Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 連邦法は311-FZ 27.10.2010を№ - セクションV - 通関手続き中の商品の配置を伴う通関業務を

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションVI - 通関手続き

章26。 税関手続に関する一般規定

224を§。 通関手続き中の商品の配置
1。 ロシアへの輸入品は、商品を除き、関税同盟の税関コードと現在の連邦法の定める条件に方法および被験体における税関手続のいずれかの下に置かなければなりません。
関税同盟国の(領土の関税地域から1)発信 - 関税同盟のメンバー)。
2)関税同盟の関税地域内で自由流通にリリース。 この連邦法の目的のために関税同盟の関税地域内で自由流通にリリース商品は、ロシア連邦のように、同一の禁止や制限事項が満たされているの点では同じ料金で支払った輸入関税の点で財であると考えられています、ロシア連邦のように。
3)関税同盟の領土に由来する製品で作られており、州の地域で自由流通にリリース - 関税同盟のメンバー。
2。 商品は関税同盟の関税地域外に輸出されることが意図される場合がロシアから輸出品は、税関手続の一つ下に置かなければなりません。 それは税関関税同盟の法律、またはロシア連邦の行為によって提供されている場合は、他の例では、ロシアからの輸出品は、通関手続きの下に配置されなければなりません。
3。 通関手続き中の商品の配置は、方法および関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定められた条件で行われます。
4。 関税上のロシア連邦の法律に基づいて、税関の分野で認可連邦執行機関は、税関手続の下に商品を配置するための許可の発行に関連するアクションの税関当局の順序を決定し、そのような承認の形態、ならびに手順を確立し、税関技術を実施します商品のカテゴリに応じて、操作が関税同盟の税関国境を通って輸送、輸送のモードだけでなく、人々のカテゴリが再 burghers製品。 (216からロシア語FCS番号07.02.2011の順序で、357 21.02.2011からロシアFCS番号の順に、532 14.03.2011からロシアFCS番号の順に、637 25.03.2011からロシアFCS番号の順に、。845 22.04.2011からロシアFCS番号の順序を見ます、1067 26.05.2011からロシアFCS番号の順で1070 27.05.2011からロシアFCS番号の順に、番号1072 27.05.2011からロシアのFCSの順で、1157 01.06.2011からロシアFCS番号の順で、1243からロシアFCS番号15.06.2011の順で、1371 27.06.2011からロシアFCS番号の順で、ロシア連邦税関と407 05.03.2012 Gからの注文番号)

225を§。 通関手続きの種類
1。 関税同盟の税関コードの条202に設立された税関手続の種類。
2。 関税同盟のメンバー - 無料税関ゾーンとの国際協定に基づいて確立された自由な倉庫の通関手続き。

226を§。 起源と税関手続中の商品の配置に関連して、関税の支払義務の終了
税関手続の下で財の配置と関税同盟の税関コードによって確立された税関手続の完了に関連して、関税と税金を支払う義務の起源と終了。

227を§。 税関手続の条項の遵守を保証します
1。 税関手続の内容は、関税、税金から完全または部分的な免除のために提供されている場合、税関当局は、本明細書の章16に従って関税と税金の支払いの担保の提供が必要な場合があります。
2。 通関手続きの諸条件は、商品の使用及び処分の制限のために提供している場合は、税関当局は、物品の識別を行うために、商品のパッケージにシールや切手の賦課を指定された限界の遵守に約束を提示申告し、他の人が必要な場合があり、それらが保存される設備、およびまた、これらの制限の遵守を確保するためのその他の措置を使用していました。

章27。 国内消費のためにリリースの通関手続き

228を§。 国内消費のためにリリースの通関手続の内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件
1。 国内消費のためにリリースの通関手続きの内容および記事210 211と関税同盟の税関コードで指定された国内消費のリリースの通関手続き中の商品を置くための条件。
2。 商品は状態の税関当局によって内部消費のためのリリースの通関手続きの下に配置されている場合 - 関税同盟のメンバー、ロシアへの参入に通関手続きの下で、このような物品の再配置は必要ありません。
3。 州で国内消費のためのリリースでのケースでは - 財の面で関税同盟のメンバーレートで関税を支払った、サイズがその物品または材料に関して、関税同盟の関税法令に従い、ロシア連邦に適用されるものよりも低いから、それらが製造され、ロシアで使用されている満たされなかった商品や制限に関して輸入関税を支払うために利益を、提供、支払い(有料)和インポート そうでない場合は本明細書の一部4の記事6に従ってロシア連邦政府が定める場合を除き、S関税およびロシア連邦の制限で適用への準拠を確認する書類の提出は、この連邦法の一部217と8記事217に従い、その宣言で行いました。

229を§。 商品の条件付きのリリースと国内消費のためにリリースの通関手続きの使用
1。 税関コードの段落7の記事200に応じて、関税同盟の商品の品ステータスの購入のため、使用制限に関連した関税と税金の支払いにメリットの提供への商品の国内消費のためにリリースの通関手続きの下に配置する場合には、および(または)物品の処分関税同盟通関手続き中の商品の再配置が必要とされていません。
2。 本契約の条119に設立された関税と税金の支払いのための関税同盟手順の財の商品のステータスを取得します。
3。 商品は条件付きで関税同盟の税関コードのサブパラ2 1 200の記事に合わせてリリースされたの不在下での文書は、物品の放出が行われている中断税関当局への申告によって表されます。 税関当局は、いかなる形で作られた申告書に基づいてこれらの文書を受け入れるもの。 声明は、税関当局が商品の条件付きのリリースを行っているため、商品の宣言の数を示しました。 申告の要請で、税関当局は受理文書の確認書を発行しなければなりません。
4。 税関当局は、使用上の制限に関連した関税と税金の支払いにメリットの提供に関連して、条件付きのリリースを行ってきた例では、および(または)物品の処分、物品の解放の日から5年間の使用との制限を指定(または)後商品の処分は適用することを停止しなければなりません。
5。 ロシア政府は、一部4この記事に定める制限の短いまたは長い期間を確立する権利を有します。

章28。 税関輸出手続き

230を§。 通関手続きの下に商品を配置するための通関輸出手続及び条件の内容
税関の内容は記事212 213と関税同盟の税関コードで定義された通関手続き中の商品を置くための手順および条件をエクスポートします。

231を§。 国の税関当局に提出した製品の特定のカテゴリの輸出のための原産地証明書 - 関税同盟のメンバー
第三国との関係で輸出関税の適用を支配する関税同盟のメンバー - ロシア連邦に由来製品の関税同盟の関税地域外で輸出用製品の連結リストに含まケースでは、委員会は、国際協定のに従って関税同盟を結成しました、ロシア連邦またはその他の国の税関当局 - 関税同盟のメンバーは、原産地証明書は、そのようなセルタンを提供する必要があります fikat独立国家共同体の貿易自由貿易体制の提供に適用される原産地規則の国の定義に従ってコマースのロシア連邦商工会議所によって発行されました。

232を§。 財の輸出は関税を輸出規制の対象ではありません
1。 輸出関税を適用しない商品を、エクスポートする場合、その宣言とリリースは、この条に定める仕様に簡略化して実施されます。
2。 この記事のパート1で指定された商品の税関申告用の税関当局の要件は、特定の外国貿易取引の執行に関して、関税同盟の関税地域外の貨物の輸出の事実を認定し、禁止および制限の遵守を確保するために必要とされているものに限定されています。
3。 この記事のパート1で指定された品物を宣言する場合、税関当局が提出しなければなりません。
1)請求書。
2)輸送(出荷)の文書、もしあれば。
3)許可、ライセンス、証明書、および(または)設定限界の遵守を確認する他の文書、彼らが必要な場合。
税関申告の場合を除いて4)税関申告はその人によって提出された場合、彼らは、以前に他の商品の税関申告の税関の担当者に提出されていない場合、申告に関する情報を確認する書類のほか、税関に税関申告を提出する自然人の力、電子形式で宣言。
5)関税の支払いを確認した支払文書。
4。 請求書の宣言を提示した場合、トランザクションに基づいて、関税同盟の税関国境を越えた商品の動きは、申告が他のコマーシャルを提供する場合、外国貿易取引を締結している者、契約締結の番号と日付、名前、数量、重量、商品の価値についての情報が含まれていません以上の情報を含む契約書類(それからの抽出物)のコピー。
5。 申告についての情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
2)法人または個々の起業家として、人の状態の登録に関する証明書の状態の登録の証明書。
3申告と通関エージェントの間で)合意。
4)身分証明書の提示と法人を代表して行動する自然人の委任状。
5)通関業者との労使関係の有無の確認と税関申告書を提出税関代表の際に税関業務の専門家の資格証明書の存在。
6。 輸出税の対象となる物品に外観が似ている商品の宣言の場合、対外経済活動の商品命名法上の物品の分類コード宣言されているに基づいて書類を提出しました。
7。 この記事のサブセクション6で指定された文書は、文書が関係することがあります。
1)商品の組成に関する情報を含む製品で、材料)(グループへの良好な注対外経済活動の商品名称は、位置またはテキスト位置は任意の物質(元素の含有量のための要件を確立している場合)。
2)フロー図、プロセス指示、プロセスの記述および処理に関する情報を含む他の文書や物品処理の種類(外国貿易の商品命名法のグループ、位置やテキストの位置にノートに記載された分類基準は、製品の取り扱いや学位の種類である場合製品の処理)。
3)図面、ブロック図、技術データシート、ユーザマニュアル、フローチャート、ユーザーマニュアルやその他の技術、商品の技術的特性に関する情報を含む文書化し、その動作原理(分類基準は、グループ、位置、またはテキスト位置にノートに記載された場合対外経済活動の商品命名法は、重量、サイズ、消費電力、性能、およびその他の特性)です。
8。 この記事のパート1で指定された品物を宣言する場合、関税価値は述べて、いないと判定されておらず、サポートされていません。
9。 ノー輸出関税のための物品の解放の用語は、別の文書連邦法に基づき、商品のリリース後に提出することができる場合を除いて、すべての必要書類の税関申告と同時に、プレゼンテーションの際に税関申告の登録の時から4時間であり、 。 商品のRF政府リストは、税関申告の登録の日から最大1営業日にすることができ、問題の用語を確立することができます。 指定した時刻に税関当局は、必要に応じて、それらに税関申告、商品や書類の検証を行っています。
10。 税関当局は、この記事のパート1で指定された商品を確認する権利を有しており、次のような場合に追加の文書や情報を要求します。
1)が文書および(または)商品の包装上の標識または他の情報と(または)物品の外観に含まれる税関申告情報で宣言された商品に関する矛盾情報を特定します。
2)その他の規制や監督機関から受けた税関申告違反の可能性に関する事前情報の可用性。
11。 商品を確認する税関当局の書面による許可を受けなければなりません。
12。 税関申告の商品上のデータおよび提出書類税関当局の指示内の任意の不正確さを調整する必要性(更新)についての申告を通知した場合は情報を提示しました。 検出された不正確は、輸出の禁止や制限の適用に関する税関当局の決定に影響しない場合は、申告による調整情報は、商品を解放することを拒否するための基礎ではありません。

