情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 セクションII - - 税関の支払い連邦法は311-FZ 27.10.2010を№します

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションII - 税関の支払い

章12。 関税の支払いに関する一般規定

114を§。 関税、税金の支払者

関税同盟と現在の連邦法のメンバー - 関税と税の納税者は申告や関税同盟の税関コードの国際条約に基づいて関税と税金の支払いを担当している他の者です。

115を§。 関税と税金の支払いの規約
1。 関税と税金の支払いの規約は、関税同盟の税関コードに従って設定されなければなりません。
2。 商品の点で、関税や税金は、特に税関申告は関税同盟の税関コードの各号2と4 194記事に指定されているが、あるいは同時に税関申告の提出に先立って税関申告の提出に支払わなければなりません。

116を§。 関税と税金の支払いの手続きと形式
1。 個人的な使用のための財の輸入関税を除いて、輸入関税は、国際条約の状態により指定された口座に支払わなければならない - 関税同盟のメンバー。 輸入関税は、他の支払の支払と相殺することはできません。
2。 輸入関税の支払者の要求に応じて前に税関申告書の提出に納付することができます。 国際的合意状態の規定の対象本契約条121に規定する手続に関連して作られた税関申告に支払わ輸入関税の注文量 - 関税同盟のメンバー。
3。 関税同盟の委員会が設立された特別、アンチダンピングと相殺関税は、国際条約の状態で指定された口座に支払わなければならない - 関税同盟のメンバー。
4。 事前に特別な、関税同盟の委員会が設立され、暫定アンチダンピングと相殺関税暫定連邦財務省の口座に支払われなければなりません。 特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の導入前の調査の結果が、特別な保護、アンチダンピングと相殺関税の導入のための理由は利用できないことが確立されている場合は、合計が順番に支払人に返金するものと暫定特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税を支払いました本契約の条148に設立されました。 関税同盟のメンバー - 調査の結果は、特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の適用に関する決定を言った場合は、暫定的特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税の額は、国際合意によって指定された口座に入金されなければなりません。
5。 ロシア連邦に適用される特別な、アンチダンピングと相殺関税を一方的に、特別な暫定、ロシア連邦に適用される暫定アンチダンピング仮相殺関税は、一方的に連邦財務省の口座に支払われました。 特別な保護、アンチダンピング及び相殺措置の導入前の調査の結果は、特別な、アンチダンピングと相殺関税の導入のための理由は利用できないことが確立されている場合、合計は方法で支払人に返金するものと暫定特別、暫定アンチダンピング仮相殺関税を支払いました本契約の条148に設立されました。
6。 輸出関税は、連邦財務省の口座に納付しなければなりません。
7。 個人的な使用のための商品の税金や関税、税金は、連邦財務省の口座に納付しなければなりません。 個人的な使用のための物品上の個人の関税、税金によるお支払いは、税関当局のレジに行ってもよいです。
8。 かかわらず、一定期間ロシア連邦またはロシアからの輸出にインポートする疑惑の商品のため、この記事の1 - 関税と税金の支払いは3、7のサブセクションで指定したアカウントに関税や税金の量を作ることによって集中的に実施することができますそのからこれに税関当局は、このような物品のための税関申告で提出されます。
9。 一元的に関税や税金の支払い税関業務の分野で認可連邦執行機関と締結している関税と税の納税者であってもよいし、税関当局による、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって決定、中央集中型の手続きの適用に関する協定関税と税金の支払い。 協定は完全かつ適時関税の支払いのと同様に、税関手続の遵守の観点から、税関事項についてロシア連邦法の関税同盟および(または)の税関の法律により設立要件や条件の遵守から人々を免除する条項を含めることはできません。 関税の分野で認可連邦執行機関は、関税や税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定の標準形式を承認することができます。
10。 税関の分野、および関税や税金の支払者に許可連邦執行機関間の関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定は、ケースです。
1)協定の締結を前年中に支払った関税や税金の額は100億ルーブルを超えた場合、
2)関税と税金の支払いに関する債務が存在しません。
3年間の対外経済活動の3)。
2以上の地域の税関部門の領域に位置する2以上の税関機関における通関手続き中の商品の配置を伴う通関業務の4)、または税関で、税関業務の分野で承認執行力の連邦機関によって決まります。
5)協定の締結に先立つ1年以内に繰り返し完璧なの欠如(2と複数回)、記事16.7と行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政違反。
6)は、少なくとも月に一度作られた物品の輸入および(または)エクスポートした場合。
11。 税関当局間の関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定関税の分野で承認連邦執行機関によって定義されるように、と関税、税金の支払者は、ケースです。
1)協定の締結を前年中に支払った関税や税金の額は、包括的50 100から億億ルーブルですか。
2)関税と税金の支払いに関する債務が存在しません。
3年間の対外経済活動の3)。
地域の税関総局の地域にある2つ以上の税関機関における通関手続き中の商品の配置を伴う通関業務の4)。
5)協定の締結に先立つ1年以内に繰り返し完璧なの欠如(2と複数回)、記事16.7と行政犯罪のコードの16.22によって想定通関事務の分野における行政違反。
6)は、少なくとも月に一度作られた物品の輸入および(または)エクスポートした場合。
12。 関税と税金の支払いのための集中手続きの適用に関する協定は、現在の暦年です。 当事者の合意により、このような契約は、より短い期間のために結論することができます。
13。 関税や税金は関税と税金の支払いのための集中手順を使用して納付しなければならないそれらの点で財を宣言する場合、関税と税金の支払いを確認した支払伝票を提供する税関当局は必要ありません。
警告! の連邦法番号14-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
14。 現金の関税支払いの支払い、支払いを進め、この連邦法に基づく罰則、利息、ペナルティは、(引き渡し)を受信する可能性なしに、支払の電子的手段を利用して業務を遂行するために設計されたデバイスを使用して実施することができる(以下、 - 電子端末)だけでなく、決済端末やATMを介しました。
古いバージョン:
14。 関税と税金の支払いは、電子的または支払端末、ATMを介して行うことができます。

警告! の連邦法番号15-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
15。 ときに関税の支払い、前払い、罰則、利息、罰金、電子端末、決済端末やATMの国際的な合意によって指定された口座に連邦財務省、および(または)のアカウントへの入学を担当する法人によって行われた計算の参加者間の情報交換を使用して - 関税同盟のメンバー、電子端末、決済端末やATMのが支払ったお金だけでなく、適切な性能を確保します 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、約束、の。 これらの事業体への要件は、それらの間の相互作用のためには、関税、税金、および関税の分野で認可連邦執行機関の支払者は、政府によって決定されます。
古いバージョン:
15。 この連邦法の目的のためには、決済システムのオペレータは、国際で指定された口座に連邦財務省の口座への入学のための責任、および(または)電子または支払い端末、ATMは、使用上の関税と税金の支払いの際に決済参加者間の情報交換に従事する法人を理解しています契約状態 - 関税同盟、電子または支払端末、ATMのが支払ったお金のメンバー、および提供 銀行保証を提供し、(または)、連邦財務省の口座に資金(お金)を行うことにより、ロシアの法律に従い、約束の適した適切な履行、。 決済システムのオペレータに、決済システムオペレータ間の相互作用の組織化のためには、関税、税金、および関税の分野で認可連邦執行機関の支払者は、政府によって決定されます。

警告! の連邦法番号16-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
16。 電子端末、決済端末やATMの利用と関税の支払い、前払い金、罰則、利息、課徴金の支払いに関する手順と技術取引は、税関の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
古いバージョン:
16。 電子決済端末やATMの使用に関する関税と税金の支払いの手順と技術取引は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されます。

117を§。 関税と税金を支払う義務
1。 この記事現金で呼ば量が支払う関税、税金の額以上である場合、関税と税金を支払う支払人の義務は、行わなければなりません。
電子端末、ATMを介して、関税と税金の支払いを含め、銀行に支払人の口座からの引き落とし日から1)。
瞬間から2)税関の現金部門や決済端末、ATMを介した現金の支払い後の現金。
関税の額を過払いまたは過充電関税と税金の支払いに対するセットオフの日から3)、税金、およびそのようなセットオフは支払人の主導で行われている場合 - 競争のアプリケーションの税関機関による領収書の瞬間から。
関税と税金の支払いとの相殺時間から4)は、支払いや現金担保を進め、そのようなセットオフは支払人の主導で行われている場合 - 税関の注文の順位を受信して​​から、
セットオフ関税の支払い、銀行税、銀行保証及び保証契約に基づく保証人に応じた金融機関または保険機関が支払ったお金に対しての日から5)。
資金はによって関税の回復の場合には、本契約の条6にいう口座に入金された時点から116):
a)は、関税と税金を支払っていないそれらの点で製品;
b)は関税や税金の支払者の担保財産。
警告! の連邦法番号2-FZ 162に応じて変更27.06.2011の改訂
新しいエディション:
2。 関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のために本明細書の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税と税金の支払いとは、物品15 116による電子端末、決済端末やATMは、本明細書の一部そのような確認は、電子を生成された文書であります ronnym、端末、決済端末やATM、本契約の条116で呼ば口座への資金移転の実施を確認し、電子的な形で含みます。 資金の移動は、関税や税金の支払いのために行われた文書を形成するので、それが取消不能となります。
古いバージョン:
2。 関税や税金の支払の義務の履行を確認する非現金のために関税や税金の支払いに商品のリリースの目的のために本明細書の条116で言及したアカウントに関税や税金の領収書、および関税と税金の支払いとは、電子決済端末、決済システムによって、ATMは、本契約の記事15 116部分にリストされている事業者は、このような確認は、ドッキングがあります アカウントの支払いの実行を確認し、電子的な形態を含め、電子的に形成されるか、または決済端末、ATMのumentは、本契約の条116に言及しました。
3。 関税同盟のメンバー - 関税および税は国際協定の状態で定める方法により個人的な使用のための商品に関して、個人が支払ったと考えられています。
4。 、関税、税金の支払者の要請だけでなく、パート1の記事119、一部の5の記事この連邦法の168で指定されたもの、税関当局が書面で関税と税金の支払いの確認を発行することが義務付けられているが、3つ以下暦年この要求に先立っ。 関税と税金の支払いの確認の形式は、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。 税関当局は、サブセクション1記事119で指定された関税や税金の支払者だけでなく、人々を必要としない場合があり、この連邦法の一部5記事168の国際協定によって指定された連邦財務省の口座または口座への資金の受領の確認 - メンバー関税同盟。 書かれた関税や税金の支払者の要求だけでなくパート1記事119に指定されているような時には、この連邦法の一部5の記事168は、税関当局は、連邦財務省の口座にかの国際的な合意によって指定された口座への資金の流れに関する情報を提供するために、自分自身を義務付けられています - 関税同盟のメンバー。 (フォームを参照。2554から順FCS№23.12.2010で)
5。 当行は、本契約の条116にいう銀行口座での関税、税金の支払人の口座から関税の支払い、罰則及び利息の譲渡取引のためのサービス料を請求されることはありません。

118を§。 外貨の使用
品の関税価値の決意を、税金を計算するなど、税関の目的は、外国通貨を再計算する必要がある場合には、為替レートは、ロシアの通貨に適用決定ロシア連邦中央銀行が、そうでなければしない限り、税関申告の登録の日に作用します税関での通関連合と(または)ロシア連邦法令の関税法令によって確立。 (参照してください。数267 14.02.2011からロシアのFCSの順序)

119を§。 国内消費のためにリリースの通関手続きの下でロシア連邦に配置された物品に関して関税と税金の支払いのための手順は、条件付きで発行されました
1。 条件付きで国内消費のためにリリースの通関手続きに従い、ロシア連邦の領土にリリースされた商品を購入する場合には、関税同盟の品物の状態は、関税と税金の支払い(サブ1と3ポイント1、関税同盟の税関コードの記事5ポイント200が必要です)、そのような支払いは商品が法的所有している人からの申告(その後継)またはその他の者によって作製することができます。
2。 サブセクション1に関税や税金のこの記事を指定された支払いは、商品の条件付きのリリースを行った税関当局に提出この記事のサブセクション1で指定された者による声明に基づいて行わなければならない、税関申告の数のc表示、商品や細部のを条件リリースそれによれば、支払文書は、関税と税金の支払いを行いました。
3。 以下のための税関申告で計算された和の量で支払わ関税同盟の税関コードのパラグラフの1ポイント1の記事200で参照される製品、関税、税金に関して商品の条件付きのリリースを作った、と関税の支払いに対する便益の提供に関連して支払われていません税金。
4。 関税同盟の税関コードのパラグラフ3点1の記事200で言及製品に関しては、関税は共通関税によって確立された輸入関税のレートで計算された輸入関税の量との差の量で支払われるものとし、輸入関税の額は、商品のリリースに支払わ。
5。 本明細書の1 1の記事 - アカウントに支払わこの記事関税、税金、3、7の特定の部分の段落に指定さ116。
6。 パート1本資料に基づいて支払うべき関税、税金の量と、罰金が充電されていないと支払われません。

