情報 決定、意思決定、受注、手紙、 関税同盟の税関国境を通じて個人的な使用のためのPLモノの移動のためには

ロシア、ベラルーシ共和国、カザフスタン共和国政府の政府との間の協定は、6月18 2010年日付

関税同盟や通関業務の税関国境から私的使用のための個人による物品の移動の順序は、彼らのリリースで接続


協定は連邦法によって批准された№60-FZ、05.04.2011

注意! 改正され、以下を参照してください:

6月19.10.2011 18年の彼らのリリース(2010街からEurAsEC連帯の理事会決定№95を可決と接続関税同盟や通関業務の税関国境を通じて私的使用のための個人による物品の移動の手続きに関する協定の改正やサプリメントで19.10.2011の議事録)

6月18 2010年(№873 09.12.2011街の関税同盟の委員会決定で採択された上で、彼らのリリースに接続関税同盟や通関業務の税関国境を通じて私的使用のために個人によって商品の移動の手続きに関する協定の改正案プロトコル)

 

ベラルーシ、カザフスタン、ロシア連邦は、以下の原則や規範に導かれ、単一の関税地域と6 2007 10月の関税同盟の形成を設立条約の規定、11月27 2009年に関税同盟の関税法条約に基づき、締約国と呼ばれる国際法は、次のように合意した。

I.総則

記事1 - 個人的な使用のために個人が商品を移動するための手順

1。 車両、およびそのリリースに接続税関業務を含む個人的な使用のための商品 - この協定は、関税同盟(税関国境以下)の税関、国境を越えた人の移動の順序によって決定されます。

税関国境を通じて私的使用のために個人で商品を移動するための手順は、指定しています - 個人的な使用のための商品への商品の分類のための基準 - 関税の支払い免除の個人的な使用のための商品のコスト、数量、重量基準の動き - 個人的な使用のための物品の特定のカテゴリの関税の免除 - 個人的な使用のための物品の関税や税金の順。

2。 の税関国境から私的使用のための個人による物品の移動に関連して生じた関係は、本契約によって規制されていない税関法律tamozhennogomsoyuzaおよび(または)関税同盟の加盟国の法律でこれを定める。

3。 関税同盟の関税法で決定されます。

現金の個体(お金)と税関国境を越えて(または)金融政策手段を移動させる方法;

特に個人的な使用、ロシアのカリーニングラードの領土からエクスポートして、関税同盟の関税地域に輸入、関税同盟の非加盟国の領域を含め、のための物品の税関国境を越えただけでなく、関税同盟の関税領域の残りの部分にエクスポートされたものとしてロシア連邦のカリーニングラードの領土に輸入。

記事2 - 本契約で使用される用語

1。 この協定の目的のために、以下の用語とその定義は:

  1. オートmototransportnyeの意味:
    - 乗用自動車及び外国の8703シングル商品名称を見出しに分類人々の輸送のために主に設計された他の自動車------活動関税同盟(以下、HS - TC)として第三項に定める場合を除きこのサブパラグラフ(以下 - 車) -
    - 公道走行用に設計されていない8703 HSの車を見出しに分類されている四輪バギー、スノーモービルや他の乗用車、;
    - 8711 HS TSを見出しに分類されているオートバイ、モペット、スクーター、;
    - ドライバーを含めていない以上12人、輸送用の自動車は8702 HS車両、見出しと5 8704 21 8704 HS TSに分類31トンに全重量と貨物の輸送のための自動車を、見出しに分類されています。
  2. 関税同盟の加盟国での永住のための個々の到着日(定住) - を証明する書類の発行日国内避難難民の地位、またはに従って関税同盟の加盟国に永住権を(再配置)来た人の認識その国の法律;
  3. 魚介類 - 小見出し0306 0306と21 0306テネシー州で分類されている22 0306 HS TCのエビを見出しの見出し26 0306 HSの車、ロブスターのロブスターを除く27 HS TCを見出しに分類甲殻類、車両コード - として6月18 2010年に彼らのリリースに接続関税同盟や通関業務の税関国境を通じて私的使用のための個人による物品の移動に関する協定の改正及び追加に関する議定書草案によって改正サブパラグラフ
  4. 個人的な使用のための不可分製品 - 個人的な使用のための商品、以上35 kgの一の単位又は物品の一組から成る、ローミングなどは、分解不完全または未完成、組み立てられていない、製品を組み立て、完全の基本的な特性を有することを条件としますまたは商品を終えました。 構成はパスポート製品、保証、梱包伝票および他の文書、ならびにそのような製品またはキットは、それらの機能目的に対応する従来の(従来の)アプリケーションに基づいてのラベル上の商品の製造者、販売者または荷送人により提供された情報に基づいて決定されてもよいです。
  5. 、税関国境を越えて個人が、 "赤"回廊(書面での個人的な使用のための税関申告書)と "緑"の廊下の間に独立した選択を行うことができます税関管理の簡略化されたシステム - 二重廊下の
  6. 関税と税金が、一律で課税 - 個人的な使用のための個々の輸送商品に関して計算関税と税金の合計額を、コンポーネント、関税や税金に分離せず;
  7. 使用済み製品 - 操作洗濯摩耗の兆候が付いた製品;
  8. 家族のメンバー - 妻と夫、登録された結婚で、両親、子供、養子の親は、子供、兄弟姉妹、祖父(祖父)、祖母(祖母)、孫、および無効になった扶養家族を採用しました。

