Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン語 Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 セクションVII - - 財の特定のカテゴリに関して税関業務の特長連邦法は311-FZ 27.10.2010を№します

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションVII - 財の特定のカテゴリに関して税関業務の特長

章42。 知的財産権対策の保護のための

警告! の626 25.03.2011番号からロシアのFCSの順序によって承認された知的財産権を保護するための行動をとるにおけるロシア連邦税関の手続き

305を§。 税関当局による知的財産の権利を保護するための行動の根拠
1。 税関当局は、関税同盟の税関コードの章46に応じて、この章によって商品のリリースを停止する知的財産施策の権利を保護するために講じなければなりません。
2。 知的財産権は、著作権のオブジェクトを含む商品や起源の関連する権利、商標、サービスマーク、アペラシオン(以下 - 知的財産)の点で取られている保護するための措置は、知的財産のオブジェクトの税関レジスタ内の権利者の要請に応じて含まれています。 税関当局は、この章に基づいて権利者のアプリケーション措置なしで知的財産権を保護するための措置をとることができます。

306を§。 その検討のための権利者と手順を適用すること
1。 ロシア連邦からロシアへの商品の輸入や輸出に関連して、または税関管理下商品と他のアクションを実行することにより、ロシア連邦の法律に従って彼の権利の侵害があるかもしれないことを信じる合理的な根拠を持っている権利者、提出する権利を持っています関税の分野で認可連邦執行機関、税関における知的財産の包含のための適切なアプリケーションは、int型のオブジェクトを登録します ellektualnoyプロパティ。 関税同盟と現在の連邦法の関税法令により想定されるアクションは、権利者に代わって彼の代表を行使することができます。
2。 知的財産の税関レジスタにおける知的財産の包含のためのアプリケーションは、情報が含まれている必要があります。
著作権者の1)、およびアプリケーションが代表として、代理人によって提出された場合、
2)知的財産権;
輸入ロシア連邦へとロシアからの輸出またはそれらが税関管理下にある一方で、法的な所有者によると、税関当局は、このような識別することを確実にするために十分に詳細に、自分の権利の侵害を伴う他のどの活動を委託品に3)製品;
税関当局が商品のリリースを停止する措置を講じますいる期間に4)。
3。 知的財産権の確認申請書類に添付(証明書、権利者が知的財産の権利を支援するために提出することができる独占的ライセンスおよび他の文書の提供のための排他的権利契約の疎外に関する合意)、およびアプリケーションは、代理​​人によって提出された場合には、言っステートメントにその人の著作権によって発行された委任状として装着されています。 権利者(又はその代理人)は彼の意見、知的財産への彼の権利に違反して、既存の確認として機能することができる商品のアプリケーションサンプルに結合することができます。
4。 アプリケーションの順序は、宣言された情報のための要件とは、関税の分野で承認連邦執行機関によって決定された知的財産の種類に応じて書類を提出します。
5。 アプリケーションは、商品のリリースのサスペンションに関連して物品または他の者の申告、所有者、受信者に発生する可能性が金銭的危害の書面での約束権利者が含まれていました。
6。 通関業務の分野で承認連邦執行機関は、アプリケーションを受領した日から1ヶ月を超えない期間内にアプリケーションを考慮し、商品のリリースを停止する措置をとること、またはそのような対策や知的オブジェクトを含めることを受け入れることを拒否することを決定しなければなりません知的財産オブジェクトの税関レジスタ内のプロパティ。
7。 提出した権利者を確認するために(彼の代表)の情報では税関業務の分野で認可連邦執行機関は、権利保持者(彼の代表)から、第三者だけでなく、宣言した情報を確認する公的機関の文書で要求する権利を有します。 要求された文書は、要求を受領した日から10日以内に提出しなければなりません。 この場合、税関業務の分野で認可連邦執行機関は、アプリケーション、ない一ヶ月以上の検討の期間を延長する権利を有します。
8。 アプリケーションの検討は、意思決定のために必須である要求された文書の非権利者(その代理人)の場合に懸濁することができます。 この場合、アプリケーションの対価の一般的な用語は、三ヶ月以上にすることはできません。 著作権者(またはその代理人)から未回収の場合は要求された文書やアプリケーションの取り下げさらに検討するものとみなす権利者が書面または電子形式で通知しなければならないその上、対象ではありません。
9。 提出された書類は、知的財産に所属申請者の権利を確認する、または出願人による虚偽の情報を提出した場合にはしていない場合は、商品のリリースを停止する措置をとることを拒否することを決定し、知的財産の税関レジスタにおける知的財産の包含は、取られます。 知的財産の税関レジスタの知的財産を含めることを拒絶する決定はまた、本明細書の記事2 307部分によって確立された著作権の要件の不遵守の事象においてとられます。
10。 についての決定権者は、決定から3日以内に、書面または電子形式で通知しなければならない。
11。 あなたがアプリケーション内または添付文書で指定されたデータを変更する場合は、所有者(またはその代理人)は、直ちに税関分野で認可連邦執行機関に報告しなければならない。

