Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 国際ルールや組織 ISPM№15/ ISPM #15 付録ISPM 1 15

国際貿易における木製梱包材の規制 - ISPM 1 15の応用

木製梱包材料に関連した承認された処理

承認された治療法は、木材梱包材がなされなければならないから、包装材料の単位木材または木材片に適用することができます。
debarked木材の使用
かかわらず、処理の種類のdebarked木材から作られている木製梱包材を使用。 彼らがいる場合は、この規格によれば、樹皮の視覚的に独立したと明らかに異なる小さな領域の任意の数が残っている可能性があります。
- 小さい幅3センチ(長さに関係なく)、または
- 1つの分割部分の皮質3少なくとも平方センチメートルの表面積全体で幅50センチを持っています。
木の樹皮の存在は、治療の有効性に影響を与えることができるので、メチルブロマイド処理樹皮の除去は、処理の前に行わなければなりません。 調理されたクラストの除去前および処置後の両方で行うことができる時。 サイズ制限は、熱処理(例えば、誘電加熱)の特定の種類を指定した場合、全体の地殻の測定が考慮されるべきです。

熱処理
種々のエネルギー源またはその領収書のプロセスは、所望の治療パラメータを達成するために使用することができます。 例えば、過熱蒸気、チャンバー乾燥機、熱効果の圧力下で乾式含浸し、誘電加熱(高周波電流の分野におけるマイクロ波)で従来の乾燥は、彼らがこの規格に指定された熱処理のパラメータを遵守し、但し、熱処理と考えることができます。
NPPOsは、プロセッサが所望の温度がすべてで治療を通して維持されたように、設定温度に到達するための最も時間を必要とする木材に場所で、すなわち寒い場所で温度処理を、監視することを確保するために必要な措置をとるべきです処理木材ロット。 場所は、木材の冷点は、木材に、エネルギー源または使用されるプロセスに応じて、初期含水量と温度分布を異なる場合があります。

処理中の木材、通常は表面の最も冷たい部分の誘電加熱を使用している場合。 いくつかの状況(例えば、誘電加熱は、その解凍まで大きな材木を凍結)では、木材の最も冷たい部分が心であってもよいです。

ガス - 蒸気または乾燥加熱室(:NTマークの治療コード)を使用して熱処理
熱処理プロセスチャンバを使用する場合の基本的な要件は、少なくとも56分間連続(コアを含む)木材の全体層℃の最低温度30を達成することです。

この温度は、木材のコアに温度センサを配置することによって測定することができます。 また、他の熱処理の治療計画のための乾燥チャンバまたはチャンバを使用する場合は、木材のバルク温度は、熱処理室と、木材の水分含量を有するチャンバ内の空気の相関温度の異なる位置で測定され、その間、試験治療のシリーズに基づいて開発されてもよい、及び(そのような木材の種類と厚さ、空気流及び湿度の強さのような)他の関連するパラメータ。 一連の試験は、最小56C温度が少なくとも30分木の全体の厚さのために連続的に維持されることを実証しました。

