ロシア語 中国語(簡体字) 英語 タガログ語 イタリア語 日本語 Korean Malay Thai ベトナム語

通貨管理

10月01 2013年でコントロールを交換するために銀行に書類を提出するための新しい手順

銀行01.10.2013gに税関申告にドキュメントをサポートする証明書の提示を。

輸出の場合、商品のため、ロシア連邦の宣言書を提出することにより、(A)からの貨物の(輸入)は、次の場合に、商品の申告なしに、文書を確認銀行証明書になされなければならない。

1) - 配達の列9参照表示中の後払い(の形での商業信用を提供する外国契約の下でリリースされ、証明書の申告品が発行した輸出取引証明書の2)。

2) - 輸入取引のパスポート情報に9)が、以前に配達の列3基準表示でのお支払いを(下に開催された外国の取引相手に関して義務に基づき発行された品物の宣言、上に形成されている。

銀行へのドキュメントのサポートに関する情報の提出期限:

製品宣言の税関当局によって登録に関する情報は、発行日後に3-6営業日を通して、FCSから銀行に入り、自動化されたモードで、バンク制御の契約上の声明の中で、銀行が支払うべきである。

財の文書が登録宣言をサポート飾られていたた月後の遅くとも15営業日提出書類についての情報。

Imorter /税関申告への書類の声明を輸出国:

•輸出取引のパスポート - クライアントへの輸出代金の予想される最大期間についての情報を示すために;

•インポートトランザクションパスポート10.00 - (先払い通貨操作の証明書内の)非居住者による契約上の義務の履行の前述の予想される最大期間を制御するために。

輸入取引証明用物品の宣言にドキュメントのサポートに情報を入力するための手順:

列2列「A」の宣言の登録番号。

コラム3は何も記入しない。

列4は、タイプコード01_4を指定しました。

列には、金額6の税関申告(宣言22グラフ)を示している

税関申告は、以前に居住者から転送されたことで、事前に外国契約者から受信されたそのうちのいくつかの製品に関する情報が含まれている場合、グラフ6セパレータ「/」を通じて宣言の合計を入力してください - 量は配達を基に対応する - 3(実行居住者から以前に受信した先払いの都合上契約)の下で非居住者の義務。

たとえば、ロシアへの物資の輸入のために飾られている品物の宣言でUS $ 20000は、以前に送信されたことで、予め設定され価値があるいくつかの商品とのトータルコスト5000米ドルが含まれています。 この場合、グラフは6 20000 / 5000を示している。

コラム7、8、いっぱい11何も。

9 - 列3は、引渡しの兆候を示した。

輸出取引証明用グッズ宣言の文書を支援する上で情報を入力するための手順:

列2列「A」の宣言の登録番号。

コラム3は何も記入しない。

列4は、タイプコード01_3を指定しました。

税関申告は、後払いの形で外国の取引相手に割り当てられていたそのうちのいくつかの製品に関する情報が含まれている場合は、列が金額6税関宣言(宣言22グラフ)を示し、そのグラフ6は、 "/"セパレータを介してリターンの合計を入力してください - 配達の基底に相当する金額 - 2(後払いの形で非居住者の商業信用に常駐を提供する)。
US $ 30000価値はいくつかの商品は海外の取引相手への支払いの延期の許可を受け供給してたとえば、次のような宣言は、総コスト25000米ドルが含まれています。 この場合、グラフは6 30000 / 25000を示している。

コラム7、8、いっぱい11何も。

9 - 列2は、引渡しの兆候を示した。

列10は、資金の有効期限は、銀行の顧客の口座に入金された最後の日付(DD.MM.YYYY)などの予想期間を指定します。

銀行が財宣言で書類に関する情報を確認するには

財宣言でサポートドキュメントに関する情報を受信すると、銀行は、TCFバンクによって伝達参照情報から商品に関する宣言の詳細を確認することが必要である。

財宣言についての情報が銀行にないか、または一致しない場合、銀行は助けを受け入れることを拒否することが義務付けられている。

加工や税関申告をサポートするドキュメントに関する情報を提出するには、税関当局01.10.2013gにより登録されている品物の宣言に適用されます。 または01.10.2013g後。



口座への入金から天引き外国銀行の手数料の次反射:

銀行は存在下での契約上のバンク制御シートに外国銀行の振込手数料を保持についての情報を反映することができる。

•(SWIFTメッセージ内の)輸出収入の額から資金の移転のための銀行情報の保存料;
•契約クライアントを犠牲にして、翻訳のコストが条件。
顧客の同意書を•、銀行が情報を反映して自由である。

遅くとも3営業日よりも自己の反射データバンク先取特権振込手数料のための棚、顧客のアカウントがそのような資金を受け取った月後。

銀行持株委員会についての情報がない場合には、契約時には、クライアントによる翻訳のコストは、クライアントは、銀行手数料の保持を確認した文書や書類を確認した銀行の証明書であること条件である。

財宣言の顧客の存在に転送するために通貨取引の情報を記入する際どのような通貨のオペレーションコードを指定する必要がありますが、銀行は、FCS試験日のヘルプから情報を受信しませんでした?

