情報 決定、意思決定、受注、手紙、 リサイクルに関する決定

870 8月30年から政府令№2012 輪車に関して手数料の熱回収

"生産と消費に関する"連邦法に従い、ロシア連邦政府は、政令:

  1. 添付の承認:
    ルールの収集、計算、および輪車の利用に関して、手数料の支払い、買収の購入代金を払い戻す。
    サルベージ料は国からロシアに輸入され輪車、について納付すべきではないその下に右の条件 - 関税同盟のメンバーとは、関税同盟の商品のステータスを持っている;
    組織によって採用ルール - 輪車のメーカー、その消費者行動のこれらの車両の損失に伴って発生する廃棄物の安全な管理に従う義務;
    サルベージコレクションだけでなく、活用のコレクションのサイズに関して支払われるもの輪車の種類やカテゴリの一覧;
    年モデルの持つ輪車の種類やカテゴリのリストがあり、乗客と貨物の商業輸送のために意図されていない、またはそれ以上の30年経過したオリジナルのエンジン、ボディ、フレーム(もしあれば)、保存または元の状態に復元し、用サルベージ手数料が納付されていません。
    ;(ロシア、4、№12、アート1994の収集立法 "ロシア連邦における自動車および他の自走式装置の状態の登録について" 8月938 1994街№17の1999政府の決議の時点で行われた変更2002、№9、アート930; 2003、№20、アート1899; 2008、№31、アート3735; 2011、№48、アート6926)。
  2. 輪車のメーカーは、彼らの消費者特性(以下、 - レジスタ)のこれらの車両の損失によって生成され、その後の廃棄物の安全な取扱いを確保するために債務を負担した - 組織のレジスタは、ことを確認するためのロシア連邦産業貿易省10月1 2012が書かれていたまで提供して、アプリケーションそのこれらのコミットメントの受理(以下 - アプリケーション)、および組織のインクルージョン - アプリケーションの提出のレジスタ内輪車のメーカー。
  3. 機構 - 輪車の製造業者のために適用するには、レジストリから除外する:
    組織によって採用31ルール - - 2012 6 10月には、アプリケーションと段落8に定める書面の障害が発生した場合に、二輪車のメーカー彼らの消費者特性のこれらの車両の損失に伴って発生する廃棄物の安全な管理に従う義務は、本決議によって承認された、と1 11月2012都市;
    この句の第二項に規定する書類は、言った規則で定める方法により行われているかを確認不一致の場合には、段落11が提供する敷地の要件は規則を述べた。
  4. 機構 - この解像度3に従ってレジスタから省略することを希望している輪車のメーカーは、リサイクル料金は、規定により、レジスタのメーカーの業績の期間に支払わされていないために車のリサイクル料金を支払う1 - 8と11 - 23ルールコレクション、輪車の利用に関して手数料の計算及び支払い、この買収の購入代金を払い戻すには、この決定を承認した。
  5. 列強の実装は人員や給与の従業員、および法定の機能の分野における経営管理のための連邦予算の執行力のこれらの連邦機関への予算配分の範囲内で連邦当局により、本決議により付与される。
  6. この決定は9月1 2012街に効力を生ずる

ロシア連邦のメドベージェフ大統領の政府の議長

承認された 8月30 2012街№870からロシア連邦政府

ルールの収集、計算、および輪車の利用に関して、手数料の支払い、買収の購入代金を返金

I.総則

1。 これらのルールは、 "生産と消費に関する"連邦法に基づき、に関して、ロシアで製造された利用輪車ロシアに輸入または生産のための手数料を収集するための手順を確立する利用料金(以下の支払を必要とする - 車両サルベージコレクション)、および計算の手順、支払いや利用料の購入代金を返金。

2。 9月1 2012都市より前に発行された - 本規則は、車両登録証明書(パスポートモバイル機器やその他の機器)(以下、パスポート)は車両には適用されません

3。 連邦税関サービスによる活用のレビーコレクション。

4。 条24.1 "生産と消費に関する"連邦法( - 納税以下)に従って納税者によって認識される人による利用の代金回収。

5。 リサイクル料金は、輪の上で熱回収容疑で8月30 2012街№870 "を付けロシア連邦政府によって承認され、サルベージ料金だけでなく、利用料のサイズを支払わなければならないそのうちの尊重で輪車の種およびカテゴリのリストに従い、納税者によって計算されるものと資金。 "

