認定 技術規則TC 技術的な装置TR CU 020 / 2011の電磁環境適合性

技術的な装置のCU技術規則020 / 2011電磁両立性

Содержание

序文

1。 関税同盟は、この技術基準は、共通の原則とベラルーシ共和国、カザフスタン、11月18 2010年のロシア連邦における技術規制の規則に関する協定に基づいて設計されています。

2。 関税同盟は、この技術基準は、関税同盟の共通関税地域での循環に入れたハードウェアの自由な移動を確保するための技術的手段の電磁環境適合性に関する要件の適用と実施のための義務的な均一の関税同盟の共通関税地域の確立を確実にするために設計されています。

3。 関税同盟の他技術規則が採用した技術的手段は、ハードウェアの要件を確立した場合、ハードウェアは関税同盟、これらが対象であるの働きの技術的規制の要件を満たす必要があります。

記事1。 アプリケーションの球

1。 関税同盟のこの技術的規制は電磁干渉を発生させることができる関税同盟の技術的手段の共通関税地域で循環中に入れて伸びており、パフォーマンスの(または)品質は外部の電磁干渉の影響に依存します。
2。 関税同盟は、この技術基準は、技術的手段には適用されません。
- 有権者と独立した使用を意図していないなど、他の技術的手段は、製造業者によって使用されます。
- 電磁両立性に関してパッシブ;
- 義務的な要件は関税同盟の委員会( - 委員会という)で採択された関税同盟の枠組みの中に設立される製品の一つのリストに含まれていない。
個々のクラスのために、技術的な装置のグループとタイプは、関税同盟の技術規則を採択する場合は、より確実にEMC規格に完全にまたは部分的にこれらの技術的に関する関税同盟のような技術的な規制の作用の関税同盟のこれらの技術的な規制の実効日付を確立施設とEMCの要件が停止します。
3。 関税同盟は、この技術基準は、電磁関税同盟の単一関税地域に提供するための技術的手段の適合性、生命と健康の保護、プロパティ、および消費者(ユーザー)誤解を招く行為の防止の技術のための要件を確立します。
4。 通信の分野では関税同盟のメンバー - 関税同盟は、この技術基準は、国内法で規制されている無線スペクトルの使用に起因する関係を規制していません。

記事2。 定義

関税同盟のこの技術基準は、次の用語とその定義:

装置 - 構造的に消費者(利用者)が使用するために設計された外部接続用のボディ(シェル)と、必要に応じて、デバイス(ポート)を有する技術的手段を完成。
メーカー - 彼の代理としての製造又は生産およびハードウェアと関税同盟の技術的規制のEMC要件への準拠に責任の販売に求め、個々の起業家としての法人または自然人、;
輸入業者 - 国の居住者 - 関税同盟のメンバーで、非米国と締結 - 機器の海外移転に関税同盟協定のメンバーは、これらの技術設備を実装しており、関税同盟の技術的規制のEMC要求事項への適合のための責任があります。
コンポーネント - 製造業者からの技術を渡し関税同盟の共通関税地域における消費者(利用者)への移行資金の技術的なプロセス - 構造的ユニットの消費者(利用者)、市場での技術的手段の治療を可能にするために設計された技術的なツールの一部を完了した
その製造の完了後に手段;
使用目的 - この技術的手段および(または)運用文書について、製造業者によって指定された目的に応じて技術的手段の使用;
技術手段 - 任意の電気的、電子的およびアビオニクス製品またはとして分類することができ、電気的および(または)電子部品を含む任意の製品:部品ユニットとインストール;
電磁適合性に関する受動的な技術的手段、 - そのようなスクリーニングまたは濾過などの電磁干渉に対する追加の保護なしで意図したとおりに使用した場合、その構造的および機能的特徴のおかげで、それらに応じて通信および他の技術的手段との干渉、電磁干渉を作成することができない、技術的手段電磁干渉、使用するのに適した電磁環境に曝されたときの目的は、劣化することなく動作可能です それは技術的手段が設計されている(電磁両立性の点で受動的なハードウェアの種類は、関税同盟の本技術規則に1の附属書に記載されています)。
製造業者が認定した者 - 正式に国家によって登録された自然人または法人、 - 関税同盟の共通関税地域における適合性評価と製品の配置での代理として行動するために彼との契約に基づき、製造業者によって定義されている関税同盟のメンバーだけでなく、非責任を築くために関税同盟の技術的な規制の要求事項への製品;
インストール(携帯または固定) - 相互接続されたデバイスのセットと、必要に応じて、単一の機能目的に製品として消費者(利用者)が使用すると、単一の技術文書を持つために意図した他の製品;
電磁干渉に対するイミュニティ(免疫) - 調整されたパラメータ値を使用して電磁干渉にさらされたときに機能する技術的なツールセットの品質を維持する能力;
電磁両立性 - 指定した電磁環境内で指定された品質で動作し、他の技術的手段に有害な電磁干渉を起こさない技術的手段の能力;
電磁環境 - スペースの所定の領域における電磁現象とプロセスの全体;
電磁波による障害 - 電磁現象や低減またはその施設の質を低下させる可能性のあるプロセス。

