Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 連邦法 FZ番号311-FZ 27.10.2010 セクションVIII - - ファイナルと一過規定連邦法は311-FZ 27.10.2010を№します

連邦法番号311-FZ 27 2010 11月の年

ロシア連邦税関規制に関する

(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ19.11.2010 24.11.2010)
(269から「Rossiyskayaガゼタ」番号5348(29.11.2010)で、その数48 29.11.2010、アートに関するロシア連邦法の議会で公開。6252は。力への参入は、参照してください。アートこの法律の。325は)

警告! 変更は、参照してください。:
の連邦法番号162-FZ 27.06.2011
の連邦法番号200-FZ 11.07.2011
の連邦法番号409-FZ 06.12.2011

セクションVIII - ファイナルと一過規定

章47。 最終規定

321を§。 州からロシアへの商品の輸入の暫定ルール - 関税同盟のメンバーと国家のロシア連邦からの商品の輸出
1。 国の領土からロシアへの輸入品に関しては - 関税同盟のメンバーは、ロシア連邦における力のレートで輸入関税の支払いを条件とすると、商品がない場合は、商品の輸入にロシア連邦での適用禁止と制限の遵守の対象となっています:
関税同盟国の(領土の関税地域から1)発信 - 関税同盟のメンバー)。
2)関税同盟の関税地域内で自由流通にリリース。
3)関税同盟の関税地域から発信品で作られており、国の領土に自由流通にリリース - 関税同盟のメンバー。
2。 国家の領土への商品の輸入場合 - 関税同盟のメンバー、関税がレートで支払われた、ロシア連邦に適用されるものよりも低くなっていたの寸法は、ロシア連邦に、このような財の輸入に関税が差に相当する量で支払うことができます類似の商品の輸入のためにロシア連邦に支払われる金額、および国家の領土に輸入時に支払った額と輸入関税の額 - 関税同盟のメンバー、もし 関係者は、税関本体に輸入関税の支払いや支払った金額の大きさの事実を確認する書類を提示します。
3。 関税同盟のメンバー - アイデンティティのために税関当局のこの条1で定めた基準に準拠した商品の状態は、状態の領土からロシアへの輸入品の関税制御を行使してはなりません。 これらの目的での状態から特定の商品の原産地証明を要求する権利を含む税関当局、 - 関税同盟や国の領土で自由な流通のための彼らのリリースのメンバー - 関税同盟のメンバーに直接の商品の受領者の受領をロシアに商品を輸入して(または)ときキャリア。 ロシア連邦に品物を輸入する場合、キャリアは、税関の場所での税関公式現在の要求に応じて、必要な書類や情報を制御するものとします。
4。 国の領土からロシアへの輸入品の税関管理の順序と位置 - 関税同盟のメンバーは、政府によって決定されなければなりません。
5。 税関当局が商品をこの資料の一部の1で指定された基準を満たしていないことを示す兆候を検出した場合には、税関当局は、原産国を決定するために必要な書類や情報を確認し、禁止および制限の遵守を確認するために、製品を探索し、権利を有するものこの連邦法律の定めるところにより、形や方法で彼らの専門知識(研究)を行っています。
6。 必要に応じて、商品など、商品の状態をチェックする時には、ロシア連邦の領土上での使用に、この連邦法によって提供される他の方法の倉庫に一時保管に配置または制限することができ、(または)人工島、インストールと構成の地域で、ロシアその上連盟は、ロシアの法律と国際法に従って管轄権を有します。 商品に関しては、税関当局は、関税や税金の支払いの担保の提供が必要な場合があります。
7。 どのようにテストするとどのように政府によって定義されるべき期間、その製品の使用を制限します。
8。 関税同盟の財の面で国際的なロシアの条約および(または)ロシア連邦の法律に基づいて、それらは他の国にロシアから輸出されたときに、場合 - 関税同盟のメンバーは、輸出税の支払いの対象となっているだけでなく、政府によって決定された他の例でそのような商品にロシア、彼らは他の国にロシアから輸出されている - 関税同盟のメンバーは、税関業務の要件、条件を適用しなければなりません 通関手続きの下に置かD、税関申告、税関手続き、(関税、税金の計算のためにベース(課税標準の定義、アプリケーションおよびコントロールを含む))関税、税金の計算を支払う義務の商品の発売、起源と終了、支払いの完了、セキュリティ、リターン(オフセット)、関税のコレクション、税関管理、関税同盟と現在の連邦法の税関法律により設立され、これらの場合のように 尾張は、関税同盟の関税地域外にロシア連邦からエクスポートします。
9。 ロシア連邦政府は、関税に関して、ベラルーシ共和国と第三国からカザフスタン共和国の領土に1 1月2010年後に追加の条件および手順の使用のため、および(または)処分だけでなく、個人によって輸入ロシア連邦車の登録を確立することができます税は税関を通過個人的な使用のために個人が商品を移動するための手順について合意するために設立され5別館は異なるレートで支払われます 塩酸関税同盟の国境税関業務は前関税同盟商品の状態の取得に、それらの放出に接続されています。 この場合、車の下でのATV、スノーモービルや対外経済活動のための8703商品命名法を見出しに分類される他の自動車の車を除いて、主に対外経済活動のために8703商品命名法を見出しに分類者の輸送用に設計された自動車および他の自動車を理解しています公道走行用に設計されていません。

