確立しています。
銀行口座やその他の関連する銀行取引を開かずに送金を行う権利を持っている非銀行信用機関は、もっぱら、銀行口座を開くことなく送金のための顧客に現金の進歩を発行することができます。
ロシアの銀行とコルレス口座に1)。
ロシアの銀行の預金の2)。
特派中3)は、金融機関で占めています。
銀行口座を開くことなく送金を行う権利を持っている非銀行信用機関、および関連する他の銀行業務は順番に、その経営者によって行われた決定に重大な(直接的または間接的な)影響を持つ者に公開情報に開示することを要求されます銀行のロシアの銀行が設立され、ロシアの銀行における個々の預金の強制保険のシステムに登録されています」。
以下のように読み取ることが最初の5)の記事73:
「条73。銀行規制と銀行監督の機能を実行するには、ロシアの銀行は信用機関(支店)の検査を行って、強制的な処方箋は連邦ロシアの銀行の彼らの規則に従って発行された法律、および使用の自分の仕事の違反で発見の欠点を解消するためにそれらを送ります違反者に対する意図ここ対策」。
次のように読まなければならない第四の6)の記事74:
「信用機関への違反の日付は5年間有効期限が切れた場合、ロシアの銀行が、この記事の第一および第二の部分において想定措置を適用することはできません。この条に規定する措置は金融機関(支店)の故障に関連して、ロシアの銀行によって適用されないことがあります文書の条項規制やロシアの銀行の要件ではないロシアの銀行の(行為)、 "。;
7)章XIIは無効とみなさ。
8)次のようにXII.1ヘッドを補いました:
「章XII.1。国の決済システムの安定と発展を確保
82.1を§。 「ナショナル・決済システムでは「連邦法に従ってロシアの銀行によって実装国の決済システムの安定と発展を確保します。
国の決済システムの開発の方向性は、ロシアの銀行が採用した国の決済システムの開発戦略を決定しました。
82.2を§。 ロシアの銀行は整理し、ロシアの銀行の決済システムの効率的かつ途切れのない機能を保証し、彼女の観察を行います。
82.3を§。 ロシアの銀行は法人、並びにそれらの事業活動の実施に関する市民の参加を得て集落間の現金決済制限を含む現金支払いのルールを確立します。
ロシアの銀行は非現金決済のルール、フォームや基準を規定しています。」。
記事12
22月2003に関する連邦法、(ロシア連邦の法律のコレクション、54「決済カードを利用して現金支払いおよび(または)計算の実装にキャッシュレジスタの適用について「数2003-FZは、21、アート№1957。 2009、条23は№; 2776は、29、条3599№2010、31、4161のv)は次のように変更し№を...:
言葉の後1)の記事1第九項、「銀行支払代理人「補数」サブエージェント "という言葉。
2)「銀行の支払剤」という語で「サブエージェント」を補完する単語の後の記事4 2点。
3)の記事4:
a)は、「銀行の支払剤」の後の段落1の2番目の段落は、「サブエージェント」の単語を補完します。
b)の後の段落1.1の最初の段落「銀行の支払エージェント、「言葉の後に「サブエージェント」「銀行振込決済エージェント、「ワード」のサブエージェント」。
4)後の条1 5の段落の最初の段落、「銀行の支払エージェント、「ワード」のサブエージェント」。
記事13
54 7月7の条2003連邦法、「通信オン」番号126-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、28、条2895 ;. 2004は、35、条3607 ;. 2006を、10条1069は№№№します。)次のように段落4を追加します。
国立決済システムでは - 」4現金前貸しが加入者である。通信サービスのための物理的な人、連邦法に基づく加入者の電子マネーの残高を増加させることができます ""。 "。
記事14
10 12月2003に関する連邦法、「通貨規制および通貨管理について「数173-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、50、条4859 ;. 2005を№は、30、条3101 ;. 2006は、31を№№します...記事3430; 2007は、1、条30№; 2008を、30、3606のv)は以下の変更が№します:
1)の記事10:
次のようにa)のパート1.1を追加します。
「1.1。非居住者は、完全に銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦通貨のロシア連邦転送の領土で一緒に行使し、ロシア連邦で銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦通貨の転送を行い、ロシア連邦の領土で受け取るようにする権利を有します銀行口座を開くことなく、外国通貨およびロシア連邦の通貨の換算」。
