Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションI - 一般規定

章1。 ロシア連邦税関と通関業務

1を§。 目標と、この連邦法の規制の範囲

1。 この連邦法の目的は以下のとおりです。

1)ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟の法的基盤を構成するロシア連邦の国際条約の遵守確保 - 関税同盟)、通関規則や習慣の分野での関税同盟の意思決定を。
2)財の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済安全保障を確保します。
3)通関業務の分野でのガバナンスを向上させます。
4)ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動を行う者の法的権利と利益の施行、習慣の分野で活動を行っ者だけでなく、他の人、財の所有権、使用、廃棄の権利を実現し、ロシア連邦にインポートして、ロシアからエクスポート;
5)税関の分野における対外経済活動および外国貿易インフラの発展のための条件を作成します。
2。 この連邦法の規制の対象は以下のとおりです。
1)ロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出に接続関係の規制、税関管理下のロシア連邦の領土に彼らのキャリッジ、ロシア連邦の領土と人工島の領土間の商品の動き、ロシア連邦は、管轄権を持っている上のインストールと構成ロシアの法律と国際法、一時保管、税関申告、リリースおよびそれらを使用するに従​​い、 税関手続き、税関管理及び関税の支払いのコレクションに応じて得られます。
この連邦法の法的規制の対象にロシア連邦の州当局の権限の2)の定義。
3)ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動に従事する者の権利と義務の定義だけでなく、通関業務の分野で動作するもの;
ロシア連邦(以下の税関当局の活動のための法的・組織体制確立する4) - 税関を)。
商品の所有権、使用、廃棄の権利を実現する税関当局と人の間の力関係の5)規制、ロシア連邦に輸入し、ロシア連邦からエクスポート。

2を§。 ロシア連邦税関と通関業務

1。 関税同盟とロシア連邦の関税法令に従い、ロシア連邦税関規制は、ロシア連邦内の税関業務の順序及び制御ルールを確立することです。 ロシア連邦税関業務は、税関と関税規制措置や禁止とロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの貨物の輸出に関する規制の遵守を確保するためのツールやテクニックのセットです。
2。 ロシア連邦は、財の外国貿易に影響を与える習慣や関税規制、禁止や制限の措置を適用している(以下、 - 禁止や制限)関税同盟の法的基盤を構成し、関税同盟の指定された契約行為に従って採択国際条約に定められました、。
3。 関税同盟の法的基盤を構成する国際条約で規定されている例と手順では、関税同盟の行為は、ロシア連邦は、一方的にロシアの法律に従い、個々の習慣や関税規制の措置、禁止や制限が適用されます。
4。 一方的にロシア連邦の禁止や制限の導入により、および1つの以上の国に適用される措置以外のロシア連邦の関税規制措置、で使用された場合 - 関税同盟のメンバーが応じて設定、コンプライアンスを確保するためのツールや技術を適用しなければなりませんロシア連邦の国際条約と現在連邦法で。 設立措置の遵守を制御し、監督の機能を行使ロシア連邦執行機関のロシア連邦大統領は政府の行為を決定することができます。
5。 一方的にロシア連邦によって確立禁止や制限を遵守する者によって行われるべきアクションは、このような禁止や制限を設立し、ロシア連邦の規制によって決定することができます。

3を§。 ロシア連邦税関業務の管理

1。 ロシア連邦税関業務の一般的な管理は、ロシア政府を行います。 税関の分野での作業の即時の実装では、関税の分野で承認連邦執行機関を提供します。
2。 ロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関は、公共政策や習慣の分野における法的規制の機能を実行する、ロシア連邦内のすべての税関当局の均一な適用を確保関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律。
3。 ロシア連邦の法律に基づいて、金融の分野で承認連邦執行機関は、関税や物品の関税価値の決意の分野で公共政策や法的規制の機能を実行します。

4を§。 税関の分野における関係の法的規制

1。 関税同盟の税関国境を越えた商品の移動に伴って接続法律関係は、関税同盟の関税法令に基づいて調整されなければなりません。
2。 あなたはそれらの使用のための社内規程の公開のための要件は含まれていません場合は関税同盟と関税同盟の意思決定の法的基盤を作る正式に公開された国際条約は、ロシア連邦自体にあります。 関税同盟の関税法令で規定されている例では、ロシア連邦政府は、この連邦法に従ってロシア連邦の関税同盟の関税法の適用の順序を決定する権利を有します。
3。 ロシア連邦の税関分野における関係は、関税法上の関税同盟とロシア連邦の税関法律によって規制されています。 関税上のロシア連邦の法律は存在連邦法で構成され、その他の連邦法に従って受信しました。 ロシア連邦の国家の国境の商品や車を横断する手順は、ロシア連邦の州境にロシア連邦で規制、および程度をロシア連邦の州境にロシア連邦の法律によって規制されていません - 慣習上のロシア連邦の法律。
4。 そうでなければ、コレクション、税金とサービス料に関するロシア連邦の法律によって規制されていない部分に適用される関税にロシア連邦の税法に関する関税の支払いのための関係に、関税同盟の関税法令により定めがない限り。
5。 ロシア連邦通貨からロシアへの参入およびエクスポートするための手順は述べて - 関税同盟のメンバー、ロシアの通貨立法 - 関税同盟、ロシア連邦通貨および内部証券、通貨の値とトラベラーズチェックのメンバーは、関税同盟の関税法令、国際条約の状態に応じて調節されています連邦と現在の連邦法。
6。 ロシア連邦税関業務の分野での法的関係はまた、大統領令により調節することができます。
7。 基づき、ロシア連邦の税関の分野で連邦法に基づき、ロシアは、ロシア連邦政府の大統領令は、ロシア連邦税関業務上の意思決定や命令を発行します。
8。 連邦執行機関は、明示連邦法、ロシア連邦の大統領、ロシア連邦政府の行為によって規定する場合にのみ存在し、連邦法に準拠事項についての規範的法的行為を採用します。
9。 本連邦法に準拠する事項について、それらによって公開連邦執行機関の規範的法的行為は、権利と起業家や他の経済活動の分野における個人の正当な利益に影響を与え、それが仲裁裁判所における訴訟手続に関するロシア連邦の法律に従って仲裁裁判所に上訴することができます。
10。 関税同盟の関税法案は、この連邦法、関税同盟の関税法令の定めるもの以外のルールを確立している場合。

5を§。 この連邦法で使用される主な用語

1。 この連邦法で使用される主な用語は以下の意味を有します:
1)ロシア連邦への商品の輸入 - ロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土内での商品の実際の交差ロシアの国家の境界と(または)、商品が到着しました、その結果として他の州から - 関税同盟のメンバー、またはロシア連邦の領土に関税同盟の共通関税地域に含まれていない地域から このような剥離は、関税法によって提供され、それらは税関当局が発表される前に、ロシア連邦は、ロシアの法律と国際法、およびこれらの製品と後続のアクションに基づいて管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土にエーションおよび(または)、関税同盟および(または)は、本連邦法。
2)内部税は - 値ロシア連邦の領土の商品の売上高に課せ税と消費税を追加しました。
3)ロシア連邦からの商品の輸出 - ロシア連邦の領土外品の任意の手段とロシア連邦は、他の州でのロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領域の実際の動き - 税関のメンバー組合や地域で、これを目的とした単一の税関関税同盟の領土と同様の操作をコミットした人の一部ではないが、実際のです 実際の商品は、ロシア連邦の国家国境を越えたりロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土内への商品の動き、すなわち、
4)関税同盟の関税地域外のロシアからの貨物の輸出 - ロシア連邦からの商品の輸出、モノの移動に従事する者の意図に応じて、商品の目的地の国は、国家関税同盟のメンバーじゃないの領土である場合には、
5)ロシア人 - ロシア連邦の法律に基づいて設立され、ロシア連邦における登録事務所との法的実体、および(または)ロシア連邦の個々の起業家と居住者として登録自然人、それ以外の場合は、この連邦法によって提供されない限り、
連邦財務省を通じて6) - 連邦財務省を通じて、ロシア連邦の予算に応じて、ロシア連邦の予算制度の予算間収益とその分布を考慮するため、
7)品 - あらゆる財ロシア連邦に輸入やロシアから輸出しました。
2。 通関規則や習慣の分野における用語は関税同盟と関税同盟の法的基盤を構成する国際条約の関税法令によって決定される値で、この連邦法で使用されています。
3。 その他すべての用語は、税金や関税に関するロシア連邦、ロシア連邦、行政犯罪とロシア連邦の他の法律上のロシア連邦の法律の市民立法の法律で定義される値で、この連邦法で使用されています。

6を§。 時間の習慣や風習の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為に関するロシア連邦のアクション立法行為

1。 ロシア連邦政府の習慣だけでなく、ロシア大統領の政令、決定及びご注文でロシア連邦の法律の行為、この連邦法に従って採択連邦執行当局の規範的法的行為、(以下 - 税関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為)それは、この記事の明示設定2の一部を除き、発効日以降に発生する関係に適用され、遡及してはなりません。
2。 税関でのロシア連邦の立法行為だけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為の規定は、明示的にそう提供しない限り、遡及されている方の状況を改善します。 それは直接税関関税同盟の法律、または連邦法によって提供されている場合は、他の例では、税関でのロシア連邦の法律の行為だけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は遡及効果を有することができます。
3。 そうしないと関税同盟の関税法令によって提供されない限り、税関事項について、ロシア連邦の法律の行為は、彼らの公式公開後30日よりも早くない効力を生じます。 通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は、次の場合を除いて、彼らの公式公開後30日よりも早くない効力を生じます。
1)関税同盟、又は本連邦法の関税立法行為は、税関業務の分野におけるロシア連邦の法的行為の発効のための特別な手順を確立する場合。
2)通関事務の分野におけるロシア連邦の言った法的行為は、意思決定の慣習や他の公的機関やその他の管理(手続き)の制限のための文書や情報、時間制限の提出要件の観点で、現職よりも優先順位をインストールする場合。

7を§。 空間での税関の分野におけるロシア連邦のロシア連邦の関税に関する法律、ならびにその他の法的行為の作用

1。 通関業務の分野におけるロシア連邦の関税に関する法律、ならびにロシア連邦のその他の法的行為の行為は、排他的経済ロシアゾーンの領土としておよび人工島、インストールおよび構造のロシアの大陸棚上だけでなく、ロシア連邦の全領土で動作しますその上ロシアは、ロシアの法律と国際法に従って管轄権を有します。
2。 、原産国のロシア連邦である財の輸出に関税同盟のメンバー - 関税同盟の法的基盤を構成する国際条約は、それが国家の税関事務の分野では、ロシア連邦関税上の立法行為とロシア連邦のその他の法的行為の使用を提供することができますまたは副産物状態の領土から - 関税同盟の共通関税地域外関税同盟のメンバー(以下、 関税同盟) - この連邦法の目的のために。
3。 ロシア連邦の国際条約は、外国の税関業務の分野またはロシア連邦共同税関の税関当局の実装におけるロシア連邦の領土に外国の規範的法的行為のアプリケーションで、ロシア連邦税関上の立法行為だけでなく、ロシア連邦のその他の法的行為の使用を提供することができます外国の税関当局と制御。

8を§。 風習や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為にロシア連邦の立法行為の要件

1。 ロシアの法律の規定は、税関に作用するだけでなく、通関業務の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為は、一人一人が、まさに彼が権利と義務を持っているだけでなく、どのようなアクション、そしてどのような順序でを知っていたような方法で製剤化されなければなりませんこれは、国際輸送の財や自動車のロシア連邦からロシアへの輸入と輸出を行う必要があります。
2。 税関の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為が存在する連邦法に従って認識されない、そのような行為の場合:
1)は、この連邦法に基づく行為のこの種を公開する権利を持つ臓器によって発行された、またはそのような行為の出版物の既成の秩序の侵害で出版します;
2)がキャンセルまたは関税同盟と現在の連邦法の関税法令によって確立された者の権利を制限します。
関税同盟と現在の連邦法、その職務この連邦法によって確立された慣習や他の人にロシア連邦の法律によって規制関係の参加者の行動の理由、条件、シーケンスまたは順序の税関法律により設立さ3)の変化;
4)は、本連邦法によって定義された概念の内容を変更、または存在する連邦法で使用する以外の設定ではこれらの概念を使用しています。
3。 通関業務の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為の認識は、司法手続きの対象とこれに関連していません。
4。 この連邦法の法的規制の対象に連邦執行当局の規範及びその他の法的行為の規定は、要件、条件や制限を確立するため、関税の分野で関税同盟の関税法、ロシア連邦のロシア連邦大統領は政府の連邦法令の規定と矛盾することはできません、関税同盟、連邦法および社長の行為の関税法の行為のために提供されません ロシア連邦や習慣の分野におけるロシア連邦政府と。
5。 違反がこのような行為に含まれる法的規範の不確実性によって引き起こされない限り、誰が、関税同盟、税関と通関事務の分野におけるロシア連邦の(または)その他の法的行為に関するロシア連邦法の関税法令の違反で起訴することはできません。

章2。 関税当局

1を§。 税関のシステム

9を§。 税関当局とロシア連邦の国家機関のシステムでその場所。 税関職員

1。 税関当局は、単一の連邦政府の中央集権システムを構成しています。
2。 ロシア連邦の公的機関、地方自治体、公共団体は、その機能の行使の税関当局の活動に干渉しないことがあります。
3。 税関職員は、ロシア連邦、役員およびロシア連邦の関税機関の連邦公務員の法律によって確立された手順を置き換え、ロシア連邦の市民です。

10を§。 税関のシステム

1。 税関当局は、次のとおりです。
通関業務の分野で承認さ1)連邦執行機関。
2)地域の慣習部門。
3)税関;
4)税関ポスト。
2。 地域の税関部門、税関と通関ポストの作成、再編及び清算は、政府が決定した方法で行われています。
3。 特定の税関当局の能力が段落2で言及 - 特定の機能を実行するために、この条の4 1部分、特定の税関業務の手数料、ならびに税関機関の活動の領域は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、その力量税関当局に委託機能の一部を実行する権限を有する個人に限定されている特殊な税関機関及びその構造下位区分(部門、事業所)を確立する権利を有する、または点で通関業務を行うために物品の特定のタイプ。
5。 地域の税関管理、税関と通関ポストは、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認された一般的または個別の条項に基づいて動作します。 税関ポストは法人格を有していなくてもよいです。
6。 税関の分野で承認連邦執行機関は、海外での駐在員事務所を持っている、ロシア連邦の法律で定める方法により作成されます。

11を§。 税関当局の原則

税関当局の活動は、以下の原則に基づいています。
1)合法性。
人権と自由の2)法の前の平等、の尊重及び遵守;
3)税関当局と集中管理のシステムの団結;
税関職員の4)プロ意識と能力;
税関職員の5)明確性、予測可能性、透明性の行動、それは、税関管理と税関の操作中に外国の経済活動、関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法の規則に関する情報の可用性税関機関の要件は明らかです。
6)税関管理と税関業務の遂行における施行の練習の均一性;
7)関税、キャリアや通関事務の分野で力を実装する他の過剰かつ不当なコストの分野で活動を行った人の外国の経済活動の参加者に課すことを回避します。
ロシア連邦の貿易パートナー - 外国の税関、通関業務管理の経験の分野で一般的に受け入れられて国際基準に基づいてを含む税関管理の8)改善、現代の情報技術の利用、関税行政の高度な手法の導入、。

12を§。 税関当局の機能(責任)

1。 税関当局は、次のような機能(責任を)実行しなければなりません。
1)は、ロシア連邦からの商品のロシア連邦への財の輸入と輸出の商品の売上高を促進する条件を作成し、通関業務及び税関管理の方法を改善し、税関管理を行います。
2)ロシア連邦の対外貿易、ロシア連邦、売上高の加速の対外経済関係の発展を促進します。
3)外国貿易と特殊通関統計の通関統計を保ちます。
4)課税、関税、税金、アンチダンピング、特別および相殺関税、通関手数料、計算およびこれらの関税、税金や手数料のタイムリーな支払いの正しさを制御し、彼らの強制徴収のための措置をとります。
5)は、ロシア連邦、商品や関税同盟の税関国境を通じた国際輸送の車両の動きの順序を遵守の領土で提供します。
それ以外の場合はロシア連邦の国際協定に基づいて確立されたの遵守の法律で定められた場合を除き6)は、提供 - 関税同盟のメンバーと財ロシア連邦にインポートして、ロシアから輸出さの点でロシア連邦の禁止と制限;
7)確保し、その権限の範囲内、知的財産権の保護、
8)これらの犯罪の刑事事件に、検出、防止、税関当局の能力だけでなく、他の関連する犯罪や犯罪にロシア連邦の法律を犯罪と行政の犯罪を抑制、緊急調査のアクションを実行し、お問い合わせフォームでの予備調査を実施は行わ関税の分野における行政違反の行政手続(税関犯罪)、の 知的財産の不正トラフィックに対して行わ汚職や国際テロとの闘い、麻薬、向精神薬、武器や弾薬、文化財や関税同盟の税関国境を越えて移動され、他の項目および(または)ロシア連邦の国家国境を促進するために注文すること。
9)は、ロシア連邦への輸入品の消費者の利益を保護し、公共の秩序、道徳、人間の生命と健康、動植物を保護するための国家安全保障対策、環境保護の実現に貢献します。
関税同盟のメンバー、通貨の立法 - 10)がその権限内で行われる、国際協定のに合わせて、関税同盟の税関国境だけでなく、ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出への商品の輸入全体のモノの移動に関連した外国為替取引を制御ロシア連邦および通貨規制機関の規制法的行為に従って採択。
11)は、税関当局の資源の最適利用を容易にし、常に税関管理のシステムを改善し、税関規制を使用して、国内生産者の利益を保護し、輸出構造を最適化するために、ロシアの輸出及び通過の可能性の発展に貢献します。
国の関税同盟の通貨の税関国境を越えて移動の制御におけるテロの犯罪や資金調達による収入の合法化措置(ロンダリング)防止のための関税同盟のメンバー - - 関税同盟のメンバー、有価証券及び(12)は、国際条約の状態に応じて提供されていますまたは)通貨値、トラベラーズチェック。
13)は、税関関係の分野に興味を持つ人に自分たちの権利と責任を説明商品や国際輸送の車両に関して税関業務の手数料でそれらの権利の実現に外国の経済活動の参加者にその権限内の援助を提供します。
14)は習慣や外国、通関問題を扱う国際機関の他の管轄当局に協力しなければならない通関業務に関して、ロシアの国際的な義務の遵守を確保すること。
15)が確立された手順税関問題に関する情報を持つ国家機関、団体や市民に従って提供税関のフィールドの情報やアドバイスを提供します。
16)は、税関の分野で研究開発活動を行っています。
2。 連邦法その他の機能(業務)が税関当局に委託することができます。

13を§。 旗、ペナントおよび税関当局の紋章

1。 税関当局は、フラグやエンブレムを持っています。 (以下、 - 水コート) - (海、川)海船、内陸航行船と混合税関当局はペナントを持っています。 自動車やエンブレムに位置通関体の航空機。 説明と税関機関の旗や紋章の、だけでなく、ロシア連邦大統領の税関当局によって承認された船舶ペナントの絵。
2。 ロシア連邦は、名前と同様に、商品やその包装のカスタムシンボル(フラグ絵画やエンブレム税関当局は船舶税関当局がペナント)だけでなく、シンボルに、看板、文房具、アカウントおよびその他の文書、発表や広告に使用するには法人以外の個々の起業家、などの法人や個人の商業活動の行使の税関当局は、本契約の記事34に言及し、L nは、税関の分野で動作し、本契約の章5に言及。 組織と取引活動に従事し、個々の起業家は、彼と一緒に製品や単語のその梱包「習慣」やフレーズの看板、レターヘッド、広告や宣伝に使用することを禁止しています。

14を§。 税関当局の場所

1。 税関当局は、ロシア連邦( - チェックポイント以下)の状態の国境を越えてのチェックポイントです。 税関当局の他の場所は、乗客や貨物の量に基づいて、関税の分野で認可連邦執行機関による対外経済活動や交通機関の参加者のニーズをロシアの対外経済関係、輸送回廊と輸送インフラの発展のレベルの開発の強さの度合いを決定しなければなりません。
2。 税関当局は連邦政府所有、敷地内にあります。 税関の分野で活動を行っ者、正規の輸出入品の供給、輸送および構造単位は、そのような人に属する構内にすることができます連邦郵便サービス税関ポストや習慣の転送企業や組織の対外経済活動の参加者の主導で。
2を§。 税関とその職員の職務、権限と責任

15を§。 税関とその関係者による関税同盟とロシア連邦の法律の税関の法律規制の要件の遵守

1。 彼らの能力の範囲内と関税同盟とロシア連邦の関税法令に従ってそれらによって実行される動作の手数料を作る税関とその関係者によって受け入れ。
2。 税関とその職員が作って作るの関税同盟とロシア連邦の税関の法律規制の要件の遵守、(非アクティブ)のアクションの実装は、より高い税関当局の制御を含む、上訴する権利、検察官のオフィスだけでなく、税関当局の部門管理を提供しましたそして、高い税関職員。

16を§。 税関職員の職務

1。 公務のパフォーマンスでは、税関職員がに必要とされています。
1)市民、税関業務の分野で活動を行う外国貿易活動や人の参加者の権利と合法的権益を尊重します。
公式の職務の執行に必要な資格のレベルを維持する2)。
3)は連邦国家公務員または税関当局の従業員のために設立され、ロシアの法律に従って、他の職務を行います。
2。 彼の公式規則に従って税関当局による公式の職務の執行。 規程は、ロシア連邦の市民サービスに関するロシアの法律に基づいて承認されます。
3。 税関職員は、関税同盟および(または)ロシア連邦の法律の関税法令に準拠していない彼の割り当て(オーダー、判決を)実行する権利がありません。 このような順序を受信すると(公式には彼のパフォーマンスに損なわれる可能性がロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令の規定に注文の不遵守(受注、命令)のために書かれた正当性を提出し、注文の確認の先頭から受けなければならないと述べました書面でのオーダー、オーダー)。 確認された場合は、税関職員への書き込み順序の先頭には、それを実行することを拒否することが義務付けられています。
4。 法律に従い、懲戒民事、行政、刑事責任を負うこの委員会のヘッドを公式関税同盟および(または)ロシア連邦の法律、税関の法律に準拠したしない税関公式受注(受注、命令)を実行する場合にはロシア連邦。