章29。 税関通過の通関手続き

233を§。 通関手続きの下に商品を配置するための税関トランジットの通関手続の内容及び条件
1。 税関通過や記事215 216と関税同盟の税関コードで定義された通関手続き中の商品の配置の条件の通関手続きの内容。
2。 商品は税関トランジットの通関手続き、通関輸送手続の税関申告、税関関税同盟の税関コードの条182に定めるトランジット宣言、下に置かれている場合。
3。 によって認可連邦執行機関と連携して海と風によって運ば商品についての税関トランジットの特長、だけでなく、習慣の分野で認可連邦執行機関によって確立された地域の税関当局への到着地の税関当局からの外国製品の輸送、輸送の分野インチ 対外経済活動の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して、関税の分野で認可連邦執行機関によって確立された別の内陸税関事務所に1つの内陸税関事務所から外国製品の税関トランジットの特長。
警告!
の1075 27.05.2011番号からロシアのFCSの順序によって確立された海上輸送商品のため、税関通過の特長
ロシア連邦の国境チェックポイントのすぐ近くに一時記憶倉庫に関税同盟の関税地域に到着した場所から陸路で商品を移動する際、税関業務の手順は、承認されました。 の2351 17.11.2011番号からロシアのFCSの順

234を§。 税関通過の遵守を確保するための措置
1。 関税同盟の税関コードの条1 217の段落に従って税関トランジットの遵守を確保するための措置は、関税の支払い、税金、通関支援や物資の輸送経路の確立を確実に含まれています。
2。 税関は関税同盟の税関コードの段落2 217の記事で指定された場合には、税関トランジットでの関税と税金の支払いを要求してはなりません。
3。 税関当局は、関税上の決定を行う権利がある場合は、税関通過の通関手続き、関税同盟の税関コードの定義された点2 218記事中の商品を運ぶ車を護衛します。 税関通過、税関の通関手続き中の商品を運ぶ車の関税車列。 関税については本契約の14の頭で定める方法により関税を支払うことを護衛。
警告! 通関のための手順は、の397 25.02.2011番号からロシアのFCSの順序によって承認された品物を運ぶ国際輸送の車両を護衛しました
4。 税関通過の通関手続き中の商品を運ぶ車の関税車列、組織が政府によって承認されてもよいです。 ロシア政府は、組織が税関の護衛や習慣の実施のための関税の天井を行って、これらの組織をサポートすることができる条件を決定します。
5。 税関当局は、関税同盟の税関コードの決定された点3 217の記事であることを契約条件に物品の運送のルートを確立することができます。 ロシア政府は、税関トランジットの通関手続きの下に置かれた商品の特定の種類のロシア連邦の領土に輸送ルートを確立する権利を有します。 再ルーティング、途中で出発の税関本体または任意の税関当局の書面による許可なしに、税関当局によって確立されました。

235を§。 商品の配送の場所
1。 商品の配送の場所は、関税同盟の税関コードの記事220に応じて決定されなければなりません。
2。 税関当局は、次の例では、関係なく、車両(輸送)のドキュメントで指定された情報の、配信の場所を確立する権利を有します。
1)この連邦法に基づく税関申告は、資格の税関当局によって行われている場合。
2)税関当局の領域における領土の場合は、納入場所で定義されているように、ロシアの法律に従い、物品の特定のカテゴリの輸入のための緊急その他の制限の状態を設定します。
政府によって設立され、他の例で3)。

236を§。 関税と通関輸送手続下に置かれた物品の運送のためのキャリアの責任
1。 関税同盟の関税法典の条223によって確立された税関トランジットの通関手続き、下に置かれた物品の運送のためのキャリアの義務。
2。 税関通過の通関手続きの下で物品運送のためにその職務の非パフォーマンスのために、キャリアはロシア連邦の法律によって確立された責任を負わなければなりません。 ロシア連邦の国際条約場合、商品が税関トランジットの通関手続きの下に配置された関税同盟のメンバー、税関 - あなたは先の税関に商品やドキュメントをバウンスするとキャリアが国家の法律に従い、責任を問われる可能性があります。

237を§。 税関通過の通関手続きの完了
1。 通関輸送手続の完了は、この条の規定の対象と関税同盟の税関コード、条225にするために設けられた手順に従って実施します。
2。 本契約の条1によって確立された関税同盟の税関コードの各号3と1点41 87の記事、に規定する彼らの特別な単純化を使用する場合に許可経済オペレータによってインポートローカル税関当局への到着地の税関当局からの商品の税関トランジットの通関手続きの完了の特長。
3。 トランジットの宣言の先の税関へのキャリアだけでなく、利用可能それに他の文書によって提出鉄道物品運送のために車両が商品の引渡しの場所に到着した時から12時間を超えることはできません。 この部分に敷設された時間制限を計算する目的のために考慮に税関当局の作業時間の時間がかかります。 輸送の他のモードキャリアが輸送宣言およびその他の文書、関税同盟の税関コードのセットポイント3 225記事の税関当局に提示する義務がされている期間物品運送のために。
4。 先の税関は、関税同盟の税関コードの段落3 225の記事で言及した文書のキャリアの提出後1時間、以内に申告、商品の配送の場所で、すぐに運送業者発行の登録車両の到着の確認書後の車両の到着を登録しなければなりません。
5。 次の情報が指定されるべき車両の到着の確認:
1)車両の到着の確認の登録番号。
2)トランジット宣言と他の利用可能な文書の送信先の税関当局へのキャリアの提出の日付と時刻。
3)税関当局配信の場所で車両の到着先による登録の日付と時刻。
4)車両の到着のキャリア確認の日時;
5)キャリアの名前と住所;
6)国際輸送の車両番号。
トランジットの宣言の数、番号、日付とキャリアが提出した文書の数の7)。
8)車の税関検査の結果、
9)商品の識別およびアンロードの除去手段の可能性;
10)一時保管倉庫への任命の税関体の場所から商品を移動させる能力;
一時保管倉庫に商品を出荷されます11)番号と文書の日付、。
12)先の税関当局の名前と住所;
一時保管倉庫の所有者の登録簿の記入の一時保管倉庫や数の13)名前と住所;
14)税関トランジットの遵守を確保するための措置の採用を確認する文書の数。
15)税関通過の用語。
一時保管の商品の配置の16)日付と時刻。
6。 段落に含まれている情報は、11 - この記事の16 5部分は、一時ストレージにある目的地の税関当局の場所からのモノの移動が発生した場合の車両の到着の確認書に表示しなければなりません。
7。 通関輸送手続の完了は、関税同盟の税関コードの条5 225の段落に従って行います。
8。 キャリアまたはその他の利害関係人は、通関輸送手続きの後、レールまたは水輸送による輸送貨物の点で3時間通関手続きに従い、一時的な記憶や税関申告のための物品の配置に関連する税関業務を行わなければなりません通関輸送手続後12営業時間。 この項の規定は、関税同盟の関税地域からの輸出品に関して出発地での通関手続きの完了には適用されません。

章30。 税関倉庫の通関手続き

238を§。 税関倉庫の通関手続の内容、税関倉庫での通関手続きと商品の保管の条件の下で財を配置するための条件
229関税同盟の税関コードの - 税関倉庫、通関手続きと231条に定義された税関倉庫の品物の保管の条件の下で財を配置するための条件の通関手続きの内容。

239を§。 実際に税関倉庫に置くことなく、税関倉庫の通関手続き中の商品を置くの規約
1。 実際に税関当局の書面による許可章および第16の存在によって確立された手順に従い、関税と税金の支払いに許可されなければならないため、そのサイズが大きい税関倉庫に入れることができない物品の税関倉庫に置くことなく、税関倉庫の通関手続きの下に置か連邦法。
2。 許可証を取得するには申告者は、それらが税関申告に、税関倉庫の通関手続きの下に置いた後、商品の保管を行うようになっているその地域では、税関当局に書かれたアプリケーションになります。 申告の要請で税関倉庫、住所などの物品の保管の正確な場所、だけでなく、商品の安全性を確保するために申告が取るべき措置にかけることなく税関倉庫の通関手続き中の商品を置くための理由、商品やその特性の名前を示します。
3。 税関当局は税関倉庫の通関手続きの下で財を配置するための許可証を発行し、または税関への申告の要求の3営業日以内に許可証を発行することを拒否しなければなりません。 許可証は、商品の保管、関税の支払いのためのセキュリティを提供する必要性についての情報を指定します。
4。 税関当局は、場合にのみ許可証を発行することを拒否することができます。
関税の支払いの支払いに関する債務の1)。
2)は、税関の分野における行政違反に対する行政責任に税関当局の日前1年以内に2回以上1記事16.9の提供一部を人を持って、規範の記事16.13、16.14と部品2と3記事16.23行政犯罪。
5。 実際に税関倉庫で商品をかけることなく税関倉庫の通関手続き中の商品を置いた人は、本明細書の段落4と15 177の記事に従って、一時的な記憶で商品の税関当局の報告書に提出する義務を負うものとします。

240を§。 部屋には、通関輸出手続下に置かれた物品の税関倉庫にあります
1。 関税同盟の税関コードの段落2 234の記事によると、6カ月以内に輸出の通関手続きの下に置か関税同盟の品物の税関倉庫に格納されます。
2。 関税同盟の品物の税関倉庫に置かれたとき、このような免除、返金またはがロシア連邦提供返した場合、付加価値税と消費税の義務、補償や付加価値税と消費税の以前に支払われた金額の返金の支払いを免除される輸出用通関手続きの下に置かロシア連邦からの商品の実際の輸出で税金や手数料について。
3。 実際に税関倉庫内の配置の日から6ヶ月以内に商品を輸出していない場合には、これらの金額を徴収するために、この連邦法によって提供されるようにし、税関倉庫での商品の保管期間中に力のロシア連邦中央銀行の借り換えの割合でその経過利息で起訴されています税ロシア連邦に品物を輸入。

241を§。 税関倉庫とそのタイプ
1。 税関の倉庫は、特別に定義されており、設備の整った施設、敷地内および(または)本契約条80に設立された要件に対応するオープンエリアです。
2。 税関倉庫が開いても閉じていてもよいです。
3。 彼らは、任意の物品の保管や商品に対する権限を持つ任意の人の使用のために利用可能である場合保税倉庫は、開放型の倉庫です。
4。 彼らは品物の保管税関倉庫の所有者のために意図されている場合は保税倉庫は、倉庫閉じています。
5。 ロシア政府は、閉鎖型の税関倉庫に格納できる商品の種類を決定する権利を有します。

242を§。 税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品で実行される操作
1。 税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品で実行される操作のリストは、関税同盟の税関コードの条232で定義されています。
2。 税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品と業務執行上の関税同盟の税関コードの段落の記事2 232、税関当局の許可に基づき例では、このような許可は同じ日に関係者の書面による要求に基づいて発行されます。 許可証は別の文書で、または関係者の書面での税関職員によって認可関連の碑文の書面で発行されます。 権限を付与する拒絶は、商品のトランザクションの結果として外国の経済活動の命名法の下で商品の分類に関連付けられているそれらの特性を変化させることができる場合には許容されなければなりません。

243を§。 税関倉庫の通関手続きの完了
1。 関税同盟の税関コードの条236に設立された保税倉庫手続の完了の順番とタイミング。
2。 関税同盟の税関コードの記事186に従って申告として作用することができるすべての人は、税関法律上の関税同盟とロシア連邦の関税法令に従い、税関倉庫の通関手続きが完了するのを税関操作が必要なようにする権利を有します。
3。 税関倉庫に保管された商品に関しては、破壊のための通関手続きは税関倉庫の所有者を宣言することができます。
4。 関税同盟の税関コードの条238に設立された仕様で作られた税関倉庫での保管後の国内消費、のリリースの通関手続きの下に置かれた商品に関して関税や税金の計算。