2。 本契約で使用されるその他の用語は、関税同盟と関税同盟の加盟国の(または)法律の関税法によって確立された値に適用されるものとします。

記事3 - 個人的な使用のための物品の税関国境を越えて商品を分類するための基準

  1. に基づいて、リスク管理システムの使用と税関当局の個人的な使用のための物品の税関国境を越えて、個人によって輸送商品の分類:
    本契約書に規定する場合を輸送商品(口頭または書面で、乗客税関申告を使用して)約個々の文
    商品の性質および量;
    自然人および(または)のクロスオーバー周波数は、税関国境を越えて自分の品物を移動します。
  2. かかわらず本条段落1で指定された基準は、本契約にアプリケーション1で指定された商品は個人使用のための商品には適用されない。
  3. 段落1 2個人的な使用のためのこの記事と商品ではなく、この協定の規定に該当する貨物。
  4. 個人的な使用のための商品が述べ、ビジネスで使用するために輸入された商品を生産しているかのように、商品が税関国境を越えて違法動きと考えられており、それらがリリースされた後に商品に、関税同盟の関税法(以下、 - コード)の規範にすることなく、会計は、確立された頭部49コードと本契約の条項を備えています。

記事4 - 個人的な使用のための物品の禁止と制限

  1. 関税同盟とは、本契約の2の附属書に指定された禁止事項と制限の領土から(または)は、輸出の関税地域の個人的な使用のための物品の輸入。
    関税同盟のメンバーの国際協定、関税同盟および(または)の委員会の決定関税同盟の加盟国の国際条約に基づいて発給された関税同盟の加盟国の規制は、個人使用のための商品で、他の禁止事項や制限事項を確立することができる。
  2. この記事の段落3に定める場合を除き、エクスポートするインポートおよび(または)に制限個人使用のための物品の税関国境から交通機関は、習慣に従って関税同盟の加盟国の管轄当局が発行した制限の遵守を確認するdocumentsの税関当局への提出の対象となります関税同盟の法律。
  3. 個人的な使用のための商品は、税関国境を通じて、非関税及び技術的規制を適用しない。
  4. 関税同盟の加盟国の国際条約に従い、状態制御の、植物検疫獣医および他の形態の対象となる個人的な使用のための商品のリリース、これは、コントロールの適切な種類の後に。

記事5 - 税関管理下の個人的な使用のための商品、

1。 関税同盟と税関申告書(以下 - 申告)の対象の関税地域に輸入個人的な使用のための商品コード及び本契約に従い本は、税関への国境を越えた瞬間から、税関管理を受けなければならない:

  1. それらは、使用および廃棄(以下 - 無料循環)上の制限なしに関税同盟の関税領域に循環するためにリリースされます;
  2. 関税や生産関税同盟の関税領域における個人的な使用のための物品に対する税金の支払金額の支払いは、税関の支払い免除の使用に関連してインストールされ、使用の制限や個人的な使用のための商品の(または)処分で実装されていました関税および税;
  3. 商法の規定に基づいて状態や破壊によって拒否、税関手続の下に置くこと;
  4. 関税同盟の関税領域から実際の輸出;
  5. その国の法律に従って関税同盟の現状に引き渡さ;
  6. キャリッジ(輸送)とストレージの正常な条件の下で、事故や不可抗力、または天然の損失のために起因する破壊(取り返しのつかない損失)となりました。

2。 個人的な使用のための商品、商法の規定に基づいて関税同盟と税関申告の対象となるの関税地域から輸出されるものとし、本契約は、登録乗用車税関申告からと税関国境を横断する前に税関の監督に服さなければならない。
個人使用、関税同盟の関税領域からエクスポートして、本契約に従い、税関申告の対象とならないことにするために、商品は直接個人的な使用のための物品の輸出の実現に向けた行動の瞬間から、税関の監視の対象となり、税関国境を横断する前にしなければならない。

3。 個人的な使用のための商品は、段落2にこの記事は例の税関国境を横断する前に税関管理下にあることのステータスを取得しません:
その国の法律に従って関税同盟の現状に引き渡さ;
キャリッジ(輸送)とストレージの正常な条件の下で、事故や不可抗力、または天然の損失のために起因する破壊(取り返しのつかない損失)となりました。

4。 個人的な使用のための商品は、そのため、本契約に従ってそうしないと関税同盟と関税同盟の加盟国の(または)法律の関税法の定めがある場合を除き宣言は、税関管理免除であってはならない源泉徴収することができる。

記事6 - デュアル廊下のシステムを使用しての個人的な使用のための物品の移動、

1。 関税同盟の関税領域または地域(以下 - 到着または出発点)からの出発で到着の場所では、二重の回廊を適用することができます。

そのような人の不在は荷物を別送しながら "グリーン"回廊は、具体的には税関申告の対象とならない個人的な使用のために同行荷物の貨物の税関国境を越えて、自然人の移動用に設計された場所に到着または出発の場所で識別されます。

