Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 決定、意思決定、受注、手紙、 825からロシア連邦税関サービス注文番号21.04.2010

今年の825 21 4月からロシア連邦税関サービス注文番号2010

税関職員の行為の承認には、商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を変更すると、電子コピーを調整するとき

警告! 変更がなされてきた。1501から注文FCS番号25.07.2012を参照してください。

税関の統一自動情報システム(SAIS)の中央データベースに含まれている情報の遵守を確保するためには、商品の宣言(DT)に記載されている情報は、税関管理の結果は商品のリリース後の例では、変更は、情報に作られていますDTに含まれており、その電子コピー、中央データベースDTから信頼できる情報を取得、税関当局にとCETTにDTの電子コピーのメンテナンスと保管を合理化

私が注文します:

1。 ( - 取扱説明書以下)商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を変更すると、その電子コピーを調整する際に税関職員の行動について同封命令を承認します。

2。 直接ロシア連邦税関局の下で地域の税関や習慣の頭、技術的な相互作用スキームを開発するには、このための発効日から2ヶ月以内に従属税関当局考慮して、商品のリリースとその電子コピーを調整した後、DTに含まれている情報を変更します規程に従い、税関の職員のサイズおよび構造。

3。 税関首長:a)の研究は、命令その下位の職員を確保すること。 b)は商品のリリース後にDTに含まれている情報を変更するための責任役員を指定し、その電子コピーの調整だけでなく、フォローアップの変更。

4。 ソフトウェアは、税関当局と税関機関におけるDTの電子コピーの構造とをUAISで12月31 2010まで情報技術(A.E.Shashaev)とチッタ(M.I.Gluhov)の総局は、改正は、使用のために必要な指示を与えますチッタインチ

5。 廃止されている次の:a)は、「商品の宣言の電子コピーの調整やキャンセルのオーダーの命令の承認について」21 9月2000 855、数のロシアのSCCの順。 b)は6.9 30 10月からロシアのSCCの2001順序を指し、番号1029「税関とその部署の8桁の符号化方式におけるロシア連邦の関税制度の変遷について。」

6。 1月2010年に情報技術(A.E.Shashaev)、連邦税関収益および関税規則(B.V.Shkurkin)とチッタ(M.I.Gluhov)の総局の総局は、改正のプロセスを自動化するための行動計画を策定します情報は商品のリリース後、ディーゼル燃料に含まれるとするために、税関職員による電子コピーを調整する:税関申告の電子文書の調整を作成します。 DTに記載された情報への変更は、商品のリリース後に関税の支払いの量に影響を与える場合、関税の支払いの統合を確保します。 関税の支払いの計算の正確性および完全性を監視します。

7。 この注文の執行は、ロシアS.O.Shohina連邦税関の次長でなければなりません。

ロシア連邦アンドレイBelyaninovの国務委員税関の頭

人の税関機関の職員の行動に関する指示の4月21 2010 825番号からロシアのFCSの注文に附属書商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を変更すると、電子コピーを調整します

I.総則

1。 税関職員の行動の指示品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を変更すると、その電子コピーを調整(以下、 - 取扱説明書)は、貨物の税関申告(以下の変更の際に税関職員のための手順を決定します - DF)商品の発売後に、商品の放出が不一致または不足を同定した後、税関コントロールの結果として行った場合、その電子コピーを調整します DTに記載の情報。

2。 命令は例どこで使用されます。

a)は税関管理およびロシア連邦通貨法令遵守の検証を含む通貨管理(の間に、商品のリリース後にロシア連邦の通貨の対外経済活動の参加者および通貨規制機関の行為)の遵守を確認するために規制を装飾されているの結果は:DTに記載された矛盾や失敗を明らかにしました商品に関する情報(ACCの品質と製品の(または)、商業特性、財の分類に影響を与えます HSの関税同盟への障害、税関当局によって確立された商品の原産地、コストなど)実際のデータの国の定義は、; 外国貿易活動の国の規制上のロシア連邦の法律に基づいて設立さ制限の遵守状況を確認DT文書で示され、無効であることを明らかにしました。 レコーディングのプロセスを修正し、税関職員によって付され、

b)は税関の終了後に通関統計、DTの電子コピーの調整を必要と関税の支払いの計算およびコレクションの制御の形成を視野に制御します。

c)の関税、税金、外国為替管理、符号化された情報を修正するために必要な外国貿易活動の分析の予算の流れを制御する、税関当局の活動に関するレポートを生成するために、DTの電子コピーは、そのような情報は、税関で暗号化されていない形で利用可能である場合、マシンの処理のために使用しました宣言;