章31。 関税地域での処理のための通関手続き

244を§。 関税地域での処理のための税関手続の内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件
1。 関税地域での処理のための通関手続きや記事239 240と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための条件の内容。
2。 税関申告の関税地域に処理するための通関手続き中の商品を置くための本契約条248の下で関税地域に物資を処理するための許可を受けた、または人が直接トランザクション処理製品に関わる人によって提出されています。

245を§。 その処理の製品の外国製品の識別
1。 その処理方法の製品の外国製品が使用されている識別するためには、関税同盟の税関コードの記事242で言及。
2。 商品の処理のために許可証を発行するときに、識別の宣言されたメソッドの適用性を考慮に物品の処理によって実行される商品や業務の特徴を取って、税関当局によって確立されます。 その処理税関当局の製品に外国製品の申告を識別するための提案された方法は、それが適当と認める場合には、税関当局は、商品を特定する独自の方法を決定する権利を有します。

246を§。 関税地域における商品の処理
1。 関税地域での物品の処理の用語は、関税同盟の税関コードの段落1の記事243で指定された期間内に、関税地域に物資を処理するための許可を受けた者によって決定され、関税地域における商品の処理のための許可申請を考慮に税関当局と合意されています。
2。 関税地域で商品の処理のための許可証を取得した者の合理的な要求に応じて、関税地域での物品の処理の期間は、この記事サブセクション1で指定された期間内に延長することができます。
3。 税関当局は10営業日以内に関税地域での処理の制限時間を延長すると、このような拡張機能の処理や拒否の制限時間を延長するために、関税地域で商品の処理のための許可証を取得した者に通知するアプリケーションを考慮しなければなりません。 税関当局は申告者は税関法律上の関税同盟とロシア連邦の関税法令によって確立された関税地域における商品の処理の通関手続きの要件および条件に適合しない場合にのみ、関税地域での処理の制限時間を延長することを拒否することがあります。 関税地域での処理のための時間制限を延長する税関当局の拒否を正当化し、やる気されなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に関税地域で商品を処理するための許可証を取得した者に通知しなければなりません。

247を§。 関税地域への加工品の歩留まり規範
1。 商品が処理されるの下で、実際の条件に基づいて関税地域で商品の処理のための許可を受けた者によって決定加工製品の歩留まり規範、および提供されるもの以外、関税地域への物資の処理のための許可申請を検討中で、税関当局と合意この記事の2部分。 税関当局によって処理された製品の出力の規範を合意では、商品の具体的な技術プロセスに基づいて、アカウントに専門機関の結論を取ります。
2。 関税同盟の税関コードの段落2 245の記事によって所定の条件ならば、ロシア連邦政府によって認可連邦執行機関は、洗練された製品の標準的な規範を確立することができます。

248を§。 関税地域における商品の処理のための許可証
(参照してください。数1241 14.06.2011からロシアのFCSの順序)
1。 記事240 244と関税同盟の税関コードの下で関税地域での商品の加工の条件に関する文書は、関税地域における商品の処理を可能にすることです。 関税地域における商品の処理のための許可証は、関税同盟の税関コードの条244に定める情報を含まなければなりません。
2。 外国製品のコストに関する情報がない場合には、副産物、残渣、廃棄物の許可では、関税地域における商品の処理のための適切なコスト範囲を指定します。 外国貿易での所有権を確認する外国貿易取引やその他の文書の手数料を確認する文書、使用および(または)物品の処分ではないについての情報がない場合には、この情報は一部4で定める方法により関税地域における商品の処理のための許可証に指定されていますこの記事、遅くとも商品の宣言の日付の。
3。 関税地域における処理の条件に関する文書は、許可された経済事業者と税関当局間の合意を用いた本連邦法の一部8の記事86に従って署名し、提供することができるよう商品は、処理許可経済オペレータの関税地域の手順の下に配置されている場合それは、当該契約に段落1と2この記事で言及した情報が含まれています。
4。 税関当局の許可を得て、関税地域における商品の処理のために許可を得て改正または添加してもよい関税地域への物資の処理のための許可証を発行した者の書面による要求に応じて、関税同盟の関税法令及び慣習上のロシア連邦の法律に反しありません。 3営業日以内と補償の同意を得て - あなたは、この条10の一部が提供する情報のみを指定した場合、許可証を発行した税関当局は、1営業日のためのアプリケーションを考えてみます。 関税地域への物資の処理のために許可に変更および修正を行うための税関当局の拒否を正当化し、やる気されなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に関税地域で商品を処理するための許可証を取得した者に通知しなければなりません。
5。 受けた者の関税地域における商品の処理のための許可の期間中、他のロシア人に税関当局の書面による許可を得て、それを渡すために権利がある、その人はさらに、税関での処理のための通関手続きのアプリケーションの要件および条件を遵守する義務を前提として提供関税同盟の関税法令や習慣にロシア連邦の法律により設立領土。 この場合、関税地域における商品の処理のために許可を転送者は、期間のため、関税同盟の関税法令及び慣習上のロシア連邦の法律により設立関税地域での処理のための税関手続を適用するための要件と条件の遵守に税関当局に報告書を提出しなければなりません。その製品の場合、関税と税金を支払うことだけでなく、関税地域での処理のための通関手続きに従って使用されています この期間は、関税や税金を支払う義務を伴うイベントが来ました。
6。 税関手続の遵守は、本連邦法の記事227に記載された保証で提供される場合、関税地域で商品の処理のための許可証を移す人は、自分の名前に関連する文書を発行しなければなりません。
7。 関税地域で商品の処理のための許可証を受け入れた者は、関税地域での処理のための税関手続の利用のための権利と義務を享受しなければならない、処理のために許可を転送する決定の税関体によって受理の日から、税関に関税同盟とロシア連邦の法律の税関法律によって確立されています製品。

249を§。 関税地域における商品の処理のための許可証の発行
(参照してください。数1241 14.06.2011からロシアのFCSの順序)
1。 関税地域での物品の処理のための許可証は、関税同盟の税関コードの記事186に基づいており、商品の処理に直接の操作は、関税地域における商品の処理のために許可証に指定された商品に関連して申告することができ、非実行を含む任意のロシア人を、得ることができます。
2。 関係者の関税地域で商品を処理するための許可を取得するには、それは税金や手数料に関するロシアの法律に従って納税者として登録された地域では、税関当局に書き込まれた宣言を行います。
3。 アプリケーションは、次の情報を含まなければなりません。
申請者の1)。
人(人)に直接従事して(コミット)トランザクション処理製品の2)。
処理のために意図された製品の3)、およびそのような製品(名称、対外貿易、対外経済活動、値またはその範囲)の商品命名法に従って、基本または追加の単位の量の商品命名法の下で分類コードの処理;
廃棄物に4) - 加工製品(名前、外国の経済活動の商品命名法の下で分類コードを除いて、外国製品を処理するためのトランザクションの間に製造される製品、外国の経済活動の商品命名法、値または範囲に応じて、第一級または第二単位の量)とファンド - ノルム(ノルムに応じて、製品(製品処理)の製造に使用されていない外国製品の一部、 外国の経済活動、値またはその範囲)の商品命名法に従って(名前、外国の経済活動の商品命名法の下で分類コード、第一級または第二単位の量を処理して)収率(食品)。
技術とその履行のタイミングを含む物品の処理のための事業に5)。
トランザクション処理製品を使用して作られている生産施設の場所の6)。
加工製品の出力のノルムの7)。
加工製品における輸入品の識別の提案手法の8)。
同等品と輸入品を交換する9)。
10)外国製品の輸入に加工品の高度な供給;
11)廃棄物のさらなる商業的使用の可能性。
品の処理の用語に12)。
4。 アプリケーションに記載された情報を確認する添付書類の関税地域における商品の処理のためのアプリケーション。
5。 税関当局は、彼らの養子縁組の日から15日以内に関税地域とそれに取り付けられた書類上の処理のためのアプリケーションを考慮しなければなりません。 税関当局は、国家機関からだけでなく、この記事3の段落で指定された情報を確認する文書をその第三者を要求することができます。 そのような人が、10日以内に要求を受領した日から要求された書類を提出するものとします。 この場合、税関当局は、その採用の日からではなく、より多く30日にアプリケーションの対価の任期を延長することができます。
6。 関税地域での処理のための通関手続き中の商品を置くの目的は彼らの修理の場合は、申告の関税地域における商品の処理のためのアプリケーションとしてインポート外国製品に税関申告を使用する権利を持っています。 商品の処理のため、このような宣言関税同盟の税関コードの税関申告、セットポイント1 196記事の任期を超えてはならないの税関当局の対価の用語。
7。 税関当局は、税関当局の場合と同様に、関税同盟のロシア連邦税関法律や習慣に関する法律によって確立された関税地域での処理のための要件および税関手続の条件に準拠していない適用する場合にのみケースで商品を処理するための許可証を発行することを拒否しなければなりません加工品や雑貨の処理の出力の宣言規範を同意することを拒否することを決定。 商品の処理のための許可証を発行する税関当局の拒否は正当化と動機しなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に関税地域で商品の処理のための許可を受けた者に通知しなければなりません。

250を§。 関税地域における商品の処理のための許可の取り消しやキャンセル
1。 関税地域での物品の処理のために発行された許可証は、税関当局によって取り消すことができます。
2。 税関の関税地域内の物品を処理するための許可があれば取​​り消されます。
関税地域に処理するための通関手続き中の商品を置く関税同盟の委員会の決定に従う1)は、許可されていません。
その準備中2)は外国製品、加工品、残留物および廃棄物の出力規範に関する情報を宣言されている、のアプリケーションは、関税の量の過小評価につながっている、この記事サブセクション7で指定された場合を除きます。
3。 段落2 2に従って関税地域で商品の処理のための許可証を取り消す決定を行う前に、この記事の一部税関当局申告予告失効の関税地域との理由社外品の処理の許可の可能性撤退の書き込みインチ 通知の受領の10作業日以内であれば、申告関税地域での商品の加工、税関当局によって撤回商品の処理のために、このような許可の権限の撤退の原因を排除するための措置を講じていない(関税地域における商品の処理のために許可を得た者)。
4。 この記事のパラグラフ1 2部分に合わせて作られた関税地域、上の物品の処理のための許可証を取り消す税関当局の決定は、関税同盟委員会の発効日から有効です。 この記事のパラグラフ2 2部分に合わせて作られた関税地域、上の物品の処理のための許可証を取り消す税関当局の決定は、関税地域での貨物の処理のための許可証を取り消す税関当局の決定の日から有効です。
5。 あなたは撤回権限に従って、関税地域に処理するための通関手続きの下で外国製品の建物の関税地域で商品の処理のための許可証を取り消す場合は許可されていない、商品に関して関税地域での物品の処理のための許可の撤回前に関税地域での処理のための通関手続きの下に置か本稿の段落1 2に従っては、関税同盟の税関コードの章34の下で指定された通関手続きを完了することが許可されなければなりません。
6。 あなたは関税地域での処理のための通関手続きの下に置かれ、外国財の点で、この記事のパラグラフ2一部2に従って関税地域での物品の処理のための許可証を取り消す場合は、商品を処理するための失効の日に関税地域を残す加工品は、通関手続きの下に配置されていません再輸出関税同盟の関税法典の記事251に応じて、関税、税金の対象に、。
7。 それが受信された場合、税関本体の関税地域内の物品を処理するための許可証は、キャンセルされなければならないのアプリケーションが税関支払額の過小評価につながっている、商品、自社製品、残渣及び廃棄物の出力規範に関連して故意に虚偽の情報宣言されました。
8。 関税地域における商品の処理のための許可証の発行日から行動するの関税地域における商品の処理のための許可証の取消の税関当局の決定。
9。 決定後の税関は関税地域における商品の処理のための許可の取り消しに関連して外国製品、加工品、残留物および廃棄物に関して税関業務の止め性能の関税地域内の物品を処理するための許可を取り消すします。
10。 物品を処理するためのキャンセルの場合はキャンセルの決定の日から10日以内に関税地域を残すには、支払わなければなりません。
1)関税と関税同盟の税関コードの記事251によって確立された手順に従って、関税地域における商品の処理のための許可の取り消しに関連して関税地域に処理するための通関手続きの下に置かれ、外国財税。
2)再輸出の通関手続きの下に置か加工製品に関連した輸出関税。
11。 関税地域での物品の処理のための許可の取り消しのための撤退、フォームやプロシージャのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。 (参照してください。数532 14.03.2011からロシアのFCSの順序)