"レッド"は、税関申告、ならびに個々の要求に応じて宣言に関して商品を受けるべき貨物の同行手荷物に税関国境を通じて個人を動かすための到着や出発地の場所で特別に指定された廊下です。

2。 ベラルーシ、カザフスタン共和国の財務省 - - 二重廊下のシステムを使用して到着または出発の場所、およびそのようなリストの形成順序のリストは、すなわち関税同盟、、ベラルーシ共和国の国家税関委員会の加盟国の権限のある当局によって決定されカザフ側と、連邦税関サービス - ロシア側。 (1471から順FCS№09.08.2010を参照してください)

3。 二重の回廊システムが到着や出発の場所で編成関係者や代表団のホールで使用することはできません。

4。 "緑"の廊下で、税関管理の特定の形態の非アプリケーションは、個人が関税同盟と関税同盟の加盟国の(または)法律の税関の法律規制の要件に適合する義務が免除されるということではありません。

5。 運用状況は、税関当局の決定により、例外的なケースでは、到着や出発の場所で広まっている与えられた "グリーン"廊下は一時的に税関国境から私的使用のための商品を輸送し、以下の個人のため閉鎖されます。

Ⅱ。 個人的な使用のための商品で発生税関取引

 記事7 - 個人的な使用のための商品に関しての税関業務の

  1. 個人的な使用のための商品に関して税関操作は関税同盟の加盟国の到着や出発の場所、または税関当局にどのように移動すると、そのような商品の申告者として行動する権利を持っている個々の中で恒久的な(または一時的な)自宅に応じて作られています。
  2. 到着と出発の場所でだけでなく、税関関税同盟の加盟国の、個人的な使用のための商品に関して商品の申告者として行動する権利を持っている個人への永久的な(または一時的な)家が関与税関操作で作られるかもしれない本契約に従って通関手続き(税関トランジットの税関手続きを除く)の下に置くことなく、個人的な使用のための宣言と、リリース。
    個人的な使用のために物品を輸送する者の請求により、そのような商品は、それらに接続されている税関の操作によってコミットされる場合があります。
    - 一時ストレージ内の配置;
    - コードに従って通関手続きの下に置いた;
  3. 彼らは到着の場所はありません場合は、関税同盟の関税領域からエクスポートします。
  4. 同行手荷物としてインポート個人的な使用のため商品の到着場所で税関通過手続き及び第9契約書で指定された条件の税関手続きの下に置かれるかもしれません。
  5. 個人的な使用の税関当局のために個人が商品を移動するときには関税同盟の関税法を遵守するために必要な場合を除き、車両を離れることなく、税関の操作を実行するためにこれらの人々を提供します。
  6. 個人的な使用のための物品の点で個人通関業務に障害が発生した場合は、本明細書で提供される、またはそれらのリリースの無力は、商品が章21コードに従って拘留されなければならないと述べた。
  7. 税関国境を越えて移動し、そのような商品の認知を反映して個人の個人的な使用のための商品に関しての税関業務の手順は、関税同盟の委員会の決定によって決定税関管理の対象にはなりません。
  8. 商法の規定に基づいて、税関国境を越えて輸送さ個人的な使用のための物品の税関はコントロール。
  9. 関税同盟の加盟国の永住のための個々の個人的な使用の到来(定住)、難民、関税同盟の委員会の決定によって決定避難民のための商品に関して、税関業務の特徴
  10. 国際郵便で送られた個人的な使用のための商品に関しての税関業務の特徴は、関税同盟の関税法によって決定されます。

記事8 - 個人的な使用のための物品の申告

1。 税関への商品のプレゼンテーションと一緒に税関国境を介して自分の道上の個人による個人的な使用のための物品の宣言。
個人的な使用のための物品の宣言、国際郵便で送られた例外を除いて、税関通過の税関手続きの下に置かれ、乗客の税関申告を使用した書面でしなければならない。
その完成、提出及び登録のための乗客の税関申告手続きのフォームが関税同盟の決定によって定義されています。
自然な人も、旅客の税関申告を使用して、書面で税関申告の対象とならない、個人的な使用のための物品の宣言を生成するその欲​​求インチ

2。 書面で税関申告は、でなければならない:

  1. 別送手荷物でトランスポータブルまたは個人にキャリアによって配信個人的な使用のための商品、;
  2. 非関税およびテクニカルレギュレーションを除き禁止と制限を受けており、いかなる方法で可搬型の個人的な使用のための商品、;
  3. 一時的に、輸入コスト、および(または)関税免除でそのような商品の標準化の動きを超過している数を含む任意の方法で可搬型の個人的な使用のための商品、、;
  4. 一時的に関税同盟の関税領域からエクスポートして、この領域への逆輸入関税同盟の加盟国の領域において登録の個人的な使用のための車両を除き、どのような方法で可搬型の個人的な使用のための車両、、;
  5. 現金および(または)関税同盟の関税法によって確立された場合には、税関、国境を越えた個人によって運ば金融政策手段;
  6. 文化的価値観;
  7. あなたが自然人にそれらを移動する場合、同行手荷物としてインポート個人的な使用のための商品は荷物を別送している;
  8. この協定の附属書の3 10セクションI - 3段落にいう個人的な使用のための商品。