17を§。 税関当局の労働時間

1。 作業時間の税関当局は、ロシアの法律に従って税関当局のヘッドによって決定されます。
2。 ロシア連邦への商品の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出の分野での税関当局の仕事は、これらの分野における国家の規制機関やサービスの動作時に対応する必要があります。 輸送機関、対外経済活動の参加者のニーズを満たすように設定され、税関業務の他の場所で税関の仕事。 近隣状態と組み合わさチェックポイントの位置で、隣接状態の税関当局の時間に対応しなければならないロシアからロシアへの商品の輸入及び貨物の輸出の分野における税関の仕事。
3。 関係者及び税関業務の可能性は税関の勤務時間外に実行することができる税関当局の存在の合理的な要求に応じて。 勤務時間外の通関業務の手数料の税関当局の拒否は合理的でなければなりません。 関係者は、税関の勤務時間外の通関業務の委託に税関当局の拒否に対して上訴する権利を持っています。

18を§。 税関当局の評価

1。 税関当局の評価のための主な基準は以下を行います。
1)ロシア連邦への財の輸入とロシア連邦からの貨物の輸出のための税関業務の速度だけでなく、通関業務の委託に興味を持った人のコストを削減します。
2)関税の支払いの領収書の適時性と完全;
3)犯罪や行政犯罪対策の有効性。
2。 ロシア政府は、税関の仕事を評価するため、この記事1主な基準の観点から、上記に基づいて、モニタリングの指標、手順や方法論のシステムを定義し、ならびにそのような人の監視に参加するための手順は、本契約の条3 53部分で言及しました。

19を§。 税関当局の権利

1。 それらに割り当てられた機能を実行するための税関当局は、次の権限を持っています:
1)は、個人のこれらの行為の遵守を確保するためには、習慣やロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法規、税関当局とその遵守を制御する関税同盟の関税法令によって提供措置をとります。
2)関税同盟、習慣、ロシア連邦、税関当局とその遵守の制御の他の法律上のロシア連邦の法律の関税法の規定により提出するの文書、情報を必要とします。
3)通関業務、自分のアイデンティティを証明する書類に関わる市民や関係者によって確認されました。
4)は、天然及び法人が特定のアクションを実行したり、税関業務の分野における特定の活動に従事する権限を確認して必要とします。
5)は、それらの身元を特定し、確立するために、識別、防止、抑止及び犯罪を解決するために手術-調査活動のロシア連邦の法律に基づいて税関当局にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律を呼ぶ緊急調査アクションと問い合わせの生産を行われています準備、コミットまたはコミットしているだけでなく、独自のセキュリティを確保するために、
6)は、その能力の範囲内とロシア連邦の刑事訴訟に関する法律により定義された方法で、緊急調査アクションと問い合わせを行われます。
7)は行政犯罪に関するロシアの法律に基づいて行政責任に人々を引き付けます。
8)予備、犯罪の予防のために、緊急の場合には通信や公館の通信や車の手段を除いて、組織や公共団体に属するトランスポート(、外国や国際機関の領事や他の事業所)の手段の手段を使用しています刑事事件の捜査のは、税関当局の能力、起訴や拘留に、刑事手続きの法律に収まっ そのような犯罪の加害者や、それらをコミットすると疑われています。 このような場合に被った財産の損害、通信や交通手段の手段の所有者は、税関当局は、RF政府によって設立順に連邦予算を犠牲にして通信や輸送手段の手段の所有者の要求に応じて払い戻し。
9)は拘留と関税本体の構内や犯罪の疑いのある人のロシアの内政の体に配信または税関(税関違反)の分野での犯罪や行政違反を犯しているために、ロシア連邦の法律に従いました。
10は)彼らにトラックや他の操作をコミット、ドキュメント、ビデオとオーディオの録音、映画と写真の事実とロシア連邦およびロシア連邦からの輸出、輸送の実施、税関管理下での品物の保管に貨物の輸入に関連するイベントを生成します;
11)は、国家機関、団体や個人、この連邦法に基づき、その機能を実行するために必要な情報から受け取ります。
裁判所または仲裁の請求や文の裁判所で必要12):
a)は、関税、税金、通関手数料、利息および罰金の強制回復に。
b)の関税、税金、関税を通じた商品の差し押さえについて。
C)のownerless財産の認識;
関税同盟、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦の法律の関税法令で定めるその他の場合にはグラム)。
13)はロシア連邦の法律に基づいて、開発情報システム、通信およびデータ伝送システムを構築・運用、税関管理の技術的手段、および情報の保護、保護の暗号化手段を含みます。
14)は、本連邦法およびその他の連邦法で定められたその他の権利を実現します。
2。 税関当局の権利、この記事の提供1部分は、税関の分野における機能の税関当局の実装で独占的に使用することができます。 それによれば、監督または連邦法によって定義されているこれらの機能の実装上の税関当局の権限の他の球に監視機能を税関に割り当てられた場合には、税関当局は異なる制御および監視機能が割り当てられています。

20を§。 通関時の権利税関は税関船でコントロール

1。 行使税関は、水容器及び税関当局の航空機を使用して制御する場合、これらの当局は、権利を持っています:
1)、車両が不正に税関管理の対象商品を輸送していることの兆候を検出したときに、車両を停止し、その通関を実施します。
2)は、そうでなければ、ロシア連邦の国際条約により提供されない限り、税関当局にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律を呼ぶ緊急調査アクションと問い合わせの生産を犯罪を犯した疑いのある者の車両ビーイングを拘留します。
3)手続が、内部海域でロシアの領海を開始した場合には、外国国家の領海でそれらに入る前に、隣接するロシアの領域に、追求し、ロシア連邦の領海を超えて拘留、ウォータークラフト、税関当局の許可なしにロシア連邦の領土からubyvshie視覚や聴覚信号の後に連盟が参照するか、信号を聞くことができるように、レースを停止し、かつ継続的に実施しました。
それは税関(税関違反)(の分野における行政違反の兆候を検出し4)以下 - 行政犯罪に関するロシアの法律に従い、その発作や逮捕のために車を拘留するために税関事務の分野における行政犯罪)。
税関職員のそれらの配置を含む、車両のメンテナンスを行うために、関税同盟の税関コードによって提供例で5)。
2。 船舶や航空機の税関当局の乗組員は、権利を持っています:
1)水とロシア連邦空域の無償使用に関係なく、自分の所属と目的のロシア連邦の領土に海や川港湾、空港、飛行場(着陸地点)、の海域。
2)ポートへの入り口に無償使用優先権及び方法でポートを残しては、許可された連邦執行機関と合意しました。
3)は無料ナビゲーション、水文気象水路やその他の情報を受け取りました。
4)飛行とナビゲーションの無償提供。

21を§。 税関管理下で物資を輸送道路車両に関して権利税関

1。 これらの道路車両は税関管理下に商品を運んでいる場合は、税関当局が商品を確認することで関税同盟と関税問題に関するロシア連邦法の関税法令の遵守を確認するために、商品の国際輸送に関与していないものも含め、自動車を停止することがありますし、それらの文書。 自分の税関当局は、ロシア連邦の州の境界線に沿って確立税関管理区域に指定された道路の車を停止することがあります。 いくつかの場所では、自動車の停止は、税関当局と協力して、交通安全の分野で承認さ内政団体によって行われます。 商品やそれらの書類を提示しなければならない自動車の管理者とは、車両が税関管理のための税関当局の認可役員であると述べました。
2。 あなたがこの記事1に従って自動車を停止すると、税関の領域外の部分は、それらの商品や書類の税関当局による検査を制御し、テスト結果が2時間を超えてはならない固定。 それらの商品や文書の閲覧には関税同盟の委員会、キャリアに発行されなければならないそのコピーで指定されたフォーム上に描かれています。 一定の税関制御領域である一時的に記憶するため、または別の場所で倉庫の領域に前記車両の位置を強制的に、唯一の対応する溶液または担体プロトコルまたは所与の車両を投与する人のコピーの送達と管理場合の励起の場合に許可されます。 この場合には、そのような車両は、一時保管倉庫の領域に位置してもよいし、他の場所で、永久的な税関制御領域で、そのアンロードするのに必要な時間内に、車両は、ロシア連邦の法律に応じて発作又は停止の対象となる場合を除きロシア連邦の行政犯罪や刑事訴訟法。

22を§。 税関機関とその職員の要件に必須のコンプライアンス

1。 税関とその関係者の合法的な要件は、すべての当事者を拘束されています。
2。 通関業務の手数料及び税関管理の税関機関や個人に対して、その職員の要件、ロシア連邦、ロシア連邦からの貨物の輸出への商品の輸入に対する障害として機能することはできません、彼らがリリースされるだけでなく、より多くの習慣の分野で活動を行います関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律の遵守を確保するために最低限必要以上程度。
3。 税関機関とその職員の法的要件に従わない場合は、ロシア連邦の法律の下で責任を負うものとします。

23を§。 他の公共機関と税関当局との相互作用

1。 税関当局は、独立して、他の国家機関と協力してその機能を発揮しなければなりません。
2。 この連邦法およびその他の連邦法に従い、税関当局は、その権限内の個々のアクション、他の国家機関の制御下で実行を許可する権利を有します。 いくつかのケースでは、税関当局の能力に、この連邦法に基づいて割り当てられた個々の機能に基づき、ロシア連邦の法律は、行政権の他の連邦機関に割り当てることができます。
3。 税関当局は、他の国家機関の能力にロシア連邦の法律に従って呼ばれるに関する犯罪の兆候および(または)行政犯罪手続を明らかにすると、税関当局は、直ちに適切な政府当局に情報を合格しなければなりません。

24を§。 税関の部門別管理活動

(販売の目的のために。118日付順FCS№12.07.2011-Rを参照してください)
1。 それ以外の場合は制度的管理のために、いつでもキャンセルする権利または変更が低く税関の関税決定に関税同盟とロシア連邦の法律の関税法令の要件を満たしていないたこの連邦法およびその他の連邦法、税関当局の高い税関当局や上官によって提供されない限りまたは、税関分野における税関職員の下流、ならびに任意のプリアンプを取ります 関税の分野に劣る税関機関または劣っ税関職員の違法な行為(不作為)に対する関税措置の関税同盟とロシア連邦の法律のotrennye関税法。
2。 場合には税関または税関で税関職員の子の下流の制度的管理ソリューションの順にキャンセル(変更)した後、関税同盟や法律の関税法令に従って税関の分野で新たなソリューションの採用、認可税関当局による決定を必要とし、ロシア連邦税関管理の実施のための期限セット内の習慣に。

25を§。 税関機関とその職員の責任

1。 違法な意思決定のために、税関職員の行為(不作為)がロシアの法律に従って規律、行政、刑事と民事責任を負わなければなりません。
2。 違法な意思決定の結果として、人や財産に生じた損傷は、彼らの公式職務の執行における税関職員の行為(不作為)がロシアの法律に基づいて補償しなければなりません。
3。 害は人の関税機関とその職員の合法的な行為、それ以外の場合は、この連邦法およびその他の連邦法によって提供されない限り、返金不可に起因します。
3を§。 税関物理的な力の職員、特別な手段、武器や介助犬の使用の応用

26を§。 税関物理的な力の職員、特別な手段、武器や介助犬の使用の利用規約

1。 税関当局は、現在の連邦法で定める方法により物理的な力、特別な手段、武器や介助犬の使用を使用する権利を持っています。
2。 警告射撃 - 物理的な力の使用は、特別な手段や武器は、武器を使用する場合にはそれらを使用する意図を明確に表現警告が先行されなければなりません。 同時に、税関職員がに必要とされています。
1)は物理的な力を使っての遅延は、特別な手段や武器は彼らの生命と健康への即時の危険をもたらすような場合を除いて、十分な時間が彼らの正当な要求を行うことができるように、突然または武力攻撃、攻撃との場合には、他の重大な結果につながることができます軍事機器、船舶、自動車やその他の状況では与えられた状況で警告が不適切または不可能です。
2)すぐに負傷、応急処置を受けた人は24時間以内に検察官に通知しなければならない税関当局の頭を、通知することを確認してください。
3。 物理的な力、攻撃と抵抗性の程度の性質および重症度に応じて、特別な手段や武器を使用する場合は、税関職員は、危険の排除による被害は、最小限でなければならないという事実から出発することが義務付けられています。
4。 物理的な力、特別な手段や武器を使用する場合には、確立された注文の税関職員に違反して犬の使用はロシアの法律に従い、責任を負わなければなりません。

27を§。 税関当局による物理的な力の使用

1。 税関当局は、非暴力的な方法は税関に委託職務の執行を許可しない場合にのみ、これらの例では、武道の技術を戦うなど、物理的な力を、使用する権利を持っています。
2。 物理的な力が適用されます。
犯罪を防ぐために1)。
犯罪者の勾留の2)。
税関職員の法的要件への反対を克服するための3)。
税関管理の点で構内へのアクセス、領土、税関管理下の製品、および(または)物品を防止するための4)。

28を§。 税関職員による特別の手段の使用

1。 税関当局は、次の場合に特別な手段を使用する権利を持っています:
1)税関職員への攻撃を撃退。
2)は税関管理下に商品や車のため、ならびにそれらのキャプチャの場合には、これらのオブジェクトの解放のために、税関機関に属する、またはそれらによって使用される建物、構造物や車両への攻撃を撃退します。
3)、犯罪者を拘留または税関本体や内政の敷地内にそれらを提供する場合、これらの犯罪者反抗や抵抗、あるいは他人や自分自身に害を引き起こす可能性があります。
税関公式物理的な抵抗によって発揮4)抑制、
5は)の運転者が税関管理区域に滞在する税関職員の要求を遵守するために失敗し、車両を停止します。
2。 彼らが武装抵抗性を示す場合を除いて、妊娠の兆候、障害者や未成年者の明らかな兆候のある人、と女性に対する特別な手段を使用し、税関管理下で輸送の人間の生命と健康、商品の安全性と手段を脅かすグループや他の攻撃をコミットすることは禁止されています。
3。 政府によって決定税関当局によって使用される特殊な手段のリスト。

29を§。 犬を作業税関職員を使用します

1。 税関当局は、次の場合に介助犬を使用する権利を持っています:
1)を検索し、麻薬の検出、爆発物、武器、弾薬、その他の物品ロシアに密輸し、ロシア連邦からエクスポートし、税関管理中に個々の臭いを持っています。
2)を検索し、麻薬、爆発物、武器、弾薬および個々の臭気調査のアクションを提供し、作動可能に探索行動の実施、他の項目の検出;
生産ノウハウodorologicheskih 3)。
4)検索と彼の個々の臭気の男を発見。
税関インフラストラクチャの保護の5)。
2。 、生命、健康、名誉と人間の尊厳に対する脅威の例で介助犬を使用する目的のサービス犬を準拠していないアクションを実行するだけでなく、彼女の健康、生命や健康に被害を助長する条件の下ではありません。
3。 税関管理、トレーニング、およびコンテンツ中の犬の使用のための手順は、RF政府によって決定されます。
警告! 税関管理、の232からRF政令番号31.03.2011で彼らの訓練とメンテナンスを参照してください。中の犬の利用規約

30を§。 税関職員によって兵器の使用

1。 自己防衛の状態で、または極端な必要性の場合には、税関職員は、武器を使用するか、手で任意の手段を使用する権利を有するものとします。
2。 公務の性能の税関当局は、次の場合に武器を使用する権利を有するものとします。
1)攻撃は、他の方法と手段に反映させることができない場合は、その生命や健康が即時危険にさらされたときに、税関職員への攻撃を撃退。
2)アプローチに、税関当局により拘留者への試みなど、税関職員、兵器を入手しようとする試みの抑制、公式の距離指定の習慣を減らす、または前記公式の腕に触れながら、
3)も同様に、そのような商品や乗り物があるサイトで、税関管理下の財や自動車用、税関機関に属しているか、それらによって使用される、建物、構造物、空気、水容器または車上のグループや武力攻撃を撃退しますまた、武装発作の場合には、これらのオブジェクト、容器、商品や車の解放のために、
4は)人(複数可)、武装抵抗と武器を放棄する法的要件を実行することを拒否武装した男たち(人)を逮捕します。
5)は、彼らが生活や税関職員の健康への本当の危険をもたらす場合には、それらを損傷することにより、道路や鉄道車両、船舶、航空機を停止、またはショットを警告した後に停止するようにその繰り返しの命令に従うしません。
6)税関職員の生命と健康を脅かす動物の中和;
武器、アラームを使用したり、助けを呼ぶの意思の7)警告。
3。 武器を使用することは禁止されています。
場合を除いて、妊娠の兆候を持つ女性との関係で1)、障害者や未成年者の明らかな兆候のある人、年齢は明白または税関当局の従業員に知られている、彼らは武力抵抗を示し、人々の生活を脅かし、武力またはグループの攻撃をコミット。
それは権限のない人によって影響を受ける可能性がある重要な群衆、と2)。
4。 すべてのケースでは、武器の使用は、税関職員は、直ちに兵器の使用後24時間以内に検察官に通知する書面で税関当局の頭、に報告しなければなりません。
5。 政府によって決定税関当局が使用する武器や弾薬のリスト、。
6。 彼は現在の状況で一部2この記事で定められ、その使用の根拠となり得ると考えている場合は、税関当局の関係者は、準備に武器を持ってする権利を有します。
4を§。 税関当局の動作をサポート

31を§。 税関の物流活動
ロシア連邦の法律によって提供される連邦予算やその他のソースを犠牲に税関の物流活動。

32を§。 税関当局のオブジェクトの配置

1。 連邦政府の所有権の下の土地に位置する税関当局のオブジェクト。 永久(無制限)のために提供税関の割り当てのために意図された土地は、ロシア連邦の土地の法律に従って使用しています。
2。 本連邦法の条2 14にいう習慣や団体のサイトで税関ポストの構造単位の配置の場合には、これらの組織は、RF政府により設立の場合を除き、無償使用のための契約に基づいて税関当局に必要な設備を収容するために提供します。 これらの前提の材料と技術的根拠は連邦予算を犠牲にして行われます。

33を§。 税関当局の活動に関する情報の保護

1。 作動可能に検索活動の組織、戦術、方法と手段の税関機関の担当者に関する情報を含む文書および材料がロシアの法律に従って税関のアーカイブに保管されなければなりません。
2。 ロシア連邦の法律に従って機密解除歴史的、科学的価値の通関体の材料のアーカイブは、ロシア連邦政府のアーカイブに寄託するロシア連邦の法律で定める方法により、アーカイブの分野で連邦執行機関を承認しました。
3。 税関への状態、銀行、税務秘密と制限されたアクセスの保護は、ロシアの法律に基づいて提供されます。

34を§。 税関当局の機関と国家ユニタリ企業

1。 税関の分野で承認連邦執行機関は、活動に貢献する科学研究機関、高等さらに教育、保健医療、出版物、情報、およびコンピューティングセンターや他の機関の教育機関、ならびに状態ユニタリエンタープライズ、担当していますタスクは、税関当局に委託します。
2。 ロシア連邦の反トラスト法およびその他の法律の要件に従わなければならない、この条のサブセクション1で指定された機関と国家ユニタリ企業の機能を識別します。

35を§。 税関の通関機関や団体の財産
プロパティおよび税関当局は、本明細書の機関と国家ユニタリ企業が連邦政府の所有している記事1 34部分で言及しました。 言った財産の処分は、ロシアの法律に従わなければなりません。

章3。 税関機関とその職員の意思決定、行動(不作為)に対する控訴

(通関事務の分野での意思決定と行動に対する苦情のため。ガイドライン(不作為)を参照してください)

36を§。 上訴する権利

1。 何人も、通関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)を上訴する権利を持っている、そのような決定、アクション(不作為)が、この人物によると、彼の権利、自由または正当な利益を侵害した場合、彼はその実現への障害を作成し、または不法に課しそれが現在の債務です。
2。 意思決定に対して上訴する権利の放棄は、税関体またはその公式の行為(不作為)は無効でなければなりません。

37を§。 アピールのため

1。 決定に対する苦情の税関当局に送ら提出、対価と解像度の順序は、税関機関や税関の分野での職員の行為(不作為)は、この章で定義されています。 この章で定義されている手順は、行政犯罪の例の税関機関またはその職員の意思決定だけでなく、他の意思決定、上訴のための特別な手続きに関して、税関機関またはその職員の行為(不作為)に対する控訴の場合には、適用しません。
2。 税関機関またはその職員の決定、行動(不作為)が、裁判所に仲裁廷を税関当局に訴え、および(または)することができます。 税関に通関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する訴状を提出することは、裁判所、仲裁廷に似たコンテンツの同時またはその後の苦情の可能性を排除しませんでした。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、税関当局と裁判所に提出し、仲裁廷は、仲裁裁判所、裁判所によって考慮されなければなりません。
3。 提出、検討と裁判所や仲裁裁判所に提出された苦情の解像度の順序は、仲裁裁判所での訴訟手続に関するロシア連邦とロシア連邦の民事訴訟法の立法によって決まります。

38を§。 決定に対する苦情を提出するための手順、税関体またはその公式のアクション(不作為)

1。 優れた税関当局に提出し、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情、。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、優れた税関当局とし、控訴しているか、公式の税関当局の決定、アクション(不作為)によって直接提出することができます。
2。 税関当局の決定、アクション(不作為)がまたは訴状を提出した公式の、支援材料と一緒に、遅くとも5営業日以内にその受領した日から、優れた税関当局に転送します。 税関体またはその公式の決定に対する苦情を受けた税関当局、アクション(不作為)が、それを検討する能力がない場合には、彼は、遅くとも5営業日よりそれは、この条に基づいて考慮すべき税関当局が、それを送信しない必要があります、原告への書き込みで通知しています。
3。 通関業務の分野で承認連邦執行機関の決定、アクション(不作為)に対する訴状は、この体で提供しています。

39を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴中の人のパワーズ。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の代表者の参加