記事307。 知的財産権の税関登録
1。 知的財産権の税関レジスタ(以下、 - Register)は税関業務の分野で認可連邦執行機関は、行動を取ることにしたその点で著作権、関連する権利、商標、サービスマーク、商品の原産地のアペラシオンを含み商品のリリースを一時停止します。 レジスタに含めるために無料です。 レジストリは、その権威で定める方法により、関税の地域で承認執行力の連邦政府機関です。
2。 税関業務の分野で認可連邦執行機関の点で知的財産は、商品の解放を停止する措置をとることにしましたがレジスタに含まれるものと、権利者が存在連邦のサブセクション5の記事306で指定された義務の履行を提供することを提供法、民事法律によって提供手段。 権利者は、本契約の条5 306部に呼ば者への損害に対する保険負債のリスク契約書を提出する義務を強制する代わりに権利を有します。 この場合、義務や保険金額に対するセキュリティの量は300 000のルーブル以上でなければなりません。
3。 、商品のリリースを中断し、税関分野で承認執行力の連邦機関の行動を取るために決定の通知の日から一月以内に、傷害のコミットまたは契約責任保険を確認する文書の非所有者で、とりレジストリ内の知的財産が含まれないという決定。
4。 知的財産権のオブジェクトは、次に掲げる場合においては、登録から除外する:
権利者の要請に応じて1);
2)は、この記事の2一部提供、権利者の条​​件を満たすために失敗する。
所定の方法で知的財産権の法的保護の終了時3);
4)物品の解放の停止の期間内に所有者が自分たちの権利の保護のためのロシア連邦の法律に基づいて許可された、または懸濁液の取り消しを求める要求で税関には適用されませんには適用されない場合;
5)レジストリにおける知的財産の包含のためのアプリケーションとの虚偽情報の検出。
5。 レジスタは、受信した情報に基づいて改正することができます:
レジストリまたは添付書類における知的財産の包含のための願書に記載した情報を変更するには、所有者(またはその代理人)の1);
法執行機関や他の政府機関だけでなく、所有者としてレジスタに掲げる者が、何の権利や知的財産に限られた権利を持っていないことを個人または団体から2)。
6。 税関分野で認可連邦執行機関に基づいてレジストリに変更を加える。
7。 所有者と税関当局が決定した後1営業日遅くともより通知されることはないように、レジストリに変更を加えると、税関分野で認可連邦執行機関の決定によって受信された情報をチェックして付けることができます。 検証措置の間に、知的財産のようなオブジェクトが含まれている商品のリリースを中断し、税関当局は行っていない。
8。 知的財産の目的は、登録簿に記入される期間は、2ヶ月以上チェックするのに必要な時間のために一時停止しますが、されないことがあります。
9。 税関分野で承認執行力の連邦機関は、同社の公式出版物や既成の秩序における情報通信ネットワーク "インターネット"の公式サイト上でのその位置でレジストリのデータの公表を確保。 - 連邦法によって修正されたとしてParagraph№200-FZ、11.07.2011

