情報 連邦法 FZ番号409-FZ 06.12.2011

12月409 6年の連邦法番号2011-FZ

ロシア連邦の一部の立法行為の改正で
(下院によって採用し、連盟理事会によって承認さ18.11.2011 29.11.2011)
(参照、法的情報07.12.2011の公式ウェブポータル上、および「Rossiyskayaガゼタ」番号278(5654)に発効の09.12.2011から公開された。この法律の条26)

記事1

書く「銀行およびバンキング活動について「連邦法の記事26(RSFSRの人民代議員大会とRSFSRのソ連最高会議、3の官報、1996、条17 ;.立法議会が№(1990 2月27の連邦法、番号357-FZにより改正されました)ロシア連邦、1996は、6、条492 ;. 2001を、33、条3424 ;. 2003は№、27は№、条2700 ;.は52、条5033 ;. 2004を、27、条2711 ;. 2005が№№№、1を№条45 ;. 2007は、31は№、条4011 ;.は41、条4845 ;. 2009を、23は№、条2776 ;.は30、条3739 ;. 2010は№、31は№№条4193 ;.は47、アート№します。6028; 2011、7、条905は№; 27、3873のv)は次のように変更し№します:。
言葉「ロシア連邦の税関当局、「削除されるものの第二部で1)。
2)加算部第二十三次のように:
「文書や情報の場合、金融機関、ロシア連邦の税関当局が提供する法人ずに起業家の活動に従事し、銀行秘密の法人と個人を含む、方法および関税同盟と連邦法27 11月の2010年の数の税関コードにより提供範囲まで「ロシア連邦税関規制について」311-FZは。ロシア連邦とその関係者の税関当局は情報を開示しないかもしれません 銀行の秘密を獲得し、連邦法で定められた場合を除き、金融機関からそれらが受信した。ロシア連邦税関当局及びその職員の銀行の秘密の開示のために連邦法によって確立された手順に従い、損害賠償の支払いを含め責任を持っています。」。

記事2
、15 4月1993、「文化財のエクスポートとインポートには「番号4804-1(ロシア連邦およびロシア連邦最高会議、1993の人民代議員大会の官報のロシア連邦法で書く20、ロシア連邦、718の条2004 ;.アセンブリの№ 45、4377、条2008は№; 30、3616、条2009は№; ....、29、条3587№2011を、27、3880のv)は以下の変更が№:
言葉「税関でのロシア連邦法の「言葉で「ロシア連邦の関税法案」前文の第二段落の1)。
2)の記事2は無効とみなさ。
3)の記事5:
a)は、第二段落内の単語の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
b)は第三段落内の単語の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
c)の4番目の段落では言葉の言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
第五段落のグラム)の単語言葉で「ロシア連邦の国家の境界線 ""ロシア連邦の税関国境」。
言葉と言葉の4)の記事12「ロシア連邦の国家関税委員会 ""税関の分野で承認連邦執行機関、「言葉」というユーラシア経済共同体(内関税同盟の関税法律に「ロシア連邦の "言葉 - 税関連合)とロシア連邦 ";
言葉で「通関事務の分野で承認連邦執行機関「段落の記事5 3の言葉で15)「ロシア連邦国家税関委員会」。
言葉で記事6語 "ロシア連邦の習慣や州境を" "ロシア連邦の国家の境界線」の第二部で19)。
「税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(またはの税関法案)」の記事7語の言葉で「ロシア連邦の関税立法」の第二部で22)。
8)記事23単語言葉で「税関の分野で承認連邦執行機関 ""ロシア連邦の国家関税委員会」。
9)の記事25言葉言葉で「関税同盟や習慣上(または)ロシア連邦の法律の関税法案 ""ロシア連邦の関税法案」。
10)の記事26言葉言葉で「関税同盟や習慣上(または)ロシア連邦の法律の関税法案 ""ロシア連邦の関税法案」。
言葉で記事11語 "ロシア連邦の習慣や州境を" "ロシア連邦の国家の境界線」の第二部で29)。
12)記事35語の単語と「関税の分野で承認連邦執行機関 ""ロシア連邦の国家関税委員会」。
「税関での関税同盟の関税法令および(または)ロシア連邦の法律「段落の記事13 1の言葉」とロシア連邦の関税法案」の言葉とで56)。

記事3
「関税定率オン」21月1993、数5003-1(ロシア連邦およびロシア連邦最高会議、1993の人民代議員大会の官報、23、ロシア連邦、821の条1995 ;.総会は№のロシア連邦法で書く、32を№条3204 ;.は、48、条4567 ;. 1996を№1、条4 ;. 1997を№、6、条709 ;. 1999は、7を№№条879 ;.は18、条2221 ;. 2000は、22を№№します条2263 ;. 2001は、33は№、条3429 ;.は53、条5026 ;. 2002を、22は№、条2026 ;.は30、条3033 ;. 2003は№、23は№№条2174 ;.は28、アート№します。2893;条50 ;.は、4845を№条2004 ;.は19、条1834 ;. 27を№、2711、条35を№;. 3607、条2005 ;.№を№、30を№、3123、条46 ;. 4625を№ 52、条5581 ;. 2006は、31を№条3444 ;.は、47、条4819 ;. 2007を№49を№条6071 ;.は50、条6234 ;. 2008を№、49、条5732、5748 ;. 2009を№します...、1、条22は№; 26、条3123№; 2010は、50、6593のv)は以下の変更が№:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。この法律の目的
この法律は、輸出関税の適用のための手順を定義し、輸出関税の速度とそれらが適用されるの点で品物のリストの設立、輸出関税、特に商品の原産国によって輸入関税率の適用とその輸入の条件の支払いの免除、だけでなく、関税の好みや関税割当量を付与する機能」。
2)の記事2は無効とみなさ。
3)の記事3:
a)の段落1の言葉では「商品のロシア連邦からロシアへの輸入と輸出に従事して「言葉で「ロシア連邦の税関国境を越えて商品を移動します ";
b)は次のように2は読み替えるものを指します。
国、貿易や最恵国治療を提供政治的関係から生じる財に関しては「2、EurAsEC内の関税同盟の共通関税の輸入関税率(以下、 - 関税同盟)。
国、貿易や最恵国待遇を提供しないとの政治的関係から生じる財に関しては、関税同盟の共通関税の輸入関税率は国際条約の規定に基づき、関税の好みの場合を除いて、半分に増加した状態 - 税関のメンバー連合、ロシア連邦の国際条約。
財に関しては、原産国は、国際条約で定められた場合を除いて、関税同盟の共通関税の輸入関税率を確立していない - 関税同盟、ロシア連邦の国際協定のメンバー」。
c)の言葉「関税同盟(CU HS)の外国貿易の単一商品命名法」と段落4単語の最初の段落「ロシアのTN VED」で。
4)の記事5:
a)の段落1で:
次のように1のサブパラグラフを読み取るなければなりません。
「1)関税 - 関税同盟の税関国境を越えとの国際協定に基づいて指定された他の例におけるモノの移動に関連して、税関当局によって収集された連邦予算への強制的な支払い - ロシア連邦の関税同盟のメンバーおよび(または); " ;
各号2 - 6は無効と宣言しました。
b)は2が廃止されるポイント。
c)の段落3語の単語「関税同盟、税関でのロシア連邦の法律の税関法案」と「ロシア連邦の関税立法」で。
単語の5)の記事6 "エントリと"削除しなければなりません。
6)の記事7は無効とみなさ。
7)の記事12は無効とみなさ。
8)の記事13:
a)は1が廃止されるポイント。
b)の段落2で:
サブパラグラフ1は廃止されます。
パラグラフの2の言葉「ロシアへの物資の密輸「言葉で「ロシア連邦の税関国境を越え輸入品の違法な動き」。
C)3が廃止されるポイント。
9)の記事14は無効とみなさ。
10)セクションIVは廃止されます。
次のように11は読み替えるものと34)の記事:
「条34。関税譲歩
1。 関税同盟のメンバー - ロシアへの輸入品に関して関税譲許は、関税同盟の税関コードの国際条約に基づいて付与されます。
2。 ロシアからの輸出品に関して関税譲許は、この法律によって確立されなければならないし、個々にすることはできません。
3。 ロシアからの輸出品に関して関税の好みの下で、この法律の目的のために、それは互恵のか、一方的に関税や関税の軽減免除の形でロシア連邦貿易政策権限の実装における状態を指す提供。
4。 この法律によって確立された許可関税の好みの順番は、ロシア政府によって決定されなければなりません」。
次のように12は読み替えるものと35)の記事:
「条35。関税の好みの提供
1。 関税が免除されます:
1)は、釣りを行う船舶のためにロシア当局によって)ロシアと賃借(の活動をチャーターすることを保証するために、物流、設備、燃料、食料、ロシア連邦からエクスポートその他の財産を施し、
米国ではない国でロシア連邦政府の決定によりロシアから輸出さ2)品 - 関税同盟のメンバー、人道援助として、事故や災害の影響を排除するために、国による慈善目的のための自然災害、国際機関、技術支援(援助)を含め政府、。
3)商品は、消費税を除いて、ロシア連邦政府により承認されたリストに従って宇宙船を起動するための国際的な宇宙空間の探査及び利用の分野におけるロシアの協力だけでなく、サービス契約の枠組みの中で、ロシア連邦からエクスポート;
ロシア連邦からエクスポート4)製品(製品)は、生産分与契約と生産分与契約に属する当事者の実装で行われました。
2。 ロシア連邦の決定によると、関税やに関して関税の削減から免除の形での関税譲許を付与することができます。
1)ロシア連邦の国際条約に従い、海外投資コラボレーション・オブジェクトを構築するための複雑な納入以内に商品のロシア連邦からエクスポート;
2)状態と市町村のニーズのための商品、工事及びサービスの注文を置くことに関するロシアの法律に従って同定された連邦国家のニーズに合わせて輸出のための供給量以内に商品のロシアからエクスポート」。
次のように13は読み替えるものと36)の記事:
「条36。関税好みや関税割当量
1。 関税同盟のメンバー、ロシア連邦の国際条約 - ロシア連邦は、国際協定に基づいて関税の好みを付与しなければなりません。
この条の目的のために、関税の好みは、そのようなゾーンの作成を目的とした契約、または物品の輸入関税の削減をロシア連邦と一緒に自由貿易圏を形成し、または署名した国に由来する物品の輸入関税の免除を意味します関税同盟の関税の好みの単一のシステムを使用して、開発や後発開発途上国からの発信。
2。 ロシアへの輸入品の点で、この条の目的のためには、関税割当の下では、商品の一定量をインポートするときに低い輸入関税の一定期間における使用のために提供し、第三国に起因する農産物の特定の種類のロシアへの輸入規制措置を指し、 (種類や値で換算)、関税同盟の共通関税に応じて適用される輸入関税率と比較。
設定量(クォータ)の上にロシアへの輸入品について関税同盟の共通関税率に応じて関税率を適用します。
3。 方法と手続き関税割当量の配分のための外国貿易活動の参加者の間で輸入品に関して、ならびに、必要に応じて、関税同盟の委員会やロシア連邦政府の関税同盟の委員会の決定によって決定第三国間の関税割当量の分布。
ロシア連邦政府によって確立された手順に従い、関税クォータの量は、入札(オークション)の結果について、または外国から発信財の量に比例して外国貿易活動の参加者の間で分散され、政府によって決定されるべき期間のロシア連邦の領土に輸入します。
4。 関税割当の下で、ロシアからの輸出品の点で、この条の目的のために現物(商品の一定量を輸出し、輸出関税率の低下の一定期間における使用のために提供し、ロシア連邦に由来品のロシアからの規制措置の輸出を理解されていますまたは値)ロシア政府によって設定された輸出関税の速度と比較。
設定量(クォータ)の上にロシア連邦からの輸出品については、RF政府によって確立された輸出関税率を適用します。
5。 ロシア政府によって確立された貨物の輸出のための関税割当量。
方法と手続き関税割当量の配分のための外国貿易活動の参加者間の輸出品に関して、ならびに、必要に応じて、第三国間の関税割当量の分布は、ロシア政府によって決定されます。 ";
14)の記事37は無効とみなさ。

記事4

13 12月1996、「武器に「番号150-FZに関する連邦法(ロシア、1996の法律のコレクションは、51、条5681 ;. 2003は、2、条167 ;. 2009を№№、1、条17は№します; 7、条770は№; 30、3735、条2010は№; 23、2793、条2011は№; ..... 1、条10を№する30、4596のv)は次のように変更№します:
「ロシア連邦における兵器の輸入」との言葉 "ロシア連邦への武器の輸入」の最初の記事の1の第十二段落の1)。
「ロシアにインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入 "の記事2ワードの第二部で7)。
「ロシアにインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入 "の記事3ワードの第二部で8)。
4)の記事14:
a)は、タイトルに「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への"言葉。
b)は第三部では「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
C)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の第四の部分で、
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の五分の一でグラム)。
5)の記事17:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)第一の部分で「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
c)の第二部では「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
第三部でグラム)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
「ロシア連邦の「言葉で「ロシアへの "言葉、「ロシア連邦の領土からの「言葉で「ロシアへの" d)の第一部の単語。
e)は「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の五分の一に。
第一部におけるグラム)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土への "言葉。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の第一部における時間)。
6)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「記事23の言葉。
段落7 3で27)言葉」EurAsECおよび(または)税関でのロシア連邦の法律の範囲内関税同盟の関税立法」との記事の言葉「ロシア連邦の税関コード」の最初の部分。

記事5
ロシア連邦の航空コード(ロシア連邦のコレクション、3、112、アート。1997を№)の段落12の記事1383の税関でのロシア連邦の法律のEurAsEC内の単語と単語の「ロシア連邦の関税法案 ""関税同盟の関税法令および(または)本当に。 "

記事6
21 7月1997に関する連邦法「ロシア連邦税関でのサービスについて「数114-FZ(ロシア、1997の法律のコレクションは、30、条3586 ;. 2002を、27、条2620 ;. 2004は№№、27を№ ..、記事2711; 2008は、26、3022のv)は次のように変更し№します:
次のように1は読み替えるものと2)の記事:
「条2。税関機関でのサービスのための法的根拠
。ロシア連邦の税関機関におけるサービスの法的根拠は、憲法、税関業務上のロシア連邦の法律、現在の連邦法、税関当局に提供するための手順を規制する他の連邦法およびロシア連邦の他の規範的法的行為」を構成しています。
次のように2は読み替えるものと3)の記事:
「条3。税関職員
(以下、 - 税関職員)税関職員は、特別なランクを割り当てられているこれらの機関、のスタッフの位置を交換する市民であり、税関当局の連邦公務員」。
サブパラグラフポイント3 13 1の記事言葉言葉で「ロシア連邦の税関コードの16の頭」で61)「関税に関するロシアの法律。」

記事7
25 2月1999の連邦法、「設備投資の形でロシア連邦における投資活動について "数39-FZ(ロシア、1999、数9、条1096 ;. 2000の法律のコレクションは、2、条143№します。 ; 2007は、31、条4012№; 2011、30、条4563、4596)次の変更を№を。:。
1語の記事の第八段落の1)「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる特別な任務を除いて輸入関税()、「削除しなければなりません。
2)の記事15:
a)の段落2の言葉」ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる特別な任務を除いて輸入関税()、「削除されなければならない、言葉「ロシア連邦の関税地域」とは、 「ロシアへの「単語を置き換えます。
b)の段落6語「輸入関税」の第二段落で削除しなければなりません。

記事8
1 2月28、「倒産オン(破産)「番号25-FZの連邦法のポイント1999の記事40(ロシア、1999の法律のコレクションの最初の段落では9、条1097 ;. 2001を、№26、条2590は№します。 ; 2004は、34、条3536 ;. 2009は、18、条2153 ;. 2011、27、条3873を№)言葉と言葉「ロシア連邦の関税法案 "" EurAsECおよび(または)法律の範囲内関税同盟の関税法案を№№します。税関でのロシア連邦」。