1。 ロシア連邦の民事法律に従って動作するその体を介して、税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴に関与する組織。
2。 自分が選んだの別の担当者にアピールに対してアクションを取るように充電することができる親、養親、保護者または受託者、 - 税関体またはその法定代理人の公式行為の意思決定、行動(不作為)に対する控訴における権利とできない、または部分的に可能な市民の正当な利益を守るために。
3。 決定に対する上訴における清算機関を代表して、税関体またはその公式の行為の行為(不作為)が清算委員会の代表を承認しました。
4。 決定に対する上訴の個々の起業家を含め、市民、および団体の代表者は、税関体またはその公式の行為(不作為)が法的援助を提供する弁護士や他の人をすることができます。
5。 連邦法、その他の規範的法的行為または構成の文書、彼らの公式の立場を証明する書類をサポートするだけでなく、構成およびその他のドキュメントが提供する権限内の組織のために行動する機関の長の権限。 彼らの地位と権限を証明する書類を支えるの法定代理人の権限。 委任状は、連邦法に基づいて認定されなければなりません。 他のメンバーの力が発行した委任状で決定し、この記事の6部分に従って実行され、場合によっては、ロシア連邦、国際条約や連邦法で定める - 他のドキュメントに。
6。 組織に代わって委任状は、その頭が署名し、又はそうでなければ顔と刻印組織の構成文書によって承認されなければなりません。 市民に代わって委任状は、公証またはその他の連邦法によって確立することができます。 それらに代わって委任状は、個々の起業家連邦法によって署名され、彼の捺印、または公証することができ、あるいは他の方法で確立されなければなりません。
7。 代表は、彼がファイリングを含むそれ以外の場合は弁護士や他の文書のパワーに定める場合を除き、関税本体またはその公式の意思決定、アクション(不作為)に対する訴状に署名、この章に定めるすべてのアクションを表し、人に代わって実行する権利を有します。 税関当局に苦情を提出するときは委任状は、税関の分野でのアクション(不作為)を決定に対して上訴する権利が含まれている必要があります。

40を§。 判決の控訴期限、税関体またはその公式の行為(不作為)
税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、3カ月以内に提出することができます。
人は知っていたか、その実装への障害を作成、彼の権利、自由または正当な利益の侵害については知られている必要があります日付、または義務の彼に違法賦課から1)。
税関体またはその正式決定や行動の承諾の期間の満了の日から2)は、行為が関税同盟の関税法令、慣習上のロシア連邦の法律行為や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為を設立しました。

41を§。 意思決定に対するアピールのための回復期間、通関体またはその公式の行為(不作為)

1。 あなたがアピールするための正当な理由のための期間を欠場する場合、税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する訴状を提出した者の請求により、この期間(以下、 - 申請者)管轄税関当局によって回収は、この苦情を検討します。
2。 アピールのための期間の更新は、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情を考慮に実際の受け入れで表現されています。

42を§。 フォームと税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の内容

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は書面で提出しなければならないと個人的に、彼の意見では、その権利ある人によって署名された違反、またはその代理人されなければなりません。 苦情が代理人によって提出された場合、苦情は彼の力を確認する書類を添付しなければなりません。 訴状に署名するためのユニークな手書きの署名を使用することは許可されていません。
2。 税関体またはその公式含まなければならないの決定、アクション(不作為)に対する苦情:
1)税関当局の名前、または位置、姓、彼の公式の名前と父称(既知の場合)、判断、行動(不作為)が不満されています。
2)姓、名、ミドルネーム(もしあれば)、または苦情を提出する者の氏名、居住地や場所の彼の場所。
3)が決定、アクション(不作為)を控訴しています。
3。 出願人は、この苦情に言及状況を確認する文書や情報を提出することはできません。 このような文書や情報の提出、このアプリケーションの検討に不可欠であり、これらの文書は、税関当局の決定に利用できない場合、または役員の行為(不作為)がこの苦情を考慮し、税関当局、上訴され、彼らは申請者から要求することができます。 この場合、税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の検討の項は、文書や情報の税関当局により要求された投稿が、要求の日からせいぜい三ヶ月まで中断されなければなりません。 文書や情報の税関当局によって非要求の場合には、控訴の意思決定を考慮に文書や情報そのうちサポートで引数を取ることなく取られます。

43を§。 決定、税関体またはその公式の作用に対して訴状を提出の結果

1。 決定に対する苦情を提出し、税関当局又はその役員の行動は控訴の決定、アクションの実行を中断してはなりません。
2。 争わ決定は、アクションは関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律に準拠していないだけでなく、意思決定の執行を停止しない場合、アクションは不可逆的、または申請者、税関当局に重大な害をもたらす可能性があり得ることを信じる十分な理由がある場合上訴を考慮し、全体的または部分的に争わ決定、本案判決前のアクションの実行を停止する権利を持っています。

44を§。 本案税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する控訴を検討する拒否の根拠

1。 税関当局は、次の場合に、実質的にしなければならない税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を検討することを拒否しなければなりません。
1)を満たさない期限は、上訴人は、上訴の期間回復のためには適用されないか、アピールのために逃した用語の回復の申請は却下されている場合は、
本契約の部品2と1 2条に定める要件を満たしていない場合は42)。
人はすでに裁判所に同じコンテンツや裁判所、それによって作られた対価や意思決定のための仲裁裁判所によって認められた苦情に苦情を申し立てた場合3)。
4)苦情の対象は、税関当局ではありません税関当局、または職権でない身体の決定、アクション(不作為)であれば、
5)苦情は、その権限本契約の条39に規定の方法で確認されていない人によって出願されている場合は、
6)苦情は人、控訴決定、アクション(不作為)が影響を受けていない権利、自由または正当な利益が提出されている場合は、
7)苦情の対象は、税関本体またはその公式の行為(文書)、ない通関事務の分野でのソリューションである場合。
同じ出願人の尊重と苦情の同じ主題についての同じ税関当局によって本明細書の条8に従って下された決定がある場合48);
9)魅力のない被写体が存在しない場合、つまり、税関当局による決定や彼のコミットアクション(不作為)の事実が確認されませんでした。
2。 決定は、それ以外の場合は、この連邦法によって提供されない限り、苦情の受領後5営業日必着で取られるべきではない本案税関当局又はその役員の決定、アクション(不作為)に対する控訴を検討することを拒否します。
3。 段落で3、8この記事の9一部1規定する場合には、決定に対する上訴を考慮しないという決定は、本案税関当局又はその役員の行為(不作為)が税関当局の受領から遅くとも5営業日以上取られるべきではありません、苦情、裁判所の判決を考慮し、仲裁裁判所は、任意の判断や苦情の検討を防止根拠の存在を証明する他の文書を考慮に同様の内容の苦情を受け入れます。
4。 決定に対する上訴を検討することを拒否するための税関当局の決定は、本案税関当局又はその役員の行為(不作為)は、優れた税関当局や裁判所に仲裁廷に不服申立てをすることができます。

45を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)のレビューアピール

1。 決定に対する訴状を提出した者、税関当局又はその役員の行為(不作為)が苦情に関する決定前にいつでも撤回することができます。
2。 同じ問題に繰り返し苦情が本契約の条40に設立された制限時間内に提出することができます。

46を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を考慮税関当局

1。 優れた税関当局によって考慮税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情。
2。 優れた税関当局に代わって彼によって認可税関または税関公式の頭の苦情に関する決定を行います。 争わ決定を取った公式によって作製されない場合があります税関のフィールド、または正式に認可連邦執行機関の決定、アクション(不作為)に対する訴状を考慮すると、公式の関係で争わアクション(不作為)、または下流を犯し顔。

47を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の対価の規約

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情は、この苦情を検討する管轄税関当局への申請書を受け取った日から1ヶ月以内に税関当局によって考慮されなければなりません。
2。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を考慮税関当局は、この記事の一部を1に苦情の対価の用語を、これを拡張する必要があると認めるときは、この期間は、それは、税関または税関職員のヘッドによって延長することができます認可ではなく、一ヶ月以上、延長の理由を指定して、書面で、苦情を提出した者によって報告されました。

48を§。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定

1。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定は、関税の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で書面で認められました。 この決定は含まれていなければならない。(数2613 27.12.2010からロシアのFCSの順に形を参照してください。)
税関当局の1)名前は、苦情を検討し、
2)意思決定の数。
決定の3)日時及び場所。
4)の位置、名称および苦情に対する決定をした税関職員のイニシャルは、文書の詳細は、税関当局)のチーフを除いて(苦情を検討するために彼の権威を確認しました。
5)姓と頭文字または訴状を提出した人の名前。
6)が決定、税関に関する情報(公式人)、意思決定、アクション(不作為)上告されるなどの行為(不作為)を、上訴されています。
7)メリットの概要;
8)引数と苦情に関する決定の理由は、
9)が苦情に関する決定を採択しました。
苦情の決定をアピールするための手順の10)情報。
2。 上訴に関する決定は、この決定をした税関職員によって署名されなければなりません。
3。 税関当局のか、税関職員の判断、行動(不作為)に対する訴状を検討することにより:
1は)として合法的争わ決定、税関体またはその公式のアクション(不作為)を認識し、魅力を否定します。
2)は、全体的または部分的に、税関体またはその公式の違法行為は、決定を訴え、アクション(不作為)を認め、全部又は一部の決定の苦情を取ります。
4。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の満足度の場合には、税関当局全部または一部:
1)が完全にまたは部分的に関税体によって受け入れまたはその正式決定は控訴キャンセル。
2)は通関体の受け入れをキャンセルするか、その公式決定は上訴し、税関当局を義務づけるか、その役員は、関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法令に基づいて新たな決定をしなければならないか、独立して、その採用は能力内であれば、そのような決定を行います税関当局は、苦情を検討し、
3)税関体またはその公式の不正の行為(不作為)を認識し、違反を解消するために取るべき措置を決定し、単独でそれらは税関当局の能力の範囲内でコミットされた場合は、必要なアクションを実行し、苦情を考えは、このような対策の場合と(または)アクションは前に(コミット)取られていませんでした。
5。 領収書の10営業日中に不正行為を認めたアクション(不作為)がまたは公式の決定に対する苦情の税関当局の決定を実施するためのアクション、税関体またはその公式のアクション(不作為)が税関当局の決定によらなければなりません、決定は、その履行の期限を設定する場合は、この身体へのアピールに決定。
6。 税関職員は、それがこの役員をもたらすための措置をとること有罪非パフォーマンスや彼の公務に割り当てられた税関職員の不適切なパフォーマンスの兆候を検出した場合には、税関当局に代わって、税関本体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する控訴を検討します確立された手順に従って懲戒処分。
7。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情の結果として下された決定のコピーは、本契約の条47に設定された時間制限内に言った訴状を提出した人に送られました。
8。 税関体またはその公式の意思決定、行動(不作為)に対する苦情に税関当局の決定は、優れた税関当局や裁判所、仲裁廷に控訴することができます。

49を§。 税関職員の意思決定、行動(不作為)に対するアピールするための手順を簡略化し

1。 簡略化された手順は、税関職員や税関のアクション(不作為)は商品のロシア連邦、1,5百万ルーブルおよび(または)車両を超えないそのうちの値からの輸出をロシアへの輸入に関連して投稿すると(または)、決定を上訴することができます(車両の組み合わせ)。
2。 公式の税関または税関ポストの意思決定、行動(不作為)に対してアピー​​ルするための簡略化手順が高い公式への経口苦情に優れた人物で、それぞれ、習慣や風習があり、習慣の頭の意思決定、行動(不作為)に対する控訴の場合、投稿は投稿 - 税関の責任者に、税関ポストとなっている領域に形成されています。
3。 判決の上訴を考慮することは、簡略化された手順の下で税関職員の行為(不作為)が遅滞なく行われ、それに関する決定はなく、後に3時間以上、その出願時から、すぐに取られています。
4。 税関職員の意思決定、アクション(不作為)に対する訴状を提出した者、税関職員、上記のアプリケーションを考慮の要請単純化された手順へのアピールに苦情を検討するための情報を含むも​​のとされ、単純化された手順の下に苦情の審査上に描かれています税関職員、訴状を提出した者、苦情の概要、引数、および意思決定や判断理由。 決定に対する控訴を検討するために拒否した場合には、この法律に単純化された方法で税関職員の行為(不作為)は、このような拒絶理由を記載しなければなりません。 行為のフォームは、関税の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 決定に対する苦情に関する法律単純化された手続きの下で税関職員の行為(不作為)が控訴を考慮し、税関当局によって署名され、苦情に対処してきた者でなければなりません。 意思決定への苦情のコピー、訴状を提出した者に与えられた簡素化手続きの下で税関職員の行為(不作為)。 (フォームを参照。2613から順FCS№27.12.2010で)
5。 判決の上訴を考慮し、簡素化手続きの下で税関職員とアクションの採用の行為(不作為)が一般的な方法で、税関体またはその公式のアクション(不作為)を決定に対する苦情を提出するための障害ではありません。
6。 簡略化された手順の下で税関職員の判断、行動(不作為)に対する苦情に関する法律は、より高い税関当局や裁判所、仲裁廷に一般的な方法で不服申立てをすることができます。

章4。 情報・相談

50を§。 決定の理由についての情報を取得する、アクション(または不作為)

1。 税関体またはその正式決定または確定アクションの面で人と行動の履行への決定や、被写体を所定の期間内になされていないされていない人の尊敬する人は、原因に関する税関当局にとの要求する権利を有します非受理の決定もしくは行為の不作為のためのいずれかの理由の意思決定や行動の理由、それは直接かつ個別に言っ者の権利と合法的権益に影響を与える場合。
2。 要求は、アクション(不作為)、またはそれらの受諾またはコミットメントのか、人が意思決定やアクション(不作為)を意識するようになりました日から有効期限を犯し、決定の日から6ヶ月以内に提出しなければなりません。
3。 当事者は口頭および書面で必要な情報を提供するように要求することができます。 経口要求は、要求の受領の日に税関当局によって考慮されなければなりません。 書面による要求を送信する際の要求を受領した日から10日以内に書面で回答する必要があります。

51を§。 習慣上や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為の関税同盟の関税法令、ロシア連邦の法律行為についての情報

1。 税関業務およびその他の税関機関の分野で承認連邦執行機関は、関税同盟、慣習上、ロシアの他の法的行為のロシア連邦法の関税法の既存の行為についての情報への情報技術の使用を含む無料の無料アクセスを提供しなければなりません税関の分野で連盟。
2。 税関当局は、税関とロシア連邦の他の法令関税の分野で働きにロシア連邦の立法の準備行為に関する情報へのアクセスを提供するだけでなく、まだ関税同盟、習慣や法律上の他のロシア連邦の法律の関税法の行為に力の変化を締結してはなりません準備行為の事前通知が証明防ぐことができます場合を除き、税関業務の分野におけるロシアの行為、 デニアの習慣を制御、またはその有効性を減らします。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関は、彼らの公式それらによって採用された法的行為の出版物だけでなく、関税同盟の関税法令、慣習や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為にロシア連邦の法律の行為に公表を確保します。

52を§。 税関当局の能力の範囲内税関事項及びその他の事項に関するアドバイス

1。 税関当局は、これらの機関の能力の範囲内で税関事項について利害関係者に相談しなければなりません。 税関職員を任命しなければならない税関当局(その代理)の頭部が協議を行うことを承認しました。
2。 税関当局の助言は無償、口頭および書面の形で行われます。 利害関係人の書面による要求に応じて、税関当局は、できるだけ早く書面で情報を提供するが、要求を受領した日から遅くとも1ヶ月する義務があります。
3。 協議ではなく、財の尊重と(または)車の税関業務の実施の税関当局による決定や(中略)行動のための基礎の間に利害関係者から提供された情報。
4。 要求された情報が失われるアドバイスを適用人を得、後期または作り話フォームを提供されている場合には、補償はロシアの法律に従って行われます。
5。 税関当局は損失が彼らの行為が許可していない者によってレンダリング非修飾協議の結果として引き起こされるだけでなく、ために、自分の知識や制御なしに公開、この連邦法のサブセクション3の記事51で指定された機能するテキスト歪みの結果として生じた損失について一切責任を負いません。
6。 税関当局による情報や相談の組織のための手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって定義されます。
53を§。 税関非営利ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出に関連する活動を行う者の団体だけでなく、習慣の分野で動作し、これらの分野における国家政策の形成と実施への参加
1。 ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出だけでなく関税の分野で動作するものなどへの商品の輸入に関連する活動を行う者の社会的に重要な利益を調和させるためには、関税の分野で承認連邦執行機関は、非営利団体を誘致します税関の分野で国家政策の形成と実施に参加するような人を組み合わせます。
2。 ロシア連邦およびロシア連邦税関の分野で活動を行って(または)者からの輸出への商品の輸入に関連する活動を行う者の習慣非営利組織の分野での形成と国家政策の実施への参加は、中で行うことができます次の形式:
1)税関の分野におけるロシア連邦の規範的法的行為のプロジェクトの開発に参加し、関税同盟の関税立法;
2)は、ロシア連邦の領土で、いくつかの産業を含め、外国の経済活動の、金融、経済、社会、その他の指標の分析に参加します。
3)税関行政措置の有効性の評価に参加します。
4)税関の改善にロシア連邦提案の公共機関のための準備。
現在の連邦法、その他の連邦法とに応じて、ロシア連邦の他の規範的法的行為で定められた他の5)は、このような参加を形成します。
3。 関税の分野で認可連邦執行機関のドラフト規範的法的行為、ロシアへの物資の輸入およびロシア連邦からの商品の輸出、その宣言とリリースに関連する税関業務の手順や技術委員会の確立の開発では、許可された経済事業者の活動の条件を決定そして、税関業務の分野で動作する他のエンティティは、政府との協議開催はRossiysを決定しました 関税の分野で動作しているものと同様、ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出への商品の輸入に関連する活動を行う人々を結びつけるコイ連盟全ロシアの非営利団体。 これらの団体と協議し、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって確立されたこれらの協議を行うための手順。

章5。 税関の分野での活動

§1。 一般規定

54を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタ内の法人を含めます
1。 記事13、19に定める条件に従う習慣の分野で活動を行う者のレジスタの法人のインクルージョン、24、29、関税同盟の税関コードの34と、それに応じて、61の記事、67、70、76、82本願。
2。 税関の分野で活動を行う者のレジスタのうちの1つに含まれるように、法律上の人が記事によって確立されたリストによると、現在の連邦法が必要とする情報を含む書面で税関当局に文を適用し、そのような情報を確認する書類を提出62 、68、72、77、本契約83。
3。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるため、税関倉庫の所有者のレジスタと免税店実体のレジスタは、一時保管倉庫として使用するため、それぞれ、意図されている各領土別々の前提および(または)各領土別々のオープンエリア、用に別のアプリケーションがあり、税関倉庫や販売エリア免税店。
4。 この記事のパラグラフ2と3で言及した文書には、文書や公証を発行する権限のある当局によって、それらを提出する人によって認定原本またはコピーの形で申請者が提出することができます。 それらを提出する人によって認定書類のコピーを提出する際、必要に応じて、税関当局は、これらの彼らのオリジナルとの文書、およびそのような文書のその後の原稿のコピーがそれを提出する人を返されなければならないことを検証しなければなりません。 税関当局の登録に含めるためのアプリケーションが完了すると、彼の要求に応じて申請者に提出された書類の原本を返却する義務があります。 関税や税金の税関当局に確認書類を元に提出しなければなりません。
5。 関税や税金の税関当局を確認する文書は、他の条件の遵守に関する予備的決定を行う税関本体の通知の日から30日以内に申請者が提出することができる対応するレジスタ内の法人を含みます。
6。 税関当局は、この条のサブセクション30と7で指定された場合を除き、その受領の日から10日を超えない範囲内においてレジスタに含めるためのアプリケーションを検討し、人物の関連レジスタの法人を含むように包含または拒否の決定を講じなければなりません税関の分野で動作します。
7。 出願人は、一緒にレジスタに含めるためのアプリケーションとその他の条件に従う、関税と税金の支払いの税関当局の許可を確認する書類を提示していなかった場合は、関税同盟と現在の連邦法の税関法律により設立され、対応するレジスタ内の法人を含み、税関当局は、これらの条件で仮決定を行うものとし、サブセクションで指定された期間内に申請者に通知するものと6 この記事。 この場合、税関は関税や税金の支払いのための適切なセキュリティを提供することを確認する書類の申請者の税関当局の提出後遅くとも10日より、関連するレジスタに法人を含めることについての決定を取らなければなりません。
8。 一時保管倉庫、保税倉庫や免税店の建物や地域この連邦法、施設の税関検査および(または)地域を行う税関当局に応じて設定要件と条件をとして宣言の遵守を確認するために。
9。 提示実体文書はそれらの製造および発行するための手順について、ロシアの法律に準拠していない場合は、矛盾したり判読できない情報が含まれているか、提出書類が関係している、レジスタに含めるためのアプリケーションを考慮しなければならない税関当局が第三者から要求する権利があるものとまた、公的機関による文書は情報指定されたエンティティを確認しました。 言った人や公的機関は、要求された書類を提出するための要求を受領した日から10日以内に義務付けられています。
10。 この記事の9の一部を提供した場合には、レジスタに含めるためのアプリケーションの対価の用語は、方向と要求された文書の提示職員を要求する税関当局に必要な時間だけ増加させます。 レジスタに含めるためのアプリケーションの対価の合計期間は、そのような宣言を受領した日から40日を超えることはできません。
11。 税関業務の分野で活動を行った人の関連するレジスタ内の法人を含めることは、書面で税関当局の決定を発行して、このようなレジスタに含めることの証明書を発行することにより確認し、税関キャリアのレジスタに含めるため - 税関キャリアの状況、法的の頭を確認した書類の発行エンティティまたは3つのスレーブ内の署名または他の方法で、事実と受領日に対する法人の他の代理人、 そのような決定の日からochih日。 この証明書は、税関当局またはその代理と刻印の頭部によって署名されています。
12。 税関当局は、関税同盟と現在の税関コードで定められたレジストリに含めるの条件の不遵守の場合には、この記事のサブセクション6で指定された期間を超えない範囲内において、関税の分野で活動を行う者の当該レジスタに含める拒否の決定を取らなければなりません連邦法および(または)段落2 3と、この記事に定める書類の非提出。 この記事5部分によって確立された期間における関税当局と税の関税の非証拠書類で、10日以内に税関当局は、関連するレジスタに含めることを拒否することを決定します。 関税の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めることを拒絶する決定は、そのような決定の日から遅くとも3営業日より書面で管理者または法人の他の正式な代表者に通知するものとします。
13。 税関関税の分野で活動を行った人のレジスタに法人を含めるための行動の当局、データ・レジスタからの排除、これらのレジストリを修正、これらの人々の活動の中断と再開のほか、税関代表のレジスタに含めることの証明書の形式のため、一時保管倉庫の所有者の登録、税関倉庫の所有者の登録、免税店の所有者の登録、認可、経済オペレーターのレジスタ Sとどのようにそれらを埋めるためには、関税の分野で認可連邦執行機関によって定義されています。 関税同盟の委員会の決定によって確立された関税同盟の税関コードの条4 18の段落に従い、通関キャリアの状態を確認する文書の形式、。
警告! の2355 18.11.2011番号からロシアのFCSの順序によって承認された一時保管倉庫の所有者の登録を維持するために、公共サービスの提供のための連邦税関の行政法規、
免税店の登録への参入の証明書のフォームが表示されます。の186 01.02.2011番号からロシアのFCSのために
14。 税関の分野で活動を行う者のレジスタに含めるための用途を考慮し、前記レジスタ内の人物の包含、無償のために。