記事308。 知的財産のオブジェクトを格納している商品のリリースの懸濁液は、レジスタに含まれていません
1。 税関当局は、知的財産の兆候の違反の検出時と著作権者(またはその代理人)についての情報は、ロシア連邦の領土である場合には、レジスタに含まれていない知的財産のオブジェクトを含む物品の解放を停止することができます。 税関当局は、この条に定める権限を実装するの行使のために必要な権利者情報を求めることができます。 商品の解放の停止を以下の税関当局遅くとも日よりも、この条に基づいて、商品のリリースのサスペンションは、権利者と申告を通知しなければならないとき。
2。 商品の発売は7日間停止されなければならない。 所有者が延長に書面で税関事務所へのアピールに送信され、税関分野で承認執行力の連邦機関、知的財産の関連オブジェクトを含めることについて声明を提出することになった場合、税関当局は、営業日10よりもこの期間を延長しないかもしれませんが、条306条に基づいて、レジスタインチ
3。 権利者は、それがこの記事に従って問題を一時停止するだけでなく、そのような商品のサンプルを取ることを決めたに関しての商品についての税関情報から受領する権利を有する。
4。 権利者の税関当局の情報が入手可能な情報は確認されていないか、権利者(またはその代理人)がこの決定を廃止する要求に税関当局宛の場合には条310の存在にするために提供された場合、商品の解放を停止する決定は、物品の解放の停止の期間の満了前に取り消されなければなりません連邦法。 リリース著作権財の停止の期間の満了前に、この記事のサブセクション2に定められた条件、または管轄当局が商品の撤退の決定、発作またはその没収を取っていないではない、場合は、商品のリリースは関税同盟と現在の関税法令で定める方法により行われます。連邦法。
5。 この条に定める措置は、以前にこの記事に応じた行動を取っていた知的財産のオブジェクトを格納している商品には適用されない。

記事309。 商品のリリースを停止する行動をとるの税関当局による決定のタイミング
税関当局の決定、商品のリリースを停止する商品のリリースを中断する決定に対する商品のリリースの懸濁液を拡張し、情報に対する権利や知的財産権の侵害の発見の後の税関当局遅くとも翌営業日までに採取した試料の取りにする意思決定の基礎となるアクションの関連する申請書又は性能の性質、受領。

記事310。 商品の配置、の生産は破壊のための税関手続きの下で中断されている
関税同盟又は第331この連邦法物品の破壊についての所有者の書面による同意を得て、申告者の条308税関コードに従って物品の解放の停止期間中に中断されている本番ある商品の破壊のための通関手続を、入力することができます。 このケースでは、サスペンションの税関当局の決定が取り消されなければならない。

章43。 パイプラインや送電線を介して商品の特に運動

記事311。 パイプラインや送電線により輸送商品のためのメートル
1。 一緒に国家政策と燃料とエネルギー複合体の球で規範的法的規制の起草と実施を担当する連邦政府の行政当局との習慣の分野で認可連邦執行機関、設定されている関税のために決定され、技術的条件の場所のリスト計量装置、商品ロシアにインポートおよびトランスパイプラインによってロシアからエクスポートの移動をロックします オルトおよび送電ライン。 (ロシアのFCSと1485からロシア番号293 / 19.07.2011、ロシアのFCSと1486からロシア番号290 / 19.07.2011、ロシアと1487からロシア番号292 / 19.07.2011のエネルギー省のFCSのためのエネルギー省のためのエネルギー省のため、ロシアのFCSとロシア番号1488のエネルギー省の順序を参照してください。 291から/ 19.07.2011)
2。 それらは、ロシア連邦の領域に配置されている場合にパイプラインと送電線によって搬送メータ読み取り、そのようなデバイスのカタログに情報の不正なアクセスや改ざんを防止するために、税関当局はによって認可連邦執行機関によって決定されるように識別手段によって課されてもよいです関税の分野では、一緒に状態を起草し、実装を担当の連邦執行権限を持ちます 燃料およびエネルギーコンプレックスの球でudarstvennoy政策や法的規制。
3。 公共政策および燃料·エネルギー複合体の球の法的規制の策定·実施を行う連邦行政府と共に、税関分野で認可連邦執行機関によって確立された送電線、で輸送商品の量を決定するための手順。