「この条のサブセクション3で提供されている場合を除き、「1.1語のb)の一部。
2)の記事14:
a)は2の言葉」だけでなく、資金の電子振替」の最初の段落。
3 9のb)の一部を次のように段落を読み取るために追加します。
、ロシア連邦の領土上の非居住者の賛成で居住者自然人生産 - - アカウントの物理的な人を開かず」9)転送手順の中央銀行によって確立されたロシア連邦で行われる非居住者に対するロシア連邦の領土で銀行口座を開くことなく転送の居住者、それぞれ含むことができ、のみの転送量の転送と受信の量を制限します。」。
記事15
「ロシアの銀行での家庭用預金の保険について "2 12月5に関する連邦法、番号23-FZの一部2003の記事177(ロシア、2003の法律のコレクションは、52、条5029 ;. 2008、52、条6225を№を№します。)次のように段落5を追加します。
「5)は電子キャッシュです。」。
警告! 社説記事16は、連邦法番号の401-FZ 06.12.2011に応じて変更します
新しいエディション:
記事16
3月40、「競争の保護に関する「番号26-FZに関する連邦法の一部2006の記事135(ロシア連邦の法律のコレクション、2006、数31、条3434。)単語「組織」、単語「組織した後 - 決済システムの運営、 「国家の決済システムでは「連邦法に従い、彼らの活動を実施する上での支払いインフラサービス事業者。
古いバージョン:
記事16
単語の後3 7月40、「競争の保護に関する「番号26-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、2006、数135、アート2006)上のパート31の記事連邦法の3434「サービス」の言葉」だけでなく、組織 - 支払いの演算子「国家の決済システムでは「連邦法に従い、彼らの活動を行っているシステム、支払インフラサービス事業者。
記事17
2 2007 10月に連邦法、番号229-FZ「執行手続については、「(ロシア連邦の法律のコレクション、2007は、41、4849 vを№。)次のように変更:
1)の記事70:
次のようにa)のパート12を追加します。
"。この記事の12規定はまた、債務者、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われているの翻訳の電子マネーの差し押さえの場合に適用しなければなりません。";
b)は次のように一部の13を追加します:
「決済システムのオペレータ、中央支払清算取引相手や決済システムの参加者の義務のために徴収することはできません。」国立決済システムに "。13保証基金の支払システムの口座に保有する資金に関する連邦法に基づく開かれています」。
2)記事71 7サプリメントの一部を次のように
"。この記事の7規定はまた、債務者、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われているの翻訳の電子マネーの差し押さえの場合に適用しなければなりません。";
3)記事72 10サプリメントの一部を次のように
「10は、この条の規定はまた、債務者の電子マネーの差し押さえの場合に適用されるもの、の翻訳は、支払い、支払いの企業の電子的手段のパーソナライズされた電子的手段を用いて行われます。 "。
記事18
「状態制御(監督)や市町村コントロールの実装における法人と個々の起業家の権利の保護について」3 12月1、数26-FZに関する連邦法の一部2008の記事294(ロシア、2008の法律のコレクションは、52、条6249を№します; 2009は、18を№、条2140 ;.は29は№、条3601 ;.は52、条6441 ;. 2010を、17は№、条1988 ;.は31、条4160、4193 ;. 2011を№、7、条905は№№します;番号17、アート。2310)言葉「銀行や保険監督、「言葉の後に「国家の決済システムの監督。 "
記事19
「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「3 6月2009、数103-FZに関する連邦法(ロシア連邦の法律のコレクション、2009、数23、条2758は;. 48、条5739 ;. 2010を、№ 。19、2291のv)は次の変更が№します:
1)記事1 3サプリメントの一部を次のように
"。3この連邦法、連邦法の規定により規制の関係を「国家決済システムでは「1 1 35の記事の段落に従い、ロシアの銀行のモニタリングの範囲にのみ適用される連邦法を述べました。";
言葉「法人」の後2)記事3 2点、「金融機関を除いて "という言葉。