1)証明書は、この場合、輸入取引証明の支払日に発行されている場合は、事前の支払いに基づいて満たされた通貨取引のコード - 品物を転送することにより、契約上の義務の非居住者の実行の予想される最大期間にグラフ11100に示されている通貨取引XNUM​​X(のコード);

通貨取引XNUM​​Xのコード - 2)証明書が支払日に発行された場合は、この場合には、輸出取引証明書に前払金を基に満たされた通貨取引のコードを受け取りました。

トランザクションパスポートと非居住者による契約上の義務の履行の最大予測期間の計算:
非居住者の負債の最後の日付(DD.MM.YYYY)の有効期限として指定されています。

契約期間の下で履行義務の非居住者の契約期間の存在下では1)は、それに付加された税関申告および(または)書類を処理する時間のために必要な通常のビジネス慣行に従った。

契約に基づく履行義務の非居住者の契約期間がない場合には2))の書類を処理するのに必要な時間を考慮に税関申告を処理するのに必要な時間を割いて、慣習商習慣に合わせて独立して期間計算された居住者を指定し、(またはものとします。
待機期間は、柱断面6 3«理解の契約「PS(様式1)で指定された契約に基づく履行義務の完了日を超えてはならない。

新しい変電所の設計において:

負債の量が等しいかルーブルに対して設定された公式の為替レートで50千米ドル相当を超える場合は、登録の要件は、PS契約に適用され、契約日にロシアの銀行(ルーブルに対する外貨のレートは、銀行が設定されていない場合ロシア、そうでなければ、ロシアの銀行が推奨する確立外貨のレート)で、またはそのような変化を提供する契約への最後の変更(追加)日の契約に基づく負債の変動の場合。

取引証明(。5.1、§手順RF138 CB-I)の対象となる契約のリストを拡張した。

リース動産の譲渡、ファイナンス·リース(リース)を提供し、契約の新しいタイプが追加されました。

11月06 2013に、銀行は税務当局に電子的に(とら再スケジュール、クローズ)飾らパスポート取引をご案内いたします。

外貨建取引の会計処理に関するガイダンス:

1。 財取引パスポートの輸入との契約上の先払いの場合には、商品の出産予定日や商品宣言で書類の銀行の証明書のタイムリーな提出を(前払いの別々のレコードを保持する)を指定することによって制御されなければならない。

2。 財の輸出の契約に基づく後払いと外国契約者への商品の宣言の問題の場合には、速やかに商品の申告のための書類をサポートする銀行の証明書に提出する必要があります。 (後払いの下で発行された宣言の個別の記録を残す)のアカウントに輸出代金の指定された余命を監視し続ける。

3。 書類の提出証明書の完全性を検証し、期待される期限契約に基づく外国カウンターパーティの義務を制御するために契約した銀行監督の銀行取引明細書の要請で月単位で。

4。 (宣言は、トランザクションの誤った充填パスポート番号、契約内容、通貨取引のパスポートで、銀行に行かない)税関申告を完了するための申告の制御手順を強化する。

為替、外国貿易取引上のコントロール

01.06.2004 N 258-Pから18 2004へのロシア連邦中央銀行の地位は6月12日に発効し、16.06.2004はN 5848のためにロシア連邦法務省に登録した。 「外国人取引に関する非居住者との外国為替取引の実施および外国為替取引の実施に対する権限のある銀行による管理の実施に関連する支援文書および情報の認定銀行の居住者による提供の手続きについて」

「通貨規制および通貨管理には」連邦法の通貨制御剤として分類される外貨で銀行業務を遂行する資格認可銀行。 契約(外国貿易協定によると、位置N 258-IIは、エクスポートまたは輸入品の計算と翻訳の通貨法令の遵守の制御の手順の実施を調整する作業が行われ、提供されたサービス、それらへの排他的権利を含む、送信された情報と知的活動の結果、 )、居住者と非居住者の間で締結された。