記事312。 パイプライン輸送で移動する物品の関税や税金の申告と支払いの特長
1。 商品は、この条に規定する仕様を持つ条214この連邦法に従い、それらの一時的な定期的な税関申告を許可されたロシアのパイプラインからロシアとその輸出にインポートされたとき。 一時的な定期的な宣言が一時的な税関申告を提出することによってなされている。
2。 一時的な税関申告はのための物品を示す量の輸入や輸出の意図に基づく情報は、申告によりロシア連邦や輸出にインポートするために計画された製品の数に応じて決定され、外国貿易契約、条件付きの関税値(値)の期間を超えない期間を宣言したことがありロシア連邦、およびその消費者の特性および(または)指定された外国貿易契約価格決定手続きのために提供条件から 一時的な税関申告書を提出した日に品物。
3。 外国貿易協定(供給、価格、支払いの様々な用語を含む)の番号の下に義務の履行の税関手続のいずれかの条項に基づいて商品を輸送同じ人によって、インポートまたはエクスポートの商品の一時的な税関申告を養うことができました。
4。 その期間前1ヵ月の遅くとも20番目の曜日、暦年 - 一時的な税関申告は、1四半期、および天然ガスを超えない期間の申告者から提出されています。
5。 一時的な税関申告で指定された期間内に、であれば、一時的な税関申告の税関当局に指定された項目の数を変更、追加の一時的な税関申告で宣言され、当該商品の動きに、追加の一時税関申告を供給許可されています。
6。 追加の一時的な税関申告せずに一時的な税関申告で指定された商品の数量を超える一時的な税関申告で指定された期間内に商品の輸出は許可されません。
7。 申告は、商品の配送の各暦月の輸入や輸出品のための1つまたは複数の正式完成フル税関申告書を提出しなければなりません。 フル・税関申告は、商品の配送のカレンダー月の翌月の20番目の日の遅くとも提出していないする必要があります。 申告の治療を推論し、税関当局は90日より完全な税関申告の期限を延長するが、ないかもしれません。 フル税関申告の提出期限の延長は、関税や税金のため、合計の支払条件を拡張しません。
8。 一時的な税関申告貨物の輸出又は輸入のために宣言された暦月中にインポートされるか、実際にせずにエクスポートした場合、申告者は、完全な税関申告の締め切り前に書面で税関当局に通知しなければならない。
9。 関税は物品の引​​渡月の15番目の力の輸出関税のレートで各暦月の供給のために、ロシアからの輸出品に対して支払われている。
10。 一時的な税関申告で指定された情報に基づいて算出輸出関税の劣ら50パーセントは、遅くとも配送の各暦月の前の月の20-thよりも支給しない。 一時的な税関申告が複数の暦月の配信期間を指定した場合は、このケースでは、輸出関税の額の決定は、納入後1暦月に比例して、商品の数に基づいて行わなければならない。
11。 この記事段落4に指定した期間内に、一時的な税関申告を提出される場合は、輸出関税の額は遅くとも商品が下に配置されたときに支払うことになるの輸出関税の額に相当する額を全額税関申告の税関当局による登記の日付よりも支払わなければならない一時的な税関申告の税関当局による登録の日に計算された輸出の通関手続き。
12。 款に定める期間内に、一時的な税関申告は、暦月に提出された場合、段落5に従い、追加の一時的な税関申告の場合には、この記事のエクスポート関税は、遅くとも申告を受理した日より配信の最初の暦月のために全額支払われ、又は物品の供給この記事を4。 他のケースでは、ロシアからの輸出のために意図された商品のため、輸出関税は、部品や10 13この記事に従って支払わなければならない。
13。 遅くとも配達の各暦月の翌月の20-日より、限月の15番目の日に作用する、改訂された輸出品の情報や輸出関税に基づいて算出した輸出関税の額の残りの部分を支払わなければなりません。 この場合、税関当局の一時的な税関申告の登録日に作用するロシア連邦の通貨に対する外貨の為替相場。 ルールが一部6を確立している場合この場合、一時的な税関申告に比べ増加した関税価値と量に基づいて輸出関税の計算は違反ではないと利息の支払いを伴うおよび(または)管理責任を持っていませんこの記事は壊れていません。
14。 パイプラインで輸送された商品の輸入関税、税金を支払う義務は、税関申告または完全な宣言の税関当局の仮登録と申告者があります。
15。 輸入関税およびパイプラインによって輸送された商品の税を支払う義務は、関税同盟の関税法典の段落2 80の記事で指定された場合には申告者によって停止します。
16。 商品はパイプラインを通じて輸入されている場合、輸入関税と税金は、一時税関申告で指定された情報に基づいて配信の各暦月に、前月の20番目以内に支払われている。 限月の前の月の15日間に適用関税該当関税と税金の計算と支払いの目的のために。
17。 配達の各暦月のために輸入品に対するより正確な情報は、配信の各暦月の翌月の20番目内税関に提出しなければならない。 支払金額関税、税金、情報の明確化によって増加する場合は、追加金額が改訂されたデータの提出と同時に行わなければならない。 この場合の罰則は充電されていません。
18。 過払いの払い戻し章17本契約に従うものとする。
19。 パイプラインの制限を介して商品の転送は一時的な税関申告の日に適用されます。
20。 とき自然ガスのパイプライン輸送による税関申告などの移転に基づいて指定された条件の外国貿易協定にあるメーターの示度に基づいて作られた商品の実際の配達、、、上で使用される楽器の量と質を確認するため。

