Russian 中国語(簡体字) 英語 フィリピン Italian Japanese Korean Malay Thai ベトナム語
認定 技術規則TC 機械設備TR CU 010 / 2011の安全性に関する

機械の安全性について、CU技術規則010 / 2011

Содержание

序文

1。 この技術基準は、共通の原則とベラルーシ共和国、カザフスタン、11月18 2010市のロシア連邦における技術規制の規則に関する協定に基づいて設計されています

2。 この技術基準は、開発(設計)、製造、設置、試運転、運転、保管、輸送、マーケティングおよび利用における機械および(または)機器の要求事項の適用と実施のための義務的な均一の関税同盟の共通関税地域を確立するために設計されて、確実に自由な車の動きと関税同盟の共通関税地域内循環に入れ(または)装置。

3。 機械の尊敬と(または)機器に関税同盟のその他の技術的規制を受け付けます場合は、ユーラシア経済共同体の技術規則(以下 - EEC)は、マシンの要件および(または)装置、機械および(または)装置を確立することは、これらの技術的な要件を満たさなければならない彼らは対象と関税同盟の規制、EurAsECアクション。

記事1。 アプリケーションの球

1。 この技術基準は、関税同盟の共通関税地域で流通して製造されたマシンと(または)装置に適用されます。

2。 この技術基準は、人間の生命や健康、財産、環境を保護するために、開発(設計)、製造、設置、試運転、運転、保管、輸送、マーケティングおよび利用における最低限のセキュリティ機器の要件および(または)装置を確立し、生活および動物の健康、消費者に誤解を招く行為の防止。

3。 この技術基準は、マシンに適用され、明らかに危険を特定し、除去または軽減するための要件は、附属書に基づいて確立された(または)機器は、1を№と2を№。

4。 この技術基準は、マシンおよび(または)装置は、次の種類には適用されません。
- 機械および(または)ネットワークと無線周波数スペクトルの整合性と持続可能性を確保することに関連する機器;
- 医療目的に使用し、患者(X線、診断、治療、整形外科、歯科、外科器具)と直接接触して使用される機械および(または)装置;
- 特に原子力の分野で使用するために設計マシンおよび(または)装置。 機械、一般産業用(または)機器は、原子力エネルギーの分野で適用される、これらの技術的な規制の効果は、原子力と放射線の安全のための要件と矛盾しない範囲に適用されます。
- 自分のマシン上で述べられているもの以外の(または)装置輪車、;
- 海と(自分のマシンおよび(または)機器に使用されるものを含めて船やクラフト、)河川輸送車両;
- 航空機や宇宙船;
- 鉄道車両、特に鉄道と地下鉄で使用するために設計された技術的なツール。
- 観光;
- 武器や軍事機器;
- 障害者による使用を目的機械および(または)装置;
- 農業と林業トラクターやトレーラー、自分のマシンおよび(または)装置に記載されたもの以外の;
- 自分のマシンおよび(または)機器に使用されるものを除き、掘削プラットフォーム、。

5。 現在の技術基準は、機械や危険な生産設備で使用(または)装置に適用されます。

6。 リスクは機械によってもたらされる、と完全にまたは部分的に関税同盟、ユーラシア経済共同体、機械および(または)装置の他の技術規則にインストール(または)機器は、関税同盟の技術的規制の要件を満たさなければならない場合は、ユーラシア経済共同体は、それらが対象となる行為そのうち。

7。 マシンを特定し、(または)装置は、そのような装置のサンプルや説明を特定のマシンにマッピングし、(または)しているときに、これらの技術規則、分類、仕様、図面、仕様、運用の段落1 6の記事で言及標準を使用することもできるマニュアルを参照してください。

8。 附属書№2に従って設置機械設備の特定のカテゴリのための追加的な安全要件。

記事2。 定義

1。 この技術基準は、次の用語とその定義:
アバリ - の破壊や機械の破損および(または)機器、機械の操作の開発及び(または)装置制御されていない爆発の危険や有害物質の(OR)のリリース;
許容リスク - 機械の使用や製造業者の技術的、経済的な可能性に基づいて(または)機器からのリスクの意義、適切なレベルのセキュリティは、製品のライフサイクルのすべての段階に維持すること。
ライフサイクル - (再建、修理、メンテナンス、サービスなどの設計、製造、保管、設置、試運転、運転、)相互リンクのステージを含むリサイクル設備の完成まで、初期設計と機械(または)までの期間;
事件 - 拒絶機および(または)装置、プロセス条件からの偏差;
致命故障 - 拒否のマシンと(または)装置、動植物の生命や健康、財産、環境、生命と健康に害の原因となっているの可能な結果;
マシン - 相互接続された部品または構成要素の少なくとも一部、または特定のアプリケーション(例えば、取り扱い、加工、取扱いまたは包装材料)のために一緒にグループ化された適切なアクチュエータを有する1つのノードに移動すると、制御回路、電源のシリーズ;
モバイルパワーツール - トラクター、ユニバーサルエネルギー資源のモーター車のシャーシ;
割り当てられたリソース - 機械および(または)機器の操作は、その技術的条件に関係なく、停止しなければならないそれを超える総時間;
労働時間 - 機械および(または)装置の期間や程度;
指定された生涯 - カレンダー機の運転期間や動作に関係なく、技術的条件の、終了するかそれを超える(又は)装置;
任命された長期保存 - カレンダー·ストレージ·マシンの期間とそのストレージに達すると関係なく、技術的条件の、終了する必要があります(または)装置、;
マシンの使用目的 - オペレーティング文書において製造事業者が指定された目的に応じてマシンの使用および(または)装置;
安全正当化 - リスクの分析を含む文書だけでなく、設計、運用、ライフサイクルのすべての段階のための最低限必要な安全装置に伴う措置及び(または)装置に関する技術文書や大手術の後の段階でリスクアセスメントの結果の情報によって補完されている内容修理;
機器 - 単独で、またはそのコアおよび(または)追加の機能だけでなく、単一のシステムに複数のマシンをマージするを実行するのに必要なマシンの技術的な装置にインストールされている。
失敗 - 使用するためのデフォルトのルールやガイドライン(命令)の製造又は修理の設計、非確立されたプロセスにおける構造違反の結果、健康な状態マシンと(または)装置に違反しているイベント。
状態を制限 - ステートマシンとその継続的な操作が無効であるか、非現実的または不可能または非現実的彼らの健康な状態を復元している(または)装置;
接続可能 - モバイル、トレーラー、セミトレーラー、マウントされ、半マウントまたはモバイルエナジーに搭載された、生産等農産物の一次処理で操作を実行するように設計されたマシンを意味します。
開発者(設計者) - 機械および装置の新しいタイプの、プロトタイプのプロトタイプおよび製造のための技術文書の開発を作成するプロセスを実施する法的または自然人;
開発者(デザイナー)のシステム - 法律や機械系のためのプロジェクトのドキュメントを作成するプロセスを実行する自然人及び(もしくは)設備(生産ライン、関連する生産サイクル);
農業トラクターユニット - トレーラー、セミトレーラー、またはマウントマシン(複数)、および技術農作業を提供することを目的としたモバイル電源ツールの組み合わせである、複合体;
система - 動作可能に必要な機能を実行するための構造的および(または)組合せ機器のマシンのセットおよび(または)、;
危険 - 人間の生命と健康、財産、環境への危害の潜在的な供給源;
危険地帯 - 人間の曝露の危険性が、機械や装置から発せする空間;
リスク - 被害と人間の生命や健康、財産、環境、人間の生活や動植物の健康に害の影響の可能性の組み合わせ。

記事3。 市場流通

1。 機械や(または)機器は、彼らがこれらの技術的規制、関税同盟、ユーラシア経済共同体、これらが対象であるの作用の他の技術的な規制を満たす市場で発行され、彼らはこの技術規則に定める適合性評価手続に合格していることを条件とするものよく関税同盟のその他の技術的規制として、ユーラシア経済共同体は、それらが対象となる行為そのうち。
機械や(または)装置、適合性要件は、本明細書のチェックされていない、誰も関税同盟の加盟国の市場に出回っている製品のマークが付いておらず、関税同盟の共通関税地域内循環中に放出されることは許されないべきである。

記事4。 マシンの安全性を確保し、(または)装置の開発(設計)

1。 (設計)機械および(または)装置の開発にライフサイクルのすべての段階で起こりうる危険を識別しなければならない。

2。 同定された危険性のために実験的、または類似の機械および(または)設備の操作に応じて専門家が、リスク評価計算を行うべきである。 リスク評価技術は、段落の記事1 6これらの技術規則で参照される規格に取り付けることができます。

3。 (設計)を設計する場合、機械および(または)装置のために決定し、許容可能なリスクを設定する必要があります。 特定されたリスクへの適切なセキュリティレベルが提供される。
- 研究開発活動の完全性;
- 所定の方法技術で検証に基づいて、必要な計算と複雑な試験を実施する。
- パラメータおよび運転状態に応じて、特定の種​​類のマシンに使用される材料や物質の選択および(または)装置;
- 開発者の確立(設計者)の基準は、米国を制限する;
- 開発者(デザイナー)寿命の確立、割り当てられたリソース、メンテナンス、修理、廃棄のタイミング。
- 可能な誤使用予測可能なマシンと(または)装置に関連するすべての危険性を同定すること;
マシンの使用中の制限および(または)装置。

4。 推定リスクが高く、機械のいずれの動作モードで人員の介入なしに、それを変更し、プロジェクトの車(または)で搭載されていること低減し、許容、および(または)装置(介入が指導(命令)説明書を提供していない場合)の場合。

5。 それはユーザーマニュアルでプロジェクトを変更するだけでなく、非経済的で、許容できるリスクを決定する、機械および(または)機器の技術的特性を達成することは不可能であるときは(命令)マニュアル本機の使用条件が制限された情報、および(または)機器や、注意の必要性が含まれていますセキュリティ対策。

6。 (設計)機械および(または)装置を開発する上での物理的因子のレベル(ローカルおよび全身振動騒音、低周波音、空気と接触超音波、電磁界)、有害と有害物質の排出レベルをインストールする必要があり、その動作の安全性を確保するため。

7。 (設計)機械および(または)装置の開発に安全正当化を設計する必要があります。
機械の製造業者および(または)機器や機械および(または)機器を操作する機構 - 機械の安全性と(または)開発者(設計者)に格納されている機器、コピーの元。