記事9
31月1999、「マガダン地域内の経済特区で「数104-FZに関する連邦法(ロシア、1999の法律のコレクションは、23、条2807 ;. 2004は、27、条2711 ;. 2005を№№、30を№ ..、記事3128; 52、5575 vを№)次の変更:
記事1の言葉で1)の言葉」、操作や動作の終了」に置き換えなければならない」とは、機能します ";
2)の記事3:
a)は、第二段落の単語」や無料税関ゾーンの通関手続き」では、
b)のように読まなければならない4番目の段落は、次のとおりです。
「経済特区での参加者 - 個々の起業家や法人、経済特区の領土のロシア連邦の法律に基づいて登録されたが、経済特区の投与と締結関税同盟や習慣の関税領域内の空き(特別な)経済特区に関する合意に規定tでの活動の実施に関する協定 - 6月18 2010年(SEZ協定以後)から無料税関ゾーンの手順 rritorii経済特区(以下 - 活動の実施に関する協定)や経済特区のメンバーのレジスタに含まれている(以下、 - 登録)経済特区のメンバーがメンバーとして、個々の起業家や法人のレジスタレジストリエントリのエントリを確認した登録証明書を持たなければなりません経済特区(以下 - 登録証明書)、その主な活動を行い、tにおける固定資産の75パーセントの最小値を持っています erritoriiマガダン領域「。
c)は、以下のように読み取るために部品2を追加します:
「ユーラシア経済共同体(以下、 - 関税同盟)内の関税同盟の関税法令によって決定される値で、この連邦法で使用される他の概念、関税同盟、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法の法的基盤を構成する国際条約。」 ;
次のように3は読み替えるものと4)の記事:
「条4。経済特区の経済活動の法的規制
公共ロシア連邦の当局とマガダン領域の状態当局は、ロシア連邦、ロシア連邦の憲法と現在の連邦法によって確立され、その能力に応じて、経済特区の領土に経済活動の法的規制を実施しました。
経済特別区の行政の頭はマガダン地方の行政の提案にマガダン地方下院により任命され、却下されなければなりません。
本連邦法によって確立された経済活動の特別な法体制は、経済特区の参加者のために提供されています。
ビジネスエンティティは、アカウントに関税同盟の関税法令に基づいて設立要件を取って、マガダン領域の法則に従い、経済特区の投与によって維持さレジスタ内の該当するエントリの日から経済特区の参加者のステータスを取得します。
経済特区の投与は、活動の実施に関する彼との契約に署名の3営業日以内に経済特区の登録メンバーのレジストリエントリを作成します。 法律マガダン地域によって確立された変化とその終了を作り、活動の実施に関する協定を締結するための手順。
経済特区の参加者の管理は、レジスタ内の該当エントリの日に経済特区登録証明書を提供します。
証明書の単一のフォームが関税同盟の委員会によって定義されていない場合は登録証明書の形式は、マガダ​​ン地方法律によって確立されます。 マガダン領域の法則は、登録証明書の取り消しを含む発行、更新および終了の順序によって決定されます。
経済特区の投与は、経済特区の一員として、人の登録に関する情報を提供し、レジスタ内の該当するエントリの日付、次の作業日中税務・税関当局の活動の実施に関する契約書のコピーであるものとします。
あなたは経済特区の投与レジスタから経済特区のメンバーを除外した場合、レジスタに適切なエントリを作成します。
経済特区の投与は、対応するレジストリエントリのエントリの日付、次の営業日の間に税や関税当局にこのような例外の理由を示すレジスタから経済特区の参加者を除外するために情報を提供しなければなりません。
報告次毎年遅くとも今年の1 4月より経済特区の投与は、その間に経済特区の機能の結果に関する政府の報告書にあります」。
次のように4は補足4.1)の記事:
レジスタからの「条4.1。除外党経済特区
1。 経済特区のメンバーは、レジストリから除外されなければなりません。
アプリケーションの特別経済区庁)の受領の日の翌日に(レジスタから除外するためのアプリケーションに書面で提出しまし基づいて1)。
レジスタからの経済特区の参加者を除外するために強制力のある仲裁裁判所の決定に基づい2);
法人の法人の統一国家登録に含めるの場合3は)(清算中に法人の統一ステートレジスタ)内の関連するエントリの日の翌日です。
法人の終了の際に4) - 再編の完了の日からその再編の結果として、経済特区のメンバー(日);
個々のビジネスマンの統一された状態レジスタから個々の除外の場合は5)()個々の起業家の統一ステートレジスタ内の関連するエントリの日の翌日から。
()取消の日から登録証明書のキャンセルの場合は6)。
2。 登録証明書は偽造文書および(または)意図的に虚偽の情報を利用して登録証明書を取得することを確立した場合には経済特区の事前にキャンセルしなければなりません」。
5)の記事6は無効とみなさ。
次のように6は補足6.1)の記事:
「条6.1。無料税関ゾーンの通関手続き
1。 この記事では、関税同盟の関税法令に基づいて設立され自由関税ゾーン手順の経済特区の領土の使用を定義します。
輸入車を含めた商品に関して、の手順および通関業務の技術経済特区の領土に(インポート)や習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければならない経済特区の領土から輸出しました。
2。 経済特区の領土を無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を置いて使用することができる上に、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません。
3。 経済特区の領土無料税関ゾーンの通関手続き上。
無料税関ゾーンの通関手続きの内容は、FEZに関する合意書によって定義されます。
4。 無料税関ゾーンの通関手続きは、経済特区の領土内で関税同盟の商品に適用するか、経済特区の領土に輸入されていません。
5。 無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品、商品が無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して自由関税ゾーン手順および財製(得)下に置かれた外国製品を使用して(得)製、そして、関税同盟の商品は、この記事の23の段落で指定された場合を除いて、唯一の経済特区の領土に位置しており、使用することができます。
6。 無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くの規約は、経済特区の合意によって決定されます。
7。 無料税関ゾーンの通関手続きの下ではFEZ、などの協定に基づいて、製品を置か確立されないことがあります。
1)切除可能品。
2)マガダン地域の国家権力の最高執行機関の提案を含め、ロシア政府によって確立されたリストに従って製品。
8。 商品は活動の実施に関する協定に基づいて経済特区の領土に彼らの活動の実施のための無料税関ゾーンの通関手続きの下で経済特区の参加者を置きました。
9。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の申告経済特区であり唯一の参加。
10。 次の書類の通関手続き中の商品を置くための条件の遵守を証明するために自由関税ゾーン手順下に置かれた物品の税関申告が税関当局に提示されている場合(そのコピーは、それらを提出した人によって認定します):
活動の実施に関する1)合意。
2)登録証明書。
11。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 12この記事 - 段落14の規定の対象の無料税関ゾーン手続、下nnyh。
12。 製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を識別するために経済特区に関する協定によって確立された識別方法を、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(製)を用いました。
13。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記この記事11の段落インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
14。 税関の分野で承認連邦執行機関によって定義された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。
15。 FEZに関する協定に従って定義された無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品で作られた取引。
外国製品を使用して自由関税ゾーンと商品製造(製)の通関手続きの下に置か外国製品の点で経済特区の領土での無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、所有権、使用、および(または)処分の転送を許可小売商品の販売とその消費量を含みます。
ロシア政府は、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で禁止操作のリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応する法令は、公式発行日後には、以前の1年より施行はなりません。
16。 無料税関ゾーン手順の習慣に経済特区の領土から、無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用と(得)製無料税関ゾーンと(または)物品の通関手続きの下に置かれた商品を輸出するときのために完了すべきです個人的な使用のための物品の関税同盟の関税地域の残りの部分にと段落23と24この資料に記載されているようポスティングで個人を送信除きます。
17。 サブパラグラフ1またはサブパラグラフ2の記事186税関の第五に規定する無料税関ゾーン、または他の者の通関手続きに従い、商品の税関申告のための商品を宣言した経済特区の部材であってもよい品物を宣言無料税関ゾーンの通関手続きが完了すると関税同盟のコード。
無料税関ゾーン手順の終了時に関税や税金の計算は製造外国無料税関ゾーン手順の下に置かれた商品および(または)物品を置いているの下で通関手続きのために課される関税規則、税金の計算に基づいて行われます。 FEZに関する協定によって確立された仕様に無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(得)。
無料税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用した(得)製品の状態の決意は、FEZに関する協定に従って行われます。
18。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
この段落の最初の段落にいうチェックを組織し、実施するための手順は、商品の状態を確認する文書を発行する権限を本体と一緒に税関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
19。 参加者の状態の場合には経済特区の損失や自由関税ゾーン手順と試運転下に置かれた機器の活動の実施に関する合意の履行に直面し、そして品物は無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、特別の領土上の不動産の作成に使用を使用せずに関税や税金の支払いなしに、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品として認識経済圏、 プレッタと制限と国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず。
財の経済特区の人のパーティーの状態の損失の場合には、この段落の最初の段落に指定された商品を除き、無料税関ゾーンの手続きの下で経済特区のこのメンバーを置き、外国製品の状態を保持し、税関管理下の日から5年以内無料税関ゾーンの通関手続きの下に置きます。 この期間の後、そのような商品は、関税や税金の支払いなしに、禁止や制限を適用しないと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品をものとみなします。
この段落の第一および第二段落で指定された商品との関連では、無料税関ゾーンの通関手続きの完了が必要とされていません。
この項の規定は、本明細書の段落ポイント6 1 41の記事で指定された理由に経済特区の人のパーティー状態の損失の場合には、適用しません。
20。 商品はこの記事19の段落にいう認識するためには、経済特区での関税同盟参加の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提出しなければならない、と文書は情報が含まれています:
1)参加者経済特区。
活動の実施に関する協定における経済特区の参加者の実装に2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引における経済特別区の不動産に対する権利の統一国家登録所有参加者の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
21。 経済特区の参加者に関する情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
法人の統一ステートレジスタでの法人、または経済特区の参加者のエントリーを確認する文書 - - 経済特区の参加者のエントリーを確認2)文書の個々のビジネスマンの均一な状態レジスタ内の自然人。 文書は、法人の支払いや個々の起業家のことを確認した情報を提供し、税関当局の機関間の要求の個々の起業家として、法人と自然人の状態の登録を担当する連邦政府の行政当局に、経済特区の参加者に提示されていない場合それぞれの法人の統一ステートレジスタと個々の起業家の統一ステートレジスタで etstvenno;
税務当局への登録の3)証明書。 文書は、税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関当局の機関間の要求連邦執行機関に、経済特区によって提出されていない場合は、法人の文または個々の起業家の登録を確認する情報を提供します税務当局。
4)登録証明書。
22。 文書は、活動の実施に関する協定、マガダン地方の法律で定める方法により経済特区の投与により発行された合意の実行の証明書内の経済特区の参加者の実行を確認しました。
23。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か商品はその配置のために経済特区のマガダン地域参加者の残りの部分にエクスポートおよび(または)本契約条6.2に設立要件の対象自身の産業や技術のニーズのために使用することができます。
この段落の目的のために、独自の生産者と参加者の技術的ニーズの下で、その活動、活動の実施に関する具体的な合意を実施するために必要なと鉱床、鉱業、製造業や建設の開発に関連した経済特区のニーズを理解。
24。 個人的な使用のための関税同盟財の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの輸出の場合には、関税同盟の商品ではなく、確立関税の支払いを免除して個人的な使用のため、商品のコスト、数量、重量基準の動きで自然人によってエクスポート国際条約の状態 - があって個人的な使用のための個人による商品の動きを支配する関税同盟のメンバー 関税同盟とそのリリースに接続されている通関業務のフルオロピリ境界は、無料税関ゾーンの通関手続きの完了が必要とされていません。
25。 経済特区の領土から経済特区と貨物の輸出の領土に品物を輸入すると本契約の条項に従う税関に関税同盟の関税法令に従って通関業務の税関当局と税関管理によって行わおよび(または)ロシア連邦の法律されています。
26。 経済特区の領土は、税関管理の目的のために装備する必要があります。
経済特区の領土から経済特区商品や車の輸出の領土上の財や自動車の輸入は財や自動車の税関管理を実施するための条件を提供した地域でのチェックポイントを介して行われなければなりません。 チェックポイントの領土は、税関管理区域です。
建設と運用(保守)チェックポイントは連邦予算を犠牲にして行われています。
チェックポイントとその配置や設備への要件の場所は、ロシア政府によって決定されます。 決済およびチェックポイント機器を提供することは経済特別区の投与です。
27。 経済特区のメンバーは自由関税ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用した(製)製の無料税関ゾーンと品の通関手続きの下に置かれた商品の記録を維持するために、そのような物品上の税関当局の報告書に提出することが義務付けられています。
無料税関ゾーン手順は、そのような物品の報告の形、これらのフォームを完了するための手順や習慣に提出する手順と期限下に置かれた外国製品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された代理店を報告します。
28。 関係者の要求に応じて関税同盟の物品の関税同盟の関税地域の残りの部分と経済特区の領土にインポートする場合、税関当局は、経済特区の領土からの残りの部分にこれらの商品の再輸出に関税同盟の財としての地位を確認するために輸入品の識別特性を決定しなければなりません関税同盟の関税地域は、そのような輸出が行われる場合。
この段落の最初の段落が提供する場合の関税同盟の物品を識別するための手順は、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
29。 商品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からエクスポートされた場合、税関当局は、個人のための物品の関税同盟の関税地域の残りの部分の上に投稿して個人を送信除き、関税同盟の商品としての地位を確認する書類を提出しなければなりません使用、関税以外に、関税同盟の関税地域に輸入及び通関手続の下に置かれ、外国財の輸出 、および段落23 24と、この記事に定める場合にノアの無料税関ゾーン手順。
30。 本条29に応じて、関税同盟の品として輸出品のステータスを確認するために、税関当局に提出された書類は以下のようになります。
;、国内消費のリリースの通関手続きの下で関税同盟のメンバーを、または再輸入の通関手続きに従い、関税同盟の税関コードの発効日前に含めて - 1)税関申告は、これに応じて商品が州でリリースされています
国の領域からそのような商品の原産地を証明する2)文書 - 関税同盟のメンバー。
税関当局は、この資料の段落3に応じて物品の識別の行動を確認する28)文書;
4)出荷書類および(または)関税同盟の関税地域の残りの部分にそのような物品の購入を確認するその他の文書。
5)関税同盟の品として輸出品の状況を確認し、他の文書は、当該個人でご利用いただけます。
31。 関税同盟の税関の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの商品の実際の除去は、商品の適合性を確認する権利がある前に、実際にこの条のパラグラフ30に従って提出書類に含まれる情報をエクスポート」。
次のように7は補足6.2)の記事:
「条6.2。マガダン領域の残りの独自の生産や技術のニーズのための無料税関ゾーン手順下に置かれた貨物の輸出
1。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品に関しては、彼らは独自の生産と技術のニーズに合わせてマガダン領域の残りの部分に輸出されているとき、値の量は、国内のリリースの通関手続きの下で、このような財の敷地内に支払うことになる税と消費税を追加しました消費、税関申告の税関当局の登記の日に計算され、の通関手続き中の商品を置くために提出し、税関フリー もののほか、関税。
2。 無料税関ゾーン手順の下に置かれ、本明細書の記事点23 6.1に記載されている製品は、条件付きで関税同盟品のステータスの取得前にリリースされ、実際の破壊(消費)活動や拒絶の実施に関する合意に従い、活動の実施で状態。
3。 物品の税関申告が段落の記事23 6.1で言及する場合、税関当局に本契約の当事者の経済特区は、マガダ​​ン領域の残りの部分に宣言された物品の除去に追加の文を務めました。 文は、書面の形で作られ、それらの除去のための物品の名称に関する情報、ならびにそれらの場所の場所が含まれており、マガダン領域の残りの部分を使用しなければなりません。
4。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた場合、商品がマガダン領域の残りの使用と配置のために意図されるように宣言されていなかった、それらの商品に関しての無料税関ゾーンの通関手続きのマガダン領域の残りの部分に、このような財の輸出は、このような配置することによって、完成されなければなりませんの支払いと、このような輸出に従事経済特区、当事者の除去の目的のための無料税関ゾーンの通関手続き中の商品、 値の-program税、消費税、およびこの段落に記載された規定の対象を追加しました。
この段落の最初の段落で指定された場合にフリー税関ゾーン通関手続のアクション、関税を計算する、税金、関税、税金、商品の税関値の終わりに及び(又は)物理的な点で、それらの物理的特性(量、重量、体積、または他の特性)だけでなく、ロシアの法律に基づいて設立された商品や為替レートの量は、上の税関申告の税関当局の登録の日に定義されています 無料税関ゾーンの通関手続きの下で財の初期配置時に与えられました。
5。 製品につきましては、段落23記事、本連邦法の6.1、それらはマガダン領域の残りの部分に輸出されているときに経済特区の参加者が所有権の移転を除き、本契約の手術、セットポイント15記事6.1を行うことができ、使用および(にいいますか、彼らの卸売・小売販売を含むそのような財の)処分、。
6。 マガダン領域の残りの部分に輸出商品とのすべての変更は、経済特区の参加者の記録であり、この契約条27 6.1の段落に従って税関に提出したレポートに反映されるべきです。
独自の生産や技術のニーズに合わせてマガダン領域の残りの部分に輸出品の使用の制御は、税関と経済特区の管理を行います。
彼らはマガダン地方の領土の残りの部分に輸出されている経済特区の目的ステートメントの商品の場合ではないでは、そのような製品に関して、国内消費のリリースの通関手続きの下でこれらの商品を配置する際に支払うことになる輸入関税の額は、計算されました税関申告の登録の日に、無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くために提出しました。
7。 商品は関税同盟の関税地域の残りの部分でマガダン領域に、この連邦法の段落23の記事6.1で参照される場合には、商品との関連での無料税関ゾーンの通関手続きは、関税同盟の税関コードによって確立された税関手続の下で、このような物品の配置を完了させます、税関通過の通関手続きを除いて。
品物を配置する場合には、特定のアカウントの特殊性を考慮して、国内消費の計算と国内消費のためにリリースの通関手続きのために敷設されたルールに従い、関税と税金の支払いのためのリリースの通関手続きの下に、本連邦法の段落23の記事6.1に言及FEZで合意。 以前は国内消費のリリースの通関手続きの下で財を配置することにより算出した税、相殺するためにそのような物品税(VAT、物品税)に関して支払いました「。
次のように8は補足6.3)の記事:
「条6.3。関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、空気によって運ば
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土から空輸関税同盟の財に関して税関業務は、この条の規定に経済特区の領土でコミット。
2。 財に関して税関業務は関税同盟の財としての地位の確認に関連したこの記事のパラグラフ1にいう、経済特区の領土からの貨物の輸出するから、前に空気輸送に、空港が位置する地域の税関当局によって作られていますこのような品。
3。 通関目的のために提出税関体に関係者の商品の状況を確認する文書は、この記事のパラグラフ1に呼ばれ、商業、輸送(搬送)ドキュメント、またはそのような製品はせず、乗客の個人的な荷物で運ばれている場合は任意の形式で商品の在庫を(コンパイル商業、輸送(船積み)文書)。 このような文書には、次の情報が含まれている必要があります:
1)法人の名前や姓、名、父称(もしあれば)物品の送信者である自然人。
2)商品の説明、個数、総重量、包装の種類、コスト;
個々の(もしあれば)父称3)法人の名前や姓、名は、品物の受取人です。
4)ロードおよび貨物の搬出のポイントの名前。
4。 関税同盟の物品に関連した経済特区の領土に税関業務の税関当局が完了すると、表示しなければならない商業、輸送(船積み)書類や物品の在庫の税関当局の許可された公式によって、空気によって経済特区の領土から移動:「製品車エクスポート。 「許可され、日付と署名の表示と個人の番号のシールを刻印する保証します。
5。 関税同盟の商品の実際の除去前に、経済特区の領土から関税同盟の税関の関税地域の残りの部分は段落1この記事に従って提出書類に含まれる情報に実際に輸出品の適合性を確認する権利があると、この記事のパラグラフ3にいいます。
6。 この記事では、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって実際の送料にキャリアによって取られない場合があり4商業、輸送(出荷)に関して商品は文書は、段落によって確立されたマークが表示されません。
7。 税関当局は、このような商品のため、乗客の個人的な荷物で輸送品、およびドキュメントを閲覧する権利を有します。 段落3と4ことで、この記事を設立要件の乗客による非遵守の場合には、このような商品は関税同盟の関税地域の残りの部分に空気により輸送してはなりません。
8。 この条の規定は、自然人によって搬送される、個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように9は補足6.4)の記事:
「条6.4。関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、郵便で送られ
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの郵便物に送られた関税同盟の財に関して税関操作は、この条の規定の適用を受ける作られています。
2。 財に関して税関業務は、関税同盟の関税地域の残りの部分に、このような財の組織通信メーリングリストの登録の前にコミット関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事1の段落にいいます。
3。 商品の状況を確認通関目的の文書のために提出税関本体に関係者は、関税同盟の財だけでなく、完成した彼らの郵便書類の送料に付随して、次の情報を含むも​​のとして、この記事1の段落にいいます:
1)送信者と商品の受取人の名前。
2)商品の説明、総重量、コスト。
4。 財に関して税関業務は、経済特区の領土に位置する税関当局によってコミットこの記事の段落1にいいます。
5。 関税同盟の郵便物での商品の出荷は、郵便サービスを提供するの規則に従って、この記事1の段落にいいます。
6。 関税同盟の関税地域の残りの部分へのメールの転送は、郵便物を伴う郵便書類上の利用状況にあり、商品の状態を確認する文書、マーク特別経済区に位置し、税関職員によってスタンプ「項目TCエクスポートが許可さ」日付と署名の指示がスタンプパーソナル番号シールを保証します。 送料を伴う郵便書類上のマークがない場合には、郵便事業者は、関税同盟の関税地域の他の部分への出荷まで、このようなメールアイテムを受け入れてはなりません。
7。 この条の規定は、個人によって送信された個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように10は補足6.5)の記事:
「条6.5。経済特区の領土からの自然人によってエクスポートされた個人的な使用のための個人的な使用および車両用物品に関して税関業務の経済特区のテリトリーにコミット
1。 税関の通関法律で指定された方法でコミット関税同盟の品物ではなく、関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの物理的な人によってエクスポートされた私的使用のための個人的な使用や輸送手段のための物品の面で経済特区の領土で通関業務、ユニオン、税関でのロシア連邦の法律と現在の連邦法。
2。 税関の関税法令に基づいて算出した関税の支払いの個人的な使用のための関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土、より自然人の輸出の場合には、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品の点でユニオン、関税上のロシア連邦の法律、税金や関税のロシア連邦の 個人的な使用のための商品は、関税同盟の関税地域に輸入します。
3。 この段落の2番目の段落で規定する場合を除き、無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、個人の使用のための車の関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からの自然人の輸出の場合、慣習に従って計算し、関税を支払わなければなりません税法上の関税同盟、関税上のロシア連邦の法律及びロシア連邦の立法 そして個人的な使用のための車のための手数料は、関税同盟の関税地域に輸入します。
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か個人的な使用のための車両は、関税同盟の関税法令、ロシア連邦の法律に従って計算された自動車税、の点で支払いを条件と個人的な使用のために個人によってマガダン領域の残りの部分に輸出することができます関税、税金とサービス料にロシア連邦に。
4。 税関当局は経済特区、輸送のような商品や手段の識別の領土に位置し、関税同盟の商品です私的使用のための個人的な使用や輸送手段のための関税同盟品の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの自然人をエクスポートするとき関税同盟および(または)の関税法令で定める方法により、税関でのロシア連邦の法律。
商品やこの段落の最初の段落にいう輸送手段の識別のために、税関当局は、このような商品や関税同盟の物資として輸送手段の状態を確認する書類を提出しなければなりません。 このような文書が含まれることがあります。
1)乗客の税関申告。
商品の2)宣言。
3)出荷書類および(または)関税同盟の関税地域の残りの部分にそのような物品の購入を確認するその他の文書。
税関当局本契約の条4 28の段落に従った物品の識別の行動を確認する6.1)文書;
5)関税同盟、既存の個々の物品等の商品や輸送手段の状態を確認するその他の文書」。
次のように11は補足6.6)の記事:
「条6.6。経過規定
1。 その状態を維持しなければならないし、自由関税ゾーンプロシージャを使用することができ、この連邦法の発効日に有効な、登録証を発行した経済特区のメンバー。 これらの登録証明書は、彼らが発行された期間のために有効です。
2。 この記事は、アカウントに存在する連邦法の記事90の規定を取って、レジスタに含まれるもの1本連邦法の発効日から4日の間に、経済特区の参加者にいいます "。
12)の記事7は無効とみなさ。
次のように13は補足7.1)の記事:
「条7.1。経済特区の動作の用語とその動作の終了
1。 12月31 2014年に機能する経済特区。
2。 経済活動の特別な法体制や経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続の利用の終了の手順は、連邦法によって規定されています。 この連邦法は、この記事1の段落にいう期間の満了前に、遅くとも1年以内に発効するものではありません。
3。 経済特区の機能は、以下の事由のいずれかによって制定された連邦法により早期に終了することができます。
戒厳令のロシア連邦全土に1)投与;
三ヶ月以上非常事態の期間、ロシア連邦全土に2)投与。」。