記事313。 電源ラインの商品の輸入と輸出に関する申告と関税と税金の支払いの特長
1。 宣言インポートおよびエクスポート電気及び対象と実際の数量(又は)電力の代数和は、各暦月のための州間の伝送線に沿って反対方向に流れるように電力の流れのバランス。 税関申告(税関申告)インポートまたはエクスポートされた電力量を電力の電力潮流(電力の代数和は、すべての電圧クラスの州間送電線内のすべての個人に反対方向に流れるのバランスの各暦月のために示されている、で利用可能な量によって調整電気ネットワークにおける電力損失を動かす)、または別々に、実際のカウントをインポートまたはエクスポート 電気ネットワークの電気エネルギー損失を移動する際に利用できる量により補正され名誉力、。
2。 移動する際に、情報のリストを確立起草し、燃料とエネルギー複合体の分野で国家政策と規範的法的規制の実施を担当する連邦政府の行政当局と連携して、税関の分野で認可連邦執行機関は、税関に提出します電力システムの並列動作条件下で関税同盟の関税地域を介して電力送電線 、関税同盟の税関コードの条2 339の段落に従い。
3。 ロシアに輸入され、この連邦法第二章に確立された規則によって生成される電力線、によって輸送商品のロシアからエクスポートされた上に関税の支払い。

記事314。 関税と税金の支払いを確保する
1。 パイプラインや送電線税関当局を介して商品の転送は、次の場合には関税​​と税金の支払いが必要な場合があります。
1)申告者は、その外国貿易を行っている場合は1年未満である;
2)申告はデータ要件のセット条項内の関税の支払いのための優れた主張を持っている場合。
3)申告者は、税関分野における行政違反のケースで優れた分解能を持っている場合。
2。 セキュリティの量は、関税同盟の条88税関コードに従って決定。

章44。 国際輸送のための車両のインポートとエクスポート

記事315。 ロシア連邦ロシア連邦と輸出へのインポート、車両、スペアパーツ、機器および消耗品の国際運送
1。 国際輸送のロシア車からロシアへのインポートおよびエクスポートは、関税同盟の税関コードの章48に従って行われます。 ロシア連邦とロシアから出発場所に到着場所へ国際輸送の車両の駐車場の持続時間は、それぞれ、鉄道駅、の航空機のタイプまたは処理操作の技術的メンテナンススケジュールで設定された時間を超えてはならない空気と鉄道輸送に関して慣習動作を実行するために、キャリアは、関税同盟の関税法令によって確立された要件を満たしている場合と、 関税上のロシアの法律。
2。 スペアパーツや機器の国際輸送の車両の修理、メンテナンスや操作のために意図され、ロシア連邦に輸入し、関税同盟の税関コードの記事349に従い、ロシアからの輸出。 交換用のスペア部品や機器の結果として、国際輸送の車両から撮影は、彼らが撮影された元の国際輸送の車両、一緒にロシア連邦とロシアからの輸出にインポートすることができます。 予備部品およびハードウェアの詳細は、同様に車両の国際キャリッジのための税関申告で指定された実行修理に関する。 他の例では関税同盟や習慣再輸出手続きに関連して、輸出関税の支払いなしにロシアからの輸出の税関コードのポイント3の記事349の第二段落に従ってロシア連邦に輸入交換スペアパーツや機器の結果として、国際輸送の車両から撮影しました。
3。 一時的な輸入(入場)と修理のために意図スペアパーツや設備の点で一時的な輸出の通関手続き、車両のメンテナンスや操作が完了され、それぞれロシアからの輸出またはで車両から削除されているスペアパーツや機器のロシアへの輸入交換または以前に一時的な輸入(入場)と、一時的な輸出の通関手続きの下に置かれていたスペアパーツや機器の結果、いずれか 別の通関手続き中の商品の変位は、関税同盟の関税地域からの輸出にまたは関税同盟の関税地域に輸入応じて提供していません。
4。 ロシア連邦からロシアへの輸入および輸出、自動車の適正な運転·保守に必要な店舗は、関税同盟の章50関税法に従って実施されています。