3。 や申告者に代わって演技申告者または通関業者によってなさ個人的な使用のための物品の宣言。

彼を同行者によって行われた、16歳に達して(人、他の同伴者または同伴者のない状態でキャリアの代表者の両親は、養子の親または保護者の一つであり、組織的な出口で(入場)されていない個人の個人的な使用のための物品の申告チームリーダーやキャリアの代表) - 両親、養父母、保護者の方、または他の人なしで未成年の。
申告者は、関税同盟や外国人の加盟国の自然人かもしれません:
税関国境の所有、使用、同行手荷物として輸送個人的な使用のための物品に関して(または)処分を横切る時に入手可能;
車両を含む個人的な使用のための譲渡(送信)の商品は、別送手荷物の税関国境を越えて実際の動きのためにキャリアを移動;
国際郵便で送られた個人的な使用のための商品の演技荷主;
対処するために、そのキャリアによって納入された商品は、車両、またはそのような商品の関税同盟の関税領域外に送信を含む個人的な使用のために商品を受け取ったとして;
個人的な使用のための車両の隣に、税関国境を通じて、所持、使用、および(または)の処分権が彼に属する;
税関の監督の下で関税同盟、裁判所の命令、又は相続の関税地域に、所有する権利、使用や個人的な使用のための車両の(または)処分を買収;
税関管理下関税同盟の関税領域に、個人的な使用のための車両と廃棄を所有する権利を有する、使用、および(または);
この協定の附属書3に規定する場合における関税の支払い免除の個人的な使用のために物品を移動する権利を有する。

4。 申告者に書面で個人的な使用のために物品を移動するの税関申告を行う必要があります。

  1. 税関に関税や関税と税金の支払いの支払いを確認したなど、税関での申告書類を提出する;
  2. 税関職員の要請で宣言された商品を提示する;
  3. による関税の支払いやコード、および(または)本契約によって設立のケースで関税と税金の支払いを確保すること。
  4. 関税同盟の関税法で定められたその他の要求事項を遵守します。

5。 あなたは体(のまま)、灰(灰)と棺の税関国境を通って移動する書類の提出とともに、故人の遺灰(灰)と棺(残っている)や骨壷を伴う人が言及した任意の形式で要求を提出することにより、宣言を死んだこの段落の2番目と3番目の部分インチ
死者の遺体(のまま)、灰(灰)、以下の書類を棺の関税同盟の関税地域からの輸出の場合:

  1. 死の関税同盟の加盟国で住民登録のために定められた方法で登記所が発行した証明書、または死亡診断書、または、これらの書類の謄本;
  2. 最後に、可能発掘改葬の地域の公衆衛生サーベイランスの任意の形式;
  3. ケースで彼らは外国からの投資を持っていないと亜鉛棺のシールで葬儀を行った専門組織、任意の形式の行為(証明書)、故人の遺品や貴重品のアプリケーションインベントリはそれらが故人の身体(残っている)と一緒に送信されます。

関税同盟の灰(灰)と死者の遺体(のまま)、次の書類を棺の関税領域にインポートする場合:

  1. 原産国の権限のある機関が発行した死亡診断書、または死亡診断書またはこれらの書類の写し;
  2. ケースで彼らは外国からの投資を持っていないと亜鉛棺のシールで葬儀を行った組織の任意の形態の行為(証明書)、故人の遺品や貴重品のアプリケーションインベントリはそれらが故人の身体(残っている)と一緒に送信されます。

記事9 - 税関トランジットの税関手続きの下で個人的な使用のための物品の配置

1。 税関トランジットの下通関手続きが伴う荷物のトランスポータブル、個人的な使用のために、以下の商品に置かれるかもしれません:

関税同盟や外国の関税領域に登録されていない個人的な使用のための車両;
彼らはどこに永続的または一時的な居住者個々の地域における税関への到着の場所から移動され、この協定に附属の3 10セクションI - 段落3に従って関税の支払いからどの免除の個人的な使用のための商品。
関税同盟及びこの協定の関税法によって決定税関トランジットの税関手続きの下で個人的な使用のための商品を置くための手順と条件。

2。 税関トランジット個々の税関手続きの下で個人的な使用のために物品を置いたときは、本契約に規定がない限り、税関へのトランジットの宣言を表し、関税と税金の支払いのための準備を行う。

3。 個人的な使用のための物品の運送では、申告者として働く税関トランジット自然人の税関手続きに従って、関税同盟の関税法に従って、キャリアと同じ義務を負う。

記事10 - 個人的な使用のための物品のリリース

1。 個人的な使用のための商品の生産に関連する税関操作は、との関係で作られています:

同行手荷物における自然人によって伝えられた個人的な使用(自動車を除く)のための商品 - 到着または出発または永続的または一時的に個々の居住うち地域における税関当局の場所で;

