通関 関税と非関税規制 非関税制限

外国貿易の非関税障壁

非関税制限 - 国内市場における外国製品の侵入を防止する限定的、法外のセット。

国際慣行では、非関税措置の限界は5グループに分かれています。

  1. 外国貿易の国家の参加を反映
  2. 税関と関税評価方法や原産国の決定を含む管理上の輸入手続き、船積書類と登録のための要件の形式、商品分類率を兼ね備えています
  3. 商品の衛生および獣医規格、包装及びラベルに、安全消費者のための基準、環境に関する基準と要件で構成されています
  4. 輸入と輸出の量的および交換の制限
  5. 輸入預金、金利の変動、国境税制度や移動費用 - 制限が支払いの原則に基づく。

上記の活動は、ツールおよび行政規制の使用の財務的影響によって実装されます。 

財務的影響輸入で起訴されているシステムとターゲットの異なる通関手数料、税金および関税(関税を除く)が提供する外国貿易業務。 当該手数料の合計額が大幅に関税の額を超えて、彼らはフラットレートの形を持っていない、環境と経済政策の状態に応じて異なります。

このすべては、輸入国のクリアランスに将来費用を予測するために輸出を取ります。

コー​​ルの財務的影響を測定 パラ重要な影響力と輸入の流れのように入れて障害物とは、外国貿易の規制で使用されている措置。

固定料金、税金と手数料が示す推定値が期待されていないと、主に輸入品の国内価格を増加させる、文字を組み合わせています。

これらは内部特別税及び可変輸入関税、国境を越えた商品のクリアランスと動きのインポートおよび特定の補償給付や補助金の輸出業者に、国内生産だけでなく、国境税および充満のための商品との関係で反ダンピングと相殺関税が含まれています。 

行政規制の方法輸入 - 特定の仕入先からの収益のあらゆる送信元または制限から特定の商品の輸入量またはレベルを低減するための様々な定量的およびコストの制約。

これらのメソッドは、禁止事項の様々なタイプを含める 配分, ライセンス供与, 数量制限, 税関規制, 技術基準や安全規制, 電源の自己規律、 アンチダンピング措置. 

管理ツール一時的な性質、経済的手法の有効性の欠如に追加措置を検討した。 しかし、景気の低迷と不平衡経済の間、彼らは米国で使用される他の国との貿易関係の規制のための主要な楽器は非常に多様であります。

外国貿易の規制の枠組みは非関税規制の範囲全体を使用できます。 しかし、それらのすべては、実際にロシアで使用されています。 非関税障壁の主なカテゴリには、ロシアに残っている 数量制限(クォータ) и 特定の商品の輸入と輸出のライセンスを供与.

措置も非関税輸出管理と国際的な経済制裁の実施への参加を含む。

 
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!