決定に対する高い関税本体の控訴を考慮するとグラム)、税関機関とその職員の行為(不作為)、ならびに税関当局の制度的管理活動のために、税関当局及びその職員によって行われた決定の結果について、情報を変更する必要がありますDTに含まれ、その電子コピーを調整します。

d)のDTに記載された情報の変更が必要になる力裁判所の決定に来て、その電子コピーを調整します。

e)の税金、法律、その他の規制当局、文書や製品、そのコストに関する情報、および物品の解放の日に存在していたトランザクションの事情により行っ検査中に識別されますが、物品の通関の際に、(特許請求の範囲ではない)を同定していません。

3。 ロシア連邦税関の規定に従って税関値と関税の調整の特別な形式のフォーム(CCC-1、CCC-2)に充填することによって提供される商品のリリース後DTに含まれている情報を変更するように作用する;:例には適用されない命令 ;税関は商品のリリース後に制御し、制度的コントロールの実装は、商品に関する追加情報を明らかにし、その価値及び取引の状況は、物品の通関の際に考慮され、DTで宣言された商品アイテムの数の変化を伴う知られているかいないされていない時に 商品のリリース後DTの電子コピーの変化は技術的調整の要件に行われ、チッタ形成され、税関当局に送りました。

4。 次のようにディーゼル燃料の変更を行うため、商品のリリース後にその電子コピーを調整がされている根拠: - DT技術的なエラーでの商品のリリース後に検出された場合には、商品の宣言を生成税関ポストのチーフの1501決定書から注文番号25.07.2012の連邦税関によって改正された段落ではなく、商品をリリースすることを決定、支払った関税や税金の額、およびgosudars上のRFの法律に基づいて設立され禁止や制限の財に関連しての使用に影響を与えます 貿易のトウェイン規制 - 誤字、誤植、商品の宣言で行わ文法エラー、ならびにDTの電子コピーの形成ミス、ディーゼル燃料に含まれる情報との間の不一致を発現し、その電子コピー(以下に記載されている情報 - 技術的なエラー); 習慣や彼が認定した者の責任者の書面による意思決定; 構造単位の習慣のチーフの書面による意思決定; 優れた税関当局(RTU、ロシア連邦税関)の書面による意思決定; RTU、ロシア連邦税関の構造単位の責任者の書面による意思決定。 税関当局は、DTの改正に関する決定の根拠としてみなされ、利害関係者(declarants、通関業者)から受信した情報のリリース後に電子コピーを調整することができます。 - 段落、削除、番号1501 25.07.2012からロシアのFCSの順序を参照してください。