到着や出発の場所での法律に従って国際海(川)港湾、空港またはそれらに等しい - 別送荷物やキャリアによって届いた商品がなどの物理的な人で移動(自動車を除く)個人的な使用のためのグッズ恒久的または一時的に物理リットルを常駐関税同盟の加盟国の領土に位置関税同盟や先の税関当局(配達の代わり)、の州のメンバー TSOまたは出発の税関ボディ。

個人的な使用のための車両は、外国で登録された、彼らは次の方々に移動 - 永続的または一時的に居住者の地域での到着や出発、または税関の場所で;

法律の定めるところにより、国際的な海(川)港湾、空港、またはそれらに等しいですが、到着や出発の場所で - 個人用の車両は、外国で登録された、別送手荷物内またはキャリアで配信財として自然人によって伝えられた関税同盟の加盟国、または送信先(納入場所)または出発の税関の税関当局;

自然人永続的または一時的に居住している加盟国の領土内の到着場所で、あるいは地域での税関当局 - 個人用の車両は、外国との関税同盟の関税領域に登録されていない、彼らは次の方々に移動永続的または一時的に居住者、または出発の代わりに;

個人的な使用のための車は、別送荷物やキャリアによって納入品として自然人によって搬送され、関税同盟の外国状態や習慣領土の領土に登録されていない - 到着や出発の場所で、国際的な海(川)港湾、空港または同等です彼らに関税同盟の加盟国の法律に従って、または宛先の税関当局(配達の場所)に、Gov'tの領土の上にあります 恒久的または一時的に個々の、または出発の税関ボディに住んで関税同盟、のrstva部材と、

個人的な使用のための商品は(自動車用を除く)各項に定める諸条件に関税が免除され、これに伴う荷物で移動3 - 協定附属書の10 3セクションI:

  1. 税関当局は、永続的または一時的に物資の輸送個々に居住しているの領域において;
  2. の到着や出発の場所 - 関税同盟の加盟国の税関当局が関税の支払い免除のための個々の条件の実行に関税同盟の他の加盟国の税関当局が確認することを提供した。

2。 個人的な使用のためか、このリリースを否定するための商品のリリースは以下の日程で行われています:

- すぐに商品のリリースが到着や出発の代わりに税関当局の制御が及ばない理由で不可能な場合を除き、同行手荷物として個人的な使用のための物品の移動、税関のコントロールの後;

- 遅くとも1営業日より本契約の規定に従い、永久的または一時的に個々の居住する地域の中で乗客の税関申告、税関当局、またはその税関当局の登記の日の翌日。

プロシージャ内の個人的な使用のための商品のリリースの拡張機能は、コードで規定。

記事11 - リリース後の個人的な使用のための物品の使用に関する制限

  1. 本契約に段落22 23とタイトルVアプリケーション3にいう個人的な使用のための車両は、その輸入を行使する個人の関税同盟の関税領域で使用することができる。
  2. 個人的な使用のためのこのような車の処分を使用すると(または)権利の譲渡は、他の人に認められる:
    - 彼らの税関申告とポイント10で指定されたレートでの関税や税金の支払いの対象に - 自由な流通のための個人的な使用のための物品の解放のための本契約への附属書の12 5セクションIV、他のフラットレートは、米国の国際的な合意に応じて設定されていない場合を除き関税同盟のメンバー。 自由な流通におけるこのような車両の放出は、使用権および(または)処分を転送した恒久的または一時的に住んでいる個々の領域内の税関当局に行われます。
    - そのような除去が死の理由は、インポートした個々の深刻な病気、またはその他の客観的な理由により申告者によって行うことができない場合は、関税同盟の加盟国の法律に従い、税関当局の許可を得て、その地域外の車の輸出について。
  3. 本条の1にいう機器の一時輸入の期限が切れても再輸出の目的のために、無料の循環のために解放したり、コードの税関手続の下に配置するために、税関申告、税関当局に従うものとする前に。
    自然人は、車両がこのような車の一時輸入の満了前に本契約の5 6の記事を指している)状況がサブパラグラフ1で想定来た)と5これらの車両に関して、この段落の最初の部分を起工宣言する義務から解放され、税関当局れこのような状況の証拠を提供した。

Ⅲ。 関税

 記事12 - 個人的な使用のための物品の関税の支払い

1。 通関手数料は、附属書3 4の税関国境を通過し、この協定に、個人的な使用のための商品に関して支払われていません。

2。 これらの状態の関税同盟のメンバーの他の国際協定は、他を確立する権利を持っているときの場合を除いて、アプリケーションで指定された量で、この協定の附属書5の税関国境を通じて、個人的な使用のための物品について納付すべき関税と税金関税と税金の一般的な料金。

3。 関税、税金、リリース時点とモーター車の量を計算する目的のために、mototransportnyhファンドは、この協定の附属書6に応じて決定される。

記事13 - 車両を除いて、創作、個人的な使用のための商品に対する関税、税金を支払う義務が終了し、

1。 同行と別送手荷物と同様、キャリアによって配信され商品の税関国境を通じて書面で税関申告の対象と個人的な使用のための商品に関しては、本契約に従って計算関税と税金を、、、支払義務は、申告者がある税関当局乗客税関申告による登録のために;