55を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含めるための要求に示さデータを変更
1。 本契約の習慣のフィールドまたは添付文書に活動を行った人のレジスタに含めるためのアプリケーションで指定された段落2と3記事54にするために提供される情報の変更の場合には、法人が実施者のレジスタの1つに含まれ関税の分野での活動は、(法人の変換の際に彼の後継者)イベントの発生の日から5営業日以内に、これらの変更の書き込みで税関当局に通知する義務があります それは、関連情報の変化が生じ、または日付から人は、その発生を知った、と確認されている情報の変更や変更の書類を提出するとき。
2。 一部15このセクションの情報を受領した日の翌日から1営業日内の税関当局は、関税の分野で活動を行った人の関連レジスタの法人の包含のために設立され、新たに指定されたデータの条件は、作ることを決定したことを確認してください言っレジスタの変化や、あなたが対応するレジスタ内の人物を含めることで、証明書で指定する内容を変更した場合(文書は、税関perevozchiの状況を確認 KA)、当該レジスタ(通関キャリアの状態を確認する文書)に含めるの新しい証明書を発行しなければなりません。
3。 この記事の文書に従い表示して税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めるために法人から提出された書類のパッケージに添付しなければなりません。

56を§。 税関の分野で活動を行う者として、法人の活動の停止と再開
1。 税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関の分野で活動を行う者の関連するレジスタに含まれている税関倉庫や免税店の所有者の所有者として、法人の活動は、次の場合に中止しなければなりません。
1)その活動を停止する法人の適用;
2)破産手続の彼に対して提起された場合の法人の適用;
3)裁判所または法人の活動を一時停止する決定の権限の本体と、
法人が当該レジスタに含まれている場合、ロシア連邦の法律に従った4)サスペンションは、特定の活動を実行するためのアクセス許可の行為、活動のこのタイプのみを運びます。
2。 法律上の人は税関の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含まれ、税関当局は、関連するイベントの発生の日から3日以内に、この条のパラグラフ3と4 1部に呼ばイベントについて書面で通知する義務があります。
3。 段落で指定されたイベントの発生の日の翌日から吊り下げられたとして、税関の代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、免税店の所有者、習慣の分野で活動を行う者の当該レジスタに含まれているとして、法人の活動を考える3そして、4 1この記事の一部。 この記事の段落または段落1 2 1一部が提供する場合は、税関活動の分野で法人の活動は、法人の税関当局による申請の受領の日の翌日から吊るされなければならない段落ポイント1や、この記事の2 1部分に言及。
4。 保税地域で活動を行う者、通関業務、一時的な倉庫での商品の配置、保税倉庫のほか、免税店での商品の販売など法人の活動の停止の日から許可されていません。 一時的な記憶の倉庫の所有者として法人の停止の期間を1ヶ月を超える場合は、一時保管倉庫に格納されている商品は、このような活動の中止の日の翌日から2ヶ月以内に別の一時保管倉庫に自費で設置しなければなりません。
5。 税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者として、法人の活動は、免税店の所有者は、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに含まれ、それは状況の除去を確認する文書の法的者の日の翌日から再開しますそのような活動の停止を生じさせるこの記事では、一部の1で指定されました。

57を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタから法人を除きます。
1。 法人は記事14、20、25、30 35と関税同盟の税関コードで規定されている理由で、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから除外されなければなりません。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタに組み込まれた法人の再編は、変換の形で、このレジスタから、このようなエンティティを除いた理由ではありません。
2。 関税の分野で活動を行った人の関連するレジスタから法人を除外するための決定は、税関当局の決定を書面でもレジストリで法人を含めることを決定し、決定がなされたの点で法人に税関当局により通知しなければならないものその採択の翌日、遅くとも日より、このような意思決定のための妥当な正当性を書いインチ この決定は、法人の先頭に引き渡さまたは領収書またはその他の事実と、この決定を受領した日を確認の下で法人の代表者が許可されています。 言った人がこの決定を受けて回避した場合、それは書留郵便で送られます。
3。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除外するための決定は、の場合に発効するものとします。
1)()2この部分に規定する場合を除き、税関の分野で活動を行う者の関連するレジスタの法人を含む関税同盟の条件の税関コードによって設立された非遵守、そのような決定の日から15日後。
2)条件の不遵守は、税関キャリアのレジスタ内の法人、そのような決定の日から1日後、関税同盟の税関コードのサブ記事2 19によって確立を含みます。
3)税関キャリアによる非遵守は、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、段落2記事20でそれぞれ指定された免税店の職務の所有者は、の終わりに、関税同盟の税関コードの2記事25をサブパラグラフ、2記事30をサブパラグラフ、2記事35をサブパラグラフそのような決定の日から15日。
4)書面で税関当局による宣言を受領した日の翌日のレジストリから削除する法人のアプリケーション。
4。 (法人の転換を除く)組織再編の結果として、その清算またはその活性の終了に関連して、税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除くと、これらのイベントの発生の日から実施されます。 適切なレジストリを維持する責任税関当局は、今後のイベントについての情報を受信した後、このレジスタから法人の除外を記録しなければなりません。
5。 項に定める場合に1 - この記事、習慣の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めるために、次の文の3 3部は、当該レジスタから法人の排除を生じさせる原因の除去後に提出することができます。
6。 一時保管倉庫の所有者、税関倉庫や習慣キャリアの所有者は、個人が一時保管や保税倉庫で商品を入れて通知するか、輸送のため、税関管理の下で財を移転、ならびに対応するレジスタ内の法人を含めることで証明書を発行した税関当局する義務を負います村に1ヶ月でその活動を終了する意向の習慣のフィールド(通関キャリアの状態を確認する文書)で活動を行っ者、 にゃアプリケーションは、関連するレジスタから除外します。 この期間中、交通機関への一時的な倉庫や保税倉庫や通関管理の下で財を服用中の商品の配置は、許可されていません。
7。 税関の担当者は、それが宣言の提出の日前に15日税関の分野で活動を行った人の適切なレジスタからそれを除外するために、アプリケーションの税関業務を実行するのに代わって人に通知しなければなりません。 この期間中に申告またはその他の利害関係者との習慣の代表契約の締結が許可されていません。
8。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから除外した場合には、他の理由、税関トランスポーター、一時保管倉庫の所有者と税関倉庫の所有者のための税関の担当者は、彼らはすぐにサービスを提供する者に通知する義務はなく、されている遅くとも5日意思決定の税関機関による受理の日から当該レジスタから除外する。
9。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人を除くと、税関管理下での貨物の輸送や保管上の通関業務を完了するか、他のアクションを取ることを義務から彼(彼の後継者)を軽減しない、の手数料のための責任は、前に発生しました関税同盟の税関コードと現在の連邦法の定める手続に従い、当該レジスタから法人の除外。
10。 一時記憶し、税関倉庫の倉庫への商品の配置は、この記事サブセクション8で指定された期間を超えて許可されていません。
11。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから一時保管倉庫や税関倉庫の所有者の所有者を除外するための税関当局の決定の発効時には、一時保管倉庫や税関倉庫に格納されている商品は一時的な記憶や税関の倉庫の所有者を犠牲にして設置しなければなりません別の一時保管または前記決定の発効の日の翌日から2ヶ月以内に税関倉庫にそれぞれの倉庫。
12。 そのため製品のミッションケースを除いて、免税店の所有者のレジスタに免税店の所有者を除外することを決定の発効日の翌日から15日間異なる通関手続きの下に置くべき自由貿易の通関手続きの下に置か外国製品、他の免税店での実装。 この場合、税関の通関手続に応じて他の税関当局の領域に位置する免税店で商品の移動の場合と同様に、税関当局の監督下で行わ税関当局のいずれの領域に位置する別の免税店への商品の移動、トランジット。
13。 免税店の所有者のレジスタから免税店の所有者を除外するための決定の発効の日の翌日から、商品として関税目的でデューティみなすの通関体制下に置かれた商品は、一時的な記憶です。 免税店でこのような商品の販売だけでなく、他の商品の配置が許可されていません。
14。 税関の分野で活動を行う者の当該レジスタから法人の除外の場合、関税と税金の支払いのリターン(終了)は、このようなレジスタは、本明細書の章16に従って行われるの彼含めてその人を提供しました。

58を§。 税関の分野で活動を行う者のレジスタを維持するための手順
1。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、税関の分野で活動を行う者のレジスタをリードしています。
2。 税関の分野で活動を行う者のレジスタは、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で電子フォーマットで維持され、その公式ウェブサイトに掲載されています。 (参照してください。数186 01.02.2011からロシアのFCSの順序)
3。 関税の分野で活動を行った人のレジスタ、これらのレジストリを修正、関税の分野で活動を行った人の関連するレジスタは、そのようなレジスタから法人の除外で法人を含めることに関する決定の税関当局に基づいて形成されている、のサスペンション税関代表、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、免税店の交渉の所有者として、法人の活動の再開 ovli。 関税の分野で活動を行う者のレジスタの電子フォームの変化は、意思決定の権限の習慣本体の日から3営業日以内にしなければなりません。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、定期的に、少なくとも月に一度を提供し、税関の分野で活動を行う者のレジスタの彼らの公式出版物で出版。

59を§。 税関の分野での活動に従事して記録管理および報告のエンティティ
1。 税関キャリアによってそれらの商品と会計製品および事業活動は、一時保管倉庫の所有者は、税関倉庫の所有者は、免税店の所有者は、会計上のロシアの法律規制の要件、税金とサービス料に関するロシア連邦の法律に従わなければなりません。
2。 本契約の条177に従って設立税関の分野での活動に従事してエンティティを報告するためのフォームと手順、。

2を§。 税関代表

60を§。 税関代表
1。 税関の代表は、税関の代表のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 ロシアからエクスポートまたはロシア連邦への輸入品に関しておよび(または) - 税関の代表は、関税同盟(対外経済活動の商品命名法以下)の外国貿易の単一商品命名法に従って商品の特定の種類の点で通関業務の活動の範囲を制限すること輸送の特定のモード、特定の税関業務の手数料、ならびに領域の枠内の活動の領域 税関当局(いくつかの税関当局)のSTI。
3。 declarantsおよびその他の利害関係者との関税同盟税関代表関係の税関コードの段落3 12の記事によると、契約に基づいています。 契約を宣言するためのサービスの提供に直接申告および通関代表との間で締結されています。
4。 彼は許可されていないサービスを提供したり、作業を実行する可能性がある場合、税関の担当者が税関代表としてだけでなく、そのような合意の実行は、この記事のパート2に従って通関業者によって定義された活動の範囲を越えて行くだろう場合を除き、契約を締結します申告またはその他の利害関係人の行動や不作為が違法と犯罪者や行政処罰であると信じる合理的な根拠があります 関税の分野で責任をivnuyu。 税関担当者は価格の面と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件で給付金の支給を除いて、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
5。 商品の宣言は、その支払いのために提供するための通関手続きの内容が定義されている場合、税関の担当者は、関税と税金を支払うことができ、契約の条項は、申告と通関代表との間で締結した場合、関税、通関業者の税金の支払いのために用意されています。
6。 商品を宣言し、(または)とき税関代表の問題は、申告者または他の人と連帯しなければならないにかかわらず申告と通関代表契約の条件の、関税の支払いの全額に関税を支払う義務を提出し、他の人がそれらを提出しました。

61を§。 契約条件は、税関の代表のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条13に設立された税関代表のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コード、結果として発生する可能性があり、保険者が財産の利益彼は苦しんだ(その民事責任の保険リスクに応じて、人に害を補償するための保険事故のそれぞれの発生時に同意し、その中の保険金額、のパラグラフ2の記事13に応じて、プロパティ表さ者またはこれらの事業体との契約の違反)へのダメージが少ないより20百万ルーブルではないかもしれません。
3。 追加の条件は、税関代表のレジスタの法人が含まれています。
申請者が記事1と63存在連邦に応じて設定資格要件の遵守を確認する文書をそれぞれ有する通関代表、一つ以上の労働者、として動作するように意図し、それを通して法人の別々の構造単位の状態で64)の存在法律(以下、 - 税関業務の専門家)。
2)企業は国営企業ではありません。
関税の分野における行政違反に対する行政責任の法人の繰り返し事実の3)不在(2および回以上)、提供16.1の記事、16.2、16.3、16.15、16.22とのための行政犯罪のコードの一部の3の記事16.23エンティティは、税関業務の分野における行政違反の場合には行政処分の対象となると考えられた記事を提供している期間、ことを提供 ウンマは250 000のルーブルとそれ以上に達し総額で過料を課しました。
4)500 000のルーブル以上の量の関税の支払いの支払いに関する債務が存在しません。
4。 税関代表のレジスタに含めることの証明書が含まれていなければなりません。
税関代表、その組織の法的形式及び位置の表示、納税者識別番号の1)名。
自分の名前や居住地を示す、段落2 1この記事の一部を指定された要件に対応する個別の構成単位の存在に3)情報。
3)対外経済活動の商品命名法に従って物品の特定の種類の点で税関業務の税関代表の範囲の制限に関する情報、またはロシア連邦への輸入品に関して、および(または)は、輸送の特定のモードにロシア連邦からエクスポート、ならびに特定の税関の手数料税関当局(いくつかの税関機関)のいずれかによって覆われた領域内での操作や活動の領域と、
4)証明書を発行する税関当局。
5)証明書とその番号の発行日。

62を§。 税関代表のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 含まなければならない税関代表のレジスタに含めるためのアプリケーション:
1)税関当局への申請者のアプリケーション税関代表のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形態、場所(住所およびその他の連絡先の詳細)、オープン銀行申請者の口座と同様に、申請者は上の税関代表として動作するように意図し、それを通して、その個別の構造部門のリストアプリケーションの提出、それらの位置を示すの日。
意図に3)情報は、対外経済活動の商品命名法に従って、または輸送の特定のモードにロシア連邦からエクスポートロシア連邦および(または)への輸入品に関して商品の特定の種類の点で税関業務の活動の範囲を制限するために、特定の税関業務の委託、同様に税関当局の1(いくつかの税関)によって覆われた領域内の活動の領域として、またはそのような制限なしで動作します。
4)法人(その別々の構造的なサブディビジョン)税関のトランザクションの状態にあるアプリケーションの提出日現在の情報。
5)関税同盟の税関コードのサブ記事3 13に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
6)申請者のリスクの民事責任の保険に関する合意(契約上のデータ)。
2。 宣言されたデータを確認する次の書類の税関代表のレジスタ内のエントリのアプリケーション:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
4)税関業務の専門家の資格証明書;
通関業務の専門家を雇う上5)注文、またはそれらとの囚人雇用契約。
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
8)申請者の民事責任の契約リスク保険。

63を§。 税関電測
1。 通関業務の専門家は、予選試験に合格し、その知識プログラムの認定資格試験の遵守を確認高等専門教育を持つ、ロシア連邦の市民であってもよいです。 物理的な人の指定された資格要件の遵守、税関業務の資格証明書を確認する文書。
2。 税関業務スペシャリストは、税関担当の従業員としての活動を行っています。

64を§。 資格要件の遵守のための認定
1。 税関業務(以下 - 認定)の資格証明書の申請者の資格要件の遵守のための認定は、資格試験の形で保持されています。 成功した資格試験に合格した者は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認されたフォームで税関業務の専門家の資格証明書を発行しました。 通関業務の専門家の資格証明書は、有効期間を制限しました。
警告! 通関業務の専門家のための資格試験の計画は、の2430 15.12.2010番号からロシアのFCSのために。を参照してください。
2。 税関当局による認証の手順は、文書のリストは、認証、資格審査プログラム、配信するための手順や習慣の分野で承認連邦執行機関によって決定能力の証明書を発行するための手順への入学のためのアプリケーションと一緒に提出します。 資格試験に合格すると同時にかかわらず、試験のための彼らの特別な準備の、本明細書の条63に設立された要件を満たしているすべての人に開かれています。
3。 通関業務スペシャリストは、税関業務の資格証明書の受領の翌年から始まる隔年必要とされ、専門能力開発の教育プログラムの最小含有量のための連邦政府の要件に従って状態認定教育機関での研修の教育プログラムの訓練を受けます連邦政府の幹部によって確立された通関業務、 当局は、税関の分野で認可連邦執行機関と連携して、教育の分野で公共政策や法的規制の機能を実行します。

65を§。 税関業務上の失効資格証明書の根拠と手続き
1。 次の場合に取り消された通関業務の専門家の資格証明書:
1)虚偽の書類を使用して税関業務の専門家の資格証明書の取得の事実を確立します。
右の剥奪によって処罰2)裁判所の判決の発効は、一定期間のための税関業務の専門家としての活動に従事します。
関税同盟の税関コードのポイント3 2の記事によって確立された通関業務要件の専門家16)障害;
4)時期間中、記事16.1、16.2、16.3、16.15、および行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政犯罪のための管理責任で通関業務の専門家を誘致するために)(2回以上繰り返します彼はこれらの記事によって提供行政犯罪の例で行政処分の対象となると考えられています。
5)本契約のサブセクション3 64の記事に規定する研修プログラムに関するトレーニングの完了の通関業務要件の専門家障害。
2。 税関当局によって承認執行関税の分野で認可パワーおよび(または)それらの連邦機関によって採択税関業務の資格証明書を失効することを決定。 体に税関業務の資格証明書を失効させる合理的な決定を述べました。 その発行の日から3日以内に行われた決定に関して人に送信された意思決定の写し。
3。 その資格章3の本契約に基づいて言った資格証明書を失効する決定を上訴する権利を取り消さ税関業務上の専門家の証明書人。
4。 その資格証明書税関業務の専門家の取り消された者は、資格証明書の申請の受領に再適用する権利がありません。
証明書が段落1と1 3この記事の一部で定める理由に取り消された場合は資格証明書を失効することを決定した後1年以内に1)。
資格証明書は、この記事のパラグラフ2 2部分によって提供さを理由に取り消された場合には、裁判所の法的効力を有する判決が提供する期間内に1)。
資格証明書は、段落に指定された理由に取り消された場合、人は、記事3、16.1、16.2、16.3、および行政犯罪のコードの16.15によって想定通関事務の分野における行政違反の例で行政処分の対象となると考えられている期間中の16.22)この記事の4 1部分。

3を§。 税関キャリア

66を§。 税関キャリア
1。 税関当局は、税関キャリアの登録のロシア法人が含まれます。
2。 荷主または転送エージェントに税関キャリアの関係は、契約に基づいて行います。 それが許可されていない貨物の輸送を行っても、税関のキャリアを持っている場合、税関キャリアの拒否は、荷主やフォワーダーの行為または不作為が違法であり、習慣の分野では、刑事、行政責任をもたらすことができると信じる合理的な理由がある場合を除き、契約を締結します。 税関のキャリアは、価格の面と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件で給付金の支給を除いて、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
3。 税関キャリアは、関税同盟の税関コードの条21に定める職務を行います。
4。 関税同盟の税関コードの2 20記事 - 関税同盟の税関コードのサブ記事1 3に従い、税関キャリアのレジスタからの習慣キャリアの除外の根拠は、サブパラグラフ21の義務の不遵守です。 このような責任の税関キャリアによる非遵守の証明には、人を例に行政処分を受けることと考えられている期間中、条16.1および(または)にするために行政犯罪のコードの1記事16.9の一部を提供し、税関の分野における行政違反の管理責任に自分の天職であります関税の分野における行政違反で、合計が課すことを提供し、言った記事を提供 集計を含むennyh過料は、この条250の段落で指定された場合を除き、000 5のルーブル以上に達しました。
5。 年度中に最後の行政犯罪に先行する場合は、税関通過の手続き上のトラフィックの量は、空気によって道路や4キャリッジによって000 300キャリッジを超え、または5 000キャリッジレールまたは100輸送操作で水の輸送は、総計で課せられた過料の額は800 000のルーブル以上でなければなりません。

67を§。 契約条件は、税関キャリアの登録法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条19に設立された税関キャリアのレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ7の記事19に応じて条件は、税関キャリアのレジスタの法的人は記事16.1、16.2によって想定通関事務の分野における行政犯罪のための管理責任に税関当局の日前に1年かけて誘致するための事実の欠如である含みます16.3、16.9、16.11、16.15と行政犯罪のコードの2と3部品の記事16.23。