8。 ガイドライン(命令)マニュアルの開発は、マシンの開発(設計)、および(または)装置の不可欠な部分です。 マニュアル(ユーザー)マニュアルには含まれています:
- 機械および/または機器の操作、特性(プロパティ)の設計、原則に関する情報;
- 設置、組み立て、セットアップや調整、機械のメンテナンスや修理、(または)機器の説明書;
- 試運転、意図された使用、保守、あらゆる種類の修理、定期的な診断、検査、輸送を含む機械の使用手順、および(または)機械を使用する際に注意しなければならない機器や安全対策、(または)装置、 、包装、保存、保管条件;
- デザイン·機能に応じて割り当てられた値(指定された貯蔵寿命は寿命を指定して(または)割り当てられたリソース)。 リサイクルについての指定された指標(割り当てられたリソース貯蔵寿命、寿命)車両および(または)サービスから削除機器、およびその修理の方向についての決定、の終わりに、チェックして、新たな指定指標を確立する(割り当てられたリソースの保存寿命、寿命);
- 重大な障害のリスト、事件や事故につながる可能誤動作;
- 事件、事故や重大な障害が発生した場合の人事アクション;
- 基準は、状態を制限する;
- 廃炉や廃棄のための手順。
- スタッフの資格に関する情報。

9。 使用するためには使用しないプロのユーザーガイド(マニュアル)を対象とし、機械及び(または)装置は、アカウントに、このような利用者の知識、技能と経験を講じなければならない場合。

記事5。 製造、貯蔵、輸送、使用、廃棄に機械の安全性と(または)装置を確保

1。 マシンおよび(または)機器の製造では、彼らはデザイン(設計)のドキュメントと、これらの技術規則を満たしていることを保証しなければならない。

2。 機械の製造及び(または)機器メーカーでは、セキュリティ対策、特定のプロジェクト(設計)のドキュメントの完全な範囲を実行する必要があり、彼らはまた、セキュリティに影響するすべての技術的な業務の実施状況を監視することができなければならない。

3。 機械の製造及び(または)装置でプロジェクト(設計)のドキュメントを指定されたテストを実施しなければならない。

4。 機械の製造及び(または)機器に適用可能なプロセス制御システムの対象に技術規則に従ってプロジェクト(設計)のドキュメントによって確立された安全要件を備えていなければならない。 循環への放出前にリスク機械の評価と(または)装置を実施することにより製造された。

5。 プロジェクト(デザイン)機械の製造にドキュメンテーションおよび(または)装置からの逸脱は、開発者(設計者)と調整する必要があります。 合意されたプロジェクト(設計)のマニュアルに従って製造されたマシンの使用によるリスクおよび(または)装置は、開発者(設計者)が設定した許容リスクよりも大きくすべきではない。

6。 機械メーカーおよび(または)機器は、機械および(または)機器ガイダンス(命令)説明書を提供しなければなりません。

7。 機械および(または)機器は、危険に対する警告ラベルや看板明確に読みやすく、消えないものでなければならない。

8。 機械および(または)装置がうまく明確に区別されなければならないと消えない識別ラベルは、含む:
- 製造業者名および(または)その商標;
- 名前と(または)機械の指定及び(または)装置(タイプ、メーカー、モデル(もしあれば));
- 製作の月と年。

9。 情報は、段落8でこの記事を記載されている場合、それは車に置くことは不可能であると(または)装置、彼らはこのマシンに接続し、(または)ハードウェアマニュアル(命令)マニュアルで指定することができます。 この場合、製造業者名及び(または)その商標名とマシンの指定および(または)装置(タイプ、メーカー、モデル(ある場合))は、包装に表示しなければならない。

10。 段落8で言及情報この資料では、マニュアル(命令)説明書にある必要があります。 また、管理者(利用者)マニュアルでは、その連絡先を、製造業者(製造業者が認定した者)、輸入業者は、情報の名前と住所が含まれている必要があります。

11。 関税同盟のメンバー(S) - ロシア語および(S)状態(中)法の適切な要件と関税同盟の加盟国の状態(s)は、言語(複数可)で行われるマニュアル(手動)操作。 マニュアル(手動)操作は、紙の上で行われます。 それは、電子形式での運用ドキュメントのセットを適用することができます。 マニュアル(手動)操作、マシンのセットの一部および(または)機器は、製造業者の選択に応じて、家庭用製品ではありませんだけで、電子メディア上で実行することができます。

12。 包装機および(または)機器に使用される材料や物質が安全でなければならない。

13。 輸送·保管機械および(または)機器、その部品の部品は、セキュリティの要件の対象にする必要があり、プロジェクト(設計)と運用資料を提供した。

14。 メンテナンス、修理、点検のマシンの間、および(または)装置は、これらの作品の間、一番上(命令)マニュアル、プログラムのメンテナンスや修理された要件を遵守しなければなりません。

15。 マシン、および(または)その修理に起因する機器への変更は、開発者(設計者)と合意する必要があります。

16。 オーバーホール機及び(又は)装置は、リスクアセスメントを実施しなければならない後の値が許容を超えてはならない。 必要であれば、許容可能なリスク値を達成するための技術的、組織的な対策を開発しました。

17。 改装マシンと(または)のためにデザイン(設計)のドキュメントを満たしていない機器を考慮に採択された技術のプロセス制御システムを取って安全リスク値で確立さ対策を確実にするために開発されるべきである。

18。 使用のためのマニュアル(説明書)は、安全な機械の処分および(または)装置のためのガイドラインを確立しなければならない。

19。 ユーザーマニュアル(命令)説明書にマシンと(または)設計に際して割り当てられたリソースや設計寿命後にマシンの誤用および(または)機器の防止策を定義する必要があります。

記事6。 安全要件への準拠を確実にする

マッチマシンおよび(または)装置、この技術基準は、(州間高速道路基準の適用前)間高速道路規格の要求事項との直接またはコンプライアンス要件によって保証され、彼らの不在にあり - 関税同盟の加盟国の国民(状態)規格は、自主的に、結果として基礎、コンプライアンス
技術的な関税同盟の規制、関税同盟のこの技術基準や製品の評価(確認)(以下、 - 標準規格)の実施の要求事項の適用と実施のために必要なサンプリングの規則を含む研究(試験)および測定のルールや方法を含む標準規格関連する機械(または)装置。
これらの規格の自主的な性能要件、この技術基準の機械および(または)機器の安全要求事項の遵守を示しています。

記事7。 適合性評価

1。 機械や(または)機器は、本契約評価要件を、適合されることがあり、関税同盟の共通関税地域内循環に入れた。
適合性評価要件は、本明細書の状態制御(監修)の形で適合性の形で保持される。
機械や(または)使用される機器、あるいは、自分のメーカーのニーズだけでなく、部品や修理、この技術の適合性評価要件の対象としない(メンテナンス)機械および(または)機器に使用されるマシン用のスペアパーツのために作られ規制。

記事8。 遵守の実証

1。 マシンの遵守および(または)装置の実証は、関税同盟の委員会によって承認された標準化された手順に従わなければならない。

2。 マシンおよび(または)機器の要求事項への適合の実証は、本契約の形をとるものとする。
認定を受けた認証機関(アセスメント(確認))による認証(以下、 - 認証機関)が、関税同盟の認証機関および試験機関の統一レジスタ(センター)に含まれている;
( - 認定試験所(中央)以下)認証機関の参加や、認定試験所(中央)で得られた独自の証拠に基づいて適合宣言、および(または)は、関税同盟の認証機関および試験機関の統一レジスタ(センター)に含まれている。

3。 認定は№3を併合認定の形で「機械設備のセキュリティに「関税同盟の技術基準適合を条件として、機械に関して実施し、(または)技術的な規制のオブジェクトのリストに含まれて装備されている。

4。 付属書に定める適合宣言の形で機械に関して出願人が行った適合宣言および(または)技術的な規制のオブジェクトのリストに含まれている機器、「機械設備の安全性について」関税同盟の技術基準適合の対象に
3は№。

5。 こちらの記事の段落1 4段落で言及し、リストに含まれているマシンとの関係で適合宣言および(または)機器の申請者の決定によって認定認証制度等価回路マシンのために提供適合宣言および(または)は、本技術的な装置を実施することができる本契約適合性要件の申請者自身の証拠がないか失敗したかなどの規制。

6。 適合宣言または適合性の証明書は、本明細書のマシンと(または)機器の要件ことを確認する唯一の文書である。

7。 適合性の適合性と証明書の宣言は同等の法的拘束力を持っており、適合宣言または適合証明の時に関税同盟の共通関税地域内循環に入れ機械および(または)装置に関連した関税同盟の共通関税地域で有効になり、それぞれについてものユニット彼女の生涯の間に(車および(または)装置)、。

8。 適合宣言または適合性の証明書に関する情報はパスポートの機械および(または)装置で指定する必要があります。

9。 適合性検証し、マシンを実行すると(または)、機器の要件は、明細書の直接指定、または第6これらの技術規則で参照される規格に定める。

10。 機械の適合性評価を実施する上で、および(または)機器の申請者は、マシン上のドキュメントのセットを生成し、(または)装置、これらの技術的な規制の安全要求事項への適合を確認し、含まれている:

安全正当化、技術的条件(もしあれば)、運用文書;
これらのマシンの要件および(または)装置(メーカーが使用)に適合しなければならない条6で言及規格のリスト;
(パーティーのために、単一の製品)の契約(当事者のために、単一の製品)(供給契約)、または出荷書類;
証明書管理システムメーカー(可能な場合)、研究に関する情報(利用可能な場合);
機械試験プロトコルおよび(または)メーカーの機器、外国製造業者の機能を実行または販売者、および(または)試験所(センター)(可能な場合);
材料や部品、またはそれらの試験プロトコル(もしあれば)のコンプライアンスの証明書;
外国認証機関(もしあれば)から、これらのマシンのための適合証明書および(または)装置;
直接または間接的にこれらの技術規則(もしあれば)の機械および(または)機器の安全要件ことを確認し、他のドキュメント。

記事9。 手続き機械の適合宣言および(または)装置

スキームが提供する機械の適合宣言および(または)装置:

