通関 通関体制 再輸出

再輸出

通関体制以前にロシア連邦の関税地域に輸入された商品は、支払いをせずにこの領土からエクスポートまたはインポート関税と税金の購入価格を払い戻し、経済的性質の禁止及び制限の適用なしに、外国貿易の国家の規制に関するロシア連邦の法律に基づき設立された下活動。

被験者は、再度、石油、天然ガス、ゴム、非鉄金属、羊毛、皮革、食品かもしれません。 商品は、処理を除く、(例えば、再パッケージ化と並べ替え)も変更されないように、マイナーな処理後に再輸出することができます。

国に輸入を再区別(直接再)と国への配送がない場合(間接的な再)海外で購入する場合、商品は第三国に直接送出されています。

ロシア連邦、長期的に 再輸出 も示し 通関体制その下に外国製品は、任意の支払いまたは輸入関税、税金と適用する経済制裁の戻りなしにロシア連邦の関税領域からエクスポートされます。

そのような商品の実際の輸出は税関申告の日から遅くとも6ヶ月以上行わなければならない。 所定の期間内に実際の輸出の非実装では、関税、税および中央銀行によって設定された速度で、その利息に責任があると、この銀行に提出した。時

支払われた輸入関税および税の再輸出が返されるようにする場合は、商品を提供した:

  1. 輸送と保管の通常の条件下で自然劣化または損失に起因する状態の変更を除いて、エントリー時と同じ状態にある。
  2. 輸入された日から2年以内に輸出さ;
  3. 所得を導出するために使用することはできません。

再輸出は、ロシア連邦の国家税関委員会によって決定されるように設けられ、ロシア連邦の税関当局によって許可され、ロシアの立法行為によって決定される場合には、ロシア連邦やロシア連邦の国際条約の政府の役割を果たしなければならない - 他の認可されたボディの許可を得て。

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!