2。 書面で税関申告の対象に、個人的な使用のための商品に対する関税、税金を支払う義務は、税関を伴うと別送手荷物の国境だけでなく、キャリアによって配信される商品を通じて、申告者によって停止します。

  1. 個人的な使用のための財の生産における税関当局の障害 - 通関申告の税関当局の登録で発生関税、税金を支払う義務に関連して;
  2. 自由な流通のための個人的な使用のための物品の解放のために本契約によって設立レートで計算された完全な関税、税の支払いや収集のための;
  3. その国の法律に従って関税同盟の加盟国の財産の個人的な使用のための商品の取り扱い;
  4. 国家の破壊や否定のための税関手続きの下で確立された手順に従い、個人的な使用のために物品を置くことによって;
  5. 事故や不可抗力、またはキャリッジ(輸送)および(または)ストレージの正常な条件の下で自然の損失に起因することで個人的な使用のための物品の破壊(取り返しのつかない損失);
  6. 関税同盟の加盟国の法律によると、個人的な使用のための物品のコストを含めた個人的な使用のための物品の差し押さえのために;
  7. 本契約に従って関税の支払い免除の自由な流通で個人使用のための物品のリリースと;
  8. 未払い関税と税金の額が関税同盟の加盟国の法律に準拠して設立された2ユーロの為替レートと同等のものを超えてはならない場合、ここでの時間習慣を支払う義務に実質的に関税と税金を払う義務はありませんでした関税および税;
  9. 関税と税金の認識が回収不能とな方法でそれらをオフに書かれており、関税同盟、どちらのコレクションこれらの金額の税関当局の加盟国の法律の定める理由にすること;
  10. 申告者の死亡又は関税同盟の加盟国の法律に従い、彼の死の発表に関連してインチ

3。 市場での個人的な使用のための商品のリリースに支払うべき関税、税金。

4。 本契約の第III 5アプリケーション - 個人的な使用のための物品の関税、税金はセクションIによって確立割合で計算しなければならない。

5。 適切なアカウントの前に個人的な使用のための商品に対して支払われる関税と税金の入学に伴う荷物の運搬個人使用、税関当局のための商品のリリース、。

6。 個人的な使用のための物品の関税の支払いは、関税同盟の加盟国の法律に従って、銀行振込または現金で(お金)によることができる。

記事14 - オリジ、個人使用の車両に関税、税金を支払う義務の終了

1。 個人的な使用のための車両に関して関税を支払う義務:

  1. 税関当局が自由に循環させるためのリリースのために提出乗客税関申告を登録時の宣言で生じる;
  2. 本契約書の段落2 13の記事によって確立された場合には申告者によって停止します。

2。 輸入関税、市場での個人的な使用のための車のリリースに支払われる税金。

3。 輸入関税と税金は、本契約にセクションIV 5アプリケーションによって確立されたレートで計算されます。

4。 外国で登録された個人的な使用のために車に関税、税金を支払う義務は、自然人による税関国境を通って、そこにある:

申告者 - 一時的な居住のための登録のために提出され、税関の旅客税関申告を登録した後;
人には誰の車両が本契約書の段落2 11の記事、定めるところにより、その除去のために転送されます - 転送時の税関当局によって発行された日。

5。 自然人で税関国境を通じて、外国で登録された個人的な使用のための車両に対する関税と税金を払う義務がで停止:

  1. 宣言: - 一時的に関税同盟の関税領域にインポートして、ケースを除いて、一時的な輸入の税関当局の満了に輸出車輸出からどこ関税と税金の支払いのために起因する一時的な入院の終了日 - 、関税と税金の支払期日など許可証の発行に先立っての場合を除いて、出産時の税関当局によって発行された日 - 車両は、本契約書の段落2 11記事定める方法により、車両の輸出のために宣言する人に転送された場合
  2. 車両は、本契約の段落2 11記事定めるところにより、その除去のために転送される人と人、 - 車輸出からは一時的に関税同盟の関税領域にインポートされ、一時的に輸入時の税関の前にエクスポートしない限り、関税と税金の支払期日一時輸入の任期を全うする時;
  3. この項において人 - 本契約の段落2 13の定款で定める場合;

6。 一時的に輸入車に関して関税と税金の支払いの期日は、考慮される:

  1. 税関当局の許可なしに他の人に一時的に輸入車の移転 - 移転の日、その日が設定されていない場合は - 一時的な居住のための個人的な使用のためのリリースのために提出された乗客の税関申告の税関当局による登録の日付;
  2. キャリッジ(輸送)とストレージの正常な条件の下で、事故や不可抗力、または天然の損失のために起因する破壊(取り返しのつかない損失)を除いて、税関当局によるそれらの一時的な入院の期間、一時的に輸入車の損失 - 商品が失われた日、その日が設定されていない場合 - 一時的な居住のための個人的な使用のためのリリースのために提出された乗客の税関申告の税関当局による登録の日付;
  3. 一時的な輸入の満了 - 一時輸入の税関当局の満了前に、一時的に関税同盟の関税地域に輸入車への障害のために。