68を§。 税関キャリアの登録に含めるためのアプリケーション
1。 税関キャリアの登録に含めるためのアプリケーションが含まれていなければなりません。
1税関税関キャリアのレジスタに含めるための要求に)アプリケーション。
名前に2)情報、組織的・法的形態、場所(住所およびその他の連絡先の詳細)、申請者の口座の開設。
3物品運送における申請者の活動の任期に関する)情報。
税関キャリアとしての活動の行使に申請者が使用する国際輸送の申請者の車の所有と使用中の4)情報(総数、税関シールと切手の下で物品の運送のために、これらの車両の承認の詳細)、を含みます、税関のシールと切手の下で物品の運送に適した車。
5)関税同盟の税関コードのサブ記事2 19に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
2。 税関キャリアの登録のエントリのためのアプリケーションは、貨物の輸送に活動するための許可証を添付する場合、適切な許可(ライセンス)に基づき、ロシア連邦の法律だけでなく、宣言したデータを証明する次の書類に基づいて、このような活動:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
所有権の権利と国際輸送の車両の申請者の使用を確認4)文書は、税関キャリアなどの活動を実施するのに使用されることを特徴とします。
税関のシールと切手の下で物品の運送のための車両の承認国際運送の5)証明書があれば、
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
税関での治療の日に少なくとも2年間は物品の運送中の申請者の活動を確認する物品の運送の8)契約、。

4を§。 一時保管倉庫の所有者

69を§。 一時保管倉庫の所有者
1。 一時保管倉庫の所有者は、一時的な倉庫の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 一時保管倉庫が開いても閉じていてもよいです。 彼らは任意の者による使用のために利用可能である場合、一時的な倉庫は、開放型倉庫です。 一時保管倉庫は、彼らは特別な保管条件を必要とする物品の保管倉庫や限られた循環および(または)を含む特定の製品の保管の所有者のために意図されている場合は倉庫が、閉じています。 一時保管倉庫の所有者は、一時的な倉庫の種類を識別することにより、その活動の範囲を制限する権利を有します。
3。 所有者の関係ストレージのための商品を置く者と一時保管倉庫は、契約に基づいて行われなければなりません。 契約締結からの一時保管倉庫の所有者は、そのような合意の実行は、活動の範囲を越えて行くこの記事のパート2に従い、一時保管倉庫の限定された所有者、または十分であった場合になりますしない限り、商品のストレージを実装する可能性は、許可されていない持っている場合ストレージで商品を置く人の作為または不作為が、違法と処罰の刑事または行政の責任であると信じる理由 習慣のフィールド。 一時保管倉庫の所有者は、価格と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件の面でメリットの提供を除き、契約に関連して、別の人に一人を好むために資格を与えてはなりません。
4。 関税同盟の税関コードの条26に規定する一時保管倉庫の所有者が行動しなければなりません。
5。 関税同盟の税関コードのサブ記事2 25に従い、一時的な記憶の所有者が各号に定める不遵守義務のための一時的な記憶の倉庫の所有者の登録から除外1 - 関税同盟の税関コードの5、7と8 26記事。 に一時保管倉庫の所有者を引き付けるために、そのような義務の不遵守行政犯罪のコードの一部の1の記事16.9が提供する習慣の分野における行政違反の管理責任に一時保管倉庫の所有者を誘致するためのものであり、(または)を繰り返す(2回以上)の証明記事16.13、16.14、16.15、時間によって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任 styami 2と人が言った記事によって提供行政犯罪の場合は行政処分の対象となると考えられている期間中、行政犯罪のコードの3の記事16.23は、それらの項目に課せられた過料の合計は、セットに含むものとしますそれは500 000のルーブルとよりを達しました。

70を§。 契約条件は、一時記憶倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条24登録によって確立された一時保管倉庫の所有者で法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1点1の記事24によれば、条件は一時的な倉庫の所有者のレジスタの法的人は一時的な倉庫としての使用を意図施設および(または)オープンエリアの財産、経済管理、運用管理やレンタルの場所ですが含まストレージおよび本契約条71に設立された要件を満たします。
3。 保険者が財産の利益彼が引き起こした人に害を補うために、すべての保険事故の冒頭で合意した範囲内のサブセクション2ポイント1の記事関税同盟の税関コード、保険金額の24、(によると、発生する可能性が民事責任の保険の契約のリスクに応じて便利に基づいて算出した不法行為保管している他の者の商品、または他の者と保管契約の条件の他の違反)、 屋外の遊び場を使用する一時保管倉庫などの場合loschadi、および(または)有効体積、空間を使用する一時保管倉庫場合、およびに基づいて3 500の使用可能領域のそれぞれ完全および不完全平方メートルのためのルーブル及び(又は)の速度によって決定されます1 000は、便利なボリュームのそれぞれ完全および不完全立方メートルのためルーブル、未満2億ルーブルにすることはできません。
4。 要件が商品倉庫の所有者の記憶のためのクローズドタイプの一時保管倉庫の所有者に、この記事の3の一部を確立し、適用しません。
5。 関税同盟の税関コードのパラグラフ4点1の記事24によれば、条件は一時的な倉庫の所有者のレジスタの法的人が(2回以上)繰り返される事実の彼の欠如である含めるための管理責任に税関当局の日前に1年以上引き付けます税関の地域での犯罪は、行政犯罪の記事1 16.9、記事16.13、16.14、16.15、2と3部品の記事コードの16.23の一部を提供しました。
6。 追加の条件が一時記憶倉庫の所有者のレジスタの法人が本契約の条74に応じて関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
7。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれています:
1)一時保管倉庫、その組織及び法的形式や場所、納税者番号の所有者の名前。
一時保管倉庫の2)タイプ。
3)施設の場所と一時保管倉庫の(または)オープンエリアに関する情報。
敷地内の便利なボリュームのサイズおよび(または)オープンエリアの使用可能領域に関する4)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。

71を§。 一時保管倉庫の配置、設備と場所の要件
1。 施設および(または)一時保管倉庫としての使用を意図オープンエリア、財に関して権限を有するかどうかではない、権限のない人によるアクセス倉庫の(ではない従業員を防ぐため、商品の安全性を確保するような方法で設計され、装備されなければなりませんそのような権限を有する者の代表)、ならびにそれらの商品に関して税関管理を実施する機会を提供します。
2。 一時的な倉庫として使用することを意図K構内及び(又は)開放領域がぴったりと領土硬い表面(アスファルト、コンクリートまたは他のそのようなコーティング)を確保しなければならない車を含む貨物を輸送する駐車車両のために装備税関トランジットの通関手続きを完了するために必要な時間のために、ロシア連邦の領土を通じて物資を運びます。 この要件は、交差点に位置しているが、通関手続の税関通過に応じて商品を提供しないであろう一時保管倉庫として使用することを意図室及び(又は)オープンエリアには適用できません。 この領土は税関管理区域です。 商品の税関管理の下で輸送車は、いつでも言っ領土を入力することができます。
3。 税関通過の通関手続きを完了するために必要な時間のためにこの領土の記事2、その上にその存在の指定された部分で商品の税関管理下に運ぶ車両へのエントリのために、課金されることはありません。
4。 配置することで、一時的な記憶の倉庫の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
1輸送のモードに応じてアクセス道路の)可用性();
2)のみ不動産に属する地上の建物や構造物における開放型の一時保管倉庫のために意図された施設の位置、。
3)検査品に損傷を与えることなく、年の任意の時点で通関を行うことができるように財や自動車の税関検査のための設備の整った部屋の存在;
この記事サブセクション4で指定された領域を囲む2)フェンス。 一時記憶の倉庫の機能の技術的特徴は、指定された関税地域の決定により、エリアを囲むことが不可能または非現実的フェンスを作る場合は税関管理区域の指定のために所定の方法でマークすることができます。
それは一時的な保管倉庫として使用されている場合5)フェンシングや地形オープンエリアのマーキングは、()の一時保管倉庫にロシア連邦の税関国境から商品や車を移動するとき、トランスポートのモードに応じて、倉庫の特異性を与えられました。
一時保管倉庫の6)領土は、一時保管倉庫の動作に関連し、その動作を保証されていない項目が含まれてはなりません。
7)特別に言った倉庫に)他の商品への損傷を引き起こしたり、そのような物品の保管しようとする場合(特別な保管条件を必要とするかもしれ保管品のために適合一時保管倉庫と設備の整った客室の存在;
8)チェックポイントと一時保管倉庫の国境地域全体で商品や車の動きの制御を確保するための適切な手段が存在します。
核分裂性や放射性物質、税関当局は、技術的な規制やロシア連邦で適用される国内規格に準拠した優れた税関当局と協議して決定するのが必要と数と種類の税関管理の技術的手段を提供する9)。 放射線モニタリングのための技術的手段の種類、意思決定の彼らの必要性についての基準と数は、税関の分野で認可連邦執行機関を決定します。 (。街からロシアFCS番号707 05.04.2011の順序を参照してください)
10)X線セキュリティチェック装置、の必要性と優れた税関当局と協議して確立税関当局の量が存在します。 セキュリティチェックX線装置を入力し、その必要性と量についての決定を行うための基準は、税関業務の分野で承認連邦執行機関を決定します。 (ロシア番号707 05.04.2011のグラムのFCSの順序を参照してください)
パレット、パレット、一般に一時保管倉庫で保存されるべき物品を輸送するために使用される他のデバイスに、特に、一時的なストレージ上に配置されることを意図し、外部の計量の様々な機器を計量物を計量するための機会を提供する11)空;
12)会計製品の自動化システムの可用性税関当局による使用を許可されたソフトウェア製品との互換性。
13)、電話、ファックス、オフィス機器やコピー機の利用可能性;
14)一時記憶されている商品についての声明に含まれている電子情報の税関当局への送信の可能性を確保し、一時保管倉庫にある商品を解放するために税関当局から電子データを受信します。
15)荷役機械(フォークリフト、電動フォークリフト、電気、機械、トラック、クレーン、ホイストおよびその他の資材運搬機器の可用性)。
16)電子製品の流通および自動細胞製品のストレージ・システムを搭載した一時保管施設のための会計システム()の可用性、税関当局によって使用されるソフトウェア製品との互換性、および細胞内での商品の配置や位置を制御するための税関当局が可能になり、同様に検査を実施し、測定、変換、計量物倉庫の従業員およびこれらの操作の指定した日時に品物に関して権限を有する者。
17)オープンタイプの一時的な記憶は、ノードと輸送ルートを輸送するのに十分な近接して配置する必要があります。
18)一時的な記憶は、切れ目のない領土の周囲内に配置する必要があります。
19)一時的な記憶は、モバイル車両や輸送のすべてのタイプのモバイル機器上に配置することはできません。
5。 税関業務の分野で認可連邦執行機関は、チェックポイントでの一時保管倉庫の場所の場合、またはそれに近い場所で彼に配置、設備、一時保管倉庫の場所とその周辺地域のための追加および(または)その他の要件を確立する権利を有しますロシア連邦の州境、チェックポイントの専門知識、能力及び設備のもとに含めて、一時的に倉庫の下に領土 ストレージは、税関当局を開催します。
6。 配置や機器や閉鎖型倉庫の場所のための要件の通関体の意思決定によって格納された商品の仕様に基づいて、段落内の6、11、15この記事の18一部4呼ばれる以下の基準が確立された場合に使用することができない部分1この記事。

72を§。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれていなければなりません。
1)税関当局への申請者のアプリケーションの一時保管倉庫の所有者のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
密閉型の一時保管倉庫のための一時保管倉庫()の種類に3)情報。
4)敷地内にデータおよび(または)申請者の所持でオープンエリアや一時保管倉庫、それらの位置、配置、機器、材料や技術的な装置として使用するためのもの。
5)協定上のデータ(契約)申請者の民事責任のリスク保険。
6)関税と税金の支払いのための情報。
7)一時保管倉庫として使用するために設計された施設の有効容積とオープンエリアの(または)使用可能な領域のサイズに関する情報。
2。 一時保管倉庫の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認する2)文書;
3)税務当局と申請者の登録証明書。
一時保管倉庫としての使用を意図4)施設の所有権を確認する文書および(または)囲まれていないスペース。
一時保管倉庫としての使用を意図5)計画や図面施設のおよび(または)オープンエリア。
申請者の口座開設について銀行から6)確認。
7)申請者の民事責任の契約リスク保険。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認8)文書;
貴重なスペースおよび(または)オープンエリアに基づいて決定される9)設計文書、;
10)そのような文書の存在はロシア連邦(申請者が、このような決裁書類を必要とする物資を保管しようとする場合)の法律によって提供されている場合は、商品の特定のカテゴリのストレージを実施する申請者の権利を確認する文書を可能にします。
11)申請者から提出された他の文書は、その裁量で宣言された情報を確認しました。

73を§。 使用可能なボリュームおよび(または)一時保管倉庫の使用可能な領域
1。 有効体積および(または)一時保管倉庫の使用可能な領域は、領域の総量および(または)申請者が税関管理下で物品の保管のために利用しようとするオープンエリアの総面積、衛生疫学的サーベイランスの要件の対象、射撃統制およびその他のです状態制御(監督)、ロシア連邦法の種類。 有効体積および(または)一時的な記憶の倉庫の有効面積は、特に、カバーしていません。
X線セキュリティチェック装置(他のスクリーニング装置)の使用を含む、商品の計量のために任命されたところが通関のために意図1)場所;
2)関税同盟の税関コードの条145で指定された例で商品を格納するための場所。
3)技術通路(通路)と空間(エリア)倉庫技術機器によって占有。
2。 便利なボリュームおよび(または)一時保管倉庫の有効面積は、一時的な倉庫の所有者のレジスタに含めるために税関当局に提供される対応する決済ドキュメントの作成と申請者によって独立して決定されます。

74を§。 関税と税金の支払いのサイズ
一時保管倉庫の所有者として活動の実施における関税と税金の支払いのサイズがより小さくないかもしれません。
1)2,5百万ルーブルと空間の有効容積の各完全および不完全立方メートルのための更なる300のルーブル、一時保管倉庫を使用した場合のスペース、および(または)使用可能な領域の各完全および不完全平方メートルのための1 000のルーブル、倉庫の場合一時的な記憶は、開放型の一時保管倉庫の所有者のためのオープンプラットフォームを使用します。
一時保管倉庫の所有者のための2)2,5百万ルーブルを閉じました。

5を§。 保税倉庫の所有者

75を§。 保税倉庫の所有者
1。 保税倉庫の所有者は、税関倉庫の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 関税同盟の税関倉庫の税関コードの段落2 233の記事によると、開放または閉鎖することができます。 保税倉庫の所有者が税関倉庫の種類を識別することによって、その活動の範囲を制限することが認められています。
3。 税関倉庫の所有者との契約に基づいて構築ストレージ、のために物品を置く人の間の関係。 ある場合、そのような合意の実行は、この記事のパート2に従って税関倉庫の所有者によって定義された活動の範囲を越えて行きますしない限り、それは商品の保管を実施する可能性を持っている場合、契約の締結の税関倉庫の所有者は、許可されていない、または合理的な根拠を信じますストレージで商品を置く人の作為または不作為は、関税の分野では違法と処罰の刑事または行政の責任であることを 目のケース。
4。 税関倉庫の所有者は、価格と表現者の特定のカテゴリのための契約の他の条件の面でメリットの提供を除いて、契約に関連して別の人に一人を好む資格を与えてはなりません。
5。 関税同盟の税関コードの条31に規定する税関倉庫の所有者が行動しなければなりません。
6。 関税同盟の税関コードの2、30と1 6記事 - 税関倉庫の所有者の関税同盟の税関コードのサブ記事8 9に従って各号31にするために設けられた非遵守の義務のための保税倉庫の所有者の登録から除外されます。 そのような義務不遵守の証明は、税関の分野における行政違反、提供16.13記事の管理責任に税関倉庫の所有者を引き付けるために(2回以上)繰り返され、のための行政犯罪のコードの16.14、16.15、部品2と3記事16.23人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間、提供 これらの項目に課せられた過料の額は、一緒に250 000のルーブルと多くを占めました。

76を§。 契約条件は、保税倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の関税法典の条29によって確立された税関倉庫の所有者のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1点1の記事29によれば、条件が税関倉庫の所有者のレジスタに法人を含む敷地内の施設の立地で、経済管理、運用管理やレンタルおよび(または)保税倉庫としての使用を意図オープンエリアと本契約の条80に設立された要件を満たしています。
3。 保険者が財産の利益彼が引き起こした人に害を補うために、すべての保険事故の冒頭で合意した範囲内のサブセクション2ポイント1の記事関税同盟の税関コード、保険金額の29、(によると、発生する可能性が民事責任の保険の契約のリスクに応じて3 500のルーブルに基づいて決定不法行為保管している他の者の商品、または他の者と保管契約の条件の他の違反)、 使用可能な領域の各完全および不完全平方メートルのための、結合倉庫は、屋外運動場を使用した場合、または1 000の有効体積のそれぞれ完全および不完全立方メートルのためのルーブル税関倉庫の前提を使用するであれば、未満2百万ルーブルにすることはできません。 この部分に設立要件は、商品の保管倉庫の所有者のために意図クローズタイプの税関倉庫の所有者には適用されません。
4。 パラグラフの4点1の記事によると、関税同盟の条件の税関コードの29は、税関倉庫の所有者のレジスタの法的人はで行政犯罪の管理責任に税関当局の日前に1年以上誘致するために、複数(2回以上)の証拠ではありません含ま税関のフィールドは、行政犯罪の記事1 16.9、記事16.13、16.14、16.15、2と3部品の記事コードの16.23の一部を提供しました。
5。 追加の条件が税関倉庫の所有者のレジスタの法人が本契約の条79に応じて関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
6。 税関倉庫の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれていなければなりません。
1)税関倉庫の所有者の名前、その組織及び法的形式や場所、納税者識別番号。
2)税関倉庫の種類。
3)施設の位置及び(または)税関倉庫のオープンエリア。
敷地内の便利なボリュームのサイズおよび(または)オープンエリアの使用可能領域に関する4)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。

77を§。 保税倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 税関倉庫の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれなければなりません。
1)税関保税倉庫の所有者のレジスタに含めるための要求に申請者のアプリケーション。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
倉庫のこのタイプの選択の必要性や妥当性の閉鎖型と正当化の貯蔵のための保税倉庫()のタイプについて3)情報。
4)敷地内にデータおよび(または)申請者の所持でオープンエリアと保税倉庫、それらの位置、配置、機器、材料や技術的な装置として使用するためのもの。
5)関税と税金の支払いのための情報。
オープンタイプの税関倉庫の開口部に関税同盟の税関コードのサブパラ6 2 1記事によって提供申請者の民事責任の契約上の29)データ(契約)リスク保険、。
2。 税関倉庫の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
保税倉庫としての使用を意図4)施設の所有権を確認する文書および(または)囲まれていないスペース。
5)計画や保税倉庫としての使用を意図施設および(または)オープンエリアの図面。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
それらのアカウントを開くに銀行から7)確認。
貴重なスペースおよび(または)便利なエリアオープンエリアに基づいて決定される8)設計文書、;
9)申請者の民事責任の契約リスク保険。

78を§。 税関倉庫の使用可能な容量と使用可能な領域
1。 有効体積および(または)税関倉庫の使用可能な領域は、領域の総量および(または)申請者が税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の保管のために利用しようとする領域の総開口面積、衛生疫学的サーベイランスの要件の対象、火災の制御で、状態制御(監督)、ロシア連邦法の他のタイプ。 有効体積および(または)税関倉庫の使用可能領域は、特に、カバーしていません。
X線セキュリティチェック装置(他のスクリーニング装置)の使用を含む、商品の計量のために任命されたところが通関のために意図1)場所;
2)技術通路(通路)と空間(エリア)倉庫技術機器によって占有。
2。 便利なボリュームおよび(または)税関倉庫の有効面積は、税関倉庫の所有者のレジスタに含めるために税関当局に提供される対応する決済ドキュメントの準備で自分で税関倉庫の所有者によって決定されます。

79を§。 関税と税金の支払いのサイズ
保税倉庫の所有者として活動の実施における関税と税金の支払いのサイズがより小さくないかもしれません。
1)2,5百万ルーブルと空間の有効容積の各完全および不完全立方メートルのための更なる300のルーブル、税関倉庫は、開放型の税関倉庫の所有者のために、施設を使用する場合、および(または)1 000使えるの各完全および不完全平方メートルのためルーブルエリア、税関倉庫のオープンエリアとして使用した場合。
税関倉庫の所有者のための2)2,5百万ルーブルを閉じました。

80を§。 税関倉庫の場所の配置、機器や場所への要件
1。 保税倉庫としての使用を意図構内および(または)オープンエリアは、商品に関して権限を有するかどうか、権限のない人物(倉庫の従業員でない者によるアクセスを防ぐため、商品の安全性を確保するように設計され、装備する必要がありますこのような権限を有する人の代表)、ならびにそれらの商品に関して税関制御を行う機会を提供しません。 税関倉庫の場所を考慮に商業活動に従事する団体、及びその他の利害関係者の利益を取ることによって決定されます。
2。 配置により、税関倉庫の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
()税関倉庫オープンタイプのために専用のプロパティに属する地上建物や施設に保税倉庫としての使用に1)施設。 税関の倉庫は、モバイル車両やモバイル輸送機器上に配置することはできません。
2輸送のモードに応じてアクセス道路の)可用性();
税関倉庫の敷地に隣接してアンロードとロード領域の3)利用可能。
税関倉庫の4)面積は、チェックポイント(チェックポイント)と境界上不可分である、フェンスで囲まれるべきです。
5)領土と税関倉庫の敷地内には、ロシア語と英語の言語で「税関倉庫」に設定する必要があります。
6)領土と税関倉庫の敷地は、税関倉庫の動作に関連し、その動作を保証されていない項目が含まれてはなりません。
税関倉庫内7)がマークされなければならない、とあなたは税関倉庫で、このような財)のストレージに予定がある場合(特別な保管条件を必要とする製品の保管のための特別に適合ルームを完備しています。
税関倉庫で8)保税倉庫手段の所有者の任意の許容によって識別され、指定する必要があります(適切な徴候や碑文でマークされたテープフェンシング、パーティション、技術通路、)スクエア:
a)は、ストレージのための税関倉庫の通関手続きのアクションが完了された点で税関倉庫から商品を輸出する前に、
b)の点で製品のどのの通関輸送手続後の税関倉庫の宣言通関手続きに提出税関申告。
c)の関税同盟の税関コードの条2 234の段落に従って輸出のための通関手続きの下に置かれた商品の保管のため、
パレット、パレットや一般的に輸送するために使用される他のデバイス上で、外部の計量の様々な機器を計量税関倉庫に配置するために意図された物品を計量する機会を提供する、特にの9)利用可能。
10)、電話、ファックス、コピー機の利用可能性;
11)会計製品の自動化システムの可用性税関当局による使用を許可されたソフトウェア製品との互換性。
12)自動細胞製品のストレージ・システムを搭載した税関倉庫用電子製品の流通と会計システム(、)の可用性、税関当局によって使用されるソフトウェア製品との互換性、および制御するために、税関当局が有効になります。
a)に配置し、細胞内の項目を見つけます。
b)は、指定された日付およびこれらの操作の際に、商品に関して権限を有する検査、測定、カウント、商品倉庫の従業員を計量し、人の行動;
13)の情報を含む証明書を備えなければならない税関倉庫に保管された商品を識別するための各保存場所:
a)は、商品の宣言の登録番号。
b)は、物品の重量を、
c)の税関倉庫の品物の保管の期間の満了の日。
3。 場所と段落8一部2で3営業日以内に税関当局に書面で通知し、その後放置し、この記事のスペースを指定したサイズの変更、総量(総面積)フラット(開口面積)は、商品の保管に使用されることを条件とします税関倉庫の通関手続きの下に置かれ、関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供したのに対し、ボリューム(面積)を超えません。

