情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 セクションIII - - 税関制御連邦法は311-FZ 27.10.2010を№します

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションIII - 税関制御

章19。 税関管理に関する一般規定

161を§。 税関制御

1。 税関コントロールは、関税同盟の関税法令や慣習上のロシア連邦の法律に従って税関当局によって行わ。
2。 税関管理と会場のオブジェクトは、関税同盟の税関コードの記事95によって決まります。
3。 税関管理を行う場合、税関当局は、選択性の原則から出発し、関税同盟や習慣にロシア連邦の法律の関税法令の遵守を確保するのに十分である税関管理ののみ形態に限定されます。 フォームや税関管理の方法を選択する際、税関当局は、税関管理、情報の予備的な分析の技術的手段を使用するために必要とされるように習慣が寿命を延ばし、declarants、キャリア、および物品の保管、車両のダウンタイムに関連した損傷の他の人々のアプリケーションを防ぐために、制御時商品のリリース、それは習慣やニーズの分野における深刻な凹凸の識別標識に関連した異常な状況によって引き起こされない限り、 ブリッジは、このような違反を検出し、起訴する徹底的な措置をとります。
4。 税関管理の効率を向上させるためには、税関当局は、人が3のこの条にいうだけでなく、ロシアの法律に従って、他の監督国家機関と協力します。
5。 関税の特定の形態を実施する際の税関当局が策定行為、法規、プロトコルおよびその他の法律文書のフォームは、税関のケースで時を除いて、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって確立され、関税同盟の税関コードと現在の連邦法に基づいて制御します関税同盟のコードは、関税同盟の委員会に付与された権限に言及しました。 (2713 30.12.2010から2522 FCSおよび順序番号から順序番号FCS 22.12.2010、169から注文番号FCS 31.01.2011、282から。注文番号FCS 14.02.2011を参照)。

162を§。 リスク管理システム
1。 リスク管理システムは、税関での関税同盟とロシア連邦の法律の関税法令の違反を防止するために、税関当局の資源の効率的な使用に基づいています。
1)持続可能です。
2)かなりの量の関税、税金の回避に関連します。
3)国内生産の競争力を弱体化させます。
関税同盟とロシア連邦の他の重要な利益に影響を与える4)が、強制は税関当局に委ねられています。
2。 リスク管理システム、習慣の分野で承認連邦執行機関によって決定されるリスク管理対策の情報、分析とリスクアセスメント、開発および実装の収集と処理の手順の戦略と戦術。
3。 確立されたリスク・プロファイルに含まれる情報の税関当局の使用のための手順は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって規制されています。
警告! の1200 06.06.2011番号からロシアのFCSの順序によって承認されたプロジェクトのリスク・プロファイル、税関管理におけるリスク・プロファイルの使用、それらの更新とキャンセルの準備とレビューで税関職員の行動についての指示、
4。 リスクプロファイルのセットに含まれているアクセス情報を制限し、開示してはならない(スプレッド)またはそのような情報は、ロシア連邦の法律によってそれらに割り当てられたタスクのためにこれらの機関に必要である場合を除いて、公共機関を含む第三者に転送します。 それ以外の場合は連邦法によって確立されていない限り、そのような情報を転送するための手順は、ロシアの法律に基づき、税関業務の分野で認可連邦執行機関によって決定されます。

163を§。 税関コントロールゾーン
1。 場所は、制御ゾーンは、関税同盟の税関コードと現在の連邦法に従って決定されなければならない習慣です。
2。 税関制御ゾーンは、車両の駐車エリアで、アンロードと再ロードの場所で、税関業務の分野におけるロシア連邦の状態の国境を越えてのチェックポイントで、ロシア連邦の状態の境界に沿った商品の(積み替え)、その税関検査や通関手続きを確立することができます税関管理下に商品を運びます。
3。 税関制御ゾーンは、の場合には永久的であってもよいです。
1)土地の所有者であれば、施設は、他の税関業務を税関管理下で、それらの上に品物の保管のために排他的にこれらの領土を使用しようとする、またはそのような物品の性能。
2)領土の一部では、主に輸送や貯蔵品の場合、税関管理下で、いずれかの商品に関して関税法令の遵守を確保するために必要な、そのような物品へのアクセスに関する税関管理区域または制限の国境を越えたモノの移動に他の税関業務と制限を実行します関税同盟や習慣に関するロシア連邦の法律。
4。 現在の連邦法およびその他の連邦法によって確立された場合を除き、税関管理区域の国境を越えたと税関当局の許可を得て、それらの監督の下で彼らの制限内で他の政府機関の職員を含む物品、車両や人の移動、、、。
5。 税関業務の分野で認可連邦執行機関は、税関当局の提出に基づいて、その管轄ロシア連邦の領土の対応する部分を含んで、あなたは税関管理のゾーンを作成するに沿って、ロシア連邦国家の境界線の領域を定義し、そのようなゾーンの設立に関する決定を下します。 ロシア連邦の状態の国境沿いの税関管理区域の設立に関する決定は、税関業務の分野で認可連邦執行機関の規制の法的行為を発行した領域であり、ロシア連邦の国家安全保障と執行機関の分野における連邦政府の執行機関と合意しましたゾーンは言いました。
6。 ロシア連邦の国家の国境沿いのロシア連邦税関管理区域の陸上領土ではロシア連邦の領土にロシア連邦の状態の国境からキロを30する領域のバンド幅内に作成することができます。
7。 海岸線のキロを15まで海では、ロシア連邦の州の境界に沿って、ロシア連邦税関管理区域の領土の川や湖地域はロシア連邦、国境の川、湖、水の他の機関の海のロシアの一部だけでなく、幅のバンド領域の領海内にそれぞれ作成することができますロシア連邦の領土に。
8。 合わせて作られた緑の背景に白色の碑文「税関コントロールゾーン」を含む人物、商品や車マーク、によって国家の国境を越えるためにロシア連邦の領域における輸送ルートとの交差でその限界、によって指定されたロシアの国家の国境沿い税関制御ゾーン交通情報標識用に定義された仕様と標準に。
9。 ロシア連邦の国家国境を越えてチェックポイントで税関管理の設立に関する決定、ロシアの法律に基づいて設立され、開かれ、チェックポイントを設置し、税関のチーフの順序で実行され、その管轄に税関の頭を取るには、連邦政府の執行機関と合意しました税関業務上のボディ。 税関管理の分野では、ロシア連邦の状態の国境でのチェックポイントで提起、領土(水域)、建物、構造、サイト、通関業務を行うために内、保管、荷降ろしや物資の税関管理下(積み替え)を再ロードの一部を含み、その税関検査や税関検査は、そのような品物を運ぶ車の駐車場。
10。 輸送インフラの管理の見解を考慮しなければならない税関管理区域の境界を決定する際にはその中で、ロシア連邦の州境を通じてセットポイント:シーポートオーソリティの頭部、内陸水輸送のチーフ流域状態本体、空港(飛行場)の頭部駅のチーフ(ステーション)。 輸送インフラの管理の意見は、書面での合意により、税関のチーフ、習慣の分野で認可連邦執行機関に承認のためのガイドのドラフト順に取り付けられています。
11。 チェックポイントでの税関管理区域の設立に関する税関のチーフの順序で指定する必要があります。
1)チェックポイントの場所。
その交差点者、財や自動車の2)国境税関管理ゾーンと場所。
この条のサブセクション5で指定された場所で税関管理区域の設立に関する決定が与えられなければなりません。
1)チェックポイントの場所。
その交差点者、財や自動車の2)国境税関管理ゾーンと場所。
12。 チェックポイントでの税関管理区域の設立に関する税関の責任者のための附属書は、国境のグラフィカルな表現や計画やマップの形で述べた税関管理区域の領土を与えられるべきです。
13。 他の場所での税関管理区域の設定に関する決定は、このような税関コントロールゾーンであり場所や領域があるそのうちの地域では、税関の頭を取ります。
14。 税関管理ゾーンを確立するための決定は含まなければならない税関のチーフの順序によって策定され、この記事、の13の一部を提供しました:
1)税関管理区域の場所。
その交差点者、財や自動車の2)国境税関管理区域と場所。
3)を参照するために使用される手段。
15。 それに附属書では、この記事の面で税関管理区域の設立に関する税関のチーフの14順序は国境のグラフィカルな表現や計画やマップの形で税関管理区域の領土を与えられなければなりません。
16。 一時的な税関管理ゾーンは税関ポストの頭の決定によって作成することができます。 この決定は、一時的な税関管理ゾーンの作成の目的を示す税関ポストの法令ヘッドを発行され、一時的な税関管理ゾーン、有効期限、国境や人物、商品や車両と場所、それをする場所だけでなく、表記の手段を使用します。
17。 国境税関制御ゾーンは、ロシア語と英語の「税関コントロールゾーン」に刻印した白色と緑色の背景上に、矩形状のマークで示されています。 これらのマークは、税関管理ゾーンをマーキングする主要な手段です。 税関管理ゾーンは、その周囲に属する建物の構造や壁の保護に直接ロシア語と英語で「税関コントロールゾーン」碑文と呼ぶことができます。 特定の税関管理ゾーンの作成に使用するのに適した他の言語での英語の碑文にある碑文、と置き換えてもよいです。
18。 税関管理区域の指定は、商品と車両、輸送ルートとの交点で、同様に境界税関職員がコントロールゾーンの交差点で、その境界にあります。 税関管理区域の指定はさらにその境界の交差点に設置さについての境界情報にパネルに塗布することができる場合には、税関管理のゾーンへのアクセスを持つ人のリスト、そのマーキングの手段およびその動作に関連するその他の状況。
19。 一時税関制御領域の境界は、保護テープと呼ばれてもよいし、時間マークを設定されています。 これは、容易に入手可能な材料とツールの使用を許可されました。
20。 税関制御ゾーンが品物の(転送)をアンロードおよび再ロード、税関操作の位置を変更する、ロシア連邦の状態の国境を越えてチェックポイントを閉じ、税関管理下商品の保管場所を変更し、税関体の位置の変化の場合には清算されなければならない、その税関検査及び通関、税関管理下に商品を運ぶ車の駐車場。 税関管理ゾーンの清算の決定は、そのようなゾーンを作成するには、税関当局の順で行われます。
21。 一時的な税関管理ゾーンは、その作成を生じさせた活動の終了時に除去、またはその妥当性の満了時に、一時的な税関管理ゾーンの確立に税関当局の決定に示されています。
22。 その活動の領域に位置税関管理区域の除去、後の税関当局は、その指定の手段の除去のための措置を採用し、その清算に関する利害関係者に通知します。
23。 生産、輸送、荷降ろし、リロード(積み替え)、税関管理下の商品の保管に関連する他の経済活動。 そのような品物を運ぶ車の駐車場の組織化とメンテナンス。 商品や車のロシア連邦の国家国境を越えて移動する法的及び自然人のサービス。 建設と、建物や構造物の再建だけでなく、通関業務に使用されるユーティリティと。 作成されたものを含む、税関管理の分野で(駐車場、ガードレールの設置、道路標識の建設を含む)ロシア連邦の国家国境を越えて商品や車の動きに使用国境通過地点、輸送、エンジニアリング構造物への道路やアクセス道路の建設と再建、税関の許可を得て、ロシア連邦の国家の境界線の5キロの半径内のロシア連邦の状態の境界線に沿って、 政府当局とその監督の下で。
24。 税関管理区域内で行わ生産やその他の経済活動は、税関職員の円滑な運営を妨害してはなりません。
25。 税関管理区域での生産やその他の経済活動の実施に関する決議は、関係者の書面による要請に応じて税関管理ゾーンを作成したの領域では、税関当局の責任者を与えられています。
26。 税関管理区域の産業や他の経済活動の認可の申請が税関管理区域内で行うことが期待されている活動の種類や性質についての情報を含まなければならない、そのような活動の計画期間についての情報を、これらの活動を行います者のリスト。
27。 税関当局の頭には、アプリケーションを検討し、提案活動や、この記事の23 24部品によると、 "(日)まで許可されている税関管理区域での生産やその他の経済活動」文での解像度を置くものとします。 解像度を適用するための許可書を発行する拒否の場合には拒絶理由を示し、「宣言された活動の実施に関する決議を拒否されました」。
28。 元のアプリケーションが関係者に返され、アプリケーションのコピーが税関当局に格納されています。
29。 この条の規定は、本契約の条89に従って認可事業者の施設、屋外エリアやその他の分野で商品の一時的な記憶には適用されません。