記事3。 市場流通

1。 それは、この関税同盟の技術基準だけでなく、関税同盟のその他の技術的な規制を受けているとき、市場で利用可能な治療の技術手段は、それが対象となり、そのうちの行動は、それが第7関税同盟のこの技術的な規制だけでなく、に従った適合性評価に合格したことを条件とする関税同盟のその他の技術的な規制に従って、の効果は、それが対象となります。
2。 関税同盟の技術的規制の要件を満たす技術的手段は、確認されていない市場の状態に製品のシングルサインオンと表示すべきではない - 関税同盟のメンバーは、市場に流通中に放出することはできません。
3。 技術的手段は、市場の状態についてラベルされた製品の一つの印ではない - 関税同盟のメンバーは、市場に循環系に放出されることは許されない。

記事4。 EMC要件

技術的な装置を設計·製造​​しなければならないように意図して、インストール、操作(使用)の要件を満たしているとして、それを使用した場合、保管、運搬(輸送)とメンテナンス:
- 技術的手段による電磁干渉は、その目的に応じて、通信や他の技術的手段の機能を確実にレベルを超えないようにしてください。
- 技術的手段は、意図​​される用途のための電磁環境での動作に、電磁干渉(免疫)に対する耐性のレベルを有する。
技術的手段に作用する電磁干渉や技術的手段の種類(または)は、関税同盟のこの技術基準の付属書2に記載されている。

記事5。 表示要件と運用のドキュメント

1。 名前を付けて、(または)技術的手段の指定(種類、メーカー、モデル - 利用可能な場合)、その基本的なパラメータと特性、名前と(または)製造者の商標、製造された技術的手段は、技術的手段に適用されているべきである国の名前併合運用文書に。
この場合、製造業者名及び(または)その商標名と技術的手段の指定(種類、メーカー、モデルは - もしあれば)の包装に適用する必要があります。
2。 この記事段落1に記載されている情報は、それが技術的手段を置くことは不可能である場合は、これだけの技術的な施設運用の文書に添付で指定することができます。 この場合、製造業者名および(または)その商標名と
技術的装置(タイプ、メーカー、モデル - 利用可能な場合)の指定は、パッケージにマークする必要があります。
3。 技術的手段をマークすると、見やすく読みやすく、工具位置を使用して分解することなく検査のためにアクセス可能な技術的手段に印加しなければならない。
4。 技術的手段への操作上の文書は含まれている必要があります
- この記事段落1に記載されている情報;
- 技術的手段の任命に関する情報;
- 特性とパラメータ;
- 利用規約技術的な装置の設置、電源や他の機器に接続し、これの技術的要件の遵守を確保するために必要なこれらのルールと条件の実装は関税同盟の技術規則を意味するのであれば、規制と運用に入れて、開始;
- 技術的手段の使用制限については、考慮に入れ、住宅、商業および産業分野で使用するため、その目的を取る。
- 安全な使用のための諸条件(使用);
- 利用規約、保管、運搬(輸送)、売却·処分(必要であれば - それらのための必要条件を確立するために);
- 技術的手段の故障の場合に取るべき措置についての情報;
- 製造業者の名前と場所(製造者が認定した者)、輸入業者、それらに関する情報;
- 技術的手段の製造及びアプリケーションや、製造年を決定する方法のサイト上(または)情報の月と年。
5。 関税同盟のメンバー(S) - 法律の適切な要件と関税同盟のメンバー(S)状態() - ロシアと国家の状態(S)言語で実行される操作上の文書。
運用文書は紙の上で実行されます。 これらは、電子メディア上で動作する文書のセットを取り付けることができる。 オペレーショナル文書は、ハードウェア製品、家庭用製品、電子媒体のみで行うことができるが供給。