120を§。 利息の支払い
1。 利息は、次のような場合に支払われます。
1)関税、税金の分割払いによって延期または支払いを付与します。
段落の記事2 5、条250、条3、251記事2ポイント、ポイント263 2の記事と関税同盟の税関コードの条276 3の段落の284段落の2の第一項に規定する場合において291)。
本契約の条3に規定する場合には288)。
2。 利息は以下の量で支払われます。
、利子税を延期または関税の分割払いを付与するための1)は関税や税金の量に充電されている、の支払期間は当日の物品の解放の日の翌日から期間において作用ロシア連邦中央銀行の借り換え率に基づいて変更されました関税と税金を支払う義務の終了;
2)段落5の記事250、ポイント3の記事251、ポイント2の記事263、ポイント2の記事276、ポイント3の記事284と関税同盟や記事現在の連邦法の2の税関コードのポイント291の記事288に規定する場合には、利息は量に充電されていますロシア連邦中央銀行の借り換え率に基づいて、関税と税金の支払いを条件として、それ以外の場合は、このサブセクションのパラグラフ3によって必要とされない限り、所定の期間内に作用します。
敷地の場合3)が一時的に2パーセント率に基づいて支払うべき関税の額に基づいて計算関税同盟の税関コードのポイント291 0の記事によれば、輸出関心の通関手続きの下で天然ガスを輸出しました。 - 3 2の段落はアートを参照してください7月1 2010から生じる法的関係に適用されます.. 325この法律
3。 利息は関税と税金を支払う義務の終了の日から遅くとも日より支給しません。
4。 お支払いは、収集および利息の返済は支払い、回収、リターン、それぞれ、関税、税金に関しては関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定める方法により行われています。
5。 本明細書の段落の記事6 147と19記事155部に指定された例における利息の支払いは、これらの記事に従わなければなりません。

章13。 前払い金

121を§。 前払い金
1。 前受金は、今後、輸出関税、税金、関税ではなく、特定の種類や輸出関税、税の量、特定の商品に対する関税のコンテキストで識別された支払人の支払口座に入金資金として認識されています。
2。 前受金は、ロシア連邦通貨の連邦財務省の口座に支払われます。
3。 前払金として支払われた現金は前払いをした者の財産であり、そして人は事前に担保権を行使していない税関当局や関税当局にそれについての順序をしない限り、関税または現金でのデポジットとみなすことがないかもしれません支払い。 または税関申告、前払金や関税の支払いとして、彼らのお金を使うか、関税と税金の支払いを確保するために、人の意図を証明する他のアクションの還付のためのアプリケーションのためにプレゼンテーションに事前に支払いを行った者の処分など。
4。 前払金の払い戻しの適用を除いて、その用途に事前に支払いを行った人物の注文に基づいて、これらの資金を管理税関当局は、種類や量によって関税の支払いや現金担保として前受金の識別を行います。
5。 指定された人元払いとして支払われた資金の支出に関する報告書が、指定されたアプリケーションに三年以上前にいないを提供するために、書き込みに必要とされ、このような宣言を受領した日から前払金、税関当局遅くとも30の日を作った人の書面による要求に応じて。 フォームは、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認された前払金として支払われた資金の支出に関する報告書は、税関やその他の支払いの種類(形式、順序を確認することによって人物の文で指定された期間のための情報が含まれている必要があります。 2554 23.12.2010からFCS番号)
金額に1)は、前受金のステータスは現金預金の形で以前の堆積資金を獲得したか、過払いや関税の支払いを収集した場合の支払者の要求を含め、アプリケーションで指定された期間のための前払金を受け取りました。
前受金の妨げのないバランスから関税や税金の余地コレクションに基づいて文書の詳細を習慣やその他の支払いの支払いに費やさ前払金の金額に2)、現金担保の導入、。
3)は、前受金の額に、人はリターンと返金の意思決定のためのアプリケーションの詳細に戻りました。
6。 不一致の場合には、報告書の税関体の結果と、事前支払いを行った人物は、その人物の現金支出の共同和解を行いました。 この検証の結果は、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認されたフォームでの行為を作られています。 証明書は、税関当局と事前支払いを行う者が署名し、二つのコピーで作られています。 報告書のコピー、それが授与された者によって署名された後。 (「前払金の和解の行為の承認について」。数2521 22.12.2010からロシアのFCSの順序を参照してください)

122を§。 先払い
1。 帰国のためのアプリケーションは、事前の支払いの使用上の最後の注文日から3年以内に、事前の支払いをした者(後継)によって提出された場合、過払い関税​​、税金の返還のために提供されるルールによって行われた前払金の返還。 前払金の使用について語っ人注文がなされていなかった場合は、そのリターンのための指定申請期限は、連邦財務省の口座に資金を受領した日から計算されます。 前払金の返還のための申請書には、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。 (参照してください。数2520 22.12.2010からロシアのFCSの順に)
2。 この期間の後、前払い金の未請求金額は、連邦予算の他の非税収に記録され、払い戻しできませんされています。
3。 以下の書類を添付前払い金の還付の申請:
前払金の振込み確認1)支払文書。
2)の各項にいう書類4 - 7この記事の、人の状況に応じて、
3)払い戻しの有効性を確認するために、前払い金の払い戻しの要求を提出する者によって提供されてもよい他の文書。
4。 ロシア連邦の法律に従って設立された法人は、提供します。
1)税務登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
2)状態の登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
前払金、元の文書のプレゼンテーションの公証や税関当局の復帰の申請書に署名者の権限を確認する3)ドキュメント。
4)は、アプリケーションに署名する人のオリジナルの身分証明書の提示で、前払い金の払い戻しの要求に署名した人の署名、公証や習慣体標本。
5)前払金の払い戻しの要求は、元の文書のプレゼンテーションで前払、公証または税関当局を作った人の譲受人を務めた場合は、連続を確認する文書のコピー。
5。 法人は、この記事のサブセクション4で定める者を除き、提供します。
1)それは公証をロシア語に翻訳法人を()、作成された国の法律の下で法的者の地位を証明する書類の写し。
2)ロシア語への翻訳との前払金の返還(申請書に署名者)の権限を確認する文書のコピー、公証。
3)公証前払い金の返金、の要求に署名した人の標本署名。
6。 個々の起業家として登録された個人は、提供します。
1)税務登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
2)状態の登録、原稿のプレゼンテーションの公証や税関当局の証明書のコピー。
元の文書のプレゼンテーションで3)ロシア連邦の市民のパスポートのコピー、公証または税関;
7。 個人が提供します。
1)ロシア連邦またはロシア連邦、元の文書のプレゼンテーションの公証や税関当局の法律に従って、市民の身元を証明するその他の文書の市民のパスポートのコピー;
2)前払金の還付の申請が元の文書のプレゼンテーションで事前に支払いを行った人物の後継者、公証または税関を務めた場合に、前払い金の額に権利を確認する文書のコピー。
8。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された文書提供されている場合 - この記事の7を、人は再びこのような文書を提供しない権利を持っている、そのような文書や、それらの変更がない限りの税関当局のための情報を提供します。
9。 文書と前払金の返還のためのアプリケーション、この条により設定されたリストは、資金のデータを管理する税関当局に供給されます。

章14。 関税

123を§。 関税の種類
1。 関税は、商品の生産、物品の関税護衛、商品の保管に関連する彼らの活動の履行のための税関当局によって課さ必須支払です。
2。 その他通関手数料が含まれます:
財の生産に関連する行為に対し、1)通関手数料(以下、 - 税関業務のための通関手数料)。
2)税関の護衛のための通関手数料;
3)ストレージのための通関手数料。

124を§。 関税の納税者
1。 税関伴奏のための税関業務や通関手数料のための通関手数料の支払者の人が本契約の条114で言及されています。
2。 ストレージのための通関手数料の支払者は、税関当局の一時保管倉庫で商品を置く人々です。

125を§。 関税の計算の順序
1。 関税は一部2この記事で定める場合を除き、納税者によって計算されます。
2。 関税は、関税の支払いに関する請求、ならびに個人的な使用のための物品関税の税率の計算の税関当局によって計算されます。
3。 ロシア連邦通貨で行わ金額支払う関税の計算、。 関税の計算の目的のために外貨を再計算する必要があり、例ではロシア連邦中央銀行によって確立されたロシア連邦の通貨、および税関当局による税関申告の登録日付現在に外貨を使用。

126を§。 関税の適用率
1。 税関当局が通関業務のための通関手数料、税関申告の登録日に力料金の量を計算する目的のために。
2。 税関の護衛のための関税、税関当局によるトランジットの宣言の登録の日に力料金の量を計算する目的のために。
3。 税関当局の一時保管倉庫での商品の保管期間中に力のレートを格納するための通関手数料の額を計算する目的のために。

127を§。 関税の支払いの規約
1。 通関業務のための通関手数料は、税関申告書の提出と同時に支払われるべきです。
2。 税関の護衛のための通関手数料は、税関の護衛の実際の実装に先立って支払わなければなりません。
3。 ストレージのための税関料金は、税関当局の一時保管倉庫から商品の実際の発行前に支払わなければなりません。

128を§。 関税の支払いの手続きと形式
1。 通関手数料が支払われます。
カスタム操作のための1) - 税関に提出不完全な税関申告、定期的な税関申告、一時的な税関申告、フル税関申告を含む物品の宣言;
税関のサポートのための2) - 税関トランジットの通関手続き中の商品を運ぶ車が伴います。
ストレージ用3) - 税関当局の一時保管倉庫での商品の保管。
2。 関税の支払いは、規則及び本記事3の規定の対象関税と税金の支払いに関連して、本連邦法によって確立された方法に従って、実施されます。
3。 関税の支払いは、ロシア連邦通貨の連邦財務省の犠牲にして行きました。 個人的な使用のための物品上の個人の関税によるお支払いは、税関当局のレジに行ってもよいです。

129を§。 関税の収集とリターン
1。 関税の収集とリターンがこの記事2と3において想定例を除き、関税、税金の回収及びリターンのために、この連邦法で定められた手順に従って実施されています。
2。 その監査の過程で税関申告の登録は税関業務のための通関手数料の値に影響を与え、その中に含まれる調整を行った後、商品の宣言によって宣言された通関業務のための通関手数料の額は、通関業務のための関税の追加のペナルティと払い戻しを修正再表示されていない、場合生成されません。
3。 段落に指定された例では、本連邦法の1と2 1の記事148は、通関業務のための関税の払い戻しは行われません。

130を§。 通関手数料の料金
警告! パート1 - 4 130の記事は10月1 2011年から施行、アートを参照してください.. 325この法律
1。 通関業務のための通関手数料の料金は、ロシア政府によって確立されています。
2。 税関当局のサービスのおおよその費用に限定税関業務のための関税のサイズと100 000のルーブルを超えることはできません。
3。 関税を輸出規制の対象ではない商品のロシアからの輸出の場合には、税関業務のための通関手数料率は、このような財の値に依存することはできません。
4。 通関業務のための通関手数料の一時的な税関申告率は、このような物品の値に依存することはできません提出して商品を宣言するとき。 税関当局へのその後の提出で通関業務用の同等品の通関手数料の完全な税関申告がパート2この記事に従って金額で支払わなければなりません。
5。 税関の護衛のための通関手数料は以下の量で支払わなければなりません。
税関の実施のための1)が各車両との距離に鉄道車両鉄道の各ユニットを護衛しました:
a)にまで及び50キロを含む - 2 000のルーブル。
b)は51 100キロからまでを含む - 3 000のルーブル。
C)101 200キロからまでを含む - 4 000のルーブル。
d)に200キロ以上 - すべてのキロメートルのための1 000 100のルーブルが、6 000のルーブル未満ではありません。
かかわらず、移動距離の2 20のルーブル - 税関の実施のための000)は、すべての船舶又は航空機を護衛しました。
6。 一日あたりの商品の各1キロから100のルーブル - 税関当局の一時保管倉庫での保管のための通関手数料は、特定の商品分野の保存のために特別に適合で、一日あたりの商品の各2キロから100のルーブルの量に支払っ(内装と装備)されなければなりません。 完全に - 財の不完全100のキロは100キロとパートタイムを完了するために同化しました。