5。 ( - 税関ポストの認可公式以下)で改正、行動許可チーフ税関の通関ポストDTを、会計DTへの変更、商品のリリース後と、その電子コピーを更新し、。

6。 DTの電子コピーの調整の制御は、( - DTの電子コピーの調整の制御を行使税関実体の認可公式以下)税関の許可されたチーフ税関職員によって行わ。

7。 DTを改正し、商品のリリース後に電子コピーを調整するという決定は、この段落の第二と第三段落で指定された場合を除いて、税関の監視の下で商品の状態の喪失の日から1年を超えない期間内に税関当局によって受け入れられます。 関税(ロシア連邦の税関コード(ロシア、348のコレクションの記事2003、22、条2066、数52(I午前)、条が№の回復に関連して、DTの変化の場合には5038; ... 2004、№ 。27、アート2711は、34、アート3533を№、46(時間I.)、アイテム4494№; .. 2005は、30(時間I.)、アイテム3101 ;. 2006を、№1、アート15は、№3は№します。 。、アート280は、8、アート854は、52(H II)、アイテム5504№№; .. 2007は、1(時間I.)、アイテム29は、№24、アート2831は、27、アート№№します... 3213、番号31、アート4011、数45、アート5417、数50、アート6246; ... 2008、数26、アート3022、数49、アート5748; ... 2009、数1、アート17、V。.. 22、15、アート。1780を№、30、アート№。3733、42、アート№。4859、アート。4860、 48、アート5717、アート5740)(以下、 - 。。DTの改正にコード))の決定および日から遅くとも翌営業日より税関当局が関税を支払う義務を受け入れた商品のリリース後に電子コピーを調整します。 関税の返済(コードの記事355,356)に関連して、DTの変化DTを改正し、関税の支払いの返還の日から遅くとも翌営業日より税関当局によって受け入れられた商品のリリース後に電子コピーを調整することを決定した場合には。 この場合、関税の支払いの関税特権の提供に関連して、関税の返還に関連したDTの変化が、唯一のロシア連邦の法律が明示以前に支払った関税の還付の形で関税譲許のために提供されるか、または払い戻しがに従って行われた場合のケースで許可されなければなりません裁判所の判決の発効。

II。 商品のリリース後にDTに含まれている情報の改正に関する決定

8。 商品のリリース後にDTに含まれる情報を修正する決定を示す書類は、意思決定は、商品のリリース後、商品の宣言に含まれている情報を修正し、電子コピーを調整している(出願番号は、規則を1)(以下、 - 意思決定)。 番号2手順を付録に与えられた溶液を形成し、充填する手順。

9。 DTの変化がRTUの構造単位またはロシアのFCSの構造単位によって開始されなければならない場合、税関において、商品のどの税関処理の領域(以下、 - 税関)、以下(DTを修正する注文書を送信し、電子コピーの調整を行います - オーダー)。 命令により変更の必要性を正当化する文書のコピーを添付。 あなたは、税関の税関構造単位に注文を受けた場合、オーダーを受けた活動の方向で、決議案の1営業日以内に準備した商品の一覧宣言アールによると、税関の他の構造単位に承認のためにそれを送信し、調整は税関の構造単位との契約の対象です(構造単位のリスト) - アプリケーションの数は規則)(以下3。

10。 構造単位の税関の主導でDTの変化の場合には構造単位は、独立して生成や習慣の関連する構造単位に承認の決定を指示しています。 意思決定により変更の必要性を正当化する文書を適用します。

11。 税関の主導でDTの変化の場合には、段落19命令で参照される場合を除き、投稿税関ポストの権限のある役員は、意思決定を生成し、構造的下位区分のリストに従って責任ある主体の連携のために税関に送信します。 あなたが行った変更は、税関の決定を投稿形成された構造単位の税関との調整を必要としない場合は税関の頭や彼が認定した者に承認のために送信されます。

12。 税関の各構造単位は、調和のソリューションチェックに提出された書類を取得します。 構造単位または許可者の商品税関チーフのリリース後にDTへの変更案を合意では、意思決定に一致するソリューションの日付を置くと、その署名のことを保証します。

13。 用語マッチングソリューションは、税関の構造的な細分化は3-営業日(段落9命令で指定された場合の1営業日)を超えてはなりません。 意思決定のための税関の構造単位は、追加の文書や情報が必要な場合は、カスタムソリューションの構造的な細分化を調和の期間は、コードの記事363に応じてこれらの文書や情報を得るために必要な期間のために拡張することができます。

14。 ソリューションを揃えるの税関値の税関管理部門の認可公式はDTの変化が財の関税値の制御を必要とすることが判明した場合、関係者は、商品のリリース後、税関値の制御のための必要性の判断スタンプレコードに示しました。 ソリューションの関税価値の制御時には関税価値の税関管理の部門です。 習慣の制御の結果として意思決定の税関の通関値の制御の部門の認可公式によって確立された手順に従い、関税価値の調整後の商品の関税価値の調整の税関当局の決定を、重視した場合、関税値の調整を行うように表示しなければならないた後の溶液に戻ります構成単位で、それが形成されています。 他の例では、意思決定における関税価値の税関管理部門の担当役員は、監視や習慣値の決定が完了したの関税価値の記録を刻印します。 この決定は、さらに、承認のためのリストのカスタム構造単位に合わせて他の構造単位に送信された後。 警告! 。:秒15の変更では、... n個1501 25.07.2012 15新版からロシアのFCSの順序を参照してください