これらの通貨取引の会計処理とその行動を制御することは装飾「取引パスポート」の居住者が契約認可銀行を、運びます。 、法律で定められた場合には、居住者が非居住者の銀行に開設口座を通じて契約に基づくすべての通貨取引を行った場合は、銀行取引証明書の機能は、居住者の状態登録の場所で、ロシアの銀行の領土機関を満たしています。

契約に基づく為替取引を会計処理し、その行動を監視するために、居住者は、商品がロシア連邦の税関地域に輸入されていること、または物品がロシア連邦の税関地域から輸出されていることを確認する書類を提出します。それらに対する独占権を含む活動。 補助文書は、補助文書の証明書のコピー2部と同時に提出され、その手続は規則により定められている。

それらへの排他的権利を含む書類や証明書の契約は、商品や仕事のパフォーマンスを確認するように設計ドキュメントの輸出行われた時の月の終了後に15カレンダー日を超えない期間で提示さ、サービスの提供、情報および知的活動の成果の移転、商品の輸入が行われた月の終わりから45カレンダー日を超えないようにする。

非居住者の銀行に開設口座を通じて契約に基づく通貨取引の場合、取引のパスポートを発行した認可銀行も、それを応用して、報告月の銀行のコピーを非居住者の銀行に通貨取引に関する情報を含む証明書の2つのコピーを提示しました抽出物。 この証明書は、契約の下で通貨取引を行われた月の翌月45の日を超えない期間内に提示されなければなりません。 同時に、この証明書を使用して、それらについての書類やお問い合わせをサポートすること(法的に支払いや貿易信用の付与延期のためによる非居住者の外国貿易取引額の居住者を確保するために必要)、予約のためのアプリケーションの常駐コピーです。

許可銀行の居住者の口座で非居住者から受領したロシア連邦の通貨の貸方に関する契約に基づく為替取引の場合、契約実行プロセスを確認する書類およびそれらの証明書に加えて、ロシア連邦の通貨の受領証明書のコピー2部が銀行に提出される。 この証明書は、契約に基づく外国為替取引が行われた月の翌月の15暦日を超えない期間内に提出されるものとします。

銀行の許可を受けた従業員が、提出日から7営業日以内に、参考資料、補足文書、または銀行報告書のコピーで指定されている情報の遵守を確認します。 証明書の両方のコピーは、銀行の従業員によって署名されており、ロシア連邦中央銀行に登録されている通貨管理目的で使用されているシールで封印されています。 証明書のコピー1部が取引のパスポートファイルに入れられ、もう1部が居住者に返却されます。

証明書または裏付文書の不正確な実施、証明書の裏付文書への不一致の場合、証明書および書類のコピーが居住者に返却されます。 返品の理由を記した証明書の2番目のコピーは、取引パスポートのファイルに置かれます。

文書とともに正しく実行された証明書は、3営業日以内に銀行に再送信されます。

居住者の場合には - 関係書類の取引証明書はまた、の方法が法律(取消不能信用状、銀行保証、リスク保険契約、約束手形)によって提供されている居住者への非居住者の義務の執行上のドキュメントのコピーを保持しています。

取引のためのパスポートが契約書に基づいて作成された日に、公認銀行は、前記証明書および書類に含まれる情報に基づいて電子明細書を開き、維持する。 この声明は、居住者が通貨管理機関に提示することを意図しています。

紙幣は、申請書の受領後翌営業日までに、銀行によって居住者に送金され、通貨管理機関に提出されます。 この声明は、決済サービス契約の他の公認銀行への譲渡に関連して居住者に移転される。

取引パスポートの書類を閉じるときに、紙の上の明細書がその中に置かれます。

トランザクションパスポート

取引証明(PC)に関連する財の輸入のための通関の為替管理。 関税価値が50 000,00ドルを超えたときに、このドキュメントは、クリアランスの目的のために必要である。

24.06.2004 TF-2096からテレタイプをよる宣言通関体制の下で商品を配置するとき«ルーブルに対する外国通貨の為替レートで50000千米ドル相当を超えない量その居住者と非居住者との間の契約を補償する、との調印の日にロシアの銀行。変更や追加は、銀行、ロシアの3.2から段落15.06.2004の指示に従い、パスポートのトランザクションを提供する必要はありません考慮して117-Nと、グラフ24 GTD「取引の性質」で同時に予約されたコード90を示す必要があります - " 6」「トランザクションコードの性質を述べ23.08.2002 900 nは、無償出荷を除き、ロシアの順80 SCCの付録によると、」その他。 他の例では、トランザクションコードの性質上「90」は適用されません。 "