記事316。 国際輸送の車両などの条件付きでリリースされた車両の使用
1。 段落5の記事279と関税同盟の税関コードの段落4記事345によると、条件付きで応じた商品を発売している一時的な輸入(許容範囲)だけでなく、他の車両の通関手続きの下で関税同盟の関税地域に輸入車の使用を許可されています関税同盟の関税地域に輸入車を含め関税同盟の税関コードのサブパラ1 1 200の記事、と 無料税関ゾーンの手順、ロシアと関税同盟の税関コードの章48によって確立された手順に従い、ロシア連邦の領土への再輸入からの一時的な輸出から国際輸送の車両として。
2。 ロード、アンロード、処理及び乗客の商品又はサービスの保護のための特別な設備の点で及び(又は)荷物の、車両の修理、保守または操作に使用するための部品に対して、この記事はその1に示されるように、同様に、この記事のサブセクション1で指定された車両から撮影した予備部品及び機器のような、修復の枠組みにおける置換の結果として、章48 Tの規定 関税同盟のamozhennogoコードと本契約の記事315。

章45。 国際郵便による商品の輸出入、個人や外国人の特定のカテゴリでの個人的な使用のための商品

記事317。 個人による個人的な使用のための国際郵便と商品の商品のインポートとエクスポート
1。 関税同盟のメンバー - 国際郵便におけるロシアとロシアの貨物の輸出へのインポートについては、第44税関関税同盟のコードと状態間の国際条約に従って実施されています。
2。 国際郵便為替または税関当局が指定する他の場所の場所でコミットした国際郵便で送られた商品の点で通関業務、。 郵便通信のオブジェクトをされている国際郵便為替の場所は、一緒に起草や郵便での国家政策と規範的法的規制の実施に責任を連邦政府の執行権限を持つ、習慣の分野で認可連邦執行機関によって決定されなければなりません。 (順序FCS通信省が2099から258 / 13.10.2011を№参照)。
3。 個人による物品の関税同盟の関税国境を越えて移動して関税同盟 - 個人による個人的な使用のためのロシアとロシア製品の輸出へのインポートについては、第49税関関税同盟のコードとの国際条約に従ってなされる。
4。 この記事のパート3に記載されている国際協定に従い、ロシア連邦政府は、個人による貨物の輸出又は輸入に追加の制限を確立することができる。
5。 税関と他の税関当局の分野で認可連邦執行機関は、情報のロシアと外国の言語で構成され輸送や観光団体での問い合わせ、ならびにバイを共有することを含め、個人による物品の移動の規則に情報の可用性を確保しなければならない個人によって運ば商品に関しての税関業務の場所で機器情報ブース。
6。 別送手荷物で輸送または運送人に引渡さ個人的な使用のための物品の税関申告は、そのような商品は、地域のいずれかにされている税関当局いるの永久的または一時的に常駐自然人に関わらず、商品が配達されている場所の。を宣言するためのオプションで行うことができます
7。 ロシア連邦の領土からの出発の場所でストップとの関税同盟の関税領域外の宛先へのロシア連邦の領土内に原産地へのキャリアを伴う荷物の運送を引受けている商品に関して、税関操作は簡略化した条件の下で行うことができるどの政府によって決定されます。 (ロシア連邦№172 03.03.2012政府の決定を参照してください)
8。 個人的な使用のための商品に関して関税や税金に責任があるかに基づいてフォーム税関入金伝票は、厳格な説明責任の形態である。