処理モードが指定されるか、NPPOによって承認されなければなりません。
ハンドラは、NPPOによって承認されなければなりません。 NPPOsは、処理のための熱カメラの要件を満たすために必要な場合があります順守すると、次の要因を考慮すべきです。
- 熱処理チャンバを密封し、床断熱材を含む優れた断熱性を有しています。
- その空気流が木材のスタックの周りとその内部を循環することができるように熱室が設計されています。 スタックの周囲に木材の内部に十分な空気流を提供するように処理されるべき木材をチャンバ内に配置されています。
- 必要に応じてヒートチャンバー内の空気の最適な流れを確保するために、スタック内の空気デフレクタとmezhryadovyeの裏地を使用。
- 処​​理のファンの間に空気を循環させるために使用され、これらのファンからの空気流は、指定された時間の所定レベルの木材内部の温度を維持するのに十分です。
- チャンバー内の最も冷たい箇所は、木材またはチャンバ内のいずれかの温度センサが配置されているすべてのブート時に、と判断されます。
- 処理は木材に配置された温度センサの兆候について監視されている場合、少なくとも二つのセンサを使用することが望ましいです。 これらの温度センサは、木材は、コア温度を可能にしなければならない測定します。 複数の温度センサの使用は、治療プロセス中に温度センサの故障を明らかに保証します。 温度センサは、エッジからコア木材少なくとも30センチメートルに挿入されます。 コア中の温度測定を提供するようにパレット短いボードやスティックのための温度センサも木材最大サイズのピースに配置されます。 温度センサを配置するための木材に穿孔すべての穴は、対流又は伝導に関連した温度測定との干渉を防止するために適切な材料で封止されるべきです。 特に注目は、そのような不正確な測定につながることができ釘や金属インサート、として、木の上に外部からの影響に払われるべきです。
- チャンバー内の空気の温度をモニタに基づいてオン・ビュー(例えば品種や大きさに応じて)の木材の種類を処理するために使用される処理モードを考慮しなければならない場合には、木材の含水率と厚さは、治療されています。 治療計画に応じて木製コンテナの処理中にチャンバ内の空気の温度を監視するために、少なくとも2つの温度センサを使用することを推奨。
- チャンバー内の空気の流れを考慮にチャンバー内の最冷点での変化の可能性を取るために、処理中に定期的に変更された場合、温度センサの数が多く必要になる場合があります。
- データを記録するための温度センサおよび機器はNPPOによって設定された周波数で、製造者の指示に従って較正されます。

誘電加熱用いて熱処理(マーキング処理コード:DH)
最小サイズによって測定される、またはスタックが(を含む木材の厚さ全体に20さ分間連続最低温度4Cを達成するために加熱しなければならないよう60 sm1を超えない木材からなる誘電加熱を用いて(例えば、マイクロ波)木製梱包材料面)。 設定温度は開始30 obrabotki.5後数分以内に到達しなければなりません。
処理モードが指定されるか、NPPOによって承認されなければなりません。
ハンドラは、NPPOによって承認されなければなりません。 NPPOsは、次の要因を考慮する必要があり、誘電加熱室に順に要求される可能性があるとコンプライアンスは、処理のための要件を満たしています。
- 温度が所定の温度を維持するために(通常は表面で)非常に冷たい可能性がある場所に関係なく、誘電加熱処理は、バッチプロセスまたは連続(コンベア)プロセスとして実施されるかどうか、実行中の処理が木材追跡されます。 温度測定は、任意の温度センサの異常を検出するための少なくとも2つの温度センサを使用することをお勧めします。
- ハンドラは、最初は木材の温度に達するか60の分間連続(その表面を含む)木材の厚さ全体を1Cを超えていることを確認しました。
- 木材のため5ギガヘルツの周波数で2,45センチ誘電加熱以上の厚さは、マイクロ波エネルギーの分布のた​​めの二国間ヒーター以上の導波路によって提供されるべきであり、温暖化の均一性を確保します。
- データを記録するための温度センサおよび機器はNPPOによって設定された周波数で、製造者の指示に従って較正されます。
- データ監査ハンドラを格納するためにNPPOによって決定される時間にわたって処理し、キャリブレーションを加熱します。
臭化メチル処理(マーキングのための処置コード:MB)
NPPOsはこのstandarte6で承認された代替治療の利用を促進することをお勧めします。 臭化メチルの使用は、交換または植物検疫措置(CPM、2008のグラム)として臭化メチルの使用を減らすために、アカウントにCPMの勧告を取って行われるべきです。
20センチを超える木片からなる木材梱包材。最小サイズによって測定されるように、臭化メチルで処理すべきではありません。
燻蒸木材梱包臭化メチルは、スキーム指定又は承認NPPOsを表7に示す温度および最終残留濃度で24時間内濃度vremya1(HF)で動作の最小量に到達することを可能に応じてあるべきです。 濃度は、大気中で測定したが、この値HFは、そのコアを含む、木材の厚さ全体にわたって達成されるべきです。 木材の最低温度と周囲の雰囲気は、少なくとも10 Cであるべきであり、最小露光時間は24時間未満であるべきです。 ガス濃度を監視することは、治療の開始から2、4と24時間を通じて行われるべきです。 燻蒸の終了によって、より長い露光時間及び追加の弱い濃度測定ガスの濃度である場合に記録されます。
HFは24の時間を介して達成されていない場合は、HFの達成を確実にするために是正措置を取るべきです。 例えば、再び処理を開始する、または所望のHFを達成するために、臭化メチルをさらに添加することなく2時間まで処理時間を延長します。

