情報 決定、意思決定、受注、手紙、 関税の好みの付与に関する

連邦税関サービス
LETTER
№10-2011 / 01 3月11 10499から
電子形式で宣言された商品に関して関税好みの付与に関する

関税同盟の関税法の均一な適用を視野に入れただけでなく、関税の好みに税関を付与するための条件の個々の違反の設立に関連してロシアの電子形式のFCSの商品の税関申告は、次のことを報告したとき。

原産地規則に従い(ロシア連邦政府との間の協定へ」を開発し、後発開発途上国からの商品の原産地規則では「附属書、ベラルーシ共和国、カザフスタン共和国政府の政府12月12 2008のグラム日付)を開発し、後発開発途上国商品を移動する人に関税の好みを付与、税関当局は、紙の上での商品の原産地証明書です。

段落10、11、15の政府の決定のCIS首脳会議で承認された商品の原産地の30.11.2000規則によると、原産国が州から商品を確認 - 必要な15.04.1994の自由貿易圏のメンバーは、商品の形の原産国のエントリの証明書の税関当局に提出することで合意しハードコピーで作られた特別な、保護されたフォーム形式のA1(4 210は、ミリメートルのX)、税関申告と一緒に提示された元に引き上げST-297、。

このように、電子形式で物品の税関申告のための関税の好みは、原点の元の証明書の税関当局へのプレゼンテーションなど、関税同盟の関税法令で定められた、その提供のために必要なすべての条件の遵守の場合に提供することができます。


第一副ヘッド
上級大将税関
BMマリーニン
 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!