1dスキーム - 標準的な生産機械および(または)装置に関する以下の手順が含まれます。
(生産管理を提供し、製造プロセスがマシンのコンプライアンスを確保し、本契約(または)機器の要件ことを保証するためにすべての必要な措置をとる、試験所または認定を受けた試験所のサンプルでテストを実施し、申請者は、段落の記事10 8で言及ドキュメントのセットを生成し、中央)、受信して、適合宣言を記録します。

2dスキーム - パーティのマシンと(または)機器(単一の製品)については、次の手順が含まれます。
申請者は、段落の記事10 8で言及ドキュメントのセットを生成します。

認定された試験所または内のサンプルをテストしている
試験機関(中央)、受信して、適合宣言を記録します。

3dスキーム - 標準的な生産機械および(または)装置に関する以下の手順が含まれます。
生産管理を提供し、製造プロセスがマシンのコンプライアンスを確保し、本契約(または)機器の要件ことを保証するためにすべての必要な措置をとる、認定された試験所でのサンプルのテストを行っています(中央)、申請者は、段落の記事10 8で言及ドキュメントのセットを生成し、受信して、適合宣言を記録します。

4dスキーム - パーティのマシンと(または)機器(単一の製品)については、次の手順が含まれます。
申請者は、段落の記事10 8で言及ドキュメントのセットを生成し、認定試験所(センター)内のサンプルでテストを実施し、適合宣言を受けて、記録します。

5dスキーム - 中古機械と危険な生産設備で使用(または)装置;
あなたが前にサイト上で自分のインストールにフルでテストができない場合。
とき適合確認をした後、申請者は、製品の革新を含め、これらの技術的な規制の段落1 6の記事で言及基準を適用されません。
次の手順が含まれます。

申請者は、段落の記事10 8で言及ドキュメントのセットを生成し、生産管理を提供し、製造プロセスがマシンのコンプライアンスを確保し、本契約(または)機器の要件と研究の種類の認定アプリケーションに指示していることを確保するためのすべての必要な措置をとる。
認証機関は、申請者の書類の種類に照らして研究を行っています。 申請者はこれらの技術的な規制の段落1 6の記事で言及さの基準を適用していない場合は、認証機関は、これらの標準記述されている要件の要件を置き換える可能性を評価する。 次のいずれかの方法により実施し、出願人が提出した書類に応じて種類を研究。
機器のすべての後に生産機械および(または)の代表として研究サンプル;
提出された書類、試験サンプルまたは(クリティカル)機械の部品や(または)装置を決定する研究;
こうした認証機関としての研究の肯定的な結果には欧州委員会の決定によって承認された単一のフォームの種類の証明書を描画し、申請者に出力します。 タイプの証明書は、適合宣言の不可欠な部分であり、それはこれらの技術規則の遵守のための状態制御(監督)によって行われた試験で使用されるこれらの技術的規制の要件の遵守の十分な証拠見つけ機械および(または)機器用に述べた要件が含まれています;
申請者は、適合宣言を受けて、記録します。

6dスキーム - 標準的な生産機械および(または)機器メーカーの認定管理システムの存在下では、次の手順が含まれます。
運び、申請者は認証機関及び試験所関税同盟の(中心)の統一レジスタに含まれているマネジメントシステムの認証によって発行された証明書管理システム(適合証明書のコピー)に含まれている段落の記事10 8、で参照した文書のセットを生成生産管理や製造プロセス(又は)装置を機械のコンプライアンスを保証していることを保証するためにすべての必要な措置をとる
要件が本契約、認定された試験所(センター)内のサンプルでテストを実施し、受信して、適合宣言を記録します。

コンプライアンススキーム1d、3d、5dを宣言する場合、6dの申請者は、個々の起業家やメーカーとして加盟国の領土の法律に関税同盟に基づいて法人または自然人を登録、またはに基づいて外国メーカーを実行することができますこの技術的規制の要件に製品の遵守を確保する観点と不適合項目に対する責任の観点から、彼との契約、 関税同盟(外国メーカーの機能を実行する人)のこの技術的な規制の要件にstavlyaemoy製品。

コンプライアンス・スキームに2dを宣言する場合、4dの申請者は、個々の起業家として、その領土に関税同盟の加盟国の法令に従い、法人または自然人を登録、または製造者または販売者であるか、との契約の下で、外国メーカーを実行することができます彼ら、この技術的な規制の要件に製品の遵守を確保するという点で非遵守のための責任の観点から sが関税同盟(外国メーカーの機能を実行する人)のこの技術的な規制の要件に製品を供給しました。

記事10。 適合宣言の基礎となる証拠材料の組成

1。 彼自身の証拠に基づいて申告の基礎となる証拠の材料は、段落の記事10 8で言及の文書を使用されるように、これらの技術的な規制や基準は、第6これらの技術規則で参照される。

2。 これらの文書の適用のための条件を考慮することができるように。
1)試験報告書のために:
これらの技術規則で指定されたすべての要求事項への適合を確認する指標の検査値の存在は、宣言された特定の製品に適用されます。
試験機の普及と主張(または)装置;
適合2)証明書、原材料の適合性やテスト、レポート、コンポーネントの宣言 - 彼らは適合であると、最終製品の安全性を判断する場合には、
生産の品質管理システムの3)証明書 - 彼らは機械類の製造に適用する場合は、請求(または)装置;
4)その他、直接または間接的な要件にそのマシンと(または)装置を確認する文書を、機械の適合証明書、特許請求(または)自主的な認定が必要なすべての要件を確認したことを条件とする自主的な認証取得()に基づいて発行された機器。

3。 関税同盟の委員会の決定により承認された単一のフォームが発行する適合宣言。
適合宣言は関税同盟委員会により承認された手順に従って登録されなければならない。 適合宣言は、登録の日から開始します。 適合宣言の有効性 - これ以上の5年。

4。 申請者は、適合宣言および適合宣言の満了の日から10年間、証拠資料を保存しなければならない。
コンプライアンスを証明する文書の集合は、その要件に状態制御(監督)の遺体を付与する必要があります。

記事11。 マシンの認証および(または)装置のための手順

1。 スキームが提供する機械および(または)機器の認証:

1sスキーム - 標準的な生産機械用および(または)装置次のものが含まれます。申請者は、段落10 8の記事で言及した文書のセットを生成し、認証機関の認定のための申請書を提出。
認証機関は、テストを実行するために、申請者のサンプリングを実施する。
認証機関及び試験所関税同盟の(中心)の統一レジスタに記載されている認定された試験所(センター)、(以下、 - 認定試験所(中央))マシンのサンプルおよび(または)装置をテストしている。
認証機関は、メーカーの生産の分析を行い、サンプル試験機、(または)装置と肯定的な結果の結果は、出願人適合証明を与えます。
認証機関は、認定された機械の検査制御を行い、(または)機器の認定試験所(中央)でサンプルを試験することによって、および(または)生産の分析。

3sスキーム - パーティのマシンと(または)機器(単一の製品)については、次の手順が含まれます。
申請者は、段落10 8の記事で言及した文書のセットを生成し、認証機関の認定のための申請書を提出。
認証機関または認定を受けた試験所(中央)のテストを実行するために、申請者のサンプリングを実施する。
認定された試験所(中央)は、試験機のサンプルおよび(または)装置である。
認証機関は、サンプル試験機の結果を分析し、(または)装置と肯定的な結果は、申請者の適合証明を与えます。

9sスキーム - パーティのマシンと(または)以下の工程を含む、関税同盟の同じ地域で企業を装備するように設計された機器の限られた量のために:
申請者は、段落10 8の記事で言及した文書のセットを生成し、認証機関の認定のための申請書を提出。
認証機関は、申請者に問題の肯定的な結果の適合証明書を使用して、申請者と文書の集合から提出された分析する。
認証制度の1sの申請者は、9sは、部分的に、その領土個々の起業家や製造業者、またはそれらとの契約の下で、外国メーカーの機能を実行するよう法人または自然人に関税同盟の加盟国の法令に従って登録することができますこの技術的規制の要件に非準拠TRE配信生産のための責任の観点から製品のコンプライアンスを確保 IAOD関税同盟のこの技術的な規制(外国メーカーの機能を実行する人)。
認証制度の申請者は、関税同盟の加盟国の法令に基づいて登録されて3s領土に部分的に個々の起業家、または製造者または販売者であること、または彼との契約に基づき、外国製造業者の機能を実行する、などの法人または自然人本契約および非責任の製品供給の要件の遵守を確保する
関税同盟(外国製造業者の機能を実行している人)の技術的な規制の要件に製品を供給。

2。 申請者は、関税同盟の技術基準適合の対象と認定機および(または)機械設備のリストに含まれている機器を有する任意の認証機関に認定の申請を要求することができる
関税同盟委員会によって承認された証明の形で「機械設備の安全性について」。
認定の申請は、申請によって行われており、含まれていなければならない。
申請者は、名前と製造元の住所の名前と住所;
車と(または)装置(その構造)とその識別特性(名前、関税同盟の対外経済活動、マシンが行われているドキュメントのコード分類器および(または)機器(州間または国家標準、企業標準、仕様などに関する情報など)の形 - 、契約(契約)の詳細など、大量生産やパーティー);
(S)標準、(S)を使用して、この技術的な規制の段落1 6の記事で言及。
認証制度。

3。 認証機関は、アプリケーションを検討し、認定の決定をしなければならない。
ときは、承認された認証機関は、認証の仕組みの申請者と契約を締結している。
認証機関は、認証制度の下で作業を行い、陽性の結果で決定を準備する適合証明書を発行しなければならない。

4。 負の認定認証機関の場合は、申請者の適合証明書を発行することを拒否するための合理的な決定を送信します。

5。 試験報告書を発行した認証局を代表して、認定試験所(センター)が実施したモデルのテスト(タイプ標本)または単一製品機械および(または)装置。

6。 生産物の分析は、メーカーからの認証により行った。 分析の結果は、行為を描いている。
メーカーの認定を受けた品質マネジメントシステムの生産や機械の開発·生産および(または)の存在下での機器の認証機関は、認定されたマシンの安定した出力を確保するために、システムの可能性を評価し、(または)機器これらの技術的な規制に準拠する。

