Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
通関 商品の原産地規則

商品の原産地規則

章7 CC CUに指定された原産国を決定するためのルール。 アートによると。 起源の58 CUのCC国は、製品が完全に生産された国または十分に深い処理です。 CCのCU自体は、用語「十分な処理」が何を意味するかの正確な理解を与えるものではありませんが、関税法源の分析は、この用語は、見出しは、船荷証券、外国貿易の処理後に変更されている状況を隠すことが明らかになりました。 同様の基準がこの目的のために使用される材料の物品の処理のための操作の複雑さ、量及び原点を果たすことができます。

商品の原産国を決定するための手順は、関税同盟の加盟国の国際協定の規範に基づいて確立されています。 いずれにせよ、関係者(申告または通関代表)は、貨物のドキュメントの税関当局によって原産国を確認する義務があります。 確認の主要な形態の商品の起源や由来の宣言の証明書です。 アートの下で。 宣言と60のCCのCUは、どの業務記録することができます。 商品の原産の宣言は、広く受け入れられていません。

原産地証明書 - その認定製品を製造した領土や深い処理で国の認可状態本体や組織によって発行された文書。 証明書は、財の輸出国の管轄(認可)団体や組織によって発行することができます。 関係者への原産地証明書の提供は - それは商品供給者の義務である(しかし、これは供給契約に指定されている場合のみ)。 原産地証明書は、権限や好みを取得しようとしているの関心自体申告では、税関当局を提供する必要はありません。

原産国を決定するための規則は、証明書(nは。記事5。61 CC CU)で提供される情報を明確にし、補完、証明書を発行した要求された権限や組織の税関管理の実装の税関当局は、追加情報を提供することを可能にします。 証明書が失われた場合には、税関当局は、その謄本(P。B 3。61 CC CU)かかります。 原産国を証明する書類は、税関申告と同時に与えられています。

原産国の証拠とすることができる任意の文書が存在しない場合には、商品が最恵国待遇が上の指定された財の輸入のために確立されないため、権限や好み全くしていないとの国で生産さや深加工されたと仮定されます関税同盟の領土は使用できません。