7。 輸入関税、税、段落6で定める場合は、この条旅客通関申告の税関体の登録の日に計算された、自由な流通のための個人的な使用のための商品のリリース時に支払うことになる関税と税金の額に相当する額を納付しなければならない、車両が一時的に関税同盟の関税領域に滞在するために、個人的な使用のために生産されたによると。

8。 個人的な使用のための車の一時輸入の税関当局の満了前には、無料の循環のためのリリースのために宣言することができます。 - この段落の最初の部分を提供した場合の関税と税金は、税関当局の乗客税関申告の登録の日に計算された自由な流通のための個人的な使用のための車両の発行に支払うことになる関税と税金の額に相当する額を納付しなければならないそれによれば車両が一時的に関税同盟の関税領域に滞在するために、個人的な使用のために製造されました。

自由な流通のための個人的な使用のための車の問題の場合には、本項の後半部分に応じて算出関税と税金の支払い(コレクション)、後の税関当局によるそのような発行の一時輸入の税関体の末尾​​に。

本契約のサブパラ2 1 5の記事の第3段落に従って税関管理下ではないものとして認識されるために個人的な使用のために一時的に輸入車に関して、関税や税金の場合には、関税や税金については、同項の第二部に応じて算出されています。

そのような車両は、サブパラ2 1の第3段落に従って税関管理下で認識されていない限り、個人的な使用のための車両について納付すべき関税と税金の合計額は、一時的に輸入時の税関の前に自由流通主張本契約の5物品は関税とこの段落の後半に従って支払われるべき税金の額を超えてはならない。

一時的な輸入の関税本文の最後に自由な流通に記載の個人的な使用のための車両について納付すべき関税と税金の合計額は、本項の第二部に合わせて支払うことになる関税と税金の額を超えてはならない。

9。 個人的な使用のための車両に関して、関税の支払いは、関税同盟の加盟国の法律に従って、銀行振込または現金で(お金)によることができる。

記事15 - オリジ、税関トランジットの税関手続きの下に配置される個人的な使用のための商品に対する関税、税金を支払う義務の終了

1。 税関トランジットの税関手続きの下に置か個人的な使用のための商品の輸入関税、税金を支払う義務は、トランジット申告の税関当局の登録と申告者があります。

2。 税関トランジットの税関手続きの下で個人使用、配置(配置)のための商品の輸入関税、税金を支払う義務が申告者で停止します。

  1. 条6 225コードに従って税関トランジットの税関手続きの完了時に、関税、税金の支払期日手続き時の場合を除き、
  2. 本契約書の段落2 13の記事で指定された場合は、この限りでない。

3。 関税と税金の支払いの納期の場所での税関当局による外国商品の配達が考慮されなければならないとき:

  1. 外国の商品の配送は、受取人へまたは税関当局の許可なしに他の人へのキャリアによる物品の移転の理由であった場合 - 移転の日、その日が設定されていない場合 - トランジット申告の税関当局による登録の日;
  2. 個人的な使用のための物品の非配信が原因で事故や不可抗力に破壊(取り返しのつかない損失)を除いて、商品の損失のため発生した場合、または天然の損失のためにキャリッジ(輸送)とストレージの通常の条件下では - そのような損失の日付を、その日ではない場合セット - トランジット宣言の税関当局の登録を受けた日;
  3. トランジット申告の税関当局が登録の日 - 個人的な使用のための物品の配信不能その他の理由により発生した場合。

4。 輸入関税、輸入関税と輸送申告の税関当局の登録の日に計算された、本契約に従い、自由な流通のための個人的な使用のための商品のリリース時に支払うことになる税金の額に相当する額を支払うべき税金。

5。 この記事は、輸入関税と段落1と2に従い支払われ、又は回復した税金を納める義務のサブパラグラフ3)4ポイントに基づき終了した場合、この記事の輸入関税、税金、コードで定める方法により(オフセット)返金される場合があります。

記事16 - 関税と税金の支払いを確保する

1。 で税関に付与された個人的な使用のための物品の関税や税金の支払: - 税関貨物の輸送だけでなく、そうでなければ、本契約に明記されない限り、関税同盟や外国の関税領域に登録されていない個人的な使用のための車の通関手続きの下に配置 - 外国の国で登録された車の関税同盟の関税領域に関税同盟の加盟国の自然人の一時輸入 - そうしないと関税同盟の関税法によって確立された。

2。 個人的な使用のための物品の輸入関税、税金の支払いは、次のように、コードおよび(または)関税同盟の加盟国の法律によって確立された方法を提供した:

  1. 車は - 他の措置が関税同盟や関税同盟のメンバーの国際協定の関税法に従わずに装置を設置している場合を除き、車両の自由な流通へのリリースで支払うことになる関税と税金の額に相当する額。
  2. 商品の自由な流通のためにリリースされたときに支払われるべき関税と税金の額に相当する金額で - ものを除き、車両を含む個人的な使用のための商品に関してインチ

3。 関税や税金の支払いは、コードによって確立された場合に付与されない。

4。 個人的な使用のための物品の運送では、関税と税金の支払いだけでなく、関税の相互承認の手続きのためにセキュリティを提供税関通過、税関当局、税関の手続きに従って、税金はコードに応じて決定される。