Ⅱ。 の計算や代金支払などの利用データ収集のコレクションの順序、

6。 手数料の支払いはロシアルーブルでの利用の支払連邦財務省を犠牲にして、特定の予算分類ごとに個別のチェック(支払)です。
利用料の支払いのための口座番号に関する情報は、連邦税関の納税者に報告し、情報通信ネットワーク "インターネット"でのサービスの公式ウェブサイトに掲載。
リサイクル収集は他の料金の支払いと相殺することはできません。

7。 使用率のデータ収集の量の計算は、附属書№1に従って行われる。

8。 利用料の計算がでロシアへの輸入に起因する車両の宣言、または輸送の宣言なら支払の登録の場所(居住地)(となっているエリア内の税関の税関事務所から支給されていることを確認する資金は、)次の書類は使用できません。
a)に完成し、附属書№1の当事者で指定されたフォーム上の利用料の支払者の計算によって署名された;
b)は、車両の種類、自動車安全および(または)検査報告書の写し、並びに船積書類のコピー(もしあれば)の写しの承認の写し;
c)の利用料金の支払のための支払手段。

9。 使用率のデータ収集の算出精度および連邦財務省税関マークの、コレクションの利用の支払いのためパスポートのスタンプの形で、あるいは生産と消費に関する記事6 24.1連邦法による非支払手数料 "の利用に基づいて適切な予算分類コードによるその受領の確認後"ロシア連邦の法律に基づくパスポートのその後の発行のために。

10。 利用料金の支払いにマークが(あるいは利用料金の不払いに基づいて)一緒に連邦税関および産業貿易省とロシアの総務省が決定した方法で車両の空白パスポートに入れ、自走式機械や他の機器のパスポートであり、 - 連邦税関サービス及び産業省と一緒に農業のロシア連邦省によって確立された手順に従って、中 そして、ロシア連邦の展覧会。

11。 税関当局は、連邦税関によって決定手順に従い、充填されているクレジットスリップ支払を発行しなければならない。

12。 連邦税関によって確立された機関間の情報交換によると、連邦税関によって確立された機関間の情報交換やロシアの総務省とロシア連邦農業省によるとロシアの総務省の税関当局への利用料の支払いに関する情報とロシア連邦農業省。

Ⅲ。 利用のコレクションの返還手続き

13。 支払金額だけでなく、コレクションの利用の誤入金を超える利用量の料金のお支払いの場合、このような過払いサルベージ料は(彼の後継者は、相続人)支払者に返還する。

14。 過払いサルベージ料は利用(以下 - アプリケーション)の過払いコレクションの還付の申請に基づいて税関当局が納税者に還付しなければならない付属附属№2、に従って:
計算とリサイクル料金の支払いのa)の証明;
b)に起因するだけでなく、コレクションの利用の誤入金額を超える額の利用料の支払いを識別する文書;
15この規制 - c)の文書は、段落18に言及。

15。 ロシア連邦の法律に基づいて設立された法人は、また、次のとおりです。
文、元の文書の署名者の権限を確認した文書の写し;
アプリケーションがリサイクル料金を支払った承継会社と、元の文書が提出されている場合、後継者の証明書のコピー。
ロシア連邦の法律に基づいて設立された法人は、提供する権利を有するものとする:
税務当局との登録の証明書と原稿のコピー;
原稿の状態の登録のコピー。
税関当局は、省庁間の情報共有のためにこの段落の第5及び第6項に定める文書、政府関係機関や団体のために依頼する必要があります。

16。 外国の法律に基づいて設立された法人は、また、次のとおりです。
a)から(ロシア語への公証翻訳付き)法人を設立する州の法律の下で法的エンティティのステータスを確認する文書のコピーを;
b)アプリケーション(ロシアへの公証翻訳付き)署名者の権限を確認する文書のコピー。