15。 その還元は、通貨税関管理部門を行われる方に和解の調整は商品のロシア連邦の領土に輸出の欄22 DT「通貨と口座の合計金額」の値(エクスポート)に記載されています。 古いバージョンのn 15 15 :.。 その削減の方向での商品のロシア連邦の領土に輸出の欄22 DT「通貨と口座の合計金額」の値(エクスポート)に記載された調整の調整は部門金融習慣が唯一のロシア連邦の通貨の対外経済活動の参加者の遵守を確認する行為と行為による制御が行われます検出の場合を除き、ロシア連邦の通貨法令の違反がないことを確認し、通貨規制、 技術的なエラーまたはとき外国貿易協定(契約)の条件が固定価格ではなく、商品の最終価格の唯一の条件(などの価格を計算するための式に従って、該当する日に口座に株式交換引用を取る)を決定しました。

16。 1営業日以内に細分税関溶液に同意した後、税関のチーフオフィサーまたは彼が認定した者。

17。 関税の頭に同意した後、DTに変更を加えると規則の第III章に基づいてその電子コピーを調整するために、税関ポストに移されます。 領収書ソリューションの税関は、税関のヘッドによるその署名の日から3-営業日を超えてはなりません。 添付書類と通関書類DTが常駐税関当局のアーカイブ内の格納順に従って、税関のアーカイブに保管、場合、文書のセット全体は、DTの変更を行うための意思決定と一緒に税関に送信されました。 一緒に税関オフィスソリューションの方向を決定するカースト「AIST-RT21」コピーを装備した、税関当局が認可役員、通関、税関管理(ATC)のシステムの調整を行うためにアクセスを提供するために、情報技術部門(ITP)税関に転送され、税関ポスト。

18。 チーフ税関ソリューションと一致しない場合には、そのような決定の理由に応じてされて洗練するか、その記憶するためのユニット(部門、グループ)文書のサポート(ODL)税関に転送するために、それが形成された習慣、の構造単位のいずれかに送付しなければなりません一緒に税関当局に残るDTのコピー、で、手順を確立しました。 後者の場合には、ディーゼル燃料の変更が行われず、DTの電子コピーの調整は行われません。

19。 DTの決定の技術的なエラーがDTを改正し、その税関ポストの頭を取る権利を有する電子コピーを調整する場合。 この場合、技術的な誤りを明らかにした後の税関の関係者は、税関ポストになっているチーフによって署名された決定を、準備します。

20。 税関はカースト「AIST-RT21」を装備している場合、ITP税関のメモはSRT中のDTの電子コピーの調整を行うためにアクセスを提供するために送られました。

21。 確立されたリテンションスケジュールに従って税関のアーカイブに保管添付書類と通関書類DTをスタッフ、場合、税関ポストは、DTに含まれている情報を変更するには、ドキュメントのセットを要求します。 調整はDTの電子コピーを要求されない限り、この段落は、命令が適用されません。

III。 商品の宣言に含まれている情報の変更、商品のリリース後と電子コピーを調整します

22。 DTはレシートソリューション税関ポストの1営業日以内に行う電子コピーを修正。

23。 税関の決定の税関を入力した後、または税関の許可役員の税関ポストの頭の決定書を受領した場合のSRTにDTの調整電子コピーを掲示し、電子DTルーム情報ソリューションのコピー、調整の日時、ならびにそれらのイニシャルを作ります、名前と個人の番号付きシール(LDL)の数。