記事6。 EMC要件への準拠を確実にする

1。 適切な技術的手段は、関税同盟のこの技術的規制は、自主的に、直接または標準のリストに含まれている規格の要求事項への適合の結果として、関税同盟の技術規則の遵守を電磁互換性のためにその要件の達成を確実にした。
2。 研究方法(テスト)および技術的なツールの測定は、標準規格にインストールされている要件の適用と実施のために必要なサンプリングのルールを含むルールとメソッド(テスト)および測定を含む標準のリストに含まれている
関税同盟およびコンプライアンス製品の評価(確認)の実装の技術的な規制。

記事7。 遵守の実証

1。 市場に出回っている循環への放出前に関税同盟の技術的規制のEMC要求事項に適合する技術的手段の確認に合格しなければなりません。
委員会によって承認された関税同盟の技術規則、コンプライアンスのモデル評価制度(確認)の適用に関する規則に基づき、関税同盟のこの技術基準に定めるスキームが提供する技術的手段の遵守の実証。
2。 技術的な施設が認定(スキーム3s、1s、3s)の形で適合性評価の対象と関税同盟のこの4技術規則に添付され、リストに含まれている。
言ったリストに含まれていない手段は、適合(1d方式2d、3d、4d、6d)の宣言の形で適合性評価を受けなければならない。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入業者によって提供されたリストに含まれていない適合ハードウェアのスキーマ宣言を選択する。
製造業者(製造業者が認定した者)の決定によって、リストに含まれていない技術的な装置の輸入業者の適合性評価は、段落、この記事5に従って認定の形態とすることができる。
関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及基準の非適用の場合、または、彼らの不在にある
技術的手段の適合性評価は、この記事1規定に従って認定(スキーム3s、4s、10s)の形態である。
3。 技術手段の認証は、大量生産、スキーム1s下で行う。 技術的な認定は、製造業者(製造業者が認定した者)のための手段である。
スキーム3s - 第三者認証は、技術的手段4sスキーム、単一の製品により実施される。 関税同盟の単一関税地域で生産製のハードウェア(単一の製品)は、関税同盟の共通関税地域に輸入メーカー、パーティのハードウェア(単一の製品)、ある輸入業者または製造業者(製造業者が認定した者)である。
4。 技術的な装置の認証は、認証局(アセスメント(確認))関税同盟の認証機関および試験機関の統一レジスタ(センター)に含まれています。
認定のための試験は、関税同盟の認証機関および試験機関の統一レジスタ(センター)に含まれ、認定された試験所(中央)を保持する。
5。 技術的手段の認証を取得した(回路1s、3s、4s)
5.1。 含まれる関税同盟、技術的規制のEMC要件の技術的手段を確認する技術的手段のための書類の製造業者(製造業者が認定した者)、輸入者が認証局を提供しています(アセスメント(確認))のセット:
- 技術的条件(もしあれば)。
- 運用ドキュメント。
- 関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及標準のリストからこの技術的な援助の要求事項を遵守しなければならない標準のリスト;
- パーティのハードウェア(単一の製品)(スキーム3s、4s)の契約(供給契約)または出荷書類(;
5.2。 製造業者は、製造工程に必要なすべての措置を講じなければなら安定しており、関税同盟のこの技術基準で製造ハードウェア要件の遵守を保証する。
5.3。 認証機関(アセスメント(確認)):
5.3.1。 試料(複数可)を選択する。
5.3.2。 第1に関税同盟のこの技術基準を指定し、その性能特性のアイデンティティを確立することにより、技術的手段を特定しなければならない、第5関税同盟や、この記事の段落5.1 5段落に記載されているマニュアルのこの技術基準に定める規定は、
5.3.3。 関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及標準のリストの基準への適合のための技術的手段の試験片(複数可)を整理し、レポート(S)のテストを分析。
5.3.4。 生産(スキーム1s)の分析を行っています。