131を§。 関税免除
1。 通関業務のための通関手数料はの点で課税されていません。
1)はロシア連邦にインポートして、援助を付与するロシアの法律(支援)に応じて、関連商品のロシア連邦からエクスポート;
外国人の特定のカテゴリの個人的な使用のために意図2)品ロシアにインポートして、外国の公館、領事館、他の公式の代表事務所、国際機関、これらのオフィス、機関、団体の職員、ならびに財に関してによりロシアからエクスポートロシア連邦の国際条約に基づいて給付、権限と(または)免除を楽しんで。
3)手順グッズの下でこれらの手順の配置の終了時だけでなく、一時的な輸入(寛容)や、州または地方自治体の博物館、アーカイブ、ライブラリ、および露出を目的とした文化財の他の公共のリポジトリロシアの一時的な輸出の通関手続きの通関手続きの下に置か文化財再輸出及びそれぞれの商品の再インポート、;
4)商品はロシア連邦にインポートされ、ロシア連邦に対処するために外国の参加、航空宇宙サロンや他の類似の活動との貿易見本市やコンベンションの間に実証するためにロシアからエクスポート;
関税同盟のメンバー、国の中央銀行によってインポートまたはエクスポート - - 通貨国の5)記念硬貨を除いて、関税同盟のメンバー、。
個人的な使用のための物品を除く商品の6)が()、ロシア連邦にインポートまたは1つのトランスポート(搬送)書類上の1の送信者からの受信者にロシア連邦からエクスポートされた、の合計関税価値は、中央の為替レートで200のユーロに相当する金額を超えません税関税関申告による登録時の効果的なロシアの銀行;
税関通過の通関手続きの下に置かれ7)製品;
関税同盟の関税地域への配信のために意図8ロシアの国際道路キャリアと国際道路交通連合会との間を搬送)TIRカルネの形態、ならびにATAカルネの形態、またはそれらの部品;
9)消費税スタンプ、ロシア連邦に輸入し、ロシア連邦からエクスポート;
関税と税金の支払いからの完全な免除の個人、家族、家庭用およびその他の非起業家の活動のための個人、によって移動10)製品;
11)の商品は、商品の宣言が別々の税関申告書を提出することによって行われなければならない場合を除いて、国際郵便で送られました。
12)品ロシアにインポートして、消耗品としてロシア連邦からエクスポート;
特別な手順を完了するために必要な手続きの下での商品の配置を含む特殊な通関手続の下に置かれ13)品、;
14)廃棄物(残渣)、破壊のための通関手続きの下で外国製品の破壊の結果として形成され、関税、税金の対象とならないそのため、
破壊された15)品、回復不能紛失または破損による事故や不可抗力にし、破壊のために通関手続きの下に配置されています。
到着や到着地の近くに位置税関管理区に位置し、ロシア連邦の領土に到着16)製品は、任意の通関手続きの下に置かれ再輸出の通関手続きの下に置き、ロシア連邦の領土を逸脱していません。
17)の商品は一時的に、彼らはATAカルネのロシア連邦からの再輸出で使用すると、商品の一時輸入の条件を満たしている場合、また、一時的にATAカルネにロシア連邦からの輸出品に関して、ATAカルネを使用してロシアにインポート彼らは、ATAカルネの使用とし、ロシアへのそれらの再輸入の一時輸出品の条件を満たしていれば、
18)ロシア連邦にインポートされ、関税同盟の税関コードの記事349に係る車両と一緒にロシアから輸出されているスペアパーツや機器;
一時輸入(入場)または無料税関ゾーンの通関手続きの通関手続きに従い、ロシア連邦の領土で発行され、それ以降の国際輸送の車両として使用されるなど、国際輸送の19)自動車、。
20)プロ仕様の機器、ロシア連邦政府により設立され、生産目的のために使用され、メディアの発行が一時的な輸出の通関手続きの下に置かなければならないかのリストだけでなく、再輸入の通関手続き中の商品の配置の一時的な輸出の通関手続きの終了時。
21)一時輸入の通関手続の下に置か撮影、プレゼンテーション、ショーや同様のイベント(演劇衣装、サーカスの衣装、kinokostyumy、ステージ装置、楽譜、楽器および他の小道具、サーカスの小道具kinorekvizit)を意図品(トレランスもしからこのような製品の場合)、または関税の一時的な除去のための手順、およびその再輸出(再輸出に応じて提供完全な条件付きのリリース)または再インポート(再輸入) 関税と税金の支払い。
そのような物品の点であれば、それぞれ、再輸出、再輸入の通関手続き中の商品を置くことによって、スポーツイベント、デモンストレーションスポーツイベントやトレーニング、一時的な輸入(入場)または一時的な輸出の通関手続きの通関手続きの下に配置し、これらの手順の完了時のために意図22)グッズ関税、税金からの完全な条件付きの免除を提供します。
23)商品は無料税関ゾーンの通関手続きに従って、カリーニングラード地域の領土に輸入され、製品は国内消費または再インポートのリリースの通関手続きの下に配置します。
24)科学的または商業的なサンプル、関税、税金からの完全な条件付き免除と一時輸入(入場)の通関手続きに従い、ロシア連邦に輸入され、一時的な輸出の通関手続きに従ってロシア連邦からエクスポート;
政府によって決定例で25)他の商品。
警告!
関税は、排他的経済ロシアゾーンおよびロシアの裁判所ロシアの大陸棚上(キャッチ)抽出された水生生物資源の漁獲量のロシア連邦の領土に輸入に対して課税され、釣りやその他の製品は、ロシアの裁判所でこれらの水生生物資源から生産されていませんロシアの排他的経済水域内およびロシア連邦の大陸棚上で、参照してください。数63 10.02.2011のRF政府の法令を、
通関料は、許可の連邦執行機関によって発行された許可に基づいてロシアにインポート無関係な移植のための骨髄の特定の患者の健康のために医療、ならびに造血幹細胞および(または)のために未登録の薬に関しては充電されていません。RF政府387 18.05.2011、数を参照してください。
2。 ストレージのための通関手数料は収集されません。
税関当局の一時保管倉庫での税関当局によって財を配置することによって1)。
政府によって決定された他の例で2)。
3。 ロシア政府は、税関の伴奏のための通関手数料の支払い免除の例を決定する権利を有します。

章15。 関税と税金の支払いの期間を変更します

132を§。 関税の支払いの期間を変更します
1。 関税同盟のメンバー - 関税の支払いの期間を変更すると、条件の下で国際協定の状態により決定方法で、敷地内に延期または分割払いの形で作られています。
2。 関税同盟のメンバー - ロシア政府は、国際条約により提供関税の分割払いによって延期または支払いを許可するための根拠の存在を確認することを許可連邦執行機関を決定する権利を有します。
3。 国際条約により提供関税の分割払いによって延期または支払いを付与するための根拠の有無を確認することを許可連邦執行機関の定義に関する決定のロシア連邦政府場合 - 関税同盟のメンバーは、そのような証拠の存在を延期するためのアプリケーションと人の処理に必要とされますか、分割払い。

133を§。 一般的な条件は、税金を支払うための期限を変更します
1。 そこにこの連邦法、関税の分野で承認執行力の連邦体の条134で指定された根拠がある、または他の税関関税の支払者の要求に応じて、税金の書面でそれらを定義した場合の繰延支払または割賦の形で税金の支払い期限を変更することができますお支払い。
2。 税の延期または分割払いも同様に総支払額、またはその一部との関係のように、税の1つまたは複数のタイプのために付与することができます。
3。 延期または税の分割払いが付与されなければならない、関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定める方法により税額ことを条件とします。 税の繰り延べや分割払いを付与する、またはそのような情報を提供することを拒否する決定は、アプリケーションの提出の日から15日を超えない期間内に受信されています。 税の延期または分割払いのみ本契約の条135に規定する状況でお断りする場合があります。
4。 税の分割払いにより延期や支払いは、1〜6ヶ月の期間のために付与されなければなりません。
5。 税の繰り延べや分割払いを付与する、または書面でそのような情報を提供することを拒否する決定は、その許可を申請者に通知しなければなりません。 決定は、税の延期または分割払いを付与する期間を定めなければならない、と拒否の場合は延期または税の分割払い付与する - そのような決定の理由を。

134を§。 税の延期または分割払いを付与するための根拠
1。 延期または税の分割払いは、以下の理由のうちの少なくとも1つの存在で、関税や税金の支払を提供しました:
1)その人の自然災害による被害、技術的な大惨事またはその他の不可抗力の事情を引き起こします。
2状態のためのその人によって行われた連邦予算や支払いから人の資金調達への)遅延。
3)ロシア連邦の領土への輸入品の場合、傷みやすい、商品です。
ロシア連邦の国際条約上の供給の顔の4)。
5)ロシア連邦の領土への輸入品の場合は、製品がどの延期または税の分割払いを付与することができますするために、特定のインポートされた外国の航空機の種類とそのコンポーネントのリストロシア連邦政府により承認に含まれています。
警告! インポートされた外国航空機の種類とそのコンポーネントのリスト、延期するために、または税の分割払いはの101 06.02.2012番号からロシア連邦政府により承認され、付与されることがあり
2。 ロシア政府は、本連邦法で定められた税金の延期または分割払いを許可するための根拠の存在を確認することを許可連邦執行機関を決定する権利を有します。
3。 人、延期または分割払いを付与に関する声明を扱うとき場合では、本連邦法で定められた延期または税の分割払いを付与するための根拠の存在を確認する権限を連邦執行機関の定義に関する決定のロシア連邦政府は、そのような証拠の存在が必要です。

135を§。 延期または税の分割払いを除く状況
1。 人は言っ後払いや分割払いの提供のために適用する場合の税金の延期または分割払いが付与されません。
1)刑事事件、税関当局の能力にロシア連邦の刑事手続きの立法に収まっているの予備調査。
2)破産手続。
2。 この記事のサブセクション1で指定された状況下では、税の繰り延べや分割払いを付与する決定を行うことができず、決定は取り消しの対象となり、かつ延期または分割払いのためにアプリケーションを提出した者は、内書面で税関当局により通知しなければなりません3営業日。

136を§。 延期または分割払いの提供のための利息
関税、税金の分割払いによって後払い、または支払いを許可するための本契約条120に設立量と手順への関心を納付しなければなりません。

章16。 関税と税金の支払いを確保

137を§。 関税と税金の支払いの一般条件
1。 一般的な用語と関税と税金の支払いの条件は、関税同盟の税関コードの12のヘッドによって決定されます。
2。 関税同盟の税関コードのポイント1 85の記事によって確立された場合には、同様のケースに設けられた関税や税金を支払う義務:
1)の順序でと関税同盟の税関コードの段落の記事2 69と5段落の記事88により所定の条件での商品の放出;
条2 10本明細書の一部に応じて、追加の検証中の商品の106)リリース。
3項目1、この記事の1に記載されている場合を除き、本明細書の物品200のサブパラ1 3 1の関税同盟の税関コードの記事や段落に従い、財の)条件付きのリリース222と4 5、。
4)実際にこの記事の4と5で定義された例を除いて、国内消費、一時入場料(入場)、一時的な輸出用の税関倉庫、内側に処理、加工で商品をかけることなく税関倉庫の通関手続き中の商品を置きます。
現在の連邦法、通関事務の分野における人々の活動の実施により提供5)。
それは国際協定の状態によって確立された場合6)は、ポート経済特区の居住者としての活動を行う - 無料税関ゾーン手順の確立とアプリケーションの関係を支配する関税同盟のメンバー。
この連邦法で定めるその他の場合、他の連邦法、ロシア連邦の行為で7)。
3。 非および(または)進行の場合には製品発売ターゲットに付与されることがあり関税と税金の支払いを保証する連邦財務省の口座に完全に含まれていない、および(または)国際協定の状態を経て - 関税同盟のメンバー、支払った関税、税金。
4。 関税と税金の支払いを保証する国際条約で定められた場合には付与されない、関税同盟の税関コード、ロシア連邦大統領の行為又はロシア連邦の、および税関は約束はその前に撮影したと考えられる理由がある場合に、実施されます。
5。 関税と税金の支払いを確保するために、この記事のパラグラフ3と4 2部分において提供規定にかかわらず、の点で、この記事のサブセクション6で指定された場合を除き、付与されません。
税金や手数料に関するロシアの法律に従い、付加価値税の対象にはなりません輸入するの()アクセサリー、スペアパーツを含む1)プロセス装置、;
2)航空機や船舶、経済活動の実施のための組織を入力する一時的な輸入(入場)の通関手続きに従って輸送サービスを提供するか、許可された(株)外国投資と企業の資本だけでなく、処理手順内側に税関下に置かにインポート修理を行うために領土。
財の(ロシア連邦の無償援助(支援)としてインポート)切除可能品を除く3)。
4)その一時入場(入場)と科学機関の一時的な輸出で商業的および科学的なサンプル。
一時的な輸出の通関手続きに従い、ロシア連邦の領土外に位置する地下貯蔵施設の一時的なストレージにパイプラインによってエクスポートされた天然ガスの5)。
6。 税関当局が商品に関して関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供する必要性を決定することができる1で言及 - 4 5は、次のような場合に、この記事の一部、:
1)申告が一年未満のための外国貿易活動を行っている場合。
2)申告はデータ要件のセット条項内の関税の支払いのための優れた主張を持っている場合。
3)税関当局に適用する前に、1年以内に申告を行政犯罪のコードの記事16.20の下で行政責任にした場合。
4)申告は通関事務の分野における行政違反の例で優れた解像度を持っている場合。
5)の税関当局は、彼の前に撮影した約束は、満たされていないことを信じる理由を持っている他の例。
7。 本契約の条314に従って税関当局によって撮影された一時的な輸出の通関手続きに従い、ロシア連邦の領土外に位置する地下貯蔵施設、の一時的なストレージにパイプラインによってエクスポートされた天然ガスのためのセキュリティを提供する必要性に関する決定。
8。 商品のリリースの点で撮影した物品の解放のための関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供する必要性に関する決定は、関税同盟の税関コードの条196にいいます。
9。 関税と税金の支払いを確保することはロシア連邦通貨で付与されなければなりません。 関税や税金の額は、税関業務と利益のために通関手数料の額を含まなければなりません。
10。 通関業務の分野で承認連邦執行機関の関税同盟の税関コードの段落4 88の記事によると、物品の特定の種類の関税や税金の一定量を設定する権利を有します。
警告! の302 21.02.2012番号からロシアのFCSの順序によって確立されたロシア連邦に輸入切除可能財の点で関税や税金の一定量、

138を§。 関税と税金の支払いのための一般的なセキュリティ
1。 (以下、 - 一般的なセキュリティ)関税と税金の支払いのための一般的なセキュリティは、ロシア連邦の領土上の同じ人物が特定の日付に複数の通関業務を犯した場合に適用されます。
2。 一般的なソフトウェアは、セキュリティを提供する者によって使用され、税関当局の一つ以上で送達することができます。
3。 この記事のサブセクション2にいう人の選択により、一般的なセキュリティは、現金預金、保証人または銀行保証の形で提供することができます。
4。 一般的には、少なくとも1年間のために提供されます。 この条のサブセクション2にいう者の要請に応じて、一般的なセキュリティの量を増加させることができます。
1)追加の現金担保を作ります。
2)再発行(銀行保証の交換)、以前に一般引当金として税関当局によって受け入れられた銀行保証期間以上でなければならないそのうちの妥当性。
保証の契約に適切な変更を行うこと3)。
5。 一般的なメンテナンスの使用を監視するソフトウェアを作った税関当局によって行われます。
6。 回復を行う、税関当局のための一般的なセキュリティの差し押さえの場合は、差し押さえの日から3営業日以内に、一般的なセキュリティを提供する人に知らせます。
7。 税関当局はあっても、保証や銀行の契約ならば、保証または銀行保証により提供された実装は、債権者(受益者)の権利の完全な範囲で貸し手(受益者)として行動する権利を有する、関税、税金を支払う義務を伴う違反の執行エンティティの義務を明らかにしました貸し手(受益者)のための保証は、税関当局と命名します。
8。 関税と税金の支払いの一般的なセキュリティのサイズは、関税同盟の税関コードの段落1と2 88記事に記載された要件に関して、関税、税金の支払額に基づいて決定されなければなりません。 ロシア連邦政府の特定の商品に関して、所与の一般的なセキュリティのサイズは、税関のサイズと一般的なセキュリティが提供する大きさの比率を決定するための関税と税金の量、そのような一般的な提供に提供された支払い、ならびに手順未満であってもよい下ケースおよび条件を決定してもよいです一般的な規定で提供されているの関税、税金、支払い。