3)の記事4:
次のようにa)は3の一部を読んでなければなりません。
「3。供給者は、支払の受信の場所、その好意で支払いを受け入れるために、薬を支払う上の支払人情報の要求に応じて提供、ならびにそれらの要求の好意で支払いを受け入れるように薬を支払うのリストを税務当局に提供する義務、および場所に関する情報がなければなりません支払いを受けます」。
7のb)の一部を読み取るための、新しい番目の文を補っ:; "支払サブエージェントのそれぞれのパワーのこの関与により公証を必要としません。」
c)の単語の14は、「独立した」「特殊な」単語を置き換えます。
単語は「独立した」「特殊な」という言葉を置き換える15のグラム)。
d)に次のように一部の16を追加します:
。「16以下の操作は、支払代理人の特別な銀行口座によって行うことができます。
現金の個体から採取し1)入学。
支払代理人の別の特別な銀行口座に償却資金をクレジット2)。
3)支払代理人またはサプライヤの特別な銀行口座に資金を引き出します。
銀行口座への4)借方」。
次のようにe)のパート17を追加します。
"。17支払代理人の特別な銀行口座の下に他のトランザクションは許可されていません。";
グラム)以下のように一部の18を追加します:
"。18支払いの受領時に支払代理人と集落におけるサプライヤは、特別な銀行口座プロバイダを使用するために必要とされる特別な銀行口座ではありません銀行口座への支払いエージェントの支払いとして受け取った現金を受領する権利をされていません.."。
h)を次のように一部の19を追加します:
「19操作は、特別な銀行口座プロバイダによって行うことができます。
1)支払代理人の特別な銀行口座から引き落とさ資金をクレジット。
銀行口座への2)借方」。
ⅰ)次のようにパート20を追加します。
"。20特別な銀行口座プロバイダの下に他のトランザクションは許可されていません。";
次のようにa)のパート21を追加します。
"。21信用機関は、支払承諾または支払サブエージェントのオペレータとして作用しないことがあり、同様に支払いを受け取るためにベンダーや事業者と個人の支払いを受け取るために活動の実施に関する協定を締結します。";
4)の記事7:
次のようにa)のパート4を追加します。
以下のための特別な銀行口座のエージェントとサプライヤーを支払うの使用にあなたの特別な銀行口座(複数可)に全額入金する現金の支払いを受けるだけでなく、ときに "4。支払いエージェントの義務に監視コンプライアンスクレジット組織に送達するためには、納税者から受け取りました決済支払いはロシア連邦の税務当局の受信時に作られています」。
b)は次のように一部の5を追加します:
「5。銀行は、特別な銀行口座への資金の収支上のバンクの特別な銀行口座の存在および(または)について税務当局の情報を発行するために必要とされる、推論要求の受領の3日以内団体(個人の起業家)の特殊な銀行口座での取引に関する声明税務当局。特別な銀行口座に特別な銀行口座および(または)現金残高の有無に関する情報だけでなく、organiの特別な銀行口座の損益計算書 バンク内ション(個々の起業家)が、これらの組織(個々の起業家)の点で、この条4の一部に設けられた制御の場合に税務当局によって要求することができます「。
次のようにc)のパート6を追加します。
によって認可連邦執行機関によって確立された銀行による税務当局の情報要求を提供するための「6。形状(大きさ)、および税務当局が税金や手数料の分野における制御と監督を担当する連邦執行機関によって確立された銀行を要求送信するための手順。形式と手続きロシア連邦中央銀行との合意に基づき税金や手数料の分野での管理、監督、。情報の要請で電子形式での銀行のフォーマット 税務当局は、税と関税の分野での管理、監督を担当する連邦執行機関と連携して、ロシア連邦中央銀行によって承認されています「。
グラム)以下のように一部の7を追加します:
"。.. 7演算子は、税務当局への支払いを受け取るためには情報は、この条の4部分に設けられた制御の例で税務当局により要求される場合があり行っ計算の推論要求税務当局の受領の3日以内にアカウントの実現に関する情報を提供する義務を負っています」。
d)に次のように一部の8を追加します:
税務当局の要請税金や手数料の分野における制御と監督を担当する連邦執行機関によって確立された支払いを受け取るためにオペレータを送信するための「8。形状(大きさ)、および手順。オペレータの形式と手続きの連邦機関によって設立され、税務当局の要求の支払い情報を受信します税金や手数料の分野における制御と監督を担当する幹部。オペレーターのフォーマットはのための電子的情報の形で支払いを受け取るために 当社は、税務当局は、税と関税の分野での管理、監督を担当する連邦執行機関によって承認されている尋ねます「。