メーカーの認定品質マネジメントシステムの生産やハードウェアの開発と生産の存在下での関税同盟の技術的規制の要件に適合し、認証を取得したハードウェアの安定した出力を確保するために、システムの可能性を評価します。

5.3.5。 委員会によって承認された単一のフォームに適合証明書を発行します。 機器の大量生産のための適合証明 - 適合証明のパーティのハードウェアのためのこれ以上の5年(単一の製品)の有効性がインストールされていません。
5.4。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
5.4.1。 の市場で製品のシングルサインオンを負わせる - 関税同盟のメンバー;
5.4.2。 含まれていた技術的手段のためのドキュメントのセット適合、終了後のフォーム:
- この段落サブパラグラフの5.1で参照されるドキュメント;
- プロトコル(S)のテスト;
- 生産の分析結果;
- 適合証明。
5.5。 認証機関(アセスメント(確認))は、認定試験所(中央)にサンプルを試験し、生産(または)分析(スキーム1s)によって認定された技術的手段を検査制御を行っています。
6。 に基づいて行われた技術的手段を適合宣言(回路1d、2d、3d、4d、6d):
6.1。 自身の証拠(1d方式2d)
- (パーティのハードウェア、単一の製品のための)技術的な装置の試験(スキーム2d);
- (大量生産への機器のための)製造業者による技術設備と生産管理のテスト(スキーム1d);
6.2。 認定された試験所(中央)が参加して得られた証拠は、品質マネジメントシステムの認証機関は、関税同盟の認証機関および試験機関の統一レジスタ(センター)(3d方式4d、6d)に含まれている
- (パーティのハードウェア、単一の製品のための)技術的な装置の試験(スキーム4d);
- (大量生産への機器のための)製造業者による技術設備と生産管理のテスト(スキーム3d);
- テスト技術的には、(スキーム6d)(大量生産への機器のための)製造業者による生産やハードウェアと生産管理の開発と生産の品質マネジメントシステムの認証を意味します。
6.3。 大量生産の技術的手段の適合宣言は、メーカー(製造者が認定した者)方式1d、3d、6dを運ぶ。
適合パーティのハードウェア(単一の製品)の宣言は、製造業者(製造業者が認定した者)、輸入スキーム2d、4dを運ぶ。
7。 宣言時に技術的手段の適合性は、スキームを1d
2d:
7.1。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
7.1.1。 コンプライアンスを確認する一連のドキュメントを生成し、
含まれる関税同盟、この技術的な規制の要件の技術的手段:
- 技術的条件(もしあれば)。
- 運用ドキュメント。
- 関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及標準のリストから、現在の技術的手段の要件に対応している標準のリスト;
- メーカーの裁量(製造者が認定した者)、輸入での試験検査室(中央)で行われた試験のプロトコル(S);
- 適合証明書(もしあれば);
- 適合宣言パーティのハードウェア(単一の製品)メーカー(可能な場合)((スキーム2d);
- 契約(パーティ製のハードウェアのための、単一の製品)(供給契約)または出荷書類(スキーム2d);
7.1.2。 第1に関税同盟のこの技術基準、第5に関税同盟と段落7.1.1に記載されている文書は、この技術基準を定める規定を指定し、その性能特性のアイデンティティを確立することにより、技術的手段を識別しなければならない。 この記事の7.1段落;
7.2。 製造業者は、生産管理を提供し、製造工程が、これは関税同盟(スキーム1d)の技術規則を意味の技術的要求事項への適合を保証することを保証するためにすべての必要な措置をとる。
製造プロセスとコントロールだけでなく、それらの制御の結果のための要件は、(製造者によって規定された形態で)文書化されるべきである;
7.3。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
7.3.1。 技術的手段の適合宣言書を受け取り、この技術委員会によって承認された単一のフォーム上の関税同盟の調節、および情報