5。 ケースでは関税と税金の支払いを確実にするために、資金(お金)が設けられて彼らの個人的な使用のための車の関税や税金の支払いは、関税同盟の加盟国の法律に従って、銀行振込または現金で(お金)によって付与することができる。

記事17 - 経過規定

  1. ロシア連邦では、関税と税金は、本契約のそれらセット1アプリケーションとは異なるレートで支払われていたそのうちの点では、ベラルーシ共和国と第三国からカザフスタン共和国の領土内に1月2010 5後に輸入車は外国製品によって認識されています: - この協定の附属書5で指定されたレートで支払われた、またはされる関税、税金、関税、税金を支払った差額の関税や税金の支払い - 1月1 2013年まで。この段落の第一部では、関税は関税同盟の共通関税によって設定されたレートで支払われる1月1 2010、後に輸入車には適用されない。
  2. 1月1 2010年後のベラルーシ、カザフスタン共和国の共和国の領域に輸入ロシア車に輸入に対する関税と税金を支払われた金額、本契約5の附属書に指定されたレートで支払われる関税と税金の額との差額ロシア連邦の領土にインポートするベラルーシやカザフスタン共和国の予算に応じて支払うことができる。
  3. 、段落1対象とロシア連邦の法律に従って通関業務 - - 3この記事ロシアの領土に彼らの輸入に、段落5でこの記事を呼ばれる車のための税関制御すること、必要に応じて、関税の支払いをしなければならない。
  4. この記事は、この記事の最初の段落1の第二段落で指定された量で、ベラルーシ共和国、カザフスタン共和国の予算に支払われていない1に規定する自動車の点では関税や税金は、以前はロシア連邦は、そのような習慣の領土に輸入する場合関税や税金のチェックポイントがある地域では、ロシア連邦の税関当局への税関申告にロシア連邦の連邦予算に支払わ、および(または)交差点 私は、ロシア連邦の州境のロシア・カザフスタン・ベラルーシやロシアのセクションでよ。
  5. 関税と税金の支払いがなく、関税の適用なしにベラルーシ共和国、カザフスタン共和国の領土に登録この記事は、一時的にのみ恒久的にベラルーシ共和国、カザフスタン共和国に居住する者がロシア連邦の領土に輸入することができる1段落で言及車、税金。 他の者が、そのような車のロシアでのインポートおよび使用、ロシア連邦の領土内だけでなく、彼らの処分、使用、廃棄には、唯一のロシアの税関当局と段落1の存在に基づいて関税と税金の支払いに宣言する彼らの習慣の条件の下で許可されなければなりません記事。
  6. 追加の使用条件および(または)処分、ロシア車の登録は、この記事の前に関税同盟資格の取得だけでなく、そのような使用および(または)廃棄は、登録を実施するための手順と段落1に言及することに応じて決定されなければならないロシア連邦の法律。
  7. 税関ベラルーシ共和国の当局は、カザフスタンと車についてロシア情報を共有し、自由に1月1 2010年後のベラルーシ共和国やカザフスタン共和国の領土内の循環、そのような車両に関して関税と税金を支払われた金額にインポートされ、放出された。
  8. コー​​ドの効力発生の日からのコードの発効前に関税同盟の加盟国の領土で個人輸入この記事段落1で指定したもの以外の個人的な使用は、、のための商品は関税同盟とみなされます。
  9. 車がいるかどうかに関係なく関税、税金、関税、税金を払っ差の量でロシア連邦関税と税金の連邦予算への支払い、の、段落1中にロシア連邦関税同盟に認識1 1月2013年後にこの記事を呼ぶ本契約の5の附属書に指定されたレートで支払われます。

記事18 - アプリケーションのステータスと修正するための手順

この協定の附属書は不可欠な部分を形成しなければならない。
この協定の締約国の合意と、アプリケーションによっては、この協定の不可分の一部である別のプロトコルに改正することができる。

記事19 - 紛争の調整

この協定の解釈及び(または)適用に関する締約国間の紛争については、協議と交渉を通じて、最初の場所で解決されるものとする。
紛争は、相手方に対して紛争の当事者の一方に向かって自分の行動への公式文書による要請の日から6ヶ月以内の交渉と協議を通じて両当事者により解決されていない場合は、、それ以外の場合は、その決議の方法に関して紛争の当事者間に合意がない限り、当事者のどちらか紛争は、ユーラシア経済共同体の裁判所に紛争を参照する場合があります。
それはユーラシア経済共同体の裁判所に提出される前に、関税同盟委員会は、紛争を解決する際に締約国を支援しています。

記事20 - 発効の順序

この協定は、批准されなければならないと11 27 2009年に関税同盟の関税法の発効日から暫定的に適用しなければならない。
この協定は、この協定の効力発生のために必要な内部手続きの締約国の外交ルートを通じて最後の書面による通知の寄託者が受領した日から、これを施行する。
ロシアで1正本で、6月18 2010のサンクトペテルブルクの街で行わ
本契約書の原本は、本契約の各当事者に謄本をお送りいたし関税同盟委員会に保管されます。

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!