Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 苦情のための手順

力311に入って来た、 "ロシア連邦の税関規制に関する"連邦法、N 27.11.2010-FZは、税関宛ての苦情の提出、検討と解決の順序を確立します。

税関は、税関に苦情を作る方法を、対外経済活動の市民や参加者を明確にしている。

人によるとこのような意思決定、行動(不作為)が、彼の権利、自由と合法的権益を侵害した場合、どんな人でも、意思決定、税関当局又はその役員の行為(不作為)に上訴する権利を持って、彼はその実施に支障を作成したり、不法に​​帰属それは責任を負いません。
決定、税関機関及びその職員の行為(不作為)が税関当局に上訴することができる、および(または)裁判所に、仲裁廷。

意思決定の魅力は、税関当局又はその役員の行為(不作為)が3ヶ月以内に高い関税ボディでお召し上がりいただけます。
人は知っていたか、その実装への障害を作成、彼の権利、自由または正当な利益の侵害については知られている必要があります日付、または義務の彼に違法賦課から1)。
税関体またはその正式決定や行動の承諾の期間の満了の日から2)は、行為が関税同盟の関税法令、慣習上のロシア連邦の法律行為や習慣の分野におけるロシア連邦のその他の法的行為を設立しました。


決定に対する上訴中の個々の起業家や団体を含む市民の代表者が、税関当局又はその役員の行為(不作為)が、弁護士やその他の法的サービス·プロバイダが直面することがあります。

証する書類彼らの公式見解、及び定款及びその他の文書がサポートしている団体を代表して行動する組織の長の権限。
そのステータスと力を証明する書類を支えるの法定代理人の権限。
委任状は、連邦法に基づいて認定されなければなりません。
組織に代わって委任状は、その取締役又は他の権限を与えられた者によって署名され、組織の印が押されている必要があります。
国民に代わって委任状は連邦法によって公証、あるいは確立されるかもしれません。
個々の起業家に代わって委任状の署名と彼のシールでそれらを封印したり、公証、あるいは連邦法によって確立することができるものとする。
代表者は、彼が提出を含め、それ以外の場合は委任状又はその他の文書の電力に定める場合を除いて、税関当局又はその役員の意思決定、行動(不作為)に苦情を署名法の下でのすべてのアクションを表し、人に代わって行うことがあります。

税関当局に苦情を提出するときは委任状は、税関の判断、行為(不作為)を不服として上訴する権利を含んでいる必要があります。
苦情が含まれている必要があります:
1)税関当局の名前、または位置、姓、彼の公式の名前と父称(既知の場合)、判断、行動(不作為)が不満されています。
2)姓、名、ミドルネーム(もしあれば)、または苦情を提出する者の氏名、居住地や場所の彼の場所。
3)が決定、アクション(不作為)を控訴しています。
訴状は、この訴状を検討する有能な税関当局によって、その受領の日から1ヶ月以内に考慮されなければならない。 苦情の長期レビューが一ヶ月以上延長ではなく、することができる。

申請者の請求権を付与するか、訴状を却下する決定に対して上訴。 苦情のために設定された制限時間内に、申請者に決定書の写し。

法律では、アピールのために簡略化手順を提供し、それぞれの習慣や風習ポストをより高い権威への口頭による告訴による治療が関与して、決定に対する不服の場合には、税関長の行為(不作為) - その管轄税関ポスト以上の税関の頭に。

簡易手続が決定、税関当局又は税関国境を越えてモノの移動に関連付けられているその公式の行為(不作為)に上訴することができる一つの車両を、の値は1,5万人を超えていないと(または)。