情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 セクションIV - - 連邦法は311-FZ 27.10.2010№ロシア連邦およびロシア連邦からの輸出への財の輸入

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションIV - ロシアへの商品の輸入とロシアからの輸出

章22。 ロシア連邦への商品の輸入とロシアからの輸出の主な規定

記事193。 ロシア連邦への物品の輸入の場所
1。 直接関税同盟のメンバーではない国の領土からロシアへの商品の輸入は、税関当局の勤務時間中に、ロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイントです関税同盟の税関コードの条156に言及到着の場所で行わなければなりません。 ロシア政府は、物品の特定のカテゴリのロシア連邦の到着のためのロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイントを決定するために、同様の商品は他の場所でロシアに来ることができる、ロシア連邦の例と手順、国家国境にロシア連邦の法律に基づいて、確立する権利を有します関税同盟の税関規範に従い、到着のない場所。
2。 国ではない関税同盟のメンバーからロシアへの商品の輸入は、国の領土を通じて - 関税同盟のメンバーは、税関トランジット手続きの下で関税同盟の関税地域への到着に置かれた場所の特定の税関当局へのキャリアシーケンスのルートに沿って任意の場所で行うことができます対策として、関税同盟の税関コードの記事217に合わせて、商品の輸送のルートを確立する場合を除き、商品の配達、 税関トランジットの遵守を確保します。
3。 州からロシア連邦への商品の輸入 - サブセクション2でこの記事を指定しなかった場合の関税同盟のメンバーは、どんな分野であってもよい。
4。 規定は2 3に規定し、このセクションでは、道路の安全性、セキュリティ処理、それらの輸送​​のための特別な規則が適用され、ロシアの法律に関連していない他の目的を確実にするために、ロシア連邦の法律により設立さ制限の遵守からキャリアを免除するものではない税関連盟。

記事194。 関税同盟の非会員の領土からロシアに輸入された物品に関する運送人の
1。 商品は国の領土ではない関税同盟のメンバーからロシアに輸入されている場合、運送事業者は:
条1 1本明細書の一部に従って決定される宛先または任意の他の場所の代わりに商品を提供する193);
税関に商品を生産する2);
3)は、税関への書類及び情報、関税同盟の条159税関コードによって設定されているかのリストを提出する;
関税同盟とロシア連邦の法律の関税法に従って、そのような文書は仕向地で税関当局に提出する場合4)は、証明書、許可証、ライセンス又は禁止及び制限のセットの遵守を確認するその他の書類の提出;
5)は、関税同盟や慣習上のロシア連邦法の関税法によると、一時的な記憶や税関手続きに従い、税関申告での商品の配置に関連する税関操作を実行します。
2。 この記事の段落4と5 1部分で指定されたアクションは、利害関係人になるかもしれません。
3。 到着の場所への商品の配達を中断事故、不可抗力またはその他の状況では、キャリアは関税同盟の条157税関コードの下に行動を取ることが要求される。
4。 到着の代わりに、文書や情報に代わってキャリアを代表して行動する者が税関当局に提出することができる。
5。 書類が英語または他の外国語である場合、標準の出荷(輸送)書類の到着の代わりに、ロシアが批准した輸送の分野における国際協定によって設定されるの形式と内容の税関当局の場合には、ロシアへのドキュメントの翻訳が必要とされない交通(運輸)文書の国際標準品として想定。

記事195。 ロシアからの輸出
1。 この記事の一部3に定めるものを除き、関税同盟の関税地域外ロシア連邦からの商品の輸出は、ロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイントです関税同盟、の税関コードの条162に言及出発の場所で行われ、動作中にされなければなりません税関当局。 ロシア政府は、ロシア連邦の出発のためにロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイントを決定する権利を有する、特定の商品のカテゴリ、同様の商品は他の場所でロシア連邦から減少することができ、ロシア連邦の例と手順、国家国境にロシア連邦の法律に基づいて、確立するなど、関税同盟の税関規範に従い、出発地ではありません。
2。 ロシア連邦のキャリアからの商品のご出発時の文書や記事159 163と関税同盟の関税法に指定されている情報は、税関に提出しなければならない。 文書や情報に代わってキャリアを代表して行動するすべての人が提出することができる。
3。 そうでなければ、政府が指定しない限り、関税同盟のメンバーは、任意の場所に設置することも、 - 関税同盟、国家の領土におけるロシアからのそのようなモノの移動のメンバー - 関税同盟の関税領域からの品物の出発が他の国の領土から行われる場合は、この限りでない。
4。 例におけるロシアからの輸出は、第1に従い、輸出電力送電線を除いて、段落で3と313この記事はそれらの税関申告に従い、税関手続きの下に商品を置くために必要な他の操作を実行すると、商品のリリースすることができるために設けられ本契約。
5。 状態にあるロシア連邦の関税同盟の税関コードに従って関税同盟の商品のステータスを持つ財の輸出 - 関税同盟のメンバーは、関税同盟の関税法令及び税関業務上のロシア連邦の法律で定められた制限を受けることなく行われ、特に断りのない限り、ロシア連邦の国際条約で定められましたそして、ロシア連邦。 この部分の規定は、輸出管理の分野では、ロシアの法律を遵守の上、ロシア連邦とロシアの法律により設立され、他の要件の通貨の法律をロシアから製品を輸出者を解放しません。