251を§。 同等品と外国製品の交換(同等の補償)
1。 税関当局の許可を得て関税同盟の税関コードの記事248に従って、同等品を関税地域での処理のための通関手続きの下に置か外国製品の交換を可能にしました。 税関当局の等価補償の使用上の解像度に関税地域における商品の処理のための許可証に示されています。
2。 同等品と外国製品の交換は同等品から得られた加工品の輸出を許可された場合は関税地域における商品の処理のための許可証で指定されるように、関税同盟の関税地域への外国製品を輸入することが許可されています。 外国製品の輸入のために同じ制限時間で、税関当局との合意では、関税地域における商品の処理の許可(受信)を受信した者によって決定されます。
3。 ロシア政府は、物品の特定のカテゴリの等価補償の使用の順序を決定する権利を有します。

252を§。 関税地域での処理のための税関手続の適用で商品の会計処理。 関税地域での処理のための税関手続の適用に関するレポート
1。 関税地域での処理のための通関手続きの下に置かれた商品の処理に関与して申告だけでなく、人が物品の記録を保持する義務を負うものとします。
2。 商品は、会計と税務会計上のロシアの法律規制の要件に応じて記録されています。
3。 同じ外国財の商品の処理の期間中に、いくつかの貨物をインポートした場合、通関目的のために、このような商品の会計処理は、商品が以前の期間、その処理のために使用される最初にされることを前提として行われます。
4。 その処理の製品の外国製品の識別のための処理方法のために指定されたアクセス権は、外国製品が使用されるの製造の製品の処理から特定の外国製品に一致する必要がある場合は、この条の3の一部を提供したルールは適用しません。 申告は、それがそれらに適用される会計処理の方法と互換性がない場合、このルールの使用を拒否する権利を有します。
5。 少なくとも一度3ヶ月で商品を宣言、本明細書の一部7と8 177の記事に基づいて関税地域での処理のための税関手続を適用するための要件と条件の実施に関する情報が含まれている税関当局の報告書に提出します。
6。 外国製品は、ロシア連邦とにインポートされている場合(または)加工品は、いくつかの積荷にロシアから輸出され、物品の処理のための許可証に示されている加工品の量の最終的な検証は、関税地域での処理のための制限時間の満了の日から遅くとも30日より行わなければなりません。

253を§。 関税地域での処理のための税関手続の終了および停止
1。 関税同盟の税関コードの記事249で定める方法により行われる処理の通関手続きの完了。
2。 食品加工を配置するときと(または)外国製品は、関税同盟の税関コードの条251に設立された仕様に支払わなければならない国内消費の関税、税金のリリースの通関手続きの下処理のための操作を受けていません。
3。 関税地域での処理のための通関手続への商品の加工の満了前に(財の処理のために)一時停止することができます。 関税同盟の委員会の決定によって定義された関税地域での処理のための税関手続の停止と再開の順。

章32。 関税地域外の処理のための通関手続き

254を§。 関税地域外の処理のための通関手続きの内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件
1。 関税地域外処理の通関手続きの内容および記事252 253と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための条件。
2。 税関申告の関税地域外で処理するための通関手続き中の商品を置くための本契約条258下の関税地域外の物品を処理するための許可を受けた者によって提出されています。

255を§。 関税地域外品の処理の用語
1。 関税地域外品の処理の用語は、関税同盟の税関コードの条256に設立された期間内に、関税地域外の物品を処理するための許可を受けた者によって決定され、物品の処理のための許可申請を考慮に税関当局と合意されています。
2。 関税地域外品の処理のための許可証を取得した者の合理的な要求に応じて、関税地域外品の処理の期間は、この記事サブセクション1で指定された期間内に延長することができます。
3。 税関当局は10営業日以内に関税地域外品の処理の制限時間を延長して、そのような拡張の関税地域または拒否外品の処理のための制限時間を延長するために、関税地域外品の処理のための許可証を取得した者に通知するアプリケーションを考慮しなければなりません。 税関当局は申告者は税関法律上の関税同盟とロシア連邦の関税法令によって確立された関税地域外品の処理の通関手続きの要件および条件に適合しない場合にのみ、関税地域外品の処理のための制限時間を延長することを拒否することがあります。 関税地域外品の処理のための制限時間を延長する税関当局の拒否を正当化し、やる気されなければなりません。 税関当局は、書面で指定された申告の拒否を通知しなければなりません。

256を§。 その処理の製品の商品の同定
1。 その処理方法の製品に関税同盟の商品を識別するために関税同盟の税関コードの記事255で言及、使用されています。
2。 商品の処理によって実行される商品や業務の特性に基づいて、税関当局によって確立された加工品で関税地域外の処理のための輸出品の識別の宣言方法の適用。 提案されたそれらの処理税関当局の製品に輸出品を同定する方法を宣言することが適当と認める場合には、税関当局は、商品を特定する独自の方法を決定する権利を有します。

257を§。 関税地域外で加工食品の歩留まり規範
1。 商品が処理されるの下で、実際の条件に基づいて関税地域外品の処理の許可を受けた人によって定義された関税地域外品の出力規範の処理、及び商品の処理のための用途を考える上で、税関当局との合意は、の関税地域外で許可しますこの記事2部に設けられている場合を除き。 税関当局によって処理された製品の出力の規範を合意では、アカウントに特定の技術プロセスに基づいて専門機関の結論を取ります。
2。 関税同盟の税関コードの段落2 250の記事によって所定の条件ならば、ロシア連邦政府によって認可連邦執行機関は、洗練された製品の標準的な規範を確立することができます。

258を§。 関税地域外品の処理のための許可証
(月27 2011からロシアのFCSの順序は、番号が11月1072 02 2011、数からロシアのFCSの順序を2247.i参照)。
1。 記事253 257と関税同盟の税関コードの下で関税地域外品の処理の条件に関する文書は、関税地域外品の処理を可能にすることです。 関税地域外品の処理のための許可証は、関税同盟の税関コードの条257に指定された情報を含まなければなりません。
2。 外国製品のコストに関する情報がない場合には、副産物、関連コスト範囲の関税地域外品の処理のための許可証における残基と廃棄物が示されました。 外国貿易取引の手数料を確認する文書に関する情報がない場合には、または所有権を確認する他の文書に、使用および(または)物品の処分ではない外国貿易では、この情報は、サブセクションで指定された方法で関税地域外品の処理のための許可証に指定されていますこの記事、遅くとも商品の宣言の日付の4。
3。 処理のために設定された制限時間内に行為の関税地域外品の処理のための許可。
4。 税関当局の許可を得て、関税地域外品の処理のための許可証を取得した者の書面による要求が改正または添加してもよい関税地域外品の処理のための許可証を発行した際に、関税同盟の関税法令及び慣習上のロシア連邦の法律に反しありません。 3営業日以内と補償の同意を得て - あなたは、この条10の一部が提供する情報のみを指定した場合、関税地域外品の処理のための許可証を発行した税関当局は、1営業日内のアプリケーションを検討しなければなりません。 関税地域外品の処理のための許可証の改正や追加の税関当局の拒否を正当化し、やる気されなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に関税地域外品の処理のための許可証を取得した者に通知しなければなりません。

259を§。 関税地域外品の処理のための許可証の発行
1。 ロシアの関税地域外品の処理のための許可証は、すべての人を得ることができます。
2。 関係者の関税地域外での商品の処理のための許可を得るためには、それは税金や手数料に関するロシアの法律に従って納税者として登録された地域では、税関の関税地域外品の処理のための宣言書を作成します。
3。 商品の処理のための文では、以下の情報を含まなければなりません。
申請者(申告)の1)。
人の2)(人)を直接(コミット)トランザクション処理製品とその(それらの)場所に従事します。
処理のために意図された製品の3)、およびそのような製品(名称、対外貿易、対外経済活動、推定コストや範囲)の商品命名法に従って、基本または追加の単位の量の商品命名法の下で分類コードの処理;
技術とその履行のタイミングを含む物品の処理のための事業に4)。
加工製品の出力のノルムの5)。
加工品(名前、対外貿易、対外経済活動、推定コストや範囲)の商品命名法に従って、基本または追加の単位の推定数の商品命名法の下で分類コードの6)。
その処理の製品に関税同盟の商品を特定する方法について7)。
外国製品の製品の処理を置き換えるために8)。
品の処理の用語に9)。
4。 宣言された情報を確認する添付書類の関税地域外品の処理のためのアプリケーション。
5。 税関当局は関税地域外品の処理のためのアプリケーションとその採用の日から15日以内に取り付けられた書類を考慮しなければなりません。 税関当局は、その第三者を要求することができるだけでなく、国家機関から文書が宣言された情報を確認しました。 この場合、税関当局は、その採用の日から30日より関税地域外品の処理のためのアプリケーションの対価の任期を延長し、ないかもしれないが。
6。 関税地域外の処理のために通関手続き中の商品を置くの目的は彼らの修理は、商品の税関申告の処理のためのアプリケーションとして、ある場合には関税地域外で使用することができます。 アプリケーションの対価の用語は、関税同盟の税関コードの条196に設立期間を超えてはなりません。
7。 申告の関税地域外品の処理を申請する際、税関当局は、税関の関税同盟とロシア連邦の法律の立法によって確立された関税地域外での処理のために税関手続の要件および条件を遵守していない場合にのみ関税地域外品の処理のための許可証を発行することを拒否しなければなりませんだけでなく、税関当局の場合の事業は、出力ペレラ製品の宣言規範を同意することを拒否する決定を行います 開発と処理のための時間制限。 関税地域外品の処理のための許可証を発行する税関当局の拒否を正当化し、やる気されなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に関税地域外品の処理のための許可証を取得した者に通知しなければなりません。