記事10
7月9 1999の連邦法、「ロシア連邦における外国投資について「数160-FZ(ロシア連邦の収集された立法、1999は、28、条3493№; 2011を、30、条4596 ..№)以下の変更は:
1)の記事2:
a)は、4番目の段落の単語「独立国家共同体(CIS商品コード)の対外経済活動の商品命名法 "での言葉"以下、ユーラシア経済共同体(内関税同盟の外国貿易の単一商品命名 - 関税同盟)」に置き換えなければなりません。
b)の単語「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシアの経済的利益を保護するための措置の適用から生じる関税以外の輸入関税()、「削除されなければならないのパラグラフ9で。
2)の記事9:
a)の段落1単語の最初の段落「ロシア連邦の法律に従った物品の外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置の適用から生じる関税以外の輸入関税()、「言葉」はロシアの関税地域に輸入、削除されるものでロシア連邦 "にインポート"の言葉で "連邦;
b)は、「輸入関税」段落5語の第二段落で削除しなければなりません。
3)の記事12:
a)のタイトルで単語は「ロシア連邦にインポート」の言葉で「ロシア連邦の領土に輸入します ";
b)の言葉は、「ロシア連邦にインポート "言葉で「ロシア連邦の領土に輸入";
4)の記事16言葉言葉で「ロシア連邦の関税法案 ""関税同盟の関税法令の国際条約 - 。関税同盟、税関法律上のロシア連邦のメンバー "

記事11
22月17に関する連邦法、「郵便通信オン」番号1999-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、176、1999、アート。29を№)の記事3697の第一部の単語と単語の「ロシア連邦の税関コード」「関税同盟の関税法令EurAsEC、ロシア連邦、習慣、ロシア連邦の他の法律上のロシア連邦法の国際条約。」

記事12
18 7月1999、「輸出管理について」番号183-FZに関する連邦法(ロシア、1999の法律のコレクションは、30、条3774 ;. 2005は、30、条3101 ;. 2007を№№、49、条6044は№します。 。; 2011は、30、4590のv)は次のように変更し№:
記事1ワードの第九段落の1)」移動財、情報、知的財産(ロシア連邦の税関国境を通じてそれらの権利)」という言葉と「商品、情報、知的活動の結果(権利のロシア連邦からロシアへのインポートおよびエクスポート「それらの上)。
記事2 2の段落に5)第六段落が廃止されます。
次のように3 4番目の段落は読み替えるものと7)の記事:
「税関での通関ロシアに輸入制御財と技術の点で税関業務の手数料で制御し、ロシアからエクスポート、EurAsEC内の関税同盟の関税法令に従い、および(または)ロシア連邦の法律」。
4)の言葉で「ロシア連邦の関税地域」の記事19の言葉で「ロシアへ。」

記事13
記事3月31、「ロシア連邦における国家法医学活動について "数2001-FZに関する連邦法の73(ロシア連邦、2001の法律のコレクションは、23、条2291 ;. 2002、1を№、条2 ;. 2007を№します、7、アート。831)言葉と言葉「ロシア連邦の税関コード」「税関でのロシア連邦の法律は「№します。