17。 個々の起業家として登録する個人は、ロシア連邦と、元の文書のパスポートのコピー2番目と3·シートです。 個々の起業家として登録された個人は、提供することができる:
a)の税務登録証明書と原稿のコピー;
b)は、元の文書の状態の登録の証明書のコピー;
アプリケーション個々の日付は、もはや個々の起業家ではない場合、c)個々の起業家の統一国家登録簿からの抽出物は、レジスタから除外する。
税関当局は、省庁間の情報共有のためにこの段落の2番目と3番目の段落で指定された文書、政府関係機関や団体のために依頼する必要があります。

18。 個人は次のとおりです。
a)は、自然人(姓、名、性別、生年月日及び出生地)のID、および元のドキュメントに関する情報が含まれている身分証明書のページのコピーが。
b)アプリケーションがリサイクル料金を支払った承継会社と、元の文書が提出された場合、相続権を確認する書類の写し。

19。 アプリケーションは、税関の信用秩序を発行した税関当局に提出される。

20。 アプリケーションとreturn文の理由を書面で説明する文(彼の後継者、相続人)支払人に返還する必要書類を提出しなかった、必要な情報が存在しない場合には。 returnステートメントは、税関にその受領の後5ません営業日を作りました。

21。 申請があったために税関当局の決定によりリサイクル料金を過払い。

22。 アプリケーションの合計期間は、利用率や利用料の払い戻しの過払いコレクションを返しするかどうかの判断は、出願日から30カレンダーの日を超えることはできません。

23。 支払人の口座(彼の後継者、相続人)で行われた過払いリサイクル料金は、声明の中で述べている。

24。 ロシア連邦の通貨での過払いリサイクル料金。 過払いリサイクル料金を返却する場合は、利子を支払っていない場合、金額が索引付けされていないと銀行業務上の手数料は送金から支払われるものとする。

サルベージ料は国の領土からロシアに輸入され輪車、について納付すべきではないその下に右の条件 - TCのメンバーと関税同盟の商品のステータスを持っている

1。 関税同盟のメンバーを、と関税同盟の商品のステータスを持っている - これらのルールは、国からロシアに輸入され、サルベージ料金は二輪車について納付すべきではないかどうかの条件を確立する。

2。 リサイクル料金は、州からロシアに輸入され輪車、について納付すべきではありません - 関税同盟のメンバーは、次の条件のいずれかの場合には、関税同盟の商品のステータスを持っている:
ベラルーシ共和国の点で製品や料金のリストに従ってベラルーシ共和国、カザフスタン共和国の領土で適用レートで輸入関税の支払いと国内消費のためにリリースの通関手続きに従い、ベラルーシ共和国やカザフスタン共和国に輸入a)の車両と共和国カザフスタンの速度は関税同盟、ユーラシアの共通関税は、理事会決定により承認された料金は異なる輸入関税を適用します 7月16 2012 55、数に目経済委員会。
b)組織 - ベラルーシ、カザフスタン共和国(以下の国で登録された二輪車のメーカー - プロデューサー)は、によって維持、サルベージコレクションを払っていないベラルーシとカザフスタン共和国の共和国で登録されているメーカーのリストに含まれていますロシア連邦産業貿易省(以下、 - リスト)。

3。 リスト(以下 - アプリケーション)での包含にロシア文の産業貿易省へのオファーのリストに含めるための製造業者の指定:
a)出願人の名称、法的形式、およびメーカーのパフォーマンスの場としてだけでなく、組織の情報通信ネットワーク "インターネット"で、ウェブサイトや電子メールで;
b)は1ピースボディ(キャブ)のコンポーネントに個人識別番号(VIN)を適用するためのメーカーの業務の実施、シャーシ、または特別に作られたナンバープレートは車を輪。