7。 認証スキームが提供するチェックの肯定的な結果と、認証機関は、適合証明書を策定し、申請者に出力する。
関税同盟の委員会の決定により承認された単一のフォームが発行した適合証明、。
認証機関が発行した適合証明に関する情報は適合発行された証明書および単一のフォームが発行した適合の登録宣言の統一レジスタに送信する。

8。 のために確立された機械の適合証明書の有効性および(または)機器量産 - これ以上の5年、期間バッチが設定されていません。

9。 適合証明書は、それが適用される具体的な製品のリストが含まれているアプリケーションがある場合があります。
アプリケーションが行われた場合:

申請者が製造し、同じ要件によって認定された同様の製品のグループが詳細に必要です。
本番の均一な条件を有するより大きな単位に含まメーカーを指定する必要があります。

記事12。 関税同盟の加盟国の市場に製品のシングルサインオンをマーク

1。 機械や(または)準拠の機器
第8これらの技術的な規制の下でこれらの技術基準および適合性評価手続の過去の安全性は、関税同盟の加盟国の市場には、単一の製品のマークを表示しなければならない。

2。 市場で流通してマシンのリリースの前に実施され、(または)装置である関税同盟加盟国の市場に出回っている製品のシングルサインオンをマーク。

3。 関税同盟加盟国の市場に出回っている製品のシングルサインオンは、マシン全体の生活と(または)機器の鮮明な画像を提供する、どのような方法で各機械の単位および(または)装置に適用されます。
製品自体を適用する関税同盟加盟国の市場に出回っている製品のシングルサインオン。

4。 それはマシンに直接適用され、(または)装置できない場合、唯一の包装や添付文書の運用上の関税同盟の加盟国の市場に出回っている製品の一つのマークとして適用することができる。

5。 機械·関税同盟、ユーラシア経済共同体のすべての技術的な規制の遵守における関税同盟加盟国の市場に出回っている1製品のマークが付いて(または)装置、
それらに適用し、関税同盟の加盟国の市場に出回っている製品の一つのマークのアプリケーションを提供する。

記事13。 セーフガード条項

1。 関税同盟の加盟国は、制御するためのすべての措置をとる発行機の禁止および(または)装置関税同盟の共通関税地域であり、機械の市場からの撤退および(または)機器は、本契約の要件に適合しないものとします。

附属書は、「機械設備の安全性に関する「関税同盟の技術規則に1を№(TR CU 010 / 2011)

基本的な安全車と(OR)装置

1。 製造業者によって提供される条件の下で人事の危険をさらすことなく、調整やメンテ​​ナンスのマシンを実行することができると(または)装置でなければなりません。

2。 (デザイン)と製造機械や(または)を設計する場合は、装置責任者が行う必要があります。
危険から守るために行動を起こす危険性を排除または軽減;
保護措置について消費者に通知するかどうか、特別なトレーニングを示しており、技術的保護手段の必要性を判断する。

3。 (設計)を設計し、製造機械および(または)機器だけでなく、ガイダンスの開発に(命令)機械操作および(または)機器際に機械および(または)機器の動作における許容リスクである必要があります。

4。 無効な操作の結果、場合には、リスク、機械設計とすることができ、(または)装置は、このような悪用を防ぐ必要があります。 これはマニュアルでは、不可能な場合は(命令)説明書には、そのような状況に消費者の関心に対応しています。

5。 (設計)の設計および不快感、疲労、可能な限り低いレベルにスタッフの心理的ストレスの影響を低減するために人間工学的原理を使用するために必要な製造機械および(または)設備する。

6。 (設計)および製造機械及び(または)設計に際して、PPEを使用する際に作業者の行動の制限を考慮する必要があります。

7。 機械および(または)機器が安全な調整、メンテナンス、および意図された用途のための取扱説明書に必要な機器やツールに合わせて配属されなければならない。

8。 機械および(または)装置が開発された(投影)およびそれらの製造および操作に使用される原材料や物質は、生命や健康、財産、環境、健康、動物の生命の安全を脅かさないように構成されるべきである。
液体及び気体を使用する場合は、それらの使用に関連する危険性を除外すべきである。

9。 安全な機械操作のための余分な照明を提供し、(または)装置。
機械や地域で頻繁な点検、調整やメンテ​​ナンスが必要(または)装置の内部部品は、安全性を提供し、照明が必要です。
斜線部分の形成、干渉を受けた領域、および盲目ストロボ効果を回避するために、マシン、および(または)必要な機器を動作させる場合。

10。 機械および(または)または機器、それらは十分な安定性を有し、安全かつ損傷することなく保存することができるように、それらの各々は、包装されなければならない。

11。 重量、大きさや形状、車の、および(または)、またはそれらの様々な機器がハンドピース、機械、及び(又は)または機器によってそれらを移動できない場合は、それらの各々は行う必要があります。
昇降させる機構を備えた装置、標準吊り上げ装置を適用できるようにする構成を有する。

12。 場合は、マシンおよび(または)、または手動で移動する機器の部品の一つは、彼らが動きやすい、または持ち上げるための手段を装備する必要があります。
動作に必要な楽器の部品やコンポーネントの安全な廃棄のための特別な場所があるはずです。

13。 機械制御システムおよび(または)機器は、すべての動作モードでの作業の安全を確保し、運転条件を想定し、すべての外部アクションのために提供しなければなりません。
制御システムは、職員の違反に起因することが可能と論理エラーがアクションを制御危険な状況の発生を防止する必要があります。
異常が危険な状況を引き起こす可能性があれば機械の動作を管理および制御モードの複雑さに応じて、および(または)機器管理システム、自動制御モードまたは自動停止の手段を含むべきである。

14。 機械制御システムおよび(または)機器は、危険な状況につながる違反機械機能および(または)機器を警告するための手段の警告やその他の手段を含まなければならない。
マシンの機能の破壊および(または)機器のエイズ警告は、完璧な正確かつ迅速な情報の知覚のスタッフを確保する必要があります。

15。 機械制御および(または)装置でなければなりません。簡単にアクセスし、碑文や記号を備え、自由に識別可能で、他の方法でマークされている。
構築され、それらの不随意運動を防止し、信頼性の高い自信を持って明白な操作を提供するように配置され;
収容され、アカウントに移動するのに必要な作業量を取って、一貫性と使用頻度のほか、機能の重要性;
それらの形状およびサイズ​​は、捕獲法(指、ブラシ)、又は(親指、手、足)を押しに対応するように構成され;
その機能は危険地帯のスタッフを見つける必要があり、政府を除いて、危険区域の外に位置しており、追加的なセキュリティ対策は存在するが。

16。 管理一つは、いくつかの異なる動作を制御する提供している場合は、アクションがコントロールかつ検証によって表示される。

17。 唯一の起動制御権限でなければなりません(関係なく、停止した理由の)マシン(または)機器だけでなく、停止後の再起動を開始します。 この要件は、ストップが政権を提供した後の再起動時に自動的に動作する生産設備の再起動には適用されません。
マシンのシステムおよび(または)装置が複数のコントロールがある場合は、システムまたはその個々の部品の実装を開始し、その使用の命令に違反し、危険な状況につながることができ、管理が不連続を防止デバイスを提供する必要があります。

18。 各マシンのシステムおよび(または)装置は、それが安全に完全にシャットダウンすることが可能なボディ制御、装備する必要があります。 制御マシンを停止し、(または)機器は、起動制御に優先しなければならない。
ドライブ機構への電源からマシンと(または)装置を停止した後、および(または)機器がオフ電源が危険な状況を引き起こす可能性があります場合を除いて、オフにしてください。 これらのシステムのアプリケーションが危険性を軽減又は予防することができる場合(手動制御を備え​​た携帯機を除く)、機械制御システムおよび(または)機器は、緊急ブレーキと緊急停止(​​オフ)の手段を備えている必要があります。

19。 ボディ非常停止制御がなければなりません:明確に識別し、容易にアクセスできる。
危険にさらすことなくすぐに機械を停止し、(または)機器、表示され作動後に対応した位置に
彼は元の位置でユーザに返されるまで停止し、元の位置に戻り、ロケットをもたらすことなく、および(または)
ハードウェア;
他のコントロールと異なる色、形や大きさで赤くなる。

20。 マシンおよび(または)装置の管理システムは、共同機能の結果としてだけでなく、任意の部分に障害が発生した場合に危害の発生を除外する必要があります。
システムの立ち上げをブロックするだけでなく、彼女を停止するために必要に応じてマシンと(または)装置の管理システムは、スタッフを許可する必要があります。

21。 ときスタッフや危険ゾーン内の他の人のマシンと(または)機器の遠隔制御システム危険区域や管理のスタッフや他の人が存在しないことを監督するために、スタッフを提供しなければならないのマシンの機能システムを排除し、(または)装置する必要があります。 それぞれが危険ゾーンにいる人は、それを残したり、システムの立ち上げを防ぐことができ、発射警告信号の継続時間を付ける必要があります。
機械および(または)設備の遠隔制御システムは、オペレーティングシステムの任意の部分の違反、ならびに非常停止手段(オフ)システムおよび(または)その個々の部品に関する情報の手段を装備しなければならない。

22。 機械制御のモードスイッチ操作の有無および(または)装置の各位置は、動作の正確に一つのモードと、しっかりと保持されなければならない。

23。 特定の機械操作のモードおよび(または)装置は、スイッチモードが提供しなければならないデータを含む保護を強化要員を必要とする場合:
自動制御を阻止する機会だけ一定の力での構造要素の動きは、身体の運動制御に適用される;
シャットダウンマシンと(または)装置、彼らの作品は人々への危害を引き起こす可能性があれば、
機械の部品を除き、選択したモードに関与していない(または)装置;
高速機械部品の削減と、選択されたモードに関係する(又は)装置。

24。 選択モード制御は、非常停止を除く他のすべての動作モードよりも優先されなければなりません。

25。 電源およびその後の回復、並びに電源制御回路への損傷の全体的または部分的停止には、危険な状況につながるてはならない。
自動機の再起動、および(または)電源が回復した機器;
停止するには発行されたコマンドの失敗、可動部品の落下や吐出および(または)機器や、それらの固定オブジェクトの空白とツール;
保護装置の有効性を低下させる。

26。 違反(故障や損傷)制御回路と機械内(または)機器は含めて、危険な状況につながるわけなければなりません。
自動機の再起動、および(または)電源が回復した機器;
停止するには発行されたコマンドの失敗;
排出をドロップし、可動部品、および(または)機器や、これらの科目の加工品やツールに固定された。
保護装置の有効性を低下させる。