139を§。 通関業務の委託の一般的なセキュリティの使用
1。 一般的なセキュリティを提供した人によると、税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れた(以下この条において - 肯定応答)一般的なメンテナンスのための確認を提供し、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認された形態です。 (参照してください。数2637 28.12.2010からロシアのFCSの順序)
2。 確認は、一般的な福祉の税関体と特定の日付に複数の通関業務を犯し税関当局の確認書に示された税関での使用の可能性の受け入れを証明する書類です。
3。 確認は、一般的なサポートを受けた金額まで、一定の時間にいくつかの税関業務を行わ税関当局、のそれぞれに対して発行されます。
4。 確認は記載しなければなりません:
1)税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れました。
2)一般的なセキュリティを提供する者をいいます。
3)最高の一般的なセキュリティ。
4)代わりに一般的なセキュリティの担保権実行を通して関税の支払いに借金を回復するための措置を置くことが可能であるために受け取った一般的なサポートの有効性;
手数料は一般的なセキュリティを採用している5)通関業務、。
6)特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局、;
7)特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局で使用することができ、一般的なセキュリティの量、。
5。 すべての総量は、同時に発行され、既存の証拠は記事8 138部分本願で定める場合を除き、一般的なサポートを受けた金額を超えることはできません。
6。 一般的なセキュリティおよび税関当局の発行を確認することによって採用は通関業務を行われる税関当局が、通知、一般的なセキュリティを受け入れました。
7。 特定の日付に複数の通関業務を行わ税関当局は、一般的なセキュリティの有効性は、タイムリーな税関当局の要件を確保するのに十分であることを条件とする、予約されていない一般的なセキュリティの量の量または一部に関税や税金の支払いを保証するために、税関業務の委託に必要な量を割り当てこの義務の不履行の場合には、その税関の前に行われたコミットメントの実施に関する。
8。 一般引当金により担保債務の場合には、一般的なセキュリティの確保さ量は、税関当局が保護された義務の性能に満足していることを条件とする、(razrezerviruetsyaを)解放されます。
9。 デフォルトの場合には、本明細書の章18に従って提供される一般的なセキュリティ上の担保権を行使払って、義務を履行するために障害がある前に一般規定、税関当局が、提供しました。
10。 技術的に実現可能な場合は、税関当局および一般的なセキュリティを提供する人の要求は、一般的なセキュリティの適用の会計処理と制御が確認を発行せずに情報システムを用いて行うことができます。 この場合、税関当局の情報システムを通じて一定の時刻に複数の通関業務を行われ、税関当局は、予約されていない一般的なセキュリティの量の量または一部に関税や税金の支払いを保証するために、税関業務の委託に必要な量を確保し、一般的なセキュリティの有効性を提供そのタモ前に撮影した義務を履行するためにタイムリー税関を確保するのに十分であろう この義務の不履行の場合には、権限をennym。 税関当局は、一般的なセキュリティを受け入れ月に一度超えない一般的なセキュリティを提供する者の書面による要求に応じて、一般的なセキュリティの使用に関する本人のレポートを提供しますが、ないより3年以上前のアプリケーションに。 レポートの一般的なセキュリティの使用上のフォームには、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されています。 (参照してください。数101 24.01.2011からロシアのFCSの順に)

140を§。 プレッジ
1。 担保プロパティは、税関と関税、税金の支払者間の財産の誓約契約を行われます。 その人が所有する権利、使用を持っており、(または)の点で商品を処分は、関税と税金の支払いのための提供を行った場合、税関トランジットの通関手続きの下で物品運送では、プロパティのセキュリティはまた、別の人によって表すことができます。
2。 プロパティの誓約の契約に入るに関連する法律上の関係は、質権により担保義務の履行は、抵当財産の差し押さえは、質権の終了は、ロシア連邦の民事法律の規定は、本契約の適用されます。
3。 質権の対象は、を除いて、差し入れすることができる民事法律に従っている特性である可能性があります。
ロシア連邦の外側に位置する1)プロパティ。
2)プロパティが既に義務、または第三者に有利な他の従来義務を妨げ性を確保するために抵当。
3)品、生鮮食料、動物。
電気、熱などのエネルギー源の4)。
5)企業。
6)財産権;
7)有価証券;
8)宇宙物体。
9)循環の商品の誓い。
10)製品や廃棄物、禁止ロシアの法律に従い、のフリーな実装。
11)プロパティ、ロシアの法律に従って裁判所の命令によってのみ適用され、その上に担保権を行使。
4。 プロパティの誓約の契約の全期間のための公約は、ロシア連邦の領土に配置する必要があります。
5。 担保の市場価値を決定するためにロシア連邦における評価活動を支配する法則に従って担保の評価を実施します。
6。 誓約財産を所有している人は、関税や税金の支払いのためのセキュリティとして誓約プロパティの選択は、税関当局にプロパティの誓約の契約を締結する案を送付しなければなりません。 一緒にこの提案でプロパティの誓約にドラフト条約の2つの同一のコピーで提供され、署名され、ロシア連邦の民事法律に従って者によって認定され、オリジナルの形で提示することができる担保および市場価値の所有権を、確認書類または公証コピー。
7。 プロパティの誓約に協定案は、その条項を含める必要があります。
1)プロパティのその後の誓約が許可されていないプロパティの公約の契約の有効期間内に税関当局に義務を確保することを約束しました。
2)誓約プロパティ(質権設定者が所有している人)は、税関当局の同意なしに差し入れを処分する権限がありません。
3)質権設定者に関わらず、担保が抵当権または税関当局に転送されているかどうかの、担保を差し入れるために自費で保証する義務があります。
4)質権設定者は、自身のアカウントのための担保を評価します。
5)抵当権及び税関当局は、プロパティの公約により担保債務の不履行の場合には、裁判所の外に抵当財産に担保権を行使することで合意に来ました。
6)の値が等しいその他の財産の税関当局の書面による同意なしに担保の交換そのプロパティの誓約の契約への追加契約。
その実装コストの担保に差し押さえの場合は7は)担保の売却による現金収入によって覆われており、その失敗のしている - 質権設定者の犠牲に。
8。 担保の市場価値以上20パーセントの関税と税金の支払いを確保するために必要な量を超えた場合、プロパティの質権の契約を行うことができます。
9。 プロパティの質権の契約は、質権設定者または税関当局への抵当財産の譲渡担保を放棄することができます。 税関当局は、担保の使用、保管、廃棄の条件が満たされないことを信じる理由がない場合は財産の質権の契約は、質権設定者から担保の放棄です。
10。 プロパティの質権の契約を締結する提案は提案を受領した日と税関当局への付属文書から15営業日を超えない期間内に税関当局によって考慮されます。
11。 プロパティ習慣の場合は担保契約を締結する権限は、抵当権の税関は有料でスリップ提供します。
12。 この記事の10の一部を確立期間内のプロパティ通関体の誓約の契約を締結する障害が発生した場合には、そのように、その理由を述べ、拒否の理由をプロパティの質権の契約を締結することを提示した者に通知しなければなりません。
13。 法律に従い、抵当財産の売却による収入を犠牲にして、関税同盟のメンバー - プロパティの公約により担保債務のデフォルトでは、支払う関税、税金の額は、国際協定の状態を犠牲にして(または)連邦財務省の口座に移し、ロシア連邦。
14。 誓約プロパティのプロパティと差し押さえの質権の契約に入ると関連するすべての費用は、質権設定者が負担します。

141を§。 銀行保証
(下を参照してください。ロシア財務省は126の10.10.2011n番号を注文しました)
1。 関税と税金の支払いのためのセキュリティとして、税関当局は、銀行やその他の信用機関によって発行された銀行保証を受け入れなければならないか、保険機関は、銀行や他の金融機関や保険会社の登録に含まれ、関税や税金の銀行保証の支払いを発行する権利を持つ、連邦政府であります税関の分野で承認執行機関(以下この章において - 登録)。
2。 銀行保証、銀行保証の性能要件の発行に関する法律関係は、債務履行の保証や銀行保証の終了は、ロシアの法律の規定は、銀行および銀行業務、ロシア連邦と現在の連邦法の民事法律に適用されます。
3。 銀行保証は、保証は登録に含ま税関当局にその受領の時にあれば、税関当局によって受け入れられた銀行保証の最大量と保証人のための登録簿に言及同時に動作する銀行保証の最大量の超過が設けられています。
4。 銀行保証は、取り返しのつかないでなければなりません。 これは、指定する必要があります。
1)関税、税金の支払、銀行保証により提供された適切な実行の義務。
2)による銀行保証に基づく債務の保証により、デフォルトの場合の金額の保証付税関当局によるキャンセルに疑う余地のない権利。
3)遅延の各暦日の支払額の0,1パーセントに等しいペナルティの税関当局に支払う保証の義務。
4)銀行保証債務の下で保証人のパフォーマンスは、連邦財務省の口座への資金の実際の領収書であるという条件、および(または)国際協定の状態を犠牲に - 関税同盟のメンバー。
5)銀行保証の妥当性。
5。 銀行保証の妥当性は36ヶ月を超えることはできませんし、銀行保証により担保債務の不履行の場合の銀行保証のためのタイムリーな税関当局の保証要件を確保するのに十分であるべきです。
6。 税関へのプレゼンテーションの時に銀行保証が発効します。 その発効前に銀行保証の採用を許可、銀行保証を約束し、税関当局への提出の日の間の差に関税や税金の連続性の目的のために提供し、15日超えていない銀行保証の発効されることを条件とします。 この銀行保証は、その発効後、関税と税金の支払いの担保として使用されています。
7。 関税と税金の支払いのための担保として銀行保証を選択する関税、税金の支払者、カバーレターの銀行保証付き税関当局。 銀行保証も、銀行、金融機関や銀行保証(保証人)を発行した保険会社によって税関に提出することができます。 一緒に銀行保証を署名者の適切な権限を確認する文書を提供原本または公証コピーの形で銀行保証付き。 これらの文書は、以前に税関に提示された場合は、追加の提出は必要ありません。
8。 税関当局は、その受領した日から3営業日を超えない期間のために提出銀行保証を考慮しなければなりません。
9。 銀行保証の税関当局を受信した場合には、税関は有料でスリップ、関税、税金の支払者に発行しなければなりません。
10。 この記事の段落8で指定された時間内に銀行保証の税関当局を受け入れることを拒否した場合には、その理由を述べ、拒否の理由を銀行保証を提出者に通知しなければなりません。
11。 関税や税金の支払人の書かれたアプリケーションに基づいて税関当局によって行われた銀行保証を返し、税関当局が保護された義務の実行や終了で満たされていることを条件とする、または、そのような義務が生じないことを条件とします。 許可された代わりに、銀行保証の下での権利の税関当局の拒否に関連してその義務から保証人を解放するために保証人に手紙の税関体の方向銀行保証を返します。
12。 関税や税金の支払人の書かれたアプリケーションの対価の用語は、税関当局によるその受領した日から5営業日を超えてはなりません。 書面で指定した期間内に銀行保証税関当局を返すために拒否の場合には、拒絶のために、その理由と根拠を関税、税金の支払者に通知します。
13。 銀行、金融機関または発行した保険会社における保険活動のための保険業務(保険事業)ライセンスの球における制御と監督を担当する執行当局の連邦身体の銀行業務を実施するためのライセンスのロシア連邦中央銀行による脱退の場合銀行保証、義務この銀行の銀行保証を提供された関税や税金の支払者、金融機関や恐怖 組織の遠吠え、遅くとも免許の取消しの日から1ヶ月より関税と税金の支払いに関連する税関当局、他のセキュリティを提供しないようにしなければなりません。 銀行保証のこの部分では、この期間の後に無効とみなされ、この条11部分によって確立された手順に従い、関税、税金の支払者に返却されなければなりません。
14。 税関業務の分野で認可連邦執行機関と協議し、金融の分野で認可連邦執行機関は、銀行保証と1によって発行され、同時に作動する銀行保証の最大量、銀行や他の金融機関や保険会社のための最大量を確立しなければなりませんSECUするために、税関当局による銀行や銀行保証の採用のためのさまざまな金融機関、保険会社、 関税や税金の支払いeniya。
15。 銀行、その他の信用組織とその支店は銀行保証の同じ最大量と同時に動作する銀行保証の単一の最大量によって決定されます。