7.3.2。 サブパラグラフ7.1.1の技術的手段に関する文書のセットでの適合が完了した後に含まれています。 この段落の、適合宣言。
8。 技術的手段スキーム3d、4d、6dの適合を宣言する場合:
8.1。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
8.1.1。 することを含む、技術的手段に関する文書の集合を生成します。
- 技術的条件(もしあれば)。
- 運用ドキュメント。
- 関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及標準のリストからこの技術的な援助の要求事項を遵守しなければならない標準のリスト;
- 契約(パーティ製のハードウェアのための、単一の製品)(供給契約)または出荷書類(スキーム4d);
- 生産と技術的手段(スキーム6d)の開発と生産の品質マネジメントシステムの適合証明;
8.1.2。 第1に関税同盟のこの技術基準、第5に関税同盟と段落8.1.1に記載されている文書は、この技術基準を定める規定を指定し、その性能特性のアイデンティティを確立することにより、技術的手段を識別しなければならない。 段落8.1。 この記事の;
8.1.3。 標準のリストの基準への適合のための技術的手段の試験片(複数可)を開催して
8.2。 メーカー:
生産管理を提供し、製造工程が、これは関税同盟(3d方式6d)の技術規則を意味の技術的要求事項への適合を保証することを保証するためにすべての必要な措置をとる。 製造プロセスとコントロールだけでなく、それらの制御の結果のための要件は、(製造者によって規定された形態で)文書化されるべきである;
製造プロセスと生産·開発·生産施設の品質マネジメントシステムの安定動作が関税同盟(6dスキーム)の技術規則の技術要件の遵守を確保することを保証するためにすべての必要な措置をとる。
8.3。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
8.3.1。 技術的手段委員会によって承認された単一のフォーム上の関税同盟のこの技術的規制の適合宣言書を受けて、市場の状態に製品のシングルサインオンを負わせる - 関税同盟のメンバー;
8.3.2。 含まれていた技術的手段のためのドキュメントのセット適合、終了後のフォーム:
- 文書は、この記事のサブパラグラフ8.1.1 8.1の段落で言及。
- プロトコル(S)のテスト;
- 適合宣言。
関税同盟の法律。 行動宣言は、その登録日から始まります。
大量生産への機器の適合宣言の有効性 - 適合宣言のパーティのハードウェアのためのこれ以上の5年(単一の製品)の有効性がインストールされていません。
10。 技術的手段の認証を取得した、関税同盟のこの技術的規制の段落1 6の記事で言及標準のリストから基準の非適用の場合、またはそれらの非存在下での(1s方式3s、4s)
10.1。 含まれる関税同盟、技術的規制のEMC要件の技術的手段を確認する技術的手段のための書類の製造業者(製造業者が認定した者)、輸入者が認証局を提供しています(アセスメント(確認))のセット:
- 技術的条件(もしあれば)。
- 運用ドキュメント。
- 関税同盟のこれらの技術的な規制の電磁環境適合性の要件への適合を確認する技術的解決策の説明、;
- パーティのハードウェア(単一の製品)(スキーム3s、4s)の契約(供給契約)または出荷書類(;
10.2。 製造業者は、製造プロセスに必要なすべての措置を取って安定であっ製のコンプライアンスを確実にしなければならない
関税同盟のこの技術基準のハードウェア要件;
10.3。 認証機関(アセスメント(確認)):
10.3.1。 試料(複数可)を選択する。
10.3.2。 第1に関税同盟のこの技術基準を指定し、その性能特性のアイデンティティを確立することにより、技術的手段を特定しなければならない、第5関税同盟や、この記事のサブパラグラフ10.1 10段落に記載されているマニュアルのこの技術基準に定める規定は、
10.3.3。 関税同盟の技術的規制のEMC規格に直接技術設備の適合性評価を実施しています。
同じ認証局で(アセスメント(確認)):