記事14
記事2002 ;.は1を№、1を№、行政犯罪(ロシア連邦のコレクション、30のロシア連邦のコードで書く、記事3029 ;.は44、条4295 ;. 2003を№、27、条2700、2708、2717は№します; 46、アート4434 ;. 50、アート4847、4855 ;. 2004を№は、31、アート3229を№№;. 34、アート3529、3533 ;. 2005を№、1、アート9、13、37、40、45は№します。 ; 10は、アート763 ;.は13、アート1075、1077 ;.は19、アート1752を№を№;. 27、アート2719を№、2721 ;.は30、アート3104、3124を№№、3131 ;.は50、アート5247を№。 ; 52、アート5574 ;. 2006は、1、アート4、10 ;.は6を№、アート636 ;.は10を№、アート1067 ;.は12、アート1234を№を№;.、17、アート1776 ;.は18を№№№記事1907 ;.アート19 ;.は2066、アート23、2380、31、3420 3433 ;.を№、アート3438を№、アート3452 ;.は45を№、4641を№します; 、50、アート5279は;. 52、アート5498 ;. 2007を№№1、アート21、25、29 ;.は7を№、アート840 ;.は16を№、アート1825 ;.は26を№、アート3089 ;.は30を№を№ 、アート3755 ;.は31、アート4007アート4008 ;.は41、アート№、4845 ;.は43を№、№します。 5084; 番号46、アート。 5553; 2008は、18、アート№します。 1941; 番号20、アート。 2251; 番号30、アート。 3604; 番号49、アート。 5745; 番号52、アート。 6235、6236。 2009は、1、アート№します。 17; 番号7、アート。 777; 番号23、アート。 2759、2776。 番号26、アート。 3120、3122。 番号29、アート。 3597、3599、3642。 番号30、アート。 3739; 番号48、アート。 5711、5724、5755。 番号52、アート。 6412; 2010は、1、アート№します。 1; 番号18、アート。 2145; 番号21、アート。 2525、2530。 番号23、アート。 2790; 番号25、アート。 3070; 番号27、アート。 3416; 番号30、アート。 4002、4005、4006、4007。 番号31、アート。 4158、4164、4193、4195、4206、4207、4208。 番号32、アート。 4298; 番号41、アート。 5192; 番号49、アート。 6409; 番号52、アート。 6984; 2011は、1、アート№します。 10、23、54。 番号7、アート。 901; 番号15、アート。 2039; 番号17、アート。 2310; 番号19、アート。 2714、2715。 番号23、アート。 3260; 番号27、アート。 3873、3881。 番号29、アート。 4290、4298。 番号30、アート。 4573、4584、4585、4590、4598、4600、4601、4605。 番号46、アート。 6406)次の変更:
「ロシア連邦、国際条約で定められた場合を除き、「言葉の1)の記事1 1.8。
言葉の後に単語 "習慣、特許、「単語を置き換える「特許」の一部2の記事1で4.5)「行政​​犯罪の日から1年間の満了時に、「ユーラシア経済共同体内の関税同盟の関税法令の違反のための言葉」(以下 - 関税同盟)および(または)行政犯罪の委員会の日から2年間の終了時に税関事項について、ロシア連邦の法律」。
次のように3)章4 4.8は、記事を追加します。
用語の「条4.8。計算
1。 このコードで提供用語は、時間、日、日、月、年で計算しなければなりません。 期間定義された期間は、期間の開始を決定するカレンダーの日付やイベントの翌日から始まります。
2。 日について計算期間は、最終日の24時間後に満了します。 ヶ月で計算された用語は、先月の対応する日に満了すると、その月は、該当する日付を持っていない場合、期間は月の末日に満了します。 年間で計算された用語は、昨年の対応する日と月に満了します。
3。 日で計算された期間は、期限の最終日に満了します。 日で計算された期間の終了は、非営業日に該当する場合、用語の最後の日は、最初の翌営業日であると考えられています。
4。 文、苦情やその他の文書やお金は、通信、組織、クレジット組織に入れた場合、主張や用語の最後の日の24時間にそれらの受信を許可権限や人に転送し、この用語は、不足しているとはみなされません。
注意してください。 このコードの他の記事は、タイミングだけでなく、行政処分の演算項を計算するための手順を確立している場合は、この条の規定は、適用しません」。
次のように4)章14 14.50は、記事を追加します。
「条14.50。外国貿易のバーター取引の実装における職務や要件に従いません
ロシア連邦財の価値と同等、同等のサービスの外国人のの提供、同一価値の仕事、知的財産と同等の排他的権利の譲渡、または移転の知的財産権や義務を使用する権利の輸入貿易バーター取引業務の実施にタイムリーに実行に失敗外国貿易の物々交換SDEL場合は現金での認可銀行で口座へ そしてお金との部分的な使用を提供する(または)の支払いの他の手段、または、そのような義務の彼らのロシアへの輸入や根拠のないパフォーマンスをせずに、商品の販売の場合 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 法人用 - 半分から商品の1回限りのコストに、行政犯罪の対象です」。
記事5 5の言葉「ロシア連邦(ロシア連邦では受信されません)製品に「言葉で「ロシア連邦(ロシア連邦の関税地域で受信していない)製品の関税地域」の最初の段落で15.25)。
次のように6)16の章は読んでなければなりません。
「章16。税関の分野における行政違反(税関規則の違反)
16.1を§。 税関財の連合と(または)自動車の国際運送の税関国境を越えて違法な動き
1。 法律により設立関税同盟や他の税関国境を越えてモノの移動の分野に加えて、彼らの輸入によって、関税同盟の関税地域への車の品物の到着および(または)国際キャリッジの秩序の違反 - 税関のメンバーは、税関機関の勤務時間外に連合や席または直接アクションを実行します実際の交点税関境界CU製品及び(または)車両国際キャリッジNに向け 場合は関税同盟やの他の確立された法律の税関国境を越えてモノの移動の分野に加えて、関税同盟の関税地域からの出国 - 税関の勤務時間外または税関当局の許可なしに関税同盟のメンバー、または場所 -
彼らとや行政犯罪の被験者の没収または没収することなく、行政犯罪の対象である商品および(または)車両、の3倍のコストを半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
2。 税関からの商品の隠蔽は、隠れ場所や物品の検出を妨げる他の方法を使用することにより、または関税同盟の税関国境を介してそれらを移動させながら物品の一つの他のタイプを与えることによって制御します -
行政犯罪を犯しの楽器、またはアイテムの没収だった彼らと、または没収と没収品のおよび(または)車なしで、行政犯罪の対象である物品、の3倍の値に半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる行政犯罪; 役人に - 1万千20ルーブルから。
3。 関税同盟の関税領域における到着時に商品の量にパッケージの数、そのマーキング、名前、総重量および(または)についての情報を誤解を招くの税関当局へのメッセージ、税関トランジットの通関手続きの下で関税同盟の関税地域や商品の配置からの逸脱または無効な文書や識別や真正性識別の目的のための使用を提供することにより、一時的な記憶で他に属する偽造手段を意味し、 商品はおよび(または)輸送手段 -
1100 5000 2への管理犯罪の対象である商品の没収とルーブル、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、または没収または行政犯罪なし。
4。 関税同盟の関税領域における到着時商品のため、無効な文書の税関当局の発表、税関トランジットや一時保管の通関手続きの下で関税同盟の関税地域や商品の配置から逸脱し、そのような文書は、国際協定の不遵守の理由となる可能性がある場合 - 会員ACCによって発行された関税同盟、関税同盟とロシア連邦の規範的法的行為の委員会の意思決定、 非関税規制措置を除き、禁止や制限の関税同盟のメンバー、 - の国際協定と帰結 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 5万から10万へ - 法人のために。
備考:
1。 この章に定める行政犯罪のために、法的実体を形成することなく、起業家の活動に従事する者は、法人としての管理責任を負わなければなりません。
2。 この章の目的のために、文書、不法に虚偽の情報を含む文書を取得した文書、その他物品および(または)法的な力を持っていない交通機関や他の文書の手段に関連する文書を偽造文書を無効に言及。
16.2を§。 宣言に失敗する、または商品の信頼性のない宣言
1。 コードの条16.4に定める場合を除いて、税関申告の対象商品の所定の形式で宣言する失敗 -
彼らとや行政犯罪の被験者の没収または没収のない行政犯罪の対象である市民や物資の2倍の値に半分の量の法人、上の過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
2。 品物このようなデータは提供しているか、免除のための基礎として役立つことができる場合は、その名前、説明、関税同盟、原産国、彼らの関税価値または他のデータの対外経済活動の単一商品の命名のための分類コードについて虚偽の情報、の税関申告のための申告または通関エージェントの声明関税、税金やそのサイズを過少申告から -
二回行政犯罪の対象である商品の没収で支払う関税、税金の額、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収に半分の量の市民や法人に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。
3。 商品または無効な書類の提示に関する財偽情報の税関申告のための申告または通関エージェントの声明、このような情報や文書がの国際協定を遵守されないための根拠とすることができる場合 - で発行された関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の決定及びロシア連邦の規範的法的行為、関税同盟のメンバー、制限および禁止 - の国際協定の遵守 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.3を§。 関税同盟やロシア連邦の関税地域への商品の輸入の禁止および(または)の制限に従わないと(または)関税同盟やロシア連邦の関税地域からの貨物の輸出
1。 関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の決定事項との国際協定に基づいて発行されるロシア連邦の規範的法的行為、 - - 税関の関税地域への商品の輸入上の非関税規制措置を除き、禁止や制限の関税同盟のメンバー、の設立された国際協定に違反した場合連合やロシア連邦および(または)を除き、関税同盟やロシア連邦の関税地域からの商品の輸出、 物品4 16.1、コードの3部記事16.2の一部によって規定Mケース -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 10万から三十万に - 法的エンティティのため。
2。 関税同盟のメンバー、関税同盟との国際協定に基づいて発行されるロシア連邦の規範的行為、委員会の決定事項 - - の設立された国際協定に違反した場合の関税同盟やロシア連邦の関税地域に関税同盟のメンバー、商品の輸入に関税規制と(関税同盟やロシア連邦の関税地域からの商品を輸出するときまたは)、場合を除きパートで定められました このコードの3 16.2番目の記事 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、または没収または行政犯罪なし。
16.4を§。 宣言するために失敗した場合や、ロシア連邦の外国通貨または通貨の物理的な人の信頼できない宣言
宣言書に関税同盟と被写体の税関国境を越えて輸送ドキュメンタリー形式で宣言するか、外貨の物理的な人の信頼性のない宣言、ロシア連邦通貨、トラベラーズチェックや外部または内部証券の失敗、 -
2500ルーブルに千の量の市民に行政罰金刑。
16.5を§。 税関管理区域の政権の違反
税関当局の許可なしにモノの移動および(または)車両や人物、公務員を含め、国境税関管理ゾーンを通るか、その中の税関職員を除いて、または生産または他の経済活動の実施、そのような許可が義務付けられている場合、 -
警告または500ルーブルに300の量の市民に対する過料の賦課を伴うものとします。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.6を§。 事故や不可抗力の場合には措置をとるに失敗
1。 事故、不可抗力のイベントや商品の配送を防止する他の状況が発生したキャリアによる故障及び(又は)到着または関税同盟、指定された場所又は貨物の輸送の停止又は着陸船又は航空機の実装の税関国境を横断する代わりにビヒクル回復不能商品の損失及び(又は)輸送の場合を除いて、税関トランジットに従って、商品および(または)輸送手段の安全性を確保するための措置、 キャリアは防ぐことができませんでしたし、その除去が彼に依存していなかった状況に起因する資金 -
2000ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から3000 4000ルーブルへ。 3万から4万ルーブルへ - 法人のために。
2。 不可抗力の事故や商品のお届けとを防止その他の状況が発生した(または)について最寄りの税関当局へのキャリアによって失敗は到着の代わりにまたはマウントされた関税同盟、ストップの実施の税関国境を越えまたは船舶や航空機を着陸の代わりに、輸送手段場所や税関通過手続き下品の送料、商品の位置及び(又は)物品の運送の輸送または故障の手段および(または)輸送 または税関当局によって指定された別の最寄りの税関当局を意味します -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.7を§。 通関業務の委託に無効な書類の提出
宣言につながった税関業務の手数料の税関当局に提出する書類の税関担当者またはその他の者への申告や他の人の発表、税関への税関担当者または他の人財に関する虚偽の情報および(または)関税同盟の加盟国が署名した国際条約の不遵守、関税同盟とロシア連邦の規範的法的行為の委員会の決定は、国際協定に基づいて発行されます そして、状態 - 関税同盟のメンバー、制限や禁止 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.8を§。 税関管理の水槽やその他の浮遊手段の下に係留
下の税関への係留は、そのようなドッキングが許可されている場合を除いて、水の容器又は他の浮動機器をコントロール -
千ルーブルへの500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から千2000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千20ルーブルから。
16.9を§。 NDR、税関当局の許可またはそれらの上に物品や書類の非配信の損失なし(転送)の配信
1。 商品の不達税関当局の許可または税関管理下で財を失うことなく、送達または(転送)の配信の代わりに、通関輸送手順に従って輸送 -
、またはそれなし行政犯罪の対象である物品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 三十万から行政犯罪の対象である商品の没収と五十万ルーブル、へ、またはそれなし。
2。 NDR税関、配信の代わりに通関トランジットの下で輸送商品のコマーシャルまたは輸送(船積み)文書 -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.10を§。 税関通過の順序に従いません
納入場所として税関トランジット期間または特定の税関当局以外の物資の輸送や税関管理区域内の商品の配送の特定の税関当局ルート、の税関当局によって指定されたキャリアによって失敗 -
警告または500ルーブルに300の量の市民に対する過料の賦課を伴うものとします。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.11を§。 識別手段の破壊、除去、変更または交換
破壊、除去、変更または税関当局によって使用される識別の手段の交換、識別手段の税関当局の許可なしに、または損傷または損失 -
三百から千ルーブルの量で、市民に行政罰金刑。 関係者に - から502000ルーブルへ。 5000千20ルーブルから - 法人のために。
16.12を§。 税関申告または文書および情報の提出の遅れて提出
1。 税関申告に一時的な定期的な税関申告のための完全な税関申告、組み立てられていないか、解体の商品の宣言のための物品の確定申告、または税関申告および(または)商品のリリースで必要な書類や情報を宿泊施設を期限に従いません -
3000千5ルーブルの量の関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
2。 宣言は商品の実際のエクスポート後になされた場合には必要な期限と税関申告の提出 -
5000千〜10ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 5万から10万へ - 法人のために。
3。 所定の期間内に税関管理に必要な書類や情報の税関当局に提出する障害 -
2500ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 10万から三十万に - 法的エンティティのため。
4。 ツールだった商品の税関申告の提出期限、履行または行政犯罪や犯罪の被験者の手段に従いません -
2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から3000 5000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
5。 税関の分野で動作するなど、人に失敗し、税関管理のために必要な書類の保管のための職務、必要不可欠となっている所有 -
5000ルーブルに2500の量の関係者に過料で罰せられる。 20万から三十万に - 法的機関に。
16.13を§。 税関当局の許可または通知なし税関管理下の商品と貨物または他の操作を行います
1。 、税関管理下品でアンロード、ロード、アンロード、リロード(積み替え)および他の貨物操作の操作を行うようなオープンスペースや他の場所などの商品があるかもしれない、あるいは国際輸送の車両の代替として、サンプルや商品の標本を取りますそのような許可が義務付けられている場合の税関当局の許可なしに、税関管理下に商品を運びます -
千ルーブルへの500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から千2000ルーブルへ。 法的機関に - 1万千20ルーブルから。
2。 リロードアンロードのための取引、(積み替え)および他の貨物操作の実行財税関管理下で、または国際輸送の車両の交換、そのような通知が必要な場合の税関当局通知することなく、税関管理下に商品を運びます -
500ルーブルに300の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から501000ルーブルへ。 5000千10ルーブルから - 法人のために。
16.14を§。 ストレージで商品を配置するための違反、彼らと彼らのストレージやオーダーフルフィルメント操作の順序
そのような承認例の税関当局の許可なしに税関管理業務の下で商品との要件と条件税関倉庫で商品を配置するため、一時的な記憶、一時記憶またはフリー倉庫の別の場所で、その貯蔵または注文履行のための違反必ず、この章の他の記事に定める場合を除いて -
1500ルーブルに500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 2000千10ルーブルから。 5000千20ルーブルから - 法人のために。
16.15を§。 税関当局への報告書を提出する障害
故障や税関での関税同盟および(または)ロシア連邦の法律の関税法令で規定されている例の税関当局レポートへの提出期限の違反や虚偽の情報を含む報告 -
2000千5ルーブルの量に警告や職員に対する過料の賦課を伴うものとします。 法的機関に - 2万千50ルーブルから。
16.16を§。 物品の一時保管の条件の違反
物品の一時保管の条件の違反 -
、またはそれなし行政犯罪の対象である物品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 行政犯罪の対象である商品の没収と5万千百ルーブル、から、またはそれなし。
16.17を§。 税関申告への商品のリリースのための無効な書類の提出
税関申告への商品のリリースのための無効な書類の提出このような文書に含まれている情報は、税関申告に商品をリリースするという決定の税関ボディの採用に影響を与える場合 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 5万から10万へ - 法人のために。
16.18を§。 自然人によって輸送手段をエクスポートまたは商品の再輸入および(または)に障害が発生する障害
1。 個人一時的に輸入品により関税同盟の関税地域から輸出するために失敗すると(または)は、一時的な入院の所定の期間内に輸送手段 -
行政犯罪の対象者、または没収または行政犯罪なしている商品の没収および(または)車で2500ルーブル、に1500の量の市民に行政罰金刑。
2。 再輸入の必須ロシアの法律に従うものとするためにロシア連邦で物理的な人、一時的に輸出品を再インポートに失敗します -
行政犯罪の対象である商品の価値量の市民、上の過料で罰せられる。
16.19を§。 通関手続きに従いません
1。 財偽それらに関する情報や無効な書類の提出の宣言内のステートメントは、このような情報や文書は、通関手続きの下に商品を配置するための基礎となる関税、税金、または支払われた金額の返金から完全または部分的な免除を提供すると(または)不使用の対策ができれば非関税規制、段落3と4 16.1の記事、および部品2 3 16.2の記事に定める場合を除き、コードの記事16.17 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と五十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
2。 他の人への通関手続きに従って許可されている場合、税関当局の許可なしに、商品に関して所有、使用または処分の権利を送信することにより通関手続きの使用権の移転を含め、それらが置かれているの下で通関手続き、に違反して使用するか、物品の処分そのような許可が義務付けられている場合 -
行政犯罪の対象者、またはそれなしで、または行政犯罪の被験者の没収された商品の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 1からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
3。 その完成に要件に関して時間に通関手続きを完了するために失敗 -
2000ルーブルに千の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 法人用 - 10万から行政犯罪の対象である商品の没収と三十万ルーブル、へ、または没収または行政犯罪なし。
16.20を§。 逮捕された商品の不正使用または条件付きでリリースされた商品の廃棄、または不正使用
1。 コードの一部の2の記事16.19で定める場合を除き、条件付きでリリースされた商品の所有または使用の転送、条件付きでリリースされた商品の販売の使用または禁止事項に違反して、他の方法でそれらを処分および(または)そのような製品の使用、廃棄の制限、 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 1万千20ルーブルから。 1からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
2。 税関当局の許可なしに、逮捕の下に税関管理下にある製品の使用 -
5000千〜10ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千30ルーブルから。
16.21を§。 商品の不正使用、その取得、保管または輸送
不法関税、税や国際条約で規定された要件を支払っていないの点で関税同盟との税関国境を越えて転送された商品の使用は述べて - 国際条約に基づいて発行される関税同盟のメンバー、関税同盟の委員会の意思決定及びロシア連邦の規範的行為、米国 - 関税同盟のメンバー、禁止や制限、または商品が税関パーセントに基づいて、条件を含め、リリース eduroyの使用、所有または使用するか、またはそうでなければ禁止及び(又は)制限、並びに物品の取得、保有または輸送に違反して認めたの処分の送信 -
1万千20ルーブルの量で関係者に過料で罰せられる。 半分からの商品の2倍の値に、行政犯罪の対象である、彼らとまたは没収または行政犯罪の発作なし - 法人のために。
16.22を§。 関税の支払いの条件の違反
関税と関税同盟の税関国境を越えた商品の動きに関連して支払うべき税金の支払いの条件の違反 -
2500ルーブルに500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千10ルーブルから。 5万から三十万ルーブルへ - 法人のために。
16.23を§。 税関の分野での違法行為
1。 デューティがの税関代表の除外にそこ税関業務を行う場合を除き、申告または通関代表のレジスタに含まれる、または無効な文書を基にしたレジスタに含まれる、またはそれから除外されていない人が他の関係者に代わって、税関業務のパフォーマンス、言っレジスタや関税同盟および(または)慣習上のロシア連邦の法律の関税法案はに資格を与えた場合 税関代表のレジスタにいる人を含めることを必要とせずに至上の通関業務 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 関係者に - から2005年ルーブルへ。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
2。 場合を除き、税関キャリアとして機能するには、許可経済事業者は、免税店の所有者は、一時保管倉庫や税関倉庫者は、無効な文書に基づいて、関連するレジスタに含まれるか、習慣の分野で活動を行う者の登録から除外します通関業務の完了に伴うような活動は、委員会の責任は例外前に発生しました 適切なレジスタの顔Iaで -
2000千5ルーブルの量の関係者に過料で罰せられる。 法的機関に - 1万千50ルーブルから。
3。 通関業務の分野で活動を行う者のレジスタの1つに含めるため、アプリケーションに与えられた情報を変更するか、またはこれらの者の活動を一時停止する税関当局におけるポストの用語の故障や違反 -
百百五ルーブルの量に警告や職員に対する過料の賦課を伴うものとします。 2000千10ルーブルから - 法人のために。
16.24を§。 一時的に輸入車との不正な操作
1。 所持や使用への関税同盟やその転送の関税地域を介して内部トラフィックの国際輸送の一時輸入車の使用、このような自動車の使用及び処分の制限に違反して他の方法で販売したり、それらを処分 -
2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料で罰せられる。 役人に - 5000千20ルーブルから。 5万から三十万ルーブルへ - 法人のために。
2。 使用権の譲渡またはその他の関税同盟の関税法令によって確立された条件を遵守せずに個人によって一時的に輸入車を処分 -
行政犯罪の対象である車の没収と2500ルーブルに1500の量の市民に対する過料刑、または没収または行政犯罪のありません "。
7)の記事23.1:
"、1」の数字によって補足数字「14.37、「後14.50のa)の一部。
b)は2の数字の後に「16.21、「言葉」の記事2 16.24の一部 "を追加します。
フィギュア「3、 "によって補完」14.37、「後14.50のc)の第三段落。
8)の記事23.8:
次のようにa)は1の一部を読んでなければなりません。
"。1の税関当局は、部品1、3と4 16.1の記事、記事16.2によって提供、行政犯罪の例を考慮しなければならない - コードの16.24。";
2 1.1のb)の一部を次のように段落を読み取るために追加します。
「構造通関事務の分野で承認連邦執行機関のユニット、および彼の代議員の1.1)ヘッド; ";
9 3 2条の23.9)点言葉」とその議員」を追加します。
フィギュア「10、 "によって補完数字の後に12 2 28.3の記事「14.10、"の14.50)点。
11)記事29.5 1.1サプリメントの一部を次のように
"。その手数料の場所は他の国の領域がある場合1.1国際条約で定められた場合には、行政手続は、行政犯罪の検出の代わりを考えられています。";
"、記事12、1に定め30.10部品と30.1 30.3の記事"に置き換え - 「30.1記事30.2に定め、「1 3語の記事の30.3)。