24。 修正されたDT担当役員の電子コピーの形成は、( - 正しい形式以下)税関申告の税関事後調整のフォームに入力した後。

DT上に担持さ調整の形態に対応する空間に:DT登録番号、申告情報と製品のシリアル番号、修正及び(又は)されるの詳細を補足しました。 商品の申告を完了するための手順の承認について」の4 9月2007 1057番号の順序のロシア連邦税関によって承認された変更および(または)商品やトランジットの宣言の宣言を完了するの指示に応じて、列の調整のために適切な形式で入力した情報を補完し、 (ロシア26.09.2007、ADJの法務省によって登録された。№10183)トランジット宣言」10 9月2008 1114、番号からロシアの注文のFCSの文言で(ロシア26.09.2008、ADJの法務省によって登録された。№12349)、22 9月2008 1157、数は(M登録します 12月26.09.2008 12350 25、ロシア2008、ADJの法務省によって登録番号(からロシアnyustom 1670、ADJ。№11.02.2009)、。№13298)、2月3 2010 172、ロシア18.03.2010の法務省によって登録数(上は、ADJ。16648)が№(以下 - DTを記入する方法について)。

(時間の技術的誤差を除いて)グラフ31 DT「パッケージ、商品の説明」に含まれる情報を修正することを決定した場合に、フォームの修正に該当するボックスのボックスに申告によって宣言されたすべての修飾されていない製品情報と貨物領域として実行されますディーゼル燃料を充填するための手順に関する規制に従って31 DT。 アドバンスト」の下または18「国境でのアクティブな車両の登録の同定および国」、21欄「出発/到着で同定と車両の登録国」欄44に記載された情報を変更する場合。 情報/提示。 関連分野の調整の形で文書/証明書および承認「DTは、また、ディーゼル燃料を充填するための手順に関する規則に従って、これらのグラフに申告によって宣言されたすべての修飾されていないデータが転送されます。

支払いの詳細は数える「と47を数える」計算「DTに記載された情報の変化は、関税の支払いを計上及び(または)対象の量に影響を与える場合には、グラフ「B」」次のように調整フォームが満たされている:47カウント「の支払いの計算を「:列」表示「」基礎計算の「」ベット「」合計「」SP「は、ディーゼル燃料を充填するための手順に関する規則に従って充填されています。 以前に税関に商品の値を調整された場合に列に「前量」とは、各支払タイプの量は、以前にDTに記載またはCCC-1(CCC-2)で指定されたことを示します。 行の値列 『量』および 『前量』(の差から得られた値の量を示す「合計金額が回収される(戻される)、RUB。」記号と、減少する税関の支払いの調整の場合には - 『 - 』を「+」 - 上向きに関税の調整の場合)。 「:列」「B」「詳細はカウント回数を表示すると、」ディーゼル燃料を充填するための手順に関する規則に従って満たされています。 アカウントにDTへの変更を取る国の通貨で支払われるべき支払いの種類ごとの量を示したコラム「金額」、で。 カラム「前量」の支払いの各タイプの量は、物品の関税値の以前に作られた調整場合「の」DTまたは列47 CTS-1(CCC-2)にいう「支払いの計算」の欄「量」で言及示します。 カラム「変更」の欄「量」および「前量」で示される差分値を示しています。 「払い戻しされる合計金額(回復)、こする。」量は、実際にdovzyskannyhまたは実際に関税を回復を示しています。 税関の認可公式の「出発の」「S」の形の調整に投稿記録の形でDTに改正のノートを作る:「調整カウントを:______。 決定が変化するシリアル番号と製品番号グラフを示す」______№します。 列「C」に補正シートのすべての形態は、日付、署名、ならびにLDL刻印します。 変更は(紙DTに存在しないフィールド内)DTの電子コピーにのみ行われている場合はDT正しいフォームが満たされていません。

25。 DTスタッフの修正電子コピーは、プログラムDTの電子コピーの送信の確立順序に従って高く税関に渡され処理されます。 同時に、データベース内のDTの電子コピーの以前のバージョンは削除されません。

26。 DTに記載された情報の変化が、応じて関税支払額の支払いの計算と完全性の正しさを監視するために税関関税の支払い部門に送信された文書のセットと一緒に未払の金額に影響を与え、(または)支払うべき関税の支払いソリューションとフォームの調整例で確立された手順で、アカウントに規則の第IV章で規定されている特殊性を取ります。