しかし27.02.2011と外国貿易で取引パスポートの強制的な登録を必要とする契約額の大きさを増加させました。 29.12.2010からロシア連邦中央銀行の説明書によると、住民や外国為替取引の実装で文書や情報の認可銀行の非居住者によるプレゼンテーションのため、外国為替業務の認可銀行の会計と取引のパスポートの登録に2557-Iを」№15.06.2004を-で№銀行ロシアの命令117を修正契約の金額が外貨の公定為替レートで50000(5万)米ドル相当を超える場合は、「トランザクションパスポートは、対外経済取引上の通貨取引のために発行されます 契約の締結の日にロシアの銀行によって確立ルーブル程度。 同等27.02.2011千ドルを超える契約額で発行取引5パスポートの前に。

PSは「通貨取引で銀行や隙間のお得な情報パスポートを承認した外貨建取引の会計処理を、銀行の文書や情報を認可され、住民や非居住者のための手順の「№17-6月2004 117からロシア連邦中央銀行の指示に記入

国家が追求主な目的 - 海外に行く​​、外貨決済の有効性を確認。 これを行うには、通貨の合計の許可された銀行からの情報は、商品や輸入品の関税価値とロシアの税関国境を越えて、その動きの日付についての情報と比較して輸入業者の口座からこの金額を償却日のために支払うことを海外に移す。

各外国貿易契約のため、SSの正しい設計に関連した通貨のコントロールの第一段階。

PSを取得するにはあなたが部門に、銀行の外国為替管理外国貿易契約書の写しを提出しなければならない。 契約書の写し、銀行の最初の署名の権利、会社の印鑑を持ってインポートする組織の公式によって証明されなければならない。 契約が外国語で書かれている場合は、そのロシアの会社の長が署名した翻訳を必要としています。
また、通貨取引のための場合は、ロシアの銀行、元から許可を得なければならないし、この文書のコピーも認可銀行に提出する必要があります。 輸入者が輸入関税制度「の無料循環のための解放」と「再インポート」に従い、ロシアの領土に商品前より90日より事前外国サプライヤーのリストを表示することを計画している場合たとえば、このような許可を取得することは、必要です。 原則として、銀行は資本移動に関連した外国為替業務を行うための許可のコピーが、それは許可証を発行体(ロシアの銀行またはその領土オフィス)に認定されていることが必要です。
契約のテキストは、以下のように、SSの充填の正しさを監視するために必要なデータが含まれている必要があります。

  • 輸入ロシアの会社の詳細
  • (企業の)名前、コード、企業や団体のロシアの分類
  • 法的住所
  • 登録日
  • INN
  • 支払いは契約の下で行われるそれを通して承認され、銀行での口座番号
  • SSを発行する必要があり、輸入の許可された銀行の詳細は、;
  • 外国の供給者の詳細:
  • 居住国の名前とコード;

あなたが会社の詳細を指定する必要があることに注意してください、それは売り手が他のロシアのインポートツールを一つの組織を提供し、送金しても、販売者、ではない受取人である。

  • 外国貿易契約の締結の番号と日付;
  • 通貨での総契約額;
  • 支払形式;
  • 契約(最終日)の最後の取引日。

これは2日付の最新のものである:契約上の最終ロットまたは商品の支払いの最終日の輸入のための通関の最終日。
最新の日付は、契約に基づく商品の支払条件によって決定されます。 契約は、事前支払いのために提供してあれば、「最後の日」にPSは、契約の条件に基づいて決定された輸入品の通関、完了の日を示します。 この期間が終わると、輸入はPS上の物品の通関を行うことはできません。 しかし、契約品の条項に従って、ロシアへのインポート後に支払うことができます。 この場合は、「最後の日」PSにあなたは彼らの支払の最終日を指定する必要があります。 その日付の後、輸入者は供給者にお金を転送することはできません。

パスポートのトランザクションが契約の条件と完全に一致している場合には、銀行の従業員はそれに署名し、銀行によって密封されています。 その瞬間から、銀行は、その上にすべての計算の設計とメンテナンス契約が唯一の銀行を介して行われるべきで受け取る。
しかし、銀行は、許可とSSに署名を拒否する権限を与えられている。 彼らは、2つのグループに分けることができます。

  • 不適切PCを発行;
  • 間違って契約を起草した。

これらの条件は契約価格決定の附属書に記載されているので、例えば、契約企業には、多くの場合、輸入品の価値だけでなく、配達の量を示すものではありません。 これは、SSに署名を拒否する権限を銀行に上昇を与えます。 すべての後、文書が正確に契約の金額を指定する必要があります。 失敗は、契約の条件の場合に期待できる契約は、商品の引渡し(支払)の条件を指定されていない場合、例えば、最後の配達(支払)の期日を決定することは不可能です。 また、契約はロシアの会社の購入品はロシアの領土に輸入される旨の条項が含まれている必要があり、すなわち輸入は実際に場所を取ります。