記事15
(; .. 3、61.1、条26を№ロシア連邦の法律のコレクション、2002、127を№、条2002)の言葉「税関段落43の記事4190 10月2009、「倒産(破産)について」番号18-FZに関する連邦法の2153でEurAsECおよび(または)通関業務上のロシア連邦の法律内で関税同盟の関税法案」の言葉で「ロシア連邦。」

記事16
「技術規制に関する「29 12月27、数2002-FZ(ロシア、184の法律のコレクション、2002、条52 ;. 5140は№、2009、条29 ;. 3626は№、2010は№、アートに連邦法の記事1を書きます。6)次の変更:
タイトルに1)「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
段落2で1):
a)は、「手順」に置き換え単語「レジーム」は、単語「関税地域」を「領土」に置き換えることが最初の段落では、単語「通関政権は「言葉で「税関手続き」を置き換えます。
b)のように読まなければならない2番目の段落が次のとおりです。
「ロシア連邦大統領の採択連邦法または法令に基づき、ロシア連邦政府の物品の税関申告の目的のために、そして技術的な規制のロシア連邦政府遅くとも30日より技術的な規制の発効日は、によってカバーされた製品のリストを承認する前に、外国貿易Tamozhennogの商品命名法の単一のコードを指定するこの段落の最初の段落、 連合。一緒に関税の分野で認可連邦執行機関、および状態のサービスを提供し、技術的な規制や計測の分野で状態プロパティの管理を担当する連邦政府の行政当局と、活動の確立された分野で機能を実行する連邦執行機関、遅くとも前60日以内にこれらのリストの形成を行わず、政府への提出 技術規則の発効の日「。
c)の第三段落内の単語の単語「税関申告」と「通関」、単語「関税同盟の外国貿易の単一商品命名法」と「対外経済活動のための商品命名の "言葉。
「ロシアに「言葉で段落3語 "ロシア連邦の関税地域」を、「手順」に置き換え単語「政権」の最初の段落で2)。
段落4の言葉で3)言葉で「ロシア連邦政府により承認」、単語「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税地域」「関税同盟の関税法令により設立しました。」

記事17
7 7月2003に関する連邦法、「通信オン」番号126-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、28、条2895 ;. 2007を、7、条835 ;. 2010は№、7、条705は№№します; 27、条3408は№; ... 31、条4190№2011を、45、6333のv)は以下の変更が№:
「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への輸入「サブ段落の記事1 2の言葉で2)。
次のように2は読み替えるものと71)の記事:
「条71。ロシア連邦からロシア連邦内の無線電子設備や高周波デバイスのインポートおよび電子デバイス、高周波デバイスのエクスポート
ロシア連邦からロシア連邦内の無線電子設備や高周波デバイスのインポートおよび電子デバイス、高周波デバイスの輸出は、ロシア連邦、ユーラシア経済共同体内の関税同盟とロシア連邦の関税法の国際条約に従って行います。 "。

記事18
8 12月2003に関する連邦法、ロシア連邦、164の法律の(コレクション「外国貿易活動の国の規制に基づき「番号2003-FZ、50、条4850 ;. 2004を№は、35、条3607 ;. 2010は、45を№№します..条5750; 50、6594のv)は次の変更が№します:
1)の記事2:
a)は次のように7は読み替えるものを指します。
「7)対外貿易 - インポートおよび(または)ロシア連邦の領土の一部とロシア連邦の領土の他の部分との間に商品の品運動の輸出、これらの部品は外国の関税地域を通じて陸路ロシアの領土にリンクされていない場合は、上の商品の動き。ロシアは、ロシアの法律に従って管轄権を持つ、人工島、インストールと構成の領土からのロシア連邦の領土 第連盟と国際法、または人工島、インストールと構成の地域間のモノの移動の規範は、どのロシアは、ロシアの法律と国際法ではなく、財の外国貿易「に基づいて管轄権を有します。
b)の段落10の言葉「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税領域」で、
c)の段落内15単語は「習慣」と単語「税関」を削除しなければなりません。
グラム)19が廃止されるポイント。
「ロシア連邦の「言葉とe)の段落28の言葉で「ロシア連邦の関税地域」。
2)記事3 4ポイントが廃止されます。
3)の記事6:
a)は次のように3は読み替えるものを指します。
「3)との関係で必須の要件品の適合性評価の分野で連邦法およびロシア連邦の国際条約と関税同盟の委員会の決定で定められた場合の税関及び関税と非関税規制、などの外国貿易の国の規制だけでなく、活動の国の規制ロシア連邦からロシア連邦およびエクスポート」へのそれらの輸入。
b)の5、「国際的なロシアの条約や関税同盟の委員会の決定に従い、「単語」の定義」、言葉の後を指します。
「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従い、「単語」の定義」、言葉の後にC)6点。
4)の記事13:
a)は2 1のアイテムは、単語の後「ロシアと関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
b)の一部2:
次のように3段落は読みなければなりません。
; " - - ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟のメンバー関税同盟)そうでない場合の国際条約で定められた場合を除き3)は、関税率を設定します。"
単語の後4ポイントは「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
次のように5段落は読みなければなりません。
ロシア連邦の国際条約で規定されている例では「5)は輸出の許容手順を確立し、(または)状態のセキュリティに悪影響を及ぼす可能性がある商品の特定の種類の輸入、市民の生命や健康、個人または法人、公共や市有財産の財産、環境、生命や健康、動物や植物の、ならびにこのような順序が適用されるの尊重で商品の特定の種類のリストを決定; ";
6段落言葉「財の外国貿易の分野でのライセンスの手順とは」を削除しなければなりません。
7 8は、ポイントと無効と宣言しました。
単語の後11ポイントは「ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従った「言葉」を決定します」。
13ポイントが廃止されます。
言葉」の国際合意 - 関税同盟のメンバーおよび(または) ""に応じて、「言葉の後5)19の記事;
6)の記事21:
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
。「ロシア連邦の国際条約で定められた例外的な場合にロシア政府によって課さ条21量的制限」。
b)のように読み替えるものと2の最初の段落は、次のとおりです。
"。ロシア連邦政府の2ロシア連邦の国際条約に従い、例外的なケースではありません半年以上をインストールすることができます。";
7)以下の文言で記事2 25部分:
「2エクスポートおよび(または)物品の特定の種類の輸入が輸出のために物品の特定の種類のおよび(または)輸入を許可を発行することにより、ロシア連邦と関税同盟の委員会の意思決定の国際条約に従って行われます。。 ";
次のように8は読み替えるものと26)の記事:
「条26。エクスポートする排他的権利および(または)特定の商品の輸入
1。 外国貿易活動を行う権利をエクスポートして(または)関税同盟の委員会による商品の特定の種類の輸入、およびロシア連邦の国際条約、ロシア連邦政府により定められた例でする排他的権利を付与することによって制限される場合があります。
2。 特定の輸出のための物品の種類および(または)排他的権利、およびロシア連邦政府、エクスポートおよび(または)関税同盟の委員会の決定によって確立された商品の特定の種類のインポートする排他的権利を提供する組織の順序を付与されたインポート。 組織のリストは、ロシア政府によって設立され、エクスポートおよび(または)物品の特定の種類のインポートする排他的権利を付与されていること」。
9)27の記事、言葉「ロシア連邦の国際条約、関税同盟委員会の決定事項、および「」によれば、「言葉の後に、
「税関業務に関するロシア連邦法の関税同盟および(またはの税関法案)」10 2語の言葉で「ロシア連邦の関税立法」の記事で31)、「習慣」と単語「税関」は削除されなければならない言葉。
11 1の記事の32):
a)は4の言葉」と文化遺産」を指します。
b)の段落9で:
サブ段落の「a」で、言葉「ロシア連邦の関税法案 "言葉"税関に関税同盟および(または)ロシア連邦法令の関税立法」と。
単語のサブ段落の「B」の「貨物」を削除しなければなりません。
12)の記事45:
a)は1の一部が無効とみなさ。
b)のパート2の言葉「ロシアへの "言葉で、言葉言葉で「ロシア連邦の領土" "ロシア連邦の関税地域」「ロシア連邦の関税領域」で、
C)4の無効とみなさ。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「5語の最初の段落グラム)。
e)の6と7の無効と宣言しました。
記事13 2の54)は無効とみなさ。

記事19
10 12月2003に関する連邦法、「通貨規制および通貨管理について「数173-FZ(ロシア、2003の法律のコレクションは、50、条4859 ;. 2005を№は、30、条3101 ;. 2007は、1を№№します.....条30; 29、3480、条2010は№; 47、6028、条2011は№; 29、条4291を№する30、4584のv)は次のように変更№します:
段落1 9 1記事のサブパラ "D"言葉 "ロシアに「言葉で「ロシア連邦の関税領域」で1)、「ロシア連邦の「言葉と言葉「ロシア連邦の関税地域」。
次のように2は読み替えるものと15)の記事:
「条15。ロシア連邦、通貨値、ロシア連邦通貨および内部証券からロシアへの輸入と輸出
外貨および(または)ロシア連邦通貨およびトラベラーズチェック、外国とのロシア連邦からロシアへの輸入と輸出(または)フレームワーク内で関税同盟の関税法令の要件に従う制限されることなく、住民や非居住者によって作られている証書の形で国内証券ユーラシア経済共同体や習慣に関するロシア連邦の法律」。
3)の記事19:
a)は、「ロシアへの「言葉と言葉「ロシア連邦の関税地域」の段落2 1では、単語「税関」を削除しなければなりません。
b)は、ワードの段落4 2で「税関」を削除しなければなりません。
言葉「ロシア連邦にインポートして、ロシアからエクスポート "、"に関して税関業務の手数料のための「代替」の通関の「言葉で「ロシア連邦の税関国境を通じて「4 15語の記事の23)。

記事20
20 12月2004に関する連邦法は、 "漁業と水産生物資源の保全について「数166-FZ(ロシア、2004の法律のコレクションは、52、条5270 ;. 2007は、50、条6246 ;. 2008を№№、49を№ ..、記事5748; 2011は、1、32のv)は次のように変更し№します:
「他の送達の代わりにロシア連邦の港湾内だけでなく、ロシア連邦政府によって決定例と順に、「言葉で言葉の段落1 4記事2「ロシア連邦の関税領域」で13)。
2)の記事19:
a)は、「ロシア連邦の海のポートまたは配信の他の場所で、ロシア連邦政府によって決定例と手順で「言葉で3.2語 "ロシア連邦の関税地域を」の部分で、
次のようにb)は3.3の一部を読んでなければなりません。
「3.3。この記事は、水産資源キャッチ項3.2で指定された配信の順序や、同様にロシア政府によって設定された配信の他の場所にロシア政府によって決定例と順にロシア連邦の港湾におけるそれらの魚や他の製品から作られた製品。 " 。