164を§。 税関管理の実現の規約
1。 条件付きの商品をリリースすることに関しては、税関に関税同盟とロシア連邦の法律の関税法令の規定の遵守を確認し、関税地域外の処理のために再輸入や通関手続きの下に義務がロシアから輸出品は、商品の条件内で許可されなければなりません税関の監視の下、または関税地域外の一時的な輸出又は処理のための通関手続きが完了するまで。
2。 税関当局は、税関管理下で財の終了後3年以内の商品のリリース後に税関管理を行わなければなりません。

165を§。 、執行力の他の連邦機関の職員をもたらす管理、監督を行使、税関管理に参加します
、管理、監督を行使ロシア連邦の行政権の他の連邦機関の職員をもたらす税関管理に参加するためにロシア連邦大統領の関連する連邦法、ロシア連邦の規制、行為だけでなく、連邦政府の行政当局の共同行為によって決定されるようにして行われます税関の分野で承認され、執行力の関連する連邦政府機関。

記事166。 税関管理に必要な書類や情報
1。 申告者は、税関分野におけるこれらのオペレーティング、及びその他の利害関係人は、税関当局への関税同盟条98税関コードに従って税関管理に必要な書類や情報を提出する必要があります。
2。 税関当局は、法人及びその他の政府機関の状態の登録を担当して当局から彼らは税関管理を遂行するために必要な情報を受け取る資格があります。 情報を交換するための手順は、これらの担当連邦執行機関とともに、税関分野で認可連邦執行機関によって決定される政府機関です。
3。 税関管理のために必要な書類は、商品が税関管理下にあるの地位を失い、その間年後の少なくとも3暦年のためdeclarants及びその他の利害関係人と同様に、税関当局が保管されなければなりません。 認定経済事業者、通関担当、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者は、免税店や習慣キャリアの所有者は、税関操作を実行する年後に5カレンダー年以内にこれらの文書を保持しなければなりません。

記事167。 税関検査に必要な書類や情報と銀行を提供
1。 税関契約(契約)の検査認証謄本、取引のパスポートの認証謄本、銀行監督文、書類の証明書のサブジェクトに、監査済みのエンティティ(個々の起業家)の活動に関する文書や情報を保有する銀行から要求する権利をチェック行っ税関当局、ソーダを含む署名とシールのサンプル、ならびに組織操作(起業家)のアカウントのステートメントを使用してカードの認定コピー 銀行および銀行業務上のロシアの法律に基づき、銀行の秘密をrzhaschie。 銀行が受領した日から、または要求された文書や情報を持たない同期間のレポート内の5日以内にそれを実行し、文書や情報のための妥当な要請を受けました。
2。 そうでなければロシアの法律で定める場合を除いて、税関に提出された書類のコピーを公証請求を許可されていません。 必要な場合は、税関当局は、元の文書へのアクセスを持っているかもしれません。
3。 税関分野で認可連邦執行機関によって確立された銀行の税関当局に要求を送信するためのフォームと手順。 (2721から順FCS№30.12.2010を参照してください)
4。 ロシア中央銀行と協調して、税関分野で認可連邦執行機関によって確立された税関当局の要求に応じて、銀行の書類や情報の形式と順序。
注意! 銀行や他の金融機関の文書や税関当局の要求に応じて情報によるプレゼンテーションの順番は、ロシア№1388 30.06.2011街のFCSの順序を参照してください