不正な描画外国銀行の結果として、SSの契約書にサインすることを拒否した場合、当社は輸入品を支払うことができない。 これは外国の取引相手に対する契約上の義務の違反につながると、結果として、一定のペナルティ契約を支払うことになります。

操作の証明書を充填するための手順

  1. 通貨取引の証明書の先頭部分には、法人の完全名または個人の氏名(もしあれば)が記載されています。 銀行の正式名称、記入日。
  2. 列1には、通貨取引の証明書の項目の注文番号が示されています。
  3. 2列に次の書類のいずれかの数を示します。
    お客様のトランジット通貨口座への外貨での資金の入金の通知番号 - 法人、個人 - 当行がクライアントに有利に受け取った外貨で資金を特定する場合 - 法人、個人 - 個人起業家。 顧客の口座「F」 - 個人で当行が受領した外貨建ての資金を識別するときは、可能であれば、当行がその顧客に発行した個人口座明細書の番号を記載するものとする。 ステートメント番号がない場合、2列は埋められません。
    銀行の顧客の現在の外貨勘定(特別銀行口座)から外貨で借り入れする際に、顧客が銀行に提出した決済書類の番号。
  4. 列3は、外貨の資金が貸方転記された(償却された)顧客の銀行口座の番号を示します。
  5. DD.MM.YYYY形式の4列には、次のいずれかの日付が表示されます。
    クライアントの通過通貨口座への資金の移転日 - 法人、個人 - 通知に記載された個々の起業家。
    個人口座の明細書に記載されている個々の顧客の現在の外貨口座(特別口座 "F")への資金送金日。
    クライアントの口座から外貨で資金を引き落とすときに、クライアントから銀行に提出された支払い文書の日付。
  6. 5列には、以下の支払いコードのうちの1つが示されます。
    1 - クライアントのアカウントへの資金のクレジット。
    2 - 顧客の口座から引き落とし。
  7. 列6は、得意先の外国為替取引の一覧に従って入力された通貨取引のタイプのコードを示します。 2から117-Iのロシア中央銀行の指示へ付録15.06.2004で与えられる。
  8. 7列は、ロシア国内通貨分類子に従って、クライアントの口座に入金された(口座から引き落とされた)デジタル通貨コードを示します。
  9. 列8には、列7に示された通貨の単位で、(銀行口座から引き落とされた)口座に振り込まれた外貨の資金量が示される。
  10. 9列は、通貨取引の証明書内のエントリのシーケンス番号を示します(1列と同様)。
  11. 10、11列は、関連する通貨取引がロシア連邦の通貨規制の行為または通貨規制機関の行為に従って予約要件を確立した場合に入力されます。 それ以外の場合は、10、11列は入力されません。
  12. フォーマットで10列でDD.MM.YYYY通貨取引のための予約の予約や還付のためにロシアの銀行の規範的行為に基づいて発行された予約のためのクライアントアプリケーションによって銀行に提出する日付を指定しました。
  13. 11列で予約するためのアプリケーションの数を示します。
  14. 12-15列は、PSが実行される契約(ローン契約)に基づいて外国為替操作が実行された場合にクライアントが入力します。 それ以外の場合は、列12〜15は塗りつぶされません。
  15. 列12には、通貨取引が行われる契約(貸出契約)で実行されたPSの番号が示されています。
  16. 13列は、12列に示されているPSによって行われた支払いの通貨に関するトランザクションの量を示す。
  17. コードが支払と契約価格の通貨コードの通貨である場合にカウント14、15は、(ローン契約)と同じ、PSでない指定、および契約(貸付契約)の条項に従い、埋め通貨句の使用を提供します。
  18. 列14には、PSに示されている契約価格(貸付契約)の通貨のデジタルコードが示されています。
  19. 15列には、8列に表示されている金額が契約価格(貸出契約)で表示されます。
  20. 通貨取引の証明書は、クライアントによって署名され、証明されます。

クライアント - 法的人は(経理を担当しているクライアントの人の状態が存在しない状態で)、カードに記載された最初の署名の権利を持つ第一及び第二の署名の権利、または「リーダー」の1人とPS二人に署名クライアントの印鑑の印鑑を貼付して、署名と印影のサンプルを入手してください。 クライアント(個人は個人の起業家)は、委任状に基づいて自己または彼が承認した人物によって署名され、彼の印鑑(もしあれば)で証明されます。

より多くの記事...