322を§。 経過規定
1。 国際条約の発効を保留中の状態 - 関税同盟のメンバーと関税同盟の委員会の決定は、税関の分野でそれぞれの関係を支配する連邦法およびロシア連邦の他の規範的法的行為を適用しなければならない関税同盟の税関コードを提供しました。
2。 ロシア連邦の国際条約は、この連邦法、ロシア連邦の規則、関税同盟や(告発を含む)を終了または国際のサスペンションの関税法のレベルでの適切な関係を確立するための国際条約により提供されるものよりも、通関業務の分野で他のルールを定めている場合合意。
3。 本連邦法の発効前に採択ロシア大統領、ロシア連邦と連邦執行当局の規範的法的行為は、彼らが習慣にロシア連邦の法律と矛盾しない範囲に適用され、無効、または法的に適切な規制の導入として、それらを認識し続けます働きます。 これらの規制は、1月1 2011年に、この連邦法の規定にラインに持ち込まれるべきです。
4。 1月1 2014年までは申告のオプションで税関申告を税関申告を使用して、書面または電子形式で行われます。
5。 通関目的、ロシアにインポートし、現在の連邦法の発効の日にロシア連邦からエクスポートし、ロシアへの商品の輸入やロシア、輸送および貯蔵からの貨物の輸出に関連して、当事者の権利と義務、税関業務の手数料のための物品の状況そして、関税と税金の支払いは、関税同盟の関税法典のセクション8に応じて決定されなければなりません。
6。 通関業者(代表)、税関トランスポーター、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫の所有者、免税店の所有者は、関税の分野で活動を行う者の当該レジスタに含めるためにアプリケーションを提出し、31 12月2010年に、彼らの活動を継続して実施して通関業者(エージェント)として、税関キャリア、一時的な倉庫の所有者、保税倉庫の所有者、免税店のオーナー 当該レジスタにこれらの者を含むように、または失敗にするために、この資料の一部7で指定された規定に従う本連邦法によって確立された規則に従って、関連するレジスタ内のこれらの者を含めることです。
7。 この条のサブセクション6で指定された者については、31 12月2010年前に適切なレジスタに含めることを決定する際に、ポイント3部分3の記事61、一部2記事67、一部5記事70、一部4記事76設定された条件を適用していませんでした記事3 82部分本明細書、税関担当、税関キャリア、一時保管倉庫の所有者、税関倉庫や免税店の所有者の所有者の登録に包含で。
8。 あなたは、許可された経済事業者のレジスタに含めるためのアクションの税関当局のための手順を確立パート1記事2010明細書の規範的法的行為に基づき発行される力で、13 12月54についての特別な単純化された通関手続きのものを思い付くしていない場合ロシア連邦の税関規範に従い、12月31 2010まで、書面で、連邦政府の執行機関に通知されています STIは、税関の分野で承認、彼らの同意がな方法で認可経済事業者のレジスタにし、関税同盟と現在の連邦法の関税法令によって確立された条件に含まれる、との特別な単純化のロシア税関コードに従って彼らの確立を使用することができます90日規範の法的行為の発効日後に満了。
9。 まだ場合は免税店の登録に含めるための行動、1 12月2010に免税店の所有者である人たちの税関当局のための手順を確立パート13記事54明細書の規範的法的行為に基づいて発行した力で、に従い、税関ロシア連邦の規範と12月31 2010まで、書面で、STRK店舗となっている地域に税関当局に通知すること oshlinnoy貿易、方法でと関税同盟と現在の連邦法の関税法令によって確立された条件で免税店の登録に含まれる彼らの同意は、規範的法的行為の発効日から90日の満了前に、彼らの活動を行っています。