260を§。 関税地域外品の処理のための許可の取り消しやキャンセル
1。 関税地域外品の処理のための許可証は、次のような場合に税関当局によって取り消される可能性があります。
1)関税同盟の委員会の決定に従い、関税地域外で処理するための通関手続きの下で財を配置することが許可されていない、場合、
2)申告は関税同盟や法律の税関関税法令に設立され、ロシア連邦の関税地域外の処理のための税関手続の要件および条件に適合しない場合、
それが受信された場合3)は関税同盟の物品に関しての情報、その処理の製品、出力規範宣言された、のアプリケーションは、この記事サブセクション6で指定された場合を除き、関税の量の過小評価につながっています。
2。 段落2と3 1に従って関税地域外の物品を処理するための許可証を取り消す決定を行う前に、この記事の一部税関当局申告の理由を記載したレビューの関税地域外の物品を処理するための許可証の可能退会届への書き込みインチ 10営業日以内に、申告は関税地域外品の処理のための許可の撤回の原因を排除するための措置を取らない場合は、税関の関税地域外品の処理のため、このような許可は取り消されます。
3。 この記事のパラグラフ1 1部分に合わせて作られた関税地域外品の処理のための許可証を取り消す税関当局の決定は、関税同盟の委員会の関連判決の発効日から有効です。 段落2または3 1に従ってこの記事の一部に作られた関税地域外の物品を処理するための許可証を取り消す税関当局の決定は、関税地域外品の処理のための許可証を取り消す決定の税関機関による受理の日から有効です。
4。 あなたは関税地域外で処理するための通関手続きの下で関税同盟の品物を置くこの記事のパラグラフ1一部1に従って関税地域外品の処理のための許可証を取り消す場合は許可されており、財に関して承認の処理についてコメントを関税地域外で処理するための通関手続きの下に配置されていません関税地域外の関税同盟の関税コードの章の35の下で指定された通関手続きを完了することができなければなりません。
5。 あなたは関税地域での処理のために撤回権限に従って関税地域外で処理するため、税関手続の下で関税同盟の財のこの記事の配置を2ポイントに従って関税地域外品の処理のための許可証を取り消すと3一部1場合は許可されていない、と関税同盟の商品に関して製品の関税地域外で処理するため、税関手続の下に置かれ、処理され、税関外品の処理のための許可の撤退の日の 領土は、再輸入の通関手続の下に置かれたり、輸出関税の支払いを受け、国内消費用にリリースされていません。 関税地域外品の処理のための許可の撤退の日に再輸入の通関手続きの下に配置されていないか、国内消費のためにリリースする加工品、に関しては、輸入関税、税金の対象となっています。
6。 それが受信された場合関税地域外品の処理のための許可証は、税関当局によって無効とすることができる関税同盟の財に関して故意に虚偽の情報、その処理の製品、出力規範、通関支払額の過小評価につながっているのアプリケーション宣言されました。
7。 関税地域外品の処理のための許可証の発行日から行動するの関税地域外品の処理のための許可証の取消の税関当局の決定。
8。 関税同盟の財に関して税関業務の止め性能の関税地域外の物品を処理するための許可証を取り消すことを決定した後税関、関税地域外品の処理のための許可の取り消しに応じて、製品の加工。
9。 関税地域外品の処理のための許可の取り消しで10日以内にキャンセルの決定の日から納付しなければなりません。
)関税同盟の財に関して輸出関税は関税地域外品の処理のための解像度に応じて関税地域外で処理するための通関手続きの下に置かれ、税関当局によってキャンセル1。
関税地域外品の処理のための許可証に従った関税同盟の関税地域に輸入加工製品に関して2)輸入関税、税金、税関当局が取り消さ。
10。 関税地域外品の処理のための許可の取り消しのための撤退、フォームやプロシージャのフォームと手順は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。 (参照してください。数1072 27.05.2011からロシアのFCSの順序)

261を§。 外国製品によって精製品の交換
1。 これは、関税同盟の税関コードの記事259に従って外国財別洗練された製品の交換を可能にしました。
2。 処理の目的は、保証期間内に行わ無償(保証)修理した場合は、外国製品によって洗練された製品の交換は、製品の外国製造業者は、障害のある製品と同じ製品交換する必要性を確認した場合場合の申告書に基づいて許可されており、このような代替の可能性は、契約または製造元の保証によって提供され、これらの商品は、処理の期間内に再輸入の通関手続の下に置かれます。 彼らは国内消費のためにリリースの通関手続きの下に配置されているロシアへの物資の完全な輸入を考慮に欠陥だった(欠陥)(自分自身を提示)、このような物品の無償(保証)修理を引き起こすの存在を取られた場合は、この項の規定は、適用しません。 外国製品によって洗練された製品の交換の解像度に税関当局は関税地域外品の処理のための許可証に示されています。 中古品申告の関税地域外品の処理の許可場合は同等の外国製品の加工品を交換する税関当局の許可が別の文書として発行されなければならない場合には、、の問題の形式と手続きは、税関の分野で認可連邦執行機関によって決定されています。 許可証は外国製品情報や提供宣言で指定された条件の履行を確認する文書と同等の精製品を交換することを必要とする理由を概説し、いかなる形で作られた申告の書面による要求に基づいて関税同盟の税関コードの条196に設立された商品のリリースのための時間に発行されますこの部分。 (参照してください。数217 07.2011からロシアのFCSの順に)
3。 この記事の提供2部以外の例に相当する外国財の加工製品を交換するためには、RF政府によって決定されます。
警告! 洗練された製品の交換の規約関税同盟の単一関税地域外品の処理において同等の外国製品、処理操作が1239グラムからロシア連邦番号30.12.2011の政府令によって承認、有償(有料)修理だけでなく、EurAsECパイプライン内の関税同盟のモノの移動であれば。

262を§。 関税地域外処理の通関手続きの使用に関するレポート
1。 ディクレアラーは少なくとも一度3ヶ月で、段落本願7と8 177の記事によると、関税地域外の処理のための通関手続きのアプリケーションの要件と条件の実施に関する情報が含まれている税関当局の報告書に提出します。
2。 加工品は、いくつかのロットでの関税同盟の関税地域に輸入されている場合には、加工品の量の最終的な確認は、遅くとも関税地域外の処理のための制限時間の満了の日から30日より、関税地域外品の処理のために許可証に示されています。

263を§。 関税地域外処理の通関手続きの完了
1。 遅くとも品の加工製品と国内消費や輸出のための再輸入、リリースの通関手続きの下に配置されるべき処理動作を受けていない物品の処理の有効期限よりも(ロシア連邦の法律に従って商品は必須の再輸入の対象であると述べた場合を除いてロシア連邦)関税同盟の税関コードによって提供契約条件について。
2。 食品加工は、一つまたは複数の当事者(送信)することにより、国内消費のために再輸入または放出の通関手続の下に配置されてもよいです。
3。 関税同盟の税関コードの記事262で定める方法により支払う国内消費のリリースの通関手続きの下で食品加工を配置し、輸入関税、税金。
4。 計算と関税と税金の支払い輸出の通関手続きの下で関税地域外の処理のための通関手続きの下に置かれた商品を置く関税同盟の税関コードの記事263によって確立された仕様に関して作られています。

章33。 国内消費のための処理の税関手続き

264を§。 国内消費のための処理の通関手続の内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件
1。 国内消費のための処理の通関手続きの内容および記事264 265と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための条件。
2。 国内消費の税関申告の処理の通関手続き中の商品を置くための本契約条269の下で国内消費のための商品を処理するための許可を受けた者によって提出されています。

265を§。 商品は国内消費のための処理を許可しました
国内消費のための処理を許可に関して商品の一覧は、RF政府によって決定されます。
警告! 市内からRF政令番号565 12.07.2011では国内消費のための処理を可能にしたのに対し、参照の商品のリスト。)

266を§。 その処理の製品の外国製品の識別
1。 その処理方法の製品の外国製品が使用されている識別するためには、関税同盟の税関コードの記事267で言及。
2。 その処理の製品の外国製品の申告の識別の宣言されたメソッドの適用を考慮に商品の特徴を取って税関当局によって確立され、物品の処理に対する操作を実行します。

267を§。 国内消費のための物品の処理の所要時間
1。 国内消費のための物品の処理の継続時間は、関税同盟の税関コードの条268に設立された期間内に、国内消費のための商品を処理するための許可を受けた者によって決定され、国内消費のための物品を処理するための許可申請を検討する際に税関当局と合意されています。
2。 国内消費のために物品を処理するための許可証を取得した者の合理的な要求に応じて、国内消費のための物品の処理は、この記事サブセクション1で指定された期間内に延長することができます。
3。 税関当局は10営業日の間、国内消費のための物品を処理するための制限時間を延長し、国内消費のために物品を処理するための許可証を取得した人、拡張子またはそれを拡張するために拒否を通知するアプリケーションを考慮しなければなりません。 税関当局は申告者が税関に関税同盟とロシア連邦の法律の税関コードの章36に定める関税地域外品の処理の通関手続きの要件と条件に適合しない場合にのみ、国内消費のために物品を処理するための制限時間を延長することを拒否することがあります。
4。 国内消費のために物品を処理するための制限時間を延長する税関当局の拒否は正当化し、動機付けする必要があります。 税関当局は、書面で述べて拒否で、国内消費のための商品を処理するための許可証を取得した者に通知しなければなりません。

268を§。 国内消費のために加工品の歩留まり規範
1。 商品は、処理のために許可申請を検討して税関とサブセクション2この記事に定める場合を除き、処理され、合意されたの下で、実際の条件に基づいて国内消費のための物品を処理するための許可を受けた人、で決定加工製品の歩留まり規範国内消費のための商品。 税関当局によって処理された製品の出力の規範を合意では、アカウントに特定の技術プロセスに基づいて専門機関の結論を取ります。
2。 関税同盟の税関コードの段落2 270の記事によって所定の条件ならば、ロシア連邦政府によって認可連邦執行機関は、洗練された製品の標準的な規範を確立することができます。

269を§。 国内消費のための物品を処理するための許可証
1。 記事265 269と関税同盟の税関コード、国内消費のための物品の処理のための許可の下で国内消費のための物品の処理の条件上の文書、。 国内消費のための物品を処理するための許可証は、関税同盟の税関コードの条269に定める情報を含まなければなりません。
2。 国内消費のために指定されたコストの範囲を対応する物品を処理するための許可で外国製品、加工品、残留物および廃棄物のコストに関する情報の不在で。
3。 外国貿易取引の手数料を確認する文書に関する情報がない場合、または所有権を確認する他の文書に、使用および(または)物品の処分ではない外国貿易に、この情報が段落の定める手順に従って国内消費のための商品を処理するための許可証に指定されています6この記事、遅くとも商品の宣言の日。
4。 関税地域における処理の条件に関する文書は、許可された経済事業者と税関当局間の合意を用いた本連邦法の一部8の記事86に従って署名し、提供することができるよう商品は、認可事業者によって国内消費のための処理の手順の下に配置されている場合それは、当該契約に段落1と2この記事で言及した情報が含まれています。
5。 他の人への国内消費の転送のための物品の処理のために発行された許可証をすることはできません。
6。 税関当局の許可を得て、国内消費のために物品を処理するための許可を得て改正または添加することができる国内消費のための物品を処理するための許可証を発行した者の書面による要求に応じて、関税同盟の関税法令及び慣習上のロシア連邦の法律に反しありません。 3営業日以内と補償の同意を得て - あなたは、この条10の一部が提供する情報のみを指定した場合、そのような許可証を発行した税関当局は、2営業日のためのアプリケーションを考えてみます。 国内消費のための物品を処理するための許可証への変更および修正を行うための税関当局の拒否は正当化と動機しなければなりません。 税関当局は、書面で述べ拒否に、国内消費のために物品を処理するための許可証を取得した者に通知しなければなりません。