記事168。 税関違法にロシアに輸入された商品を見つけた当局、またはそのためのそれらの付加的な権限は、税関手続や使用上の制限の適用の条件と商品の(または)処分に違反し
(282から連邦税関サービスオーダー№14.02.2011の実装を参照するには)
1。 点でロシアに密輸品の税関当局により関税統制の枠組みの中で検出された、またはに関しての商品は、使用上の通関手続きや規制の適用の条件に違反し、(または)物品の処分場合は輸入関税や税金を支払うためにメリットを提供、関税、税または実施に関連して、関税同盟の関税地域で商品を購入した人のための制限事項の不遵守の不払いをもたらしました 彼らは削除されていないと、彼らは行政犯罪やロシア連邦の刑事上の手続法制上のロシア連邦の法律に基づいて逮捕されていなかった場合は、その事業活動IEMは、そのような商品は、税関当局によって押収されなければなりません。 税関の目的のためにこれらの商品は、税関の監視下にあると考えられています。
2。 一部1に従い、物品の押収は、この記事では、税関当局又は当該物品が発見された個人、またはその代理人の存在下で、少なくとも2人の証人の存在下で授権された役員の頭の合理的な決定に基づいています。
3。 このような物品の押収は、二人の証人の存在下で作成されなければならない。 行為または押収された商品が自分の名前、番号、および個々の特性に沿って詳述されているたな卸資産を併合した。 行為が商品、またはその代理人並びに証人を押収発見された人で、除去を実施税関職員によって署名されていると述べた。 レポートのコピーは商品、またはその代理人を削除人に与えられます。
4。 グッズ条1 202本明細書の一部によって確立された規則に従って、条4この連邦法に従い、または他の場所で保税倉庫に掲示、パート189この記事によると、撤退。 押収された商品の長期保管は1ヶ月です。
5。 この条のサブセクション1で指定された者は、関税同盟の税関コードと、本連邦法の記事81の記事119に従って関税と税金を支払うために制限の遵守を確認する書類を提出すると、この連邦法の記事217に合わせて商品の申告を実施する権利を有します。 言った額の利息は、関税を請求されていません。 ような人がいないこの記事1で述べた自社製品の検出の日から5日以内に関税の支払いを支払う場合は、そのような商品の一部を採取してはならない、そのような財の点で制約の遵守の要求がなされていることを提供します。
6。 この記事1部分に従って押収品は、押収品の有効期限、この条5の確立一部まで、この条の4部分を設立要件を満たす人に戻りました。 商品の返品は、3営業日以内に行われます。 これは、税関職員が署名し、三重に引き上げられた場合、商品の押収、没収返品人、またはその代理人、及び押収品の保存を実行している人、またはその代理人を行いました。 行為の2番目のコピーを没収返品人、またはその代理人、押収された品物の保管を行っている人の第三のコピー、またはその代理人に与えられています。
7。 要件は、この記事の5部分は、この記事パート1に規定する者を設定した場合、商品が税関やその他の政府機関が違法に関わる人々を識別するために必要な手順を行うことなくなるわけではありません税関管理下のステータスの喪失として、税関の目的のために考えられている商品がロシア連邦にインポート。
8。 そのような商品の処分が第1本契約に従うものと有効期限を過ぎてこの記事のパート5で指定された要件から、この記事パート190で指定された商品を購入した人の拒否の場合には。
9。 ロシア連邦、商品に輸入が禁止されている引当金設立の部品5と6品には適用されないこの記事では、の売上高は、のリストはRF政府だけでなく、商品によって確立され、ロシア連邦、軽工業製品の法令に基づいて禁止されています関税同盟やロシア連邦のメンバー - の国際協定に従い、輸入の尊敬の数量制限で そして、。 これらの製品は、ロシア連邦に、このような財の不法輸入に関わる人々を犠牲にし、ロシア連邦政府によって決定例及び方法で破壊されなければならない、彼らがインストールされている場合、これらの製品を持っている人は、そのような人は知っていたかについては知られている必要がある場合は、取り下げられましたロシア連邦や他の例では連邦予算の押収品の密輸。

記事169。 税関制御中に施設や船舶、航空機の使用
1。 税関管理の時間を短縮するために、より効率的に税関が税関管理、リストとアプリケーションの順序の技術的手段を使用することができるために、税関分野で認可連邦執行機関によって設定されます。 (2509から順FCS№21.12.2010を参照してください)
2。 団結と計測・計量管理およびロシア連邦の法律に実装された技術的手段による税関業務の監督に必要な精度を確保する連邦執行税関業務の分野で承認体、およびその下位の税関当局が作成した計量部門を注文します。 習慣を行うの動作は、測定の均一性を確保する上で、ロシアの法律に応じて他のエンティティによって実行される測定の文書化された結果を使用することができました。
3。 税関管理のための水や航空機の税関当局の使用手順については、この連邦法に従い、ロシア連邦政府によって設立されなければならない。

記事170。 商品と車両、建物や他の場所の識別
税関管理下の商品の識別、車両、建​​物、タンク、であるか、または税関分野で認可連邦執行機関によって確立された税関管理の対象商品とすることができる他の施設の適用の順序。

記事171。 行政犯罪に例の生産に税関管理の結果を使用して、民事·刑事事件
この節の規定に基づいて作成税関管理の結果、仲裁裁判所や職員がこれらのケースを考慮して、刑事上および民事事件と行政犯罪の場合に証拠として認め、裁判所による評価の対象とすることができる、決定に対する控訴、アクション(犯罪者protsessuaに応じて、他の証拠とともに、仲裁裁判所によって解決税関機関や経済紛争に彼らの職員や例不作為) ロシア連邦、民事手続、仲裁手続のロシア連邦の法律や行政違反のロシア連邦の法律をlnym。

記事172。 税関管理で税関検査。 税関制御時の専門家や専門​​家の参加
1。 税関管理を行うための専門家や専門​​家の関与が記事101、102 20と関税同盟の関税コードの頭の中で定義された手順に準拠して行われている。
2。 税関制御時の税関検査が任命され、この条の規定により関税同盟の章20税関コードに従って行われるものとします。
3。 時を除いて関税同盟の税関コードの段落2の記事139に基づき、税関検査のための締め切りは、審査のために必要な期間のため、このような延長の理由を述べ、税関審査を行う税関当局の頭(次長)の書面による許可を拡張することができますこの連邦法に基づいて商品のリリースには、検査の結果まで行われていません。 この場合、検査は関税同盟の税関コードの条4 196の段落に従って、期限の延長を考慮して、商品の解放の期間を超えない期間で行われるべきです。
4。 税関検査のために別の許可の組織の期間における税関検査の場合にはリリース場合を除いて、審査のために必要な期間のため、このような延長の理由を述べ、税関指定の税関検査と連携した認可ボディの頭の書面による許可を得て延長することができます品物は、検査の結果まで行われていません。 この場合、検査は関税同盟の税関コードの条4 196の段落に従って、期限の延長を考慮して、商品の解放の期間を超えない期間で行われるべきです。
5。 税関検査の用語が不一致の場合に停止しなければならない税関検査の任命に関する決定で指定されたリストのオブジェクトを表さないが、10営業日を超えない。 税関検査の停止の命令は、税関分野で認可連邦執行機関によって確立された日付。 (396から順FCS№25.02.2011を参照してください)
6。 税関検査で関税同盟の関税法典の段落5 138の記事で、税関当局の不在に規定する場合に拒否されることがあり、税関検査、または税関専門家(複数可)に必要な資格の他の権限のある機関を実施。
7。 サンプルや税関検査のための商品の標本を取るための手順は、関税同盟の条144税関規程で定める条件の下で、税関分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 (396から順FCS№25.02.2011を参照してください)
8。 税関検査の任命の形の決定、習慣の分野で認可連邦執行機関によって設定された税関検査のための税関の専門家(S)の結論。 税関検査を行い、税関審査を行う税関当局のシール、または他の許可組織が税関検査を行う税関専門家(S)によって署名されたアプリケーションなど、税関検査のための税関の専門家(S)、の結論の各ページ。
9。 関税同盟の関税法に従って、専門家や専門​​家のサービスのための支払いは連邦予算から賄われなければならないケースでは、このような費用の償還は政府が決定するものとする。