27。 他の例では、だけでなく、関税の部門の後、税関は、通常のソフトウェアを使用している、一緒にDTの電子コピーの調整の制御を担当する認可税関職員から提出された書類のセットで関税の支払いソリューションと形状調整の計算の正しさを制御し、データベースからフェッチ修飾されたDT及びDTの以前のバージョンとの比較、及び決定に含まれる情報。 隣接する二つのバージョンを自動的に比較することによって生成された決定情報中の情報は、DT DTの電子コピーの調整の制御を行使税関職員を許可場合に、フィールド9ソリューションを完了する。

28。 ALC税関に送信した文書のセットまたは税関の許可公式で決定調整形DTに添付文書のリストに含まれ、投稿、および確立された手順に従ってアーカイブ内のDTの最初のコピーと一緒に保存されます。

29。 交渉の意思決定のために修正することができたときにDTの電子コピーの調整を監督段落27命令権限の税関職員に従ったデータの検証の結果は、(場合を除いてDTの更新電子コピーにおける意思決定や情報内の情報の矛盾が明らかになった場合DTに特別な充填財のリリース後、ディーゼル燃料に含まれる情報への変更を提供する、ロシアのFCSの規範的法的行為に基づきます 政府のフォームは、税関値と関税(CCC-1、CCC-2)の調整をなすか、チッタを生成した技術的な調整)の要件に基づいて、DTの電子コピーの調整オーバー制御を行う権限を与え官は、税関名のディレクターに覚書を送ります不適合。 段落28命令は関税の撤廃まで行われていないで指定されたアクションは、確立されたために、電子DTのコピー、および転送の電子コピーにしたがって高く税関に内部形式でDTの電子コピーの送信の調整の制御に公式の習慣を許可された識別された矛盾再送ソリューションを投稿しますDT。

30。 ディーゼル燃料の変化は構造単位RTUまたはロシアのFCSの構造単位の主導で行われた場合、7営業日通関の際に、商品の通関を行ったの地域では、それは任意の書面優れた税関当局に通知しなければならない、の実装に、DTへの変更を開始意思決定のコピーを注文します。

31。 22 DT欄に記載されているように側に「通貨と口座の総額、」商品のロシア連邦の関税地域から(エクスポート)DTの変化が構造RTUの単位、関税、通関ポストを開始し、これらの変更は、エクスポートの値に影響を与えている場合には外国貿易協定(契約)の条件が固定価格でない場合に技術的なエラーを特定したりすることを除いて、それを減少させるが、唯一の交換対象商品の最終価格の条件を定義します 関連する日付のtirovokは、意思決定や修正を正当化文書のコピーは、貿易制限、通貨およびロシアFCSの輸出管理の管理に送られます。 - 項目が除外され、数1501 25.07.2012からロシアのFCSの順序を参照してください。

IV。 関税の支払いの計算と完全性の制御の特長

32。 関税の支払い部門の文書の設定の調整とともに関税税関ソリューションとフォームの部門に入院した後、税関の支払いの計算の正確さをチェックします。

33。 一緒にDTの電子コピーの調整の制御で許可された税関職員の人が提出した文書の設定調整を関税の支払いソリューションとフォームの計算の精度を確認した後、段落27-28命令に規定するフォローアップ活動を実装します。

34。 DTに記載された情報への変更は、関税の支払いの量に影響を与える例では、関税の計算の精度をチェックするの終了時に関税支払いの税関部門の認可関係者は過払い金額について関税の支払いまたはそれ以前の要求を形成したり関税の支払いを収集しました。 コレクションと関税の支払いの返還はロシア連邦の関税法令によって確立された手順に従って作られています。

35。 ITPの税関でSRT中のDTの電子コピーの調整を行うための意思決定およびフォームの修正だけでなく、アクセスを含むカスタムドキュメントセットのアーカイブから税関DT関税の支払い部門の要求、改正の完了のための関税の回復または返金後。