記事318。 外国人の別々のカテゴリ内の商品のインポートとエクスポート
1。 ロシア連邦及びロシアの貨物の輸出にインポート、外交、領事特権および恩恵を受けて外国人の特定のカテゴリの個人や家族の使用のために、外国政府、国際機関、これらのオフィスや組織のスタッフだけでなく、商品の他の公式代表者(または)免除は、関税同盟の章45税関コードに従って行使しなければならない。
2。 裁判長は、この記事は1は関税同盟の関税コードの頭をインストールしなくロシア連邦からロシアへの貨物の輸出又は輸入のために、より有利なルール、国際のルールを提供する部品45に掲げる外国人へのロシア連邦の国際条約に従い、条約。
3。 国際的な政府間および政府間組織、彼らと外国の代表、ロシアの適切な国際条約によりこれらの組織と任務とその家族のスタッフのための税関施設を提供しています。
4。 これらのオフィス、機関、組織の在外公館、領事館、外国の他の公式の代表事務所、国際機関、スタッフ(以下、 - 代表)による輸送貨物の税関申告公式の使用のためには、申請により行われる税関当局への形で策定され書かれた宣言は、二つのコピー(以下、 - アプリケーション)、委任の頭部によってスタンプと署名し 以下の情報を含む表現または認定者、:
1)税関当局の名前;
2)商品の送り主の名前と住所;
3)荷受人の氏名又は名称及び住所;
4)番号と商品は関税同盟の関税国境を越えて移動される際の運送書類の日付;
頭字語の単位とコスト(船積書類)を示す彼が税関の目的のために特定することができ、製品の5)名、商品の量(質量、体積や他の量)。
5。 同時にこの記事4項で指定されたアプリケーションと、以下のドキュメント
1)輸送(出荷)とビジネスの記録;
2)制限の遵守の証明。
6。 送信を行う者(受信)の商品は、ミッションの公式の使用を意図し、税関当局は、身分証明書、およびOfficeの印鑑と署名の頭を負担しなければならない人や弁護士(年間または1時間)の状態を確認する文書を課しミッションの代表者又はその他の正当な権限を有する役員。

章46。 商品の制御された送達

記事319。 ロシアに輸入とロシアからの輸出品の制御された送達を行う
1。 ロシア連邦にインポートして、ロシアからの輸出品の制御された送達は、オペレーショナル・検索活動、ある知識を持つと運用・サーチ活動に従事する制御の遺体、下にいる、で、ロシア連邦、ロシアの領土内にロシアからの輸出、または動きに輸入輸入品の連盟。 運用・調査の仕事を担当して、通関業務(その代理)、またはこの身体の次長の球で承認執行力の連邦身体の頭部によって作られた輸入や輸出品の制御された送達を実施することを決定。 オペレーショナル・サーチ活動に従事するその他の機関は、税関当局と連携して商品の制御された送達を行いました。 当該承認のための手順は、手術・調査活動を行って、税関業務の分野で認可連邦執行機関、及び執行当局の他の連邦機関との契約によって決定されます。
2。 ロシア連邦の国際条約に基づいて、あるいはロシアの刑事事件における外国の権限ある当局との合意により、ロシア連邦からの輸出品の制御された配達を行うという決定は直ちに、励起され、意思決定機関の長は、物品の制御された送達を行っていない場合ロシア連邦の法律に従って検察官に通知しなければならない。

記事320。 商品の取り外しまたは交換ロシアに輸入とロシア連邦、コントロールド·デリバリーの実施からエクスポート
ロシア連邦政府によって決定方法で、ロシアに輸入または商品のロシア連邦、またはその循環ロシアの法律に基づいて特別な許可によって許可されて禁止されている無料の販売から輸出し、これらの製品は、完全または部分的に除去または交換することができるの制御された送達の実装では。 製品、人間の健康へのリスクの増加、環境、または政府によって決定された方法で交換することが、大量破壊兵器の製造のための基礎となるのポーズ。