27。 機械および(または)機器は、転倒落下または予期しない動きの危険なしの使用を保証する安定した動作条件に規定されなければならない。
マニュアル(命令)説明書は、適切な留め具を使用することを指定する必要があります。

28。 機械部品および(または)機器とその接続は、それらがサービスに供されるために応力と歪みに耐えなければならない。
使用される材料の耐久性は、想定される操作に準拠疲労、老化、腐食や摩耗性の現象に関連した危険性の表示を検討する必要があります。

29。 手動運転に(命令)および(または)機器は、安全のために必要な点検整備の種類と頻度でなければならない。 必要に応じて、摩耗しやすい部品や交換のための基準を指定する必要があります。

30。 、対策にもかかわらず、破壊マシンの危険性および(または)装置がある場合は部品や機械部品の破壊および(または)機器の断片が離れて飛ばないことができるように、ガードをインストールする必要があります。

31。 配管は、指定された負荷がしっかりと固定されており、外部からの機械的影響から保護されなければなら耐えなければならない。 対策は、破壊の危険な結果からの保護を取ってそれらの破壊で急にパイプラインや高圧ジェットを移動させなければならない。

32。 注意事項は廃棄車から危険を防止し、(または)機器部品、断片、廃棄物に注意する必要があります。

33。 マシンおよび(または)機器のアクセス可能な部分は、傷害や機械の機能と(または)装置に技術的に無関係のを引き起こす可能性があり、鋭いエッジやとがった角と粗い表面を持つことはできません。

34。 機械及び(又は)装置は、各操作間のワークピースの手動移動を有するいくつかの異なる操作を実行するように設計された場合は、人体に危険を表す他の項目とは別に、各機能素子を使用することが可能であるべきである。

35。 機械及び(又は)装置は、異なるモードで動作するように設計されている場合、速度は、これらのレジメンの安全で信頼性の高い選択肢と構成を確保する必要がある。

36。 機械の可動部分および(または)装置(または)装置が発生しないよう怪我に設置しなければならない、あるいは危険が解消されない場合は、警告標識は機械によるこのような接触を避けるために、ラベル、安全性や保護装置を使用し、(または)されるべきであり、それが事故につながることができます。

37。 対策は、可動部分の偶発的な閉塞を防止するために注意を払うべきである。 対策にもかかわらず、ブロッキングが発生する可能性があり、場合には、安全なリリースのために特別なツールが提供されるべきである。 手続きおよびロック解除するための方法は、ユーザーマニュアル(命令)マニュアルで指定する必要があり、機械や機器に適切な指定に適用されなければならない。

38。 安全性と、機械の可動部品によって引き起こされる危険性及び(又は)装置から保護するために使用される保護装置は、リスク分析に基づいて選択されるべきである。

39。 安全性と保護装置が必要です。強い持続可能なデザインを持っています。
危険区域から適切な距離に配置され、安全である;
危険区域内のプロセス制御の実現を妨げない。
調整を行うことを可能にし、(または)交換用ツールだけでなく、機械および(または)機器のメンテナンス。

40。 囲んでいるゾーンへのアクセスは、ツールを使用してのみ可能となるように修正しましたガードが確実に固定されなければならない。

41。 可動ガードを行う必要があります。
可能な、それらが開いているときに機械及び(又は)装置に固定されたままである;
ガードが開くまで、機械や装置の作動を防​​止するための装置をロックしている。

42。 可動ガード及び保護装置(設計された)ように設計されなければならず、機械制御システムに含まれていると(又は)装置、そのように:
彼らは職員の手の届くところになるまで可動部品が作動することはできません。
旋回時の可能な影響があるヒトは、手の届くところにありませんでした。
彼らは唯一のツールを使用してインストールすることができ、これらのデバイスの構成要素の一つが存在しない場合、失敗した場合には、障壁の確立によって確保混入を防止またはイジェクト部品に対する部品の保護を移動を停止。

43。 仕事のために必要な機械部品および(または)装置を動かすそれらの場所へのアクセスを制限するデバイス、する必要があります。
(それらが関与する操作のタイプに応じて)自動的にまたは手動で設定;
ツールを使用してインストール、廃棄された部分からの危険性を制限する。

44。 保護装置は、機械制御システムおよび(または)機器と通信する必要がありますように。
彼らは作業者の手の届くところになるまで可動部品が作動することはできません。
スタッフは、アクションにそれらをもたらすことで機械部品および(または)装置を動かすのに行くことができませんでした。
救済の構成要素の一つが存在しない場合や故障の混入を排除するか、可動部分を停止する。

45。 保護デバイスは、機器を使用して(削除)がインストールされなければならない。

46。 マシンおよび(または)装置が電気エネルギーを使用している場合は、感電の危険を避けるために、彼らは、(投影)を開発構築し、インストールする必要があります。

47。 機械および(または)装置、電気エネルギー(油圧、空圧、熱エネルギー)を使用しない場合は、(投影)を開発し、エネルギーのこれらのタイプに関連する任意の有害性を回避するような方法で製造されるべきである。

48。 危険の原因となる可能性がマシンおよび(または)機器を構築する際のエラーが、削除する必要があります。 これが不可能な場合、直接機械および(または)装置を防ぐために適用されるべきである。
再構築中にエラーの可能性に関する情報は、ユーザーマニュアル(命令)マニュアルに記載されている必要があります。

49。 必要な液体やガスを混合することによってもたらされる危険性、および(または)アセンブリ用の導電体の不適切な接続を排除する。 これが不可能な場合、これについての情報は、接続ブロック上のパイプ、ケーブルおよび(または)で指定する必要があります。

50。 対策は、高温または低温で機械部品および(または)機器や材料への接触または近接に起因するリスクを排除するために注意する必要があります。
マシンおよび(または)機器の労働者や高温または低温、危険の存在下での排気物質の放出のリスクを評価するために必要な、それを減らすために注意する必要があります。
高温または低温を持っている機械部品および(または)装置や作業中の物質の使用に接触又は近接による損傷からの保護を提供することが必要。
ハンドツール、金属ハンドルとロック機および(または)装置の金属表面は、絶縁材料をカバーする必要があります。 彼らと可能性(意図的でない)露出した皮膚接触の存在下での機器の低い金属表面が許容範囲内である必要があります。

51。 機械および(または)装置を開発する必要があり、マシン自体に起因する火災や過熱の危険がないように、(設計されている)、および(または)装置、気体、液体、粉塵、蒸気または他の物質を生産または使用される車両および(または)装置。
マシン自体に起因する爆発、および(または)装置、気体、液体、粉塵の許容できないリスクがありませんでしたように、マシンと(または)装置(設計された)を開発する必要があり、
蒸気または生産される他の物質または中古車および(または)装置が必要です。
可燃性物質の危険な集中を避ける。
爆発性物質の濃度を連続的に自動制御を行う。
爆発の可能性防火を防ぐ、爆発の影響を最小限に抑える。

52。 (設計)機械および(または)ノイズパラメータ、インフラサウンド、空気との接触超音波が作動し、(または)装置の間にマシンを超えていないことを確認するために必要な機器の開発に。

53。 ガイド(マニュアル)動作パラメータは、ノイズマシンと(または)機器や不確実なパラメータを設定する必要があります。

54。 (設計)機械および(または)スタッフの振動によって生成される有効なパラメータを確保するために必要な機器の開発に。
ドラフトマシンと(または)機器はスタッフにより発生する振動への暴露によって引き起こされる許容リスクを提供する必要があります。

55。 手動制御で、手持ちのマシンとマシンのためだけでなく、ユーザーマニュアル(命令)マニュアルのスタッフのために職場を搭載したマシンは、スタッフに作用するフル補正したRMS加速度、値のパラメータを推定の不確実性を指定する必要があります。

56。 機械および(または)装置が開発された(投影)と電離放射線が危険を構成しないように構成されるべきである。

57。 レーザー装置を使用する場合はする必要があります。偶発的な放射線を防ぐ;
、直接反射し、飛散を防止し、二次放射線は、レーザー装置の観察や調整用の光学機器の危険性はありません。

58。 非電離放射線、静電気、静磁場、電波と光の範囲の産業用高周波電磁放射の電磁界の悪影響から人々​​を保護するための対策が必要(設計)機械および(または)装置の開発に。

59。 機械および(または)を発する気体、液体、粉塵、蒸気及び他の廃棄物は、機器の動作は、人間の生命と健康と環境への危険の原因となるべきではありません。
これの存在下で機械および(または)装置は、アイソレーションの源にできるだけ近づけて配置する必要があり、これらの物質の除去、だけでなく、排出量を連続的に自動監視のための装置を収集するための装置を装着し、(または)しなければなりません。

60。 助けを求めるために信号装置 - 機械および(または)機器は、マシンの内部スタッフの閉鎖を防ぐための手段および(または)不可能な設備を備えている必要があります。

61。 機械部品および(または)スタッフは彼らと、滑りトリッピングまたはそれらに落下やスタッフを防止するために、(設計)を開発する必要があるかもしれない機器。

62。 指定されたメンテナンス·マシンおよび(または)機器は、危険領域の外側に配置されなければならない。
メンテナンスは、マシンが停止し、(または)装置の間に可能な限り実施しなければならない。 技術的な理由のために、これらの条件が満たされない場合は、メンテナンスが安全であることを保証する必要がある。

63。 故障を検出するマシンと(または)機器診断装置を設置することができるはずである。
(あなたが運転中にそれらを交換する必要があるか、彼らは危険を伴う可能性がある、着用や経年変化することがあります場合は特に)頻繁な交換を必要とする、迅速かつ安全に機械のこれらのユニットを取り外して交換できるようにする必要がありますし、(または)装置。 命令(インストラクション)のマニュアルに従って、ツールおよび測定器を使用してこれらの操作を実行するためにそのような要素への安全なアクセスを確保する必要がある。