5)記事8 4サプリメントの一部を次のように
「4は、本連邦法の14と15記事4、ならびに資金の供給元の領収書の一部に指定された特別の銀行口座に個人の資金から受け取った入学せずに支払を受け入れる銀行口座への支払いとして支払いエージェントを受け取っていません本契約、許可されなければならない。「一部の記事18 4で指定された特別な銀行口座です。
記事20
7月27 2010の連邦法、「公共・自治体サービスの組織で「数210-FZ(ロシア、2010の法律のコレクションは、31、条4179№; 2011を、15、条2038 ..№)以下の変更は:
言葉の後1)記事2 7点、「文書と情報の提供」、「公共・自治体サービスの提供のための充電状態の手数料を含む "言葉。
次のように2)章5 21.3は、記事を追加します。
「条21.3。州および市の支払いの状態情報システム
1。 州および地方自治体の支払いの状態の情報システムは、公共と自治体サービスの提供のための支払の自然や法的者の支払いに関する情報を配置し、受信用に設計された情報システムである本契約のサブセクション3記事1と部品1記事9で指定されたサービス、支払いそれは、連邦法で規定されている例におけるロシアの予算制度の予算の歳入の形成だけでなく、他の支払を、生成します。
2。 連邦財務省による州および市の支払いの状態情報システムの構築、管理、開発と保守。
3。 ロシア連邦中央銀行と協議の上、連邦財務省によって設定された状態と市町村の支払いの状態情報システムを維持するための手順。 :によって決まると述べたため
1)による状態や自治体サービスのための量を含む支払いに必要な情報のリスト、連邦法、秩序で定める場合においては、本連邦法、ならびにその他の支払いの一部3の記事1と部品1の記事9で定義されていますその準備とプレゼンテーション。
2)状態と自治体サービスの支払いに関する情報のリストは、例の資料3 1と現在の連邦法の1の記事9、およびその他の支払いの一部に指定されたサービスが、連邦法で定められた、その準備とプレゼンテーションのための手順。
3)州および市の支払いに関する公開情報システムへのアクセスのための手順。
4。 銀行、その他金融機関、電子形式での計算だけでなく、他の団体や組織を生産するなど、連邦政府の郵政サービス、連邦財務省(ロシア連邦の予算に合わせて口座の開設やメンテナンスを行っ体)の領土体の組織、この連邦法の記事3の1 1 9との記事で定義され、その現金状態の出願人による支払いや自治体サービスを経由して そして、同様にロシアの予算制度の予算の歳入の形成の源である他の支払い、など、私たちはすぐに州および地方自治体の支払いの状態情報システムへの支払いに関する情報を送信することが義務付けられています。
5。 サブセクション3の記事1と部品存在連邦法、ならびにその他の支払いの1の記事9で指定されたサービスの申請者が支払うべき額の計上後の状態と市町村の事務所は、連邦法で定められた場合には、すぐに必要な情報を送信することが義務付けられています州および地方自治体の支払いの状態情報システムへの支払い。」。
記事21
11月27 2010、「ロシア連邦税関規制について「数311-FZの連邦法(ロシア連邦の収集された立法、2010は、48、6252 vを№。)次のように変更:
1)の記事116:
次のようにa)は14の一部を読んでなければなりません。
。この連邦法に基づく「14の関税の支払い、支払いを進め、罰則、利息、ペナルティは、(引き渡し)を受信する可能性なしに、支払の電子的手段を利用して業務を遂行するために設計されたデバイスを使用して実施することができる現金(以下の - 電子端子)、ならびに決済端末やATMを介しました」。
次のようにb)は15の一部を読んでなければなりません。
「15。場合は関税の支払い、電子端末を使用して、支払い、罰則、利息、罰金を進め、連邦財務省の口座への入学を担当するエンティティおよび(または)特定の国際のアカウントの決済参加者間の情報の決済端末やATMの交換を行って契約状態 - 関税同盟のメンバー、電子端末、決済端末やATMのが支払ったお金だけでなく、適切なExecuを確保 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、中コミットメントのIX。指定されたエンティティのための要件、それらの間の相互作用のため、関税や税金の支払者、および政府機関関税の分野で認可執行電力は、ロシア政府によって決定されています「。
以下の文言におけるc)16部分:
"。16手順と技術取引関税の支払いの支払いについて、支払いを進め、電子端末、決済端末やATMの使用に罰則、利息、課徴金は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。";
