Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 国際ルールや組織 ISPM№15/ ISPM #15 付録ISPM 2 15

国際貿易における木製梱包材の規制 - ISPM 2 15の応用

マーキングとその応用

次の必須成分は、木材梱包材が、この規格に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すことを含むマーキング。
- シンボル;
- 国コード;
- 製造業者や製造業者の処理のコード;
- 適切な略語応じ1アプリケーション(HTまたはMB)を使用してコードを処理します。

シンボル
(国、地域や国際レベルで、あるいは商標の形で、または認証、集団または保証マークとして手続の実施に登録することができる)キャラクターデザインは、以下の例に示す記号と同様であるべきであり、配置する必要があります他の要素の左側に。

国コード
国コードは、(«XX»としての例で示される)、国際標準化機構(ISO)国の2桁のコードでなければなりません。 彼は、材料メーカーのコードや加工品からハイフンで区切らなければなりません。

材料メーカーの数や製造元の処理
製品の製造者又は加工の素材数は、このマーキング、または使用する木製梱包材の製造業者または治療の製造元にNPPOによって割り当てられた固有のコードで使用され、適切にのみ適切に処理された木材をマークしていることを保証する責任NPPO(に責任がある任意の他のエンティティ«000»などの例)で指定されました。 コー​​ドの桁および/または文字の数及び順序は、NPPOが設定されます。

処理コード
コー​​ド処理は«YY»の形で実施例に示す承認された措置を適用するために附属書に含まれるIPPCと1で採用されている頭字語です。 コー​​ドの取り扱いが組み合わさ国コードとメーカーやマテリアルハンドリング製品の後でなければなりません。 これは、個別の国のコードおよび材料メーカーのコードやバー加工メーカーであること、または他のコードと同じ行に、その場所の場合はハイフンで区切られなければなりません。

処理コード 処理タイプ
NT 熱処理
MB 臭化メチルで燻蒸
DH 誘電加熱

マーキング
サイズ、使用するフォントの種類、およびマーキングの配置は変更される場合がありますが、そのサイズは、補助視覚教材を使用することなく、検査官に見えると読みやすくなるように十分大きくなければなりません。 このマーキングは、長方形または正方形の形状であることと、コード要素からシンボルを分離する垂直線とフレーム内に配置する必要があります。 ステンシルの使用を容易にするために、ボックス内の小さな涙、垂直線、および他の場所のマーキングの中を許容することができます。

マーキングの枠組みの中で、他の情報を含めることはできません。 国家レベルでのマークの保護のために使用した場合には、追加のマーキング(製造業者の例えば商標、認可機関のロゴ)を適用することをお勧めし、その後、この情報は近くに位置しますが、境界の外側マーキングすることができます。

しなければならないマーキング:
- 判読可能。
- 耐久性とその移動を防止します。
- 木の容器を使用する場合、好ましくは少なくとも木材の両側包装材ユニットで、目に見える場所に配置。

これらのマーキングは、手で適用してはなりません。
彼らは危険物の標識に使用されているように、赤とオレンジ色の使用は避けるべきです。

木材梱包ユニット材は複数の要素で構成されている場合、得られた複合ユニットを標識する目的のために別個のユニットとして考慮しなければなりません。 一体木材梱包処理された木材の両方からなる材料、及びリサイクル木材から(リサイクル材料要素からの処理を必要としない場合)には、このマーキングが目立つ位置に配置したことを確認するために、リサイクル木材の要素にマーキングを適用するために適切と思われますそして、それはかなり大きなサイズを有していました。 ラベリングアプリケーションに対するこのアプローチは、プレハブ包装材料の時間は、木材ではなく、複合一体ユニットに関する。

留め具として使用するために設計された処理された木材の最終的なトリミングは、車両がロードされたときにのみ行うことができるように、固定木材のマーキング判読適用に焦点を当てる必要があるかもしれません。 荷主が商品を確保またはサポートするために使用されるすべてのマウント木材は、処理し、この附属書に記載されているように標識し、そしてこのマーキングが明確で読みやすいようにしておくことが重要です。

留め具として使用されるべきではない必要なすべてのマーキング要素を持っていない木材の小片。 次のように行うことができる取付木材マーキング。
- 短い間隔でその全長に沿って、固定具としての使用を意図木片にマーキング(注:ファスナーは非常に少し剪定を使用している場合、電子のカットがマーキングが完全に使用されるマウント用ハードウェア上に保持されるようなものでなければなりません)。
- 荷送人が区間4に従ってそうすることを許可された場合には、トリミング後に目立つ位置に取り付け処理された木材のマーキング追加。

次に、標識を有する木材梱包材は、承認された処理されたことを証明するために使用される必要な標識要素の位置のための有効な選択肢の例です。 無記号の変更は行わないべきではありません。 オプションの位置をマークすると、彼らは、この附属書に定める要件を満たしていなければならない、注意しなければなりません。

例1。

木材梱包材はISPM例15 1に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク

例2。

木材梱包材はISPM例15 2に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク

例3。

木材梱包材はISPM例15 3に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク

例4

 木材梱包材はISPM例15 4に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク

例5

木材梱包材はISPM例15 5に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク

例6

木材梱包材はISPM例15 6に従って承認された植物検疫処理が施されていることを示すマーク