情報 国際ルールや組織 インコタームズ/インコタームズ - 説明

インコタームズ

インコタームズインコタームズは、国際商業用語 - 辞書形式の国際ルールは、その目的は、外国貿易の中で最も一般的に使用される取引条件の明確な解釈です。

したがって、それが大幅に異なる国での用語の異なる解釈の不確実性を減らすことができます。 頻繁に、契約の当事者はそれぞれの国で異なる取引慣行に気づいていない。 これは誤解、紛争や訴訟を生じさせることができる。

国際商工会議所は1936、取引条件の解釈に関する国際規則のセットで初めて公開されている可能性誤解を解決します。 これらのルールは、「インコタームズ1936」として知られていました。 改正や追加が1953、1967、1976、1980、1990に掲載されました、20002010現在の国際取引慣行に沿ったルールを持って数年。

国際貿易の用語は、国際的に認知された文書で事前に定義されている国際的な販売契約の標準的な用語は、特に、国際商業会議所が開発した規格で販売契約を使用しています。

インコタームズがあるの用語に定め基本原則

商品の配送のための輸送コストの買い手と売り手の間1.Raspredelenie、すなわち、バイヤー、どの瞬間から、コストとどのロングセラークマ、どのかを決定します。

いかなる損害、損失や商品の偶発的な破壊のリスクの買い手(責任)への販売者から2.Moment転送。

商品の配送の3.Opredelenie日は、それが購入者またはその代理人への売り手による商品の実際の転送の定義です。

(そのようなコンピュータソフトウェアとして「無形固定資産」を含まない「有体物」、のここでの単語財)インコタームズの適用範囲は、販売した商品の配送に関して売買契約の当事者の権利及び義務に関する事項に限定されていることを覚えておいてください。

インコタームズのルールを超えて売り手から買い手への所有権の移転、ならびに適用される法律やウィーン条約によって支配当事者の責任免除の根拠を含む物品の販売の契約に基づく当事者の義務によって失敗の結果、あります。 構造体は、電源の基本的な条件に関して業務シーケンス売り手の量の増加の点で形成されています。

インコタームズの使用の鍵は:所有権の移転の瞬間の規制は、契約で個別に規制されるべきであるということです、所有権の移転が買い手に不慮の損失や商品への損傷のリスクのリスクを移行を一致することが重要です。


 

ほとんどの場合、実際には、インコタームズ約2特定の誤解があります。

1。 運送契約のではなく、売買契約に適用するなど、インコタームズの誤解。

2。 彼らは当事者が契約に含めることができるすべての義務をカバーするために持っていることを誤解。

インコタームズはまた、唯一のいくつかの態様で売買契約に基づき、売り手と買い手の関係のみを調節します。 売買契約だけでなく、キャリッジ、保険や融資の契約だけでなく、 - 当時、輸出と輸入の両方が国際的な販売取引を実行するために必要な様々な契約との間に非常に実用的な関係を検討します。

インコタームズは、これらの契約の一方のみ、販売すなわち契約に関連しています。

標準の用語の取込みにより、または個別に交渉された条件のいずれかによって売却 - これは、インコタームズは、完全な契約締結のために必要な契約書の条項を置き換える目的で設計されていないことを強調しなければならない。

インコタームズは、契約違反と責任によりからの様々な障害への放出の影響を調整しないでください。 販売および適用法 - これらの問題は、他の契約の規定によって解決されなければならない。

インコタームズは、常に、主に商品が国境を越えた配信のために販売されている例での使用を目的とされています。したがって、インコタームズは、国際貿易の用語です。


 

規則 "インコタームズ"の各々が基本的なカテゴリにグループ化され、明確な方向性を持って、それぞれが、用語として定義されています。

各用語は、最初の文字は、売り手から買い手への移行債務およびリスクの点を示し、頭字語です。

  • グループE - 配送、負債の移転 - 出発地(出発)で。 売り手は、メーカー、その倉庫、売り手が行われていない物品の通関によって直接バイヤーに商品を提供しなければなりません。 売主は、車両に品物をロードするための責任を負いません。
  • グループF - 売り手が支払うメインキャリッジ(メインキャリッジ無給)、メインキャリッジのための出発ターミナルから負債の移転。 売主は、買主は、独自のを雇うキャリアの処分で商品をお届けすることを約束します。
  • グループC - 主な運送のために到着ターミナルで - 売り手(有料のメインキャリッジ)、負債の移転により支払わメインキャリッジ。 売主は、物品運送のために、しかし、財への偶発的な損失や損傷のリスクを想定してせずに契約する必要があります。
  • グループD - 到着、バイヤーへの負債の移転、フルサービス(到着)。 売り手は、すべての輸送費を負担し、前の目的地の国への商品の配達にすべてのリスクを想定しています。

写真の中のインコタームズ

 
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!