記事21
「ロシア連邦における経済特区で「22 7月2005に関する連邦法、番号116-FZ(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、30、条3127 ;. 2006は、23、条2383 ;. 2007を№№、45を№ ....、Vの5417; 2009、52、条6416は№; 2011は、30、条4563を№45、6335のv)は以下の変更が№します:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。ロシア連邦における経済特区の分野における関係の法的規制
1。 、税関の関税法の他の行為 - ロシア連邦における経済特区の分野での関係は18月2010年(FEZに関する協定以下)から関税同盟や自由関税ゾーンの通関手続きの関税地域内無料(特別な)経済特区に関する協定によって規制されていますユーラシア経済共同体内連合(以下、 - 関税同盟)、経済特区と他のロシアの法律上のロシア連邦の法律。
2。 経済特区でのロシアの法律は存在連邦法で構成されており、それ他の連邦法に従って受信しました。
3。 経済特区の分野での関係はまた、ロシア政府によるロシア連邦の大統領令および経済特区に関するロシアの法律に従って採択他の規制法的行為によって調節することができます」。
次のように2)章1 5.1は、記事を追加します。
経済特区の住民の「条5.1。課税
税金と義務」に関するロシアの法律に従い、経済特区の住民の課税。
3)以下の文言で記事3 10部分:
ポート経済特区のこのパートBの規定の対象ポート経済特区の例外は、活動を実施する権利を有すると経済特区の居住者ではありません。」3個人の起業家や企業は、経済特区で事業を営む権利を有します:
1)港湾、河川港、空港、連邦国営企業と合資会社(株式は連邦政府所有である)を投与 - 港の機能とセキュリティを確保するため、河川港、空港、ロシアの法律に完全に従いました。
2)エグゼクティブロシア連邦の身体または管理会社またはサブセクション2の記事8で指定されたが、本明細書の法人は、本契約の条7に応じて、ポートの経済特区管理に一定の権限を付与さ - ポート経済特区の機能を確保するために;
ポート経済特区の居住者ではありません3)個々の起業家や企業 - 港経済特区のポート経済特区常駐の制御権限に付与された用地の境界内に作成されたポート経済特区やインフラのオブジェクトのインフラ施設の建設と運営。 ";
章4で8):
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
"。経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの章8アプリケーション";
次のようにb)の記事36は読んでなければなりません。
「条36。経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの使用に関する一般規定
1。 この章では、関税同盟の関税法令によって確立された自由関税ゾーン手順の工業生産、技術開発およびポート経済特区の領土の使用を定義します。
2。 無料税関ゾーン通関手続きの観光・レクリエーションの経済特区の地域では適用されません。
3。 工業生産・技術・革新的な経済特区のエリアでは無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を配置し、使用することができ、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません。
4。 ポート経済特区の領土に入れ、使用自由関税ゾーン手続下に置かれた商品を、そしてSEZ協定によって確立された場合には、車両や物資の国際送料は無料税関ゾーンの手続きの下に置かないことができます。 製品の関税同盟は、ロシア連邦の港経済特区の行政当局や管理会社にインポートまたはに従ってポート経済特区の管理のためのポート経済特区の個々の力の領土に従事するパート2の記事8明細書の合資会社で識別します無料の税関の通関手続の下でその動作の提供、を含む、本契約の記事7、 エリアは適合しません。
5。 連邦執行機関は、税関の分野で承認、および技術は、経済特区の領土に(インポート)インポートされ、経済特区の領土からエクスポート車両を含む、物品に関して税関操作の順序を決定します。 ";
次のようにc)の記事37は読んでなければなりません。
「条37。無料税関ゾーンの通関手続き
1。 無料税関ゾーンの通関手続の内容とFEZに関する合意書で定義された無料の税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くための条件。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下では経済特区に関する協定に従って、製品を置か確立することはできません。 ロシア政府は、無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置することはできません商品のリストを確立する権利を有します。
3。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か商品は、この記事パート4に指定された商品を除き、関税同盟および(または)通関業務上のロシア連邦の法律の関税法令で定める方法により税関申告を受けなければなりません。
4。 外国製品は、このような商品が下に置かれなければならないポートの経済特区に位置建設、港湾インフラの再構築、河川港、空港、目的のために意図されていない場合は、関税同盟のメンバーではない国家の領土とポート経済特区の領土に輸入しますこの記事5の一部に基づいて設立され場合を除き、税関申告なし無料税関ゾーンの通関手続き、。 そのような商品に関しては関税同盟の関税地域への商品の到着に関連した唯一の通関業務を行っています。
5。 ロシア政府は、外国製品は、関税同盟のメンバーでない国の領域を持つポート経済特区の領土にインポートして、自由関税ゾーン手順下に置かれたときのケースを確立する権利を持って、税関申告を受けなければなりません。
6。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を配置する場合、そのような物品の領土に輸入されている経済特区、のかもしれない唯一の居住者に商品を宣言し、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土に適用されます。
7。 特別経済ポートゾーンの領土に適用される無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を配置する場合、申告者は、ポート経済特区の居住者、またはサブパラグラフ1や関税同盟の税関コードの条2 186の第五のサブに規定するその他の者であってもよいです。
8。 経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する合意に従い、工業生産、技術開発および港湾事業の実施(管理)のための無料税関ゾーンの通関手続きの下で経済特区の住民が置か品。
9。 税関に経済特区の自由関税ゾーン手順常駐の下に商品を配置するための条件の遵守を確認するために経済特区の領土と経済特区の居住者、または人によって認定され、このような文書のコピーのレジスタに含めることの証明書に(導通)業務の実施に関する合意を提出それらを提出します。
10。 商品が商品を宣言するための無料税関ゾーン手続き中の商品を置くための条件の遵守を確認するために、ポート経済特区の非居住者による特別経済ポートゾーンの領土にそれらを置くことを視野に無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置されている場合は、税関当局に提示しなければならないと結論そのような財の所有者、およびポート経済特区の居住者間の倉庫(ストレージ)製品の提供のための契約、 商品のローディング(アンロード)とFEZ協定によって確立された他の操作のパフォーマンス。
11。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 無料税関ゾーンの通関手続きの下でnnyh。
12。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用した品での無料税関ゾーン製造(製)の通関手続きの下に置か外国製品を識別するためには、経済特区に関する協定によって確立された識別方法を使用することができます。
13。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記この記事11の観点インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
14。 税関の分野で承認連邦執行機関によって定義された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。
15。 フリー税関ゾーンの通関手続の完了をFEZ協定に従って行われます。
16。 作られた無料税関ゾーンの手続きの下に置かれた商品・商品に関して、工業生産、技術、革新的な経済特区の分野に適用される無料税関ゾーン手続の終了時に、税関手続の下に置かれた商品を使用して(得)無料税関ゾーンは、唯一の経済特区の居住を宣言することは、行動の自由関税ゾーンの通関手続き中の商品を置き、ためにすることができます 例例外が17と18でこの記事を想定しました。
17。 FEZに関する協定で定める方法により無料税関ゾーンの通関手続きの最後に経済特区の人の在留資格の喪失の場合には、商品を宣言する経済特区の居住者の地位を失った人を行います。
18。 所有権の移転、使用、および(または)無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の処分、FEZに関する協定の定める手順に従って自由関税ゾーン手順の終了時に経済特区の他の居住者の場合は、商品を宣言する経済特区の居住者であります所有権、使用、および(または)これらの商品の処分の権利誰に。
19。 そのような商品は、キャリッジの通常の条件下では通常の摩耗や自然の損失による変更以外は、変わらなかった場合は商品が特別経済ポートゾーンの領土で適用し、言った通関手続の終結で無料税関ゾーンの手続きの下に配置されている場合(運送)、記憶装置及び(又は)(動作)を使用すると、商品がポート経済特区の居住者であってもよい宣言、税関の下に商品を配置しました この記事、またはサブパラグラフ17や関税同盟の税関コードのサブ記事18 1の第五に規定する他の者の2と186に想定される場合を除き無料税関ゾーンの番目の手順、。
20。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用のポート経済特区の領土で特別な経済ポートゾーンの領土で適用可能な無料税関ゾーン手順の習慣の結論、商品に関して製造(生産)、申告ポート特別なのかもしれない唯一の居住者で、経済圏は、この記事サブセクション17に定める場合を除き、無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置きました。
21。 関税同盟の商品の使用は無料税関ゾーン手続下に置かれていないと、税額連邦予算に返却されなければならないなどの無料税関ゾーンの手順、排他的に関税同盟の商品の製品の再輸入の通関手続き(得)の下に配置、の終わりに付加価値税、関税自由区域法の下に置か関税同盟の商品に関して消費税は内で行いました 税金や手数料のロシアの法律に従ってこれらの税金をzmeschenie。
22。 この条のサブセクション21で指定された例における付加価値税、消費税の金額は、その物理的な自由関税ゾーン手続きの下で関税同盟の商品を置く税関申告の登録日時点で有効なレートと物品の関税価値とに基づいて算出(または)されなければなりません無料税関ゾーンの通関手続きの下で関税同盟の商品を置くの日に定義された物理用語(数量、重量、体積または他の特性)、中特性。
23。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
24。 この条項23で指定された検査を組織し、実施するための手順は、一緒に商品の状態を確認する文書を発行する権限を体で通関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
25。 無料税関ゾーン手続下に置かれた機器の経済特区の機能が終了すると、サービスに入力され、(実施)の実施に関する協定の実施のための経済特区の居住者によって使用される経済特区の領土上の操作だけでなく、自由な通関手続きの下に置かれた商品関税同盟ではなく、氏の財として認識ゾーンと経済特区の領土上の不動産の作成に使用し、 禁止や制限の適用なしと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、関税と税金の支払いなしに、税関管理下にキャッチアップ。
26。 経済特区の領土と本契約の条項の実施に関する(導通)業務上の契約の満了に関連して、自由関税ゾーン手続下に置かれた機器での人の在留資格の喪失の場合には、サービスに入力され、協定の実施のために居住者によって使用されます経済特区の領土に業務を(導通)の実装、および物品無料税関ゾーン手続下に置き、ために使用 禁止や制限の適用なしと国内消費のためにリリースの通関手続の下に配置せず、関税と税金の支払いなしに、税関管理下にすることなく、関税同盟の商品として認識経済特区の領土に不動産を作成します。
27。 この記事の一部25と26で指定された商品を認識するためには、経済特区の関税同盟常駐の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提示されなければならない、と文書は情報が含まれています:
居住者の1)。
経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する協定の居住者の実施に関する2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引の権利の均一な状態レジスタの財産上の経済特区の居住者の所有権の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
28。 経済特区の住民の情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
2)居住者のエントリを確認し、文書 - 法人の統一ステートレジスタでの法人、または居住者のエントリを確認し、文書 - 個々のビジネスマンの均一な状態レジスタ内の物理的な人。 文書は、法人の支払いや個々の起業家のことを確認した情報を提供し、税関当局の機関間の要求の個々の起業家として、法人と自然人の状態の登録を担当する連邦政府の行政当局に、経済特区の居住者によって提示されていない場合それぞれの法人の統一ステートレジスタと個々の起業家の統一ステートレジスタで etstvenno;
税務当局への登録の3)証明書。 文書は、経済特区の居住者に代表される税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関当局の機関間の要求連邦執行機関に、法人の文または個々の起業家の登録を確認する情報を提供されていない場合税務当局。
4)経済特区の住民のレジスタに含めることの証明書。 文書は、税関当局の機関間のリクエストに応じて経済特区の居住者、で表されていない場合はレジスタの法人または個々の起業家を含めることを確認した情報を提供する、法人および経済特区の住民として、個々のビジネスマンの登録を行う連邦政府の執行機関経済特区の住民。
29。 経済特区の領土に(導通)業務の実施に関する協定の経済特区の居住者の実行を確認する文書は、公共の機能を実行する連邦政府の行政当局によって決定形や方法で、経済特区の運営組織によって発行された書かれた証明書です政策とロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野で規範的法的規制。
30。 製品の無料税関ゾーンの手続きの下に置かれ、使用できなくなり、また、全体的または部分的に、経済特区や梱包材の領土への商品と一緒にインポートは、その本来の目的を失い、税関ボディの許可を得て、その消費者のプロパティは、で破壊することができ連邦政府の幹部によって決められた順番でそれらを破壊する目的のために経済特区や経済特区の領土からエクスポート 税関業務の分野で承認権限、および本契約の条37.4に従って税関当局に提出したレポートでは、無料税関ゾーンと荒廃の通関手続きの下に置かれた商品の破壊の事実を反映しています。
31。 ロシア政府は、外国製品は、外国製品と一緒に経済特区の領土に輸入され、その本来の目的とその消費者の特性を失っていないです、包装および包装材料は、目的のために経済特区の領土から除去することができる場合を決定する権利を有します破壊の通関手続き、ならびにそれらの除去と破壊のための条件と手続きの下で配置することなく破壊」。
次のように記事37.1を追加するにはグラム):
「条37.1。操作は、経済特区の地域で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で行わ
1。 操作はFEZに関する協定に従って定義された無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた商品で行いました。
2。 工業生産、技術開発およびポート経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を利用して作られた(得)無料税関ゾーンの手続きの下に置かれた商品と商品の小売販売を禁止されています。 ロシア政府は、工業生産、技術開発およびポート経済特区の分野では、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で実行される他の禁止トランザクションのリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応する法令は、その公式の発行日以降に何の早い一年より施行してはなりません。
3。 税関当局の許可を得ての点で認証のために含め、関税同盟や研究のためのそのようなサンプルとサンプルの転送の税関コードの記事155に応じてサンプリングし、サンプルのための業務の委託を許可:
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ1)製品;
2)商品は無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を使用して(得)製;
3)製品(ない無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か無料税関ゾーンと関税同盟の物品の通関手続きの下に置かれた商品を使用して)得ました。
4。 この記事と関係者の自由な形式書かれた要求に基づいて税関当局によって発行された研究のためのそのようなサンプルとサンプルの転送の一部3で指定された商品に関連したサンプリングとサンプルのための取引を行うための認証 - 経済特区の居住者または別の人その商品の所有者である、の配置はポート経済特区の領土に行われます。 許可証は別の文書や関係者の書面による要求に対応するマークの税関ボディの認可公式を貼り付けることで、同じ日に書面で発行されています。 承認は、関税同盟の税関コードの段落2 155記事によって確立された要件に従ってのみ許可されなければなりません。
5。 所有権の経済特区の居住者、使用および(または)無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の処分を転送する場合、そのような財の経済特区の他の居住者は、経済特区の1エリア、無料税関ゾーンの通関手続きから移動することができます税関通過の通関手続きに従い、無料税関ゾーンの通関手続き、経済特区、他の領土に。
6。 この記事のパート5で指定された商品の税関トランジットの通関手続きのアプリケーションの機能は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません。
7。 無料税関ゾーン手順下に置かれた財の消費に関連する動作の経済特区の領土でコミットすると、このような財の消費が本契約の条37.4に従って税関に提出したレポートに反映されるべきであること」という事実。
次のようにd)の記事37.2は補足しました:
経済特区の領土の「記事37.2。税関制御
1。 経済特区の領土に税関管理は、税関の法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の関税法令に従って税関当局によって行われます。
2。 経済特区の領土は、税関管理区域です。 税関当局の許可を得て、経済特区とその限界の境界線を通って、この条の規定に関しては、その監督の下で税関職員を除いて、政府関係者などのグッズ、車や人の移動、、。
3。 経済特区の領土は設計されており、税関管理の目的のために備えなければなりません。 ロシア連邦の領土確立に創出と経済特区の機能の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して、関税の分野で認可連邦執行機関の税関管理の効率性を確保するために、経済特区の配置や機器の要件だけでなく、土地や設備の配置に この記事4の段落で指定された場合の経済特区の住民への土地。
4。 ロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野で公共政策や法的規制の機能を実行する連邦政府の行政当局の決定によると、税関業務の分野で認可連邦執行機関との合意では、土地の建設と設備を許可経済特区住民SEZと一般により提供プロット 土地のプロットの境界が失われている装備して経済特区の様々な住民が提供する土地のerimetra二つ以上のプロットは、経済特区のこれらの住民に属していません。
5。 公共政策の機能を実行する連邦政府の行政当局と連携して税関事務の分野で承認連邦執行機関によって決定されるようになり、そのような領土への人のアクセスのための手順の定義を含め、経済特区の領土でチェックポイント政権をしなければならないの確保ロシア連邦における経済特区の創設や機能の分野での法的規制。
6。 ポートの経済特区を除いて無料税関ゾーンの通関手続きは、そのような物品の税関当局の通知で行っ経済特区の領土への財の輸入が輸入されています。 無料税関ゾーンと無料税関ゾーンの通関手続きは税関当局の許可を得て実施されなければならない経済特区の領土からの貨物の輸出の通関手続き経済特別ポートゾーン、の領土への財の輸入。
7。 この記事とその完成のための手順の一部6にいう通知と承認の形態は、習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって確立されなければなりません。
8。 税関当局は、関税同盟の税関コードで定める方法により、経済特区の領土への輸入品の識別を行うようにしてもよいです。 関税同盟、関税上のロシア連邦の法律と現在の連邦法の関税法令の遵守を確保するためには、関税の分野で認可連邦執行機関は、特別に(輸入)輸入品の識別の実装に関連する税関業務の手順を定義します経済ゾーン「。
次のようにe)の記事37.3は補足しました:
「条37.3。工業生産や技術、革新的な経済特区の分野における物品の一時記憶の実装
1。 工業生産や技術、革新的な経済特区の区域の境界内税関エリアで合意し、経済特区の居住者が輸入する外国貨物の一時保管するためのものに配置された施設が、屋外エリア、鉄道線路やコンテナプラットフォームは、一時保管の場所であります。 経済特区での一時的な記憶のこれらの場所は、11月1 2の連邦法、数71-FZの要件や部品27 2010 311の記事を遵守しなければならない「ロシア連邦税関規制に。」
2。 工業生産・技術・革新的な経済特区の分野での配置、機器の要件および一時保管の場所の位置は、この条の規定の適用を受ける通関事務の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
3。 工業生産や技術、革新的な経済特区の領土上の一時的な保管場所は、オープンプラットフォームである、および(または)経済特区の経済特区管理体の居住者に割り当てられた土地に位置する部屋、第三者に属する外国製品の貯蔵した場合、このサイトは許可されていません。
4。 選択した通関手続の下、または完了するため、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土の経済特区の居住者が輸入すると、このような物品の配置のために、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土から必要な輸出品の点で通関業務産業の領土でコミット一時的な記憶での商品の配置を伴う通関手続きと関税操作のアクション、 生産や関税同盟の関税法、関税上のロシア連邦の法律と現在の連邦法で定める方法により一時保管における技術、革新的な経済特区。
5。 住民の工業生産や技術、革新的な経済特区は、彼は、工業生産や技術、革新的な経済特区の領土上の一時的なストレージに一時的な記憶に作用することができることを宣言することで、のみの商品を配置することができます。
6。 経済特区での一時保管の商品の一時的な記憶は、経済特区、経済特区の領土に外国製品の輸入の居住者の書面の形で策定に基づいて税関当局の書面による許可を得て実施されます。 工業生産や技術、革新的な経済特区の領土に一時記憶で商品を配置するための文書や情報を一時的に格納し、提出の商品を一時的に格納するための許可証の発行関税同盟の関税法令で定める方法により行われ、関税上のロシア連邦の法律と現在連邦法。
7。 住民の工業生産や条経済特区に一時記憶で商品を一時的に記憶するための許可を受けた技術、革新的な経済特区:
1)一時的な記憶で商品の安全性を確保します。
2)税関当局の許可なしに商品と操作を許可しません。
3)通関事務の分野で承認連邦執行機関によって確立された手順に従って、一時記憶に配置された物品の記録を保持し、税関に提出することが、このような品物を報告します。
8。 者は、一時的に経済特区内の一時記憶域に格納されている物品の損失の場合には、税関当局の許可や経済特区の居住者を一時的に記憶する以外の目的のためにこのような製品を使用することなく、第三者に転送し、そのような物品を一時的に記憶するために許可を受けました関税同盟の関税法典の記事172に応じて関税と税金を支払うために。
9。 。一時的に経済特区、その完成のための手順と同様に、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された税関当局へのそのような報告書の提出のための手続きと期限内の一時記憶域に格納されている「商品の形態を報告。
次のように記事37.4を追加するにはグラム):
「条37.4。無料税関ゾーン手順のアプリケーションで製品についての商品や文の会計処理
1。 経済特区の居住者は、商品の使用無料税関ゾーンの通関手続きの下に置き、税関当局に、そのような物品に関する報告書を提出して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた物品の記録を保持します。
2。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用と自由関税ゾーン手順および財製(得)下に置かれた商品に発生したすべての変更は、レコードに反映されるべきです。
3。 無料税関ゾーン手順下に置かれた物品の使用で作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順は、そのような物品の報告の形、形の充填および順序と税関への期限のための手順このようなレポートは、税関の分野で承認執行力の連邦機関によって確立されなければなりません」。
h)を次のように記事37.5を補います:
「条37.5。輸出品に適用可能な税関手続きの下で、このようなインポートまで海外に置かれた商品のポート経済特区の領土への輸入
1。 輸出品に適用可能な税関手続きの下でポート経済特区の領土外に置かれた商品は、ストレージ用のポート経済特区の領土に輸入し、それらに荷降ろしの作業をコミットし、リロードとの国際運送の開始に必要な他の貨物操作することができます製品彼らは関税同盟の関税地域から輸出されています。
2。 そのような商品にパート1にアンロードする動作のこの記事と履行を指定された商品の保管、リロードやその他の貨物操作は専用ポート経済特区の居住者が行うことができます。
3。 この記事のパート1で指定された財の輸入は、特別経済ポートゾーンの領土で、関税同盟の関税地域の残りの部分、および特別経済ポートゾーンの地域でこのような製品のストレージを含むポート経済特区の領土から、このような財の輸出はして行われます税関の分野で承認連邦執行機関で定める方法により、この記事の規定に従い。
4。 関税同盟の商品のポート経済特区の領土にインポートする場合、そのような免除または払い戻しが上のRF法律で規定されている場合は付加価値税、物品税や付加価値税、消費税、以前に支払った金額の返金の支払いを免除される輸出用通関手続きの下に置かロシア連邦からの商品の実際の輸出税金や手数料。
5。 実際に借り換えの割合でその上に未払利息と税金の支払いの対象とポート経済特区の領土、への参入の日の翌日から4日以内に、この記事のパート180で指定した商品のポート経済特区の領土からエクスポートされていない場合にはロシア連邦の法律で定める方法によりポート経済特区の領土でこれらの商品の期間中の力のロシア連邦中央銀行、 ロシア連邦に品物を輸入する際、実際の税金と利子を収集することができるという。
6。 法律に従い、税金の支払いを受けるような輸出は財の国際運送の開始にリンクされていない場合は税関当局の許可を得て、関税同盟の関税地域の残りのポート経済特区の領土から、この記事のパート4で指定された貨物の輸出、ロシア連邦ロシア連邦への財の輸入に対する税金の収集のための習慣に。
7。 この条のサブセクション6に規定する場合の貨物の輸出に関する税関当局の解像度は、通関輸出のための手順、彼の後継者、またはそのような商品が法的にしている人からの正式な代表者または他の人の下で、このような物品の申告の書かれた文で策定に基づいて発行されなければなりません所持。 このような文の税関当局の配慮の用語は、税関当局にその受領した日から以上の3営業日ではありません。」。

