情報 出版 製品の均一な標識化は、今年の終わりにEAECに入れられます2017
8月16 2017

製品の均一な標識化は、今年の終わりにEAECに入れられます2017

  
(0票)
このアイテムを評価
製品の均一な標識化は、今年の終わりにEAECに入れられます2017

ユーラシア経済連合(EAEC)の識別手段による商品の表示に関する協定案は、国内の連携を目指しています。 ユーラシア経済委員会(EEC)のワーキンググループが作成した文書は、連合政府を検討します。 さらに、ECE会の承認を得た後、契約は、加盟国の政府首脳に戻ります署名することがあります。 2017の終了前に採用されることが期待されます
協定案は、開発者がEAECの全体の財の法的売上高を確保するために、消費者の権利の保護のための条件だけでなく、生命と健康を作成しようとしました。 文書には、連合の関税地域内で行われる売上高その製品のトレーサビリティの実現における主なラベリングメカニズムとアシストを確立します。 その範囲に該当する貨物のリストがECE協議会の後半で決定されます。
EAEC識別手段の中の統一プロジェクトの製品ラベルによります。 こうした資金のための一般的な要件は、彼らがmashinochitaemostうと技術の互換性(vzaimochitaemost)。 その後、製品に関する情報は、ECEを形成し、リードする、単一のレジスタにもたらすでしょう。
大学ECEはまた、理事会規則ECE定義し、アルコールやタバコ製品の物品税の分野でEAECの財政政策の遂行を管理する案を採択しました。 すでにボードにECE示すアルコールやタバコ製品の物品税の率だけでなく、それらからの偏差の範囲を承認する権限を与えることを求めました。 国家通貨連合ユーロをカウントするとき。
偏差の基準速度と範囲は、このように5の都市で始まる、1年間の期間ごと2022年に承認され、契約の採用は消費税率の調和を通じてEAECでアルコールやタバコ製品の単一市場の創設に向けた一層の進展が可能になります。

Evraziya.Ekspert

読みます 651 時間
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!