36。 正しいフォームとDTの電子コピー」の「列」ナンバーと日付支払注文の「列の税関の関税支払いの部門のSRT認可公式でDTの電子コピーの調整を行うために文書やアクセスの完全なセットを受け取った後(ご入金を確認支払伝票の情報を入力関税の回復)、または(オフセット返すために意思決定に基づいて支払伝票のためにオフに書かれた金額に準拠している)関税のと同様に、グラフは10ソリューションを充填されています。

37。 段落36の指示に従って、DTの情報を入力し、その電子コピーを調整した後、税関カースト「AIST-RT21」搭載のために - 1営業日以内に税関者の許可公式には高い関税当局に内部形式でDTの電子コピーの伝送を可能にしますDTの電子コピーの伝送の確立された順序に従って。 一緒に税関の承認役員と完全obeme1にAIS「AIST-M」を搭載習慣、人-upolnomochennoe税関職員のために習慣のデータベース内のすべての必要な情報の処理および記憶を提供する投稿後、より高い内部フォーマットにDTの電子コピーの必須の転写に続いてDTの電子コピーの伝送の確立順序に従って税関; AIS「AIST-M」を搭載した習慣のためにフルobeme2に1営業日以内に、税関の公式を許可されていないデータベースと確立に従い、高い税関当局へのその後の強制転送に税関に保管のためのDT内部形式の改訂電子コピーを渡しますDTの電子コピーの送信順序。 習慣のレベルで1は、APS「管理」APS「RAMの意識」と通関」 『APSから』 CPS「検査官一般相対性理論の一環として、AIS「AIST-M」を展開しました。 下位の関所のレベルではAPS「管理」APS「RAMの意識」とAPS「通関」の一環として、AIS「AIST-M」を展開。 ソフトウェアAIS「AIST-M」カスタムレベルと税関局との間の組織の情報の相互作用。 習慣のレベルで2は、「通関 『APSスタッフの』唯一のCPS「インスペクタ一般相対性理論を展開します。 習慣でポストはCPS「インスペクタ一般相対性理論「を展開しています。 技術的な理由のためには、ソフトウェアAIS「AIST-M」レベルのカスタマイズや税関ポストの間の情報の相互作用を整理することは不可能です。 習慣のデータベースは、関税の支払いの税関部門の担当役員によって行われた変更は維持されるべきで考慮したDTの現在の電子コピーの最新バージョンを、投稿してください。

38。 定期的なソフトウェアを使用して一緒にDTの電子コピーの調整の制御を担当する許可税関職員によって提出された文書のセットを有する形態、の決定及び補正はDTとDTの以前のバージョンと比較し、ならびにに含まれる情報を変更し、データベースからフェッチ決断。 隣接する二つのバージョンDT許可役員の自動比較することによって生成された意思決定や情報内の情報は、フィールド11ソリューションを完了した場合。 また、段落28命令に定める行為を行いました。

39。 段落38命令権限の税関職員に従ったデータの検証の結果は、DTの電子コピーの調整を監督、とき回復や関税の還付を実施中(場合を除いてDTの更新電子コピーにおける意思決定や情報内の情報の矛盾が明らかになった場合変更は後に、ディーゼル燃料に含まれる情報への変更を提供する、ロシアのFCSの規範的法的行為に基づいてDTで行うことができます 関税価値と関税(CCC-1、2-CCC)やチッタを生成した技術的な調整のための要件に基づいて)の調整の特殊な形式のフォームを埋めるために、商品の発売、認可官は、税関長に不適合の名前を覚書を送付しなければなりません。 アイテム28命令の下のアクションは、税関の、再送ソリューション認可公式DTの電子コピーの調整の制御を行う人物を特定し、不整合を解決し、税関当局のデータベースに補正DT内部形式の電子コピーをダウンロードするように作られていません。

40。 提供される利益の額について報告ロシアFCS形の法的行為を調整する必要性を伴うDTに記載された情報に変更する場合には、そのような調整が行われます。関税の支払いの計算の精度を監視する段階で、情報への変更が述べられた場合DTで関税の支払いのサイズには影響しません。 関税の支払いの実際の回復または払い戻しの後、DTに記載された情報に変更された場合、関税の支払いの量に影響を与えます。