2)以下の文言で記事2 117部分:
「2。関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のためには、本契約の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税の支払いで、記事15 116による電子端末、決済端末やATMの利用に対する税金、一部明細書のような確認は、ドキュメント生成される電子であります 本契約の条116で呼ば口座への資金移転の実施を確認する電子端子、決済端末やATM、電子形式で含む、。関税や税金の支払いのために行われた文書の形成、資金の移転、以来、それはなり取り返しのつきません。」。
記事22
廃止は次のとおりです。
銀行およびバンキング活動について1)の記事点2 7月1の27 2006連邦法、「連邦法の改正で、「数140-FZ」との記事RF法の37「権利消費者の保護について」(ロシア連邦の法律のコレクション、2006 、)31、条3439№;
2)は「支払エージェントによって行われた個人の支払いを受け取るために活動では「連邦法の採用に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正で「1 6月1、数3-FZに連邦法の2009の記事121を指す(ロシアの法律のコレクション連盟、2009は、23、条2776を)№します;
3)1 7月1、銀行および銀行業務「オン」1記事や連邦法の2010改正で「数148-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、13.1は、29、アート。2010を№)に連邦法の27の記事3432を指します。
記事23
1。 この連邦法は、力への参入のためのこの記事では、他の用語の規定を除いて、90日、公式発行日以降に効力を生じます。
2。 記事2 1この連邦法のパラグラフの「a」の第三及び第四段落では、180日本契約の発行日以降に効力を生じます。
3。 ポイント1 - この連邦法の7、9と10 5記事では、その公式の公開の日から全く以前3ヶ月より発効するものではありません。
4。 サブ段落9とポイント11の記事1、記事4と7の「a」および「b」、2ポイント、3とポイント4記事10のパラグラフの「a」は、1ポイント - 3、7と8の記事11、記事16、サブパラグラフ記事1 17、この連邦法の18の記事の「b」は、本明細書の発行日から1年後に効力を生じます。
5。 段落の記事8 5は、8の記事、の各号「B」との記事5 10、この連邦法の20の記事の「C」点は1月1 2013年から施行します。
6。 ロシア連邦の予算コードの記事1 166.1(本連邦法によって改正された)の規定は、1月1 2013年に適用しなければなりません。
7。 この連邦法の発効資金の電子移転を含む銀行口座を開くことなく送金を実行する権利を有する銀行口座を開くことなく、個人転送の代わりに現金を運ぶために権利をエントリの日付を持っている金融機関。
8。 この連邦法の発効日から物理の支払いを受け取るために14 6月15、活性に数4-FZ」に関する連邦法の3と2009記事103の部分で指定された特別な銀行口座に個人の現金から受け取った入学せずに支払いを受け入れるように支払エージェントによって行われたもの「(本連邦法によって改正された)、だけでなく、資金の供給を求め、銀行口座への支払いとして支払いエージェントを受け、ない特別なbankovs 6月18 4の連邦法、数3-FZ条2009 103で呼ば自分のアカウントを許可してはならない(本連邦法によって改正される)「個人からの支払いを受け入れるの活動には、支払エージェントによって実行されます」。
9。 「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「14 6月15に関する連邦法、番号4-FZの3と2009記事103の部分の規定は、(この連邦法によって改正された)の実施に関する以前に締結し契約から生じる関係に適用されます個人からの支払いを受け取るための活動。
10。 「支払エージェントによって行われた個人からの支払いを受け取るための活動では、「21 6月4に関する連邦法、番号3-FZの2009記事103の規定は、(この連邦法によって改正された)協定以前に締結したクレジット組織から生じる関係に適用されますこの連邦法の発効日から終了までの支払承諾及び対象のサプライヤーと演算子。

ロシアのメドベージェフ大統領

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!