- 関税同盟のこれらの技術基準および認定された技術的手段のための具体的なEMC要件を決定目的とする技術的手段で使用するための電磁環境条件、電磁両立性のための要件に基づいて;
- 製造業者の関税同盟のこれらの技術的な規制の電磁環境適合性の要件への適合を確認し、エンジニアリングソリューションの分析;
- 関税同盟のこの技術的規制の段落2 6の記事で言及規格のリストを定義し、測定·テストの方法によって確立された基準、または彼らの不在で、確認するために、制御、計測、試験する方法を決定
電磁両立性のための特定の要件の技術的手段の妥当性;
- 試験施設およびレポート()テストの技術的な分析を整理し、
10.3.4。 生産(スキーム1s)の分析を行っています。

メーカーの認定品質マネジメントシステムの生産やハードウェアの開発と生産の存在下での関税同盟の技術的規制の要件に準拠の認定の技術的手段の安定した出力を確保するために、システムの可能性を評価します。
10.3.5。 委員会によって承認された単一のフォームに適合証明書を発行します。
機器の大量生産のための適合証明 - 適合証明のパーティのハードウェアのためのこれ以上の5年(単一の製品)の有効性がインストールされていません。
10.4。 製造業者(製造業者が認定した者)、輸入:
10.4.1。 の市場で製品のシングルサインオンを負わせる - 関税同盟のメンバー;
10.4.2。 含まれていた技術的手段のためのドキュメントのセット適合、終了後のフォーム:
- この段落サブパラグラフの10.1で参照されるドキュメント;
- プロトコル(S)のテスト;
- 生産の分析結果;
- 適合証明;

10.5。 認証機関(アセスメント(確認))が認定された技術者の検査制御を実施
テスト、認定試験所(中央)のサンプルおよび(または)生産の分析(スキーム1s)により。
11。 製造業者の遵守静止インストール決定の確認は電磁適合性を確保し、計算および実験方法を適用するための技術的な資料を検討しなければならない時には、結果は技術的手段のための文書のセットに含まれるように文書化されています。
12。 技術的手段のためのドキュメントのセット状態の領土に保存しなければならない - 関税同盟のメンバー:
- テクニカルツール - この技術的手段の生産から(終了)を除去する少なくとも10周年のための製造業者(製造業者が認定した者);
- パーティ製のハードウェア - 輸入業者やパーティーの実現の最後の製品から少なくとも10年間は、製造業者が認定した者。

記事8。 関税同盟のメンバー - 市場の状態に製品のシングルサインオンをマーク

1。 関税同盟のメンバー - 関税同盟と関税同盟のこの技術基準は、市場の状態に関する製品のシングルサインオンで表示しなければならない第7下の経過適合性評価手続のこれらの技術的な規制の電磁環境適合性の要件を満たす技術的手段。
2。 市場の状態に製品のシングルサインオンをマーク - 関税同盟のメンバーは、市場で流通している技術的なツールのリリース前に実施される。
3。 市場の状態に関する製品のシングルサインオン - 関税同盟のメンバーは、どのような方法が技術的手段の有効期間を通じて鮮明なを与えるすべての技術的手段に適用されるだけでなく、附属運用文書で提供されます。
4。 それは技術的手段に直接適用することができない場合、唯一のパッケージにおよび添付の運用文書の技術的手段での関税同盟のメンバー - 市場国での製品の単一マークとして適用することができる。
5。 市場の状態に関する製品のラベル、シングル·サインの技術的手段 - 関税同盟のすべての技術的な規制への適合における関税同盟のメンバーは、それが対象となり、そのうちのアクションが、マークの貼付を提供する。

記事9。 セーフガード条項

米国 - 関税同盟のメンバーは、共通関税関税同盟の領土だけでなく、関税同盟の技術的規制のEMC要件に準拠していない手段の市場からの撤退に関する技術的手段の発行の禁止を制御するためのすべての措置をとる。