270を§。 国内消費のために物品を処理するための許可証を発行するための手順
1。 国内消費のために物品を処理するための許可は、任意のロシア人によって得ることができます。
2。 国内消費のために物品を処理するための許可を取得するために、関係者は、それが税金や手数料に関するロシアの法律に従って納税者として登録された地域では、税関当局に書き込まれた宣言を行います。
3。 商品の処理のための文では、以下の情報を含まなければなりません。
申請者(申告)の1)。
人(人)に直接従事して(コミット)トランザクション処理製品の2)。
処理のために意図された製品、およびこのような処理の製品のほか、対外貿易、対外経済活動、値またはその範囲の商品命名法に従って、基本または追加の単位の量の商品命名法の下で廃棄物及び残留物(名前、分類コード上に3) );
品処理操作の4)、その履行のための方法及び期限について。
トランザクション処理製品を使用して作られている生産施設の場所の5)。
加工製品の出力のノルムの6)。
その処理の製品で外国製品を特定する方法について7)。
商品の処理のための8)。
廃棄物の更なる使用の可能性について9)。
4。 宣言された情報を確認する書類を添付した商品の処理のためのアプリケーション。
5。 税関当局は、その採用の日から15日以内にアプリケーションと添付書類を考慮しなければなりません。 税関当局は、国家機関からだけでなく、この記事3の段落で指定された情報を確認する文書をその第三者を要求することができます。 そのような人が、10日以内に要求を受領した日から要求された書類を提出するものとします。 この場合、税関当局は、その採用の日からではなく、より多く30日にアプリケーションの対価の任期を延長することができます。
6。 税関当局は、だけでなく、関税同盟や習慣に関するロシア連邦の法律、の税関法律によって確立された、国内消費のために処理するための要件と通関手続きの条件を遵守していない申告を適用した場合のみの場合には国内消費のための物品を処理するための許可証を発行することを拒否しなければなりません意思決定の税関当局は、加工品の出力と処理のための時間制限の規範を同意することを拒否するべきです。
7。 国内消費のための物品を処理するための許可証を発行する税関当局の拒否は正当化し、動機付けする必要があります。 税関当局は、書面で指定された申告の拒否を通知しなければなりません。

271を§。 国内消費のための物品の処理のための許可の取り消しやキャンセル
1。 国内消費のための物品を処理するための許可があれば、税関当局によって取り消される可能性があります。
1)申告は関税同盟や習慣に関するロシア連邦法の関税法令によって確立された国内消費のために処理するために税関手続の要件や条件に準拠していません。
その準備中2)は外国製品、加工品、残留物および廃棄物の出力規範に関する情報を宣言されている、のアプリケーションは、関税の量の過小評価につながっている、この記事サブセクション6で指定された場合を除きます。
2。 取り消しの理由と国内消費のための商品の処理のための許可の可能退会届に書面で国内消費の税関当局のための商品を処理するための許可証を取り消す決定申告を行う前に。 10は、通知の受領の営業日以内に、申告が国内消費のための物品の処理のための許可の撤回の原因を排除するための措置を取らない場合は、認可が税関当局によって取り消されます。
3。 国内消費のための物品を処理するための許可証を取り消す税関当局の決定は国内消費のための商品を処理するための許可証を取り消す決定の税関機関による受理した日から有効です。
4。 あなたが処理のために撤回権限に従い、国内消費のための処理の通関手続きの下で外国製品の国内消費の施設のための物品を処理するための許可証を取り消す場合は許可されていません。
5。 あなたは国内消費のための物品を処理するための許可証を取り消す場合は、申告はに従って関税同盟の関税地域外で、このような商品を国内消費のための処理の通関手続きの下に置か外国製品のために支払う義務がこの許可証の失効、輸入関税や輸出の日に処理されません再輸出の通関手続き。 商品の処理のために、この許可証の取消の日に国内消費のための処理の通関手続の下に置かれ、処理外国製品に関しては関税同盟の税関コードの章36によって確立された手順に従い、国内消費のための処理の通関手続きを完了することができなければなりません。
6。 それが受信された場合、国内消費のための物品を処理するための許可は、税関当局によって取り消すことができるが、のアプリケーションが税関支払額の過小評価につながっている、商品、自社製品、残渣及び廃棄物の出力規範に関連して故意に虚偽の情報宣言されました。
7。 国内消費のための物品を処理するための許可証の取消の税関当局の決定は国内消費のための物品を処理するための許可証の発行日から有効です。
8。 国内消費のための物品を処理するための許可を取り消すことを決定した後、税関当局は、国内消費のための物品の処理のための許可の取り消しに関連して外国製品、加工品、残留物および廃棄物に関して税関業務の委託を停止します。
9。 キャンセルの決定の日から10日以内に国内消費のための物品を処理するための許可を解除する場合、国内消費のための処理の通関手続きの下に置か外国製品の輸入関税の支払いを受けることと決定の採択の日に処理されてはなりません。
10。 税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された国内消費のための物品の処理のための許可の取り消しのための撤退、フォームやプロシージャのフォームと手順。
警告! 国内消費のための物品を処理するための許可証の発行に関連するアクションの税関当局の手順だけでなく、国内消費のための物品の処理のための許可の取消しやキャンセルのため、参照してください。の1243 15.06.2011番号からロシアのFCSのために

272を§。 国内消費のための処理のための税関手続の適用で商品の会計処理。 国内消費のための処理の通関手続きの適用に関するレポート
1。 申告だけでなく、国内消費のための処理の通関手続きの下に置かれた商品の処理に関与する者は、商品の記録を保持するために必要とされています。
2。 商品は、会計と税務会計上のロシアの法律規制の要件に応じて記録されています。
3。 同じ外国財の商品の処理の期間中に、いくつかの貨物をインポートした場合、通関目的のために、このような商品の会計処理は、商品が以前の期間、その処理のために使用される最初にされることを前提として行われます。
4。 その処理の製品の外国製品の識別のための処理方法のために指定されたアクセス権は、外国製品が使用されるの製造の製品の処理から特定の外国製品に一致する必要がある場合は、この条の3の一部を提供したルールは適用しません。 申告は、それがそれらに適用される会計処理の方法と互換性がない場合、このルールの使用を拒否する権利を有します。
5。 3ヶ月で少なくとも一度商品を宣言、部品本願7と8 177の記事に従って、国内消費のための処理の通関手続きのアプリケーションの要件と条件の実施に関する情報が含まれている税関当局の報告書に提出します。
6。 外国製品は、国内消費のための処理のための制限時間の満了の日から貨物の数、国内消費のための物品を処理するための許可証に示されている加工品の量の最終的な検証ではなく、後で30日よりロシアに輸入されている場合。

273を§。 国内消費のための処理の通関手続きの完了
遅くとも品の加工製品や商品の処理の有効期限は、処理動作を受けていないよりも、関税同盟の記事273、275 276と税関コードに従って国内消費のリリースの通関手続きの下に配置する必要があります。

章34。 一時輸入の通関手続き(許容範囲)

274を§。 一時輸入(寛容)の通関手続の内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件
一時輸入(寛容)と記事277 278と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための条件の通関手続きの内容。

275を§。 使用して、一時的に輸入品の処分
1。 使用して、一時的な輸入(寛容)の通関手続きの下に置かれた商品の廃棄は、関税同盟の税関コードの記事279によって確立された制限に従うものとします。
2。 一時的に輸入品は条本契約276と277に定めるものを除き、申告の実際の所持と使用でなければなりません。

276を§。 税関当局の許可なく所持し、他の人の使用に申告一時的に輸入品を移転
1。 :一時的に税関当局の許可なしに他人の所持と使用で商品を輸入し、転送申告者は、サブパラグラフポイント1 3 279の関税同盟の税関コードの記事、同様に指定された目的のために許可しました
販売および循環のために意図梱包、商品の保護のために意図された再利用可能(リターナブル)パッケージングの一時的な輸入の場合1)、このの外国貿易契約または類似の(同じ型とほぼ等しい値に応じて)コンテナが返される場合。
一時的に輸入品や試験、研究、試験、検査、実験や実験での使用でのテスト、研究、テスト、チェック、実験や実験の目的のために2)。
RF政府によって決定された他の目的のために3)。
2。 他の人の所持および使用中の一時輸入品の転送は、申告者は、物品の上に人を手渡し、それらの送信の目的だけでなく、商品の場所の名前と住所を記載し、いかなる形で書面で通関手続きの下で、このような物品の施設を運ば税関当局に通知する義務を負うものとした場合そのような財の価値は500 000のルーブルを超えた場合。
3。 税関当局の許可なしに他の人に一時的に輸入品の譲渡は、関税同盟の税関コードの37のヘッドによって設立要件や条件の遵守からの一時輸入(入場)の通関手続きの申告を免除されません。 申告義務と連帯し、申告者の所持、および一時的に輸入品の使用に合格した者は、税関の支払いの合計額に関税を支払います。
4。 税関当局が、一時的に輸入品の実際の位置についての文書や情報を要求する関税同盟の税関コードの段落2の記事98に従い、商品の転送の場合、書面でそのような人については、別の人物情報へこの記事のパート1に従い、および(または)要求された文書と情報の提出のために十分であるべき電子フォーム、ならびにそれらのプレゼンテーションの期間を設定し、。

277を§。 税関当局の許可を得て他の人の所持と使用に申告一時的に輸入品を移転
1。 一時的に税関当局の許可を得て他の人の所持と使用で商品を輸入し、転送申告者は、本契約の条276に言及しない場合には許可しました。
2。 転送申告が一時的に税関の書面による許可なしに他人の所持と使用で商品を輸入し、その人はさらに税関法律上の関税同盟とロシア連邦の関税法令によって確立された一時的な輸入の要件および条件を遵守する義務を負いことを条件とします。
3。 彼は一時的な輸入(入場)の通関手続き中の商品を使用した場合、この期間中に、関税と税金を支払う義務を伴うイベントが来た場合、一時的に輸入品を送信ディクレアラーは、期間の関税と税金を支払う必要があります。
4。 一時輸入の通関手続きの遵守は、本契約の条227が提供する保証を提供する場合は、一時的に輸入品を譲渡した人は、自分の名前に関連する文書を発行しなければなりません。
5。 一時的に輸入品を譲渡した者は、一時的に輸入品の譲渡に関する決定の税関体によって受理の日から、税関に関税同盟とロシア連邦の法律の税関コードの37ヘッドを確立している一時的な輸入の通関手続きの使用のための権利と義務を楽しむことができます。

278を§。 物品の一時輸入の期間
1。 物品の一時輸入(寛容)の用語は、関税同盟の税関コードの条280に設立された期間内にそのような輸入の目的や状況に応じて申告の書類に基づいて税関当局によって確立されます。
2。 申告一時輸入(寛容)の期間の合理的な要求に応じてこの記事サブセクション1で指定された期間内に延長することができます。
3。 税関当局は10営業日のための一時輸入の延長申請を検討し、それを拡張するための拡張または拒否の申告を通知しなければなりません。 税関当局は申告者は税関法律上のロシア連邦によって確立された一時的な輸入の通関手続きの要件および条件に適合しない場合にのみ、一時入場(入場)の期間を延長することを拒否することができます。
4。 一時入場料(入場)の期間を延長するための税関当局の拒否は正当化し、動機付けする必要があります。 税関当局は、書面で指定された申告の拒否を通知しなければなりません。