6を§。 免税店のオーナー

81を§。 免税店のオーナー
1。 免税店の所有者は、免税店の所有者のレジスタに含まれるロシア法人であってもよいです。
2。 関税同盟の税関コードの条36に規定する免税店の所有者が働きます。
3。 関税同盟の税関コードのサブ記事2 35に従い、免税店の所有者は、関税同盟の税関コードの条36にするために設けられた非遵守の義務のための免税店の所有者の登録から除外されます。 そのような義務不遵守の証明は、行政犯罪のコードの一部の1の記事16.9が提供する習慣の分野における行政違反の管理責任に免税店の所有者を誘致するためのものであり、(または)(2回以上)繰り返しに所有者の自由店を誘致します記事16.2、Xによって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任 行政犯罪のコードのNUMX、16.3、16.14、16.15、部品16.19と2記事3、人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間中、上課せられた行政処分の合計を提供これらの記事は、集約、16.23 250のルーブルなどを含む、です。

82を§。 契約条件は、免税店の所有者のレジスタ内の法人を含みます
1。 契約条件は、関税同盟の税関コードの条34に設立された免税店の所有者のレジスタ内の法人を含みます。
2。 関税同盟の税関コードのパラグラフ1の記事34に応じて条件は、免税店の所有者のレジスタの法的人は財産、経済管理、運用管理やリースの場所である免税店としての使用に適し含ま条84に設立要件を満たします本契約。
3。 サブパラグラフ4の記事によると、関税同盟の条件の税関コードの34は免税店の所有者のレジスタの法的人は税関の分野での違反に対する行政責任に税関当局の日前に1年以上誘致するために、複数(2回以上)の証拠の欠如である含みます記事16.2、16.13、16.14、16.19、行政犯罪のコードの3の一部の記事16.23に規定する例。
4。 追加の条件が免税店の所有者のレジスタの法的人は以下百万2,5よりもルーブルの量の関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供することであります。
5。 免税店の開口部免税店の所有者のレジスタの法人の包含に先立ち、ロシア連邦の州境にロシア連邦の法律に基づいて承認されなければなりません。
6。 免税店の所有者のレジスタに含めることの証明書が含まれなければなりません。
1)免税店の所有者の名前、その組織及び法的形式や場所、納税者識別番号。
2)販売エリアの免税店の場所。
3)倉庫免税店の場所。
4倉庫免税店の面積に関する)情報。
5)証明書を発行する税関当局。
6)証明書とその番号の発行日。
(免税店の登録への参入の証明書の様式を参照してください。数186 01.02.2011からロシアのFCSのために)

83を§。 免税店の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 免税店の所有者のレジスタに含めるためのアプリケーションが含まれなければなりません。
1)税関当局への申請者のアプリケーション免税店の所有者のレジスタに含めるための要求。
2)名の情報、組織的・法的形式、場所、申請者の口座の開設。
3)申請者の所有であり、免税店としての使用を意図敷地内のデータ、それらの位置、配置、設備、材料と技術機器に関する。
4)関税と税金の支払いのための情報。
5)登録又は小売用の許可に関する情報。
チェックポイントで政権を確立するための手順に従って、免税店の開口部の調和に関する6)情報。
2。 免税店の所有者の登録簿の記入のためのアプリケーションは、宣言されたデータを確認する書類を添付しなければなりません。
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
免税店としての使用を意図申請者の施設の所有権を確認する4)文書;
5)計画や免税店としての使用を意図建物の図面。
関税と税金の支払いのための担保の提供を確認6)文書;
申請者の口座開設について銀行から7)確認。
8)小売業の登録または許可。

84を§。 免税店の場所の配置、機器や場所の要件
1。 免税店の敷地内には、貿易ホール、納屋や倉庫で構成することができます。 これらの施設は、免税店、商品の安全性や税関管理の点でそれらを保持する可能性の販売の部屋でのみ商品の販売を確保するような方法で装備する必要があります。
2。 ユーティリティ室、倉庫免税店は、商品またはない権限を有する者の代表者との関係で権限を持っていない、免税店の従業員ではない人(権限のない者がこれらの空間品であることへのアクセスを防止するような方法で設計され、装備されなければなりません)、および識別指定された施設の税関手段に課す可能性を提供します。
3。 配置により、免税店の場所の設備と場所は、次の要件を満たしている必要があります。
1)領土の免税店は、その機能に関連し、その仕事を確保されていない項目が含まれてはなりません。
2)免税店の倉庫には、唯一の部屋かもしれません。 倉庫免税店オープンエリアとして使用することはできません。 免税店の倉庫に人物の通過のための廊下、ロビー、廊下、行政や家庭や産業施設だけでなく、パッケージングやストラップ材料の保管スペース、製造設備、在庫、梱包、機械の清掃、包装廃棄物に配置することはできません。 免税店の株式では、異なる計量範囲で機器を計量免税店で実施することを目的の商品を計量の機会を提供することを特徴とします。
3)税関管理なしの商品の撤回または領収書の可能性を排除するよう免税店施設は、このような方法で配置する必要があります。
4)販売エリアの免税店は、この地域に残っている個人の移転を含め、関税同盟の関税地域に、免税店で購入した商品を残しての可能性を防止するような方法で配置する必要があります。
免税店の5)販売地域は、関税同盟の税関国境を介してこれらの者に従うことにより、自然人によって輸出品の税関管理のために指定された場所の外側に配置する必要があります。
関税同盟の関税地域に入った個人のホールへのアクセスを防止するように免税店の6)販売エリアが配置されなければなりません。
7)倉庫免税店は、関税同盟の税関国境を越えモノの移動の領域外に位置するが、免税店を運営する税関当局の領域内にすることができます。
4。 貿易ホール、ユーティリティルーム、免税貿易の通関手続きに宣言されていない物品の保管及び販売のための免税店の倉庫は、許可されていないの使用。
5。 この条によって設立要件は、本契約の条1 294部分で言及免税店、には適用されません。

章6。 認可事業者

85を§。 認可事業者
許可された経済的なオペレータはロシアの法律に基づいて登録された法人であってもよいことで関税同盟の税関コードの記事38に従って、生産およびその他の事業活動およびロシア連邦からの貨物の輸出に使用するためのロシア連邦への財の輸入は、許可のレジスタに含まれます経済事業者。

86を§。 許可された経済事業者によって提供される特別なファシリテー
1。 認可事業者への関税同盟の税関コードの段落1 41の記事によれば、次のような特殊な単純化が付与されることもあります。
1)一時保管倉庫の所有者の登録簿にそれを含まずに認可事業者の施設、屋外エリアや他の分野での商品の一時的な記憶。
2)関税同盟の税関コードの記事197に応じて、税関申告への商品の放出;
3)に従って、ロシア連邦にインポートする際、許可事業者のアドレスに次のよう、税関敷地内財の生産に関連する操作、屋外エリアや商品の税関トランジットの通関手続きの完了など、認可事業者の他のエリアを行います本明細書の記事3 87の部分と、
4)不完全および(または)定期的な税関申告の提出を含む物品の予備税関申告などの関税同盟の関税法令によって提供される他の特定のfacilitations、、、不完全な税関申告および記事193と194税関コードに応じて、定期的な税関申告の提出211本契約 - 215連合(EU)との記事。
2。 ロシア政府は、関税同盟の関税法令に従って認可事業者によって提供される特別な単純化を適用することができないの尊重で商品のリストを決定する権利を有します。
3。 認可事業者によって提供される特別な単純化を使用する場合は、記事2 205本明細書の一部に基づいて定義された特定の商品の制限席宣言を、適用しません。
4。 関税同盟の税関コードの項目3記事215の第四段落に従い、地元の税関当局への到着地の税関当局からの外国製品の税関トランジットの機能として、外国製品の配達の可能性が屋外エリアには、部屋の中、許可経済オペレータのアドレスに以下であり、かつ許可経済オペレータの他の領域は、税関制御領域の状態を有し、税関当局nの領域内にあります 先の税関当局の場所に商品を招くことなく、割り当て。 制限指定された税関管理ゾーンは、この条8の一部のために提供契約で定義され、それに応じてマークする必要があります。 認定経済事業者は、税関管理区域へのアクセスを許容する手順を提供します。
5。 許可された経済的なオペレータは、税関申告への商品のリリースを生産活動を行って、または条4本契約に設立された品物の前税関申告を使用してのアドレスに以下の外国製品に関して、この記事のパラグラフ87によって提供場合の税関トランジットの通関手続き完了の特長、 。
6。 国際条約に従って行われ、この条の4の一部を確立した外国製品の税関トランジットの通関手続き完了の特長、外国製品の税関通過には適用されないものは、明示的に商品の配送の場所が税関当局であることを提供します。
7。 この記事の一部を2で提供関税同盟特別facilitationsの税関コードの段落41の記事1に従ってのみ許可された経済事業者が税関申告の生産を含むこのような特定の簡素化、の使用を前提としているの点で財を宣言行動する権利がある場合に適用しなければなりませんのと認可事業者に代わって代わって動作品の通関業者。
8。 特別な単純化を適用する際に関税同盟の税関コードの段落4 94の記事に従い、税関業務を行ってい税関当局は、許可された経済事業者と対話します。 許可された経済事業者と税関当局、構造およびデータのフォーマット間の情報交換のための規則を含む、この相互作用の順序は、本契約の合意に設立されなければならない条87に従い認可経済オペレータが撮影した税関シールの送信順序は、関連税関当局との間で締結し、許可します許可された経済事業者の最後のステータスを授与の決定の経済オペレーター PA。 契約書の標準形式は、対外経済活動の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して、関税の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 段落4記事244、ポイント4記事257と関税同盟の税関コードの段落4記事269によると、文書は関税地域、関税地域及び処理のために外部の処理に関する処理のための通関手続きの認可経済演算子の使用のための条件を提供するものとして使用することができ合意に言及国内消費。 場合には、税関当局の処理の関連税関手続きの申請期限は、許可経済オペレータ新協定で終了します。 処理の関連通関手続きの適用のための条件を提供する文書として、この協定の使用は、アプリケーションや処理の関連通関手続きの完了に関連する一定の義務を遵守から認可経済演算子を軽減しません。 (後者の許可経済オペレータのステータスを付与を決定する際に税関当局と認可経済のオペレータ間で締結された契約書の一般的な形式を参照してください)
9。 サブセクション6ポイント1の記事6に従い、1と2記事94を指し、商品の認可経済オペレータ予備税関申告の場合にはロシア連邦に品物を輸入する際、税関手続を促進するために、関税同盟の税関コードの4ポイント2の記事128をサブパラグラフ、不完全な定期的な税関申告を含め、税関当局は、ロシア連邦の領土への商品の到着までエコに通知することを許可します そのような事前通知が税関管理を妨げたり、その有効性を削減する場合を除き、商品の通関を行うオーム演算子、。 この場合、税関検査は、許可経済オペレーターの事前の通知なしに税関当局により行うことができます。
10。 ロシア政府はロシアからの商品の輸出用車両にそれらをロードする前に、ロシアからの輸出品の検査のための認可事業者の通知の順序を決定する権利を有します。
11。 リスク管理のシステムに従って税関当局が認可事業者や彼に代わって税関担当者から提出税関申告で宣言された商品に関して税関管理を行うことを決定し、場合、税関管理は、敷地内に行われ、屋外エリアや他のそのような物品は、優先順に配置されている許可経済オペレータの領域。

87を§。 許可された経済的なオペレータは、税関申告への商品のリリースを生産活動を行って、または商品の前税関申告を使用して、以下のアドレスで外国製品の点で税関通過の通関手続き完了の特長、
1。 許可された経済事業者の地域で通関輸送の手順を完了するためには、許可経済オペレータの場所での車両の到着前に、後者遅くとも3時間以上、生産活動を行い、税関当局社外品の到着の場合は労働時間を設立 - 遅くとも3時間以上の終了前に税関当局の労働時間は、先の税関事務所に段落の記事1 197税関で呼ば文書を送り、 関税同盟の足コード、関税同盟の税関コードの記事193に従ってさらなる情報および添付文書によって修正された電子文書または税関申告の形式で税関申告への商品の解放のために必要。
2。 税関当局とこの記事のパート1に従って許可経済オペレータからの文書や情報の受領の5時間を超えてはならない許可経済事業者との間の契約で指定された期間内に、目的地の税関は、禁止が通知されていない場合は解除意図に関連した識別手段は、識別手段の安全性を確保するために、車両及び(又は)の税関検査を商品を確認するには、解像度tamozhennog 識別の手段を撤回する権限を受信し、許可経済オペレータの配信の代わりに、商品の到着後のキャリアから商品を受け取り、商品を特定し、アンロードするために資金を撤回する権利を有するものとみなします。 キャリアから経済オペレータ権限の商品事実の受け入れは、輸送および(または)出荷文書に関連するノートを貼り付けることによって確認されます。 これらのマークを貼付した後、経済オペレーターがすぐに税関当局にキャリアからの商品の受理の日付と時刻の署名デジタル署名通知を送付しなければならない承認しました。 先の税関当局の許可なしに、この部品に定める手順に従って認可経済オペレーター、税関管理の下で財のキャリアを転送します。 キャリアからの商品の採択以来、税関当局の通知に方向に向け、商品が税関当局によって発行されていると考えられます。 この瞬間から、許可された経済事業者は、関税同盟の税関コードの段落2 197記事に定める関税と税金を支払う義務があります。 商品の税関申告への生産、許可された経済事業者が許可されなければならないです申告は、支払うべき関税や税金の額は、関税同盟の税関コードの記事39に従って認可経済事業者が提供する関税、税金の額を超えないものとし。
3。 税関申告で許可経済オペレータの場所での車両の到着時には事前に税関申告の適用は、サブセクションで指定された期間内に関税、税や関税当局が支払われていない商品の点で不足している情報及び(または)に行われない場合2この記事は、税関への記事1 197の段落に従って提出がない場合の電子通知を許可経済のオペレータに送信します デックス関税同盟文書なしで必要な、彼らは一時的な記憶では、商品の状態を取得物品の識別とアンロードの撤退後の商品のリリースのための情報、及び施設、屋外エリアまたは認定経済事業者の他の領域に設定税関管理区域に保存され、一時保管中または認定経済事業者の前に税関管理の異なるゾーンに置く商品は、商品のリリースのための条件を述べました。
4。 この条のサブセクション2で指定された期間内に、税関当局は、識別の手段の安全性を確保することを許可経済(税関検査を含む)商品の検査を実施する意向のオペレータ、車両の税関検査および(または)を通知した場合には、そのようなアクションが実行されなければなりませんすぐに優先的に税関当局。 これらのアクションの税関当局の実装に先立って除去することができる識別手段、及び物品のみ税関当局の許可を得て車両からアンロードされます。 税関検査や税関検査は、一時保管倉庫や他の税関管理区域で商品や車をかけることなく、税関管理の敷地内に設置され、ゾーン、屋外エリアまたは認定経済事業者の他の領域で行うことができます。
5。 許可経済輸送に関連するノートを置くことによってキャリアから商品を取るためにオペレータおよび(または)出荷書類による確認の後にキャリアがすぐに税関トランジットの通関手続きを完了するために、先の税関に到着する義務がある、許可された経済事業者だけでなく、トランジットの宣言のノートとドキュメントを導入し、他の利用可能なドキュメント。 税関トランジットの通関手続きは、本契約の関税同盟と条4の税関コードの段落5と225 237記事に基づいて完成されています。

88を§。 法人認可事業者の地位を得るための条件
1。 関税同盟の税関コードの条39に設立認可事業者の法人の地位を割り当てる規約。
2。 関税同盟の税関コードのサブセクション5記事39に従い、許可された経済事業者の地位の条件の割り当てを繰り返し(2回以上)の証拠の欠如である関税の分野における行政違反に対する行政の責任に税関当局の日前1年以内の人を持って、行政犯罪に関する記事16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17、16.20とコードの16.22に定める、現金の量を提供 集計にこれらの項目の過料をDIX 500 000のルーブルとそれ以上に達しました。
3。 ビジネストランザクションの行動に関する情報を、税関業務の委託に税関当局により提供された情報を比較することができ財会計システムの可用性を条件に関税同盟の税関コードの条6 39のサブパラグラフによると、申請者は以下の要件に準拠している場合に満足であるとみなされなければなりません。
1)は、会計・税務会計を維持し、本契約の条96に従って税関の目的を占め;
2)口座へのデータ保護に関するロシアの法律規制の要件を取って、申請者通関業務情報システムを自動化されたデータベースとデータバンクに彼らの能力の範囲内で税関へのアクセスを提供します。
3)、物資の輸送や貯蔵に関連する物流業務の彼らの会計システムを使用する関税同盟の外国製品や商品とのこのような取引のための独立した会計処理を規定しています。
4)情報への不正アクセスの防止を確実にするための情報保護対策が含まれている自動化された情報システム、即時回復の可能性、不正アクセスによって変更または破壊、およびデータ保護ソフトウェアのレベルの連続的な監視を使用しています。
4。 法人の割り当て関税同盟追加条件の税関コードの条7 39のサブパラグラフによると、経済的オペレータ状態を許可されています。
1)に簡略化税制の不使用。
2)税関当局の日前に少なくとも1年間の対外貿易活動の実施。
3)法人の先頭に経済活動の分野で犯罪を犯しための犯罪歴が存在しない場合、関税通関業務の組織を含み、その従業員、および(または)その手数料だけでなく、経営者や従業員が税関操作を実行するために、税関代表名前と認可事業者の地位への割り当てが発生した場合の法人に代わってを簡素化する特別な適用されます。
4)施設、屋外エリアや外国製品の許可された経済事業者を一時的に記憶するために指定された他の地域の財産、経済管理、運用管理やレンタルの場所および本契約の条89に設立された要件を満たし、 - オペレータによって許可経済通関業務の場合本契約1 1 86の記事の段落に応じて一時記憶。

89を§。 許可された経済事業者の施設、屋外エリアや他の領域の配置や機器の要件
1。 認可事業者が施設、屋外エリアおよび承認経済オペレータの他の分野で商品の一時的な記憶を行うことができます。
2。 許可された経済事業者の敷地内空地は税関管理ゾーンのステータスを持っています。 制限は、税関当局および本明細書の物品8 86の一部に設けられた契約で許可された経済事業者によって定義された税関管理区域を指定し、特別な指定を持っている必要があります。 このゾーンを越えて税関管理下の貨物の輸出は、税関当局の許可を得て実施されます。
3。 敷地内空地と外国製品の許可された経済事業者を一時的に記憶するために意図された他の地域では、商品の安全性を確保するため、無許可の者(許可された経済事業者のいない従業員)による不正アクセスを防止するだけでなく、提供するように設計され、装備されなければなりませんそれらの商品に関して税関管理を保持する可能性。
4。 税関管理下で財の可ストレージ、およびそれらが視覚的に他の商品(から、税関管理の下で財を区別することができます認可事業者法のための任意の適切なによって提供される個別のご宿泊、ある場合には、同じ部屋に保管されている他の商品適切な徴候や碑文)でマークされたフェンシングテープ、パーティション、技術通路、。
5。 それは、一緒にその拘禁中の同じタイプと品質の商品と、ドライバルク、税関の監視下に液体バルク品を保存することができます。
6。 施設及び設備要件の配置、オープンエリアと認可事業者の他のエリアに生産活動を行い、税関当局によって設定されていません。