10。 ロシア政府は、サブセクション8と9この記事の、遅くとも1月1 2012年に指定された規制の法的行為の採択を提供します。
11。 1 2011 10月前に、税関業務のための通関手数料は、ロシア連邦の関税法令に従って通関のための通関手数料を収集するために確立されたレートで支払われます。
12。 ロシア連邦の税関コードに応じて関税支払額の支払いの保証として撮影した銀行保証、商品およびその他の財産と保証契約の質権の契約は、関税や関税同盟とロシアの法律の税関法律で定義された税の関連する債務の支払いのためのセキュリティとして使用されています税関での連盟、期限が切れる前に。
13。 1月1 2015、ロシア連邦からのインポートおよびエクスポートロシア連邦の宣言までは、電気エネルギーは、商品の実際のデリバリーの各暦月次遅くとも月の最終日より税関申告書を提出することにより製造されます。
14。 記事3 279の規定は、本明細書の物品のリストは、本明細書の条4 279部分で言及ロシア連邦政府の樹立の日から適用しなければなりません。
15。 財関税同盟の関税地域にロードされ、その領土外にアンロードまたはロードされた関税同盟の関税地域外と地域にアンロードすることが旅客の運送に使用関税同盟航空機の税関国境を通過して(または)移動、することができ関税同盟の関税コードのサブパラ1 2 215の記事に従い、税関トランジットの通関手続きの使用、と。 このパートの規定は、12月31 2011年に適用しなければなりません。
16。 ロシア連邦ロシア連邦からの輸出の分野で行われ、ロシアの法律と国際法に従って管轄権を有しており、商品の点でその上に人工島、インストールおよび構造の領土に輸出関税同盟の財に関して税関業務、これらのオブジェクトからインポート - エントリの場所をロシア連邦の領土に。
17。 関税同盟の製品は、ロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持っている上に、ロシア連邦の領土と人工島、インストールおよび構造の地域間で移動税関申告の対象ではないと関税と税金の支払いがなく、アプリケーションなく移動しました禁止や制限。
18。 ロシア連邦の領土とロシアは、ロシアの法律と国際法に従って管轄権を有している上に人工島、インストールおよび構造の地域間の関税同盟の可動品に関税コントロールは、で承認連邦執行機関によって決定されるものとして、税関のフィールド。
19。 ロシア連邦の領土と人工島、インストールおよび構造の地域間で輸送物資の面で任務を持つ人は、ロシア連邦はロシアの法律と国際法に従って管轄権を持っている上に、税関当局の要求に応じて、必要な情報や文書を提供する必要があります。
20。 1 8月2010、数8-FZを日付連邦法によって確立された非アクティブ法人を特色に満たす組織のため2001 1月129年のように計算関税の支払い(後払い)、罰金、利子、上回収不能債務とみなされることを立証するために、 「法人と個々の起業家の状態の登録に」、およびしない倒産(破産)に使用される手順で、及びに関して執行官が利き 関税の支払い(後払い)、罰則及び利息の支払いに、この負債を集めるのは不可能に関連して執行手続の終了時にEHO令。 認識上の決定は、関税の支払いの債務(延滞)、罰則や関心が回収不能であることを、この記事で言及し、そのキャンセルは(記録)債務は関税の支払い(後払い)、罰則や関心にが存在する前に、税関当局によって受け入れられています。 認識上の決定は関税の支払いの債務(延滞)、罰則や関心が回収不能とそれにオフに書かれた、と習慣の分野で認可連邦執行機関によって承認された償却のオーダーであることを、この記事で言及されたの存在下での文書のリスト。 (参照してください。数886 29.04.2011からロシアのFCSの順に)