4。 アプリケーションには、次に掲げる書類を添付しています:
A)メーカーのヘッド、11月20 2009都市で独立国家共同体における貨物の原産地、またはベラルーシ共和国やカザフスタン共和国の法律に準拠し、同法に従って発行された他の証明書の規則に関する協定に基づいて発行さ原産地証明書の写しによって証明;
b)は、組織の頭、12月9 2011 877の関税同盟委員会の決定によって承認され、「輪車の安全性について」関税同盟の技術規則に基づいて発行される車種、メーカーの承認のコピー、数、および技術的な規制に従ってにより認定技術的な規制の税関の発効日前に9月10 2009 720、番号からロシア連邦政府の法令により承認輪車の安全性、 ennogo連合 - 公道走行用に設計された二輪車の点で、
C)税関委員会の決定によって承認され、「機械設備の安全性について」関税同盟の技術規則に基づいて発行され、車両のサンプル試験、品質管理システム、または生産の状態の分析、の肯定的な結果を確認した文書の遵守の証明書の組織メーカーコピーの頭、によって認定連合18 2011 10月、数823から、及び機械設備の安全性に関する技術規則に従い、承認されたポスト アップ関税同盟の技術規則の発効日9月15 2009 753、番号からロシアのメンター、 - 輪車に関しては、公道での走行用に設計されていません。
廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供するために、二輪車の義務のメーカー - D)ベラルーシ共和国の認可ボディやカザフスタン共和国の認可ボディの確認を、組織のメーカーは、各号「b」および組織によって採用された段落3ルールの「C」に指定された条件の下で輪車を作りました政府によって承認され、それらの消費者特性の指定された車両の損失の結果として形成されます 8月30 2012 870、番号からロシア連邦「輪自動車の点でリサイクルについて。」

5。 ロシア連邦産業貿易省:
a)に示すように、一緒に接続番号が付けられ、環境省のシールを負担すべきである雑誌にアプリケーションを登録する;
b)の文の正確性、提出された書類及びそこに含まれる情報の完全性の完全性を検証する。

6。 段落4この規則の規定により提出した書類及び書類の確認時に、登録届出書の15日以内に産業とロシアの貿易省は、リストに含めるか、メーカーの非含有を決定しなければならない。 ロシア連邦産業貿易省は、次の場合には、リスト内の製造業者の組織を含めることを拒否する:
a)の文は、必要な情報が含まれていません;
b)申請者は、段落4本規則に規定する書類を提出していない。

7。 リストまたはロシア連邦産業貿易省によって採択されたリスト内のメーカーの非含有についての製造業者の組織を含める決定、書面にされ、意思決定の3日以内に出願人に通知しなければならない。

8。 ロシア連邦産業貿易省は、情報通信ネットワーク "インターネット"の産業とロシアの貿易省の公式ウェブサイト上のリストを公表しなければならない。

承認された8月30 2012街№870からロシア連邦政府

組織によって採用ルール - 輪車の製造業者彼らの消費者特性のこれらの車両の損失に伴って発生する廃棄物の安全な管理に従う義務

1。 この規程では、手順やモダリティ団体を処方 - 輪車のメーカー(以下 - 車両メーカーの団体)、彼らの消費者特性のその損失の結果として発生する廃棄物の安全管理に従う義務が。

2。 、認識された製造業者の組織は、その消費者の特性の輸送手段の喪失の結果として発生する廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供する責務を引き受けた、企業のレジスタに包含対象 - 輪自動車の製造業者は、上記の損失の結果として生成された廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供する義務を受け入れosuschestvlyaetsによって維持 - 彼らの消費者の性質(登録以下)の車 私は、ロシア連邦の産業貿易省です。