90を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーション
1。 許可された経済事業者エンティティのレジスタに含めるために許可された税関当局、以下の情報を含む書面で声明を指します:
1)税関当局への申請者の申請、許可経済事業者のレジスタに含めるための要求。
名前、組織的・法的形式、場所、オープン銀行申請者の口座だけでなく、リストや申請者がアプリケーションの提出の日に、許可された経済事業者として動作するように意図し、それを通して、その個別の構造部門の場所に2)情報;
創設者および(または)申請者と申請者の許可(株)資本の参加の割合に参加者に関する3)情報。
納税者と納税者番号として申請者の税務登録の4)情報。
5特別税制の適用に関する)情報。
取締役会(監査役会)のメンバー6)情報は、出願人の合議執行機関のメンバー。
申請者の業務の範囲を7)情報。
8)各ビジネスユニットの機能と責任を含む申請者の組織構造の記述;
申請者の役員、主任会計士、言った職員の一時的な不在の場合の順序の職務の説明と構造部門長について9)情報。
各ビジネスユニットの一般的な人員配置や人員配置のレベルで10)情報。
11)関税、通関業務の組織、および(または)その実装、通関業務の手数料、ならびに一般的な商業取引および会計・税務会計における情報技術の利用における知識や技能の評価を含む従業員に関する情報。
申請者の自動化された情報システムに含まれる情報を保護するために使用される措置に関する12)情報。
13)申請者の外国貿易活動に関するデータ:
申請者は、1年以内の商品の動き(1月の財の出荷数の平均値)の規則性を外国貿易活動を行っているとa)の年、。
実装に関連するものを含めて、自分の使用するために、貿易及びその他の商業活動のためのb)の外国貿易、昨年の外国貿易取引の手数料で申請者が締結したその他の契約数、およびすべての契約の合計量だけでなく、財の輸入の目的(、または商品の加工、展示会や見本市、およびその他の活動)を保持します。
14(の活動の領域で、アプリケーションの提出を前年の申請者の商品に最も頻繁に行わ通関業務、ならびに税関(税関)税関当局、上の)情報、)申請者が正当な経済として動作するようにしようとしますオペレータ、税関及びこれらの税関の記事を支配する習慣の名前を示します。
ロシア連邦からエクスポートロシア連邦および(または)への輸入品の輸送のための輸送に使用される手段についての15)情報。
16)の名前、場所、活動、申請者との関係でかどうか、彼らが所属している人物についての情報を含む外国請負業者、上のデータ。
17)以前にこの連邦法に従って使用申請者と通関の他の特別な簡略化された手順と同様に、特別な単純化、適用および(または)によって使用される情報。
18)は、(自分で)仲介サービスを使用して、許容外国貿易活動の制限を遵守するために必要な書類、およびそれらの領収書の順序についての情報を受け取りました。
19申請者が特別な簡素化を使用することを計画しているの命名法と尊敬で、製品の使用に関する)情報。
20)は、特別な簡素化を要求しました。
申請者が商品を配置する予定で、その下税関手続き上の21)情報、;
申請者の物品の一時保管を行います22)申請者の所持で施設および(または)オープンエリアのデータは、および(または)アクセス道路、フェンスの可用性を含め、それらの位置、配置に通関業務用品を(行います、チェックポイント)、特殊な簡素化が施設、屋外エリアや認可事業者の他の分野で商品の一時的な記憶を伴わない場合は、
23)物品を識別し、商品のリリース、または関税や税金の額の決意の下で支払われる関税や税金の計算の精度を監視するために、(財のリリースのための税関当局に申請者が提出することができるコマーシャルまたは他の文書に関する情報)申請者がリリース(条件付きのリリースは)外国製品が税関申告の提出前に行うことが可能な特別な簡素化、の確立のために適用される場合には、
、通関業務を行う名前を簡素化し、認可事業者、その経営者と従業員の法的実体状態の割り当てが発生した場合の法人に代わって特別適用される関税代表に24)情報。
25)関税同盟の税関コードのサブ記事1 39に従って提供関税と税金の支払いを確保する上でのデータ。
26)契約または認可事業者の地位の割り当てに関する情報の公式出版物における申請者の意見の相違は、本明細書の物品4 95の一部を提供しました。
アプリケーションを考慮した場合、申請者の利益を代表する権限者に27)情報。
2。 1情報が正当な経済演算子のレジスタに含めるためのアプリケーションの別の添付ファイルとして提出することができるこの記事の段落で指定されました。
3。 許可された経済事業者のレジスタ宣言されたデータを確認し、次のドキュメント内のエントリのアプリケーション:
1)申請者の構成文書;
法人の統一国家登録申請者のエントリを確認2)ドキュメント。
3)税務当局と申請者の登録証明書。
関税同盟の税関コードによって規定された量の関税と税金の支払いのための担保の提供を確認4)文書;
申請者の口座開設について銀行から5)確認。
6)出願を前年の申請者の財務諸表の信頼性に、監査報告書の写し、頭主任会計士によって署名され、申請者がロシアの法律に従って必須監査の対象である、または監査は申請者の主導で行われた場合には、シールによって認定。
7)少なくとも1年間の対外経済活動の実施を確認する通関書類のコピー;
認可事業者の活動が施設、屋外エリアや他の分野での商品の一時的な記憶を提供する場合8):
a)の施設と上の権利の状態の登録の証明書(または)オープンエリア、彼らが所有している場合や申請者の経済運営で。
b)のリース(サブリース)所定の方法で登録された施設があります。
c)のオープンスペースがある土地の賃貸(サブリース)、正式に登録されました。
税関管理下で財の意図した場所を示すグラム)計画(図面)倉庫、。
d)の計画(描画)生産地でサイトの大きさや位置の表示とオープンエリア。
9)輸出関税を適用していない商品の生産および(または)輸出品のための活動を行う者のための関税同盟の税関コード、のサブ1記事39の第二段落に従って関税同盟の委員会によって定義された基準の遵守を確認する文書、申請者はそれにこれらの基準の適用のために適用されます。
4。 申請者は、彼の意見では、と述べたレジスタ内の包含を考慮して使用することができる独立した専門家の意見を含め、許可経済事業者、他の文書のレジスタに含めるためのアプリケーションに取り付けることができます。
5。 書類の提出は、この条、税関当局の3の一部を提供し、本明細書の記事5 54の一部で定める方法により行われているこのような文書を検討した後、原稿を戻します。
6。 関税と権限の支払いのための税関のセキュリティを確認する書類、税金、その他の条件は、他のコンプライアンスの税関当局領域の予備的決定の日から30日以内に承認され、経済の演算子のレジスタ内の法人を含む遵守を確認するために、税関当局の通知を受信すると、出願人が提出することができます条件を切り替えます。
7。 、または指定したアプリケーションで、この記事の一部1で指定された情報が含まれていない許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションは、この条のパート3によってのために提供されたリストによると、宣言に述べられた情報を確認する書類を提示されていない場合は、税関当局は通知しなければなりません申請者遅くともそのような宣言を受領した日から5営業日。
8。 税関当局は、次に掲げる場合に限り、許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションを受け入れることを拒否しなければなりません。
1)不足している情報の税関本体に出願人による故障、および(または)この記事の30の一部を提供した場合の税関当局の通知の受領の7日以内に文書。
2)前の関税通関業務の組織を含む法人の頭部、その従業員、での経済活動の分野での犯罪に対する有罪判決、および(または)その手数料だけでなく、経営者や従業員が税関操作を実行するために、税関の担当者名前と認可事業者の法的地位の譲渡の場合の法人に代わってを簡素化する特別な適用されます。
3)アプリケーションのか、出願後の出願日に申請者に対して破産手続開始。
記事4 10本明細書の一部に基づいて許可された経済事業者のレジスタから法人の除外の決定の発効日から過去3年間の有効期限への応用の94)提出、。
9。 この記事の一部8に定める対価への許可経済演算子のレジスタに含めるためのアプリケーションを受け入れることを拒否するための根拠が存在しない場合には、税関当局は、検討のための宣言の受諾の日を出願人に通知しなければなりません。

91を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションの検討
1。 認定税関当局は、許可経済事業者のレジスタと含めるか検討のためにその採用の日から90日を超えない期間で言ったレジスタに法人を含めることを拒否するという決定に含めるためのアプリケーションを考慮しなければなりません。 この文と一緒に申請者が提示されていない場合は、税関当局によって認可権限のある経済事業者の法人のステータスを割り当てる一定の条件の対象と関税と税金の支払いの税関当局によって認可規定を確認する文書は、指定された期間内に申請者に通知しなければなりません。 通知を受領した日から30日以内に出願人は、関税や税金の支払いのために提供する確認通関体の文書を許可されています。 この場合、許可の税関当局は、関税や税金の支払いのために提供する確認書類の認可税関当局への申請の日の後遅くとも3日より認可経済事業者のレジスタに法人を含めることを決定しなければなりません。
2。 税関当局によって認可認可事業者の法人の地位の割り当ての条件の遵守を確認する目的のために関税同盟の税関コードのサブパラ3 4 132の記事に従い、申請者の点で税関検査を保持しています。
3。 エンティティは、実際に認可され、経済オペレーターのレジスタに含めるためのアプリケーションで指定された場所に位置し、提出書類や情報の検証、または施設の税関検査の結果ifと(または)税関当局の領土は、その一つ以上を確立していない場合株式会社を拒否することを決定する前に割り当て条件エンティティ認可経済オペレータの状態が遵守されていないが、これは、申請により改善することができ、税関当局 私のように、許可経済オペレータのレジスタに事実についての申請者に通知しなければなりません。 税関当局への通知を受領した日から30日以内に出願人は、関連する条件の遵守を確認する権利を有します。
4。 この記事の1部にインストールされたアプリケーションの対価の用語は、申請者の税関当局による通知を受領した日までの期間のために中断しなければならない申請者の要件および(または)認可税関当局によって確立された条件、またはこの記事3期間の指定された部分の有効期限の実装の日付を確認するために承認しました。
5。 税関当局は、許可された経済事業者のレジスタに含めるために、アプリケーションが第三者からだけでなく、国家機関からの申請者が指定した情報を確認する文書を要求することが考慮しなければなりません。 そのような人が、10日以内に要求を受領した日から要求された文書や情報を提出するものとします。
6。 許可された経済事業者税関事務所(複数可)のレジスタに含めるためのアプリケーションの検討の期間内に許可された経済事業者の法人状況のコンプライアンス処分の確認の場合は、申請者が許可経済オペレーターとして動作することを意図し、申請者が手続きに同意するものと活動()領域で許可経済オペレータ際に税関業務を行う税関当局間の協力 USAGE特別な単純化だけでなく、本契約の条8 86部分の下で契約の締結による認可の経済事業者と税関当局の規制との間の情報交換。
7。 許可された経済事業者のレジスタに法人を含めるという決定は、採用の日から営業日92遅くとも本契約の条14下の証明書の発行、監督者、または領収書に対する法的人の他の権限のある代表者またはその他の事実及び領収書の日付を、確認することによってなされていませんそのような決定。
8。 税関当局は唯一の法的実体を割り当てるための申請条件によって不遵守の場合に許可された経済事業者のレジスタに含める拒否の決定を行うものと関税同盟と本契約の条39の税関コードの条88に定める経済的オペレータの状態を、承認しました。 許可された経済事業者のレジスタに含めることを拒否するという決定は、決定の日から領収書またはその他の、事実と領収書の日付、遅くともが14営業日の下で法人の管理者またはその他の権限のある代表者に通知しなければなりません。
9。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションおよび無償言っレジスタに含めることを考慮する時に。

92を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書
1。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書が含まれています:
1)名、認可事業者及びその個別のサブディビジョンの法的形式及び場所の指示;
関税と税金の支払いの金額および方法に関する2)情報。
許可された経済事業者によって提供3)特別円滑化。
4)税関業務の場所の特別な単純化を適用します。
5)特殊な単純化して商品に関税操作で作ることができる税関当局、。
2。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書が限定されるものではなく、問題と有効期限の日から10日の満了時に効力を生じます。

93を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアプリケーションで指定されたデータの変更
1。 法人が正当な経済事業者(法人の変換の際に彼の後継者)のレジスタに含まれる正規の経済事業者のレジスタに、またはそれに取り付けられた文書に含めるためのアプリケーションに記載されている情報を変更するには、内に書面で許可税関当局に通知する義務があります関連するイベントの発生の日からか、人はそれらの発生を知った日から5営業日。
2。 税関当局は、5営業日以内に、あなたが証明書で指定する内容を変更する場合は新たに指定されたデータ割り当て条件エンティティは、経済的なオペレータ状態を許可し、ことを確認し、本契約の条91に確立された手順に従って、新しい証明書を発行することを検討しているものとします。
3。 文書は、許可された経済事業者のレジスタに含めるための法人から提出された書類のパッケージに取り付けられています。

94を§。 許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書と許可された経済事業者のレジスタからの除外のサスペンションと取消し
1。 税関当局は、認可事業者としての活動の過程で、このような状況の割り当てのために許可された経済事業者条件の遵守状況を監視しなければなりません。
2。 認定税関当局は、次のような場合に認可事業者の地位の譲渡の条件の遵守の再検証を実施する権利があります:
1)関税同盟および(または)税関事項について、ロシア連邦の法律の関税法令の重要な変更、通関事務の分野で承認連邦執行機関の関連決定により証明されるように。
2)認可事業者の地位の譲渡のための1つまたは複数の条件の許可された経済事業者の可能性のある非準拠を示す税関管理データの申請書の結果として検出。
3。 税関によって許可、認可、経済事業者のレジスタに含めるための出願の出願日が持つ最初の年の満了前に認可事業者の割当状況への準拠を検証しなければならない前に、認可事業者のレジスタに含めることの証明書は、3年未満を作成した法人である場合証明書の発行日。
4。 認可事業者のレジスタに含めることの妥当性は、許可税関当局によって中断されることがあります。
段落1と現在の連邦法の1 2の記事1に規定する場合において56)。
許可された経済オペレータステータスの割り当ての条件の一つまたは複数の不遵守の場合2)。
本契約の条3に従って設立された方法や用語で非レポート形態の場合には96)。
記事4、16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17または行政犯罪のコードの16.20によって想定通関事務の分野における行政犯罪に対する審理の機関の場合16.22)。
許可された経済事業者の管理者および(または)従業員に対して提起された場合には5)は予備調査は税関当局の能力にロシア連邦の刑事手続き法律を起因する刑事事件、です。
5。 段落2と3この記事、許可税関当局及び認可経済オペレータが承認通知しなければならない認可経済オペレータのレジスタに含めることの証明書の懸濁液に決定するまで、その活動を行う領域(又は)税関当局の一部4にする場合において経済的なオペレータは、違反を同定しました。 このような通知を受領した日から30日以内に認可経済オペレータが税関当局が侵害を明らかにした確認されていない場合は30日の証明書を中止しなければならない、関連する条件および(または)の実装は、認可税関当局に関連する報告書を提出しませんでした。
6。 この記事のパラグラフ4と5 4部分に規定する場合には、許可された税関当局は、それぞれ、関連する通知の日前に許可経済オペレータにより受領した日に認可され、経済の演算子のレジスタに含めることの証明書を一時停止しなければなりません。
1)行政犯罪の場合の決定の発効。
2)本規則の発効前に行政ケースの裁判の執行;
3)行政犯罪や刑事事件のケースを却下する決定の発効。
4)裁判所の判決の発効。
7。 この記事のパラグラフ4部分4で指定された場合には、許可の税関当局は、許可された経済事業者のレジスタに含めることの証明書を中断ない場合があり、そのような法律上の完全な1年間の法的人によってコミット税関業務の分野における行政違反の事例に関する決定行政犯罪のコードで定められた期間内に人、と3を超えない過料の総量 期間の輸入関税、税金のその人が支払った総額の割合。
8。 次の場合に取り消された正規の経済事業者のレジスタに含めることの証明書:
許可された経済事業者のレジスタからそれを除外するために、エンティティの出願を1)。
2)ロシアの法律に基づいて法人の清算。
彼の変換を除き、法人の3)再編、。
証明書の懸濁液がコンプライアンスを実証するための法人ではありません後の法人の割り当ての条件の遵守を確認する4)失敗は、経済的なオペレータの状態および(または)この記事のサブセクション5に定める期限内に報告書を提出するための失敗を許可。
記事5、16.1、16.2、16.3、16.7、16.9、16.15、16.17との16.20によって想定税関業務の分野における行政違反に対する行政の責任に行政犯罪のコード認可経済演算子を集め16.22)を繰り返す(2回以上)人は言った記事によって提供行政犯罪の場合には行政処分の対象となると考えられている期間中、過料の量を提供 Sが集合的に500 000のルーブル以上を構成します。
6)管理者の刑事訴追に関する裁判所の判決の発効および(または)犯罪のための認可事業者の従業員するための税関当局の権限内にロシア連邦の刑事訴訟に関する法律に従い、予備調査。
7)本契約条8 86部分の下で契約の終了。
9。 許可された経済事業者のレジスタから法人を除外するための決定は事実や事象の発生の日から効力を生ずる、関連する意思決定の発効は、この記事の8の一部を提供しました。
10。 段落5この記事の6一部8が提供する根拠に基づいて許可された経済事業者のレジスタから法人の除外の場合は、許可された経済事業者のレジスタに含めるために再適用はから法人の除外の決定の発効日から3年を経過後に提出することができます許可された経済事業者のレジスタ。
11。 関税と税金の支払いの許可された経済事業者のリターン(終了)のレジスタから法人の除外の場合、前記レジスタの彼の包含を持つ人が本契約の章16に従わなければならないことを条件とします。

95を§。 許可された経済的な演算子の登録を行う手順
1。 税関の分野で承認連邦執行機関は、許可された経済事業者のレジスタを維持します。
2。 許可された経済事業者の登録は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形で行われます。
3。 許可された経済事業者の登録を許可された経済事業者のレジスタだけでなく、撮影したレジスタから法人の除外に含めることの証明書の一時停止と再開、レジスタに入力された詳細を修正する、と述べたレジスタ内の法人を含めることの決定に基づいて形成されています税関当局によって承認しました。
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、少なくとも3ヶ月に​​1回は、中に含めるためにはそれにその予備同意を与えたことでエンティティのみを含める、との公式の出版物に認可され、経済事業者の登録を公開し、定期的に提供します言っレジスタ。

96を§。 認可事業者の会計システムとの報告
1。 認可事業者が商品や会計・税務会計上のロシアの法律規制の要件に応じて、その存在や動きの上に適切な制御に関する完全かつ信頼性の高い情報の形成を確実にするために輸入し、輸出品の個別の記録を保持する義務があります。
2。 認可事業者は、税関操作は関税同盟の税関コードの段落10 1記事にするために提供される特別な単純化を使用してコミットされたのに対してで商品に発生主義で税関当局の報告書に提出し、報告年度翌月の四半期ごとの41日に義務付けられています。
3。 認定税関当局は、1年間の不在下で、報告期間の翌月の1日に毎年認可事業者により報告を決定し、その決定の採択、関税の分野における行政違反に対する行政責任に認可事業者の関与の事実の前にケース。
4。 関税同盟の税関コードのサブパラグラフの1ポイント1の記事41に従って一時記憶に配置された商品の会計処理に関する税関当局の報告書に提供される、コードと製品名の、運送書類の保存、名前と番号で商品を置くの日付についての情報を含まなければなりません総重量の外国貿易、文書の各製品名、番号と日付の請求書値のネットの商品の命名法に従ってトンの請求書の値を確認します 外国貿易契約の数についてオヴァール。
5。 関税同盟の税関コードの各号2と3ポイント1の記事41に合わせて特別な単純化を使用するかの点で商品の会計のレポート、その代わって、人の特別な単純化され、情報の用途に、ストレージに商品を置くことの日付についての情報を含まなければなりません通関業務は、税関申告の数については、添付運送書類の数、製品名は、総重量の対外経済のための商品の命名法のコードについては、ノーあり その後、量支払った関税や税金の商品の購入価格に。
6。 報告書は、電子デジタル署名の存在下で、または電子的に紙の上の情報の必須の規定にデジタル署名することなく、電子形式で税関当局に提供することができます。
7。 1のこの記事の部分だけでなく、虚偽の情報を含む文の提供を提供する税関当局の報告に失敗するために、および(または)所定の期間内に不時の提供、認可事業者は、ロシアの法律に従い、責任があります。
8。 この条の定める手続に従って認可事業者が提供する報告フォームは、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。 (参照してください。数2709 30.12.2010からロシアのFCSの順序)

章7。 情報システムと情報技術

97を§。 税関当局によって使用されている情報システム、情報技術やプログラミングサポート
1。 行政当局の連邦政府機関との情報交換、人口に対する公共サービスの提供、電子形式で情報を提供する外国の経済活動の参加者を含め、それらのタスクを実行するために、税関当局が使用する情報システムと情報技術、。
2。 情報システム、情報技術とその維持の手段の開発はロシアの法律に従って税関当局の命令により行われます。
3。 関税同盟とロシア連邦の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された税関事項における情報システムの使用のための手順。

98を§。 データ処理のために設計されたハードウェアの要件
ソフトウェアとハ​​ードウェアを含む通関目的のために使用する情報システム、に含まれる情報を処理するための技術的手段は、ロシアの法律規制の要件を遵守しなければなりません。

99を§。 税関当局の情報資源
1。 :税関当局の情報資源は、国際協定に従い、関税同盟の関税法令、を含む、本連邦法、その他の連邦法を、税関の処分で(利用可能)入手可能な情報(データ)を文書化されています
関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法令に従い、税関業務の手数料で人の1)(複数可)。
情報の交換に関する省庁間協定に基づいて連邦政府の執行機関の2)(複数可)。
3)は、情報の交換に関する国際協定に従い、税関及び(または)の分野で承認連邦執行機関の要請に応じて外国の(ガイド付き)機関に指示しました。
2。 関税同盟の関税法令およびロシア連邦の法律で指定された情報の文書化のための要件に従う電子形式で提出することができる税関申告を含む税関事項について、ロシア連邦の法律に従って規定されているプレゼンテーションそのうち文書。

100を§。 税関機関の情報資源の一部から情報を取得します
1。 税関の分野での税関国境を越えて商品や車の動きに関連する活動を行う者、または活動は、自分自身について文書化された情報の税関当局によって保持されている情報にアクセスすると、その完全性と正確性を確保するために、この情報を更新する権利を有します。 税関当局は、人々に無料でそれらに関する入手可能な情報を付与しなければなりません。
2。 国家機関に書かれたアプリケーションを検討するため、ロシア連邦の法律によって確立された条項に書面で応答を提供することにより、本人の書面による要求に基づいて税関当局によって提供される情報。 税関当局に向けた治療し、応答を検討する際に制限されたアクセスを有する者についての情報を確保する義務がある、それが関係する誰に人に転送されます。
3。 必要な情報を入手するには利害関係人は、任意の税関当局に適用することができます。

101を§。 税関当局による情報の保護
1。 ソフトウェアおよびハードウェアを作成して、情報の保護の他の手段は、ロシアの法律に従って、税関の要求によって行われます。 ハードウェアとソフトウェアと関税同盟とロシア連邦の関税法令に従って税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された情報保護の他の手段を使用するための手順。
2。 ロシアの法律に従い、税関の分野で承認連邦執行機関、およびその他の連邦執行機関による情報保護の手段の使用のための要件の遵守を監視します。