323を§。 物流、税関職員の社会的保証に関連経過規定
1。 税関職員は制服が設けられています。 この服の形、および発行の手続きは、税関職員の衣服手当供給用デカールや規範は、政府によって確立されなければなりません。 税関の分野で承認連邦執行機関によって設定された制服を着て手順。
2。 彼の職務の執行や故人の家族に関連して死亡した税関職員の場合は、彼の扶養は、彼が税関事務所にある最後の場所に応じて10-回の一括払いに故人の年間給与を支払わなければなりません。 それは時代の到来、または外観の前に、税関の位置を置き換え、最後に死亡した - (月給以下この条において)故人税関職員のマイナー扶養家族は、さらに年俸の12分の1として計算毎月の現金手当の金額で毎月の手当を受け取ります独立した収入源、および主要なプロの教育機関でフルタイムで勉強 足、中等職業、高等専門教育 - 卒業前に。
3。 彼はプロの活動​​に従事するために、将来の機会を排除傷害の公務のパフォーマンスに関連する税関職員を受信すると、言った人は、それが税関の位置を置き換えるだけでなく、最後の5倍年俸の一括払いを支払われなければなりません10年以上 - 最後の置換可能な位置および総年金のための月例現金手当の大きさの差の量に余裕。 税関職員を受信すると、別の傷害彼は5人の月給の量で一括払いを支払わなければなりません。
4。 公務の行使に関連して、税関職員やその近親者の財産に生じた損傷は完全に補償されなければなりません。
5。 この記事で言及支払いは、引当金および損害賠償は、加害者とこの金額のその後の回復と連邦予算を犠牲にして作られた、財産に生じました。
6。 この記事では、これらの給付の支給に関する決定は、刑事手続を終了するか、予備調査と同様に、容疑者の死に関連して刑事訴訟を提起しないという決定を一時停止する捜査当局の裁判所の判決や決定に基づき、被害者サービスの代わりに、税関当局の頭を撮影したものです。
7。 損害賠償は、意思決定(文)裁判所によって行われた、財産に生じました。
8。 この記事の利点で指定したサイズの計算に使用される税関職員の年間給与は、人は彼の死やけがの年に取得する必要があろうに支払い、すべてのタイプが含まれています。
9。 毎月の税関職員の犠牲者のマイナー扶養家族に支払わ手当、および税関当局の最新の置換可能な位置の毎月の給与の大きさやけがを取得することに関連して税関職員に支払わ割り当てられた年金の大きさの違いのための手当のため除きます。彼のプロ活動を継続する機会は、ロシアのFの政府で定める方法によりインデックス化されています eration。 (104から。政府の政令番号25.02.2011を参照してください)
10。 給付の支払と彼の死の前に犠牲者を務め税関当局によって作られた財産への損害賠償の額、傷害または物的損害の瞬間、および税関当局が再編成または清算の場合、 - その後継者や優れた税関当局。
11。 この記事の目的のために死亡した税関職員の扶養家族は彼らのために生活の恒久的かつ主要な供給源であったその完全なコンテンツや彼から助けを受けて、上の彼の家族や他の人を認識しました。