142を§。 銀行の発行する権利を持つ銀行や他の金融機関や保険会社の登録は、関税と税金の支払いを保証します
1。 登録の銀行や他の金融機関や保険会社の包含は、この条に定める条件に従うものとします。 レジストリは、さらに銀行の支店、銀行に代わって、他の信用機関が銀行保証を発行している、他の金融機関の支店を含むことができます。 登録に含めるための料金が課金されます。
2。 条件バンクの切り替え、レジスタの信用機関は、次のとおりです。
1)は、銀行保証を発行する権利を述べ、ロシア、中央銀行が発行した銀行業務のライセンスを持っています。
2)は、少なくとも5年間の銀行業務。
3)以上200百万ルーブルの登録株式資本の存在;
以下億1よりもルーブルの自己資金(資本)の4)利用可能。
5最後の6ヶ月間の銀行および銀行業務、すべてのレポート日にロシアの法律で定められた義務的な規制に)準拠。
6)信用機関の財務復興のための施策の実施に関するロシア連邦中央銀行の要件が存在しません。
7)関税の支払いに関する債務が存在しません。
3。 条件は銀行の支店を含む、レジスタの金融機関の支店は、次のとおりです。
登録の銀行、信用機関を含む1)。
2)信用機関の状態レジスタ内の分岐の導入;
3)枝の位置が提供する銀行保証を発行する権利の枝の存在。
4。 条件は、レジスタの保険機関が含まれます。
1)は、保険業務を行うために、保険業務(保険事業)の球に管理、監督の機能を実行する連邦行政当局の有効な永久ライセンスを持っています。
2)以上500百万ルーブルの登録株式資本の存在;
3)は、少なくとも5年間の保険会社としての役割を果たす。
4)最後の暦年中に損失なし。
5)規範のサイズよりも小さくない量で、最後のレポート日現在の資産の可用性;
6)最後の報告期間の終了時の純資産の存在、支払った授権資本の少なくとも大きさでなければならないそのうちのコスト。
7)関税の支払いに関する債務が存在しません。
5。 銀行の登録に含めるために、他の金融機関や保険組織が税関の分野で承認連邦執行機関に適用され、書面でのステートメントと、次の書類を提出します:
1)銀行、その他の金融機関:
a)の構成文書;
b)は法人の統一国家登録法人のエントリを確認する文書。
c)はロシア連邦中央銀行(それが発行された場合)により、金融機関の登録の証明書。
g)の銀行保証を発行する権利を指定する銀行業務を、実施するロシアの中央銀行からのライセンス。
銀行保証および銀行プリント金融機関の接辞に署名する権利を付与された職員、その他の信用機関の署名のサンプルとd)に正式に認定された銀行カード。
e)の最後の6ヶ月以内に、各貸借対照表日に自己資金(資本)の計算を含む文書、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
g)の最後の報告日に金融機関の会計の勘定の試算表、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
h)の最後の報告日ヘッド及び会計主任によって署名され、シールを認定するための損益計算書の計算書。
過去6ヶ月以内に、各貸借対照表日の必須基準の実施にと)ステートメント、ヘッド兼会計士によって署名され、シールを認定。
過去年度の財務諸表の信頼性にa)の監査報告書。
2)の保険事業:
a)の構成文書;
b)は法人の統一国家登録法人のエントリを確認する文書。
c)の永久ライセンス保険業務を行うために、保険業務(保険事業)の球に管理、監督の機能を実行する連邦行政当局の(アプリケーション)。
g)に正式に銀行保証、保険および組織のスタンプに署名する権利を持っている保険会社の職員の署名のサンプルを用いてカード認定。
d)のヘッド及び会計主任によって署名と捺印最後の2四半期、のためのバランスシート。
e)のヘッド兼チーフ会計士やスタンピングによって署名された最後の暦年中に各四半期の損益に報告します。
グラム)ヘッド兼チーフ会計士やスタンピングによって署名された最後の暦年中の各四半期の資産及び負債の比率の算定。
h)の最後の2四半期、ヘッド兼会計士によって署名され、シールで認定の重要な指標に関する情報を含む文書。
ⅰ)過去年度の財務諸表の信頼性に監査人の意見。
6。 ブランチの登録に含めるために、一緒に存在条の段落1 5にいう文書と金融機関の支店は、提出しなければなりません。
1)枝の位置。
2)信用機関の状態レジスタ内の分岐の導入に関するロシア連邦中央銀行のニュースレター。
3)が正式に銀行保証に署名する権利を持っている人の支店、および支店のスタンプの署名のサンプルを用いてカードを認定します。
7。 この条のパラグラフ5と6にいう書類は原本または公証コピーの形で提出することができます。 アプリケーションを検討した後、税関業務の分野で承認連邦執行機関は彼の要求に応じて申請者に提出された書類の原本を返すために義務を負うものとします。
8。 関税の分野で認可連邦執行機関は、決定がに含める登録または拒否の銀行、金融機関や保険会社を含めるために登録に含めるためのアプリケーションを検討し、その受領した日から30日を超えない期間になりますレジストリ。 この記事の2、および(または)段落4と5この記事に定める書類の不提出 - 登録に含めることを拒否するかどうかの決定は、唯一の登録が段落6に定めるに含めるの条件の不遵守の際に行わなければなりません。 決定について申請者は、その決定の日から3営業日以内に書面で通知しなければなりません。 登録への参入の拒否の場合には、さらに拒絶理由を指定します。
9。 申請者を確認する税関業務の分野で承認連邦執行機関は、書類を提出し、情報が第三者からだけでなく、公的機関によって必要な情報を含む文書を要求する権利を有します。 要求された書類を提出する義務が要求を受領した日から10日以内にこれらの者。 文書や情報の要求は、この記事サブセクション8で指定された期間延長または中断してはなりません。
10。 銀行、他の金融機関や保険事業は、登録に含めることについての決定の翌月の1日から3年間の登録に含まれています。
11。 銀行取引明細書に従って税関の分野で承認連邦執行機関は、登録簿に含まれている情報を変更するには、金融機関や保険事業は、このような変化を確認する書類に基づいてレジストリに必要な変更を行います。
12。 登録を維持するためのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されなければなりません。
13。 税関の分野で承認連邦執行機関は、そのウェブサイト上で、その公式の出版物で、3ヶ月に少なくとも一度登録の出版物を定期的に提供しますが、。

143を§。 登録の銀行や他の金融機関や保険会社の義務
登録に含ま銀行およびその他の信用機関や保険会社、しなければなりません。
関税と税金の支払いを確実にするために、最大量銀行保証と1のバンク、1金融機関や税関当局によるこのような銀行保証の採用のための保険機関によって発行されたすべての同時銀行保証の最大合計の制限を遵守する1)。
登録の手順に従ってタイムリーに正式に実行されたレコードやその他の情報を提出する2)。
3)彼女に銀行保証およびコミットメントの条項に準拠しています。

144を§。 登録から銀行の排除、金融機関や保険会社
1。 次の例での通関事務の分野で承認連邦執行機関の決定により登録から除外銀行、その他の金融機関や保険事業:
銀行、金融機関や保険事業の1)清算。
2)銀行、金融機関や保険業務(保険業)、保険会社における保険活動のためのライセンスの分野での管理、監督を担当する行政当局の連邦身体の銀行業務を行うためにロシアライセンスの中央銀行によるレビュー。
3)登録に含めるための条件のうちの少なくとも1つの非履行;
4)本契約条143に設立された義務の不履行。
5)レジスタの用語の包含の有効期限、当該期間の満了が所定の方法レジスタの再包含のためのアプリケーションで提出されていない前の場合。
銀行、金融機関や保険事業の書面による要求で6)。
2。 登録から銀行の除外日から3営業日以内に、税関の分野で承認連邦執行機関、金融機関や保険会社は、例外の理由を示す他の金融機関や保険会社を銀行に通知しなければなりません。
3。 銀行の除外は、レジスタから信用機関または保険事業は、銀行保証の税関当局によってそれらによって発行され、受け入れられたアクションを停止しないと故障や、銀行保証の観点からの不適切なパフォーマンスのための責任からそれらを解放しません。
4。 銀行、による銀行保証に基づく債務の不履行にレジスタから除外され、他の金融機関や保険事業は、登録簿に再含めることができるような債務の支払い後1年後に関税の支払い、罰則や利息返済を条件に。
5。 銀行、原因最大量銀行保証および(または)銀行のための登録で定義されているように同時に動作する銀行保証の最大量に制限の不遵守にレジスタから除外され、他の金融機関や保険事業、金融機関や保険事業のかもしれません登録は、登録から除外の原因を排除するために提供で再含まれます。

145を§。 関税と税金の支払いの担保として資金(現金)を追加します
1。 関税と税金の支払いのためのセキュリティ(現金担保)として現金(現金)は、連邦財務省の口座に作られています。 現金担保は、税関当局のレジ係として、個人的な使用のための物品の税関国境を越えて輸送、個人によって作製することができます。
2。 現金担保の額の利息が充電されていません。
3。 預金により担保債務の障害が発生した場合には、関税の支払い、罰則及び利息の支払額は、この連邦法によって確立された手順に従い、現金担保の額の税関当局によって収集されます。
4。 パフォーマンスでは、預金により担保債務の終了、またはそのような義務が生じない場合、敷金は関税の支払いのために使用されるか、またはこの連邦法によって確立されたため、事前の支払いと相殺、返金されます。
5。 関税領収書、フォームや習慣の分野で認可連邦執行機関によって決定されるの使用によって発行された税関当局のまたは現金でのデポジットをした連邦債者の口座に机、中に含めるのサポートでは、連邦政府の執行機関と連携して、金融の分野で承認しました。 返金不可譲渡税関の領収書。 発行された関税領収書の税関当局の損失の場合には、保釈の提案者(後継者)への適用時に、関税の領収書の複製を発行しなければなりません。 (参照してください。数1176 02.06.2011からロシアのFCSの順に)
6。 現金担保は関税の領収書を提出する際にこれらの義務が預金を提供したのに対してで商品について計算関税の支払いに使用することができ、次の条件のいずれか:
1)品への義務が行使または終了、この段落にいうならば、
2)関税の支払いのための現金担保の利用が商品により担保義務を終了させなければならない場合は、このセクションで言及しました。
7。 関税の未使用の現金担保の支払いのバランスが返されるか本契約条149に応じて前払金と相殺されなければなりません。

146を§。 保証人
警告! 保証契約のサンプルフォームはの2140 19.10.2011番号からロシアのFCSのために。参照、保証の一般的な契約に基づいて締結し
1。 税関当局と保証人との間の保証契約により発行された保証。 保証契約の、保証により担保債務の履行、保証人のパフォーマンス要件、保証の終了に接続された法律関係については、ロシア連邦の民事法律の規定は、本契約の適用されます。
2。 関税と税金の支払いの保証として関税、税金の支払者を選択する際、保証人になろうとする者は、税関当局に保証の契約を締結する案を送付しなければなりません。 この提案は、保証人になろうとする者は彼に仕えるようにするためには、市民のロシア連邦の法律だけでなく、関税、税金の支払者の同意に基づいて署名し、人によって認定保証の契約案の2枚の同一のコピーに提出されると共に保証人。
3。 保証契約のプロジェクトは、その条項が含まれている必要があります。
1)関税、税金の支払者、および保証人は連帯して保護された債務の履行のために責任を負います。
2)保証の契約の有効期間は2年を超えてはなりません。
4。 保証は、次のいずれかの条件に準拠して税関当局によって受け入れられます。
1)保証人になろうとする者は、ロシア連邦政府によって定義された基準を満たしている場合。
2)契約保証で保証人になろうとする者は、受益者が受け取った保証人を超える未満ではない量の税関当局である、税関、銀行保証、前にその債務の保証人の適切な性能を保証する文書として提供する義務を負い場合保証の契約に基づく義務。 同時に、保証契約は言った銀行保証の日に効力を生じます。
5。 保証の契約を締結する提案は提案を受領した日と税関当局への付属文書から15営業日を超えない期間内に税関当局によって考慮されます。
6。 保証税関当局の契約書に署名する場合には、税関は有料でスリップ、関税、税金の支払者に発行しなければなりません。
7。 この記事の5の一部を確立期間内保証通関体の契約を締結の拒否の場合には、そのように、その理由を述べ、拒否の理由を保証する契約を締結することを提示した者に通知しなければなりません。
8。 関税や数人の税金を支払う義務の履行を確保するために、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって行うことができるような人の債務に対する保証人の保証契約を締結。
警告! 税関職員の手順の245 10.02.2012番号からロシアのFCSの順序によって承認された物品の通関輸送中の数人の義務のために保証人を扱います
9。 税関当局は、保証契約のに関連するコストを負いません。

章17。 関税、税金、その他のファンドのリターン(オフセット)