章8。 通関統計

102を§。 ロシア連邦の外国貿易の通関統計
1。 関税、通貨管理、ダイナミクスとロシア連邦外国貿易の発展動向、一般的には貿易と国際収支と経済の分析、当局が収集し、モノの移動についての情報を処理している関税の連邦予算に歳入のロシア連邦外国貿易の状態制御を分析するために、関税同盟の税関国境を通じて関税同盟の関税法典の記事180に従い、物品の税関申告に提示。
2。 ロシア連邦の貿易の通関統計は、関税同盟の税関コード、外国貿易と関税同盟とロシア連邦の相互貿易の統計の通関統計のシングル方法論に従って行います。
3。 税関当局は、ロシア連邦の対外貿易の通関統計のデータを提供し、ロシア連邦大統領、ロシア連邦の連邦議会は、ロシア連邦政府は、強制的な、自由です。 他の連邦国家当局、ロシア連邦当局の州当局、地方自治体、裁判所、検察官、ロシアの銀行、国家予算外資金、労働組合の組織や経営者団体だけでなく、国際機関、税関当局は、ロシア連邦のデータを提供し、外国貿易の通関統計、これは、状態、商業、金融、法律(秘密)または他の情報によって保護され、他の秘密が含まれていません アクセスが制限され、無償とロシアの法律およびロシア連邦の国際条約に従ってインチ
4。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、ロシア政府によって決定されるの方法とタイミングの外国貿易のロシアの通関統計を公表しています。
5。 その他の利害関係人は、税関当局は、政府によって決定方法で、有料で、ロシア連邦のデータ、外国貿易の通関統計、正式に公開されていないと状態が含まれていない、商業、金融、法律(秘密)または制限されたアクセスの他の情報で保護されているその他の秘密を提供します。

103を§。 特殊通関統計
1。 その任務、目的を達成するためには、税関当局は、体は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定方法で特殊通関統計を維持しなければならないと述べました。
警告! 特殊通関統計を行うための手順は、の1495 10.08.2010番号からロシアのFCSの順序によって承認されています
2。 ロシア政府と他の国家機関に委託タスクを解決するために、税関当局は、収集、処理、および情報の伝送、ロシア政府によって決定されているかのリストと周期を実施しました。

104を§。 状態との相互貿易の統計 - 関税同盟のメンバー
ロシア連邦の法律や国とロシア連邦の相互貿易のロシア連邦統計の国際条約に従って - 関税同盟のメンバーは、政府が指定した方法で認可連邦執行当局によって行われます。

章9。 関税同盟の対外経済活動の命名法の下で商品の分類

105を§。 対外経済活動の商品命名
関税および外国貿易と対外経済活動の他の種類の非関税規制の措置の実施については、ロシア連邦内の通関統計を実施する関税同盟の委員会によって承認され、対外経済活動の商品命名法を使用されています。

106を§。 商品の分類
1。 商品は関税同盟と現在の連邦法の関税法令に従い、税関申告または税関に提出その他の書類は、外国の経済活動の商品命名法上の商品のコードの表示を必要とする場合において宣言の下に分類されます。
2。 対外経済活動の商品命名法に従って商品の商品コードのための税関申告は申告によってまたは申告、税関代表に代わって表示されます。
3。 商品の誤った分類を特定するには、税関当局自体は、商品の分類を行い、その分類を決定します。
4。 商品の分類に関する決定は、以下の基本的な情報が含まれていなければなりません。
1品の分類の決定をした税関当局の)名前。
2)申告の名前。
3)物品の分類とその適用日の決定の登録番号。
4)製品の名前。
5)製品情報は、その分類のために必要。
外国貿易の商品命名法の下で6)分類コード;
7)商品の分類に関する決定をした税関職員の署名。
5。 商品の分類に関する決定は、次の追加情報が含まれる場合があります。
1)商品の分類に関する決定の正当化。
彼の分類の決定に関して商品や製品番号の宣言の2)数。
3アプリケーションまたは追加のシートや習慣のために必要なその他の情報の存在についての)情報。
()より高い税関当局による決定やその他の理由で決定の採択または修正の違法に関連して、税関当局の下の意思決定をキャンセルする必要がある場合には、商品の分類に関する低い税関当局の決定を取り消すに4)情報。
6。 そのような決定をリリースする前に、商品の分類に関する税関当局の決定を採用して申告に通知しなければなりません。 税関当局が商品の分類に決定を採択した場合は支払うべき関税、税金、商品のリリースはさらに、商品の分類に関する税関当局の決定に従って評価関税と税金の支払いの前に行われていないの量に影響を与えます。 商品のリリースの関税同盟の税関コードの条196で指定された時間内にフルで関税や税金の不払いの場合には、税関当局は、関税同盟の税関コードの条1 201のパラグラフに合わせて商品をリリースすることを拒否しなければなりません。
7。 税関当局が商品の分類に関する決定を採択した場合の禁止や制限の適用に影響を与える、商品のリリースは、この連邦法の記事219に応じて次のドキュメントは、リリース後に利用できるようにすることができる、場合を除いて確立された限界値の遵守を確認する文書を、提供するために行われていません製品。
8。 商品の分類に関する税関当局の決定は、関税の支払いに被写体の大きさを増加させないと禁止および制限の適用に影響を及ぼさない場合は、このような解決策は、商品を解放することを拒否するための基礎ではありません。 この場合、申告(税関の担当者は)商品のリリース日から5営業日を超えない期間内に記載された情報への調整を行うことが義務づけられています。
9。 商品のリリース前に兆候を検出すると、商品の分類が無効または宣言した情報であるという事実が確認されていない示す、税関当局が追加のチェックを行います。 さらに、検証の目的のために税関当局は、税関検査やリクエストの追加文書や情報を任命しなければなりません。 追加の文書や情報を得るためには、税関当局は、直ちにこれらの商品の分類に影響を与える商品の特性に関する情報、および文書情報の名称を確認する必要があるかについてを提供する必要性を宣言する書面で通知しなければなりません。 申告は、商品に関する情報を含む、使用可能な他の文書を提供する権利を有します。
10。 追加試験は、商品の解放のために関税同盟の税関コードの条196に指定された制限時間内に終了することができない場合は、商品のリリースは税関当局によって行われ、更に、更なる試験の結果に充電することができる関税と税金の支払いすることを提供します。 書面での税関当局は、関税や税金の支払いに必要なの申告サイズを知らせます。 この場合、商品は関税や税金の支払いの日から遅くとも1日より税関当局によって解放されなければなりません。
11。 税関申告で指定された製品のコード内で変更した場合は、商品のリリースが行われていない追加の検査の時には、申告が確立限度の遵守を証明する書類を提出した場合を除き、禁止や制限の適用に影響を与える、またはときに、本連邦の記事219に従い、法律は、そのような文書は、商品のリリース後に提示することができます。 税関検査のために締め切り時に品物の出力は、関税同盟の税関コードの段落4 196記事によって確立された物品の解放のための期限を超えないようにする必要があり、その結果を生成するために行われていない場合は、追加のテスト。
12。 商品のリリース後、商品の分類に関する税関当局の決定を採用する際に、その採択後5営業日以内に申告する決定を送りました。 この連邦法に基づく関税や税金の未払い額の回収。
13。 申告者は、本契約章3に従い、物品の分類に税関当局の決定を上訴する権利を有するものとします。

107を§。 所定の期間内に、不完全または未完成のインポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体の商品の分類に意思決定を行うための手順、
(参照してください。15.06.2011に関する連邦税関サービス情報)
1。 関税同盟の税関コードの条170で指定された制限時間を超える時間をかけて様々な貨物を想定された不完全または未完成、インポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体中の商品は、商品の命名法の下で1つの分類コードの表示を使用して宣言することができます商品の分類に関する税関当局の決定の存在下での対外経済活動。
2。 (以下この条において - 財の分類の決定)一定の期間内に、様々な貨物を想定された不完全または未完成、インポートまたはエクスポートを含む、組み立てられていないか、解体中の製品分類の決定により、連邦政府の執行機関を受け取り、商品の申告として機能する権利を有する者の書かれたアプリケーションに基づいて、通関業務の分野で承認しました。
3。 商品の分類に関する決定のためのアプリケーションが含まれなければなりません。
申請者に1)情報。
2)製品情報(氏名、製品コンポーネントのリスト)。
3)商品のお届け。
4)商品が置かれる下通関手続き。
商品の宣言になります税関当局の5)名前、。
4。 この記事は、次のドキュメントのサブセクション3で指定したアプリケーション:
品物に関して外国貿易取引の手数料を確認する1)文書;
2)成分申請者の書類、またはそのような文書への変更は、組織の認可(株)資本への貢献として、輸入品の部品の場合には、確立された順に状態の登録を渡されました。
3)無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の場合には経済特区の適用常駐。
紙と電子メディア上の製品コンポーネント(表形式で)の4)リスト:
a)は、製品の別のコンポーネントを構成する部品を含むコンポーネントの名前。
b)の対外経済活動のための商品命名法の品成分の分類コード;
c)の対外経済活動の商品命名法で使用される単位の商品の個別のコンポーネントを構成する部品を含む部品点数および重量;
生成物の個々の成分の相互作用を含む5)技術的目的を示す記述、機能、動作原理、。
6)目的、機能、動作原理、それらが作られる材料を示す製品の個々の構成要素の説明;
7)、アセンブリ(取付)、図面(図)。
5。 申請者提出書類とデータが商品の分類に関する決定を行うのに不十分である場合は、税関の分野で承認執行力の連邦本体は、物品の分類に関する決定の申請の提出の日から30カレンダー日以内に追加情報を提供する必要の申請者に通知します。 追加情報は、書面で申請者に通知の日から60の暦日以内に提供されなければなりません。
6。 情報を所定の期間内に提供または申請者が書類や物品の分類に必要な情報を提供することを拒否されていない場合は、商品の分類に関する決定の申請は拒否されます。 そのような宣言と矛盾する情報が含まれてそれに取り付けられたドキュメント場合物品の分類の決定のためのステートメントも拒否され、または分類規則に従って不完全または未完成含む組み立て又は分解における製品コンポーネントは、形成しない場合製品には、終了コードまたは完全な製品によって分類します。
7。 商品分類の決定は、商品の分類に関する意思決定のためのアプリケーションの登録の日から90の暦日以内に行われます。 必要であれば、この段落で指定された期間内に、この記事が中断されなければならないパート5に応じて追加情報を提供し、税関の分野で承認連邦執行機関を受領した日から再開し、要求された情報を含む文書後者。
8。 商品の分類に関する決定は、以下の情報が含まれていなければなりません。
1品の分類の決定をした税関当局の)名前。
2)物品の分類とその適用日の決定の登録番号。
3)申請者の詳細商品の分類に決定を送付しなければならないと(氏名、住所、);
4)製品の名前。
5)対外経済活動のための商品命名法の10桁の製品コード;
6)製品コンポーネントのリスト:
a)は、製品の別のコンポーネントを構成する部品を含むコンポーネントの名前。
b)の対外経済活動のための商品命名法の品成分の分類コード;
c)の対外経済活動の商品命名法で使用される単位の商品の個別のコンポーネントを構成する部品を含む部品点数および重量;
7)外国貿易取引のと商品構成要素、あるいは通関目的のために必要な他の文書のインポートまたはエクスポートに応じた手数料を証明する書類の詳細;
8品宣言の行われる税関当局の)名前。
9商品が置かれる下通関手続きの)図です。
10)税関職員の署名。
9。 製品分類によって決定は、その採択の日に効力を生じます。
10。 次の例で商品の分類に決定を変更します:
関税同盟や習慣の分野で承認連邦執行機関の欧州委員会、税関当局、または特定の商品の分類に関する明確化による結合の決定によって1)採用。
商品の分類や出願人による文書の作成を決定する際に2)エラーを特定、タイプミスが行われ、
変更は、製品またはそのコンポーネントに関連する場合3)は、外国貿易取引の条件に変更します。
4)は、対外経済活動の商品命名法に変更します。
11。 商品の分類に関する決定を変更する決定は、商品の分類に関する決定を変更する決定に指定された日に効力を生じます。
12。 次の場合には、商品の分類に関する決定の終了:
1)税関当局が商品の分類に関する決定のための申請者が虚偽の書類を提示したり虚偽の情報を記載していると判定された場合。
2)総税関申告は、本明細書の段落の記事8 215によって提供制限時間内に提出されていない場合。
3)書面で申請者は、個々のコンポーネントの商品の輸入または輸出後を含め、商品を供給することを拒否した場合。
13。 分類規則に従い、商品の条件付きでリリースさコンポーネントは財の分類の決定に指定され、完了または完全品の分類コードに関連する場合、商品の分類の決定の妥当性を終了する決定は、受け入れられません。
14。 商品の分類の決定の妥当性を終了する決定は、商品の分類に関する決定の日に効力を生じます。
15。 商品の宣言本契約の条215に準じて行う対外経済活動のための商品命名法の1つの分類コードを示す様々な貨物を想定された不完全または未完成のインポートやエクスポートなど、を含む、組み立てられていない、または逆アセンブル。

108を§。 商品の分類に関する予備的な意思決定、説明その他の決定
1。 税関業務や記事53に従い、対外経済活動の命名法の下で商品の分類に関する予備的な意思決定を行う関係者の要請に応じて、習慣の分野で認可連邦執行機関によって決定された他の税関機関の分野で認可連邦執行機関 - 56関税同盟の関税コード。 そのような決定を行うための手順は、税関の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。
2。 税関の分野で承認連邦執行機関は、特定の商品の分類に関する決定や説明を行います。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関は、関税同盟の税関コードの記事52に従って税関当局によって受け入れ予備決定および解釈に関する情報へのロシア連邦の領土上の利害関係者への無料アクセスを提供します。

章10。 原産国

109を§。 商品の原産国の決意と応用
1。 商品の原産国と関税同盟の税関コードの7の頭部を決定するための共通のルール上の協定に従って行わロシア連邦に輸入する際、関税同盟のメンバーではない国から発信品の原産国の決意、。
2。 あなたが国に由来品の原産国を判断したい場合 - メンバー - 関税同盟のメンバーを他の方法での国際条約により提供されない限り、ロシア連邦の国際条約に基づいて設立され、原産国を決定するための規則は、独立国家のCIS自由貿易地域内に結論付けました関税同盟。
3。 商品の原産国は、申告により決定され、例では、本連邦法、税関当局によって確立されます。 税関本体に申告貨物の税関申告によって宣言された商品の原産国。 原産国を宣言によって宣言された商品の起源は、関税同盟の関税法令に従って文書化しなければなりません。

110を§。 商品の起源の同定を確認します
1。 税関当局は、このような措置の適用は、商品の発売前と後に、原産国の行動に依存する場合の税関及び関税と非関税規制の遵守を確実にするために、商品の原産国を決定の正しさを監視しなければなりません。
2。 税関当局は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形や方法で、関税好みを付与する商品の原産国の決定を行い、(または)物品の原産国を決定の正しさを監視した結果によります。
3。 税関当局によって商品の原産国を決定の正しさを確認する過程で関税同盟の関税法令によって確立された関税の好みを付与するための条件を満たしていない、確立された手順に従い、税関が関税の好みを付与しないことを決定したことがわかった場合。
4。 示し、商品の放出特性の前に検出された場合、その支払うべき関税、税および量に影響を与える商品の原産国に関する宣言情報(または)非関税規制措置の使用が適切に確認され、不正確であってもなくてもよい、税関当局追加のチェックを行います。 税関当局の追加文書や情報によって追加の検証の一環として要求することができます。 追加試験は、物品を解放することを拒否するための基礎ではありません。 商品のリリースは、関税や税金の支払いの対象となるか、関税同盟の税関コードの記事63に従ってその支払をしなければなりません。
5。 サブセクション2および(または)この記事の3で指定された税関当局の決定を採択では、商品そのような決定のリリース後、その採択後5営業日以内に申告に送信されます。 この連邦法に基づく関税や税金の未払い額の回収。

111を§。 商品の原産国に関する予備決定
1。 税関業務や習慣の分野で承認連邦執行機関、申請者の要求によって決定された他の税関機関の分野で承認連邦執行機関は、特定の国からの商品の起源に関する予備的な決定を下します。 申請者は、商品の所有者、商品の買い手、申告として働くロシア人であってもよいです。 申請者は、申告者として働く外国人であってもよいです。
2。 予備的な決定を下すことに興味人は、関連する税関当局に予備的意思決定のためのリクエストを送信してください。 この要求は、予備的な決定を行うために必要なすべての製品情報を含まなければならない:完全なビジネス名、ビジネス名、主な技術的および商業的特性(目的、グレード、作る、モデル、記事、材料、製品の材料、行っ製品の機能を、個人や輸送梱包の説明)。
3。 依頼試験報告書、国の商業や他の専門家の企業の専門知識室の証明書製品メーカー、専門家の専門家団体、財の調査での結果、外国貿易取引の手数料、商品の価値の計算、製品のプロセスの製造工程の詳細な説明をご確認の書類の結論を伴うために、この製品はなど完全であることを示す商品やその他の文書の原産地証明書 oizvedenまたは商品の原産国に十分な処理を施しました。 リクエストにサンプルや製品サンプルを伴うことがあります。
4。 情報を提出した申請者は、予備的決定を下すには不十分である場合には、税関当局は予備判決の要求の登録の日から30の暦日以内に、追加情報を提供する必要の申請者に通知しなければなりません。 追加情報は、書面による通知の習慣本体の登録の日から申請者に60の暦日以内に提供されなければなりません。 情報を所定の期間内に提供されていない場合は、税関当局は予備判決の要求を検討することを拒否しなければなりません。
5。 予備的な決定は、税関当局による要求の登録の日から90カレンダー日必着で行われてはなりません。
6。 必要であれば、パート4で申請者に書面で通知の登録日から中止しなければならない、この条のサブセクション5で指定された期間内にこの記事を応じて、追加情報を提供し、要求された情報を含む文書の最後の税関機関による受領日から再開しました。
7。 商品の原産国に関する予備的決定を行うためのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。 (原産国に関する予備的決定に公共サービスを提供するために、連邦税関の。行政法規を参照してください)
8。 予備決定は、それは、変更取り下げていないか、それが終了していないされていない限り、その採用の日から3年間有効です。 予備決定は、ロシア連邦のすべての税関当局に拘束されています。
9。 税関当局は、終了変更したり、それが予備決定の通関体の子を採用していた取り消すことを決定することができます。 税関当局は、予備決定の申請者が虚偽の書類を提出し、(または)偽および(または)不完全な情報の報告と判定された場合、予備的決定を終了する決定は、取られます。
10。 予備的な判断を終了する決定は、この予備的な意思決定の採択の日から施行します。
11。 税関当局または予備判決で認められた出願人によるエラーの場合で行われた予備的な意思決定の変化。
12。 予備的な決定を改正する税関当局の決定は、予備的な意思決定を改正する決定に指定された日に効力を生じます。
13。 予備決定は、ロシア連邦およびロシア連邦の規制の国際条約は、商品の原産国を決定するための他の要件と条件を確立する場合には取り消されます。
14。 ロシア連邦またはロシア連邦の規範的法的行為の国際条約の発行日以降に30の暦日を通じて税関当局によって撮影された予備的な意思決定を取り消す決定は、この条の一部の13で言及し、それらと同時に施行します。
15。 決定が終了し、変更や、終了変更または予備の決定を取り消す決定の日の翌日必着応募者への予備的な決定を取り消すありません。

章11。 品の関税価値

112を§。 品の関税価値の定義、宣言、監視と調整
1。 アカウントにそのアプリケーションの特殊性を取って、関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値の決意を支配する関税同盟のメンバー - ロシア連邦に輸入関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値は、国際合意に従って実施しました関税同盟の税関コードによって確立された例。
2。 ロシア連邦政府は、ロシア連邦からの輸出品の関税価値を決定するための手順を確立します。
3。 宣言、制御およびロシアへの輸入で関税同盟の税関国境を通って輸送品の関税価値の調整は、関税同盟の税関コードの章8に従って行います。
4。 金融の分野で承認連邦執行機関と連携して税関事務の分野で承認連邦執行機関は、ロシアからの輸出品の関税価値を制御するための手順を確立します。
5。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は確立しなければなりません:
1)手順およびロシア連邦からの輸出品の関税価値の宣言の形。
警告!
関税価値(TPA-2)の宣言と関税価値申告書TPA-2 CMを充填する規則の形。の151 27.01.2011番号からロシアのFCSのために
の3 4番号からロシアのFCSのためにロシア連邦を参照してくださいからの輸出品の関税価値を宣言するための関税価値(TPA-152と27.01.2011-TPA)、手続きのフォーム宣言。
2)関税同盟の関税法令で定められた場合の商品の関税価値の決意で、ロシア連邦への輸入品の関税価値の宣言で充填するためのフォームやルール。
3)物品の関税価値は、税関値の宣言に入力せずに商品の宣言に述べられているインポートされた積荷の合計関税価値の量;
品の関税価値の制御は関税価値の税関当局の特化(機能)単位によって行われる4)。 (参照してください。数1145 01.06.2011からロシアのFCSの順序)
品の関税価値の調整に税関当局の決定の5)キャンセル。
6。 商品のリリース前と後の両方、税関値の制御に税関当局によって取られた商品の宣言税関値を調整する関税同盟の決定の税関コードの記事68によると、税関当局や申告が商品の関税価値について虚偽の情報を述べているが見つかった場合、商品の税関値を決定するために、税関財の値及び(又は)を決定するための適切に選択された方法を含みます。 商品の関税価値の制御に税関当局によって取られた商品の宣言税関値を調整すると、次のような場合に、追加の検査なしにリリースする決断:
1)の検出は、税関管理の過程で税関当局によって確立された情報は製品の不遵守(定性的および商用仕様、数量、性質、起源、価格やその他の情報)は、実際の知識、宣言で宣言された物品の関税価値の量に影響を与えます。
2)宣言税関非準拠の値の値とそれらの書類の提示証拠でそのコンポーネントを識別する。
3)関税価値の量によって影響を受ける技術的なエラー(入力ミス、算術エラー、不正な為替レートやその他のエラーの使用)を、識別する。

113を§。 品の関税価値に関するアドバイス
条52によれば、本明細書の税関当局は、物品の関税価値に利害関係者に相談してください。 これらの協議を実施する際に、税関当局は、文書を検査し、通関値に予備的決定を行うために資格がありません。