記事22
10 1月2006に関する連邦法、「カリーニングラード地域の経済特区では、ロシア連邦の一部の立法行為の改正について」(ロシア連邦、16の法律のコレクション数2006-FZは、3、条280 ;. 2007、№を№します.... 22条2564は、45、5417、条2010は№; 48、条6252№2011、27、3880のv)は以下の変更が№します:
次のように1は読み替えるものと1)の記事:
「条1。この連邦法の適用範囲
この連邦法は、アカウントに、その社会経済開発を促進するためにカリーニングラード地域の地政学的状況を取って、カリーニングラード地域における経済特区の動作の確立、操作および終了に関連して生じる関係を調整します」。
2)の記事2:
a)の言葉を最初の段落「この連邦法では、「言葉で「1で存在連邦法。 ";
b)は1語を指す」と自由関税ゾーン手順を使用」。
次のようにc)のパート2を追加します。
「2。章3と3.1この連邦法関税同盟の税関コードと18 6月2010年から関税同盟の関税地域内無料(特別な)経済特区と無料税関ゾーンの手続きに関する合意書によって定義された用語の目的のために(以下、 - SEZ協定) ";。
3)次のように読み替えるものと6 2 3の記事のポイント:
「無料税関ゾーンの通関手続きの下に配置することはできません商品のリストに含めるための提案を行う6)」。
4 2の言葉「ロシアへの物資の輸入とロシア連邦からの貨物の輸出」と「ロシア連邦の税関国境を越えモノの移動」の記事で6)。
章5で3):
a)のように読み取るの名前は次のとおりです。
"。無料税関ゾーンの通関手続きの章3影響」。
次のようにb)の記事8は読んでなければなりません。
「条8。この章の適用範囲
1。 この章では、( - 関税同盟以降)ユーラシア経済共同体内の関税同盟の関税法令に基づいて設立され自由関税ゾーン手順の経済特区の領土の使用を定義します。
2。 経済特区の領土を無料税関ゾーン、関税同盟の通関手続きの下に置かれた商品を置いて使用することができる上に、他の税関手続きの下に置かれ、無料税関ゾーンと外国製品の通関手続きの下に配置されていません」。
次のようにc)の記事9は読んでなければなりません。
「条9。無料税関ゾーン手順の使用
1。 経済特区の領土無料税関ゾーンの通関手続き上。 無料税関ゾーンの通関手続きの内容は、FEZに関する合意書によって定義されます。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きは、経済特区の領土内で関税同盟の商品に適用するか、経済特区の領土に輸入されていません。
3。 無料税関ゾーンの手続きの下に置か無料税関ゾーンの手続きの下に置か外国製品、製品(入手)外国製品を使用して自由関税ゾーン手続きと商品作られ(得)下に置かれた外国製品を使用しましたそして、関税同盟の商品は、たったの約FEZに関して協定によって設立場合を除いて、配置され、経済特区の領土に使用することができます 経済圏。
4。 経済特区の領土に(インポート)インポートや習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければならない経済特区の領土からエクスポート車両を含む物資の面で手続きと税関業務の技術、 "。;
次のようにd)の記事10は読んでなければなりません。
「条10。無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置く規約
1。 無料税関ゾーンの通関手続き中の商品を置くの規約は、経済特区の合意によって決定されます。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下ではFEZ、などの協定に基づいて、製品を置か確立されないことがあります。
1)切除可能品。
2)カリーニングラード地域の国家権力の最高執行機関の提案を含め、ロシア政府によって確立されたリストに従って製品。
3。 製品は、経済特区への投資プロジェクトを実施するために、自由関税ゾーン手順の下に住民を置きました。
4。 税関当局に、無料税関ゾーンの居住者又は彼が認定した者の通関手続きの下に商品を配置するとき常駐し、投資申告、または居住者によって認定このような文書のコピーのレジスタに含めるための証拠を提供します。 法人は、国家登録がロシア連邦の法律で定める方法によりカリーニングラード地域で行われ、住民はその配置のための無料税関ゾーンの通関手続きの下に商品を入れて、現在連邦法で定められた目的のために使用している者ではありませんされています。
5。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品の申告者は、居住者又は法人であることができ、状態の登録はロシア連邦の法律で定める方法によりカリーニングラード地域で行われます。
6。 フリー税関ゾーンの通関手続の下に配置された外国製品(配置)の点で、商品がそれらの個々の特性を失い、その結果として、動作(処理)を処理するためにそのような物品の点で行うことを意図し、および(または)(アセンブリを含む物品の製造のための、インストール、調整)、ならびに修復を解体、申告の要求に税関当局は、外国製品の使用配置で作られた物品におけるそのような品物の識別(取得)を行います 無料税関ゾーンの手続きの下でnnyh、本契約の条11の規定に従います「。
次のようにd)の記事11は読んでなければなりません。
外国製品を使用した製品に無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品の「条11。識別(製)
1。 製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を識別するために経済特区に関する協定によって確立された識別方法を、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(製)を用いました。
2。 それらで作られた物品および動作の特徴所与税関当局によって確立されたフリー通関手続の下に置か外国製品を使用して(調製)製造品のための自由な通関手続の下に配置された外国製品を識別するための請求項に記載された方法の良否、前記本契約の記事6 10の観点インチ 配置された外国製品の識別のために提案された申告方法は、製造品中の遊離税関ゾーンの通関手続の下(配置)した場合フリー税関ゾーン手順下に置かれた外国製品を使用して(取得)、税関当局は、それが適当と認める、税関当局は、独立して決定する権利を有します認証方法。
3。 税関の分野で承認連邦執行機関によって確立された無料の税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた外国製品を使用した製品で自由関税ゾーン(製)の通関手続きの下に配置された外国製品の識別の手順(配置)さ。」 ;
e)の記事12は無効とみなさ。
次のように記事12.1を追加するにはグラム):
無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品と「条12.1。オペレーション
1。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で、経済特区の領土は、FEZに関する協定に従って決定操作の実行を許可されています。
2。 経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品に関しては含めて、所有権、使用、および(または)処分の転送を許可小売商品の販売とその消費量を含みます。
3。 ロシア政府は、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた商品で禁止操作のリストを確立する権利を有します。 ロシア連邦の対応判決では、発行日後には、以前の1年より施行はなりません」。
h)を次のように記事12.2を補います:
「条12.2。商品の特定のカテゴリの無料税関ゾーン手順の使用
1。 経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ(空の車両を含む)品、トラクター、トレーラー、セミトレーラー、トラクター、バス、航空機、船舶、鉄道車両の輸送のための車両は、と税関の目的のために考慮しなければなりません国際貨物の輸送、乗客とカリーニングラード地域と外国主権者の地域間の荷物における自動車の国際送料 STVとカリーニングラード地域と国家の領土を含め外国の領土を通じてロシア連邦の領土の残りの部分との間の財、乗客と荷物の輸送 - 以下の条件に従う関税同盟のメンバー、:
1)車両はカリーニングラード地域の領土に登録されています。
2)車両が法人に属している、状態の登録は、カリーニングラード地域で行われます。
2。 個人的な使用のための車カリーニングラード地域の領土に登録し、経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、一時的にカリーニングラード地域の領土から個人によって取り出し、以下の条件の下で、ロシア連邦の領土の残りの部分をもたらすことができます。
1)などの車両の一時的な輸出の期間は2ヶ月を超えることはできません。
このような車両に関して2)は、外国の領土に登録されている私的使用のための車両に関して規定量で、税関に関税同盟の関税法令で定める方法により関税と税金の支払いのためのセキュリティを提供し、(または)ロシア連邦の法律関税同盟のメンバー - と関税同盟の関税地域に輸入は個人を述べています。
3。 サブセクション1と2で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、この記事を、指定された商品は、条件付き状態の賛成で関税同盟の商品のステータスの取得、実際の破壊や拒絶前にリリースされています。
4。 ロシア政府はこの記事、ロシア連邦の領土の残りの部分1で述べた車両の任期を制限する権利を有します。 ロシア連邦の対応判決は30日、公式発行日後よりも早くない効力を生じます。
5。 航空機中間着陸をコミットせずに自由関税ゾーンとカリーニングラード地域の領土とロシア連邦の領土の残りの部分との間の財、乗客と荷物の輸送の通関手続きの下に置かれ、経済特区の領土に輸入、(空を含む)航空機の点で通関業務外国の領土は、本契約の口座に記事15.2の規定を取って、経済特区の領土でコミット。
6。 この記事では、私的使用のための車両が意味するもの:
1)自動車および主に関税同盟(以下の対外貿易の8703シングル商品命名見出しに分類された人の輸送用に設計された他の自動車 - 雪の上で駆動するために特別に設計され、車両を除いて、TN VED TS)を、自動車ゴルファーと同様の車両を輸送するために小見出し8703 10 HS TCを見出しに分類、ならびにBに駆動するために設計されている車両 ezdorozhyu小見出し8703 21 HS TCを見出しに分類される(バギー)。
2)オートバイ、モペット、スクーター8711 HS TCを見出しに分類されています。
3)12 HS TCを見出しに分類ドライバ」を含んでいない以上8702人以上の輸送のための自動車。
以下のように)記事13は読んでなければなりません。
無料税関ゾーンの通関手続きの「条13。完成
1。 記事15と24契約SEZに従って完成経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続き、下に置かれた商品に関して自由関税ゾーン手順のアクション。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれ、車両の経済特区の領土からエクスポートする場合、本契約のサブセクション1と2 12.2記事で指定された場合には、そのような車両の点で自由関税ゾーンの通関手続きの完了は必須ではありません。
3。 関税や通関手続きに課される税金の無料税関ゾーン計算の通関手続きが完了するとその下に下に置かれた外国製品を使用して(得)製無料税関ゾーン手順および(または)品物下に置かれた外国製品を置いFEZに関する協定によって確立された仕様に作られた無料税関ゾーンの通関手続き、。
4。 商品は、税関外に輸出されていない場合は無料税関ゾーン手順の効果は、関税同盟の関税地域外品の輸出を完了した場合、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置か外国製品を使用して(得)製、商品の状態を決定する、または1月1 2012年前に登録住民の尊重、個人での関税同盟の領土は、状態の登録はカリーニングラードで行われます 番目のフィールドと1 4月2006年のとして条22の規定に条1996協定FEZ対象に準じて行う、13 1月19の連邦法、「カリーニングラード地域の経済特区で」数10-FZに基づいて取り組んできたことをSEZ契約。
5。 商品を宣言する無料税関ゾーンの通関手続きが完了すると無料税関ゾーンの通関手続きに従い、商品の税関申告のための商品を宣言した法人、またはサブパラグラフ1またはサブパラグラフ2の記事186税関コードの第五に規定するその他の者であってもよいですユニオン。
6。 人の居住状況と自由関税ゾーン手順と試運転下に置かれた設備の投資宣言用語の性能、経済特区の領土上の不動産の作成のための無料税関ゾーン手続下に置き、中古品の損失の場合には、製品を認識関税同盟は、関税や税金の支払いなしに、禁止や制限を適用しないと下に配置せず、税関管理下に置かれていません 国内消費のリリースのamozhennuyu手順。
7。 この記事のパート6で指定された商品を認識するためには、関税同盟の居住者の商品は税関にいかなる形で策定され書かれた文を、提示されるべきである、と文書は情報が含まれています:
居住者の1)。
投資宣言の居住条件の実行に2)。
無料税関ゾーンの通関手続きの下でこれらの商品を置くことに3)。
4)機器の試運転、アプリケーションは機器に関連している場合。
それに不動産や取引の権利の均一な状態レジスタの財産上の居住者の所有権の記録のための5)、アプリケーションは経済特区の領土上の不動産を作成するために使用される物品に関するものである場合。
8。 居住者についての情報を確認する文書は、次のとおりです。
1)成分の文書。
法人の統一ステートレジスタへの居住者の侵入を確認2)ドキュメント。 文書は居住者によって表されていない場合は、法人の状態の登録を行う税関当局の省庁間の連邦執行機関の要求に応じて、法人の統一国家登録法人の支払ことを確認する情報を提供します。
税務当局への登録の3)証明書。 文書は税務当局における法人の声明を確認する情報を提供し、税法の遵守の制御と監督の機能を行使税関の省庁間の連邦執行機関の要求に応じて、居住者によって表されていない場合は、
4)レジスタに含めるの居住証明書。 税関当局は、文書が居住していないと述べた場合は、省庁間経済特別区の行政の要求に経済特区の住民のレジスタ内の法人を含めることを確認した情報を提供します。
9。 投資宣言用語の居住者の実行を確認する文書は、本契約の条7に従って発行される適切な証明書です」。
a)の記事14と15は無効と宣言しました。
次のように記事15.1を追加するリットル):
「条15.1。税関業務や習慣の制御は、経済特区の領土上で行います
1。 財経済特区の領土に輸入し、経済特区の領土からエクスポートに関しては、税関業務及び税関管理は、関税同盟の関税法律、習慣、本契約の規定の適用を受けるにロシア連邦の法律に従って税関当局によって行われています。
2。 無料税関ゾーンの通関手続きの下で、そのアクションの最後に商品を配置することにより、商品の長期のリリースは、例を除いて、すべての必要な書類の商品の宣言と同時にプレゼンテーションの対象商品の宣言の登記の瞬間二十から四時間の習慣本体の時間に基づいています関税特定の文書のロシアの法律に基づいて商品のリリース後に提出することができます。 この期間では、税関当局は、必要に応じて、商品の宣言にチェックし、商品や提出書類を行っています。
3。 関税の際に税関体が自由関税ゾーン手続下に置かれた外国製品を利用して作られた商品(得)の状態を確認する文書は、虚偽の情報が含まれていることの兆候を検出し、(または)、虚偽、不正確と(に基づいて発行されるコントロールしている場合認可する権限 - または)不完全な情報、税関当局は、文書(以下の問題にロシア連邦政府によって認可ボディに推論したアピールを送付します 一緒に税関で、追加を行うために、商品の状態)を確認の問題に関するNNY文書は、その文書の妥当性をチェックします。 この検査の結果によると、商品の状態を確認する文書が権威が商品の状態を確認する文書を発行する権限を没収することができます。
4。 この条項3で指定された検査を組織し、実施するための手順は、一緒に商品の状態を確認する文書を発行する権限を体で通関事務の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されなければなりません。
5。 住民や法人が、状態の登録は、カリーニングラード地域で行われ、税関に提出する無料税関ゾーン手順の下に置い外国製品を使用して(得)製無料税関ゾーン手順の下に置かれた商品と商品の記録を保持する義務があります当局は、このような物品を報告します。
6。 無料税関ゾーン手順は、そのような物品の報告の形、これらのフォームを完了するための手順や習慣に提出する手順と期限下に置かれた外国製品を使用して作られた自由関税ゾーン手続きと商品(得)下に置かれた商品の会計処理のための手順このような物品について報告体は、税関の分野で承認連邦執行機関によって確立されなければなりません」。
次のように記事15.2を追加するにはメートル):
「条15.2。税関業務の経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた航空機に関して
1。 航空機に関して税関業務は、ロシア連邦の領土の残りの部分と財完了の航空輸送に商品、乗客と経済特区の領土からの荷物の航空輸送の開始前に、経済特区の領土でコミット存在連邦法のサブセクション5の記事12.2で参照されます、経済特区の領土内にロシア連邦の領土の残りの部分から乗客と荷物。
2。 物資の輸送を実現するためにロシア連邦の領土の残りの部分に経済特区の領土から航空機をエクスポートする場合は、以下の情報を乗客と荷物のキャリアは、税関に提出しなければなりません。
無料税関ゾーンの通関手続きの下で航空機を配置する1)。
出発空港と目的地の空港について、2)。
空港の中間着陸約3)、もし飛行計画に従ってケースになりますように。
フライト番号に4)。
5)経済特区の領土への航空機の再輸入のために計画された期間。
3。 通関業務のための宣言情報と必要を確認する書類は、キャリアがそれによれば、税関申告の謄本を提示したように航空機は無料税関ゾーンの通関手続き、および航空機の飛行上のジョブのコピーの下に置かれています。
4。 現在連邦法のサブセクション5の記事12.2で参照される航空機の輸出に接続されている通関業務が完了すると、ロシア連邦の領土の残りの部分への経済特区の領土から商品、乗客と荷物の輸送を実現するために、税関申告のコピーに税関当局の公式を承認、それによれば、航空機が無料税関ゾーン手続下に置かれた、表示しなければならない:「エクスポートが許可され、」zaveryaema 日付および署名の表示と個人番号シールをインプリントします。 税関当局による表記と税関申告の写しは、キャリアまたはその代理人に返却されます。 航空機の飛行でのジョブのコピーが税関当局に残ります。
5。 パート4に従ってこの記事を税関業務を犯しているの点で航空機のロシア連邦の領土の残りの部分をインポートする場合、税関業務はロシア連邦の領土の残りの部分に位置する税関当局は、作られていません。
6。 点で、特別経済航空機ゾーンの領土にインポートする場合、コミット税関業務は、税関へのキャリアは、無料の通関手続きの使用に関してロシアの法律の要件への準拠を確認する文書の以下の認定キャリアに提出しなければならないこの記事のパラグラフ2と4で言及されたの通関業務のための税関ゾーンと必要:
航空機が税関当局により表記で、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれている応じた1)税関申告のコピーは、この記事の4の一部を提供しました。
2)が飛行(飛行)の行動に関する情報を含む、航空機の飛行にコピージョブを発行しました。
7。 税関管理の実施のための税関当局の関係者は、フライト(フライトプラン)のための要求を含む他の文書、機内誌、輸送貨物航空機、旅客および手荷物に関する情報を含む文書を要求することができます。
8。 経済特区、税関申告のコピーの税関当局の認可公式の領土のロシア連邦の領土の残りの部分と、この連邦法のサブセクション5記事12.2で指定された航空機の輸入に関する通関業務が完了すると、それによれば、航空機この記事の4の一部を提供し、税関当局のマークを、無料税関ゾーンの通関手続きの下に置かれた、表示しなければならない:「インポートが許可されています 「私は、日付と署名の表示と個人番号シールをインプリント確実。 航空機の輸出(輸入)の税関当局による表記と税関申告の写しは、キャリアまたはその代理人に返却されます。 フライト(飛行)の行動に関する情報を含む航空機の飛行のために発行されたタスクのコピーは、税関当局に残ります。
9。 税関当局は、本契約の条5 12.2部分で言及航空機の記録を保持しなければなりません。 手順と、航空機の会計処理の形態は、習慣の分野で承認執行力の連邦機関によって決定されます。 ";
n)の記事16は無効とみなさ。
6)以下のように3.1の頭を補足:
経済特区と関税同盟の関税地域の残りの部分との間の関税同盟の商品の「章3.1。ムーブメント
16.1を§。 関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、空気によって運ば
1。 関税同盟の品物に関しては、国の領域における航空機中間着陸ない関税同盟のメンバーをコミットせずに関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの空気により輸送、通関操作は、この条の規定に経済特区の領土に行われています。
2。 関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事のパート1で指定された商品に関して税関業務は、以前のような製品の航空輸送に、カリーニングラード地域の領土で出発の場所に位置して税関にコミットしています。
3。 税関の目的のために税関に関係者は、この記事のパート1で指定された商品の状況を確認する文書、商業、輸送(搬送)文書、または任意の形式で商品の在庫を(コンパイルは、当該製品はせず、民間旅客手荷物で輸送されている場合商業、輸送(船積み)文書)。 このような文書には、次の情報が含まれている必要があります:
1)法人の名前や姓、名、父称(もしあれば)物品の送信者である自然人。
2)商品の説明、個数、総重量、包装の種類、コスト;
個々の(もしあれば)父称3)法人の名前や姓、名は、品物の受取人です。
4)ロードおよび貨物の搬出のポイントの名前。
4。 関税同盟の物品に関連した経済特区の領土に税関業務の税関当局が完了すると、表示しなければならない商業、輸送(船積み)書類や物品の在庫の税関当局の許可された公式によって、空気によって経済特区の領土から移動:「製品車エクスポート。 「許可され、日付と署名の表示と個人の番号のシールを刻印する保証します。
5。 関税同盟の商品の実際の除去は関税同盟の税関の関税地域の残りの部分への経済特区の領土から、この記事の一部1で言及する前に、この記事パート3に従って提出された書類に含まれる情報に実際に輸出品の適合性を確認する権利を有します。
6。 商業、輸送(船積み)文書は、この記事の4の一部を確立マークが欠落しているのに対しての商品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって実際の送料にキャリアによって取られない場合があります。
7。 税関当局は、このような商品のため、乗客の個人的な荷物で輸送品、およびドキュメントを閲覧する権利を有します。 この条の3と4部品を確立乗客要件に障害が発生した場合には、そのような物品は、関税同盟の関税地域の残りの部分に空気により輸送してはなりません。
8。 税関通過の通関手続きの下に配置されていない関税同盟の物品の関税同盟の関税地域の残りの部分に空気によって経済特区の領土にインポートする場合、関係者の要求に応じて、税関当局は逆に関税同盟の財としての地位を確認するために輸入品の識別特性を決定しなければなりません関税同盟の関税地域の残りの部分への経済特区の領土からこれらの商品の輸出、そのような輸出が行われる場合。
9。 場合の関税同盟の物品を識別するための手順は、この記事の8の一部を提供し、それが習慣の分野で承認連邦執行機関によって決定されます。
10。 この条の規定は、自然人によって搬送される、個人的な使用のための商品に関しては、適用しません。
16.2を§。 関税同盟の財に関して税関業務の経済特区の領土でコミット、郵便で送られ
1。 関税同盟の関税地域の残りの部分に経済特区の領土からの郵便物に送られた関税同盟の財に関して税関操作は、この条の規定の適用を受ける作られています。
2。 関税同盟の関税地域の残りの部分に、このような財の組織通信メーリングリストの登録の前にコミット関税同盟の財としての地位の確認に係るこの記事の一部1で指定した商品に関して税関業務。
3。 税関の目的のために税関へ関係者、関税同盟の財だけでなく、完成した彼らの郵便文書が郵便料金に付随し、以下の情報を含むように、この記事の1の一部に指定された商品の状況を確認する書類:
1)送信者と商品の受取人の名前。
2)商品の説明、総重量、コスト。
4。 カリーニングラード市の国際郵便為替のサイトに配置税関当局によってコミットこの記事のパート1で指定された商品に関して税関業務、。
5。 関税同盟の郵便物での商品の出荷は、この条の一部1で郵政公社の規則に従わなければならないと呼ばれます。
6。 税関職員によってスタンプ関税同盟や郵便物を伴う郵便書類上の存在下で行う通関輸送手続のクリアランスの関税地域の残りの部分へのメール、商品の状態を確認する文書の転送、マーク「TCエクスポートが許可された項目」、カリーニングラード市の国際郵便為替のサイトに位置し、日付と署名の表示と個人の番号シールをインプリントすることによって認定されています。 必要に応じて、カリーニングラード地域におけるロシア連邦の国家国境を越えてのチェックポイント、関税のためのカリーニングラード市の国際郵便為替の代わりに、このような返送料にある税関当局は、この条に定める税関業務を遂行するために、制御し、書類上のマークが存在しない場合には。
7。 この条の規定は、個人によって送信された個人的な使用のための財の尊重には、適用しません」。
次のように7)7の章は読んでなければなりません。
「章7。経済特区の動作の用語とその動作の終了
21を§。 経済特区の動作の用語
4月1 2031年に機能する経済特区。
22を§。 経済特区の領土に関する特別法体制の終結
1。 特別な法的地位と経済特区の領土で無料税関ゾーンの通関手続きのアプリケーションの終了のための手順は、連邦法によって規定されています。 この連邦法は、本契約の条21で指定された期間の満了前に、遅くとも1年以内に発効するものではありません。
2。 経済特区の機能は、以下の事由のいずれかによって制定された連邦法により早期に終了することができます。
戒厳令のロシア連邦全土に1)投与;
2三ヶ月以上非常事態の期間、ロシア連邦の全領土に)投与」。
8)章8は無効とみなさ。