147を§。 関税、税金、その他のファンドの過払いまたは過充電量のリターン(オフセット)
警告! 関税の支払いcmの還付に関する明確化。FCSロシアの手紙の中ではの01から11-19942 / 29.04.2011を№します
1。 関税や税金の過払いまたは過充電量支払者(後継者)の要請で税関当局の決定により返還します。 回復を作った品物の申告をしたこの要求及び添付書類は税関当局に提出しなければならない、とその実施契約を締結税関当局への、または税関に関税や税金の支払いのための集中処理の場合には、遅くともその支払いまたはコレクションの日から3年以内。
2。 関税や税金の過払いまたは過充電量の還付の申請には、次の書類を添付しなければなりません。
関税と税金の支払いまたはコレクションを確認1)支払文書が払い戻されます。
関税や税金の充電を確認する2)文書が返還されます。
過度の支払いや関税、税金の過度のコレクションの事実を確認する3)文書;
4)の各項にいう書類4 - 7 122の記事本願、申請者及び資金状況のリターンの対象の状態に応じて、
その戻り、関税、税金を支払う義務を委託された人に、関税と税金を支払った本人の同意を確認する5)文書、関税、税金の還付を申請する際、その支払いの責任を任さ人。
6)リターンの妥当性を検証するために、人により提出することができる他の文書。
3。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された書類提出した場合 - 本契約7 122の記事を、支払者は、これらの文書のこれらの変化の不在の税関当局への提出についての情報を報告し、再びこのような書類を提出しない権利を持っています。
4。 必要な情報やアプリケーションを考慮することの不可能の理由を書面で妥当な説明を考慮せずに、このようなアプリケーションは、支払人(彼の後継者)に返却されなければならない必要な書類の不提出のリターン上の文が存在しない場合には。 税関当局により、遅くともその受領した日から5営業日以内に行われていない宣言のリターン。 支払者(後継者)を考慮せずに申告の税関当局の復帰の場合には、この条1の段落に設立用語内の過払いや過充電関税、税金の還付を再申請する権利を有します。
5。 過度の支払いや関税、税金の過度のコレクションの事実を検出すると、そのような事実を発見した日から遅くとも1月より税関当局は、金額過払いまたは過充電関税や税金の支払者に通知しなければなりません。
6。 過払いや過充電関税や税金は、ファンドのデータを管理、税関当局の決定によるものとします。 払い戻しの申請の対価の合計期間は、返却することを決定し、過払いや過充電関税や税金の還付は、すべての必要書類の返還及び提出のための申請の提出の日から1ヶ月を超えてはなりません。 期日までに返されなかった関税と税金を過払いまたは過充電量、この用語の違反の場合には、金利は返済期間の違反のそれぞれの日のために計算されます。 あなたは章18の規定に従って過充電を返すときに、実際の返済の日に、コレクションの日の翌日から起算関税、税、関税、税金、過充電量の利息を、本契約。 金利は返済期間違反時の効果的なロシア連邦中央銀行の借り換え率に等しいです。
7。 (彼の後継者)支払人の口座に関税や税金を過払いまたは過充電、リターン上の声明で述べています。
8。 過払いまたはロシア連邦通貨で関税と税金を過充電。
9。 過払いまたは過充電関税や税金の戻り時には本契約の条148に応じて関税の支払いの払い戻しを除き、関税と税金を返却額から支払わまたは回収罰則及び利息の額として戻ることが対象となります。
10。 支払者の要求に応じて輸出関税と税金を過払いまたは過充電(後継者)関税、税金、罰金及び利息を支払う義務の点で、セットオフの形であってもよいです。 支払者の要求に応じて過払いまたは過充電輸入税(後継)輸入税を支払う義務の点でセットオフの形態であってもよいです。 輸出関税と税金を支払う義務のアカウントの過払いや過充電輸入関税は認められません。
11。 過払いまたは順番に関連して、この条この記事12の規定の適用を受けるの返還に応じて関税と税金を過充電。
12。 過払いまたは過充電関税、税金行われていません。
1)支払人が言った債務の額で関税と税金の支払いに借金を持っている場合。 この場合、支払者(後継者)の要請で、アカウントに存在記事10の規定を取っ過払いまたは過充電関税、税金、この債務の返済を、相殺することができます。
2)返される関税や税金の額が言っ者から自然人または過充電によって関税や税金の過剰支払の場合を除いて、150のルーブル未満である場合、
締め切り税後の関税の還付の申請の場合に3)。
13。 あなたは関税、税金、課徴金および利息の税関当局を支払うために借金を持っている場合は、本明細書の158 sostatey応じて関税と税金を過払いまたは過充電量からその回復を受ける権利を有します。 税関当局は、オフセットその実施の日から3日間の間に産生さの(後継者)支払人に通知しなければなりません。
14。 関税を返すとき、税金は、それらの利息は、この条のサブセクション6に定める場合を除き、支払われず、金額は索引付けされません。
15。 申込書は、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されなければならない過払いまたは過充電関税、税金、および過払いまたは過充電関税や税金のリターン(オフセット)の税関当局の形状決定のリターン(オフセット)の支払人です。 (。2520 22.12.2010番号からロシアのFCSの順番や数898 03.05.2011からロシアのFCSの順序を参照してください)

148を§。 関税や税金の還付のその他の例
1。 関税や税金の戻りもの場合に生成されます。
通関手続き中の商品を置くことに税関申告の登録に関連して支払った関税や税金の面で宣言された通関手続き中の商品をリリースする1)拒否。
税関申告の2)撤退。
3)もっとも好ま国や関税好みの回収;
4)関税同盟との税関コード(または)は、本連邦法は、関税、税金再輸出の通関手続き中の商品を置く支払った金額の返還を提供、または状態、または商品の再輸入の賛成で破壊または拒否の税関手続の下で財を配置することであれば、
5)、新たに選択された通関手続きの下に商品を配置するときに支払う関税や税金の額は、関税や税金のより少ない量が第一項に規定する場合を除き、最初の税関手続きの際に支払った場合、税関当局の許可を得て変更するには、以前に、通関手続きを宣言し6関税同盟の税関コードの記事282。
財の輸入に特別な保護、アンチダンピングと相殺措置に関するロシア連邦法の関税同盟のメンバーおよび(または) - の国際協定に基づいて暫定特殊勤務、暫定アンチダンピング関税と暫定相殺関税の6)リターン(完全または一部)、。
2。 関税や税金の額の払い戻しを伴う状況が発生した日の翌日から遅くとも1年以内にこれを適用するとき、この条のサブセクション1で指定された例で関税や税金の戻り値は、この条に従い、行わなければなりません過払いまたは過充電関税の支払いの返還に関して。 記事9 147の規定は、本契約は適用されません。

149を§。 現金担保のリターン(オフセット)
1。 払い戻しの申請は、(オフセット)場合から3年以内に現金でのデポジット(その後継)、税関当局をした人が現金担保、現金担保または元払いに対する信用が預金により担保債務の実行または停止の対象となり戻ります義務の実行または終了の日の翌日。 預金により担保義務は、いずれかを持っていない場合は現金担保のリターンは、(オフセット)も行われ、現金担保の払い戻しの申請期限は、(オフセット)関税領収書の税関当局の登録日から計算されると述べました。 この期間の後、現金担保の未請求金額は、連邦予算の他の非税収に記録され、返金されています。
2。 次の書類と現金担保の返還のためのアプリケーション(オフセット):
1)現金担保の支払いを確認した支払文書。
2)関税の領収書。
預金により担保債務の実行(終了)を確認3)文書;
4)文書はサブセクション4で言及 - 現金の状態に)貸方(返すために申請者及び被検者の状態に応じて、本契約の7 122の記事;
5)リターン(オフセット)の妥当性を確認するために提示することができる他の文書。
3。 税関当局は、以前のサブセクション4で指定された書類提出した場合 - 本契約7 122の記事を、支払者は、これらの文書のこれらの変化の不在の税関当局への提出についての情報を報告し、再びこのような書類を提出しない権利を持っています。
4。 現金担保および添付書類の声明リターン(オフセット)は、この結合を管理税関当局に提出されています。 必要な情報のその文でない場合、関税の領収書を提供するために、失敗して(または)必要書類では、この文は、このアプリケーションを考慮することの不可能の理由を書面で妥当な説明を考慮せずに、現金でのデポジット(彼の後継者)をした者に返却されなければなりません。 税関当局により、遅くともその受領した日から5営業日以内に行われていない宣言のリターン。 保釈(後継者)を指定人物を考慮しない宣言の税関当局の復帰の場合には、この条1の段落で指定された制限時間内に現金担保の返還(オフセット)を再申請する権利を有します。
5。 この債券を管理税関当局の決定により、現金担保のリターン(オフセット)。 現金担保額の現金担保とリターンの現金担保の返還のためのアプリケーション(オフセット)、(オフセット)を返すという決定の対価の合計期間は、(オフセット)は、すべての必要書類の宣言と提出の提出の日から1ヶ月を超えてはなりません。 (連邦税関の用語は、現金により担保義務の実行または終了の確認の際に関税の構造的下位区分の相互作用の順序を承認したことを確認するために(お金))
6。 現金でのデポジットが(彼の後継者)保釈を作った人の口座に銀行振込でロシア連邦通貨で返されます、現金担保の返還に関する声明で述べています。 ロシア連邦の通貨で行われた前払い金の口座にテスト結合。
7。 現金担保のリターンは(オフセット)関税の支払い、罰金またはそのような債務の額の関心に保釈を作った人(後継者)、債務の存在下で製造されていません。 税関当局は、本契約の条158によるセキュリティデポジットに担保権を行使する権利を有します。
8。 彼らに支給しない関心の現金担保額のリターン(オフセット)で、金額は索引付けされていないと銀行業務上の手数料は、送金によって支払われます。
9。 申込書は、現金担保や習慣の分野で承認連邦執行機関によって承認された現金担保のリターン(オフセット)の税関当局の形状決定のリターン(オフセット)の支払人です。 (。2520 22.12.2010番号からロシアのFCSの順番や数898 03.05.2011からロシアのFCSの順序を参照してください)

章18。 関税の支払いのコレクション

150を§。 関税や税金の施行の一般的なルール
1。 関税、税金や関税、税金を支払わされていないの点では、商品のコストの納税者と関税、税金のコレクションを余儀なくされました。
2。 法人と個人の起業家からの関税や税金の強制収集による前払金の未使用残高に、原因関税の支払いの支払いに支払人の銀行口座に利用可能な資金を犠牲にして作られた、現金担保は、(収集)関税を過払いし、他の支払者の財産だけでなく、裁判所インチ 本契約のサブセクション3 154の記事に定める場合を除き、裁判所で生産個々の起業家を除いて、個人に関税や税金の収集を強制。
3。 、関税、税金、関税、税金、本契約の条152に応じて関税の支払いの支払いのためのいずれかの請求の支払者への税関当局の強制回復に対する措置の適用に先立ち、本連邦の段落2と3記事154にするために提供し、一部として2記事157除きます法律だけでなく、ときに関税や税金の支払者、税関当局。
4。 関税を支払うときに共同義務、税金、関税のデータ要件のこのの表示と申告や習慣の代表にさらされると同時に、関税の支払い請求の申告代表。 その人は税関剤としてその活動を停止したかのように、税関代表として財を宣言するために人を暴露関税の支払いの請求。 2人に関税の支払いの請求を公開する機会は、この段落で言及した場合、これら2人のいずれかに関税の支払いを要求税関当局は使用できません。 関税や税金の強制回復関税を支払うための共同義務上の措置の適用、税では、税関当局は市民の法律により設立されたルールの下に連帯責任の下で債権者の権利を享有します。
5。 関税の施行がなされていません。
1)関税の支払いの請求は、パラグラフ1点1の記事200税関コードで指定された商品のリリース後に支払期間の満了の日または税関管理で関税や税金の不払いの発見の日から3年間暴露されていない場合ユニオン、または税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って関税と税金を支払うために、個人の義務を伴うイベントの発生の日から。
2)があれば、関税と税金を支払う義務は、関税同盟の税関コードのサブパラ4 2 80の記事によると、中止しなければなりません。
6。 場合は、関税や税金の支払者、税関当局によるこの連邦法に基づいて、関税や税金のコレクションは、政府で定める方法により行わなければなりません。
7。 関税同盟の税関コードのポイント2 93記事の第二段落に従い、税関キャリアへの関税や税金の強制コレクションは、この章に定める方法で行われます。
8。 ペナルティを招くことなく、関税同盟のメンバー - 関税および国際条約状態で指定された文書に基づいて徴収税を支払うべき関税同盟のメンバー - あなたが他の国の領土に関税や税金を支払う義務がある場合。

151を§。 微粉
1。 Penyamiは、関税や税金の支払者は税関法律上のロシア連邦の不払いや関税同盟の関税法令によって確立された点で、関税や税金の不完全な支払および(または)の場合に支払う義務がされなければならないお金のこの記事の合計、に記載された認識しました。
2。 段落5に定める場合を除き - この記事の8、関税と税金の支払いの遅延の各カレンダーの日のために授与ペナルティは、関税を支払う義務の実行の日に関税や税金の支払い期限の満了の日の翌日から開始し、税や当日の借り換え率の1つの3百分の量の未払い関税や税金の額の割合の包括的な関税の分割払い、税金とによって延期または支払いの決定 バニ、ロシア中央銀行は、関税や税金の支払いの遅延の期間中に働きます。 罰金を計算する目的のために関税や税金の支払いの遅延の期間中に作用して、中央銀行の借り換え率を適用します。
3。 罰金は、次のような場合には充電されていません。
税関は関税や税金の支払者がインストールされていない場合1)。
2)であれば、本明細書の条8 150部分に応じて徴収関税、税金、
ロシア連邦破産上(破産)の3)。
関税同盟の税関コードの条4 5の段落に従った物品の関税価値の64)決意。
この連邦法で定められた他の例で5)。
4。 未収罰金の大きさだけでなく、罰金の延期または分割払いの提供を減らすことは許可されていません。
5。 指定された要件を示すの日に、この記事のパート2に従って授与銀行保証の罰則の下で保証契約または受益者の需要の契約の下で貸し手の保証人または保証人の要件を提出する際、包括的、そうでなければ、ロシア連邦の国際条約で定められた場合を除きます。
6。 とき包括指定された要件を発揮日に計上関税以前の違約金の支払いに請求。 この要求で指定された時間内に関税や税金の滞納の場合、またはそれらの回復が完全に強制的に現在の連邦法によって決定されていない場合、罰則はパート2に従ってこの記事を授与されます。
7。 この記事のパート2に従って計上ペナルティの合計は、支払人の他の特性を犠牲にし、又は裁判所が完全に充電されることはありません例では、関税や税金の支払者への未払いの罰金の額は、関税の支払いのための要求を送信しなければならないと障害が発生した場合に、タイムリーにこの要件この章で定める方法により執行の措置。
8。 預金により担保債務の障害が発生した場合には、関心がデフォルトの検出、入金日に計上し、彼によって消滅します。
9。 罰金は関係なく、税関に関税同盟および(または)ロシア連邦法令の関税法令の違反に対する責任のかどうか、他の施策の、滞納の量に加えて支払われます。
10。 罰金は、関税や税金のまたはそのような金額の支払い後の未払い金額の支払いと同時に支払われるが、関税や税金の支払いの日から遅くとも1ヶ月。
11。 関税、税金の分割払いによって延期または支払いのために適用すると、滞納の量の罰則の発生主義を中断してはなりません。
12。 お支払いは、収集および返金罰則は関税と税金の支払い、回収・返金に関して税関事項について、ロシア連邦の法律の税関関税同盟の法律および(または)によって確立されたルールに従って行われています。