記事173。 関わる専門家(スペシャリスト)税関検査のための他の権限のある機関
1。 税関検査のエキスパート(専門家)他の認可された組織の選任は、税関の専門家の審査を行うため失敗になります。
2。 エキスパート(専門家)が契約ベースで税関検査を実施して従事し、他の認可された組織。
3。 税関当局による税関検査は、専門家(プロフェッショナル)は、他の認可された組織が、このような専門家(専門家)の順序の専門家に税関に提出しなければならないが任命された場合、文書は彼が必要な専門知識を持っていることが確認された。
4。 エキスパート(専門家)は、他の権限のある機関の権利と義務は、関税同盟の関税コードの20ヘッドを設立しました。
5。 税関検査のための負債のエキスパート(専門家)他の認可された組織に意思決定を行うための手順は、税関分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 (1500から順FCS№21.07.2011を参照してください)

章20。 フォームとコントロールのための税関手続

記事174。 フォームとコントロールのための税関手続

この連邦法によって確立された規定に従うことを条件として頭16 19と関税同盟の関税法によって確立されたフォームやプロシージャの税関の税関制御。

記事175。 施設と地域の税関検査
( "施設と地域の税関検査で税関職員の行為の承認について"ロシア№578 16.03.2011のFCSの順序を参照してくださいによる)
1。 施設と地域の税関検査を行うという命令の下に開催された施設や地域の税関検査。 敷地内の税関検査のための施設及び区域の税関検査は、オンサイトの税関検査の決定に基づいて行われる。
2。 施設と地域の税関検査は、その実装のために必要な最小限の期間であり、この記事の一部3で指定された場合を除いて、複数の営業日は続かないことができます。 施設と地域の税関検査は、一晩で成し遂げることはできません。
3。 税関検査は、次に掲げる場合には、0以上で3営業日続くことができます:
1)構内へと税関検査の対象となる領域へのアクセスの拒否、および(または)税関検査への商品の自主的なプレゼンテーションの否定;
商品の識別のための場合2)は部屋の中で、またはサイト上のアクションの実装を必要とし、税関検査の対象となり、これらのアクションは、1営業日以内に完了することができません;
3)検査の対象となる床面積と地域の量は、1 000平方メートルを超える場合。

記事176。 税関管理下物品の税関当局の会計処理
手続きと税関管理下で行なう貨物の税関当局の記録の形態は税関分野で認可連邦執行機関によって決定されるものとする。 (74から順FCS№13.01.2011を参照してください)

記事177。 在庫システムの確認と報告
警告!
- 税関分野における積極的な者による報告フォーム、ロシア№2636 28.12.2010街のFCSの順序を参照してください
- チェック·在庫管理システムおよびレポートの形、ロシア№2522 22.12.2010街のFCSの順序を参照してください
- レポートフォームは、国内消費のために関税地域に及び関税地域外の処理のための通関手続のアプリケーション内の税関当局に提出し、ロシア№778 13.04.2011街のFCSの順序を参照してください
- レポート税関フリーゾーンの税関手続きの下に置か商品上のフォーム、および税関フリーゾーンの通関手続き、およびこれらの製品に関するレポートの税関当局の発表の下に置かれた商品の作られた商品(受信)、ロシア№1327のFCSの順序を参照してください。市内から23.06.2011
- 処​​理、販売、輸送、保管された情報の報告の形式、および(または)を使用し商品と関税と税金の支払いに対する便益の提供と国内消費​​のためにリリースの税関手続きの下に置かれ外国貨物についての知識を使用して(または)人の税関操作これらの製品の順序を使用上の制限に関連付けられていると(または)、ロシア№378 01.03.2012街のFCSの順序を参照してください
1。 関税同盟在庫システムをチェックし、税関管理の形態は、税関の分野で活動を行った人の点で行われるよう報告の税関コードの段落3記事121によれば、許可経済事業者だけでなく、関税上の処理のための通関手続きの下に置かれた商品に関して領土、関税地域外で加工、国内消費のための処理、一時的な輸入(許容範囲)、無料税関ゾーン、無料の倉庫とvypu KA関税や使用上の制限および(または)これらの商品の処分に関連した税金の支払いにメリットの提供と国内消費のために。
2。 同じ期間の在庫システムをチェックする時間です。 テスト結果は、行為を記録しています。
3。 在庫システムのチェックは、税関に提出された一次資料の、アカウントおよびレポートに反映されているデータとこれらのデータを比較することにより、税関が現在入手している情報、コンテンツと税関当局に提出した報告書に含まれる情報を調べることで行われていますリクエストを推論した。
4。 税関倉庫、免税店、内側の加工、外向きの処理、国内消費のための処理の通関手続きの下に置か外国製品の知識を、税関業務の分野で活動を行う特殊な単純化を楽しむだけでなく、使用および(または)人、一時的な入場料(入場)、無料税関ゾーン、無料の倉庫や関税、現金の支払いの利点の提供と国内消費のためにリリース および(または)これらの商品の処分、または使用制限と使用上の制限と相まってGOV、および(または)物品の解放、または保存後の関税同盟の税関コードのサブパラグラフの1ポイント1の記事195で参照される書類の提出に関連したため、外国製品は、保存された輸送、販売、加工して(または)物品を使用し、通関業務を行っに関する報告書を提出する必要があります。
5。 この記事の4部分に言及文は、紙の上の情報の必須条項にデジタル署名の存在下で、または電子的な形式でデジタル署名なしで電子フォームで税関当局に提出され、組織の長、主任会計士またはそれらが認定した者が署名することができると印刷。 この条の規定により提供される報告フォームは、税関担当の連邦執行機関によって決定されるものとする。 (715から順FCS№06.04.2011を参照してください)
6。 通関業者は、税関当局が通関業務を発生したの面で商品に累積報告に​​提出すること、報告期間の翌月の10番目の四半期に義務づけられています。 操作ごとに、レコードが指定する必要があります。
1)税関操作その税関当局の名前;
2)税関申告の数;
3)通関手続を宣言;
送信者の4)名前(受信者)、納税者番号;
5)通関業者によって表される人との契約番号と日付;
6)顔、関税と税金;
7)量は関税と税金を支払った;
8)対外経済活動の名称の下にあるコードを持つ製品の名前;
9)物品の関税価値;
10)商品の正味重量;
11)日付と仕事の行為の数が行われ、サービスが提供される。
12)、姓、名、ミドルネーム(税関申告に充填された人のいずれか)であれば、彼のアイデンティティ証明書(パスポート)を証する書面のシリアル番号。
7。 少なくとも一度は3ヶ月で申告者はメイド製品、廃棄物、残基の数を調整するために関税地域での処理のための通関手続の利用の要件や条件の遵守に関する報告、税関管理のアプリケーション関税地域での処理のための通関手続きを担当する税関に提出しなければならない。 レコードは、税関への提出日を記入しなければならない:
1)番号に対応する税関申告で、関税地域で処理するための税関手続きの下に置かれ、生産工程で使用されている商品の名称及び数量;
2)対応する税関申告の数字で、関税同盟の関税領域からエクスポート、または解放自由流通や関税同盟の関税法に従って他の税関手続きの下に置か加工品の品名、数量、
3)税関手続きの下に置かれていない加工品の品名、数量、;
4)物品の処理の結果として発生する廃棄物の品名、数量。
8。 後で1しない日はなく、関税同盟の条249 30税関コードに従って税関の領土に処理するための税関手続きの完了後に提出され、加工品、廃棄物、税関の領土処理に対するpermitで指定された残基の番号の最後の和解についての報告加工製品の最新のバッチのリリース。
9。 少なくとも一度は3ヶ月で申告者は、税関の領土外処理の税関手続きの利用の要件や条件の遵守に関する報告、税関管理のアプリケーション関税地域外の処理のための通関手続きを担当する税関に提出しなければならない。 レコードは、税関への提出日を記入しなければならない:
1)対応する税関申告の数字で、処理のために発行した許可証に従った関税地域外で処理するための税関手続きの下に置かれ、生産工程で使用する商品の名称及び数量;
2)名前と洗練された製品の関税同盟の関税領域にインポートして、数字に対応する税関申告と関連する税関手続に付さ量;
3)税関手続きのもとに置かれない洗練された製品の関税同盟の関税領域にインポート名と数量;
4)が副産物関税地域外で処理するための税関手続きの下に置か関税同盟の物品の名称及び数量、関税同盟の関税領域にインポートされません。
10。 関税同盟の条260税関コードに従って関税地域外処理の税関手続きの完了後に提出され、関税地域外商品の処理のための許可証に記載された加工品の数の最終的な和解に関する報告が、加工製品の最新のバッチがリリースされた遅くとも30日にフォーム。
11。 少なくとも一度は3ヶ月で申告者は、国内消費のための処理の税関手続きの利用の要件や条件の遵守に関する報告税関管理、国内消費のための処理の通関手続きの適用を担当税関に提出しなければならない。 レコードは、税関への提出日を記入しなければならない:
1)番号に対応する税関申告で、国内消費のための商品の処理のために発行した許可証に従った国内消費のための通関手続の下に置かれ、プロセスで使用される商品の名称及び数量;
2)加工品の品名、数量自由な流​​通のために解放または対応する税関申告の数字で、関税同盟の関税法に従って他の税関手続きの下に置いた;
3)税関手続きの下に置かれていない加工品の品名、数量、;
4)名前と結果の廃棄物の量。
12。 関税同盟の条273税関コードに従って国内消費のための商品の加工の税関手続きの完了後に提出したが、遅くとも30日最新のリリース後、加工品、廃棄物、国内消費のための商品の処理のための許可証に記載された残基の番号の最後の和解についての報告バッチ処理製品。
13。 使用および(または)、一時的な輸入(入場)の通関手続の下に置かれた商品を所有している、無料税関ゾーン、無料の倉庫や使用上の制限に関連した関税と税金の支払いにメリットの提供と国内消費のために解放し、(または)人これらの製品のため、または使用上の制限があると(または)商品のリリース後、関税同盟の税関コードのサブパラグラフポイント1 1 195の記事で言及した文書の提出に関連した順 半年に一度以上または税関当局の要求ではあまりないが、これらの税関手続きの適用の要件と条件の履行に関するレポートだけでなく、使用上の制限及び(または)物品の処分を提出する必要があります。 許可された経済事業者を除いて、外国製品を保つ者は、関税の分野で認可連邦執行機関によって確立された用語に保存されている商品に関する報告書を提出する必要があります。 この段落で言及税関レポートへの提示の順序は、関税の分野で認可連邦執行機関によって決定されなければなりません。
14。 記録保持及び第96条に定義された経済事業者を承認した税関当局への報告のための手順。
15。 一時記憶、税関倉庫、免税店の所有者の所有者の所有者を報告し、税関当局へのプレゼンテーションの順序は、税関キャリアが税関分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 (715から順FCS№06.04.2011を参照してください)
16。 障害および(または)後期この条の規定に基づく税関へのタイムリーな報告の提出、並びに虚偽の情報を含む、報告するためには、サブセクション4この条に規定する者は、ロシア連邦の法律に従って責任を負うものとします。