12。 支払いのための手順は、この記事、手当や習慣の分野で承認連邦執行機関により決定されるプロパティの金額に損害賠償にいいます。 (参照してください。数1242 15.06.2011からロシアのFCSの順序)
13。 税関当局は、連邦予算を犠牲にして強制的な状態の個人保険の対象となっています。 義務状態の個人保険の対象は、税関職員の生命と健康です。
14。 強制的な状態の個人保険の契約に基づく被保険者イベントは次のとおりです。
損傷(挫傷)の結果として、税関を出た後、税関当局との、または1年間の満了前に彼のサービスの期間中に被保険者)、その他の負傷、オフィスで彼が受信した疾患 - 1)死以下、税関職員の(死)(義務;
2)税関当局とや税関を出た後1年間の満了前に彼のサービスの間に彼の職務の執行に関連した被保険者の障害の確立;
3)は重傷以下重傷の税関当局との彼の職務の執行に関連して被保険者の受信します。
15。 以下のサイズで、保険金請求が発生した場合に支払われる保険金額:
税関当局とのまたは損傷(挫傷)、その他の傷害、公務、彼の相続人のパフォーマンスで彼が受信した疾患の結果として、税関を出た後1年間の満了前に彼のサービスの期間中に被保険者の死亡(死亡の場合)で1)(中相続の証明書の提示) - 12,5倍年俸の量で;
税関当局とのまたは税関から解任後1年間の満了前に彼のサービスの間に彼の職務の執行に関連して、被保険者の障害を決定するのに2):
a)は無効グループI - 7,5倍年俸の量で;
b)は無効グループII - 5倍年俸の量で;
c)グループIIIは無効 - 速度2,5倍年俸で;
3)税関重傷の彼の職務の執行に関連して、被保険者の場合 - 1年間の給与の額であり、それほど深刻なけがの場合には - 半年間給与の量で存在する。
16。 この保険で保険金額は、補償のために、保険料と給付の他の種類の支払いに関係なく支払われます。
17。 保険料の計算に使用される税関職員の年間給与は、税関当局の最後の代入可能なこの官職によって決定され、人は損失の年を取得する必要があるだろうと現金支払のすべての種類が含まれています。
18。 その他の条件については、強制状態個人保険の税関職員のための手続きは、税関(被保険者)の分野で認可連邦執行機関、保険会社(保険会社)との契約によって決定されます。 この契約時の保険金額に関する規定、契約期間、保険料(保険料)の支払いの金額、時間や方法、権利、被保険者と保険者の義務と責任を有している。
19。 サブセクション1の規定 - 18この記事では、ロシア連邦の連邦公務員の一形態としての条件や法執行機関のサービスの順序を定義する連邦法の発効に適用され、オン "7月21 1997年№114-FZの連邦法を適切に変更しなければならないロシア連邦の税関当局 "と7月27 2004年№79-FZの連邦法"ロシア連邦の国家公務員でのサービスを提供しています。 "

