Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン語 Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
情報 決定、意思決定、受注、手紙、 関税同盟協定

契約

衛生対策上の関税同盟

 政府 - ユーラシア経済共同体内の関税同盟のメンバー(以下、 - 関税同盟)は、以下の製品の人口の中で導入し、感染性と非感染質量症(中毒)の普及に関税同盟の関税地域の保護を確実にするために、締約国と呼ばれる(財)それは、技術的な規制の分野における協調政策に関する協定に基づいて、SAを衛生疫学および衛生要件を満たしていません itarnyhとアカウント国際保健規則を考慮して、人口の衛生と疫学的福祉の分野での協調政策の有用性を認識し1月25 2008から植物検疫措置、(2005グラム。)、貿易の技術的障害に関する協定および世界貿易機関の衛生植物検疫措置の適用に関する協定は、マラケシュ、州の領土の衛生保護の分野における協力に関する協定の街で4月15 1994での多国間貿易交渉のウルグアイ・ラウンドの最後に採択 - 連邦の参加者月31 2001、状態で輸入潜在的に危険な製品の衛生的な評価との相互作用のための手続に関する協定から独立した国 - 参加者Sodruzhe 独立国家トゥワ4月16 2004年から以下のように、合意しました:

記事1

この協定の目的のために、以下の定義:

"製品の安全性の証明
(グッズ) " - 衛生および疫学監督(コントロール)、人間の健康のために安全性の対象と所轄官庁により発行された製品(商品)の適合性を確認する文書(衛生疫学的証明、状態の登録の証明書);

"衛生および疫学監督(コントロール)" - 許可された団体の活動、関税同盟、人口の衛生および疫学的福祉の分野における締約国の法律の規制によって確立必須要件の違反の防止、検出、抑制を目的とした;

"衛生対策" - 有害な環境要因、その除去または削減へのヒトの曝露のリスクを評価するために設計された組織、管理、エンジニアリング、医療、その他の対策、伝染病と非伝染性​​疾患及び質量(中毒の予防)とそれらを排除する。

"制御された商品" - 財、化学、生物、放射性物質、廃棄物、関税同盟の関税国境を越えてと関税同盟の関税領域における人間の食品、材料、商品に有害である他の財、国家衛生および疫学的監督を受ける(コントロール)、自国の法律に従って;

"認定機関" - 人口の衛生および疫学的福祉の分野で認可されたパーティーの団体や機関。

本明細書に具体的に定義されると、他の国際協定によって設立された値で使用されていない用語は、関税同盟の枠組みの中で結論付けた。

記事2

この協定は、人、車両、関税同盟の国境と関税地域における衛生および疫学監督(コントロール)( - 財の共通リストという)を受けるべき貨物の単一のリストに含まれている商品の制御下に適用されるものとする。

税関国境と関税同盟の関税領域における衛生および疫学監督(コントロール)は人と関税同盟の関税国境を越える車両の状態衛生や疫学監督(コントロール)の手続きに関する規則に沿って行われ、制御された商品は、税関国境を越えて移動関税同盟と関税同盟(以下 - 衛生および疫学的サーベイランスに関する規則)の関税地域。

衛生および疫学監督(コントロール)( - 制服衛生要件以下)の対象商品のために均一な衛生疫学と衛生の要件を適用する関税同盟の関税領域。

この協定を実施するために、締約国は、以下を行う。

  • 衛生要件制服統制品の適合性を判断するために関係当局の結果を認識する。
  • 導入、普及と関税同盟と人間の健康、緊急対応だけでなく、生物剤、化学物質や放射性物質を含むテロ行為に危険な大量の非感染症(中毒)の関税地域の根絶を防ぐために、協調行動を取る;
  • 関税同盟の関税領域と生命、健康及び統制品の生息環境にとって危険でトラフィックに輸入を防止するための衛生管理措置を行使する。

記事3

締約国は、関税同盟の税関国境に位置し、人、車両、締約国の検問所での関税同盟の関税国境を介してそれらをドラッグすることにより、制御下財の尊重の衛生や疫学監督(コントロール)しなければならない。

締約国は、関税同盟、衛生検疫所の税関国境を越えた商品の制御された動きのために意図されたチェックポイントを確立し、抗流行対策を実施するために必要な措置を講ずるものとする。

関税同盟委員会は、それらの法律に従って締約国によって定義された特別装備の検問所で関税同盟の関税国境を通って移動する制御された商品のリストを決定します。

記事4

認可され体は製品の安全性を確認する文書のサンプル(商品)は、単一のフォーム、およびそれらの発行に従事する機関や研究機関のリスト上に描画される交換が行われました。

記事5

輸入と関税同盟の関税領域における統制品の取り扱いは、製品の安全性を(商品)を確認する文書である。

当事者は文書が制服のため関係当局が発行した商品の共通リストに含まれており、制服衛生要件の製品(商品)の適合性を証明する製品の安全性(商品)を確認することを認める。