関税同盟「技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 1 / 020)の技術規則の付録2011

電磁適合性に関する受動的なハードウェアの種類は、関税同盟の技術規則」技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 020 / 2011)でカバーされていない

1。 ワイヤー、コード、ケーブル、ケーブルアセンブリ。
2。 技術設備だけ抵抗負荷を含有し、サーモスタットやファンなしでそのような家庭用電気ヒーターなどの自動スイッチングデバイスを持っていません。
3。 電気バッテリーとは、アクティブな電子回路なしで、彼らに光機器を供給した。
4。 ゲイン機能なしのヘッドフォンとスピーカー。
5。 保護具、短絡または能動電子部品と融合(緊急遮断装置)が含まれていない電気回路の異常事態での操作の結果、短い期間(多くの1s未満)の過渡電磁干渉を作成する。
6。 電磁干渉の発生源は、絶縁性にのみ局所的な欠陥(例えば、高インダクタ、高電圧変圧器)を起した高電圧機器は、このような機器は、アクティブな電子部品が含まれていないことを条件とする。
7。 キャパシタは、例えば、力率補正のためのコンデンサ。
7。 誘導電動機。
8。 石英は(例えば、ラジオ、追加機能なしで)時計。
9。 白熱電球。
10。 プラグ、ソケット、ヒューズ、サーキットブレーカとサーキットブレーカ能動電子回路なし。
11。 ラジオやテレビ放送を受信するためのパッシブアンテナ。

関税同盟「技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 2 / 020)の技術規則の付録2011

電磁干渉や技術的手段の種類(または)関税同盟」の技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 020 / 2011)の技術規則を適用することにより、技術的手段に作用する

1。 低周波伝導性電磁干渉:
- 定常バイアス電圧電源;
- 電源電圧の高調波歪み;
- 三相電源システムにおける電圧アンバランス;
- 電源電圧の変動;
- ディップ、停電及び電力の電圧サージ;
- 電力システムにおける周波数偏差;
- 電圧信号は、電力システムにおいて送信;
- AC電源ネットワークにおけるDC成分;
- 誘導された低周波電圧。
2。 低周波は、放射EMI:
- 磁気場;
- 電場。
3。 工業用電波干渉を含め実施した高周波電磁干渉、
- 連続変動する電圧や電流、;
- 電圧または電流、一時的な(そして非周期振動)。
4。 高周波工業電波干渉を含む、電磁干渉を放射
- 磁気場;
- 電場;
- 連続変動やトランジェントによって引き起こされるなど、電磁界。
5。 静電放電。

関税同盟「技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 3 / 020)の技術規則の付録2011

関税同盟「技術的手段の電磁環境両立性」(TR CU 020 / 2011)の技術規則に従った適合証明の形態であると技術的手段のリスト

1。 電気自動車や家電製品:
- 料理や食品の保存とキッチンが機械化作品で、
- 処​​理(洗浄、アイロン、乾燥、洗浄)、ランジェリー、衣類や履物;
- 施設を清掃するための;
- 洗面;
- 室内環境を維持し、調整する。
- 髪、爪や肌の世話をする。
- 身体の暖房;
- 振動;
- ゲーム、スポーツやエクササイズѐモル設備;
- オーディオとビデオ機器、受信機のテレビやラジオ放送;
- 縫製や編み物;
- 電源は、バッテリー充電器、電圧レギュレータ;
- 庭園管理のための;
- ポンプ;
- 照明装置;
- 電子制御を備え​​た回路遮断器;
- 電子制御と保護装置;
- アーク溶接装置。
2。 パーソナル電子·コンピュータ(PC)。
3。 個人電子計算機に接続された技術的手段:
- プリンタ、
- モニター;
- スキャナ;
- 無停電電源装置;
- ACから電源供給アクティブスピーカー;
- マルチメディアプロジェクター。
4。 ツール電力(手動と電動ポータブル)。
5。 電気楽器。

PDF文書のフルバージョンは、このリンクをクリックして読むことができます。

 
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!