記事324。 ロシア連邦の特定の法律行為(立法行為の一部規定)の廃止
1。 この連邦法の発効の日から無効を宣言する:
1)第1 - 357.9、2項目と記事3 357.10、記事358 - 439税関コード(ロシア連邦の法律規範、2003、№22、アート2066; 2004、№46、アート4494; 2009、№30。 、アート3733);
6月2 19年の29)記事2004連邦法(収集されたロシア連邦の法律 "ロシア連邦とガバナンスを改善するための措置の実施に関連して、ロシア連邦の一部の立法行為の無効化の特定の立法行為の改正について"№58-FZ、 2004、№27、アート2711);
3)(ロシア連邦の収集立法、2、№20、アート2004) "ロシア連邦の税関コードの行政犯罪のコードの改正" 8月118 3年№2004-F34の記事3533連邦法。
4)ポイント1 - 7、段落三から六六と70 - (ロシア連邦の収集立法、8、 "ロシア連邦の関税法の改正について" 11月1 11年№2004-FZ条139 2004連邦法の第七十七段落№46、アート4494);
5)(ロシア連邦の収集立法、9、№18、アート2005) "ロシア連邦の一部の立法行為の改正について" 7月90 2005年№30-FZの記事3101連邦法。
6)(ロシア連邦の収集立法、31、№2005、アート204) "ロシア連邦の条147 388と関税法の改正について" 12月2006 1年№15-FZの連邦法。
7)記事26連邦法10 1月2006 "カリーニングラード地域における経済特区で、ロシア連邦の一部の立法行為の改正で"(ロシアの収集立法、16、№2006、アート3)年№280-FZ。
8)品の輸入に対するAD措置及び相殺特殊保護について "ロシア連邦と連邦法の関税法の改正について" 2月1 18年№2006-FZの記事26連邦法 "(ロシア連邦の収集立法、2006、№8 、アート854);
"ロシア連邦の州境を越え検問所で状態制御の改善に関連して、ロシア連邦の一部の立法行為の改正について" 12月9 11年№30-FZの2006)記事266連邦法(ロシア連邦の収集立法、2007、№1 、アート29);
10)(ロシア連邦の収集立法、6、№2007、アート88) "ロシア連邦の条177関税法の改正について" 6月2007 24年№2831-FZの連邦法。
10月11 5年の30)記事2007連邦法 "ロシア連邦および特定の立法行為"ロシア連邦(ロシア、240、№2007、アートの収集法制の経済特区について "連邦法の改正について"№45-FZ 。5417);
12)漁業と海洋生物資源の保全に関する "連邦法の改正について" 12月12 6年№2007-FZの記事333連邦法 "ロシア連邦の一部の立法行為"(ロシアの収集立法、2007、№50、アート。6246);
"税関の分野における行政の改善に関連して、ロシア連邦の一部の立法行為の改正について" 6月13 7年№26-FZの2008)記事103連邦法(ロシア連邦の収集立法、2008、№26、アート。3022 );
14)漁業と海洋生物資源の保全に関する "連邦法の改正について" 12月18 3年№2008-FZの記事250連邦法 "ロシア連邦の一部の立法行為"(ロシアの収集立法、2008、№49、アート。5748);
15) "課税漁業の効率を向上させるためのロシア連邦の税コードの改正及びロシア連邦の一部の立法行為について" 12月3 30年№2008-FZの記事314連邦法(ロシア連邦の収集立法、2009、№1 、アート22);
4月16 2年の9)記事2009連邦法(ロシア、58、№2009、アート15の収集立法) "ロシア連邦及びロシア連邦の一部の立法行為の予算コードの改正について"№1780-FZ。
17)(ロシア連邦の収集立法、24、№2009、アート207) "ロシア連邦の関税法の改正について" 7月2009 30年№3733-FZの連邦法。
18)(ロシア連邦の収集立法、13、№2009、アート231) "ロシア連邦の条69 119と関税法の改正について" 10月2009 42年№4859-FZの連邦法。
19)(ロシア連邦の収集立法、13、№2009、アート232) "ロシア連邦の条138 325と関税法の改正について" 10月2009 42年№4860-FZの連邦法。
20)(ロシア連邦の収集立法、14、№25、アート。2009) "公衆衛生の保護に関するロシア連邦の基本法へとロシア連邦の一部の立法行為の改正について" 11月267 2009年№48-FZの記事5717連邦法;
21)(ロシア連邦の収集立法、28、№2009、アート。290) "ロシア連邦の条334関税法の改正について" 11月2009 48年№5740-FZの連邦法。
2。 1 10月2011年で廃止されています:
1)税関コード(ロシア連邦の法律規範、2003、№22、アート2066);
2)(ロシア連邦の収集立法、11、№2004、アート。139) "ロシア連邦の関税法の改正について" 11月2004 46年№4494-FZの連邦法。
記事325。 この連邦法の発効
1。 この連邦法は、力への参入のこの記事を他の用語となるものを除いて、その公式の出版後1ヶ月で効力を生ずる。
2。 一部1 - この連邦法の4 130記事は10月1 2011年度から発効するものとします。
3。 記事189、190や部品2 - この連邦法の10 191記事は1月1 2013年に効力を生ずる。 - 連邦法で№409-FZ、06.12.2011
4。 本連邦法の段落3 2 120記事の規定は1 7月2010年度から生じる法律関係に適用されます。

ロシアのメドベージェフ大統領