279を§。 一時輸入(寛容)科学的または商業的なサンプル
1。 一時的にテストにそれらを行うためのロシア連邦への輸入品、研究、テスト、チェック、実験、テストの過程で実験やデモンストレーションや使用、研究、テスト、チェック、実験、実験やデモンストレーション(以下 - 科学や商品サンプル)、この条の規定に従い、簡略化された手順の下に税関申告の対象に。
2。 ロシア政府は、最大数および(または)一時的に関税同盟の関税法の行為に応じて、時や一定時間一人で科学的または商業的なサンプルとして輸入品の最大値を確立する権利を有します。
3。 申告者は、一時的、科学的または商業的なサンプルがテストにそれらの間に破壊または損傷した場合を含め、本明細書の章39の規定に基づき、科学的または商業的なサンプルのために輸入し、研究、試験、検証に関して破壊のための通関手続きを宣言する権利を有します実験、実験やデモンストレーションを行うこと、またはそれらは試験、研究、試験、検査、実験、実験やデモンストレーションで使用される場合。
4。 彼らが破壊または損傷した場合、一時的な輸入(入場)の通関手続き完了の科学的または商業用サンプルは、現在連邦法の一部3記事296に従って破壊のための通関手続きの下に置かれてはならないとロシア連邦政府は一時的輸入の場合で商品のリストを確立しますそれらを用いた試験、研究、試験、検査、実験、実験やデモンストレーション、またはそれらは当然で使用されている間、 試験、研究、試験、検査、実験、実験やデモンストレーション。
5。 一時的に乗客の個人の荷物にロシア連邦に輸出科学的または商業的なサンプル、速達郵便と同様に、科学的または商業的なサンプル、申告の依頼で、300 000のルーブルを超えないそのうちの値は税関申告書かれた文として使用して簡略化して宣言することができます組織 - 科学や商品サンプルの受信者。 税関の分野で承認連邦執行機関によって確立され、このような文の形。 (参照してください。数2408 13.12.2010からロシアのFCSの順序)
6。 科学的な機関やその電力会社では、任意の形式で行われ、科学的または商業用サンプルと運動科学の状況の説明についての情報を含む、製品書面科学的施設の使用の証拠として使用して、一時的な輸入(入場)の通関手続き科学や商品サンプルの下に配置することができます関税同盟の税関国境を通じてまたは商品サンプル。 他の人がした経済活動の顔に研究、利用可能な場合、または他の文書には、科学的または商業用サンプルの輸入の目的に関する情報が含まれている場合は、計画(プログラム)を承認し、外国人と通関条約本体を提出することによって、科学や商品サンプルの目的を確認します試験、研究、試験、検査、実験、実験やデモに関する情報を提供します。
7。 構成文書によって確認ステータス科学機関。 ロシア政府はその研究機関の組織の状態を確認する権限を連邦政府の執行機関を決定するためにどの団体や学術機関によって基準を確立する権利を有します。
8。 その一時的な入場料(入場料)で、科学や商品サンプルリリース日は同時に、この連邦法に基づいて個々の文書はリリース後に提出することができ、場合を除いて、すべての必要な書類の税関申告、とプレゼンテーションの際に税関申告の受理の時から4時間です品物。 商品のRF政府リストは、税関申告の登録の日から最大1営業日にすることができ、問題の用語を確立することができます。 指定した時刻に税関当局は、必要に応じて、それらに税関申告、商品や書類の検証を行っています。

280を§。 税関手続の一時輸入の終了とサスペンション(入場)
税関手続(入学)の一時輸入の終了および懸濁液は、関税同盟の税関コードの記事281に従って行われます。

章35。 一時的な輸出の通関手続き

281を§。 一時的な輸出品の通関手続の内容と通関手続きの下に配置するための条件
一時的な輸出の通関手続きの内容および記事285 286と関税同盟の税関コードによって確立された通関手続きの下で財を配置する条件。

282を§。 商品の特定のカテゴリの一時的な輸出の持続時間
1。 一時的な輸出品の用語は、この記事では、サブセクション4にするために提供されるもの以外、このような除去の目的や状況に応じて申告の適用に基づいて税関当局によって決定されなければなりません。 物品の一時的な輸出の期間を宣言書かれた文では、税関当局によって部品4と5この記事の対象に延長することができます。
2。 税関当局は10営業日内の一時輸出の延長申請を検討し、それを拡張するための拡張または拒否の申告を通知しなければなりません。 税関当局は申告者が税関に関税同盟とロシア連邦の法律の税関コードの章38に定め一時輸出の通関手続きを使用するための要件および条件に適合しない場合にのみ、一時的輸出の期間を延長することを拒否することができます。
3。 一時的な輸出の期間を延長するための税関当局の拒否は正当化し、動機付けする必要があります。 税関当局は、書面で指定された申告の拒否を通知しなければなりません。
4。 商品の特定のカテゴリのための関税同盟の税関コードの段落2の記事288によれば、関税同盟の関税地域外だけでなく、一時的な輸出のためにロシアの法律に基づいて必要とされる再輸入品のための彼らの輸出の目的に応じて、締め切りロシア政府によって設立され、一時的な輸出。
5。 インストールされていないロシア連邦ロシア連邦の法律の領土への返却をバインドするの点で一時的に輸出品の所有権の外国人への転送の場合には、これらの商品の一時的な輸出の期間が延長されず、商品が輸出の通関手続きの下に配置されなければなりません。

283を§。 科学的または商業的なサンプルの一時的な輸出
1。 一時的に関税同盟の外にロシア連邦からエクスポート科学的または商業的なサンプルは、試験を行う彼ら、研究、試験、検査、実験、実験やデモンストレーションやテスト、研究、テスト、チェック、実験、実験やデモの過程で使用しますこの記事の規定に従い、簡略化された手順の下に税関申告の対象となっています。
2。 一時的に乗客の個人的な荷物に関税同盟の外にロシア連邦からエクスポート・サイエンティフィックや商品サンプル、速達メールだけでなく、科学的または商業用サンプルは、申告の依頼で、300 000のルーブルを超えない値をとして使用して簡易的に宣言することができます科学や商品サンプルの送信者 - 税関申告書は、組織を書かれて。 関税の分野で認可連邦執行機関によって確立され、このような文の形。 (参照してください。数2408 13.12.2010からロシアのFCSの順に)
3。 科学研究機関とは、どのような形態で行われ、科学や商品サンプルの税関国境を通じて科学的または商品サンプルや移動の状況の記述についての情報を含む、製品書面科学機関の使用の証拠として使用して、科学的または商業的なサンプルの一時的な輸出を行うために資格を与え、それらの事業会社を開始しました関税同盟。
4。 他の人は、それが科学的または商業的なサンプルの輸出の目的についての情報が含まれている場合は、外国人と通関条約本体への提出を通じて、科学や商品サンプルの目的を確認する計画(プログラム)の研究、もしあれば、またはの行動についての情報を含む他の文書を承認しました試験、研究、試験、検査、実験、実験やデモンストレーション。
5。 ステータス科学機関は、本明細書の記事7 279の一部で定める方法により確認しました。
6。 彼らの一時的な輸出のサンプル科学的または商用のリリース日は、この連邦法に基づいて個々の文書が商品のリリース後に提出することができる場合を除いて、すべての必要な書類の税関申告と同時にプレゼンテーション時に税関申告の受理の時から4時間です。 商品のRF政府リストは、税関申告の登録の日から最大1営業日にすることができ、問題の用語を確立することができます。 指定した時刻に税関当局は、必要に応じて、それらに税関申告、商品や書類の検証を行っています。

284を§。 物品の一時的な輸出の通関手続きの完了
1。 一時的な輸出品の通関手続きの完了は、関税同盟の税関コードの記事289に従って行われなければなりません。
2。 申告の要求に応じて、一時的な輸出品で商品の識別特性を決定しなければならない税関当局は、その文書の申告を示しています。 いつ再インポート(再インポート)以前に一時的輸出品、税関のチェック識別機能の場合。 これらの兆候や商品の置換の直接的な証拠がないの一致した場合には、税関当局は、再輸入の通関手続きの下で財を配置することを拒んではなりません。

章36。 再輸入の通関手続き

285を§。 通関手続きの下に商品を配置するための税関再インポートの手順及び条件の内容
記事292 293と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための税関再インポートの手順及び条件の内容。

286を§。 商品の再輸入の任期を延長するための手順
1。 これは、再輸入の通関手続きの下で施設の用語は、関税同盟の税関コードによって規定された期間を超える可能性があるために関税同盟の委員会の決定によって承認された商品のカテゴリーの再インポートの拡張を可能にしました。
2。 商品のサブセクション1で指定された再輸入この記事のカテゴリの通関手続きの下に施設を拡張するには、税関当局への商品の宣言の前に30日以内に申告は、税関の分野で承認執行力の連邦本体に書き込まれた形で策定妥当な要求を、作ります、輸出または再輸出通関手続の税関手続きの下で関税同盟の関税地域外の貨物の輸出の声明。
3。 次の書類を要求するために添付する必要があります。
関税同盟の関税地域外の貨物の輸出に関するロシア連邦の税関当局によって受け入れ1)税関申告。
関税同盟の関税地域外の貨物の輸出の状況を確認する2)文書;
関税同盟の税関国境を越えた商品の日付を証明する3)文書;
このような操作は、関税同盟の関税地域外の品を用いて実施した場合、商品の修理操作に関する情報を含む4)ドキュメント。
4。 再輸入の延長の要求が30日を超えない関税の分野で認可連邦執行機関、と考えられています。 そうでない場合は、要求を受領した日から3日以内にこの記事のサブセクション10、能力税関手続の問題を含んでいる関税の分野で認可連邦執行機関、の構造単位で指定された情報を含むすべての文書は、申告者に通知しなければなりませんそのような情報を含む追加の書類を提出する必要があります。 関税の分野で認可連邦執行機関に提出した後、商品の再輸入のための期間を延長するための追加書類の要求は、その提出の日から15日以内に考慮しなければなりません。
5。 商品の再インポートするための期間を延長する決定は、その管轄税関手続き、またはその代理の問題を含んで、税関の分野で承認連邦執行機関の構造単位の先頭でなければなりません。
6。 商品の再輸入の延長の決定は、地域の活動が再輸入の通関手続き中の商品の宣言で行われますれる申告し、税関当局の注意を引きます。
7。 商品の再輸入の延長拒否の場合、申告者は、その理由(複数可)の失敗を概説する手紙を送っています。

287を§。 輸出税の額のリターン(オフセット)
1。 製品につきましては関税同盟の税関コードのパラグラフ1点1の記事293は税関再インポート手順の下に置かれ、これらの商品は翌日から6ヶ月以内に再輸入の通関手続きの下に配置されている場合、あなたは、輸出関税の支払額の(オフセット)を返しますと呼ば輸出の通関手続きの下で、このような物品の配置の一日。
2。 本明細書の章17によって確立された手順に従い、税関当局により輸出関税を支払った金額の返還(オフセット)。