通関、税関の組織の責任者はD.V.Nekrasovを制御します

出願番号3

商品の宣言に含まれている情報を変更する際に、商品のリリースと商品の電子コピー宣言リストの数を調整した後の調整は構造単位との契約の対象となる税関職員の行動の指示に

列の数 構造単位税関
1 TNA OTPiTK、OTOiEK
2 OPSUR、OTPITO、OTOiEK、OTP、OTC
3 OTPiTK
4 OTOiEK、OTPiTK、OKTC、OTP
5 OTNiPT、OTP、OTPiTK
6 OTNiPT、OTOiEK、OTP、OTPiTK
7 OTPiTK
8 OPSUR、OTOiEK、OTPiTK、OTP、UTS
9 OPSUR、OBK、OTP、OTPiTK
10 OTPiTK
11 TNA OTPiTK
12 PSTN、OTP
13 OTPiTK
14 OTPiTK、OTOiEK、OTP、OPSUR
15 OTNiPT、OTOiEK、OPSUR、OTPiTK、OTP
16 OTNiPT、OTOiEK、OTP
17 OTNiPT、OTOiEK、OPSUR、OTPiTK
18 OKTT、OTOiEK、OPSUR、OTPiTK
19 OTPiTK
20 PSTN、OPSUR
21 OKTT、OTOiEK、OPSUR、OTPiTK
22 HVAC、PSTN、OTP
23 PSTN、OTP
24 OTPiTK
25 OTOiEK、OKTT、OTPiTK
26 OTOiEK、OKTT、OTPiTK
27 OTPiTK
28 HVAC
29 OPSUR、OTPiTK
30 OTPiTK
31 OTNiPT、OTOiEK、PSTN、OTP、OPSUR、OTPiTK
32 OTNiPT、OTP、OTPiTK
33 OTNiPT、OTOiEK、OPSUR、PSTN、OTP
34 OTNiPT、OTOiEK、OPSUR、PSTN、OTP
35 OTPiTK、OPSUR、OTP、UTS
36 OTNiPT、OTP
37 OTPiTK、OTOiEK、カット(コード21,23,31、52,53と61、71,72を指定通関制度の適用に関連する情報)、OTP、UTS
38 OPSUR、OTOiEK、PSTN、OTP、OTPiTK、UTS
39 OTOiEK、OTP
40 TNA OTPiTK
41 OTPiTK、UTS
42 PSTN、OTP、HVAC
43 PSTN
44 OPSUR(詳細は、番号1,6)OTOiEK(1,6番号の詳細、および4031,4032コード)OTNiPT(詳細は商品や原産国の分類について、2,5,6,7の番号が付け)、OKTT(2番号の下の情報)、HVACおよびPSTN以下(詳細は番号3,4)コード9と21,23,31,52,53指定通関制度の適用に関する数61で、カット(情報)、OTP(番号7下の情報)OTKDRM(番号6下にある情報)OTPiTK
45 PSTN、OTP
46 OPSUR、UTS
47 OTP
48 OTP
49 OTPiTK
50 OTPiTK
51 OTPiTK
52 OTP
53 OTP
54 OTPiTK、OPSUR、OTP
А 、OTPiTKカット(コード21,23,31,52,53と61指定通関制度の適用に関する情報)
В OTP
С OPSUR(リスク管理システムの適用に関する情報)、OTPiTK(税関登録のタイミングの情報)、OTP(支払文書の数に関する情報)
Е OTNiPT(商品の分類に関する情報)、OTP(一時輸入のための定期的な支払いの支払い)、OPSUR(リスク管理システムの適用に関する情報)
D OTPiTK、OPSUR、OTOiEK、OTP

出願番号3で使用される略語:

OTP - 関税支払いの部門

OTPiTK - 税関手続の部門と税関管理

OTOiEK - 貿易制限や輸出規制の部門

OPSUR - リスク管理システム学科

UTS - 通関統計局

HVAC - 為替管理部門

PSTN - 関税価値管理部門

OTNiPT - 製品の部門と商品の起源

OKTT - 税関トランジット管理部門のために

カット - 税関レジーム部門

OTKDRM - 核分裂性や放射性物質の税関管理の部門