彼らは文書を発行した締約国で有効期限が切れるまで、この協定の効力は有効に存続するものとする前に認証機関によって発行された製品の安全性を(商品)を確認する文書、。

ユニフォームの衛生要件を満たしていない管理された商品の識別における国家衛生疫学監督(コントロール)の実装では、締約国は、衛生および疫学的サーベイランスに関する規則に従い、措置を講じなければならない。 締約国は、これらの文書に基づいて発行された製品(商品)の安全を確認した文書を発行した関係当局から研究室の調査のレポート(試験)を要求する権利を有する。

記事6

製品の衛生と疫学的サーベイランスに関する規則、制服衛生要件と関税同盟( - 委員会という)の委員会の決定により承認された製品の安全性を(財)確認制服ドキュメントの単一のリスト。

それぞれの権力の締約国の日から委員会は、この記事の最初の部分で述べた文書を維持しなければならない。

この条の目的のために、委員会は、この記事の最初の部分で変化し、これらへの追加を行う文書の行為を指しますしなければならないため、コースでは、締約国の彼らのその後の採用とコミュニケーション。

この記事の最初の部分に記載されている文書への変更や追加のための提案は、締約国の権限のある当局の提案を含め、しかるべき時期に委員会にしなければならない。

記事7

関税同盟の関税領域における感染やマス非疾患(中毒)および(または)分布の検出​​例で所轄官庁:

- 人口の感染やマス非疾患(中毒);

- 人間の生命、健康及び生息地への危険な製品、

12によってそれらの情報を送信するだけでなく、技術的な規制の分野におけるユーラシア経済共同体の情報システムの整備に関する協定に基づいて定める技術上の規制、衛生植物検疫措置の分野でのユーラシア経済共同体の情報システムにおける衛生対策の措置に関する、衛生植物検疫措置12月2008年、との考え方に基づいて設立関税同盟の外国との相互貿易の統合情報システム、 11月27 2009年にユーラシア経済共同体(関税同盟の最高機関)の連帯協議会の決定により承認された関税同盟の外国との相互貿易の統合情報システム、22数の形成。

承認され機関が人口の衛生および疫学的福祉の分野における相互の科学的方法論と技術支援を提供し、互いに知らせる:

  • ユニフォームの衛生要件を満たしていない管理された商品の可能収入;
  • 国際保健規則に提示危険な感染症のケースごとに(2005グラム。)、そして生命と健康製品への危険。

記事8

相互の合意によって承認機関に、必要に応じて、衛生や疫学や衛生要件に準拠していない感染症や大量の非疾病(中毒)、制御された商品の輸入と普及上の関税同盟の関税地域の衛生と保護の分野での関税同盟の法律を遵守するために、 、制御された財を生産、締約国の領土での共同監査を(検査)を行うだけでなく、効果的に様々な問題に対処する。

任意の特定のケースでは、別段の合意がされていない限り、この協定の実施に伴う資金調達コストは、締約国のそれぞれの予算のものでなければならない。

記事9

締約国は、一時的な衛生措置を課し、次の場合には抗流行対策を実施する権利を持っている:

  • 締約国の領土内の衛生疫学的状況の悪化;
  • 関連する国際機関は、締約国と国でない締約国は、本契約には、該当する健康対策および(または)衛生疫学的状況の悪化からの情報;
  • 衛生措置の使用のための科学的根拠が不十分であるか、または時間に与えることができない場合を除き、
  • ユニフォームの衛生要件を満たしていない管理された商品の識別。

できるだけ早く、締約国は、衛生的な衛生および抗流行対策や変化の導入で他に通知しなければならない。

他の締約国が必要な措置を講じ、そのような措置の導入には、保護の手の適切な水準を確保するかを決定する抗流行対策を実施しなければならない一時的な衛生措置の締約国の1の導入に伴い。

記事10

この協定の解釈及び(または)適用に関する締約国間の紛争については、協議と交渉を通じて解決するものとします。

紛争が協議·交渉、他の締約国の締約国のいずれかの正式な書面による請求を受領した日から6ヶ月以内に締約国によって解決できない場合は、いずれの締約国は、ユーラシア経済共同体の裁判所に紛争を指すものとする。

記事11

この協定の締約国の合意によって別々のプロトコルに改正することができる。

記事12

契約の順序は力に加盟し、それらのうち、関税同盟の法的枠組みを確立し、10月6 2007年によってそれらに付着することを目的と国際協定の発効に定義されたプロトコルからの出口に入る。

ロシアで1正本で、12月11 2009のサンクトペテルブルクの街で行われる。

本契約書の原本は、この協定の寄託者として、各当事者は謄本をお送りいたし関税同盟委員会に保管されます。