ハンドラは、NPPOによって承認されなければなりません。 NPPOsは、処理のための要件と一致して臭化メチルで燻蒸するために必要になることがあります順守すると、次の要因を考慮すべきです。
- 均一な浸透を確実にするために、ファンが使用する確立された手順と燻蒸のガス分配段階の間、 彼らは、(好ましくは、アプリケーションの1時間以内)燻蒸下燻蒸剤を部屋に迅速かつ効果的な分布を確実にするように配置する必要があります。
- 燻蒸空間は、そのボリューム以上の80%をロードするべきではありません。
- 燻蒸スペースは十分に密封されるべきであり、可能な限り、気密。 もし膜の下燻蒸を実行する場合、後者は、ガス不透過性の材料から作られなければならず、確実に縫い目で、フロアレベルで封止されています。
- ポール・燻蒸剤に対して不透過性でなければならない燻蒸の代わりに、 それは透過性である場合、その上に気密なコーティングを置きます。
- それは燻蒸部屋に入ると私たちは、燻蒸剤を完全に蒸発させるための気化器(「ホットガス処刑」)を介して臭化メチルの使用をお勧めします。
- 最小サイズによって測定さ20センチを超える臭化メチル木材梱包材を用いた治療は、実行されるべきです。 このような理由から、臭化メチルの所望の浸透及び循環を達成するために、包装材料の分離木材スタックのために必要であり得ます。
- エアスペース内の臭化メチルの濃度は常に(中央中央部における前方下部に例えば、および背面上部)の部屋を確認する成果を通してだけでなく他の場所として、ガスの注入点から最も遠い点で測定されますガスの均一な分布。 ホーム処理をする際に均一な分布カウントされます。
- 臭化メチルの投与量を計算する際に臭化メチル必要な用量率の総量ことを確実にするために、アカウントに任意のガス混合物の補償(例えば、2の%のクロロピクリン)の可用性を取る必要があります。
- 最初の用量および治療後の薬剤に対処するための手順の速度を考慮に臭化メチル処理した木製梱包材料の吸収や彼と一緒に使用するオブジェクト(例えば、ポリスチレンボックス)の可能性を取る必要があります。
- 臭化メチルの投与量を計算するために使用されると予想される生成物を測定または周囲温度の直前または中の処理(以下1)されています。
- 木製梱包材を燻蒸するために、包まれた、または材料不透過性の燻蒸剤でコーティングされるべきではありません。
- 温度センサー、ガス濃度、並びにデータ記録機器には、NPPOによって決定される周波数で、製造業者の説明書に従って較正されます。
- NPPOによって決定される時間の期間にわたって臭化メチル処理およびキャリブレーションのデータ・ハンドラーの監査を格納するために。

代替治療とリビジョンスキーム承認された治療法の採用
新技術情報既存の治療の出現により見直し、修正、および代替治療や木製梱包材の治療の新たなスキームがFMCによって承認されてもよいこともできます。 新しい治療法や制度の改訂治療は木製梱包材料に承認され、このISPMに組み込まれた場合は、すでに以前に承認された治療および/または回路の条件の下で処理された材料は、再処理又は再マークする必要はありません。