64。 メンテナンスのすべての領域に、職場へのアクセスを保護するための資金(階段、ギャラリー、歩道など)の可用性を確保するために必要な。

65。 機械や(または)機器は、色とサイズで識別されているすべてのエネルギー源の切断手段を備えている必要があります。 その操作は、危険にさらされた地域の人々に危険を引き起こす可能性があれば、それらをブロックすることが可能なはずである。
彼がアクセスを有する任意の場所に、電源がオフされているかどうかを確認することができないときにスタッフ場合には資金の電力供給をオフにロックすることが可能であるべきである。
チェーン機で継続し、電源を外した後(または)装置、安全に(散布)任意のエネルギー排出されることが可能であるべきである。 必要に応じて、特定の回路は、情報セキュリティ、緊急照明用エネルギー源に接続ままであってもよい。 この場合には、対策が人員の安全を確保するために注意しなければならない。

66。 人間の介入の必要性は限られていたように、それは指導を(命令)マニュアルが提供されていない場合は、マシンおよび(または)機器は、(設計された)を開発する必要があります。
ユーザ対話が避けられない場合には、安全でなければならない。

67。 提供は、車に浸透せずに、内部の機械の部品や(または)有害成分を含む洗浄装置および(または)機器だけでなく、外部からのロック解除のためになされるべきである。 精製の安全な実施を確保するために必要な。

68。 機械を制御し、(または)装置に必要な情報は明らかにスタッフが理解しなければならない。 操作のスタッフが過負荷にならないように、情報が過剰であってはならない。

69。 スタッフが誤動作する危険性があることができれば、マシンと(または)装置、音響警告または信号光をオフに設定デバイスを装備する必要があります。
警報装置や機械(または)装置与えられた信号は、明確に知覚である必要があります。 スタッフは、デバイスアラームをテストすることができるはずです。

70。 措置にもかかわらず、危険がある場合は、マシンと(または)機器はロシア語で明確で構成されることとの存在下での関税同盟の加盟国の状態(S)言語におけるべき警告ラベル(標識)、を備えなければならない法律の関連する要件(S)状態() - 関税同盟のメンバー(複数可)。

附属書は、「機械設備の安全性に関する「関税同盟の技術規則に2を№(TR CU 010 / 2011)

機械設備の特定化学付加的な安全要件。

農業やその他の自走式マシンとモバイル

1。 彼らの運動に伴う危険の発生はさらに、この附属書に記載された安全要件に適合しなければならない元のマシン。

2。 オペレータからの視認性は、作業者の安全を確保し、マシンのアプリケーションや他の目的のためにその作業の体の危険場所の担当者に位置するのに十分でなければならない。 必要に応じて、視界の悪さに起因する危険性に対処するために必要な設備が提供されるべきである。

3。 オペレータは、職場にいる間、機械を操作するのに必要なコントロールをアクティブにすることができるはずです。 唯一の例外は、セキュリティのために操作者の位置の外側に位置するコントロールを使用して実行されるべきであることをこれらのジョブである。

4。 二輪車のステアリングシステムを設計し、操舵輪の外部影響の結果として生じる、ステアリングホイールまたはコントロールレバーの応力を低減するように構成されなければならない。

5。 機械を移動するとき、差動ロックを解除産生する可能性を有するように差動ロック制御体が構築され、配置されなければならない。
機械がその寸法(例えば、安定化剤、矢印など)を超える装備指定された機能装置を実施するための製造工程を実行することである場合、オペレータは、機器がなく所定の位置にあることを確認するために移動を開始することができるはず機械を移動するとき、危険を作成します。

6。 エンジンを始動する過程で、機械の可能性の任意の動きである必要があります。
マシンはモード、負荷レベル、スピードを提供し、運用文書にセキュリティを提供するために、速度を落とす、停止、ブレーキと静止状態で保存するプロセスの要求事項を遵守しなければならない。

7。 デスクトップ管理ボディを使用した作業者は、景気減速を作るか、自走式機械を停止することができるはずです。 それは、故障管理システムまたは電源装置を破壊する場合には、安全のために必要とされる場合、機械が安全装置を備えなければならない速度を低下させるまたは完全に独立しており、容易にアクセス可能なコントロールで停止する。
それは、安全性を確保する必要がある場合は、マシンは、完全な不動機を提供する、パーキングブレーキを備えていなければならない。

8。 必要に応じて、機械又は機械の遠隔制御システムは、各制御装置は、明らかに、それが意図されたマシンと特定されなければならない。
それが機械に合わせてのみ動作し、(または)特定の操作ができるように遠隔制御システムを設計し、構築する必要があります。
遠隔制御システムを搭載したマシンを設計し、制御ユニットの特定の信号のみに反応するように構成されなければならない。

9。 機械の動き、歩行制御演算子は、それだけで、関係当局のオペレーターへの連続暴露の結果として可能にする必要があります。 エンジンを始動する過程で、機械の可能性の任意の動きである必要があります。

10。 マシンオペレータへのあらゆる動きに伴うリスクを最小化するように機械制御、歩行者制御のオペレータは、設計されなければならない。
機械速度は、オペレータの横に歩くの速度に匹敵する必要があります。
マシンは回転工具が装備されている場合、モーションバッキング·マシンでの介在物のいずれかの可能性は車が回転工具与え、すぐに駆動した場合を除いて、除外されるべきである。 後者の場合、逆方向のスピードマシンは、オペレータに危険を構成するものではありません。
故障、パワーステアリングパワー(もしあれば)その完全な停止に要する時間の期間を通じて自動車の管理を妨げてはならない。

11。 マシンは、必要に応じて制御不能な変動の重心の間に発生する運動は、機械の安定性には影響しませんし、その構造中に過度の応力を作成しないように、シャーシに搭載され、設計、製造、およびされなければならない。
自走式マシンは、指定された動作条件は、その安定性を維持するように設計し、構築する必要があります。

12。 自走車両の横転の危険性のために提供条件が存在する場合は、転覆保護装置を備えなければならない。 このデバイスの車両の横転の設計は、適切な音量制限変形にあるマシンオペレータを提供する必要があります。
車のシートを適切に構築されるべきか、オペレータが機械を管理するために必要な行動の制限なしに所定の位置に保持されることを可能にする、拘束システムを装備する。

13。 運転状態に応じて、彼女の様々な被写体に落下自己推進機の危険性がある、場合には、落下物に対する保護を取り付けなければならない。
このデバイスの落下物の設計は、適切な音量制限変形にあるマシンオペレータを提供する必要があります。

14。 牽引のために設計されているか、それ自体が牽引しているマシンは、牽引装置を備え設計、構築し、簡単かつ安全な接続や切断を提供するために、使用中に偶発的な切断を防止するように配置されなければならない。

15。 引きずっ、半マウントマシンが負荷条件や土壌に対応した表面を持つラックを備えなければならない。

16。 第一リジッドサポートして自走式機械(トラクター)リンクリムーバブル機械装置のPTOは動作中の任意の可動部がその全範囲にわたって保護されるよう車両を設計し、構築しなければならない牽引。
取り外し可能な機械的なPTOが参加PTO自走車(トラクター)は、しっかりと自走車(トラクタ)に、または保護と同等のレベルを提供する任意の他のデバイスによって固定され、特別な防護柵で保護されなければならない。
リムーバブルデバイスのPTOへのアクセスを提供するために、このガードが開くことができる必要があります。 上記のデバイスをインストールする際に十分なスペースが残ってなければなりません
ドライブシャフトガードを傷つけ自走車(トラクタ)中に動かないように。 牽引さ軸動力のフロントには彼女の保護カバーに固定されたで囲む必要があります。
トルクリミッタやオーバーランクラッチはちょうど牽引されることによって、プロペラシャフトユニバーサルジョイントに装着することができる。 取り外し可能な機械的なPTOは適切にマーキングを印加する必要があります。

17。 自走式機械(トラクター)とそれらを結ぶ、取り外し可能な機械的なPTOを必要とするすべての牽引機は、、それはに起因する損傷からガード、必要に応じて、分離機は、デバイスを保護するとその加盟システムを持っている必要があり、その地面にまたは機械部品と接触。
エクステリアガードは、設計、建設、彼らは取り外し可能な機械装置のPTOと同時に回転することができないように配置されなければならない。 保護は、(単純なユニバーサルジョイントの場合)プロペラシャフトフォーク内部のヒンジの終了前に閉じて、少なくとも広角ユニバーサルジョイント例における外側継手半ばまでとします。
取り外し可能な機械的な動力取出装置の近くにある車の中での仕事へのアクセス手段が、彼らはそれがデザインである場合を除いて、ステップとしてPTO軸ガードを使用する可能性を除外するような方法で設計されて構成されている必要があります。

18。 指定された位置電池は設計され、操作者により引き起こされる危険がロールオーバー車の場合には、電解質をヒット回避し、作業者の電解質蒸気の蓄積を回避するように構成されなければならない。
バッテリーが容易に利用可能な特別な目的の装置(スイッチ)のために設計を用いて切断することができるように、機械が設計されて構成されなければならない。

19。 ハザードマシンの種類に応じて容易にアクセス可能なエリアに位置して消火器を装備する必要があり、かつ(または)内蔵の消火システム。

20。 マシンの主な機能は、そのスプレーであれば、オペレータは、有害物質への暴露の危険から保護しなければならない。

21。 事業者のための場所を装備したマシンが牽引する牽引車からの信号伝送(必要な場合)のための適切な装置を装備する必要があります。

22。 キャブエネルギー資源外に運転中に操作する農業用車両の職場事業者は土地の放棄、技術資料の汚れから保護する必要があります。

23。 高さが搬送位置にそれらを保持するために、機械的または他の手段を持っている必要が搬送幅を低減し、(又は)用に設計された要素をヒンジ結合。

24。 山の中で動作するように設計された自走式機械や電動工具は、アラームの最大許容ロールを装備する必要があります。

25。 マウントのトラクターユニットの一部として裁判で評価ヒンジ付き、セミマウント、曳航、semitowedマウントと農業機械用に設定された安全要件は、半マウント引きずったり機械·エネルギー機器(トラクター)に取り付け。

26。 自己推進機や電動工具は、危険な環境で使用するために設計され、又は機械自体、およびエネルギー施設は、環境にとって危険であり、それがあるべきである場合
操作者の正常な動作を保証するために、予測可能な危険から保護するために適切なデバイスを提供する。