3。 組織メーカー引き受けは、次の条件を満たす場合には、その消費者の特性を作り出す車両の損失に伴って発生する廃棄物の安全な取扱いに従う提供する:
a)の製造業者の組織がロシアに登録した法人です。
b)製造の組織が一体型ボディ(CAB)、シャーシ、または車両の特別に作られたナンバープレートのコンポーネントに個体識別番号(VIN)を描く上で動作します。
c)の製造業者の組織は、次のいずれかの条件に従う車両を生産しています:
工業用アセンブリ内;
記事のポイント無料で2 10協定関税同盟や税関フリーゾーン18 6月2010市の税関手続きの関税地域(特殊、特別な)経済特区の第六第一項に規定するモードで;
ボディの溶接、塗装、組立を含む技術、 - 地形カテゴリGを含むカテゴリMの車のために;
身体またはタクシーの溶接、塗装、組立を含む技術、 - カテゴリNの車両用 1 は、N 2 を含む地形カテゴリG;
キャブの溶接、塗装、組立を含む技術、 - カテゴリNの車両用 3 を含む地形カテゴリG;
状態内で収集、オンボードのプラットフォーム、バン、ダンプカー、タンク、絶縁体など、クレーンの設置や他の特殊な装置を含む空間をロードするのに特別で専門的な変異体の工業生産、インスタレーションなどの技術は、 - 関税同盟のメンバーカテゴリNの車のために - 関税同盟のメンバー - の状態で作られているシャーシフレームのサイドメンバー 3 を含む地形カテゴリG;
シャーシの車の、商業および特殊体の工業生産とインストールを含む技術、キャビン、溶接、塗装、組立など、技術のための関税同盟の関税地域で生産されています - カテゴリNの車両用 1 は、N 2 を含む地形カテゴリG;
本体(CAB)、およびライセンス契約の下で、彼らの消費者特性のその損失の結果として発生する廃棄物の安全管理に従うことを約束したメーカーで作られた縦フレームシャーシの存在を使用してアセンブリを含む技術、 、カテゴリMとNの車のため、カテゴリGのものを含む - 製造の組織を提供していますライセンシー
g)を、製造業者の組織がロシア連邦の各被験者の領土に編成されているだけでなく、各集落では、500千の人口を持つ都市地区。人以上(または決済境界から50はキロを超えないの距離で、市街地)受付センター車で誰が彼らの消費者の特性(以下 - 場所)を失っている、受信は、彼らが参照を輸送の製品を実現する個人の関与を含め、その所有者の車(所有者)製 名簿には、その消費者のプロパティの輸送手段の喪失の結果として形成される危険性のIVクラスだけでなく、他の組織・メーカー - 当然の結果、ライセンスを持つ者は、廃棄物Iの処分や廃棄のための活動を行いました。 500千の人口と集落や市街地のリスト。人々以上は産業貿易省によって形成され、情報通信ネットワーク「インターネット」の省の公式ウェブサイト上で公開されています。

4。 起源の組織、それが自らの費用で、その消費者の特性を作り出す車両の損失の結果として生成され、その後の廃棄物の安全な取扱いを確保するために、ホスト自身:
a)その消費者の特性は、その収集ポイントで車両を生産失わ受け取ることができる;
b)の収集ポイントから彼らの消費行動のその損失の結果として発生した廃棄物の管理のための活動場所への車両の配達を保障する;
c)の廃棄物(I)の中和及び処分のために動作させるためのライセンスを持っている第三者の関与を含め、消費者特性のその損失の結果として発生した廃棄物の管理のための活動を提供します - 危険のIVクラス;
d)の位置、時間、仕事、電話番号、情報通信ネットワーク "インターネット"(使用可能な場合)で、サイトのアドレスの詳細を提供すること、ならびに収集ポイントの天然資源の監督のための連邦政府のサービスとして、リクエストに応じて利害関係者に通知し、また、ウェブサイトの情報通信ネットワーク "インターネット"上でこの情報を公開しています。

5。 レジスタからの再編成または廃棄する場合には起源の組織(その後継)レジストリ内のメーカーの性能の期間中に製造された車両に関して段落4の下でこれらの規制義務を履行することを拒否する権利はないものとします。
3と1 - - 8これらの約束を履行するために実施機関の拒否の場合には、製造業者は、(後継)パラグラフ11で定める方法により、レジスタから前にその欠失の日付に23年製車両のリサイクル料金を支払う義務があります8月30日付ロシア政府の決議により承認された二輪車の点で計算し、利用料金の支払いのための規則のコレクションと同様に、この料金を支払った金額の返還、 百2012 870、番号「輪車に関してリサイクルについて。」

6。 ロシア連邦(以下、 - アプリケーション)の産業貿易省に提出された申請に基づいてレジストリに含まれるメーカーの含まなければならない:
名前、法的形式、およびメーカーのパフォーマンスの場としてだけでなく、情報通信ネットワーク "インターネット"と電子メールでの組織のウェブサイト上でa)情報;
b)は1ピースボディ(キャブ)のコンポーネントに個人識別番号(VIN)を適用するための製造業者の業務の実施に関する情報、シャーシ、または車両の特別に作られたナンバープレート;
工業用アセンブリにおいては第四十点無料で2 10協定(関税同盟や税関フリーゾーン18 2010 6月の税関手続きの関税地域の中で特別な、特別な)経済特区の第六第一項に規定するモードで車の生産上のc)情報、または段落3これらの規則のパラグラフの "a"で提供され、他の技術のための;
フロントで車のレセプションの組織に関するd)情報。