記事196。 使用前の情報のための税関当局の行動
1。 予備関税同盟の税関コードの記事42に従って税関当局によって提供される情報、その研究のために使用され、分析、および制御の問題や、商品のオブジェクトの実装を選択するか、商品に関しての任意の他の結合の決定を取るために税関の前に商品の提出にデューデリジェンスを実施そこ税関法律によって提供されるよりも短い時間でのリスク管理システムによれば、非標的制御 共役連合(EU)と関税法上のロシア連邦。
2。 そうしないと関税同盟の関税法により提供される場合を除き、税関分野で認可連邦執行機関によって確立された事前情報を使用して税関職員の手順。

章23。 商品の一時保管

記事197。 商品の一時保管に関する一般規定
商品とその代表者に関して権限を有する者の商品、権利と義務の一時的な記憶の内容、記事167、170 171と関税同盟の関税コードによって設定された一時的な記憶。

記事198。 商品の一時保管
(01都市からロシア№11-9497/03.03.2011のFCSの手紙の中で説明を参照してください)
1。 一時的な記憶の関税同盟の条168税関コードに従って一時記憶し、次のその他の一時的なストレージは、次のとおりです。
1)税関倉庫;
2)倉庫は200条本契約に規定する場合には商品を受け取った;
3)ルーム、屋外エリア及び第1 1 86一部条に基づいて認可された事業者の他の領域;
4)第2 317一部条に基づいて国際郵便為替での別々の部屋;
契約航空機や乗客の鉄道輸送で運搬5)ストレージ不労所得や引き取り手のない荷物、;
6)海(川)ポートの領土以内の商品のアンロードおよび再ロード(転送);
ロシア連邦へのそのような財の輸入の代わりとロシアからの輸出の場所が同じであることを提供7)空港の政権内で外国製品のアンロードおよび再ロードの特別装備の場所(転送)、;
8)鉄道と駅のフィールド内の税関当局と合意に位置し、車のアンロードせずに商品を格納するために使用されるコンテナのサイト;
9)他の連邦法またはロシア連邦政府の行為によって定義された空間。
2。 商品の一時保管は、第163条に基づいて設立され、永続的または一時的な税関管理ゾーンです。
3。 段落2、4に規定する場合には、商品の一時的な記憶の他の場所で物品を一時的に記憶する - この記事の8 1は、関係する者の申請に基づいて税関当局からの書面による許可によるものとする。 他の場所で物品を一時的に保存するために許可され、ワンタイム(特定の委託を一時的に記憶するため)または一般(一定期間における外国貨物の定期的な一時的に記憶するため)にすることができます。
4。 関税と税金の支払いに備えるための要件を含む他の場所で物品を一時的に記憶するために許可証を発行するための条件や手続きは税関分野で認可連邦執行機関によって決定されるものとする。
5。 商品の一時的な記憶の他の場所で物品を一時的に記憶するための許可を受けた者に、商品の受取人の一時的なストレージの実装における荷受人のために、この連邦法記事4と5 200に定める責任が与えられています。
6。 税関当局は、税関の分野における行政違反に対する行政責任の前に税関当局の日に1年以内にその人を引き付けるために繰り返し(2回以上)の場合で商品の一時的な記憶の他の場所で商品を一時的に記憶するために人に許可を拒否するものと、を除いて、記事16.1 16.2と、1部分の記事16.9、記事16.11、16.13、16.14、16.19と行政犯罪のロシア連邦法典の記事2の3 16.23と部品内で提供 一時的な記憶は鉄道の線路上のキャリアによって行われている場合カールスバッドは、鉄道で輸入します。
7。 税関分野で認可連邦執行機関は、商品が商品を一時的に保存するために一時的な記憶領域やその他の場所に配置されている税関に書類や情報の順序、一時ストレージ内の商品の注文の部屋(デリバリー)(倉庫)とを確立商品の一時保管のための商品の他の一時記憶税関管理を確保するため。