27。 装置オペレータの職場ブースでは、オペレータはすぐに車を残して、少なくとも1非常口を持つことができるようにする必要があります。

28。 工作機械に取り付けられたエネルギー、搬送位置と警報装置電動工具で閉じるだけでなく、自走式の機械は、独自の外部ライトを装備している必要があります。

機械を持ち上げる

1。 巻き上げ機は設計されており、そのように構築され、それらの動作(動作時および非動作状態)の間、およびライフサイクル(製造、組立、試験、分解など)の残りのステージは保持されなければならない、強さを幾何学的形状を主張、剛性、耐摩耗 - および耐食性ならびに - バランス(だけ矢印ガントリークレーンの特定のタイプの後者)。
金属の強度、剛性、安定性とポイズ計算要素、およびオペレーションの確立モードに基づいて、昇降機の安全機構の対応する数値計算により確認されなければならない。

2。 トラックに沿って移動する昇降機は、風荷重の影響下で鉄道線路からの下降のリスク、ならびに不正移動を防止するために特別な装置を装備しなければならない。
地震による潜在的な影響によるもので、これらのデバイスが存在するにもかかわらず、レールトラックから退出する危険性は、たとえば、存在し、IFまたは
トラックの内訳自体が、あなたが機器の可能性の低下を防止するための追加ツールを適用する必要があります。

3。 昇降機を設計および使用条件は、操作機構の動作時間とモードを考慮して所定の構成されなければならない。 集中的なサービスプロセス用に設計されたホイストリフティング機器は、使用のレジストラに装備する必要があります。
(負荷モーメントリミッタ付き)レジストラの営業時間は、すべてのフリースタンディングジブクレーンタイプを装備する必要があります。
装置を持ち上げるの製造に使用される材料は、例えば、温度、腐食性環境、爆発火災ハザード環境として定める条件(動作及び非動作)に応じて選択されな​​ければならない 品質の材料は、製造業者の証明書によって確認されるべきである。

4。 鋼製ワイヤロープのためのブロックは、ドラムは、それらがインストールされている分類機構定義される基であり、より小さくない直径を有するものとする。 小川ユニットとドラムセットに溝を切削、ワイヤロープの直径と一致する必要があります。
多重チェーンホイストと構造を定義した鋼製のロープのメカニズムを選択するための努力を算出しました。 鋼製ロープの最小利用率(安全率)はロープが設置されており、低くないグループ分類機構を定義します。 ワイヤロープスリングの最小利用率(安全係数)は、各ブランチは少なくとも6であるべきで、枝間の最大角度を設けてはいないよりスリングmnogovetvevyh 90°です。 負荷が3つ以下のブランチによって保持されている状態から受信ブランチmnogovetvevyhスリングのそれぞれについて、設計荷重。
(ロープの索道とリングスリングを除く)を保持持ち上げたり、負荷に直接に設計されたスチールロープロープの終端両端を除く任意のスプライスを持つべきではない。
品質のシール端部と鋼ロープの取付け方法は、全体として、適切なセキュリティ機構と昇降機を提供するように選択される。

5。 スターの寸法は、グループ分類メカニズムとチェーンピッチに基づいて選択される。
チェーンを選択するために、推定努力は多重ホイストに応じて機構の設計に依存します。 回路の最小使用率(安全係数)は、鎖が搭載された検出群の分類機構下回るべきではない。
付着およびスプライスリングチェーンの方法は、全体として、適切なセキュリティ機構と昇降機を提供するように選択される。
個々の回路分岐スリングの最小使用率(安全係数)は、少なくとも4、mnogovetvevyhスリングこれ以上90°の枝の間の最大角になるようにする必要があります。 分岐mnogovetvevyhスリングの各々の設計荷重は荷重が3つ以下の分岐によって保持された状態を取る。
テキスタイルロープストラップ、ベルトの設計に使用された場合、最低利用率(安全係数)スリングのそれぞれ別々の枝のための織物ロープやテープは、少なくとも7、mnogovetvevyhスリングこれ以上90°の枝の間の最大角になるようにする必要があります。
スプライシング(ファームウェア)の繊維ロープやテープは、スリングの個々の枝の指定された最小利用率の減少につながるべきではありません。

6。 移動の制御のために設計されたデバイスは、それらがインストールされているリフティングマシンは、安全であるように機能しなければならない。
リフトアップ機構は、設計、建設、または規定の制限内で機械の各成分の移動範囲を制限することを可能にする特殊な装置を装備しなければならない。 これらのデバイスの開始時に、必要な場合には、警告信号を供給する必要があります。
立って鉄道クレーンby移動は衝突の危険を引き起こすお互いに近接することが起こる可能性がある場合、それらは、このリスクを回避することができるシステムを設置する必要がある。
リフティングマシンを設計し、その発生の理由が完了するか、一時的な停電の場合でも、その負荷に掲載、危険またはバイアスフリーで制御されていない落下を回避したり、機械のオペレータを停止するように構成されなければならない。
通常の動作条件下でのみ摩擦ブレーキを使用してシステムを低下させる方法は、他の方法で機能することができないそれらのマシンを除いて、唯一の可能な方法であってはならない。
不慮の落下品の可能性を排除するために、貨物拘束を設計し、構築する必要があります。

7。 、人、設備又はその他の機械で可能な衝突を回避近接して同時に移動するので、危険を作成するために、その可動部分の軌跡の最善の概要を確保するようにリフト機の操作位置は、ようなものでなければならない。
トラックに沿って移動するリフティングマシンは、設計され、負傷から人々を保護するように構成されなければならない、の発生が貨物輸送プラットフォームやカウンターウェイト(利用可能な場合)に関連付けられています。 通常の動作状態での移動の貨物エリアにこの要件を満たすアクセスするために必要な場合は、除外されるべきである。
点検やメンテナンス時にした場合、固定部材及び下またはその上に位置するヒトの身体部分のトランスポートプラットフォーム間で破砕のリスクが避難所やトランスポートプラットフォームを移動するプロセスをブロックする機械装置の設置の形で十分なスペースを設ける必要がありますです。

8。 固定のサイトにサービスを提供するトランスポートプラットフォーム昇降機、移動、厳格なガイドの対象とすべきである。 また、剛性のレールを備えたシステムとして考えスイベル機構はさみを使用してシステムを持ち上げる。
人々は、トランスポート·プラットフォームにアクセスできる場合は、巻上機を設計し、ロードまたはアンロードするとき、特に、アクセスするための定常状態搬送プラットフォームを提供するように構成されなければならない。
巻き上げ機は設計されており、トランスポートプラットフォームのレベルと彼女の着陸地点を維持違いがつまずいたり、落下の危険性が発生することはありませんように構成されなければならない。

9。 落下貨物搬送プラットフォームに関連付けられている恐れがある場合、このリスクの発生を防止するように、昇降機が設計および構築されなければならない。

10。 場所で乗船/下船(ロード/アンロード)が巻き上げ機の可動部分の人々や他の可動プラットフォームとの接触の危険性が排除されるべきである。
人の可能性に関連するリスクが着陸(ロードおよびアンロード)サイト上の彼女の不在の時にプラットフォーム領域の輸送運動に落ちるがある場合は、警備員は、このリスクの発生の可能性を除外し、提供されなければなりません。 これらの警備員は、プラットフォームエリアの交通移動の方向に開けてはいけません。 彼らは、占有輸送プラットフォーム位置に応じてトリガロックする安全装置を有し、ガードが閉じてロックされるまで危険なトランスポート・プラットフォームを防止し、安全ガードの開口部が適切な着陸(ロードおよびアンロード)領域に輸送プラットフォームを停止する必要があります。

11。 巻上機は、彼らが定期的に容量(動的試験)を運ぶ能力1,25パスポート(静的試験)および1,1パスポートを運ぶ負荷の貨物静的および動的試験を受けなければならないことを確認します。 貨物の検査を行うための方法論は、ユーザーマニュアル、昇降機に記載されている必要があります。
新しく製造された昇降機(自立ジブクレーンタイプ)をさらに転倒に対する全体的な安定性のための試験に供される。 試験方法は、リフティング機械の取扱説明書に提示されるべきである。

12。 手動で作動機器を持ち上げるための制御装置は、自動リセット位置でなければなりません。 しかし、衝突や物品車両の危険において全く存在しない、移動、処理の全部又は一部の管理は、制御装置が開始位置にautomatic改行をデバイスを使用せずに、プリセット位置at自動停止をenabling特殊デバイスで置き換えることができると述べた。
ケーブル輸送プラットフォームは、牽引手段は、テンションを監視するカウンターウェイトや機器を保持しなければならない。

13。 アセンブリユニットではありませんリフティングチェーン、ロープやリフティングギアの各部分は、彼女のラベルに与え、そしてしている必要があり、これが不可能な場合で - 製造業者の名前と住所、あるいは取り外し可能なリングプレート。
リフティングチェーン、スチールロープ、繊維ロープやテープは、以下の情報を含む証明書を持っている必要があります。
- 製造業者の名前と住所;
- 公称サイズ、デザインや素材データを含むブランドのチェーン、ワイヤーロープ、繊維ロープやストラップ、;
- 試験方法を使用します。
- 最小破壊(または破壊)の負荷。
関税同盟の委員会によって承認された証拠の一部を形成する。

14。 すべての昇降装置上に(この情報は、安全な動作のために必要である場合)、それらが設計される材料の指定及び最大負荷能力を示さなければならない。
不可能なマーキング装置を持ち上げるため、上記の情報はしっかりとそれらに接続されている板の上に表示しなければならない、あるいは(消耗の結果として、例えば)その磨耗のうち危険性がある場所に配置さや強度のレベルにマイナスの影響を与えてデバイスを持ち上げて、はっきりと見えるはずです。

15。 各リフティングマシン上で、その最大公称能力とクレーンジブの種類を指定する必要があります - オプションの錠剤は、貨物の特性と一緒にインストールされている。
リフティング専用に設計された機械、輸送プラットフォーム装備を持ち上げるには、それらへのアクセスのために人々は、明らかに警告をマークする必要があります提供
人の解除を禁止する。 この警告は、トランスポートプラットフォームにアクセスし、機械の寿命を通して継続することができ、そこから任意の場所とは明確に見えている必要があります。

16。 巻上機のメカニズムは、(通常は開くことができる旋回ブレーキを除く)ノーマルクローズタイプのブレーキを備えなければならない。
ホイストリフティングマシンが与えられたグループ分類メカニズムを任命制動ではなく1,5以下の要因。
危険物を持ち上げて輸送するために設計されたホイストリフティング機器は、指定されたセキュリティを提供するに基づいて任命され、それぞれのブレーキ安全係数を持つ二つのブレーキを装備する必要があります。