7。 アプリケーションは添付しなければならない:
)商業ビルへの輸送車両の場合には - 見出し8701の自動車の工業アセンブリのために運命づけられた商品の輸入に関するロシア連邦契約の経済開発省で署名されたコピー - 関税同盟、それらのコンポーネントとアセンブリの外国貿易の8705シングル商品名称、産業と輸入品のロシア目的の貿易省の確認の写し;
b)第点を無料で2 10協定(関税同盟や税関フリーゾーン18 6月2010市の税関手続きの関税地域の中で特別な、特別な)経済特区の第六第一項に規定するモードで車両の生産の場合には - の頭の認定を受け指定されたモードで車の生産を確認した製造元の文書;
c)の項目3この規程 "の"ポイントの他の技術のための車両の生産の場合には - 製造者の頭の認定を受け、書類のコピーは、指定された技術を満たす(サービス)の生産設備を試運転確認。
g)の使用許諾契約書への車両の生産の場合 - 組織の認定指導者、メーカーの使用許諾契約書の写し;
d)出願の年に先立つ3年間の車両生産台数のメーカーの証明の頭の認定を受け、
e)は、車のメーカーで作られたレセプションで受付の製造証する書類の組織の長が認定し、その消費者の特性を失い、段落3のサブパラグラフの "d"に記載されている者を含む場合には、これらの規制 - 締結した契約のコピーそのような人のメーカーの。

8。 レジスタに含まれているメーカー製の車両(シャーシ)に基づいて生産車を行う生産者団体は、これらのルール段落6に指定されている情報を含む文に基づいて、レジスタに含まれるかもしれません、段落で指定された文書は7これらの規則に、親車両(シャーシ)のメーカーが提出した、メーカーの書面による承認を伴う。

9。 ロシア連邦産業貿易省:
a)に示すように、一緒に接続番号が付けられ、環境省のシールを負担すべきである雑誌にアプリケーションを登録する;
b)の文の正確性、提出された書類及びそこに含まれる情報の完全性の完全性を検証する。

10。 登録届出書の30日以内に産業とロシアの貿易省を提出した書類及び書類の審査時に包含またはレジスタのメーカーの非含有を決定しなければならない。

11。 ロシア連邦産業貿易省は、次の場合にはレジスタに含まれることを拒否する:
a)の文は、段落6これらの規則で指定した情報が含まれていません;
b)製造の組織は、段落6規程及び本規則段落7に規定する書類が必要とする情報を提供していない;
c)アプリケーションおよび(または)に提出された書類は真実ではない情報が含まれています。
d)の組織は、製造業者は、句3本規則に規定された条件に準拠していません。

12。 インクルージョンや産業とロシアの貿易省によって採択されたレジスタのメーカーの非含有についての決定は、決定の3日以内に書面及び出願人に通知していなければならない。

13。 ロシア連邦産業貿易省は、アプリケーションに応じてフォーム内の​​情報通信ネットワーク "インターネット"での省の公式ウェブサイト上でレジスタを公表しなければならない。

14。 レジスタでの包含の決定後にメーカー省が決然たる態度でロシアの総務省に関連する情報を提供する。

15。 定期的にレジストリでの包含の決定の製造の組織ではなく、より少ない1回今年は、産業と、この規則段落3に定める要件の遵守に関するロシア連邦レポートの貿易省に提出する。

16。 組織・メーカーは、この規則は、と協力して内務省によって確立された手順に従い、車両データシートを発行して、適切な注意を負わなければならない段落3のサブパラ「C」に基づいて生成された各車両の点で義務の受諾の確認では、レジスタに含ま連邦税関サービスと産業と貿易省、または注文OPでの自走式機械や他の機器のパスポート ロシア連邦の総務省と連携して一緒に連邦税関およびロシア連邦の産業貿易省とロシアの農業省をredelyaemom。

17。 組織·メーカーは、次に掲げる場合においては、登録から除外されています。
)もし産業とロシア、段落3これらの規則で指定した条件のメーカーの侵害の貿易省;
b)の段落4、5 16及び本規則の義務を満たしていない場合;
c)の名簿上の製造の組織は、レジストリから彼の除外の文を送っている。