288を§。 再輸入の通関手続きの下で財を配置することによって輸入関税、税金、補助金や他の量の金額の支払い
1。 再輸入の通関手続きの下に商品を配置するとき、連邦財務省の口座に支払われる、としなければならない国際条約状態で規定されている例で - 関税同盟のメンバー - 国際条約で指定したアカウントへ:
1)その輸入関税の額、税および(または)利益は、そのような関税、税金の額および(または)利益は、その充電されていなかったか、関税同盟の関税地域外の貨物の輸出に関連して返された場合。
2)国内税、補助金や他の量によって支払わや関税同盟の関税地域外の貨物の輸出に関連して支払い、利益、または補償として直接または間接的に得られない量。
2。 再輸入の通関手続きの下に置かれた商品に関して輸入関税、税金、国内税、補助金や他の量の金額を支払う義務は、税関税関申告により登録の時間を宣言において生じます。
3。 輸入関税、税金、国内税、補助金及び次の場合には申告によって終了他の量の金額を支払う義務:
1)輸入関税、税金の金額の支払い、国内税、補助金とこの連邦法に基づいて設立された量の他の量;
再輸入の通関手続き中の商品をリリースする2)拒否。
4。 輸入関税、税金の量は国内消費のためにリリースの通関手続きの下で加工品を配置する際に税の支払う関税額を決定するために、関税同盟の税関コードの条251に確立されたルールに従って計算しなければなりません。
5。 関税同盟の関税地域外品を輸出する場合、国内税の額は、商品の関税同盟の関税地域外輸出、商品の関税価値および(または)その数のための税関申告の登録の日に力率に基づいて計算され、決定されています。 財の輸出品の関税価値の点で通関輸出手続きの適用が決定されていないと税の額を計算する内部目的のために主張しない場合は、購入の取引に関連して装飾され、価格は実際に支払われたまたは請求書で指定された商品の支払に使用され財の輸出のための販売は、商品が税関外に輸出されている税関申告の登録の日に、この連邦法によって確立された手順にロシア連邦の通貨に換算しました 関税同盟の目の領土。 それらがエクスポートされるとき、これらの商品に関連するコマーシャルまたは他のドキュメントで与えられた品物の値を使用して、他の取引に関連する商品に関して声明通関輸出手続きは、登録の日には、現在連邦法で定める方法によりロシアの通貨に換算した場合商品が関税同盟の関税地域外に輸出されている税関申告。
6。 補助金や他の量を計算するための手順については、この条のサブセクション4と5で指定されていない政府によって決定されなければなりません。 ロシア政府はロシア連邦中央銀行の借り換えの割合で上記の合計、その利息とともに、内ケースを決定する権利を有します。
7。 輸入関税、税金、国内税、補助金や再輸入の通関手続き中の商品のリリースに支払うべきその他の金額。
8。 輸入関税、税金、国内税、補助金や他の量と利益の金額は、その関税を収集するための関税同盟の税関コードと現在の連邦法で定める方法により納付しなければならないこの条で規定されています。

章37。 再輸出の通関手続き

289を§。 通関手続きの下に商品を配置するための税関再輸出手続きや条件の内容
記事296 297と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための税関再輸出手続きや条件の内容。

290を§。 再ための通関手続きの下に置か物品の運送の特長
再輸出の通関手続きの下に置かれた商品の輸出は、関税の下で関税同盟の関税領域は方法でと関税同盟の税関コードの32の頭と本契約29のヘッドによって確立された条件で税関通過の手続に関連して制御します。

291を§。 輸入関税、税金の金額のリターン(オフセット)
財以前に国内消費のリリースの通関手続きの下に配置し、関税同盟の税関コードのパラグラフ2の記事297に定める条件に従って再輸出の通関手続きの下に置かれ、実際に関税同盟の関税地域からエクスポートに関しては、支払った(オフセット)を返します本明細書の章の17によって確立された手順に従い、輸入関税、税金の額。

章38。 免税貿易の通関手続き

292を§。 通関手続き中の商品を置くための免税貿易と条件の通関手続きの内容
記事302 303と関税同盟の税関コードで定義された通関手続きの下に商品を配置するための免税貿易と条件の通関手続きの内容。

293を§。 免税店
1。 免税店の敷地内には、貿易ホール、納屋や倉庫で構成することができます。
2。 本契約の条84に設立された場所、設備及び機器の免税店の要件。
3。 免税店のオーナーは、レコードを保持し、本契約の条59に従い、自由貿易の通関手続きの下に置かれた商品に関して報告書を提出する義務があります。

294を§。 人物の特定のカテゴリのための自由貿易機関
1。 外国公館のための自由貿易、国際機関、領事館の等価駐在員事務所の組織のための手順だけでなく、外交薬、領事官と連邦政府によって、彼らと一緒に存在する家族のメンバーのそれらに等しいです。
2。 この記事はパート1に示すように、ロシア政府は、場所、設備及び機器の免税店のための要件を設定します。

章39。 破壊のための通関手続き

295を§。 通関手続きの下に商品を配置するための通関破壊手続の内容及び条件
税関破壊の内容と通関手続きの下に商品を配置するための条件は、手順は記事307 308と関税同盟の税関コードで定義されています。

296を§。 破壊のための通関手続きの下に置かれた商品に税関当局の解像度
(。破壊のための通関手続き中の商品の配置のための破壊と承認フォームの通関手続き中の商品を配置するための許可証の発行に関連するアクションの税関当局の順序を参照してください)
1。 税関当局の許可を得て、破壊のための通関手続き中の商品の配置。
2。 、品物を宣言することができる関税同盟の税関コードの記事186に従い、対外経済活動の商品命名法上の商品の名前とコードを含まなければならない書面を提出しなければならない人が破壊される破壊のための通関手続き中の商品、その数を配置するための許可証を取得するには、コスト、場所、前向きな方法、場所と破壊の日だけでなく、申告者は、循環からの製品を表示するための理由の要約。
3。 破壊の通関手続きの下で事故や不可抗力または本条の一部5で言及したトランザクションの商用または科学のサンプルの結果として回復不能紛失または破損、破壊されたアイテムを置く場合には、申告者は場所と日付の声明によると、ときに、これらのイベントが発生し、破壊から生じる廃棄物に関するレポート(自分の名前、数量、価格(可能性はさらに、商業スペイン語の場合 olzovaniya廃棄物)、および、そのような廃棄物の商業的利用の可能性。
4。 税関倉庫に保管された商品に関しては、破壊のための通関手続きは税関倉庫の所有者を宣言することができます。
5。 ロシア連邦政府によって認可連邦執行機関の申告添付意見の破壊のための通関手続き中の商品の配置のためのアプリケーション、可能性の破壊、どのように、どこの商品が回復不能に起因する事故や不可抗力に失われた場合場合を除き、商品の破壊、。 :消滅の可能性についての結論、どのように、物品の破壊を用いることができます
商品が試験中に破損または紛失された場合には1)それら、研究、試験、実験、実験やデモンストレーション、またはをチェックし、それらが試験、研究、テスト、チェック、実験、実験やデモに使用されている場合 - これらの試験、研究、試験、検査、テスト、実験やこれらの製品のデモを実施している機関によって発行された破壊行為。
申告が破壊(リサイクル)これらの商品の契約を締結するとともに、エンティティによって発行された物品の対応するカテゴリに破壊操作(リサイクル)のための2)ライセンス、。
6。 同時に、アプリケーションとの申告がこの記事サブセクション3で指定された状況を確認する文書を提出します。 この記事の一部5で言及それらとの取引を行う際に破壊または損傷した科学的または商業的なサンプルの破壊の通関手続き、下に置かれたときに、そのような文書は、会計報告および会計文書のステートメントの準備文書です。
7。 税関当局は、関税同盟の税関コードの条196に設立された商品のリリースの期間を超えていない申告の面で適用を考慮しなければなりません。
8。 税関当局は、次の場合に破壊するための通関手続き中の商品を置くことを拒否する可能性があります。
この条に規定する税関に書類を提出する1)失敗。
2)検出3に記載されている製品この記事の一部及び申告によって主張や事実物品の販売または第三者への転送を確立するために、損傷なし破壊のための宣言通関手続きのため。

297を§。 商品の破壊
1。 商品の用語の破壊は、本発明の方法により、商品のこの種を根絶するための操作を実行するために必要な時間に基づいて、申告の書類、および破壊の代わりに、それらの場所から貨物の輸送のために必要な時間に基づいて税関当局によって確立されます。
2。 環境法上のロシア連邦の要件に従って申告によって決定品の破壊を置きます。
3。 商品の破壊後、申告者は税関当局に証拠書類(行為または破壊や廃棄、およびロシアの法律や慣例に従って破壊や処分で製造した他の文書の報告書)を提出しなければなりません。

298を§。 税関当局によって制御を行います
1。 関税同盟の税関コードと現在の連邦法の規定に従い、税関当局は、税関は、リスク管理システムを適用することにより、破壊のための通関手続きの下に配置されるか、または置か品を制御行使する。
2。 税関職員が商品の破壊過程(リサイクル)の目視観察を行う場合には、物品の破壊を確認することは、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決まる形や方法で作成しなければなりません。 (参照してください。数2523 22.12.2010からロシアのFCSの順序)

章40。 状態の賛成で拒否の税関手続き

299を§。 状態の賛成で拒否の通関手続の内容と状態の賛成で拒否するための通関手続き中の商品を置くための条件
状態の賛成で拒否の通関手続きの内容および記事310 311と関税同盟の税関コードによって定義された手順の下に商品を配置するための条件。

300を§。 状態の賛成で拒否するための通関手続きの下で財を配置するための手順
1。 状態の賛成で拒否の通関手続き中の商品の配置は、税関当局の許可を受けなければなりません。
2。 関税同盟の税関コードの記事186に応じた商品を宣言することができる、個々の許可のためには、名前とコード対外経済活動の商品命名法上の物品の、その数量、価値、場所、および理由の簡潔な声明を含むものとする書面を提出しなければなりません。これにより申告は状態に商品を拒否します。
3。 税関当局は、状態の賛成で拒否の通関手続き中の商品を配置するためのアプリケーションとそれに取り付けられた書類を考慮しなければならないし、許可するか、申請の受理の日から10日以内に、そのような引き渡しを拒否する決定をしなければなりません。 (参照してください。数357 21.02.2011からロシアのFCSの順序)

301を§。 状態の賛成で拒否の通関手続きの下に置かれた商品の廃棄
1。 状態の賛成で商品の拒絶は、ロシア連邦の国家機関への商品の売却益によって相殺することはできません任意のコストをリードしてはなりません。
2。 国の賛成で拒否するための通関手続きの下に置か商品は、政府の組織の実装にロシア連邦によって認可連邦執行機関に転送し、破壊またはリサイクル(再資源化)のプロパティは、本契約条187に従って、状態のプロパティに変換されます。

302を§。 状態の賛成で拒否の通関手続きの使用については責任
状態の賛成で拒否するための通関手続きの下に置くことにより、物品の処分の適法性についての責任は申告しなければなりません。 税関当局は申告者が状態を支持して拒否しているから商品に関して権限を有する者の任意のプロパティの請求を返済してはなりません。

章41。 特殊通関手続

303を§。 通関手続き中の商品を置くための特別な通関手続および条件の内容
1。 特殊通関手続 - 関税同盟の委員会によって確立されたリスト上の商品の中で特定のカテゴリ手順は、ロシア連邦に輸入または、関税、税金からそのような物品の完全な免除とロシアからエクスポート、および非関税規制措置の適用なしにされています。
2。 そうしないと関税同盟の関税法令によって提供されない限り、特別な通関手続きの下に置かれた商品の使用及び処分に関する要件や条件の特殊通関手続の下に商品を配置するため、同様に制限は、ロシア連邦政府によって決定されなければなりません。
3。 特殊通関手続中の商品を置くことで、関税や税金の支払いの回収、ならびに支払い免除、返金または国内税の払い戻しは、選出された特別な通関手続きは税関輸出手続きに変更されている場合を除き、行われていません。

304を§。 彼らは特別な通関手続きの下に配置されている物品の税関申告
物品の税関申告、彼らは特別な通関手続き、ならびに税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された商品の宣言、一緒に申告することにより提出する文書のリストの下に配置されている商品の宣言の指示の対象となるデータのリストのための手順、税関法律上の習慣連合とロシア連邦の関税法令に従ってインチ