152を§。 関税の支払い請求
警告!
関税cmの支払請求の形。の2711 30.12.2010番号からロシアのFCSのために
不払いや関税の不完全な支払いおよびその調製を参照するための手順の事実の発見についての税関当局の行為の形。の2708 30.12.2010番号からロシアのFCSのために
1。 関税の支払いの請求は、書面での税関当局の通知が期日までに関税の量だけでなく、関税の支払い、罰則及び(または)パーセントのこの需要残高の指定期間内に支払う義務が支払われないです。
2。 この連邦法に従い、に関して関税と税金を支払う義務が関税の支払いの支払いにリクエストを送信した場合、指定された要件の後に方向を変え、税関当局は理由が責任を変更指定して、関税の支払いのための資格の請求を送付しなければなりません。 これはもともと、同時に関税の支払いの要求関税の支払いのために調整された請求の方向に応答を指示しました。
3。 同じ人(同一人物)監督の関税の支払いのためのときに関税や税金の共同デューティ納税者は、資格の請求、(誰が)関税の支払いの要求を撤回するように指示されています。
4。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための資格の主張は)関税支払額、利息の額および(または)の請求要件の日に経過利息、関税や税金の支払条件、長期性能要件などに関する情報が含まれている必要があります関税の強制回復の措置、税および支払人によって、この要件の不履行の場合に適用されている彼らの回復を確実にし、要求を発行するための根拠に。 関税と充填の手順の支払請求のフォームは、税関の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。
5。 関税支払いの支払いの請求は、そのような事実は宣言されたデータの検証を含め、商品のリリース後に税関管理の際に明らかにされている場合など、不払いや関税の不完全な支払いの事実の発見の日から10営業日以内に関税や税金の支払者に送信する必要があります物品の製造に関連する税関操作を行う場合。
6。 職務の出現を伴う違反を明らかにした不払いまたは不払いまたは適切な形での税関コントロールの結果に税関当局の権限者による決定の日の後遅くとも5営業日より関税の不完全な支払の事実の発見についての税関当局の行為によって固定関税の不完全な支払の事実の発見、関税と税金を支払うために。
7。 出庫を作るために税関当局の受領日後5営業日必着不払いまたは税関当局の行為によって固定された関税の不完全な支払の事実の税関検査の検出の形で税関管理を行うない場合は、税関の分野での税関検査報告書と適切な判断(決定)のコピー。
8。 関税価値の調整に関する決定の場合には、商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を修正し、不払いや関税の不完全な支払いの電子コピーの日の発見を調整すること関税額と関税の支払いフォームの調整の形を充填する日とします商品の正しい宣言。
9。 不払いや関税、税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されているの充填のためのフォームと手順の不完全な支払の事実の発見についての税関当局の行為で、指定する必要があります。
1)税関管理の結果として発行された文書税関当局の日付と番号。
物品の識別を可能にする文書の2)数、これらの商品の適用;
3)支払支払う(有料)関税;
適切な形式で税関管理の結果により識別関税と税金を支払う義務を伴う4)違反。
10。 あなたは、税関の関税同盟及び(または)ロシア連邦の法律の関税法令に従った税関手続の要件および条件に違反した場合、関税と税金の支払いのための成熟度を伴う、関税の支払いのためのいずれかの請求は、検出の日の後、遅くとも3ヶ月より送信されるべきではありません言っ違反。 6この記事 - 不払いや不払いや部品8に従い、関税の不完全な支払いの事実の発見についての税関当局の行為によって固定関税の不完全な支払いの発見の日。
11。 関税の支払い請求の用語は、要求を受領した日から10の暦日よりも少なくとも20営業日とではありません。
12。 関税支払いの支払いのための要件の明確化は、遅くとも10は事実の確認の日から営業日より送信されるべきではない、関税、税金を支払う義務の変化を示しています。
13。 締め切り洗練された要件は、10は、関税の支払いのために調整された請求を受領した日から営業日以上ではありません。
14。 この条によって設立された用語の満了後の関税の支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求の方向は、この不正な需要を認識するためのグラウンドであってはなりません。
15。 これらの日付は、包括一日の終わりに計上し、支払うべき関税この条において確立用語の満了後の支払い(関税の支払いのために調整された請求)、罰則および(または)利息の支払の請求を送信する場合。
16。 関税の支払い(関税の支払いのための資格を請求)の請求が事実と要求を受領した日の、頭や組織の他の正式代表者またはレシート上の物理的な人やそれ以外に転送することができます。 言った人がこの要件を受ける回避する場合は、書留郵便で送付されなければなりません。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための資格の主張は)登録されたメールを送信した日から6日以内に受信ものとみなします。
17。 この条によって設立さという点で失敗関税支払いの支払いの請求(関税支払いの調整請求)の場合には、税関当局は、この章に基づいて税関関税、税金の強制回復の措置を講じなければなりません。
18。 関税の支払い(関税の支払いのための要件の明確化)の請求にかかわらず、刑事または行政責任にその魅力の、関税、税金の支払者に送信されます。

153を§。 支払人の銀行口座の金融資金の犠牲に関税支払いのコレクション(議論の余地コレクション)
1。 障害が発生した場合の関税の支払いの支払いの請求(関税の支払いのために調整された請求)タイムリーに税関が関税の支払いの量によらずバンクに支払人の口座から資金の回収に判定を行う(関税の支払いのための詳細な要件)にいいます関税の支払いと、この決定の採択の日に計上罰則の量の需要。
2。 (以下、 - 議論の余地のないコレクションの決定)争う基づいて資金を集めるために決定、の充填のための形式と手順は通関業務の分野で承認連邦執行機関によって承認され、関税、利子の額との回復量対象の情報が含まれている(または)しなければなりません議論の余地の収集、関税の支払いの支払いのための未決済請求(関税の支払いのために調整された請求)の詳細の決定を発行する日の未収利息。
3。 税関当局は、銀行の支払人の口座の情報を持っている場合、税関の支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求の実行の満了の日から60カレンダー日より遅くとも税関当局によって受け入れ争う回復についての決定。
4。 関税同盟のメンバー、必要な現金 - 議論の余地のコレクションへの決定は、支払人の口座からの引き落としと連邦財務省の口座に、または国際条約の状態で指定したアカウントに転送するために支払人、コレクションの順序(オーダー)の口座を開設した銀行での税関当局の方向のための基礎であります意味します。
5。 それ以外の税金および手数料に関するロシア連邦の法律により提供されない限り争う基づき、関税の支払いのコレクションは、ローン口座を除いて、支払人の銀行口座から作られています。 実際の回復の日にロシア連邦中央銀行のレートでロシア連邦の通貨での関税の支払いの量に相当する量で行われた外国通貨で開かれた銀行口座への関税の支払いのコレクション。 一緒にコレクションオーダー(命令)での税関当局の外貨で開かれた銀行口座に開催された資金の回収、チーフ(次長)は現金支払人の販売のための支払人の銀行に注文を送信した場合、遅くとも翌日より、外貨に格納されています。
6。 税関の収集順序(命令)は、議論の余地のないコレクションの決定の日から1月以内に、支払人の口座を開設した銀行に送られ、回収命令の執行のための税金や手数料に関するロシアの法律(によって確立された方法および用語の銀行で実行されます税務当局の命令)。
7。 義務はない、後3営業日より、自分で支払者、または議論の余地のコレクションに決定を発行したこの連邦法、税関当局に応じて支払人の財産で充電関税の支払いに関する債務の量によって完全に終了するか行使関税を支払う場合フル義務の終了または実行の日から関税を支払う決定を取り消し、コレクションオーダー(命令)の撤退の銀行に書面で通知します。
8。 残高の銀行に新しいコレクションオーダー(命令)関税の支払義務の部分履行した後、遅くとも3営業日より、議論の余地のコレクションに意思決定を発行している部分に返済すべき関税の支払いにおける延滞(終了または実行)、税関当局、場合以前の銀行のコレクションオーダー(命令)取消通知書と関税の支払いで延滞。 争う税関当局の回復に対するこの新たな決定で課せられてはなりません。
警告! リコースCMなしで資金を回収するという決定の形。の2714 30.12.2010番号からロシアのFCSのために

154を§。 関税と税金の支払いのためのセキュリティーの施行
1。 税関当局は、保証人から必要な場合があり、保証人は罰金や利息を含む未払いの関税の支払い、の量で現金の金額を支払うこと、または担保に担保権を行使するために、銀行保証を発行しました。 税関当局は、さらに契約ならば、債権者(受益者)の権利の完全な範囲で貸し手(受益者)として機能する権利があり、関税、税金を支払う義務を伴う実行主体債務、財産の誓約によって提供されるの履行、銀行保証、保証人の違反を発見します貸し手として保証契約の誓約プロパティ、銀行保証または契約(受益者)は、税関当局が命名しました。
2。 関税、税金や関税、税金の支払人の支払者の場所(居住地)に設定されていない場合は、税関当局が関税の支払いのために、この人の主張を発行せずに一部1で、この資料の手順を行うことがあり、外国人です。 関税や税金の支払者がこの条1部に言及行為の手数料と同時に、外国人、税関当局である場合には、関税や税金の支払いのためのセキュリティの差し押さえにその人に通知します。
3。 関税と税金の支払いのためのセキュリティとして使用する場合には義務が関税を支払うことならば、現金担保の額の現金担保の差し押さえは、支払人の銀行口座に利用可能な資金を犠牲に関税の支払いの請求を送信せずに税関の支払いを収集することなく実行されます税金が預金により担保債務の失敗に関連して発生しました。 回復は、デフォルトの検出の日から3営業日以内に行われます。 税関当局は、現金担保の額で差し押さえた日から3営業日以内に生産回復の支払者に通知しなければなりません。 現金担保の額は、関税の支払いに借金を返済するのに十分でない場合は、関税の支払い上の債務の残高の罰則は、罰金は、関税の支払いのための要求を出すと、この連邦法によって確立された手順に従って施行の措置を適用します。

155を§。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンション
1。 銀行での口座に対する操作の停止(S)関税、税金の支払者(団体または個人事業主)が無競争の回復についての決定を強制するために使用されます。 アカウント(複数可)上の操業停止バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者が支払いには適用されません、民事法律に従い、実行の順序は、関税や税金を支払う義務を実行するだけでなく、操作を先行しました関税、税およびロシア連邦の予算システムへの他の義務の支払いの支払いで資金の移転とオフを記述します。
2。 銀行での口座(複数可)上での操作を中断することを決定、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は支払者によって指定されたデフォルトのイベントには関税の支払いの請求(関税の支払いのための調整請求)を提出し、税関本体のチーフ(次長)を受け入れこの要件。 アカウント(複数可)上での操作を一時停止する決定は、銀行での関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は、議論の余地のコレクションの決定前に撮影することができません。
3。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションのアカウント(口座)に取引停止処分の決定で指定された量にこれらのアカウント(口座)に銀行デビット取引の終了を意味関税の支払者、税金そうでない場合は、この記事の1部分によって提供されない限りバンク内(組織や個々の起業家)、。
4。 (複数の)アカウントバンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションは、遅くとも1つのビジネスよりも(複数の)アカウントバンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する事業の停止を廃止する税関当局の決定をキャンセル関税や税金のコレクションを確認する書類(コピー)、の税関当局の受領の日の翌日。
5。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する決定は、その適用日後、遅くとも翌営業日より電子的に紙の上で銀行に税関当局によって送信されないか、されています。
6。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する事業の停止をキャンセルするという決定は、税関職員によって銀行の代表者にレシートを与えられたか、その適用日後の翌営業日必着電子形式で銀行に送信されません。
7。 電子形式での銀行で口座の操作を一時停止する決定(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人とアカウントに操業停止を解除する決定(複数可)のフォーム関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者や習慣の分野で承認連邦執行機関と連携してロシア連邦中央銀行によって確立された銀行の税関当局によってそのような決定を送信するための手順。
8。 紙の上のフォームのアカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する操作を中断することを決定(組織や個々の起業家)銀行と口座取引の停止(アカウント)銀行における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払を取り消す決定にや習慣の分野で承認連邦執行機関によって確立された銀行の税関当局によってそのような決定を送信するための手順。 (参照してください。数2635 28.12.2010からロシアのFCSの順序)
9。 アカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する操作を中断することを決定(組織や個々の起業家)関税支払いの支払いのための未決済請求の詳細を表示しなければならない銀行で争う回復におよび決定(関税の支払いのために調整された請求)、銀行の正式名称は、 BIC、関税、税金の支払者の種類と口座番号。
10。 銀行で口座(複数可)上の操業停止を解除する決定関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者は関税、税金の支払者のバンク指定、BIC、口座番号と種の完全な名前を含める必要があります。
11。 アカウントの操作を一時停止する決定のコピー(複数可)関税、税金の支払者(組織や個々の起業家の)バンクにある、またはアカウントに対する操作の停止を解除する決定(複数可)以前に指定されたに転送バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者意思決定の写しを受領した日を証明する領収書またはそうでなければ。
12。 銀行は()アカウントの取引の停止の決定を受けた後遅くとも日より、中断されていない銀行業務に口座の関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の現金残高についての税関当局(アカウント)に通知する義務があります(アカウント)銀行における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人。
13。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する決定は、銀行による無条件の執行を受けなければなりません。
14。 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人に対する操作のサスペンションは、アカウント(複数可)関税、税金の支払人に対する事業の停止をキャンセルする銀行の決定を受領した日までこのような操作を一時停止する銀行の決定の受領で動作しますバンク内(組織や個々の起業家)。
15。 アカウント(s)は、このような意思決定の受領の引渡しまたは受領の通知に指定されたバンクでの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作を一時停止する税関当局の銀行の決定の受領の日付と時刻。 その領収書の電子形式と日付の銀行で口座での操作を一時停止する銀行の決定(S)の方向関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の連邦執行と連携し、ロシア連邦中央銀行によって確立された手順に従って定義されている銀行による当局は、税関の分野で承認しました。
16。 関税、税金(組織や個々の起業家)の現金支払総額場合は、()関税の支払者のアカウント(複数可)上での操作を一時停止する決定に基づいて中断され、銀行業務にアカウント(複数可)上にありますそして、この決定に指定されたものよりもバンク内税(団体または個々の起業家)、支払者が書面で指定された量は、税関当局に操業停止の解除のためのアプリケーションを適用する権利を有します 最初に自分のアカウント(複数可)の銀行で()議論の余地のコレクションの決定を実行するための十分な資金を持っているロシア連邦の領土であり、銀行で口座(複数可)の義務表示、と。
17。 リクエストの受領の日の翌日中にアカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の操作の停止を廃止する決定する前に、税関、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者、ガイド銀行とは、支払者は、これらの(組織や個々の起業家)のアカウント(複数可)、これらのアカウント(口座)に現金残高の要求を開きます。
18。 回復の決定を実行するための十分な量の銀行に口座に資金の利用可能性の銀行情報(s)関税、税金の支払者(団体または個人事業主)を取得した後、税関当局は、2営業日以内にサスペンションのキャンセルについて決定をするものとしますPRの税関当局の決定に指定された金額を超える銀行で口座(s)は関税や税金の支払者(団体または個人事業主)での操作 アカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者にiostanovlenii操作。
19。 アカウント(複数の)バンクまたはバンク(バンクの方向)支払人の口座(S)の操作の停止を解除する決定の代表の送達の期間における関税、税金(組織や個人起業家)の支払人に対する操作のサスペンションの用語リフトの税関本体の違反の場合点で関税や現金の金額を銀行内税(組織や個々の起業家)が、未収利息の支払停止モードを務めました これらの条件の違反の毎日の関税、税金(組織や個々の起業家)の支払人。 金利は口座(s)は、銀行または銀行(銀行の方向の代表の送達期間における関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の業務の停止の解除の違反税関当局期間中に効果的なロシア連邦中央銀行の借り換えレートに等しいですアカウント(複数可)バンクの関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者に業務の停止を解除する)決断。
20。 銀行は銀行での関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者アカウント(複数可)上の操業停止の結果として、関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者が被った損失について一切責任を負いません。
21。 あなたが銀行に口座に対する操作を中断することを決定(複数可)関税、税金(組織や個々の起業家)の支払を持っている場合、銀行はこの先に新しい口座を開設する資格はありません。