記事178。 税関検査の結果を文書化し、その結果に基づいて意思決定
1。 習慣の結果が出たチェック:
1)税関検査時の行為デスク税関検査机;
2)行為終了税関は、オンサイトの税関検査で確認してください。
2。 税関チェックの行為が2つのコピーが作られ、税関の職員が署名され、税関のチェックを行っています。
3。 法律税関検査が含まれている必要があります
1)監査対象のエンティティに関する情報;
2)税関の職員については、税関検査(位置、名前、名前)を行う;
3)法令の規定を参照して税関事項について体系的知見の記述(兆候)関税同盟の関税法の違反、および(または)ロシア連邦の法律要件が侵害されているか、所見の有無に関する情報(標識)違反;
4)の知見や違反を排除したり、応答のための提案、および関税、税および任意の査定dovzyskaniyu量。
4。 完了日は行為税関検査の税関検査の日付です。 税関の通関検査(副主任)の頭部によって承認行為は、税関のチェックを行っています。
5。 不払いや税関の税関検査報告書チーフ(次長)に基づき、関税や税金の不完全お支払いの場合には、関税の分野で適切な判断(決定)を取ると同時に、小切手、または彼が認定した者を、行うために、このような意思決定の場合その管轄内(これらの決定)。 この場合、税関検査の行為の最初のコピーは、税関の資料を添付しなければならない、遅くとも税関検査の完了日から5営業日を検査者および(または)関税、税金の支払を受賞、またはそのアドレスに送信されたよりも(s)は、税関検査や意思決定の行為の2番目のコピーをチェックしません書留郵便でリターン領収書が要求されて。 活動の領域で税関に送信されたチェックを行うための税関当局によってその(その)の受け入れのための法と意思決定(複数可)のコピーは、税関によって提供アクションの実装のため、遅くとも税関検査の完了日から5営業日より、商品のリリースをなされていません関税同盟と関税問題に関するロシア連邦法の立法、この連邦法に従い、関税の支払いに請求。
6。 税関検査を行う税関当局の決定(s)の実装では、税関当局との相互作用の順序は、税関分野で認可連邦執行機関によって決定されます。 (823から順FCS№20.04.2011を参照してください)
7。 監査の決定の採択(s)は有能でない場合は税関検査、報告書の税関検査のコピーを行う税関当局は、意思決定(そのような決定)承認税関に送信されます。

記事179。 税関検査の割り当てフィールド
税関検査は、税関当局のヘッド(次長)によって署名されたオンサイト税関検査の決定に基づいて行われる。

記事180。 出口の税関検査の懸濁液の日付および方法
1。 出口の税関検査の懸濁液は、関税同盟の関税法典の段落12 132記事に規定する場合において実施。
2。 試験を行った税関当局、または試験を行うその正規税関吏のチーフ処理出口税関検査ソリューションの中断と再開(次長)。
3。 停止期間は、出口の税関検査は6ヶ月を超えてはならない。 チェックが権限のある当局への要求の必要性のために中断された場合 - 関税同盟や外国のロシア連邦の国際条約に従い、かつ6ヶ月以内に税関当局が受信されない要求された情報は、チェックの結果に材料であるこのレビューの懸濁液を3ヶ月延長することができる。

記事181。 出口の税関検査するために、監査主体の被写体に税関職員へのアクセス
1。 テスト担当者は、税関職員への関税同盟の関税法典の段落3 133の記事で指定された例のオブジェクトへのアクセスを拒否する権利があります。 被監査主体の不当な拒否は税関検査を行う税関職員にアクセスする場合には、監査対象のエンティティのオブジェクトは、2人の証人の存在下で作成されなければならない。
2。 1行為のこのセクションで指定されたが、税関検査、監査対象のエンティティまたはその代表者だけでなく、証人を行う税関当局によって署名されています。 行為のコピーが検証人またはその代理人が与えられます。
3。 この記事1項で指定された行為に署名するための監査を受けたエンティティまたはその代表者の障害、税関検査を行う税関職員の場合においては、この法律では、このエントリは、になります。 テスト担当者が署名しないための理由を記載した文書を与える権利を有する。

記事182。 オンサイトでの税関検査のためのインベントリー
関税同盟の関税コードのサブパラグラフ6ポイント1 134の記事に従って、税関職員が実施した製品の在庫は、税金および手数料に関するロシア連邦の法律に従って棚卸税務当局のために処方されなければならない。