17。 ボディリフティングマシンを持ち上げると、特定のセキュリティの維持を遵守し、不用意な離脱を防止するため、落下や制御システムの故障など、その持ち上げ、輸送中に貨物を発疹しなければなりません。
ロード·フックは、フックを除いて特別なバージョンは、スラスト玉軸受にインストールする必要があります。
サスペンションへの取り付けフックが完全に動作中の懸濁液からの無許可の切断を除外されるべきである。
各フックの巻上機は、貨物を持ち上げて運搬中に、フックの喉から任意の損失スリングリングまたはアイレットを防ぐラッチを備えなければならない。

18。 巻上機の電気·制御システムは、指定された安全性と分類群の要件を満たすセキュリティメカニズムを搭載しに適合しなければならない。
巻き上げ機械制御システムは、少なくとも不正発射駆動機構や人事感電の損傷の可能性の可能性を排除するために、ゼロ電流保護を装備する必要があります。

19。 油圧リフトマシンは、金属元素と接触した油圧駆動素子へのダメージを除外し、緊急時に自発的な沈没貨物(矢印)を除外するために与えられた安全の維持を遵守しなければなりません。
各油圧回路は公称能力に等しい定格負荷で動作するように調整され、過剰な圧力逃がし弁から保護し、シールしなければならない。

20。 昇降搬送の開始をシグナリングリミッタ(キャビンなどにインターロックの入口ドアを必要運動を作動例えば、リミッタ)およびデバイスを計量電源電圧表示のポインタ(例えば、光表示、音:巻上機は、必要な安全装置を装備しなければなりません貨物、など)。 リストや巻上機に必要な制約やインデックスの数は、その設計機能、責任の度合いに基づいて選択し、セキュリティの必要なレベルを確保しています。

21。 巻き上げ機制御装置は、管理が観測リフティングボディと重量を妨害し、快適ではなかったような方法で作られ、インストールする必要があります。
腕やレバーの移動方向は、おそらく運動機構の方向に対応する必要があります。

22。 巻上機内部寸法のタクシーは、この機器のために確立さ人間工学と安全性の要件の要件を満たさなければならない。

23。 簡単にアクセスできるが、リフティング機械の運動部で点検·整備のメカニズムを可能に耐久性のある取り外し可能な障壁を閉じる必要がありますされています。 それらに触れる可能性を排除するものではない場所に配置された電気リフティング機器機械の絶縁されていない充電部は、保護されるべきである。

24。 機械を持ち上げるのギャラリー、プラットフォームや階段は、所望の強度、およびそのサイズを提供しなければならない - 確立された安全要件に準拠しています。

25。 金属荷役機械の溶接部の会計要素は、その安全性を確認する必要があります。

26。 (、マシンを巻き上げトラックに沿って移動するための)トラックが設計·製作しなければならないように、動作中(動作時および非動作時)、リフティングマシンのライフサイクルのだけでなく、他のステージ(組立、テストなど)と耐食性を - それは、そのすべての強度、剛性、安定性、疲労、磨耗が維持されます。

処理装置および食品加工、化粧品又は医薬品の製造

1。 食品、化粧品や医薬品に接触すると、意図した用途に適していなければならない。 表面材料およびコーティングは、メディアに接触する抵抗性であることや、割れ、欠け、剥がれや摩耗、破損することなく、洗浄と消毒を許可する必要があります。

2。 食品、化粧品や医薬品と接触する装置表面は、生成物の蓄積を容易にするために、隆起部又は溝なしで、滑らかでなければならない。
(容易に除去することができるすべての部品を事前に除去しながら、必要に応じて)機器は、きれいにし、消毒が簡単でな​​ければなりません。
機器の内部表面は、それらを徹底的に掃除をすることができ、丸みのペアリングを持っている必要があります。

3。 これは、液体、気体およびエアロゾルの排出量、化粧品又は医薬品、並びに洗浄及び消毒に起因するための機器を完全に除去する可能性があることが必要である。

4。 任意の異物や有害生物(例えば、昆虫)、並びに洗浄のためにアクセスできないエリアでは、全ての有機物質の蓄積を防止するように、装置は設計されて構成されなければならない。

5。 機器は、そのように設計、食品、化粧品や医薬品に接触し、有害な補助物質(例えば潤滑剤)の可能性を除外するように構成されている必要があります。

6。 機器の取扱説明書(ユーザーマニュアル)は、清掃、消毒や洗浄に推奨される手段及び方法についての情報を含まなければならない。

附属書は、「機械設備の安全性に関する「関税同盟の技術規則に3を№(TR CU 010 / 2011)

証明の形で「機械設備の安全性について」関税同盟の技術規則に適合ようにする技術的な規制のオブジェクトのリスト

1。 木工職人の家庭。
2。 全地形対応車、スノーモービルとそのトレーラー。
3。 自動車及びトレーラ用ガレージ機器。
4。 農業機械。
5。 電気などの機械化、小さなツールや園芸、林業使用。
6。 家畜、家禽と飼料生産のための機械。
7。 電気などの機械化器具。
8。 ロギングのための技術装置、ログストレージとラフティング:
- チェーンソー;
- 電気チェーンのこぎり。
9。 貿易、ケータリング、キッチンの企業の技術設備。
10。 ストリッピングと仕事と私の働きの支援を洗浄するための装置:
- ハーベスタ処理;
- 機械化錯体;
- 機械化ボルト締め溶岩;
- 空気動力工具。
11。 地下開発のための設備:
- 石炭や岩に沈没ハーベスタ;
- 開発の仕組みのための金属のライニング。
12。 機器のアップグレードや鉱山輸送幹:
- こする鉱山用コンベヤー;
- コンベヤ鉱山テープ;
- 鉱山用ウインチ。
13。 掘削井戸と充電ブラストホールの語幹のための設備のための機器:
- 空気圧ハンマー(ハンマードリル);
- ハンマー;
- 鉱業の掘削のための機械;
ドリルのインストール。
14。 換気とダストコントロール:
- 鉱山用ファン;
- 脱塵や埃抑制を意味し、
- 酸素コンプレッサー。
15。 クレーンを持ち上げ、機器を取り扱う。

適合宣言の形で「機械設備の安全性について」関税同盟の技術規則に適合ようにする技術的な規制のオブジェクトのリスト

1。 タービンやタービン設備。
2。 強制通風機。
3。 クラッシャー。
4。 ディーゼル発電機。
5。 操作を持ち上げるための装置。
6。 コンベヤ。
7。 電気ワイヤーロープホイスト、チェーン。
8。 屋外の無軌道を製造輸送。
9。 化学装置、石油·ガス精製。
10。 高分子材料の処理のための装置。
11。 ポンプ装置(ポンプ、ポンピングユニットとインストール)。
12。 極低温機器、コンプレッサー、冷凍、酸素アセチレン、ガス処理:
- 空気分離や希ガスをインストールします。
- ガスおよび液体の調製および精製のための設備、機器の熱 - 極低温システムとインストールの物質移動;
- コンプレッサー(空気およびガス);
- 冷凍プラント。
13。 金属や金属被覆製品の火炎処理のための機器。
14。 機器ガス洗浄集塵。
15。 紙パルプのための機器。
16。 製紙設備。
17。 油田掘削や地質調査。
18。 エンジニアリング製品のコーティングを適用するための技術設備と装置。
19。 液体アンモニアのための機器。
20。 飲料水の製造及び精製のための装置。
21。 金属加工機。
22。 鍛造の自動。
23。 木工機器(家庭用木工機械を除く)。
24。 ファウンドリのための技術装置。
25。 溶接や溶射のための機器。
26。 産業用トラクター。
27。 フォークリフト。
28。 (子供を除く)の自転車。
29。 地ならし、埋め立て工事、開発と保守のピットのための機械。
30。 道路機械、モルタルを作るための機器。
31。 設備機械の建設。
32。 建築材料産業の装置。
33。 ロギングのための技術装置、(ガソリンのこぎり、電気チェーンを除く)は、ログの保存とラフティング。
34。 泥炭産業のための技術装置。
35。 工業用ランドリー機器。
36。 服や家庭用品のドライクリーニングや染色のための機器。
37。 ユーティリティのための機械および装置。
38。 産業用ファン。
39。 産業エアコン。
40。 エアヒーターとクーラー。
41。 軽工業の技術機器。
42。 繊維産業の技術機器。
43。 化学繊維、ガラス繊維、アスベスト繊維の製造のための技術装置。
44。 食品、乳製品、肉や魚産業のための処理装置。
45。 製粉·飼料·穀物エレベーター業界のための技術装置。
46。 貿易、ケータリング、キッチンの企業の技術設備。
47。 印刷機器。
48。 ガラス、磁器、陶器やケーブル業界のための技術装置。
49。 ボイラーは、液体と固体燃料で実行されている。
50。 ガスバーナーや産業プラントにおける製造工程での使用を意図機器に埋め込まれた組み合わせ(ブロック除く)液体、。
51。 液体と固体燃料を使用する給湯器や加熱装置。
52。 ミルズ:
- カッター多面炭化物;
- 切断·裁断カッターHSS;
- 超硬カッター。
53。 カッター:
- ろう付け超硬とカッター
- カッター多面炭化物。
54。 木材を処理するための超硬インサート円形ののこぎり。
55。 ベンチ1000 Vに電圧での作業にハンドルを絶縁してマウントツール
56。 ボア付きツール:
- リリーフ歯とボアの木材カッター用;
- 鋼や超硬製ナイフで木のためのボア付きカッター;
- ボア円筒チームとカッター。
57。 天然および合成ダイヤモンドのツール:
- ダイヤモンド砥石;
- ホイールをカットダイヤモンド。
。 窒化ホウ素(CBN工具)に基づく合成超硬質材料のツール。
- 研削砥石。
59。 工業用バルブ。
60。 研磨工具、研磨剤:
- ハンドヘルドマシンを含む研削砥石;
- ディスクを切断。
- ホイール研磨;
- 砥石フラップ;
- エンドレスベルト研削;
- 繊維砥石。

PDF文書のフルバージョンは、このリンクをクリックして読むことができます。