払い戻しの手続き

税関手続きに関するロシアの法律では、タイムリーに現金で返金して(オフセット)が定義されている:

  1. 前払 - 前払金の使用上の最後の処分の日から3年以内。
  2. 関税と税金の過度に支払われ、又は過度に回収金額 - 入金またはコレクションの日から遅くとも3年;
  3. 現金担保 - 義務の実行または終了する日の翌日から起算して3年以内。
  4. 状況の翌日ではない1年以内の日から - 一部1記事148連邦法(商品を解放するために失敗、税関申告の撤退、最恵国待遇や関税選好の回復など)に応じて関税と税金の還付その他の例関税と税金の払い戻しを伴う。


資金の声明リターンが(オフセット)22.12.2010 2520№からロシア連邦税関の順序によって承認されたフォームに従わなければなりません.

現金でのリターン(オフセット)の申請が書類を添付しなければならない、のリストの名前は 一部で2記事122、147(以下、 - 連邦法) "ロシア連邦の税関規制に関する"ロシア連邦149№27.11.2010-FZの311連邦法。

 

現金担保を返すか、または進歩と相殺

払い戻しの申請は、(オフセット)場合から3年以内に現金でのデポジット(その後継)、税関当局をした人が現金担保、現金担保または元払いに対する信用が預金により担保債務の実行または停止の対象となり戻ります義務の実行または終了の日の翌日。 預金により担保義務は、いずれかを持っていない場合は現金担保のリターンは、(オフセット)も行われ、現金担保の払い戻しの申請期限は、(オフセット)関税領収書の税関当局の登録日から計算されると述べました。 この期間の後、現金担保の未請求金額は、連邦予算の他の非税収に記録され、返金されています。
現金担保の返還アプリケーション(オフセット)次の書類:
現金担保の支払いを確認した支払伝票;

  1. 税関の領収書;
  2. 預金により担保義務の実行の証拠(終了);
  3. 現金で申請者とステータスの戻りの対象の状態に応じて、以下の書類(読み取り);
  4. 払い戻し(オフセット)の有効性を確認するために提示することができるその他の書類。

税関当局は、以前perchislennye書類を提出した場合は、支払者がその書類の税関当局の表現、これらの変化の欠如に関する情報を提供するために再びこのような書類を提出しない場合があります。

現金担保および添付書類の声明リターンが(オフセット)現金担保を管理しなければならない税関当局に提出しなければなりません。

必要な情報のその文で不在、関税の領収書を提供するために失敗、および(または)必要書類では、このステートメントは、ステートメントを調べるの不可能の理由を書面で妥当な説明を考慮することなく、現金でのデポジット(その後継)をした者に返却しなければなりません。

宣言の戻り値は、税関当局によるその受領した日から5営業日必着行われません。

(後継者)のデポジット(現金)をした者に、考慮せずに、要求の税関体の戻りの場合に確立された期限内に現金担保の返還(オフセット)を再申請する権利を有する。

現金担保を管理しなければならない税関当局の決定により現金担保のリターン(オフセット)。

現金担保額の現金担保とリターンの現金担保のリターン(オフセット)、(オフセット)を返すことを決定するためのアプリケーションの対価の合計期間は、(オフセット)は、すべての必要書類の宣言と提出の提出の日から1ヶ月を超えることができません。

保証金は保釈金(後継者)を行った人の口座への銀行振込でロシア連邦の通貨で返され、現金担保の返還についての声明で述べている。 ロシア連邦の通貨で前払金に関して現金担保を相殺する。

リターンは(オフセット)現金担保が実行されていない場合に、その債務の額に関税、罰金や利子を支払うために現金でのデポジット(その後継)、借金をした者。 税関当局は、ロシア連邦158№27.11.2010-FZ条311連邦法に従い、敷金に担保権を行使する権利がある。

あなたが現金担保の金額の(オフセット)を返すときは、利子を支払っていない場合、金額が索引付けされていないと銀行業務上の手数料は送金から支払われるものとする。
申請書は、リターンの支払者(オフセット)と税関分野で認可連邦執行機関によって承認された現金担保の現金担保ソリューション返すために税関当局の形(オフセット)です。

前納

帰国のためのアプリケーションは、事前の支払いの使用上の最後の注文日から3年以内に、事前の支払いをした者(後継)によって提出された場合、過払い関税​​、税金の返還のために提供されるルールによって行われた前払金の返還。 前払金の使用について語っ人注文がなされていなかった場合は、そのリターンのための指定申請期限は、連邦財務省の口座に資金を受領した日から計算されます。 前払金の返還のための申請書には、関税の分野で認可連邦執行機関によって承認されなければなりません。

3年後には、前払金の未請求額は、連邦予算の他の税外収入に計上されて、返却はされません。

前払いの返還のために、次の書類を申請書に添付する必要があります。

  1. 前払金の振込み確認支払伝票;
  2. 人の状態に応じて以下の書類;
  3. 復帰の妥当性を確認するために、前払金の返還要求を提出する人を提供することができるその他の書類。

ロシア連邦の法律に基づいて設立された法人は、提供します。

  1. 税務登録証明書のコピー、元のドキュメントのプレゼンテーション時に公証または税関;
  2. 状態の登録の写し、元のドキュメントのプレゼンテーション時に公証または税関;
  3. 公証人によって、または、元のドキュメントのプレゼンテーションの際税関当局による認定前渡金の返還要求の署名者の権限を確認する文書;
  4. 公証人によって、またはアプリケーションに署名する人の元のIDの提示の際税関当局による認定元払い用のアプリケーションに署名する人の検体署名;
  5. 相続の証明書のコピー、前払金の返還要求は、元のドキュメントのプレゼンテーション時に前受金を作ら後継者、公証または税関当局を務めている場合。

法人は、上記で言及したものを除いて、提供します。

  1. エンティティが公証人によって認証、(ロシア語への翻訳を含む)が作成されている国の法律の下で法的地位を証明するものの写し;
  2. 公証人によって認証前払金の返還要求(ロシア語への翻訳を含む)、署名者の権限を確認する文書の写し;
  3. 公証人によって認証元払い用のアプリケーションに署名する人の検体署名。

個々の起業家として登録された個人は、提供します。

  1. 税務登録証明書のコピー、元のドキュメントのプレゼンテーション時に公証または税関;
  2. 状態の登録の写し、元のドキュメントのプレゼンテーション時に公証または税関;
  3. ロシア連邦の市民で、元の文書のプレゼンテーション時に公証または税関当局のパスポートのコピー;

個人が提供します。

  1. ロシア連邦の市民やロシアの国内法に従い、他の本人確認書類、元のドキュメントのプレゼンテーション時に公証または税関当局のパスポートのコピー;
  2. 前払金の申請は、事前のお支払いをした者に相続人を務めた元の文書のプレゼンテーション時に公証人によって、または税関当局によって認定されている場合に、前払金の額に権利の証明書のコピー。

税関当局は、以前の文書の上perchislennyeが付与されている場合、人は税関と、これらの変更の有無にそのような文書の提供に関する情報を提供するために、再びこのような書類を提供しない権利を有する。

文書と前払金の返還は、のリストが資金データの管理に責任を税関に提出し、この記事によって確立されます。

 


GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!