記事183。 商品の差押命令、オンサイト税関検査のための商品や書類の押収
1。 商品と関税同盟の関税コードのサブパラグラフ11ポイント1 134の記事で指定された目的のために製造された物品の除去の発作。
2。 商品の差し押さえの根拠は以下のとおりです。
1)それらの特殊マークなし商品の検出、関税同盟の関税法、またはロシア連邦の法律に基づいて商品を指定するようなマーク、識別マークは、ロシアに輸入された商品に表示しなければならない場合、他の手段によって商品の兆候や記号を識別する、または商標またはIDを持つ製品は、偽造の特性を有することを意味する;
2)関税同盟やロシア連邦の関税法令に従ってなど、ロシア連邦の領土に必ず商品の売上高を、市販の文書で、そのような情報を指定する場合は税関申告を確認する監査済みエンティティ情報の商業文書の欠如および(または)商品の発売、検出このような情報の不正確さや、そのようなドキュメントが存在する場合、この情報は、指定されるべきで、商業文書の欠如 ntov必ずしも関税同盟やロシア連邦の関税法令に従い、
3)商品は条件付きで解放され、使用される使用上の制限に違反すると(または)これらの製品の順序を、または輸入関税および税の納付の免除を付与の条件と一致して目的に違反していることが確認することができることを示すことができる兆候の検出;
4)商品は関税と税金の支払い免除を付与するための条件および(または)の手順に照らしてチェックされていないことを示すかもしれない兆候の検出;
5)スキャンした項目は、税関手続の条件及び要件に違反して使用されることを示してもよい兆候の検出。
3。 商品の逮捕は、使用を禁止し、物品を処分することです。 商品が押収され、所有者またはそのような商品に関して権限を有する他の者に寄託します。 商品を使用してくださいが押収され、それが終了税関検査、またはそのような財の点で権限を持つ人に税関当局により認可公式を行う税関当局の責任者(次長)に許可することができます。 商品の転送が他の人は、彼らの疎外やそれらの処分は、他の方法で許可されていない、押収されています。
4。 商品の逮捕は、その安全性を確保するには不十分であると信じるに十分な理由がある場合にも、関税同盟やロシアの循環の関税地域への輸入を認めない商品をチェックして、兆候に気づいた場合、税関は物品を徴収しなければならない。 一部202記事4明細書を設定したルールの下で、この連邦法第189により、又は他の場所で一時保管倉庫に置かれるために押収された商品。
5。 税関検査のために被監査主体の十分なコピーではなく、税関当局は、元の文書が破棄できると信じる合理的な根拠を持って、隠された、修理または交換の場合には、税関職員は、元の文書を撤回する権利を有します。 原稿を削除する場合は、重複の元の文書の撤退に作成しなければなりません。 彼らは押収された人から人に渡さ押収した文書のコピーを持つ行為の2番目のコピー。 文書のコピーには、元の文書の撤退の行為との撤退を行った税関職員の署名の数と日付を表示しなければなりません。
6。 商品、ドキュメント、および制御されたような商品を発見した者は、ドキュメント、またはその代理人の存在下で、税関検査を実施し、少なくとも2人の証人の存在下で、税関当局の合理的な決定によって生産される財の発作の発作。
7。 すべて取り下げ製品、文書や逮捕が物品、書類又は物品の押収、差押えのに関与証人などを課し、および必要に応じて、パッケージ化された密閉型または密閉された商品。 押収された文書は、番号を一緒に接続し、密封または監査エンティティ(またはその代理人)によって署名されなければなりません。 ドキュメントを取っての行為で書類を入手するための印章若しくは署名を監査するエンティティ(またはその代理人)の障害が発生した場合に、その特別なマークがある。
8。 商品、書類や物品の押収の発作を作成しなければなりません。 この行為、または押収品のそれに接続されている在庫では、書類や物品を押収され、自分の名前、数量、個々の特徴とともに詳細に記載されています。 同法は、税関職員が署名し、発作又は取り下げた商品、書類や物品を押収されて発見した者、またはその代理人のほか、証人を逮捕されなければなりません。 コピーは商品が文書を発見している人から人、または彼の代表者に与えられています。
9。 押収品、書類や物品は条本契約189や商品に合わせて拘留されなければならない時に発作の除去は、場合を除き、遅くとも終了税関検査の端部よりもなされてはならないの戻り、文書は行政上のロシアの法律に従って押収または拘留されなければなりません犯罪、刑事手続きロシア連邦の法律または本契約の条168に従ってインチ 押収品、文書や発作の除去が終了税関検査を行う税関職員の判断に基づいて行われなければならないのリターン。 押収された商品の返品に関する決議は、離脱発作の文書が重複して行わなければなりません。 この決議の第2のコピーは、商品が文書を発見している人から人、または彼の代表者に与えられています。 押収された品物は、彼らが押収された人から人に返却されなければなりません。 返すとき押収品は三重に策定し、税関職員、没収返品人、またはその代理人、及び押収品の保存を実行している人、またはその代理人によって署名されなければなりません。 行為の2番目のコピーを没収返品人、またはその代理人、押収された品物の保管を行っている人の第三のコピー、またはその代理人に与えられています。 押収された文書は、検査者またはその代理人に返却されなければなりません。 あなたが押収した書類を返却する場合、税関当局の公式及び被監査主体や被監査主体の代表者が署名した二つのコピー、中に策定します。 行為の2番目のコピーを検査者またはその代理人に与えられています。
10。 商品が押収された人から人を犠牲にして押収した品物の保管。 税関検査の過程で、それがこのような商品は、関税同盟や慣習上のロシアの(または)立法の関税法に違反したと判定された場合、そのような記憶装置に関連する費用は、連邦予算の支出のコミットメントを参照してください。 連邦資金の補償の順序は、政府が決定。
11。 出口の税関検査の結果を反映した商品の押収、商品との行為に規定する書類の押収のすべての事実に関する情報。
12。 この連邦法または物品や書類の記事189に従って抑留押収された押収品や商品が、行政犯罪のロシア連邦の法律に従って没収または押収されている場合には、ロシア連邦の刑事訴訟法やに従い、記事168は、本契約、物品、文書は、これに応じて作成されたドキュメントを、商品の押収や逮捕が返されることはありません 記事を撤回考慮しなければならない、と品物に基づいて文書の数を指定した税関検査を守備行為で、文書は、拘留さ押収または逮捕されています。
13。 出口の税関検査終了の日から二箇月以内に請求しない商品は、章21条に基づいて裁判所(調停)によって連邦財産に回って押収した。

記事184。 税関検査で税関職員の右側
税関検査の際、税関職員は、関税同盟の条134関税法に規定する権利を持っており、右へ:
1)が認可された経済事業者の地位を申請する検証人を必要とし、電子形式での在庫管理システムの彼からの情報だけでなく、監査されたエンティティ、会計主任の頭部によって署名され、監査されたエンティティのシール認証紙、上のそれからの抽出物を得る;
2)は、データベースとデータ保護に関するロシアの法律の要件を満たすために監査されたエンティティの自動化された情報システムのデータに、その権限内にオンサイト税関検査へのアクセスのために受け取る;
3)監査対象エンティティ識別文書の代表でオンサイトの税関検査をチェックするため、および(または)、資格証明書;
明確化が税関検査の問題の間には一切の専門知識を必要とする場合4)は、税関検査の任命を決定する;
5)この連邦法および他の連邦法によって規定されたその他の権限を行使する。

記事185。 税関検査中に被監査主体の職務
税関検査中にテスト担当者は、第十135税関関税同盟のコードと同様に指定された業務を遂行しなければならない:
書類の有無(情報)で1)、および(または)他の事情の発生がタイムリーにそれらを利用防止には、書類の提出期限の満了(情報)に非請求の理由を記載した文書を提供すること;
2)は、必要な情報を表示および取得する機能と税関税関検査を行う職員は、出口の税関検査に必要な書類(情報)へのアクセス、データベースおよび監査対象のエンティティの自動化された情報システムのデータバンクを提供し、紙の上で取得し、必要書類の電子媒体のコピー(情報);
3)がオンサイト税関検査決定で税関職員が通関検査を呼び出すために場合には、それらの調査のために必要な量の商品のサンプルを提供する;
4)は、テスト領域に関連する税関検査中に発生した問題についての明確化を税関検査を行う税関職員を与える;
5)は税関検査を行う税関職員の正当な要求を満たす;
6)この連邦法および他の連邦法で定められた他の職務を行う。