156を§。 財産の差し押さえ
警告! 参照してください。支払人の他の特性を犠牲に関税や税金の回収のための税関当局の決定を強制する方法として、支払人の財産の逮捕に関する書類(キャンセル)の形を課すために
1。 その性質の点で関税、税金(組織や個々の起業家)の支払者の財産権を制限する検察官の承認を得て、税関当局による措置の支払者の他の特性を犠牲に関税や税金の回収のための税関当局の決定を強制する方法として、プロパティのアタッチメント。 財産の押収期限内に関税や税金の支払関税を支払う義務た場合に行われる、税金、罰金、および税関当局の存在下で、関係者は彼らの資産を非表示にしたり、隠すための措置をとるだろうと信じる十分な理由があります。
2。 プロパティの逮捕は、完全または部分的であってもよいです。
3。 プロパティの完全なアタッチメントは、彼が逮捕財産を処分する権利を有するされていない資産の点で関税や税金の支払者の権利の制限であり、財産の所持と使用が許可を得て、および税関当局の監督下で行われています。
4。 一部の逮捕は、プロパティの所有、使用及び処分が許可を得て、および税関当局の監督下で行われているその資産の点では関税や税金の支払者の権利の制限があります。
5。 この記事の一部3と4にいう権限は、税関業務の分野で承認連邦執行機関によって承認されたフォームへの書き込みでなければならない、と財産の個々の属性のプロパティの名前についての情報を含まなければならない、根拠の予定原価承認。
6。 逮捕は関税、税金、課徴金を支払う義務の実行のために必要かつ十分であるプロパティ、に従うものとします。
7。 税関の分野で承認連邦執行機関によって承認されたフォーム上の適切な意思決定の形で税関当局の責任者(次長)撮影した関税、税金の支払者の財産の差押えの決定。
8。 関税や税金の支払者の財産の差押えは、目撃者の参加を得て行わなければなりません。
9。 そのプロパティ値の値を決定することができない場合は、公式、拘束、アカウントに税関専門家の結論を取ることによって決定されます。 あなたは、評価活動に関するロシアの法律に基づいて決定されるプロパティの税関専門家の値を引き付けることができない場合。
10。 プロパティを逮捕税関当局の職員、ない財産の停止の間に存在することが(彼の法的および(または)正式な代表者)関税、税金の支払を拒否する権利。
11。 プロパティの逮捕に参加する人は、自分たちの権利と義務を説明しました。
12。 逮捕は、逮捕時に存在し、検事の承認とその権限を確認する文書を逮捕する決定を人に提示することは必須であるプロパティ認可職員の逮捕前に。
13。 逮捕に重畳されたプロパティは、証人と逮捕に関係者を発表しました。
14。 夜の間に財産の停止を行うことは緊急の場合を除いて、許可されていません。
15。 逮捕は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって承認されたフォームのプロパティの逮捕にまで描かれている場合。 財産の差押え上のプロトコルは、以下の情報を指定する必要があります。
1)名、姓、財産の逮捕に存在する人物の父称。
2)物事の行為に記録されているそれぞれの名前は、このことを特徴とします。
3)レコード項目と押収されたすべてのプロパティの合計値のそれぞれのコストの速報値。
4)プロパティの使用権の制限の種類、量および期間;
5)税関職員は、人の親権や財産の保管、場所(居住地)に移した先の人。
6)発言や財産の逮捕に存在する人の文。
16。 プロパティの逮捕の分も、以下の注意事項を参照すべきです:
1)資産の差し押さえ。
税関職員が職務や横領、疎外、隠蔽または職務の明確化、彼をするための本人の署名と財産の不法移転のためにその責任の予防の、押収財産の親権やストレージを転送先である者の明確化のための2)。
17。 債務者の財産の逮捕の議事録は、税関職員によって証人を締結しなければならない、税関職員をすべき者は、そのような性質の親権やストレージを移し、逮捕時に存在した他の者。 プロトコルに署名するために、これらの者のいずれかの障害が発生した場合、対応するマークがあります。
18。 財産の差押えの決定を発行した税関当局の頭(次長)は、押収されたプロパティがあるべき場所を決定します。
19。 後で税関当局のプロパティの発作の分チーフ(次長)後の翌営業日には、プロパティの発作のアプリケーションと同様に、関税、税金の支払者に課されるに基づいて執行手続を開始した執行官のプロトコルの写しを送付しなければならないではないよりも、条158に従い、税関当局は、支払人の他の特性を犠牲に関税や税金の回収に関する決定を本契約しました。
20。 疎外は、(許可を得てと押収税関当局の監督の下で生産さ除き)、財産の横領や隠蔽が押収された、許可されていません。 プロパティの使用及び処分が押収された所持のためのロシア連邦の設立の法律に従わない場合は、ロシア連邦の法律で定められた、正義に犯人をもたらす理由です。
21。 プロパティを逮捕するという決定は、法律に従い、債務者の財産の押収に受信廷吏の決定に基づいて、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されたフォーム上の適切な意思決定の形で税関当局の頭(次長)の決定をキャンセル執行手続上のロシアだけでなく、関税、税金、罰金または支払義務の終了の場合 本契約の条158に従って税関当局によってレンダリング支払人の他の特性を犠牲に関税や税金を回収するため、に基づいて制定uchae終了または執行手続き。
22。 適切な解像度は、この条のサブセクション21にいう財産の差押えを取り消す決定は、その適用日後に、廷吏と検察官遅くとも翌営業日より(彼の法的および(または)正式な代表者)関税、税金の支払人に伝えなければなりません。
23。 財産の差押えの決定は決定を下し、以上の税関当局または裁判所によって語っ決定をキャンセルする税関当局の頭(次長)の決定の取り消しを押収した日から有効です。

157を§。 関税、税金を支払わされていないの点で財に​​よる関税、税金のコレクション
1。 同様に支払人または支払人の口座に関する情報の欠如の口座に資金不足の場合には、この連邦法で規定されている例では、税関は、関税、税金を支払わされていないための商品の支払人の犠牲に関税や税金を徴収する権利を有する物品であれば税関での通関連合と(または)ロシア連邦法令の関税法令の定める手続に従い、税関連合品のステータスを取得していません。
2。 関税や税金は関税の支払いに請求を送信せず、支払わされていないの点での商品の差し押さえは、関税同盟の税関コードの章21に従って税関当局により拘留物品の保管のための時間制限は、有効期限が切れている場合、または場合は許可されている関税の支払人関税、消費税は、税関当局によって設定されていません。
3。 関税や税金の支払者が自然人である、または関税や税金の支払者が合法である場合には、関税や税金の支払者は、税関当局、または仲裁裁判所の決定によって設定されていない場合は、関税、税金の面での商品の差し押さえは、裁判所の決定に基づいて行わなければなりませんこうした商品はの記事140に従って公約として税関当局に引き渡され場合を除いて、エンティティまたは個々の起業家、 連邦法と同様に、実行は、そのストレージサブセクションの記事7 189に定める税関当局による拘留に制限が本契約の有効期限が切れた商品に課税されている場合。
4。 差し押さえは支払われていない、または完全な方法でと関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定められた時間内に、関税と税金を支払っていないそれらの点でそれらの商品のためだけです。
5。 商品の販売による収入の処分は、本契約の条191に従って行われます。

158を§。 前払金の未使用残高を犠牲に関税の支払いのコレクション、現金担保、過払い(収集)関税および支払人の他のプロパティ
(参照してください。数2266 08.11.2011からロシアのFCSの順序)
1。 障害が発生した場合には税関の支払いの支払いの請求(関税の支払いのために調整された請求)税関当局は前払の未使用残高が支払う関税を徴収する権利を有する、現金担保は、(収集)関税を過払い。
2。 税関当局の頭の決定に関税同盟のメンバー(次長) - 国際協定の状態によって、連邦財務省の口座や口座へのこれらの資金の貯蔵寿命の間に作られた関税の支払いの前払金の額の差し押さえ、現金担保、過払い(収集) 。 事前の支払いを関税の額の回復には、過払い現金担保は、(収集)関税税関当局は、収集後1日以内に関税や税金の支払者(後継)に書面で通知しなければなりません。 関税の支払いの請求(関税の支払いのための調整請求)の実行の満了の日から10カレンダー日以内に無競争の回復に決定せずに作られた関税の支払いの前払金の額の差し押さえ、現金担保、過払い(収集)。 前払金の未使用残高の場合、現金担保で、回復はその成立の日から5暦日以内に行われる関税の支払い(関税の支払いのための調整請求)の実行要件の満了後(収集)関税を過払い。
3。 故障関税支払いの支払い(関税の支払いのために調整された請求)の請求および障害または不十分な資金支払人の口座または支払人の口座に関する情報の不足の場合には、税関当局は、現金によるものを含む、支払人の他の特性を犠牲に関税の支払いを徴収する権利があります資金。
4。 支払人の他の特性を犠牲に関税の支払いのコレクションは、税金や手数料のロシア連邦の法律に従って判決廷吏の税関当局の責任者(次長)の日から3営業日以内に送信することで行われます。 税関当局の執行税金や手数料のロシアの法律、および執行手続上のロシア連邦の法律に従って廷吏による決定。

159を§。 関税の回復のための税関当局の決定の実施のための銀行や他の金融機関の義務
1。 銀行や他の金融機関は、関税の議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定を行うために必要とされます。
2。 そのような決定を受領した日、次の1営業日以内に銀行およびその他の信用機関によって実行される関税の支払いの議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定。
3。 あなたが支払人の銀行やその他の信用機関の口座にお金を持っている場合は関税の議論の余地のないコレクションの通関体の意思決定の実行を遅延する権利はありません。
4。 非パフォーマンスや、この条に定める職務の不適切なパフォーマンスのために、銀行や他の金融機関は、ロシアの法律に従って責任を負うものとします。
5。 この記事の規定も罰則及び利息の金額の議論の余地のないコレクションの税関機関の決定の実施のために銀行や他の金融機関の債務に適用されるものとします。

160を§。 関税の支払い(後払い)、罰則、利息の支払いに回収不能償却の認識と負債
1。 貸倒引税関の支払い(後払い)、罰則、利息、関税、税金、支払の優れた個々の納税者の支払いに認識され、(または)コレクションは、以下の場合には不可能であることが証明されました:
組織の1)清算 - ロシア連邦の法律によってのために提供されるすべての罰則税関当局の採用後に残存して債務の一部におけるロシア連邦の法律に従い、関税、税金の支払人、;
2)債務者の財産の不足に起因するロシア連邦の法律によってのために提供されるすべての罰則税関当局の採用後に残存して債務の一部でロシアの法律に従って破産個々の起業家を宣言されています。
3)個々の死亡または自然人の死亡またはそれが故人宣言の日において顕著である債務のその部分に関してロシア連邦の法律で定める方法により死んだことを宣言する。
滞納の回収のために裁判所に申請の期限切れの期限を延長することへの拒否の決定を含む税関当局は、彼らの回復の期間が満了したとの接続に興味を滞納と延滞罰則を集める機会を失っているその下4)裁判所法、および傑出した罰金、利息。
2。 関税と税金を払う連帯債務を負担する者の一人から回収不能の負債であるため認識は、回収不能の認識を意味するものであり、この記事の部分1に示されている不測の事態がない状態で他の共同責任者(状況)の借金を帳消しにしていません。
3。 関税の支払い(後払い)、罰金、利息、回収不能とみなされ、税関分野で認可連邦執行機関によって承認された段落1この記事で指定された状況を確認する書類のリスト上の債務救済のための手順。

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!