記事199。 一時ストレージ内の商品の配置を伴う税関操作
1。 商品が商品に関連して権限を一時的に記憶する人数で囲むか、その代表者が税関に提示されると関税同盟の関税法のポイント1 169記事を指定したドキュメント。
2。 一時ストレージに商品を配置するために必要な書類は、税関通過(到着場所での税関当局への商品のプレゼンテーション)が完了した後、遅くとも3時間以上の税関当局に提出しなければならない。
3。 税関当局はこれ以上1時間未満の採択後に、一時的な記憶に商品を配置するために提出された書類を記録しなければならない。 一時ストレージに商品を置くための提出書類の税関当局による登録の日から、そのような商品は、一時的な記憶である。

記事200。 商品受取人の一時的なストレージ
1。 荷受人は、次のような場合であってもよい商品を一時的に記憶する:
1)商品のレシートの代わりに十分に近接してそのような商品を保管するように適合されても一時保管されていない場合、特別な保管条件を必要とする物品の一時的なストレージの必要性;
商品の受取人は、公的機関や機関2)である場合。
2。 一時的な倉庫荷受税関当局の許可を与える場合には商品の受取人が、公的機関または機関である場合を除き、関税と税金の支払いが必要な場合があります。
3。 株式荷受人に第三者が所有する外国貨物の保管は許可されていません。
4。 商品の受取人は、税関当局の許可を得ずに商品が付いている商品は、非フルフィルメント業務の安全を確保する義務を負っています。 税関当局は、それらが格納されている商品または施設のパッケージに未解決オーバーレイスタンプやシールで商品またはトランザクションのパフォーマンスの置換を防止するための権利を持っている。
5。 4記事8本契約 - 商品の受取人は、部品177に従って一時ストレージ内の物品の税関当局の報告を提出する義務がある。 商品の損失の場合には、関税同盟の条172税関コードに従って関税、税金を支払う義務がある商品の税関当局の受信者の承諾なしに第三者に転送します。

記事201。 保税倉庫の税関で品物の保管
1。 一時保管倉庫税関倉庫が開いており、条1 71本明細書の一部の要求事項を遵守しなければならない。
2。 税関当局の一時保管倉庫で商品を保管するときは、これらの倉庫に商品を置く者と税関当局の関係は、この連邦法およびロシア連邦の民法に従って実施されています。 公共の契約のために設立され、ロシア連邦の民法の要件の対象税関当局の一時保管倉庫にて商品を置く人に税関当局が締結合意に。 商品のストレージを実装するために利用可能との契約の対象を作るための税関当局の拒否が許可されていません。 税関当局の一時保管倉庫で彼らの商品を置いた人、習慣の分野で認可連邦執行機関によって決まる形での領収書の発行を証明するために、税関当局によるストレージのための物資の受け入れ。 (73 13.01.2011から635 FCSおよび順序番号から順序番号FCS 25.03.2011を参照)。
3。 これらの機関による品物の保管に関連して権利、義務及び税関当局の責任は、この連邦法によって確立された規定に従うことを条件として、ロシア連邦の民事立法の記憶域上の一般的な規制に従い、債務の性質に由来しています。
4。 税関当局の一時保管倉庫内の品物の保管は、第14条に基づいて関税を支払う。

記事202。 税関当局が一時ストレージ内の商品の配置
1。 アイテムは記事168、183と189本契約に規定する場合における税関当局による一時的な記憶に置かれるかもしれません。
2。 商品は所有者と税関当局による一時的なストレージに配置されている場合、政府により決められた順番で契約書にサイン。
3。 手数料は商品と損害賠償の貯蔵のための一時的なストレージの所有者は、パート1記事168、一部10 183の記事や記事5 189本契約の一部で認識される人々によって行われます。
4。 商品の保管のためのコストが商品の売却益を犠牲にしたり、連邦予算のために補償されなければならない場合には、コストが価格(関税)の保管期間内で動作に基づいて弁済されている一時的な記憶の所有者、公募に発表されたかの結論で使用生成文書コスト内 - 類似の保存条件を必要とする物品の保管に前記文書率(レート)の非存在下での合意 商品の保管のための一時保管倉庫のsの所有者。 RF政府により設立され、一時的なストレージコストの補償の所有者のための手順。
5。 その商品倉庫からの商品の配送時にそのストレージのコストを返済するために税関当局によって一時的なストレージに配置されており、かつ条183明細書のストレージコストに基づいて連邦予算から返済されなければならない人ならば、税関当局は、指定された払い戻しこの記事4部分に従って決定額の範囲内で、ロシア政府によって設立された方法での顔。 その償還または部分的返済の税関当局の失敗は、ロシアの法律のために上訴することができます。
注意! 税関検査の過程で、政府によって承認されたユーラシア経済共同体、および(または)慣習上のロシアの法律内で関税同盟の関税法に違反しないとなっている点で品物の保管に関連して人が被った税関費(コスト)の償還金繰704都市からのRF№19.08.2011

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!