章21。 商品の処分の根拠と手続きは、連邦政府所有で押収され、拘留された商品は行政の犯罪や犯罪の対象にはなりません。 商品の拘留

記事186。 連邦政府の財産​​への商品の動き

連邦財産に適用される製品:
刑事事件における裁判所または裁判所の決定の効力発生の日から財産の没収のアプリケーションにおける行政違反の場合で1);
裁判所アプリケーション(クレーム)の税関当局又は認識無主の財産又はこの連邦法、司法行為の効力発生の日に定める場合を連邦財産に押収された商品の治療のために他の権限のある当局に基づいて2);
3)税関当局による物品が受諾の行動日から国家による拒否の税関手続きの下で商品の配置に基づいています。

記事187。 連邦政府の所有で押収品の処分
1。 裁判所の命令に基づき、連邦政府の財産​​で押収品の廃棄は、ロシア連邦の法律に従い、それらの実現には、破壊または処分によって行われる。
2。 項目はの実装を整理するためのロシア連邦政府によって認可連邦執行機関に提出する国家による拒否の税関手続きの下で商品の配置に基づいて連邦財産で対処、財産の破壊または再資源化(リサイクル)の項目を除いて、状態に引き渡さ、ここでロシア連邦の法律では処分のための特別な手順を確立した。
3。 光産業は、連邦政府の財産​​になって、政府によって決定されたリストは、ロシア連邦政府の定める手続に従い、破壊しなければならない。

記事188。 物品の寄付のための税関分野で認可連邦執行機関の権利は、連邦政府の所有で押収
1。 税関業務の分野で認可連邦執行機関は無料では連邦政府所有薬、生理用品、衛生、ドレッシングの材料、医療品、生鮮食品、ベビー、医療栄養製品のほか、洋服、靴に変換転送する権利を有しますおよびその他の必需機関、社会福祉、保健、教育、保育、社会的保護団体NACE Lenia; 歴史、科学のオブジェクトや文化的価値、博物館ではない芸術作品のオブジェクト。 動植物の動物園、自然保護区、博物館のオブジェクト。 宗教団体への崇拝の対象。
2。 商業活動のために、連邦政府の所有で押収物品の寄付は認められていない。
3。 アピールボディ、機関を書かれると、組織は中の貨物の取扱いに関する書面を受理した事業税関当局にこれらの製品を使用しない義務を持つ1この記事は、パート1この記事で指定された物品の寄付は、パートで言及彼らの寄付を検討して連邦のプロパティです。
4。 この条パート1で指定された商品の転送を決定するためには、税関は、税関は、税関当局謄本の分野で承認執行力の連邦機関に送付しなければならない:
1)連邦政府の財産​​への商品の処理に関する文書;
2)上訴機関は、この記事の一部の1に記載されている機関や組織、商品の自由転送;
商品のコストに関する情報を含む3)文書;
寄付された物品の品質と安全性を確認4)文書が送られた。
5)寄付する予定の製品は、文化的価値観(文化財の兆しを見せて商品に関連して)ではないことを示す調査結果;
6)税関当局から入手商品に関連する他の文書。
5。 税関分野で承認執行力の連邦機関への文書の方向で同じ時間情報で、パート1で指定された商品の転送の決定を作るためにこの記事は、連邦政府の所有で押収品の処分のためのロシア連邦政府によって認可体に向けられている。
6。 税関分野で承認執行力の連邦機関は、税関に提出された書類に基づいて、あなたがそれらを受け取る日付から後で30しない日では、実装時に税関への連邦政府の所有で押収品の無料送迎のための指示、または推論拒否を公表することを決定。
7。 税関分野で認可連邦執行機関の命令により、税関当局が代表機関への転送の行為によって商品の移動を整理しなければならない、機関、組織、権限不動産のために行動する1のこのセクションで言及され、適切な文書を受信確認及び委任状は​​、ロシア連邦の法律に応じて実行。

記事189。 商品の勾留は、行政犯罪または犯罪、これらの製品のドキュメントの対象ではありません
注意! 1月189 1年度から効果的な記事2013は、アートを参照してください。 325この法律
1。 税関当局は、行政犯罪または犯罪、関税同盟の関税法典の段落1 145の記事が提供する敷地内に物品上のドキュメントの対象とならない物品を留置することができる。
2。 商品の拘留中に行政犯罪や犯罪、および商品のための文書の対象ではありません関税同盟の委員会によって決定される形で記録しなければならない、のコピーは、キャリアへの配信を受けなければならない、拘束された商品の所有権の一時的な保管倉庫や他の人の所有者だけでなく、商品の受信者または送信者があるときは、その者が税関当局によって設定されている場合。
3。 商品を拘束し、一部1でこの記事を参照されたドキュメントは、一時的な記憶の満了日、もしくは関税同盟の関税領域からの商品の輸出のための関税同盟の関税法で指定されたその他の条件に従わない後日より税関当局が税関申告を取られるまたは記事152、170、185、192、208、231、234、305 354と関税同盟の関税コード、勾留のプロトコル部分の下2この記事の下の他のアクション。
4。 拘留された商品は、本契約の条202に従って一時保管倉庫に置かれたり、税関当局の領域で倉庫サービスに従事するストレージ組織のために転送されます。 特別な保管条件を必要とする製品は、適切な専門機関(団体)や公共団体に伝達されます。 ストレージのための商品の転送は受信と送信の行為を行う場合、コピーはその二、税関当局に残っている - 組織(機関)、物品の保管。 その人は、税関当局によって確立された場合、このような文のコピーは、商品の正当な所有者に送付されなければなりません。
5。 これらの商品に拘留された商品やドキュメントは、関税同盟の税関コードの§147に規定する場合には返還されなければなりません。 商品の復帰時、三重にまで描かれた商品の返品を行う税関職員が署名し、そのような拘束された商品や彼の代表だけでなく、ストレージを行う者、またはその代理人を返す人誰にされなければなりません。 行為の最初のコピーは、第二のコピーが拘留された商品またはその代理人、押収された品物の保管を行っている人の第三のコピー、またはその代理人を返された人に与えられ、税関当局に残ります。 拘留された商品を保存するコストは、商品を返送している者が返済されなければなりません。
6。 被拘禁者の文書は拘留商品又はその代理人が返さ人に戻ってすることがあります。 被拘禁者を返すと、その文書は二つの文書の返還を行う税関の職員が署名済みのコピー、およびそれらが返されます誰に人、またはその代理人に策定されています。 同法の第2のコピーは文書が返されます誰に人、またはその代理人に与えられます。
7。 関税同盟の関税地域に輸入関税同盟の税関当局が高齢である生鮮食品を除いて、逮捕された日から1ヶ月以内に品物の保管を行う第146税関コードに従って逮捕後24時間であり、禁制品または、領土の外で3日逮捕された後で保存期間を輸出した。
8。 段落7この記事は、引き取り手のない拘留商品190条本契約に基づき、販売して破壊されたり、処分されるべきで指定された制限時間後。