記事23
12 4月2010に関する連邦法、「医薬品の循環に「番号61-FZ(ロシア、2010の法律のコレクションは、16を№条1815 ;.は42、記事№5293; .. 49、条6409№)以下の変更が:
「ロシア連邦、ロシアからの輸出へのインポート」を「ロシア連邦からロシア連邦の領土と輸出への輸入」1 1語の記事の1)。
「ロシア連邦からロシアへのインポートおよびエクスポート」を「ロシア連邦からロシア連邦の領土と輸出への「段落の記事2 28の言葉で4)。
「ロシアへの輸入 "の言葉で「ロシア連邦の領土への輸入」3 3語の記事の9)。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「4語の頭の名前で9)、「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「言葉。
5)の記事47:
a)は、タイトルに「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から ""ロシアの "言葉、言葉で「ロシア連邦へ」の言葉が。
b)は、言葉で「ロシア連邦の「言葉」ユーラシア経済共同体(以下、内関税同盟の関税法案」ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「パート1の言葉で - ロシア連邦の関税同盟)および(または)上税関総務 ";
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「3単語、単語「特定の政党」、単語「登録および(または) "のグラム)。
d)の部分では「ロシア連邦における「言葉で「ロシア連邦の領土の「4言葉。
e)は「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「5語の;
「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「6語の一部でグラム)。
h)の言葉「税関法律上のロシア連邦の関税同盟および(または)の税関法案」と「ロシアへの "言葉、「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土の「7語の一部で、
そして、)「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から「言葉の8で、言葉が言葉「関税同盟および(または)の関税法案」を「確立」した後、
6)の記事48:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)は、「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉の最初の段落で、
7)の記事49:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)は、「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「1語の最初の段落で、「ロシア連邦の「言葉は言葉で「関税立法上のロシア連邦の関税同盟および(または)の税関法律を」。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
8)の記事50:
a)のタイトル「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土」の言葉で。
b)の一部1:
最初の段落では「ロシア連邦に「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
1段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
3段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
5段落「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「言葉のc)の2。
「ロシアに「言葉で「ロシア連邦の領土の「3語のグラム)。
「ロシア連邦の「言葉で「ロシア連邦の領土から ""ロシアの "言葉、言葉で「ロシア連邦の領土の「9 2語の記事の51)。
言葉で「ロシア連邦の領土の「10 3.7語の記事の71)「ロシアへ。」

記事24
「ロシア連邦税関規制について」3 11月325に関する連邦法、番号27-FZの一部2010の記事311「言葉と言葉」2010 1月48年を」(ロシア連邦、6252の法律のコレクションは、1、アート。2012を№します) 1月1 2013年から。」

記事25
廃止は次のとおりです。
ロシア連邦の法律の(コレクション、1、1、条9を№)「国家防衛注文日」の記事27 1995 12月213 1996、数1-FZの連邦法の段落に6)第六段落;
2)4月14 1998の連邦法、「外国貿易の実装では、ロシア連邦の経済的利益を保護するための措置について「数63-FZ(ロシア、1998の法律のコレクションは、16、条1798を)№します;
3)記事18と58 6月29の2004連邦法、「良い統治策の実施に関連してロシア連邦およびロシア連邦の一部の立法行為の廃止の特定の立法行為の改正で「数58-FZ(ロシアの法律のコレクション連盟、2004は、27、条2711を)№します;
4)ロシア連邦の経済特区で「連邦法の採用に関連したいくつかの立法行為の改正で「6 7月22、数2005-FZの記事連邦法の117」(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、30を№、アート。3128);
5)第五項 - 1 11月2に関する連邦法の5の記事6、改正に関する番号7-FZ」 - 第二十二9点、点11と17、段落第3、第4、第6および第8ポイント1は、8、2005、144ポイント「関税について "RF法の変化(ロシア連邦の法律のコレクション、2005は、46、条4625を№。);
6)2月1、カリーニングラード地域とロシア連邦の一部の立法行為の改正に関する特別経済区で「17記事や連邦法の2007改正で「数84-FZ」、記事5に連邦法の23記事89を指しますRF税コードおよびロシア連邦の税法の記事288.1と385.1」の最初の部分(ロシア連邦の収集された法律、2007は、22、記事2564を№。);
7年度の連邦予算案について「連邦法に関連してロシア連邦の一部の立法行為の改正で「3 11月24、数2008-FZに205)の記事連邦法の2009と2010と2011年の計画期間」(ロシアの法律のコレクション連盟、2008は、48、アート。5500)を№します。

記事26
1。 この連邦法は、力への参入のためのこの記事では、他の用語の規定を除き、その公式の出版後に効力を生じます。
2。 1、最初の段落 - - 第十三、十五、第十六、十八 - 三〇から一、第三十三 - 第三十五、五十 - 3記事1、記事5、6、7 - 第六十七段落13、9ポイント記事21と22は、23ポイント、24は、3点 - この連邦法の7 25の記事は30日、本明細書の発行日以降に効力を生じます。
3。 段落の第十四、第十七、第三十二、三〇から六 - 現在の連邦法は、本明細書の発行日以降90日目の日に効力を生ずるの第四十九の記事6 9。
4。 「関税定率で「月2 2、数13-21からロシア連邦の法律のサブパラ1993 5003 1の記事(この連邦法によって改正された)の規定は、この連邦法の発効日から1年を経過した後は適用しません。

ロシアのメドベージェフ大統領

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!