18。 ロシア連邦産業貿易省のレジスタからメーカーの排除に関するすべての決定は、次の情報を使用しなければならない:
a)の段落15これらの規則に従ってメーカーによって提示されたレポートの説明;
b)の点で車を取るために収集ポイントの拒否の例の車両の所有者の処理(所有者)のうち無償で彼らの消費者特性のその損失の結果として生成される後続の廃棄物の安全な取扱いを確保するために義務;
c)のメーカー条件の不遵守の行政権の税関と他の連邦機関からの情報は、句3に本規則を定める。

19。 15日以内に産業とロシアの貿易省これらの規則段落18にいう情報を受信するには、上記の情報を確認するために、製造業者の組織に要求を送信します。
組織·メーカーは、その受領の30日間このリクエストの質問に対する回答を送信します。

20。 段落18規則で指定された情報の見直し、この規則の段落19で指定されたメーカーの回答に、回答の受領30日以内に産業とロシアの貿易省は、レジストリ内の製造業者の組織の継続を決定またはレジストリから削除されます。

21。 レジストリにメーカーの組織のビジネスを継続するか、ロシアの産業貿易省によって採択されたレジスタから削除する決定は、その決定の正当化と書面であると意思決定の3日間のメーカーの団体に通知しなければならない。
レジスタからメーカーの排除に関する決定は、決定の日に、情報通信ネットワーク "インターネット"の産業とロシアの貿易省の公式ウェブサイトに掲示しなければならない。

 

輪の手数料がサルベージを支払わされている車両、並びに利用のコレクションのサイズの種類やカテゴリの一覧

輪の手数料がサルベージを支払わされている車両、並びに利用のコレクションのサイズの種類やカテゴリの一覧

トランスポートの種類とカテゴリ

利用のコレクションを計算するための係数 2

資金 1

新車

のリリース日と車は、3年以上経過した 3

I. カテゴリMの車 1 、カテゴリGと同様、このカテゴリーの特殊及び特殊車両を含めた 4

1。 ハイブリッドの車両を除き、電気モーターと車両、

0,86

5,3

2。 エンジン排気量を持つ車:

 

 

 