記事190。 連邦政府の財産​​を向いていない商品の処分
注意! 1月190 1年度から効果的な記事2013は、アートを参照してください。 325この法律
1。 拘留された商品の注文は、この連邦法第168に従って税関当局によって押収された商品は、財産の破壊または再資源化(リサイクル)に引き渡され、の実装を整理するためにロシア連邦政府によって認可連邦執行機関の実施状況、破壊または処分によって行わなければならない状態(この記事に言及 - 許可されたボディ)。
2。 事前に商品の逮捕又は押収を実施したが、税関当局遅くとも15日のために提供拘留された商品の賞味期限の満了前でこの連邦法または押収した物品の保管のサブセクション7記事189存在連邦法の段落4記事168で指定された用語、商品の宣言がなされていなかった場合は申告を知らせる書き込み、財の所有者は、および場合によっては所有者が商品の所有者についての外国人や情報がある場合 税関当局は、商品が逮捕や商品は、この章および当局の今後の移転に合わせて拘留されたり押収品を処分することができ、イベントの日付を押収した人からの人の時にあったその所有者不在です。 このような書面による通知を務めた署名あるいは、事実と通知の受領の日付に対して、人に当事者のこの部分で呼ばれることもあります。 電子形式での情報の転送を含む通信の商品可能迅速な手段、の拘留の通知の日に生鮮食料品の留置の場合。
3。 遅くとも当日より条7 189この連邦法によって指定された現在の連邦法、または押収された商品の保持の一部4 168の記事の下に押収された商品の満了の日の翌日拘留又は物品の押収は、有効期限の行為であることを税関当局重複の棚。
4。 一部3下の税関当局の声明このセクションのコピー、遅くとも3営業日以上のパート2この資料で指定された人に戻り領収書書留郵便で送られ、公表された日の後。 レポートの2番目のコピーは税関です。 税関当局によって認定報告書の写しは、一時的な保管倉庫や保税倉庫の所有者、または、商品が保管されている拘留または押収した人の所有者です。
5。 この記事の3一部を提供した税関当局の行為は、この記事に従って留置者又は物品の押収のための基礎です。
6。 :商品の拘留又は押収は、関税と税金の額を算出することが税関当局
逮捕の日に計算された国内消費のためにリリースの税関手続きの下でそのような商品を配置することによって支払うことになる関税と税金の量に基づいて押収された商品に関して1);
関税同盟の条2税関コードに従って押収された商品に関して81)。
7。 拘留さや押収品の保管の期間の満了の日から3営業日遅くとも商品の逮捕又は押収を行っていない税関当局は、組織の認可身体に必要な予想される有効期限、商品の位置、その数量及びその他の特徴について認可ボディを通知しなければなりません採用と逮捕の報告書のコピーと商品の輸出、およびによる関税と税金の支払いに計算のこの記事6に従って製造。 拘留されたり押収品は生鮮している場合、通知は商品が生鮮であることを示す、電子形式での情報の転送を含む急速なコミュニケーションの可能な手段、を含む、物品の逮捕や発作の日に送付されなければなりません。 拘留さや押収品の賞味期限の満了には、税関当局は、それぞれ、商品の申告、または所有者またはこれらの者がインストールされている場合は、他の合法的な所有者、または商品を削除人に通知しなければなりません。
8。 商品の拘留又は押収は、そのような商品は、転送権限の行為によって渡される。税関当局
9。 体を認定またはその代理人は、この条10の一部の下に税関当局と税関当局の通知を受領した日の後7作業日以内に、会計、評価及び処分のための輸出に拘留または押収品をから受け取ります。 税関当局は、拘束されたり押収商品は、商品の輸出の受け入れと認可ボディの推論治療ではなく、一ヶ月以上のための期間を延長する権利を有します。 生鮮品は、この条7の一部の下に税関当局の通知を受領した日の後、遅くとも3営業日より注文の認可ボディによって取られるべきではありません。
10。 市場価格に認可されたボディによって拘留又は押収された商品の実装。
11。 連邦予算に転送するために、買掛金および譲渡の行為の日から3ヶ月以上6この記事の一部に、最短時間での承認機関による当該物品の処分が、に従って税関当局によって計算関税と税金の合計額です。
12。 拘留11または押収された商品のこのセクションで指定された期間中に実現されていない場合は、権限が税関拡張機能の実装と一致しませんが、もう2ヶ月を超えない。
13。 ストレージおよび押収または没収物品の販売のコストがそのコストを超過する場合、そのような商品が破壊されるか、または許可されたボディの処理(リサイクル)されなければならない。
14。 破壊またはリサイクル(リサイクル)拘留又は押収された商品、ならびにそのような品物の保管や輸送に伴う費用の償還は、他にいない限り、連邦予算を犠牲にしてこの記事の2一部であり、そのような人物の不在に言及人によって実施されなければならない商品の特定のカテゴリに関して、ロシア連邦の法律によって提供されます。
15。 前に、その実装に拘留もしくは押収された商品の譲渡行為によって実際の受信なので、許可された身体の破壊または再資源化(リサイクル)は、それらの機能が失われた場合は、その安全性に責任のあることを確認しなければならない:
商品の損失のための関税や税金の支払いに支払うべき金額の連邦予算への返済のために税関へ1);
2)はこれらの個人の費用を補償するために、商品を処分するために所有者に付託された関税同盟の条149税関コードに従って源泉徴収すべき額を控除し、財を失った。
16。 この記事項2で指定された人は、関税同盟の関税法と関税同盟、税関申告または他のアクションの関税地域からの物品の輸出に関する関税のロシア連邦の法律によって提供される認可された身体への商品の転送の前に実行された場合記事152、170 185、192、208、231、234、305 354と関税同盟の関税法の下で、税関当局が商品を拘束し、又は差し押えて、そのような人の発行を防止する権利はありません。

記事191。 商品の売却による現金収入の処分
1。 商品の販売による現金収入は、連邦予算に転送連邦財産宛。
注意! 一部2 - 10 191記事はアートを参照してください、1月1 2013年度から効力を生ずる。 325この法律
2。 押収又は没収物品の販売による現金収入は、遅くとも認可ボディが受領した日から3日以上税関当局への同時提出との関税同盟の条149関税法に従って、当該ファンドの処分のために連邦財務省の費用でそれらに転送され、留置商品の又は押収、そのような商品の実現に関連するコストに関する情報。
3。 サブセクション2で定める資金の連邦財務省による受領の日の翌日、遅くとも5営業日より商品の拘留又は押収は、この記事はパート6 190に従って計算し、関税や税金の額を保有していなければならないことを税関当局連邦法と同様に、交通費、商品とそれらの実装に伴うその他のコストのストレージ。
4。 関税同盟の条149税関コードの下にアカウントの控除を考慮して計算された押収された商品の販売からの収入の現金残高は、税関当局は、申告者に返却され、商品の宣言がなされていない場合は、それらの情報の税関体の存在下で商品の所有者又はその他の法的所有者。 押収された商品の販売からの収入の現金残高は、商品が押収された人から人へと戻される。
5。 リターン領収書と登録したメールで、この記事のサブセクション3で指定控除の日の後、遅くとも5営業日より、商品の逮捕又は押収を行っていない税関当局は、この記事のサブセクション4、現金残高を得る可能性に指定された者に通知するものと、押収または没収品の売却による収入。 税関当局は、電子形式での情報の転送を含む通信のこれらの個人より迅速な手段を、通知することができるならば、それは、書留郵便の方向で同時に方法でそれらを通知しなければなりません。
6。 返される資金の利用可能性の通知の形、税関分野で認可連邦執行機関によって確立された押収又は押収品の売却による収入、。
注意! 押収又は没収物品の販売からの収入の現金残高を返すことに利用届出書は、ロシア№2710 30.12.2010街のFCSの順序を参照してください
7。 押収又は押収品の売却による現金収入のリターンは、申告者またはサブ4この記事に規定する者の書面による要請である税関当局に提出し、拘留又は受領の日の後、遅くとも翌日から3ヶ月以上の商品を押収しなければならない連邦財務省の費用で押収または没収物品の販売からの収入。
8。 押収又は没収物品の販売からの収入の現金残高の返還申請の税関機関による検討のための合計時間は、還付申請の税関機関の登録の10営業日を超えることはできません。
9。 現金残高の返還のためのアプリケーションで指定したアカウントに、ロシア連邦の通貨での押収又は押収品の売却による現金収入のリターン。
10。 この記事の7一部、押収または没収物品の販売からの収入の現金残高の返還のためのアプリケーションを提供した期間内に、商品の拘留又は押収を行った税関で未回収の引き取り手のない資金の量は、連邦予算の他の税外収入に計上されていると返却しません。

記事192。 商品の特定の種類の特徴処分
ロシアにおける循環または代謝回転から撤退貴金属、宝石及びその製品、文化的価値、商品のマーキングに従うことを条件として、有価証券、外国為替資産、その他の物品の廃棄は、ロシアの法律の定めるところにより、制限されています。

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!