 
もう1000 cuはありません。 センチメートル

0,86

5,3

1000 CU以上。 インチではなく、2000 CU以上。 センチメートル

1,34

8,26

2000 CU以上。 インチではなく、3000 CU以上。 センチメートル

2,56

16,12

3000 CU以上。 インチではなく、3500 CU以上。 センチメートル

3,47

28,5

3500 CU以上。 センチメートル

5,5

35,01

3。 かかわらず、エンジンの大きさの、個人的な使用のための個人輸入

0,1

0,15

Ⅱ。 カテゴリNの車両 1 は、N 2 は、N 3 地形カテゴリGを含む 5

4。 車両総重量ではないもっと2,5トン

0,5

0,88

5。 車両は2,5トン、トン、より3,5 GVW

0,8

1,25

6。 車両は3,5トン、トン、より5 GVW

1

1,6

7。 車はもっと5トン8トンGVWなく

1,1

4,56

8。 車はもっと8トン12トンGVWなく

1,34

6,91

9。 車はもっと12トン20トンGVWなく 6
 

1,47

10,06

10。 車はもっと20トン50トンGVWなく 6

2,9

11,8

Ⅲ。 カテゴリMの特別かつ特殊車両 2 は、M 3 は、N 1 は、N 2 は、N 3 地形カテゴリGを含む 5

11。 トラックミキサー除く特別目的車両、

1

10

12。 コンクリートミキサー

3

13

Ⅳ。 カテゴリMの車 2 は、M 3 地形カテゴリGを含む 5

13。 2500 cuを超えないエンジン排気量の車両。 センチメートル

0,6

1

14。 2500 CU以上の排気量の車両。 インチではなく、5000 CU以上。 センチメートル

1,2

3

15。 5000 CU以上の排気量の車両。 インチではなく、10000 CU以上。 センチメートル

1,6

4,4

16。 10000 CU以上の排気量の車両。 センチメートル

2

5,2

V. オフロードでの使用を想定して設計ダンプ 5

17。 オフロードでの使用、車両総重量X​​NUMXのトンはなくもっと50トンのために設計ダンプ

13,6

30,98

18。 オフロードでの使用、車両総重量X​​NUMXのトンはなくもっと80トンのために設計ダンプ

25

32

19。 オフロードでの使用、車両総重量トン350用に設計されたダンプ

37

40

1カテゴリーは、車両が9月1 10街№2009のロシア連邦政府によって承認された輪車の安全性に関する技術基準の附属書№720で指定された分類を満たす輪。

2カテゴリの利用(タイプ)輪車のコレクションのサイズは基本料金と特定の位置のために処方率の積である。

3輪車の製造日ですリリース日、の証拠書類が存在しない場合には、製造年は車両識別番号で指定されたコードによって決定され、3年間の期間は7月1ヴィンテージから実行されます。 利用のコレクションの支払日は、利用料の支払いを確認した支払伝票で指定された日付を意味します。

4利用料同等20000のルーブルの計算のための基準金利。

5利用料同等150000のルーブルの計算のための基準金利。

6ロシア連邦の領土にインポートされ、ロシアの自動車交通システムの状態サポートの追加措置について№11 "が3月2003 147都市にロシア連邦政府に従って一時的な輸入制度のもとに置か二輪車用利用料の額を計算するには国際輸送、 "係数が等しい0,25。

 

承認された 8月30 2012街№870からロシア連邦政府

商用旅客と貨物のトラフィックのために意図されていない以上30年経過のモデル年から二輪車の種類とカテゴリのリスト、、、オリジナルのエンジン、ボディ、フレームを(もしあれば)を持って、保存したり、元の状態に復元し、用サルベージ料が納付されない

  1. すべての地形カテゴリGを含むカテゴリM車、
  2. 地形カテゴリGを含むカテゴリNの車両、

    注意してください。
    9月1 10街№2009のロシア連邦政府によって承認された輪車の安全性に関する技術基準の附属書№720で指定された分類に対応する車両のカテゴリ。


承認された 8月30 2012街№870からロシア連邦政府

に加えられた変更 ポイント4 8月12 1994街のRF政府令 "ロシア連邦における自動車および他の自走式装置の状態の登録について"№938

次の段落で補わ:

連邦法は、二輪車の点でリサイクル料金を支払うための要件を確立し、または組織を採用する必要がある場合は、「時間を含む登録、および登録情報輪車の変化が実装されていません - 輪車の義務のメーカーは、廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供するために、それらの消費者特性の指定された車両の損失の結果として形成された、またはリサイクルを治療します II輪車は、次の場合には、「生産と消費の廃棄物に関する」連邦法第2条第6 24.1の項に従って支払われません。

車両の対応する車輪のパスポートは「生産と消費廃棄物について」、または連邦法の段落6記事24.1に従い、利用料金の不払いに基づいて利用料金の支払いのマーク、またはの結果として発生した廃棄物の安全な取り扱いをたどる提供する義務はない場合vydの時に含まれ、輪車の製造業者 - 彼らの消費者のプロパティの輸送手段の喪失は、組織を引き継ぎます 名簿でカイ車両登録文書 - 生成された廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供するために、輪自動車義務のメーカー - 輪自動車の製造業者は、組織によって採用された規則によって提供される、その消費者特性の輸送手段の喪失の結果として発生する廃棄物のその後の安全な取り扱いを提供する義務を受け入れ顧客の言った車の損失の結果として、 二輪車を除き、「二輪車に関してリサイクルについて」を8月30 2012 870、番号からロシア連邦政府令によって承認skih特性は、前9月1 2012 gに発行されたパスポート。

輪自動車のパスポートが輪を除いて彼らの消費者特性の輪自動車の喪失の結果として生成される後続の廃棄物の安全な取扱いを確保するために、レジストリに発行された日には含まれていません輪車のメーカーのコミットメントのマークを、持っている場合パスポートは9月1 2012都市前に発行される資金。

自動車メーカー、後続の安全な治療を提供するための取り組みを行っていない - 輪車の点でまたはその組織の利用料金の以前に行わコレクションがいるため、ログイン情報輪車、ライセンスユニットの交換、車で表さ数の単位を変更した場合除いて、それらの消費者特性の前記車両の損失の結果として生成された廃棄物、と 9月1 2012市以前に発行されたパスポートにセット輪車に使用されるニエミライセンス・ユニット、。」
 

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!